おねがいマイメロディ~夢の国の大冒険

先日のクラブイベントの帰りにヨドバシへ寄ったさい、勢いで買ってしまったのが、この「おねがいマイメロディ~夢の国の大冒険」です。いわゆるキャラゲーですね。ここ最近は、有名作品しか買っていないので、こういうゲームは久しぶりです。

さっそくコミケへ行く電車のなかでプレイしてみました。…最初にいっておきます。はっきりいってクソゲーです。ネタもしくはコレクション目的で買う場合以外は、購入見送りが吉でしょう。

では、何がクソなのか、順を追ってみていきましょう。

  • ステージ導入の意味がわからない。何でマリーランドの住人は毎度逃げるのか。この飛びっぷりは、往年のFCソフトを思い出す
  • ゲームのやりかたの説明が一切なし。説明書にも詳しく書いてない。ふざけんな…って思ったけど、それはうちがヌルゲーマーになったせいか。でも実質ミニゲーム集なんだから、都度説明が欲しい気も
  • 難易度は、やや簡単程度。やり込む要素がないので、数回繰り返せばクリアできる。
  • クリア所要時間1時間弱
  • 2分程度で終わるステージが、13個。その内半分が、画像や敵パターンをすりかえただけの、コピーステージ。さらにそのステージ内も、同じ配置がループになっている。どんだけ手抜き
  • 操作が、ボタン操作とタッチペンの併用。アクションゲームなのにこれはきつい。右手でタッチペンを持ちつつ、Aボタンを押して、タッチペンで画面タッチ。絶対この操作系統は間違いだと思う。
  • 実は「きせかえ」が本命!?と思ったが、人間キャラの画質が良くない。マイメロの画のみ許容レベル
  • メッセージをスキップしても音声がスキップされないので、おかしなことになる
  • 「おまけ」として、「ミニゲーム」があるが、本編にあったゲームがそのまま入ってる。本当にふざけんな
  • 実は一人で作ってるんじゃないだろうか
  • 普通のゲームソフトが本編のおまけとして用意したミニゲームが、本編になっちゃった素敵なソフト
  • これで4500円なんて、ありえない。ケータイアプリと思えば、500円が妥当

いやあ、こうやって業界を生き残っているんですね。とにかく徹底して開発費を抑えることで、利益を搾り出す、うん、勉強になりました。

うちはネタとして買ったからいいものの、本気で買った子がいたら可哀相すぎ。サンリオはもうちょっとチェックをしたほうが、いいと思います。

ちなみに、ゲームオーバー時にマイメロが幽体離脱するなど、原作からの引用というキャラゲーポイントを微妙に抑えている点は、評価できます。まあ、もともとキャラゲーなので大して期待してなかったですが、あまりにもボリューム不足だったことが、何よりも残念でした。


2007年08月04日~05日の日記

土曜、7時40分ごろ起床。またも「風の少女エミリー」を最初から見られない。それから「しずくちゃん」を見つつ、午前中はWPのインストールや設定作業。午後は、夜のカラオケに備えて予習。久々にJPOPとか聞いてみる。続いて、先週金曜放送のルパンSPを視聴。…が、あと少しで終わりというところで、お出かけの時間。

 

この日の呑みは、天王台にて。当たりを付けていた店(おうみ)は、予約席で埋まっていて、入れず。そこで駅前の「魚河岸あみ清」へ入った。名前は忘れたけど、本日のおすすめにあった、芋系のメニューが特に美味だった。続いて、取手に移動して店を探すも、どうも食いモードではないので、結局駅前のドトールへ。といいつつ、ここでミラノサンドをガッツリ食べたり(実はここまで大きいとは思わず)。

その後はカラオケ屋を求めて、馬橋、北松戸と移動するも、店が見つからず、結局新松戸に落ち着いた。2時間ほど歌ったあと、千成亭にてラーメンを軽く一杯。個人的には、麺はもう少し硬いほうがいいなあ。帰宅したのは、23時30分すぎ。ベランダに迷いこんだ蝉を逃がしたり、先週の「マイメロ」を見たりして、2時手前に就寝。

日曜、8時20分ごろ起床。いつも通り「プリキュア5」 を見て、「鬼太郎」を見て、「ワンピース」…ではなく、スペシャル放送の「こち亀」を見た。ワンピース、原作リード稼ぎに来たか。「鬼太郎」は、バックベアード様登場。

昼、「プリキュア5」の映画前売り券購入のため、松戸へ。が、何も調べずに出てきたので、寸でのところで電車に乗り過ごす。暇なので、熱射に焼かれつつ、次の駅まで歩いた。それから無事前売り券をゲットしたあとは、近くのマックでついにメガマックに初挑戦。言われていた肉のパサパサ感はなく、普通にうまい。ムシャムシャ食べていると、隣に来た小学生男子グループが、割引チケットを分け合っていて微笑ましかった。うちも小学生の塾帰りに、似たようなことしてたなあ。しかし、さすが夏休みシーズンの日曜日、駅にはポケモンスタンプラリー目当ての親子連れが溢れていた。ポケモン人気は全然健在。

