「 旅 」一覧

旅行について。日帰り旅行も含みます。ほぼ1日かけて、名所を回れば、立派な旅行

茨城でランニングとお花見の旅

2019年4月6日から7日にかけて、茨城でランニングとお花見旅行をしてきました。きっかけは日立さくらロードレースへの参加で、当日日帰りが難しそうなので、一泊することにしました。せっかくなので、ランニングとお花見にフューチャーした旅行にしています。

初日、品川から特急ときわに乗って、水戸を目指します。電車内は結構空いています。上野を出てから、柏、土浦、友部と停車し、水戸駅に到着しました。途中、沿線で草が燃えているとのことで、少し遅延しての到着です。こういうリスクがあるので、やはり当日朝のギリギリ到着は危ないですね。

水戸に着いたら、ホテルへ向かいます。水戸は何回か訪れていますが、宿泊するのは初めてです。桜川に沿って東へ歩いていきます。桜川の土手には、名前の通り桜並木が続いており、ちょうど満開の時期できれいです。

今回宿泊するのは、コートホテル水戸。朝食なしプランでしたが、朝食開始時間が早くて、明日の予定に間に合いそうだったので、朝食を追加しました。ホテル内ですが、お値段が安い分、共用部では施設の古さが目立ちますが、部屋については特に不満はなし。少し部屋で寛いだら、千波湖へ向かいます。

桜川に沿って歩いていくと、やがて千波湖に出ます。千波湖での目的は、ランニング。1周3kmの陸連公認コースなのです。夕日も見たかったので、走り終えたら日没近くになるよう、時間を合わせました。ランニングの様子は「千波湖でランニング」記事をご覧ください。

日没の時間が近づくと、夕日がオレンジ色に染まります。桜の枝と湖と夕日が上手くフレームに収まるように、色々試しながらシャッターを切りました。夕日の明るさに手前の桜が潰れてしまうので、フラッシュを焚いてみたけど、そうすると今度は色が変わってしまったりして、難しいです。

もともと夕日だけ見るつもりでしたが、せっかくなので少し待って、夜桜も見物していくことにしました。湖畔を散策しながら、暗くなるのを待ちます。群青色に空が染まっていく時間が好きですね。日が落ちてから30分もしないうちに、すっかり真っ暗になりました。

  

寒色系、暖色系、それぞれのライトアップがあって、微妙な色合いの違いを楽しみます。湖の向こうに居並ぶビルの夜景も良いですね。湖の東側に行くと、ライトアップの全景を撮影できます。

桜を堪能した後は、桜川の夜桜を楽しみつつ、夕食に向かいます。明日がランニング大会なので節制しようと思っていたのですが、ビールを飲みたい気分が盛り上がってしまい、気になっていたビアレストラン旬感へ入店しました。

まずは、茨城と言えばホワイトエールと言うことで注文。フルーティな味わいで、まったりとした口当たりで、飲みやすいです。つまみは、オニオンリングとオイルサーディン。続いての1杯はスタウトです。2杯目に濃いめを選ぶのが、自分のスタイル。以前にスタウトはチョコレートっぽい風味と聞いたので、それを多少意識して飲んだら、確かにそんな感じがしますね。つまみは、ベーコンポテトサラダとおすすめメニューになっている美明豚の厚切りポークステーキです。

良い気分でホテルへ帰り、シャワーを浴びたら、明日に備えて早々に就寝しました。

2日目、5時20分に起床し、ランニング大会の準備を済ませます。ホテル併設のデニーズでモーニングセットをいただき、7時20分すぎにホテルをチェックアウトしました。

水戸駅のコインロッカーに旅行荷物を預けたら、常磐線で日立駅に向かいます。ランニング大会出場者で結構混んでいますね。30分ほどで日立駅に着きました。

日立駅、通路へ上がる階段が細くて、降車客を捌ききれずに大渋滞。気長に待って、空いたタイミングで上がりました。日立駅と言えば、駅舎から望む海岸線の景色が有名なので、ちょっと寄り道しておきました。

日立さくらロードレースでの様子は「日立さくらロードレース2019(10km)に参加しました」の記事をご覧ください。

ランニングを終えたら、お花見のために、かみね公園を目指します。駅前から歩いて20分ほどです。何の変哲もない街中ですが、最近こういうところを歩くのが好きです。数年後にふと頭の中に景色がよみがえって、何とも懐かしい気持ちになるんですよねえ。たまたま歩いている最中に見かけた、戸ノ内児童公園の桜もなかなか見事でした。

かみね公園に着くと、最初に見えてきたのが、神峰神社です。ああ、”かみね”って神峰のことだったのですね。拝殿の右手に見事な桜の木が鎮座していて、画になります。その近くには、狛犬と思いきや、獅子の像がありました。小さな竹林の小路もあり、良い雰囲気の神社です。

