「 bokupi 」一覧

湖西連峰の座談山登山

2019年10月14日、湖西連峰にある座談山を目指して、登山してきました。もともと伊吹山に行くつもりでしたが、夏期以外は公共交通機関でのアクセスが無理だったので、名古屋から行ける低山を探した結果、座談山へ行くことにしました。

名古屋から東海道線に乗って二川駅まで移動します。名古屋は雨が降っていましたが、二川の方は降っていなくて助かりました。低山ということで雨具も無しの舐めまくりの装備でしたので、雨の状況によっては取りやめる予定でした。

 

二川駅から歩いて伊寶石神社に向かいます。賽銭箱の手前に木の実が可愛らしく並べられていました。登山の無事を祈願したら、いざ二川自然歩道を歩きます。

 

緩やかな上り坂が続きますが、時折急登も現れます。道は基本的に歩きやすいです。20分ほど歩いて、東山(松明峠)に出ました。

   

標高258メートルですが、平野を見渡す光景は気持ちが良いです。少し休憩したら、先へ進みます。道が狭くなりますが、稜線歩きなので眺望を楽しめます。35分歩いて風越峠に着きました。ここから上り坂と平坦な道の分岐がありましたが、せっかくなので上り坂を選んでみました。ただそれほど景色が良いわけではないので、平坦な道を進んだ方が良かったかな。

 

稜線歩きが終わり、周りの木々が高くなって少し鬱蒼とした雰囲気になります。およそ20分ほど歩いて、二川テレビ中継所に出ました。道中ちょっとした岩場登りもありますが、ハギなどの花も楽しめました。

  

二川テレビ中継所のある場所には、花壇やベンチがあり、休憩できるようになっています。花壇にはアキノノゲシなどが咲いていました。

そこから5分ほど歩いたところが、座談山の山頂です。標高309メートル。山頂を示す看板もなく、鉄塔が建っているだけで、少し味気ないですね。眺望は開けているので、浜名湖を含む湖西市の平野を望めます。

座談山の山頂はベンチもないので、早々に下山します。来た道を戻り、葦毛湿原との分岐点まで来たら、葦毛湿原側へ下ります。だんだん日が下りてきて、寂しい雰囲気になっていきます。

   

40分ほど歩いて、葦毛湿原にやってきました。こちらは、ミニ尾瀬とも言われているそうです。だいぶ暗くなっていますが、まだ散策できるので、木道を歩いて湿原の草花を楽しみます。スイラン、イワショウブ、マアザミ、サワヒヨドリ、そしてシラタマホシクサの群生を写真に納めました。

ここから長尾池方面に抜けるのですが、わりとすぐに抜けられると思っていたら結構歩くので、道が正しいのか不安になり、一旦戻ってしまいました。山の中で日が落ちてくると、不安感がかなり増しますね。

その後バス停まで着いた頃には、すっかり真っ暗でした。低山ということで、ガバガバすぎる計画だったことが反省点です。シーズンではないためか、休日でしたが、道中誰にも遭いませんでした。

今回の登山データは、以下の通りです。

距離 7.61km
時間 03:13:37
高度上昇 467m

最初はピストンのつもりでしたが、思いのほか距離があったので、葦毛湿原側に抜けて、バスで豊橋まで帰りました。

今回は低山の縦走みたいな形になったので、高度グラフが面白いです。でも最初と最後以外は、そんなに高低差なかったんですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


名城公園でランニング

2019年10月14日、名古屋に滞在していたので、名城公園の周りをランニングしてきました。早起きに失敗したので、朝食後のランニングとなりました。

小雨がぱらつく微妙な空模様でしたが、走るのには支障のない程度。加藤清正公の像がある付近から走ろうかと思いましたが、いきなり信号機があって出鼻をくじかれます。名古屋城前交差点を渡ってから、スタートを切りました。

  

走るとすぐに二の丸交差点が見えてきて、また信号かと思いましたが、左に曲がっていけば信号に掛からず進めます。お濠の石垣を左手に望みながら、出来町通りを真っすぐ走ります。すると市役所交差点に出ました。道路を挟んだ向かい側には、レトロな造りの名古屋市庁舎が見えてきます。ここを左に曲がると、緩い下り坂が始まります。真っすぐ走っていくと、名城公園南交差点に出ます。ロングコースを取るなら、ここで信号を渡って北園に行くのでしょうが、ショートコースにします。

   

というわけで、左に曲がります。高い木々に囲まれ、ちょっとした林感があります。しばらく走ると、名古屋城をよく見渡せそうな広場があったので、少し寄り道しました。その後はお濠に沿って走り、名古屋城や西北隅櫓を眺めながら走りました。西之丸エリアを周って名古屋城正門に向かうあたりで、上り坂になります。二の丸交差点まで走ったら、信号を渡って、加藤清正公の像まで行き、そこをゴールとしました。

