「 bokupi 」一覧

JMBクリスタルになりました

どこかに書きましたが、今年はJMBの修行をしています。7月のビジネスクラスでのマレーシア旅行を終えた時点で、JMBクリスタルのステータスになり、先ごろ案内が届きました。

個人的には通過点のつもりなので、あまり特典等は意識していませんでしたが、せっかくなので使えるものは使おうと、その内容を整理してみます。他にも色々な特典がありますが、自分の利用スタイルで嬉しいのは下記かと思います。

  • 専用カウンターでのチェックイン(国内線はクラスJ)
  • 国際線での優先搭乗
  • 国内線でのプライオリティバッゲージ(クラスJ)

ちなみに今年は業務出張がないので、全て自腹です。加えて、期限切れを迎えるマイルがたくさんあったので、そちらも使わねばなりません。と言うわけで、FOPの貯まらない旅行も入れたりして、なかなか旅程を捻りだすのが大変でした。そんな中、アジア・オセアニア路線のFOP1.5倍はありがたいですね。時々セールもやっているので、わりかしお得です。オーストラリアは冬場はシーズンオフのせいか、思ったより安くプレミアムエコノミーに乗れました。10時間程度のフライトでしたが苦にならず、長時間フライトではもうエコノミー席には戻れないかもしれない……

ちなみに目指しているステータスは、JGC入会が可能になるJMBサファイアです。先日のプレミアムエコノミーでのオーストラリア旅行により、あと一歩のところまで届く予定です。その後は国内線に乗って到達見込みです。最後のところはきちんと計算していないので、早めに確認しておこうと思います。


映画「ペンギン・ハイウェイ」を鑑賞

Twitter上で評判が良かったので、2018年9月1日のナイトショーで見て来ました。見終えた感想は、小学生のときの夏休みが終わったときの気分です。話そのものは完璧な大団円ではないものの、概ねすっきり終わっていると思います。結局アレは何だったのか、と言う点では、よく分からないままなのですが、その辺はあまり重要ではなく、話の流れが面白かったですね。前半のパートでは、様々な細かいギミックにより、小学生のときの夏休み体験が想起されて、懐かしい気持ちになりました。そして、終盤の大人たちとのやり取りや、その先へ突入する展開は、電脳コイルを何となく思い出したりしました。

加えて、とにかくキャラクターが魅力的で良いです。主人公のアオヤマくん、とても賢いけど、万能ではなく、お姉さんに見せる子供らしい面もあって良いです。お姉さんは、「~だなあ」「~だねえ」の語尾がふんわり耳心地が素敵です。自分は、小さい頃にお姉さんのような人は周りにいなかったのですが、スクリーン越しに見ていても、アオヤマくんが惚れるのも頷いてしまいます。ウチダくんはただただ可愛い、実質ヒロイン。ちびまる子ちゃんで言うならタマちゃん的ポジション。スズキくんは乱暴者ですが、最初のシーンで歯医者のくだりを見せることにより、その後の横暴なシーンでもそれほど彼の心証が悪くならないように工夫されているのかな、と思いました。実際最後は映画のジャイアンよろしく協力してくれますし。ハマモトさんは、アオヤマくんと並んで利口な子だけど、淡々としたアオヤマくんとはまた違う雰囲気。公式の言葉を借りるなら自信家。最後に登場したこともあり、登場人物たちの人間模様のわりと中心側にいた印象です。

結末については、二度とは戻らない小4の夏休み、と言う暗示もあるのかな、と感じました。しかし、アオヤマくんは謎を解き明かすことを諦めていませんし、見る人の想像次第で未来は如何様にも描けるのだと理解しています。

ちなみに、事前に話には聞いていたのですが、想像以上におっぱいでした。ぎりぎりアウトなくらいおっぱいでした。


ボトル内の小さな変化を楽しむ

ライトを当ててから、ウィローモスの生育が良くなっています。ただしウィローモスの成長速度はゆっくりなので、一気に茂るようなことはなく、数日間見ていてちょっと伸びたかな、と言う程度です。何だか盆栽を楽しむような気持ちなのかもしれません。アナカリスのような成長の早い水草だと、増やしたいときは便利ですが、そうでない場合はトリミングが面倒なので、ボトルアクアリウムにはウィローモスが合っていると思います。

そしてアカヒレも日々の成長を感じることはないのですが、お迎え当初と比べると、明らかに体つきも良くなり、成長を感じます。尾びれの赤い線もきれいに出ています。寿命を考えると、今が一番油が乗った時期かもしれません。ボトルという狭い環境で1年半以上生きてくれて感謝です。

ボトルアクアリウムは、その狭さゆえにあまり環境に手を入れたり出来ません。だからこそ、上記のようなボトル内の小さな変化を楽しんでいきたいですね。


10kmを走りきれずに歩いた

一度10kmを走ってみようと、2018年9月1日に走ってみました。昼間でしたが、曇りから雨になる予報でしたので、あまり暑さもきつくないだろうとの判断です。ところが予想に反して太陽が顔を出しています。気温は猛暑というほどではありませんが、湿度が高いので、ここに陽射しがくるとなかなか厳しいですね。後半は曇ってくれたのが救いです。そして走り終えた頃に雨が降り始めました。

とにかく10kmを走るために、ペースはだいぶ落としていたつもりでしたが、4km過ぎたあたりでバテてしまいました。腕や手に軽い痺れを感じたので、危ないと思って走るのを止めました。もしかしたら熱中症の前兆?熱中症で倒れた経験がないので分かりませんが。

それでも10kmの距離感は掴みたいので、歩き続けました。そしてたまに走ったり、歩いたりを繰り返し。結果は、10.01kmを1時間15分52秒でした。後半ほとんど歩いてたわりには、思っていたより時間掛かっていないですね。これなら次回のランニング大会で、最悪制限時間の超過は免れそうです。

10kmは想像以上に長いですねえ。5kmはたまに走るので距離感があるのですが、10kmは距離感がないこともあり、とても長く感じました。

なお、今回からRun Keeperというスマホのランニングアプリを導入してみました。まだ大して使いこなせていませんが、便利でいいですね。


Google Analyticsを利用してみた

ブログのアクセス解析のために、Google Analyticsを導入してみました。Googleアカウントは既に保持しているので、Google Analyticsの利用登録から始めます。いくつか入力項目がありますが、URL以外はさほど重要ではないと思います。手続きを進めてGoogle Analyticsの利用登録が完了すると、トラッキングコードを入手できます。

続いてこのトラッキングコードをウェブサイトに組み込みます。自分はWord Pressを使っているので、そちらの管理画面から行ないます。左メニューの「外観」から「カスタマイズ」を選び、「アクセス解析」を選ぶと、Google Analyticsのトラッキングコードを入力するフィールドがありますので、そちらに入力します。使用しているテーマによっては、ないかもしれません。

導入したのは結構前なので、既に数ヶ月運用している状態です。現状は、検索エンジンからの流入で、だいたい10~20人/日くらいですね。検索ワードが分かるとうれしいのですが、プライバシー保護の観点から通常では取得できなくなってしまいました。

自己満のブログなので本腰を入れた分析はしていませんが、アクセス数の多いページなどの情報を、期間など色々な角度から分析できるのは、楽しいですね。

ところでreferralに出てくる20カウント程度の見慣れないドメインって何だと思って調べたところ、Google Analyticsに向けたSpamらしいです。アクセスしなくて大勝利。どこもかしこもSpamで汚染されていますね。