神社の境内を出て、かみね公園の中をどんどん登っていきます。そこかしこに桜の木があって、お花見気分が盛り上がります。遊園地や動物園もあるので、家族連れが多くて賑やかですね。

桜を楽しみつつ、どんどん上を目指して歩いていきます。そして原っぱの広がる頂上に到着しました。展望台がありますので、上に登って水平線を望みます。桜と海と空をいっぺんに堪能できます。薄曇りだった空も、徐々に青空になってきて、何とも気持ちいいです。

展望台を下りた後も、公園内をしばし散策。桜以外にも花壇に春の花が咲いていて、色々なお花見を楽しめます。

ひとしきり満足したので、駅前に戻ります。往路とは違うルートで適当に歩いていきます。けやき通りに出た後は、それに沿って南へ向かい、平和通りに出ました。

ロードレース大会の終わった平和通りは、すっかりお花見会場となっていました。屋台が出たり、演舞イベントが催されています。せっかくなので、桜を見ながら、ビールを1杯引っ掛けます。桜の下でワーワー騒ぐのはあまり好きではないけれど、桜の下で酒を飲むのは、悪くないですね(笑

14時手前、日立駅に向かいます。元々がっつり旅行する計画ではなかったので、多少早いですが、帰途につきます。昼食がまだでしたので、日立駅で売っていた駅弁を買いました。牛べん、以前、常陸太田駅に行った時にも食べましたね。常磐線で水戸駅に移動し、コインロッカーで荷物を回収します。そして見損ねていた納豆記念碑へちょっと寄り道。それから特急ひたちに乗って、品川へ向かいます。今度は、水戸の次の停車駅は上野でしたので、乗車時間は1時間程度でした。往路よりだいぶ早いです。

こうして今回の旅行はお終いです。やや突発的な旅行でしたが、楽しめて良かったです。記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


春の沖縄旅行2019~まとめ

2019年3月16日から19日にかけて、沖縄を旅行してきました。もともと春分の日を絡めた4連休でどこか行きたいと考えていましたが、考えることは皆同じで飛行機代が高めでしたので、日程をずらした格好です。春の沖縄ということで、ダイビングと併せて、ホエールウォッチングを主な目的にしてみました。

前回は秋の沖縄でしたが、春の沖縄も過ごしやすくて良いですね。花粉症の身としては、花粉が飛散していないことが、うれしいです。前回同様ボルダリングもやろうか迷いましたが、あまり詰め込まない旅程にしました。

なお、この時期の沖縄は一番水温が低い時期ですが、ウェットでも概ね快適に潜れたので、沖縄なら1年中ウェットで潜れることが分かりました。

春の沖縄旅行2019~初日

  • 移動日、国際通り
  • 羽田空港~那覇空港~国際通り~あんまー家

春の沖縄旅行2019~2日目(春の慶良間ダイビング)

  • ダイビング
  • 渡嘉敷島~座間味島~儀布志島~ステーキハウス88

春の沖縄旅行2019~3日目、最終日

  • ホエールウォッチング
  • ホエールウォッチング~麺やKEIJIRO~漫湖公園~奥武山公園~那覇市歴史博物館~毬~那覇空港~羽田空港

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


春の沖縄旅行2019~3日目、最終日

3日目、7時ごろ起床。この日はホエールウォッチングですが、午前の遅い方の便にしたので、朝は多少ゆっくりと過ごします。朝食をいただき、カメラの準備をします。

9時10分、送迎車に乗って、ショップへ向かいます。ホエールウォッチングも昨日と同じシーサーさん系列です。ショップで受付を済ませたら、港へ行き、乗船。ライフジャケットを装着して、ホエールウォッチングに関する説明を聞きます。

クジラのいるポイントまでおよそ20分ほど船で移動します。この日は曇り空で、風が吹くと結構冷えます。上に1枚羽織ってきて正解でした。

ホエールウォッチングには色々とルールがあります。ホエールウォッチングの時間は、開始してから1時間、先に着ている船が優先的に近くへ行ける、などです。我々の船は遅い出発なので、最初は離れた位置から観察します。

 

今回は2匹のザトウクジラが泳いでおり、おそらくカップルだろうとのこと。数分間海面近くを泳いだ後、深く潜行して、再び浮上してくる、と言うサイクルを、およそ10分くらいで繰り返します。遠くからでもブロウ(潮吹き)や、プルークアップ/ダウンの様子は、よく見えます。

クジラが深く潜行している間はちょっと暇になってしまうのですが、近くに那覇空港や嘉手納基地があるので、空を見上げると航空機や戦闘機が時々飛んでおり、楽しむことができます。

