「 お出かけ 」一覧

明月院で紫陽花観賞2020

2020年06月03日、北鎌倉の明月院にて、紫陽花を観賞してきました。鎌倉の紫陽花観賞は毎年恒例の行事ですが、新型肺炎の影響で今年は難しい判断を迫られました。緊急事態宣言が解除されたことと、見頃を迎える前週に行くことで人混みを回避することを踏まえて、行くことにしました。なお、明月院は平日のみ開門しており、県外からの来訪は自粛するようにお願いが出ています。自分はギリギリ神奈川県内在住です。

8時50分ごろ、北鎌倉駅に着きました。ここから10分ほど歩いて、明月院に到着します。9時から開門ですが、実際には少しだけ早い時間から入れます。見頃前というのもありますが、人出は少ないですね。

さっそく紫陽花に囲われた山門へ続く階段の撮影をします。紫陽花の時季の明月院の代名詞とも言える光景です。それから脇道に入って、紫陽花の小路散策を楽しみます。色づきは半分程度といった感じですね。青く色づいている紫陽花も、明月院ブルーと言われる濃い青にはもうひと息掛かりそうです。

散策を続けていると、木陰に動く影を発見。リスがいました。ちょこまかと動いていて可愛いですねえ。それから花想い地蔵、六地蔵を参拝し、方丈にてお参りします。例年長い行列のできる円窓は、今年は公開中止となっています。枯山水庭園を鑑賞した後は、後庭園へ入園します。

後庭園の主役は花菖蒲です。紫色や白の花菖蒲が一面に広がる光景は贅沢ですね。周りにある青椛も爽やかで気持ちいいです。奥の方にはヒメアジサイが咲いています。通常の紫陽花よりも少し小振りな花が可愛らしいですね。

花菖蒲に満足したら、手前の方を散策します。方丈の円窓も、後庭園側からは望むことが出来ます。赤地蔵や青地蔵をお参りして、後庭園をあとにしました。

今回は明月院のみ拝観するので、もう少しだけ散策を続けます。沙羅双樹を見たり、桂橋から紫陽花と竹林を見たり、北条時頼の墓所を参ったりしました。

こうして今回の拝観はお終いです。だいたい1時間くらいの拝観時間となりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


伊倉愛美STAYHOMEでも生配信ライブ

2020年05月24日の18時から開始した「伊倉愛美STAYHOMEでも生配信ライブ」を視聴しました。チケット代金2,000円の有料配信ライブになります。配信会場は、渋谷のTAKEOFF7です。こちらも、本来ならライブ会場でやるイベントなので、ステージイベントカテゴリにしておきます。

まずセトリは以下の通り。中盤でカバー曲が入るいつもの構成です。

  1. 愛だの恋だの (伊倉愛美)
  2. 砂の城 (伊倉愛美)
  3. ラブソング (伊倉愛美)
  4. 宿命 (Official髭男dism)
  5. 春の歌 (スピッツ)
  6. ビーズの泡 (伊倉愛美)
  7. ナチュラルベイビー (伊倉愛美)
  8. CANVAS (伊倉愛美)
  9. [EN] Balloon (伊倉愛美)

前回の配信ライブは、画質が正直残念でしたが、今回は画質が良く、さらにカメラワークや映像の切り替えも音楽番組のようになっており、満足でした。バンドなしの編成で、背景もそれほど飾り付けていないので、若干画面が寂しく感じる部分もありましたが、その分伊倉さんが引き立つので、良いですかね。

配信ライブでありつつ、現場ライブのノリなので、コールの煽りにコメント欄で答えたり、恒例のアンコールコールもコメント欄で打ったりしました。アイテムを使って配信映像にエフェクトを加えることが出来ますが、拍手の音とかを配信会場に送れる仕組みがあると面白いかなあ、と思いました。まあ、いつまでこの状況が続くか次第ですが。

アンコール前のラスト曲は「CANVAS」か「上着着てない」で迷いましたが、「CANVAS」が正解でした。コメント欄を見る限り、「上着着てない」を予想していた方々が多そうでした。

