「 bokupi 」一覧

ランニングのペースアップ(10km/60分)を目標にする

これまで10kmのランニング大会を2回完走しました。次の目標として距離を伸ばすか否かが悩みどころです。一般的には10kmの次はハーフですが、さすがに現状のペースで練習を重ねても厳しそうです。4月の10kmでも後半は脚力の在庫切れになりかけていましたし。ネットタイムも70分前後なので、まずはこれを成人男性の平均である60分まで引き上げることが、次の目標かな、と考えています。

以前に5kmの大会に出た際には、30分弱と言う平均的なタイムで完走できました。この時は参加者が少なく、競争意識が強く働いたこともあって、全力を出しきれたためです。後半はかなりきつかったですね。一方で10kmの大会は、いずれも大規模な大会だったこともあって、自分より遅いペースの人が多いので、それに甘えてしまい、ペースアップしきれませんでした。序盤は渋滞もありますし。

と言うわけで、今後の練習では、ペースアップを図っていきたいです。さっそく練習で、普段よりストライドを広くして走ってみたところ、左膝に痛みが出ましたorz。翌日にも残っていて、2日後にようやく引いた感じです。以前から登山の下り道などで左膝が痛むことが多いので、歩き方や走り方の良くない癖があるのかもしれません。或いは膝周りの筋力不足か。ランニングフォームの確認や修正、衝撃吸収力の高いシューズなどを検討したいですね。あとはスクワットによる筋力向上。ストライドを広げずにピッチを上げる方向でも良いのですが、そこまでストライドを広げたわけではありません。故障だけはしたくないので、注意したいです。


世界樹の迷宮X~枯レ森攻略中(その10)

第十一迷宮となる枯レ森の攻略を始めました。まずは第1層、メデューサツリーのアクティブ化条件がよく分からないまま、とりあえず進みます。そしてバジリスク戦へ。雷弱点なので、ショックスパークとチャージサンダーが主力です。チャージサンダーはTPが持たなかったので、ショックスパークをコツコツ打ち込みます。後はガンナーがチャージを打たなくなってセルディバイドが不要になり、手の空いたパラディンのシールドマイトも打ち込みました。Lv64で撃破です。

その後は粛々と第2階層、第3階層をクリアしました。この時点でプレイ時間85時間。長いなー。第4階層は敵の強さが上がって、Lv65-66では少々厳しいです。敵の編成次第では即全滅パターンにハマってしまいます。

第4階層の探索をしつつ、未着手の小迷宮である真新しい蟻塚を触ってみたりしました。いくつかギミックも解きました。それから埋もれた城跡に行って、レベル上げ作業。枯レ森より1戦闘で得られるEXPは低いけど、掛かるターン数が少ないので、時間効率が良いです。

その足で、小迷宮のボスであるヒポグリフに挑みました。Lv68くらいでしたので、さすがに苦戦はせずに済みました。雷属性が弱点なので、チャージサンダーが主力ですね。スカイダイブ後のウイングシールドは、1回の休息は許してしまいますが、それ以降は崩せました。ガス欠にもなっていないはず……。苦戦しなかったので、あまりメモが残っていません。

ちなみにマップ登場FOEも、現状出てくる相手は余裕で勝てるようになりました。うろつく跳獣に、三色チャージ+ダブルアクション発動で、レジメントレイブを叩き込んだ時は、爽快でしたね。ダブルアクション発動しなくても、2ターンあれば撃破できます。初登場時はあんなに恐れていたのに……

再び枯レ森の攻略に戻ります。第4階層でボスに近づくためには、周辺にいる監視役FOEを倒さないと無理そうだったので、順次討伐。冷酷な貴婦人3体と禍乱の姫君2体を倒しました。混乱や呪いの全体状態異常攻撃が嫌だったので、予防の号令をフル活用。だいぶ助けられました。封じ耐性が低いのですが、それには気づかず、封じを使わずに倒しました。

と言うわけで、そろそろ枯レ森のボスに挑む予定です。ただいまLv70程度。枯レ森の敵にも安定して勝てるようになってきたので、レベルアップはもうこちらで大丈夫ですね。本当は枯レ森をクリアしたタイミングで記事を書きたかったのですが、だいぶ間が空いてしまったので、このタイミングで書きました。


iSyncrを使ってiTunesとAndroidで楽曲を同期できる

昔からiPod shuffleで音楽を聴いていたため、PCでの楽曲管理はiTunesで行なってきました。しかし、現在使っているスマートフォンはAndroidです。スマートフォンを乗り換えるつもりはないので、Google側に寄せてGoolge Play Musicを使おうかと思いましたが、サブスクリプションサービスがメインでどうもしっくりきませんでした。

そこで色々と調べた結果、PCのiTunesとAndroidで楽曲を同期できるiSyncrというアプリを見つけました。Wifi経由で楽曲データや再生回数などの同期ができて便利です。おかげで職場の昼休みに、音楽を聴いたりできるようになりました。職場がスマートフォンは持ち込めるけど、音楽プレーヤーは持ち込めないルールなので。

無料版だと楽曲数やプレイリスト数に制限があるようです。今のところ不便は感じていませんが、せっかくなのでお布施のつもりで有料版を購入してみました。無料版の機能込みで、お値段900円の価値は見出しています。買取型のものなら、良いと思ったものには適切にお金を払っていきたいです。


アイビーをハイドロカルチャーで育てる

我が家は一応ベランダがあるのですが、日当たりや風通しが良いとは言えません。加えて、荒天時の対応が面倒そうなので、室内で育てたいと思いました。しかし室内に土を持ち込みたくないので、前から少し興味のあったハイドロカルチャーにしてみました。

ユニディで植え込み済みのアイビー(ヘデラ)を購入。丈夫で育てやすいとされている種類になります。薄茶色のハイドロボールのものを選んだので、見た目土壌っぽさがあって良いです。ハイドロボールは想像より軽かったですね。そして鉢が透明なので、水の減り具合が一目で分かってよいです。水が底へ抜けないので、上げすぎないように注意したいと思います。

置き場所は、ボトルアクアリウムの隣にしました。理由は、水草用に設置している植物生育ライトの恩恵を受けるため。まだ1週間くらいなので、現状の生育環境の良否はまだ分かりません。なるべく小まめに様子を確認して、変化を見過ごさないようにしたいです。なお、写真では仮置きのテレビ前に置いています。


ウィローモスに付着した髭ゴケを削ぎ落とす

ウィローモスの周りに髭ゴケが生えまくってしまったので、爪で削げ落としてみました。ウィローモス自体へのダメージが懸念されましたが、あまりに髭ゴケだらけだったので、思い切って敢行しました。

きれいに削ぎ落とせたり、ぶちっと切れてしまうところがあったり。ただ、切れてしまうようなところは、既にウィローモスが弱りきっていて、むしろ髭ゴケが接着しているような状況かと思います。ウィローモスを核にした髭ゴケを育てているような状況でしたね。

結果、残ったのは、か細いウィローモスが数本です。細いけれど、髭ゴケを除去して光を浴びられる状況になりましたので、復活を期待したいところです。余談ですが、連休中に1週間ほどライト未点灯にしていたら、茶苔がほとんど生えていませんでした。光を浴びることによる植物の生長は確かだと思います。

アカヒレの方はすこぶる元気で特筆することはないのですが、最近温かくなってきたためか、動きが活発になってきたようです。今年で3年目ということもあり、成長ぶりがうれしいですね。