事前の調べが足りませんでしたが、名古屋城の周辺だけを走るのなら、信号に一切掛かりませんね。道幅は広い部分もありますが、2~3人くらいしか通れない狭い部分もありますので、要注意。なお、大阪城公園ではランナーの姿を多数見かけますが、こちらはそこまでポピュラーではないのか、数名程度しか見かけませんでした。

計測結果は下記の通り。

距離 3.65km
時間 23分55秒
心拍数 168bpm

走行マップは下記の通りです。


ジム48日目~100度壁ホールド替え

2019年10月27日、壁家にてボルダリングをしてきました。目下5級課題に挑戦中ですが、恐れていた100度壁のホールド替えが行われてしまいました。というわけで、挑戦中の課題は時間切れで敗退です。

心機一転、新しい課題を品定めします。しかし、どれも行けそうな気がしない……。とりあえず100度壁橙■に挑んでみることにしました。(A)からスタートして、左手で(C)や(D)を掴むところまで行きますが、そこで詰んでしまいます。(B)の使いどころがよく分かっていません。(B)(C)(D)の下にある大きなホールドに足を乗せるのかな、と思い、無理やり乗せてみましたが、その後上手く展開できません。

うーん、どうにも基礎が不足している感じですかね。6級までは力任せに進んできて、5級でそれが通じなくなっているのだと思います。帰宅後ネットで動画を見たりして、勉強してみました。

まずはダイアゴナルの動きをきちんと出来るようになりたいです。ここ最近5級ばかり挑んでいましたが、6級以下で基礎を固めることをやってみたいと思います。

ちなみにこの日はわりと空いていましたが、カワハロのパレードを見たかったので、1時間ちょい登って引き上げました。体力はまだ残っていたので少しもったいない気もしましたが、年に1回のパレードを優先しました。


中国語キクタン初級編を学習中

キクタン初級編を通勤電車の中で毎日読んでいます。片道約20分強で、全部の時間を当てたり、一部の時間を当てたり、その時の状況に応じて様々です。往復で最大で50分弱で、平均すると25分程度でしょうか。

最初は声調がなかなか定着しないと感じていたのですが、反復学習を繰り返していたら、何となく頭にこびりつく感覚を覚え始めました。発音記号だけで覚えるのではなく、音と一緒に覚えるのがやはりいいですね。声調記号は間違えても、頭の中で発声した音はあっていることが、しばしばありました。音が分かっているのに声調を間違えること自体は問題ですが……

まだ初級ということで、基礎的な漢字が多いです。そして一度出た漢字が、繰り返し他の単語でも出てくるので、発音の記憶が定着しやすいです。

単語の意味については、だいたい下記に大別されます。

  • 日本語での漢字の意味と概ね同じもの
  • 日本語での漢字とは意味が違うが、何となく分かるもの
  • そもそも日本語の漢字では登場しない、馴染みの薄いもの

今のところ、一番上に当たるものが最多なので、わりと理解しやすいです。

一方文法については、きちんと学習していません。中国語の文法は制約が緩く簡単だと言う話を聞きますが、制約が緩いがために解釈の幅が広くて、正確な内容の把握が難しくならないのかな、という疑問があります。

最後に発音ですが、こちらは今一度きちんと勉強したいですね。単語学習の土台となるので、ここがいい加減だと後々苦労しそうです。

勉強時間は毎日2時間を確保したいところですが、通勤時間や昼休憩のみでは足りないので、自宅学習も必要になります。うーん、なかなか腰が上がりません。


アイカツ!カステラを買いました

Twitterを眺めていたら、アニメフィルムフェスティバル東京を記念した、アイカツ!と伊勢丹新宿店のコラボレーションによる、アイカツ!カステラが数量限定で販売されていることを、知りました。この直前に新宿へ行く用事があったのに買わなかったことが悔やまれたので、後日通販で購入しました。

まずはパッケージです。のし紙に描かれたいちごさんとあかりさん。コスモスということで、まさに今の季節にもピッタリです。のし紙はセロハンテープで箱に固定されているので、きれいに剥がすのに苦労しました。

そして開封すると、上面にいちごさんとあかりさんがプリントされたカステラ。こちらはSDキャラです。”AIKATSU!”、”ISETAN”のテキストが入っています。

カステラ自体は文明堂のカステラで、もちろん美味しいです。特S号なのでひとりで一度に食べきるには、少し多かったですが、キャラクターがプリントされているので、それを切った状態で保管しておくのがためらわれて、一度に食べきりました。こうしたコラボ作品、描かれたキャラクターを切ったり崩したりする時、毎回ちょっと罪悪感が生まれちゃいます。一口でパクッと食べられれば良いのですが。

購入したのは10月中旬でちょっと遅めでしたが、無事に購入できて良かったです。先ほどオンラインストアを見たら、完売していました。