15時30分すぎに帰宅。録画しておいた「電脳コイル」や「マイメロ」を見る。その後は出歩いた疲れか、少し横になる。それから、水替えをしつつ、まったりテレビ観賞。夜は、写真管理システムの改造作業に着手。1時手前に就寝。


ドラクエコンサート~ドラゴンクエストの世界~を鑑賞

 

2007年08月09日、東京芸術劇場にて催されたドラクエコンサートを鑑賞してきました。仕事帰りに頑張っていこうかと思いましたが、難しかったのでお休みをもらいました。

会場には17時15分ごろに到着です。席は、三階席の最後列でした。チケットは4月下旬発売で、購入したのは5月中旬だったのですが、予想以上に売れ行きが早かったみたいです。三階席は、ホールの広さを体感できますが、やはり遠いですね。

今回の演奏曲は、6のものです。すぎやま氏曰く、6は実に11年ぶりの演奏だそうです。まさに、本作発売翌年の演奏以来というわけですね。個人的に6は、7と並んであまり印象の強い作品ではありません。それゆえに、古い記憶を呼び起こすことができるかもしれないという、期待があります。

最初の曲は、もちろん序曲のマーチ。それから各曲が続きます。ちゃんと覚えている曲から、曖昧な曲までいろいろ。けれど、どれもドラクエらしさに満ちていて、聞いていて心地よかったです。19時までを第一部として、一旦休憩を挟みます。ちなみに、曲の合間にはたくさんの咳が聞こえました。コンサートという場所柄、風邪をひいてると大変だなあ、と思いました^-^;

それから第二部の開始。第二部では、曲ごとに特定の楽器にスポットの当たる構成が多かったです。また、たくさんいる弦楽器奏者たちも、音の種類ごとに入れ替わる様子が、見て分かりました。こういう音を出すためにはこの楽器が必要なんだ、といった、オーケストラの面白さを見られたような気がします。

その後は、アンコール。次回作9は、DSで始まる新シリーズとして、序曲のイントロ部分の変更が予定されているそうです。それの雛型(候補の1つ)を披露してくれました。個人的な印象としては、少し短くなったかな、と感じました。続く第1小節はブラスアンサンブルで、第2小節はいつもの演奏です。アンコール2曲目は、ドラクエ1のED。実に21年前の曲になります。うちはFC版をプレイしていないので、SFCでのリメイク版になりますが、それでも14年前です。いやはや懐かしい。最後の曲は、5より結婚ワルツ。これまた名曲です。こうして、20時15分ごろ終演。最後は5分くらい拍手が鳴り止みませんでした。

退場時に他のお客さんが話していましたが、すぎやま氏は昭和6年生まれ。うちの親より20歳ちかく上です。そんな御歳を感じさせない、 元気な様子でした。

いやはや、満足のコンサートでした。次回は、もっと早くチケット購入をして、より近い席で聞きたいと思います。隣の方が常連のようで、やはり三階席だと少し音が鈍くなるようなことを話していたので、そう思ったしだいです。


2007年07月30日~08月03日の日記

月曜、録画したまるみえを見て、ブログを書くという、変哲のない過ごし方。火曜、ネットをしつつ、メールの返信を書いたりした。水曜、やろうやろうと思ってなかなか手付かずだった、My Documents以下のフォルダをアーカイブ化してバックアップ。朝出かける前に終えたかったけど、終わらずPC付けっぱなしで放置。この暑さのなか、それは避けたかったのだけど…。そしてこの日は嫌なものを貰ってしまった…、健康診断の要検査通知!仕事のしすぎで体に支障が…、ではなく、高校の頃より言われていた疾患がバレたというか。病院行くの面倒くさいなあ。

木曜、ロードバイク購入の下調べ。本当は今夏に友人と自転車旅行する予定だったけど、うちの自転車購入が間に合わないので、またの機会に。夏休み中に買うつもり。それから何気なくテレビを見ていると、フジでやってた「コンバット」がくだらなく面白かった。あとは、自製写真管理システムの改造案を考えたり、週末の呑みの下調べをしたり。

金曜、ネット上で公開されている「もえたん」の動画を見ようとしたけど、ライセンスのところで止まってしまう。ひとしきり調べたところ、WMPの設定(プライバシータブ)の問題と判明。無駄な時間を過ごした…。それからゼルダDSをようやくクリア。あとはWPの調査とインストールをした。3年続いたこの日記システムともお別れ。 ちなみにこの日はタモリ倶楽部がなし。あれがないと一週間が締まらないなあ。


Answer×Answerをプレイ

映画の前売り券を買いに出かけた帰りに、ゲーセンへ寄ってみました。目的の台はQMAだったのですが、ちょうど埋まっていて、さらに1人待っている状態だったのでスルー。そのまま帰ろうとすると、Answer×Answerの台が1つ空いていたので、遊んでみました。

とりあえずカードは作らずに、ゲストプレイヤーとして参加。参加者は4人なのですが、各クイズの対戦は1対1で進みます。早押しクイズや、お互いに正解を潰していくクイズなど、1対1ならではの駆け引き要素が多かったです。QMAとは違った面白さがありますね。

ただ、個人的にはQMAのほうが性に合う感じです。たまに遊ぶにはいいですが、続けて遊んでいくには、なんか疲れそうです^-^;