「 bokupi 」一覧

スペイン語検定6級~その4(受検当日)

2017年6月25日、スペイン語検定6級を受検してきました。会場はTKPガーデンシティ横浜の6階会議室です。横浜駅から徒歩5分程度。ちょうど降り出した雨の中、多少迷いつつ、到着しました。試験会場となる部屋には、10分前まで入れないので、廊下が混み合っていました。

試験会場は、二人掛けの長机が並ぶ形式で、座席は指定されています。机上には、試験結果を郵送するための宛名シールがあります。これを書くために、ボールペンを持参した方が良いです。

試験用紙は、問題用紙と解答用紙が一体化した、学校でのテストみたいな形式で、懐かしかったです。大人になってからの試験はマークシート形式が多かったので、久しぶりの感覚でした。

受検者層は、性別で言うと、やはり女性の方が目立ちます。年齢層は、学生から社会人、現役引退と思われる方まで、様々でした。

肝心のテストですが、試験問題の内容は、事前に調べておいた形式と同じでした。定冠詞や形容詞の活用を答える問題では、思った以上に名詞の性別が分からなくて、苦労しました。-oや-aの基本的な法則に従い、後は記憶の断片をかき集めて対応です。あと、serとestarは、途中まで用法を逆に勘違いしており、慌てて直しました。全体的に語彙力がいまひとつ足りなくて、自信を持ち切れない結果となりました。

  • 1問目:アクセント問題。特に捻りはなく、n,s,母音終わりか否かで判断できたはず。
  • 2問目:定冠詞の問題。名詞の性別が分からなくて、一抹の不安が残る。
  • 3問目:形容詞の活用問題。こちらも名詞の性別で苦労。複数形の-s,-esも一抹の不安。
  • 4問目:ser/estar/hayの問題。和訳も必要で焦った。
  • 5問目:規則動詞の活用問題。規則さえ覚えていれば機械的に対応できる。
  • 6問目:疑問文の和訳問題。疑問詞は分かるのに、他に分からない単語があって悩んだ。

手応えとしては、何とか70%は確保出来ているかなあ、というところです。この試験は、問題用紙を持ち帰れないため自己採点が出来ず、2ヶ月後の結果通知までお預けになります。正直、6級はだいぶ難易度が低いと聞いていたため、少し勉強の気合いが足りなかったことは、反省点です。もう少し単語を確実に覚えておけば、もっと自信を持てたと思います。

何はともあれ、2か月後の結果通知を楽しみに待ちたいです。


新宿御苑界隈を散策しました

2017年6月10日、修理に出していたミラーレス一眼の引き取りのため、新宿まで出かけてきました。せっかく新宿まで来たので、そのまま帰るのはもったいないと思い、新宿御苑を散策することにしました。

新宿門から入園します。入園チケットはQRコード形式になっていました。この時期ですと、どうしても紫陽花のイメージが強いですが、他にも旬な花たちはいて、そういった花たちも見て回りました。

 

紫陽花は新宿門の付近にありますが、満開には少し早い感じです。野草ではドクダミも園内各所で大小さまざまな群生が見られます。ツツジはまだ楽しめますが、さすがに満開は過ぎてしまい、少しだけ緑が目立ちます。

上の池に掛かる橋を渡って、庭園と奥にそびえるビルとの対比を楽しみつつ、一旦道を戻りました。お昼を食べていないので、ソフトクリームで小腹を満たします。何だかんだでプレーンが一番好きかもしれません。

再び園内を散策します。温室近くでは、タイサンボクの花を見ることが出来ました。比較的低いところに花が咲いているのですが、それでも見上げる形になってしまいます。花を上から見たかったのですが、ちょっと叶わず。

一方足元を見れば、ムラサキカタバミなどの可愛らしい野草が小さな花を咲かせていました。他に、ビヨウヤナギやアルストロメリアなどの花を楽しみつつ、新宿御苑を後にしました。

やはり小さい野草を撮るときは、マクロレンズが欲しくなりますね。ただ、普通の花を撮る分には標準レンズでも足りるので、クローズアップレンズを買うのがいいのかな、と思っています。

