「 資産・株 」一覧

株など資産運用について

スクエニ株が3,800円まで上がっている

久しぶりに株の話です。書きそびれていましたが、三菱鉛筆の100株はかなり前に売却済みです。あまり理由は覚えていませんが、当時スクエニ株が暴落していて、堅調に値上がりしていた三菱鉛筆株を、利確したかったのだと思います。

そして本題。ここ数ヶ月、300株を保有しているスクエニ株が3,800円超になっており、購入時の価格を上回っている状況が続いています。たぶんこの状況は初めてです。やはりドラクエ11への期待でしょうか。それともスマホ系が好調なのでしょうか。

値上がりすると売却を考えたくなりますが、基本的には長期保有志向なので、売る予定はありません。売却しても利益は数万円ですし、配当金を貰えればいいという考えです。ドラクエが好きだから保有している面も大きいです。そもそも相場を見ながら、タイミングを計って売買すると言うことに対して、楽しむより疲れてしまうので、短期取引には向いていないようです。

現在はスクエニ株しか保有していませんが、他にも保有するとしたら、好きな作品を提供する会社、という点で、バンダイでしょうか……。安直ですが、長期保有だと考えた場合、そのへんのモチベーションは大事な気がします。


スクエニ株の急騰と急落

数年前に株に手を出して以来、塩漬け状態が続いています。というのも、300株を保有するスクエニ株が、値下がりの一途で、気づいたら損切りできるレベルを、とうに過ぎていたためです。

購入時はだいたい3200円程度でしたが、一時は1000円を切るところまで、落ちました。ところが、アベノミクスの流れを受けて、多少回復し始めました。そして先日何気なく見たら、2900円にまで上がっているではないですか。あとで調べたところ、スマホ版のドラクエが好感されたのが原因みたいです。ただし、その後のガチャ返金騒動で急落してしまいました。

ちょっと売り時を逃した感はありますが、多少持ち直してきているので、適当なタイミングで売ることが出来たらと思います。今回の急騰は、過去のドラクエ資産によるものですから、この先の勢いはあまり期待できないと思っています。


資金の運用先

最近金融商品に手を出していなかったため、給与受取り口座に少しまとまったお金が貯まってきました。このまま温めていてももったいないので、運用しようかなと思っています。でも、大した金融知識もないので、変に難しいものに手を出すと確実にやけどします。とりあえず選択肢としては、以下でしょうか。当然ですが、安全をとると利回りが悪くなり、高利回りをとるとリスクがかかってきます。

  • 定期預金:ローリスクローリターン。100万円預けて年利1,000円
  • 国債:ミドルリスクミドルリターン。100万円引受けて年利4,000円
  • 株:ハイリスクハイリターン。100万円引受けて年利9,000円

今のところ、気持ちは10年国債です。


スクエニ株300株へ

昨日、スクエニ株を100株買い増ししました。そして今日、大幅下落orz。ここ数日の値動きを見て、確実に買い増しをしておきたいという気持ちがあったため、ストップ安より少し手前で指値してました。実は今日の相場下落の報を聞いて、注文しておけばよかった~、と悔やんでいたのですが、既に約定していたとは^-^;

現在の保有株は、下記のとおりです。

  • スクエニ:300株
  • 三菱鉛筆:100株

まあ、うちは経済の難しいことはわかりませんが、週明けもさらに下落傾向が続くのなら、さらに買い増ししたいと考えています。ただ、今後の景気により収益悪化して、配当金が削ぎ落とされると、旨味はほとんどなくなるので、微妙なところですが…


日経平均1万円割れ

リーマンブラザーズの件を皮切りに、株が面白いくらい安くなっています。うちも株を保有している身ですが、長期保有が前提なので静観しています(配当金目当て、極論額面0になっても構わないというスタンス)。とはいえ、額面は気になるので、久しぶりにカブドットコムにログインして覗いてみました。その結果、10万円の含み損。多くの株は先ごろの相場上昇傾向の以前に買っていたので、あまり影響はないかと思っていたのですが^-^;

ただ、この状況は、買い手としては逆に好機です。よーし、スクエニ買い増すか~、と息巻いたのですが、幸か不幸か、あまり下がっていません。というか、ここ数年単位で見て、大きな上下がなく安定しています。 なので、むしろそれを良しとして、やはり買い増しの方向で。ただ、指値は強気に下げていこうと思います。

うーん、何だか銘柄がスクエニ一点張りになってきました。まあ、ある意味ドラクエに貢いでいるようなものなので、良いのですけど(笑。一応、他の銘柄も気になりますが、今のところ特に買いたいものがないです。