ライブに行けない日々が続いているので、久しぶりにライブの雰囲気を楽しめました。だんだん配信ライブにも慣れてきましたが、やっぱり現場ですよねえ。昨今の状況を見ていると、まだまだ先になりそうで、待ち遠しいです。


都内で桜のお花見2020

2020年3月26日、午前中に検診で年休を取得したため、午後から都内へお花見に出かけてきました。新型肺炎の件もあり、微妙な判断を迫られましたが、平日ということでそこまでの混雑は見込まれないと予想しました。

 

最初に向かった先は上野公園です。さくら通りの桜並木は概ね満開で圧巻です。時折風が吹いて、桜吹雪が起こりました。天気が良いこともあって、閑散とはしておらず、それなりに人出はありましたが、例年の休日のような、歩くのも大変な状況ではありません。

小松宮彰仁親王像と桜を眺めたら、そのまま上野東照宮へ向かいます。石鳥居を抜けると、桜並木と石灯籠、奥には五重塔が見えます。桜の枝には、ヒヨドリが数羽ほど羽を休めています。望遠レンズでじっくり狙ってみました。後は海外観光客から写真撮影を頼まれたりもしました。

桜並木を抜けると、社殿や神楽殿が見えてきました。桜と合わせると一層画になりますね。社殿を背にして振り返ると、神楽殿や五重塔、桜の木が青空の下に収まる美しい光景を見られます。

上野東照宮を後にしたら、売店で桜ラベルの缶ビールを1缶購入。ビール片手に桜を眺めて、プチお花見気分。自分は桜の下で宴会をするタイプのお花見はあまり好みませんが、お酒は好みます。

満開の上野公園の桜に満足したので、次のスポットである六義園へ向かいました。駒込駅で下車して、染井門から入園します。六義園と言えば枝垂桜が有名ですが、先日Twitterで散り始めとの一報が入っていました。うーん、確かに下の方に青葉が目立ちます。けれど、見る方向によっては、まだ全体がきれいに桜色に見えます。桜の花の方は、豪華と言うより可憐な印象ですね。

その後は日本庭園を散策します。立派なコブシの木を眺めつつ、吹上茶屋の前まで歩きました。ここではヤマブキが黄色い花をたくさん咲かせており、その奥には桜の木が控えています。

それからこの季節ならではの青椛も堪能しました。秋に見る紅葉も素晴らしいですが、新緑の季節に見る青椛も生命力の眩しさを感じられて好きです。他には、名前が分からなかったですが、ピンク色の花の蕾を携えた低木が可愛らしかったです。

最後に休憩処で、桜茶のセットをいただきました。暖かい桜茶と和菓子がセットになっています。

六義園を後にしたら、駒込駅から山手線をぐるっと回って目黒駅まで移動します。最初は新宿御苑にも寄るつもりでしたが、時間が足りなくなりそうなので、断念。

目黒駅から権之助坂を下り、目黒川に出ました。さっそく両岸の桜並木を望みますが、五分咲きから六分咲きといったところでしょうか。前情報の通り、満開にはまだ早いようです。全体的に西側の方が開花が進んでおり、東側の方が遅れている印象でした。しかし、西側の方が建物の陰になってしまう時間帯でしたので、何とも口惜しい状況です。

中目黒方面に向かって、目黒川沿いを歩きます。道は結構細くて、2-3人並んで歩くと幅いっぱいです。陰にはなっていますが、桜自体はそれなりに咲いているので、楽しめます。途中何回か一般道と交差しますが、アンダーパスはないので、横断歩道を渡らなくてはなりません。地味に面倒です。

中目黒駅に近づくと、人の数が増えてきます。駅前は大賑わい。撮りたい写真を撮れたら、中目黒駅に入り、東横線で離脱しました。

後はおまけの1枚。3月29日に季節外れの雪が降った際に、近所の公園の桜を撮りました。雪桜という珍しい被写体でしたが、あまり画になるショットを狙えそうになかったことと、寒さに負けた結果、あまり頑張らない出来となりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


伊倉愛美「無観客&ライブ配信コンサート」

2020年3月31日、渋谷TAKE OFFで開催される予定だった「イクライブvol.5 駆け出しのイクラ」ですが、新型肺炎の影響により中止となりました。その代わりに配信の形でライブが行われました。