新宿御苑を出た後は、花園神社に参拝。ビルの間に挟まれた参道というのは、如何にも大都会新宿にある神社です。それでも境内には神聖な空気を感じますね。

最後は、すごい煮干しラーメン凪新宿ゴールデン街店本館にて、すごい煮干しラーメンをいただきました。16時くらいでしたが、2人ほど列待ちしていて、席に着いた後も、どんどんお客さんがやって来ます。肝心のラーメンですが、推している通り煮干しの風味がすごいです。特に最初のインパクトは強烈ですね。ただ煮干しなので、しつこくはなく、濃いけれどあっさり、という不思議な感覚です。麺はスープがよく絡む太めのちぢれ麺でした。初めの一口は、人間界からいきなり煮干し界に飛ばされて驚くけれど、二口三口目あたりからは馴染んで、煮干しの世界を楽しめます。

こうして、今回の新宿散策はお終いです。新宿は、用事だけを済ませて帰ってしまうことが多いので、こうしてぶらぶらと歩きまわることは、新鮮でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


スクエニ株が3,800円まで上がっている

久しぶりに株の話です。書きそびれていましたが、三菱鉛筆の100株はかなり前に売却済みです。あまり理由は覚えていませんが、当時スクエニ株が暴落していて、堅調に値上がりしていた三菱鉛筆株を、利確したかったのだと思います。

そして本題。ここ数ヶ月、300株を保有しているスクエニ株が3,800円超になっており、購入時の価格を上回っている状況が続いています。たぶんこの状況は初めてです。やはりドラクエ11への期待でしょうか。それともスマホ系が好調なのでしょうか。

値上がりすると売却を考えたくなりますが、基本的には長期保有志向なので、売る予定はありません。売却しても利益は数万円ですし、配当金を貰えればいいという考えです。ドラクエが好きだから保有している面も大きいです。そもそも相場を見ながら、タイミングを計って売買すると言うことに対して、楽しむより疲れてしまうので、短期取引には向いていないようです。

現在はスクエニ株しか保有していませんが、他にも保有するとしたら、好きな作品を提供する会社、という点で、バンダイでしょうか……。安直ですが、長期保有だと考えた場合、そのへんのモチベーションは大事な気がします。


スペイン語検定6級~その3

受験票が到着しました。会場は横浜駅の近くで、意外にも交通の便が良いです。少し離れた大学などが会場になると思っていました。

現在は単語集を電車の通勤時間で読むことをメインに学習しています。そろそろ試験に特化した対策をしようと思いましたが、過去問に関する情報が公式サイトからは得られません。インターネットを検索して見つけた先人たちが書いてくれた情報から、下記の出題内容になりそうです。

  1. アクセント
  2. 定冠詞
  3. 形容詞の性数一致
  4. ser/estar/hay
  5. 規則動詞の活用
  6. 問答の文章から正しいものを選択(疑問詞)

記述式ですが、動詞等は原形が提示されるようですし、特定のものを除いて、単語をきっちり覚えておく必要はなさそうです。しかし、見覚えのある単語を増やすことは必要かと思えるので、単語集は引き続き読んでいこうと思います。

以下は勉強ノートです。自分の勉強用に掻き集めたものですので、正確さは保証しません。

アクセント

前提知識として、母音は二重母音や三重母音があり、これは1つの母音として扱います。a/e/oが強母音となり、多重母音は強母音1つとそれ以外で構成されます。ただし、多重母音でもアクセント記号が強母音以外に置かれた場合は、個別の母音として扱います。

それを踏まえて、アクセントのルールです。

  • 母音字もしくはn、sで終わる単語は、後ろから2つ目の母音にアクセントを置く
  • 上記以外は、後ろから1つ目の母音にアクセントを置く
  • アクセント記号がある場合は、上記のルールは関係なく、そこにアクセントを置く

冠詞

不定冠詞。

性別 単数 複数
男性 un unos
女性 una unas

定冠詞。

性別 単数 複数
男性 el los
女性 la las
中性 lo

例外として、アクセントのある母音で始まる女性名詞は、男性名詞の冠詞になります。固有名詞の場合は、その例外に沿わない場合もあります。

前置詞

個人的に覚えておきたいと思った前置詞をピックアップして、対応する英語の前置詞を記載します。

前置詞 英語
a to
de of
bajo under
con with
desde from
en in
entre between
hasta until
para for
por by
sobre on

