キャラバンの登山靴を買いました

これまで使っていた登山靴は、もともとフィンランドでオーロラ観賞をする際に、足からの底冷えを回避するため、”とにかく底の厚い靴”というオーダーで購入したものです。なので、登山靴としての性能はまるで考慮していません。なお、ABCマートで購入したので、ブランドはGTホーキンスです。

登山靴としての購入ではなかったため、登山で使用していると、色々不都合が出てきます。一番大きかったのは、靴が固くて踝などが痛くなることです。大野山を登った際には、道迷いしたこともあり、下山時にはその痛みに不安を覚えました。それがきっかけで、改めて登山靴を購入することにしました。ちなみに違和感を覚えつつも使い続けた理由は、オーロラ観賞以外で使っておらず、減価償却したかったからです。2年近く登山で使えば、さすがにもう十分に償却したかな、と思い、購入に踏み切りました。

好日山荘に行き、購入したのは、キャラバンのC1-02Sのグレーで、サイズは27.5cmになります。これまでの靴が足に痛みを覚えたことを鑑みて、クッション性のある初心者向けの靴を選びました。そしてサイズは普段の靴より1cm程度大きい方が良い、という情報に従い、27.5cmを選びました。

さっそく陣馬山登山で使用してみました。これまで感じていた踝への痛み等が一切なく、とても快適です。サイズを1回り大きくしたおかげか、つま先へのダメージもなくなり、これまでの山行を反省しました。つま先に余裕があることで、歩きにくくならないか、という不安があったのですが、実際に歩いてみると、登山靴自体がそれなりに重いこともあり、1cm程度の余裕はさして気になりませんでした。

登山における登山靴はまさに肝と言えるギアであり、減価償却に拘り、合わない靴を履き続けてしまったことは、反省ですね。


ゼロからスタート中国語~文法編

中国語の文法は簡単だと言われており、実際に学習初期段階でも何となく読めたりします。しかし、文法が簡単であるために、必要な文法を押さえておかないと、全然違う意味で解釈してしまうことが少なくないです。介詞などを用いた際に、句の掛かり方が違うとかですね。

ただ、前述の通り、何となく読めてしまうが故に、単語や発音の勉強ばかりを進めて、文法についての学習がおざなりになっていました。というわけで、中国語の文法学習書を購入しました。購入したのは、「ゼロからスタート中国語 文法編」です。

まだ前半の途中までしか読めていませんが、かなり基礎的な内容が、丁寧に説明されています。文法としてNGなパターンを例示してくれているのがありがたいですね。単語学習の際に例文をたくさん見てきているので、正しい文章は何となく分かるのですが、いざ自分で作文する際に、うっかりNGパターンを書いてしまいそうなので、助かります。

複雑な文法がないので、典型的な文章構造で用いる単語を覚えることがメインになる感もあります。なので、単語学習の延長に近い部分もありますが、文法という側面からも学習することにより、相乗効果が出れば良いなあ、と思います。


スーパーマリオメーカー2自作コース紹介その2

以前に自作コースを紹介しましたが、そちらはワールド編成されたコース限定でした。それ以外の思いつきで作ったコースを、ここで紹介したいと思います。歴戦の猛者には、まだクリア者が出ていない「Goal is right there」に挑んで欲しいです。

ちなみにコースタイトルは、最初は日本語と英語の併記にしていましたが、最終的には英語のみに統一しました。遊んでくれるプレイヤーの比率を見ますと、何だかんだで非日本語圏の方が多いので、より多くの人に伝わる可能性の高い英語表記にしています。

これでコース総数は、26コースになります。現在の最大投稿可能数は100コースなので、まだまだ余裕があります。しかし、コースを作成するのは結構労力を使うので、一旦ここで打ち止めかもしれません。

Remember?/覚えてる?