ミニライブ配信等は特に感想をまとめてきませんでしたが、こちらは本来ライブ会場で行われるはずだったイクライブの代替ライブなので、これまでのイクライブと同様に感想を書きたいと思います。なお、本ライブ配信が「イクライブvol.5」となるかは、不明瞭です。公演名が変わっていたことから、恐らく別扱いかと思われます。

開催形式が変わったことでチケットの販売形式も変わり、クラファンが導入されました。複数のプランがありますが、メインはライブ本編視聴権と、それとCDがセットになったものかと思います。もっと高級なプランもあります。自分はCDセット版にしました。ライブ配信だと物販が行えないので、こうした形になっているそうです。物販も重要な収入源。

配信サービスはツイキャス。事前に通知された合言葉で入室できます。ライブ本編の前にも特別配信があり、そちらは別プランでないと入れないのですが、本編開始が10分ほど遅れたことで、どこに入ればいいのか少し混乱しました。

ライブ本編レポート

ライブ本編。最初にすじこちゃんによる寸劇が繰り広げられます。すじこちゃんグッズの販売が待たれますね。

  • ダイニングダイアリー

配信なので、”wow wow wow wow wow”ができないー。なので、テキストで代替。

  • 愛だの恋だの

この曲のメロディーライン、たまに脳内を過ります。

  • YOUR BIRTHDAY

3曲歌って一旦MCタイム。

  • ラブソング
  • 砂の城

砂の城を歌うときに、途中座りながら歌う演出が良いな~、と思いました。

再びMCタイム。ここでは、お絵描き伝言ゲームが行われました。バンドメンバーおよびライブハウス店長が参加して、お絵描き伝言ゲーム。

  • ビーズの泡
  • ナチュラルベイビー

しっとり系を2曲。ここからYouTubeとの同時配信になります。次の曲である「BALLOON」にちなんで、たくさんの風船をカメラの前に用意する仕込みの様子が流れます。YouTubeはこの後から放送開始しました。

  • BALLOON
  • CANVAS
  • 上着着てない

ラスト2曲は、もう定番と言っても良い2曲で安定の締めでした。

最後にメンバー全員で風船を持ってのスクショタイム。これにて本編終了です。

この後の特典会のことをすっかり忘れていて、後日録画配信を見ました。通常はチェキを撮影して会話する流れですが、ライブ配信では当然できないので、感想ミニトークと伊倉さんを撮影したチェキ5枚を、CD配送者向けに抽選でプレゼントする、というミニイベントが実施されました。ちなみに自分は外れました。

全体感想

本来中止になっていたライブを、配信の形で開催してもらえたのは、とても良かったです。世間の多くのライブやイベントは中止ですしね。でも、改めて生のライブの良さを感じてしまいました。同じ空間で空気を共有することの魅力は大きいですね。

不満を上げるなら、やはりツイキャス配信時の画質でしょう。ブロックノイズがひどくて、演者の顔もぼやけてほとんど見えない状態でした。上段の2つ並んだ写真を比べていただければ、明確かと思います。なのでお絵描き伝言ゲームは、さっぱり伝わらないもったいない状況でした。有料配信とは思えない画質なので、次回同様の形式がありましたら、ぜひYouTube放送レベルの画質にして欲しいです。ツイキャスはスマホで撮影されていましたが、そういう制限があるんでしょうか。YouTube側はビデオカメラで撮影しているように見えました。


クリスマスシーズンのみなとみらい2019

    

2019年のクリスマスシーズンに撮影した写真をまとめました。メインはみなとみらいです。訪れた理由はイベントですが、平日月曜ということで、人通りはかなり少なかったです。みなとみらいの夜景は、やはりお洒落できれいですね。シャッターを切りたくなるスポットがたくさんあります。この時は桜木町駅から汽車道を通って赤れんが倉庫へ行くルートでしたので、その界隈の夜景になります。

 

あとは自宅のある川崎で数枚撮影しました。ラチッタデッラはイタリアを模した街並みとなっており、冬場は特にイルミネーションがきれいです。また地下街であるアゼリアにもクリスマスツリーが飾られていました。

写真は全て記事に掲載していますが、アルバムは以下です。