天てれ☆

天てれでのちーちゃんの活躍を簡単にまとめてみました。

MTKリスト

ダイナマイト

ヤマチーズ

2000年5月

山ちゃんとのユニット。とっても元気のいい曲です。 当時はほんわか〜、にこにこ〜のイメージがほとんどでしたので、 ぉ、と思いましたが、今なら納得です♪。 クリップでは衣装チェンジが多くて、 中でもドレス(?)姿のちーちゃんがかわいかったですv。

Twilight

ヤマチーズ

2001年10月

同じく山ちゃんとのユニット。 アップルシェイクや俊輔も参加して豪華なMTKでした。 このクリップでは、最後にちーちゃんが浮気した山ちゃんをとっちめるようになってます。 この辺は2001年度以降のちーちゃんのキャラクターが反映されてますね〜♪

スピリチュアル

CHU-LIPS

2002年6月

今年もヤマチーズかと思いきや、里穂とユニット結成。 奇しくも「ダイナマイト」の部分で書いた、ほんわか〜、なイメージの曲です。 2002年度上半期では一番好きなMTKかも(メールの着信音にしてるせいかなぁ(笑))。

ぼくらのロックシティ

ヤマチーズ

2003年4月

2003年度第1曲目のMTKとして、ヤマチーズが復活しました。 曲調はダイナマイトに似た感じで原点回帰です。 山ちゃんのことを考えると、恐らくこれが最後のヤマチーズとなるのでしょうね。

水玉

ホワイトクローバー

2004年3月

2003年度最初のMTKに続き、最後のMTKも飾りました。 七世とのユニットで、遊佐さんご提供の優しい曲になっています。 ロックシティとはまた対比てきでいいですね。 ちーちゃんが七世を見送るような内容。 でも見送るちーちゃんの方が長いんですよね。 舞台裏での次の言葉に、これまでの活躍が思い起こされました。 「そんなまだ3年生なわけじゃないんだからさ。分かるよもう6年生だし」

誕生日のうた

ヴィーナス&マーズ

2004年6月

卓也といっしょにメインパートを務めました。 この年度から中学生となり、MTKでも少し大人びた魅力が見られます。

ダンシング・シスター

フルーツパーティ

2004年11月

なんだかマテリアルガールを思い出すユニットです。 ちーちゃんが当時のあすみのポジションとは…、月日の流れるのは早いものですね。 この曲は同時期に Tommy February がカバーしたため、 世間一般でもポピュラーでした。

さかさまさかさ
僕はドライブ

タイニーサーカス

2005年5月
2005年10月

エンディングMTKの固定ユニットメンバーに加わりました。 まだメインパートは歌っていません(2005年12月現在)

次回のMTKでは、そろそろソロを希望ですv(無理そうですが…)
※書き下ろしは『水玉』で実現しました!

名言

「生きているのが楽しい女です。」

ちーちゃんの名言は数多くありますが、これがやっぱり一番すきです。
ほんといつもにこにこ笑顔で、それと相まってとても心に響きました。


戻る