  • 難易度:かんたん
  • スキン:マリオワールド草原(夜)
  • ID:C2M-6X0-KYG

コース自体はかなり簡単ですが、途中に択一の理不尽な仕掛けがあります。しかし、スタート地点で事前に予習した内容を覚えていれば、突破できます。

basic course

  • 難易度:かんたん
  • スキン:マリオブラザーズ草原(昼)
  • ID:9MB-1NS-56G

とても簡単なコースです。でもダッシュしっ放しでクリアは無理なはずなので、理論最短タイムは自明ではなく、一応タイムアタック要素があります。自分が投稿したコースの中では、一番クリア率が高いです。

Tranquil forest

  • 難易度:かんたん
  • スキン:マリオ3Dワールド森(昼)
  • ID:KMS-TDL-JWF

穏やかな森の中で、コインを20枚集めます。敵キャラはいますが、特に嫌らしい仕掛けなどはありません。こちらもクリア率は高めです。

Over the cliff

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズ3草原(昼)
  • ID:WSX-F76-W7G

奈落が続く崖の遥か向こう。自分がマリオシリーズを遊んでいて浪漫を感じる部分です。それを実現したのが本コースです。仕掛けも利用しつつ、限界まで飛んでいくと、崖の向こうにあるゴールへ辿りつけます。サブエリアも含め、如何に上手く飛ぶかを試されます。難易度は”ふつう”にしていますが、やや難しめです。

Green hills

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズU草原(昼)
  • ID:YR7-9SD-3VF

新しく追加されたガボンとサンボを登場させたくて作ったコース。ゴール手前の広い奈落だけが意地悪ポイントで、それ以外は簡単なコースですが、クリア率が低いです。

Snake in desert

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズU砂漠(昼)
  • ID:W4S-XT2-QMG

コースの大半を、スネークブロックに乗って進みます。スネークブロックはかなり長くて、落下しにくいです。また、コインを使ってスネークブロックの動きを読めるように工夫もしています。こちらのコースのクリア率は高め。

Goal is right there

  • 難易度:むずかしい
  • スキン:マリオブラザーズU草原(昼)
  • ID:RN5-DJ6-SRF

目の前にゴールが見えるのに、簡単には辿りつけないコースです。初手の謎解きがかなり難しく、その後の展開も手順を間違えると詰みます。アクションはあまり必要とせず、謎解き主体のコースとなります。

Sky diving

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズU地下(昼)/草原(昼)
  • ID:8JH-42L-DDG

スカイダイビングを体験するコースです。自分と同じ速度で落下していくパーツ類に、無重力状態を感じることができます。回転ジャンプやヒップドロップで自分の位置を上下に微調整することが可能です。地下エリアは、キラー砲台を使ったスイッチの自動ON/OFF仕掛けを入れてみました。

Bouldering

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオ3Dワールド砂漠(昼)
  • ID:KL6-GWH-R0G

ネコマリオになって、崖をよじ登っていきます。課題は全部で5つあります。最後の1課題は、確実にボルダリングではなく、ロープクライミングレベルの長丁場です。落下するとその分の行程が登り直しになるので、後半になるほど緊張感が増します。敵キャラは不在なので、登ることに集中できます。

Collect five key coins

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズ3草原(昼)
  • ID:70L-3YR-C8G

5つのピンクコインを集めるコースです。特徴としては、全てのピンクコインを集めるためには、同じコースを2周しないといけない構成になっている点です。2周目は、敵キャラは復活しますがアイテムは復活しませんので、上手く使い分けることがポイントになります。コース終盤に丸腰のマリオだと突破がやや難しい場所があるので、無駄遣いしてしまうと辛いかも。

Find a best route

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズ地下(昼)
  • ID:YR0-PB1-CRG

3つのルートが用意されている地下コースです。スタートしてすぐの土管3本に、1から3の数字が振られています。1と2はほぼ同じ程度の難易度ですが、2の方が若干易しいかと思われます。3は一番難しいです。タイムアタックコースですので、一番良いルートを見つけてベストタイムを目指すことが目的になります。Best routeは、用意された3本のルートとは限りません。幻の4本目のルートがあるのかも。