前置詞と定冠詞がくっついて、以下のように変化します。

  • a + el = al
  • de + el = del

形容詞

男性形が-oで終わる場合。

  • 女性形は-oを-aに変える
  • 複数形は-sを加える

地名などの場合。

  • 女性形は男性形に-aを加える
  • 複数形は、男性形の場合-es、女性形の場合-sを加える

男女同形の場合。

  • 複数形は、通常-s
  • 母音以外で終わる場合は-es
  • -zは-cに変える

規則動詞

-ar/-er型。aとeを変えるだけで、変化は同じ。

人称 単数 複数
一人称 -o -amos
二人称 -as -áis
三人称 -a -an

-ir型。

人称 単数 複数
一人称 -o -imos
二人称 -es -ís
三人称 -e -en

不規則動詞

試験範囲であるこの3つに絞ります。

ser

  • 英語のbe動詞に相当。estarとの使い分け要
  • 起こる、行われることを表す
  • 変わることのない事柄を表す
人称 単数 複数
一人称 soy somos
二人称 eres sois
三人称 es son

estar

  • 英語のbe動詞に相当。serとの使い分け要
  • 所在を表す
  • 様子など変わり得る事柄を表す
人称 単数 複数
一人称 estoy estamos
二人称 estás estáis
三人称 está están

hay

  • 英語のthere isに相当
  • 存在の有無を表す

haberの三人称単数の特別形で、人称による変化はありません。

疑問詞

全てを正確に英語と対応させることは出来ないのですが、大まかには下記で正しいはずです。

疑問詞 意味
qué what
quién who
cuál which
cuánto how many/much
cuándo when
dónde where
cómo how
por qué why

湯河原で登山と温泉と蛍観賞

2017年6月2日、湯河原へ日帰り旅行してきました。ちょうどこの日は職場が平日休みでしたので、若干蛍には早いかと思いつつ、行くことに決めました。温泉街に一泊しようか迷いましたが、日にちが少なくて計画を詰めきれなかったので、日帰りです。

当日の天気は、予報が色々変わった結果、晴れて気温が高く、風も穏やかという好条件になりました。以前の予報では曇りや雨だったり、当日朝の予報は強風だったりして、やきもきしましたが、良かったです。

東海道線快速アクティがなかったので、普通に乗って湯河原を目指します。通過待合せ等があり、1時間30分ほど掛かりました。早川、根府川のあたりは、車窓に海が広がって、気持ちいい光景でしたね。

湯河原駅に到着後、駅舎でも撮ろうかと思ったら、ちょうど改築工事をやっていたので、断念。そのままお昼を食べに行きます。しかし、あらかじめ調べておいた店が、思いきり解体されていました。うわー、マジかー、と思いつつ、他のお店を探して入った先が、一福庵。どうしても蕎麦を食べたかったのです。注文したのは、おすすめされていた浜おろし蕎麦とビール。浜おろし蕎麦は、海草たっぷりで磯を感じます。

腹ごしらえをしたら、城山登山へ向かいます。登山するのにビールを飲んでしまって、トイレ大丈夫かな、と今更の後悔。ただ、登山と言いつつ、実際にはハイキングです。

  

途中、城願寺に参拝します。境内にある国指定天然記念物のビャクシンが立派ですね。大きすぎて、写真に全てを収めることが出来ませんでした。他にも、頼朝の腰掛け石などがありました。今回湯河原に来るまであまり知りませんでしたが、頼朝に所縁のある地なのですね。

お参りを済ませたら、ちょうど目の前にあった公衆トイレで用を足して、ひと安心。城山の山頂を目指して、脚を進めます。しばらくは住宅街の中を登っていく感じになります。舗装道路ですが、それなりに急なので結構疲れます。

次第に住宅も少なくなり、山道になってきました。それでも舗装道路なので、歩きやすくて良いですね。眺望が開けた場所では、相模湾に浮かぶ初島や大島が見えました。

登り進めていくと、近道、まわり道の看板が出現。近道のほうは当然急勾配なのですが、せっかくなので近道のほうを俺は選ぶぜ!結果、一部急なところはありましたが、全体的にはそれほど急ではなく、予想したほど苦労はしませんでした。道はわりとすぐに合流します。

道を進んで行くと、いろいろ史跡への案内があるのですが、70メートル登ったり、80メートル下ったりと、わりと面倒くさいので、全部スルーしちゃいました。史跡めぐりの旅なら良いのですけど、今回は蛍メインの旅なので。

舗装道路を進んでいくと、ようやくオフロードに入ります。草むらのなかの道を歩くと、木立の下にテーブルやイスがあって、寛げるようになっていました。この辺はほとんど坂もなく、気づいたらあっという間に城山山頂でした。

  

海抜563メートル。海を見渡せば、初島とその奥に大島のシルエットが広がります。山頂はちょっとした広場になっているのですが、蝶がいっぱい舞っていて、楽園感が半端なかったですね。平日ということもあってか、他の人は誰も来なかったので、とても贅沢に楽しめました。もう少しのんびりしたかったのですが、蝶に交じって大きめの蜂も飛んできたので、ビビッて下山です。