Story after goal

  • 難易度:かんたん
  • スキン:マリオワールド草原(昼)
  • ID:3QJ-JCH-3KG

ゴール後のマリオの動きを利用した一発ネタ用のコースです。一応ゴールまでのゲーム性を持たせるために、コイン集めをゴール条件にしています。いやらしい場所に数枚隠していますが、狭いコースなので適当に動き回っているうちに気づけます。本題であるゴール後の動きは、特定の条件を満たしてゴールしないと発動しないのですが、どれくらいの人が気づいてくれたか把握する術がありません。自動発動させる手順は思い浮かびませんでした。発動手順は、レールで動いているブロックに、左へ押し戻される状態でゴールすることです。

TSUNAMI

  • 難易度:かんたん
  • スキン:マリオブラザーズ3森(昼)
  • ID:576-W37-XPG

水面が津波のように、とても大きく上下します。津波に飲まれる前に上手く移動することで、ベストタイムを狙えます。水に入ってしまうと動きが遅くなるので、タイムアタックには致命的です。

Long course

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズU草原(昼)/城(昼)
  • ID:17W-3SN-RCG

とにかく長いコースです。クリアするまでに7~8分掛かります。制限時間を最大の500秒にしてもギリギリになってしまいました。とは言え、無駄に走らせる単調なコースにならないよう、工夫したつもりです。同じコースを再利用して距離を稼ぐケースも、ルート自体は別にしたり、進行方向の変更やON/OFFスイッチを使って、プレイ感が変わるように努めました。

BOSS onparade

  • 難易度:ふつう
  • スキン:マリオブラザーズU空(夜)
  • ID:RVF-BN3-4QF

ボスキャラとの3連戦になります。試合会場で1戦ずつ戦い、勝利するたびに次の試合へ進みます。低重力コースなので、全体の動きが緩やかになり、戦いやすくなっています。3戦目の大クッパ戦が難しいかと思います。クッパの動きとの駆け引きがポイントになります。キノコ状態は3戦目まで維持したいところです。


青空と菜の花の江戸川CR2020

2020年03月15日、前週に引き続き、江戸川CRを走ってきました。前週は曇天でしたが、今週は青空が広がる気持ちの良いお天気。

   

千葉県側を北へ進んで、常磐自動車道を過ぎたところで、下側に移動します。やはり真横に菜の花の壁があったほうが、菜の花の中を走っている気分が増します。そんな菜の花の足元を見ると、オオイヌノフグリが小さな花を咲かせていて、可愛らしいです。そのまま玉葉橋まで走り、橋を渡って埼玉県側へ移動しました。

  

埼玉県側も菜の花が咲いていてきれいです。常磐自動車道を抜けて南に出たあたりが、ずっと先まで一面の菜の花畑が広がっており、絶景でした。ちょうど菜の花畑に雲の影が落ちてしまっていたので、雲が晴れるまで粘って撮影。

その後は流山橋を渡って千葉県側に戻りました。流山橋から少し北へ行ったところに小さな花壇があるのですが、色々ときれいな花が咲いていて、目を楽しませてくれます。

前述の通り、とても気持ちの良いお天気で、散歩している人も多かったです。急に暖かくなったためか、羽虫が多くて走りづらい区間もありましたが、概ね快適に走ることができました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 20.09km
平均速度 13.1km/h
平均移動速度 19.8km/h
最高速度 37.0km/h
走行時間 01:32:07
移動時間 01:00:53
平均心拍数 132bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ガーラ湯沢でスキー2020

2020年03月13日、ガーラ湯沢スキー場で滑ってきました。前回の軽井沢で今シーズンは滑り納めのつもりでしたが、滑りの感触を忘れないためにもう一度くらい滑っておきたいと思い、決めました。年休消化も兼ねて3連休を取ったので、泊まりも考えましたが、そこまで滑り込まないかな、と思い、日帰りにしました。日帰りとなると、やはりスキーセンターが駅直結のガーラ湯沢が強いですねえ。