帰りは城山入口バス停へ通じるルートを下ります。最初は自然林が続いて、そのうち人工林っぽくなります。道は結構細くて、気をつけながら下りました。途中、倒木で道が塞がれている箇所があり、ここまでかっ!という場面もありましたが、無事下山して、道路まで出ました。往路より距離は全然短いですね。しかし、ここから湯河原温泉郷まで歩かなくてはいけません。

まずは奥湯河原温泉郷を目指しててくてく歩きます。車の通りはそれほどないですが、稀にマナーの悪い車がいました。歩くこと40分、街並みが見えてきて、奥湯河原温泉郷に到着です。

 

藤木川に沿って下って行き、湯河原温泉郷を目指します。途中自販機でコーラを買って喉を潤しながら、進みます。温泉街らしく、温泉設備が湯気を立てている光景が、よく目に入ってくるようになりました。不動滝や湯元通りを見て回って、温泉を触れる場所で楽しんだりしつつ、万葉公園に到着です。

17時ごろで、蛍の観賞にはまだ早いので、日帰り温泉施設こごめの湯にて、湯河原温泉を楽しみます。内湯2つに露天1つで、最初は内湯を味わい、その後は露天で夕方の空を眺めつつ、のんびりしました。湯上りの後には、自販機でアイスを買って、体を冷やします。それから2階に行き、休憩室にあったマッサージチェアを堪能しました。温泉施設にあるマッサージチェア大好きです。

少しずつ暗くなり始めましたが、まだ蛍は見られないので、万葉公園内を散策します。花木園で万葉集所縁の野草を見たり、狸福神社を参拝したり、千歳川沿いの滝を眺めたりしました。

それから観光会館へ行き、花菖蒲展を見学。大量に並ぶ花菖蒲と、個別に鉢植えされている個性的な花菖蒲を楽しみました。

観光会館前では屋台が4店舗ほど出ており、フードコートみたいになっています。ちょうど手持ちに細かいお金がなくて、店の人を困らせてしまいましたが、無事本日の夕食を購入。湯河原名物の坦々焼きそばとレモンサワーです。坦々焼きそばは、ピリッとした程よい辛さですね。レモンサワーは結構お酒を入れてくれた感じです。

さて、そろそろスタンバイ。蛍は花木園付近で見られるとのことですが、具体的にどの辺なのか分からないので、勘で位置を決めてスタンバイ。まだ若干明るかったのでもう少し経ってからかなあ、と思っていると、目の前をファ~と舞う弱い光が。もう蛍が飛び始めていました。

 

花木園の池の方で飛ぶみたいですね。陣取った位置でも結構見えたのですが、ベストポジションはもう少し奥のほうでした。人が多くてそちらで写真を撮るのは難しそうなので、この場所で頑張ることにしました。さっそく三脚を使って、10秒露光で蛍の軌跡を狙います。ただ、小型の三脚でしたので、手前の柵が邪魔になってしまうのは、計算外。持ち運びには便利なのですが、小型ゆえの弱点が露呈しました。(※写真のサムネイルだと蛍の光がだいぶ潰れていますが、クリックして拡大いただけると、そこそこ光が映っています)

あと難しいな、と思ったのは、蛍の飛び方は予測できないので、上手くフレームに収まってくれるかは、わりと運しだいというところです。飛ばずに葉っぱなどに留まっていても、星空のようできれいなのですが、やはり飛んでくれたほうが美しいです。

蛍は基本的に水場の上を飛んでいるので、なかなか近くでは見られませんが、たまに遊歩道のほうまで飛んでくる蛍がいます。写真を撮っていたら、蛍がゆっくりと自分の方に舞ってきて、思わずぶつからないように避けました。想像以上に小さくて、ゆっくりと舞うのですね。目の前で蛍が明滅して、光るたびにその姿が浮かぶ様子は、とても幻想的でした。

後日の公式発表では、50頭ほど舞っていたようです。前日が20頭でしたので、わりと良いタイミングで来られたと思います。乱舞というにはまだ遠いですが、十分に蛍を楽しむことが出来ました。写真はたくさん撮りましたが、数枚は満足いくものが撮れて良かったです。

もう少し粘るつもりでしたが、急に体調が優れなくなってきたので、早めに切り上げて帰ることにしました。落合橋バス停から湯河原駅までバスで移動し、そこから東海道線で帰ります。東海道線は意外と混んでいましたが、小田原で座れたので、川崎まで寝て過ごせました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。