自由席利用のスキーパックを利用したので、適当な時間に東京駅へ行ったら、ガーラ湯沢行きはそれほど潤沢な本数はないので、40分くらい待つはめになりました。きちんと調べていくべきでした。現地にお昼ごろ到着予定でしたので、新幹線でのお弁当は、昼食も兼ねて五目わっぱ飯。

スキーセンターでレンタル手続きを済ませて、ロッカールームで着替えを終えたら、ゴンドラでゲレンデへ。ポールはゴンドラ降り場にあります。さすがに3月ともなると雪はだいぶ少なくなりますね。下山コースのファルコンは地面が見えている箇所もちらほらあり、滑走不可でした。2月には一面の雪景色だった越後湯沢駅周辺も、すっかり雪はなくなっています。

 

それでもゲレンデまで上ると、しっかり雪景色が広がっていました。天気は良好で、スキーウェアを着ていると若干汗ばむ感じ。さっそくソーシャブルリフトで上に行き、初中級者コースであるエンターテインメントコースを滑走します。前半がそこそこ斜度があり、中級者コースほど難しくはないけど、適度な歯応えがあります。ちょうど良い塩梅ですね。

続いて初級者コースである、エーデルワイスコースを滑ります。こちらはだいぶ斜度が緩くて林間コースになります。途中だいぶ緩い場所がありますが、スピードを殺しすぎなければ、概ね止まらずに滑走できます。

その後は、バルーシュリフトに乗って、北エリアへ向かいました。コースは初級者コースであるスワンコースを滑ります。最後が初級者コースにしては、若干急かな。

それからディルバリーリフトに乗って、ローマンホリデーAコースを数本滑ります。短めだけど、同時に滑走する人があまりいないので、思いきり滑れます。

そこそこ滑ったので、オーレにて休憩。新幹線で既に昼食をとったので、こちらでは生ビールとソーセージで、ひと息つきました。ゲレンデでのビールは止められません。

その後は、中級者コースのブロードウェイコースに挑戦します。滑り出しが崖のように思えて結構怖かったですが、滑り出したら意外と滑れます。しかし、曲がりすぎを上手くコントロールできずに、転倒。スキー板が外れてしまいました。急斜面でのスキー板外れは久しぶりでしたので、ちょい焦り。近くにいた人に助言をいただきつつ、端に寄って何とかスキー板を再装着しました。結構悪戦苦闘しました。この後はひたすらボーゲンで下りました。

外足荷重によるターン自体は上手くいったんですけど、その後のニュートラルに戻すのが遅れて、そのまま山側に滑ってしまい、勢いが失われたところで、後ろ向きに滑り出して転倒してしまいました。

北エリアから中央エリアに戻ったら、今度はジジコースに挑戦します。こちらも中級者コースです。先ほどの転倒が頭をよぎり、挑戦を躊躇いましたが、せっかくなので滑ることにしました。先ほどの転倒とコース幅の狭さから、無意識にプルークボーゲン気味になったことから、こちらは転倒せずに無事下りることができました。でも神経が擦り減るので、1本だけで切り上げ。

その後は、エンターテインメントやエーデルワイスを数本滑り、レンタル返却の期限に合わせて、ゴンドラで下りました。

 

帰り支度を済ませたら、恒例のマリオンクレープで、カスタードチョコクレープを頬張ります。程よい疲れに包まれつつ、新幹線で帰途につきました。

今回は、ターン時に外足荷重して内側のエッジを立てることで、曲がることは体感できました。しかし、実際の斜面には凹凸があり、きれいな斜面ばかりではないので、体重が予想外の向きに掛かったり、足が持っていかれることもありました。この辺をコントロールしていくのが醍醐味なのでしょうね。自分の滑りを自分で見られたら、もっと駄目なところに気づけそうなのですけど,上手い方法がないですね……

今回の滑走データは、以下の通りです。

滑走回数 16
距離 17.93km
高度下降 2,990m
滑走時間 1時間28分49秒
経過時間 3時間59分24秒
平均速度 12.1km/h
最高速度 36.2km/h

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。