ザトウクジラが見せてくれるパフォーマンスは幾つかあるのですが、一番有名であり、見たかったのが、クジラの大ジャンプであるブリーチングです。こちらは10回に一度見られる程度の確率だそうで、残念ながら今回は見られませんでした。今回見られたややレアなパフォーマンスは、テイルスラップです。尾びれで思いきり海面を叩くアクションですが、ものすごい水しぶきと音が上がります。これは1回だけ見ることができました。

  

最後、我々の船だけになったので、クジラを独占です。だいぶ近くに寄って見られます。ペンダクルアーチの様子もバッチリ。遠くから見ていた時はあまり大きさを実感できませんでしたが、いざ近くで見ると、その大きさに圧倒されます。こんな大きな生き物がいるのかと。クジラが潜行した跡にできるホエールリングも面白いですね。そこだけ見事に波がなくなります。

ただ、せっかく最接近したのですが、タイミング悪く大雨に降られてしまい、レインコートを着たりで、船上がバタバタしてしまいました。最初のポジションでしたら、もう少し良い写真を狙えたかもしれません。

今回は300mmの望遠レンズを持って撮影に臨んだのですが、揺れる船上ではフレームに収めること自体大変でした。加えてピントもなかなか合いません。オートフォーカス止めてマニュアルフォーカスにしましたが、上手く合わせられなかったようで、ピンボケ気味になってしまいました。動画で撮るのが一番確実かもしれません。船がクジラに最接近してくれた時は、むしろ望遠レンズだと、画角に収まりきりません。

ちなみにドルフィンスイムはあるのにホエールスイムを殆ど見かけない理由は、クジラが巨大すぎて近づくと危険だから、とのことでした。後は、複数のショップでホエールウォッチングをしているため、特定のショップだけスイムをすることができないと言う理由もあります。泳いでいる人たちがいると、近辺を船が自由に航行できないからです。この辺の話は、昨日のダイビングの時に聴きました。

ホエールウォッチングを終えて、帰港した後は、送迎車でホテルまで送ってもらいます。少し休憩したら、外へお出かけ。

怪しい空模様でしたが、ついに小雨がぱらつき始めました。まずは、旭橋駅のそばで、ゆいレールをウォッチングします。到着日に那覇空港駅で見た、リトルツインスターズのラッピング車両を見たいからです。長時間の待ちも覚悟していましたが、運よく数分間の待ちで遭遇することができました。

その後は麺やKEIJIROにて、全部乗せまぜ麺をいただきます。まぜ麺とは、こちらで言う油そばですね。麺に濃厚ダレをたっぷり絡めてすすります。沖縄で麺というと、沖縄そばになりがちなので、たまにラーメンを食べてみるのも良いですね。

店の外へ出ると、雨足が強くなってきています。雨に濡れることをあまり気にしない自分でさえ、さすがに無理なレベルで降ってきたので、ゆいレール高架の下で雨宿り。既に今回の旅行の主目的は終えているので、時間に追われることもありません。

博物館などどこか屋内の観光スポットに行こうかと思いましたが、徒歩圏内で濡れずにいけそうな場所はなさそうです。結局、次に予定していた観光スポットへ、とりあえず移動してみることにしました。

 

旭橋駅からゆいレールに乗って、奥武山公園駅で下車。すると、良い感じに雨足が弱まってきたので、漫湖公園に向かいます。公園に入ってしばらく歩くと、大きなクジラの遊戯設備が見えてきます。

  

ここは干潟のあるエリアで、様々な野鳥や干潟の生き物を見ることができます。イソシギ、ヤマガラ、コサギ、イソヒヨドリなどを観察しました。

しかし、干潟を間近で見られるのは、漫湖水鳥・湿地センターから入ることができる木道だけのようです。そして漫湖水鳥・湿地センターは月曜休館……。他の場所でも水辺には行けますが、干潟は広がっていません。もしかしたら潮が引けば出てきたのかもしれませんが。

 

続いて向かった先は、駅を挟んで反対側にある奥武山公園。こちらにあったボルダリング施設に興味があったのですが、今回はシューズを持ってきていません。公園内には複数の神社もありますが、沖宮と世持神社に参拝しました。沖宮は天燈山の上にあるので、少し高いところから景色を望むことができました。また園内には、本土より一足早くツツジなどが咲いており、きれいです。途中雨足が強くなったので、小さな東屋で雨宿り。

 

参拝も終えたので、次の場所へ向かいます。ゆいレールに乗って県庁前駅で降りて、リウボウ内にある那覇市歴史博物館へ入館しました。特別展では、紅型衣裳や三線、陶磁器が展示されています。三線って三味線と比べて随分と小さいのですね。ギターとウクレレのような関係に見えました。そして展示品に国宝級のものが多くて、驚きました。企画展では、金武家の歴史や業績、調度品などが展示されていました。常設展では、那覇市の歴史が展示されています。戦前は電車が走っていたのですね。

  

夕食は、リウボウのレストランフロアにあった、毬でいただきました。レストランフロアという立地からの予想に反して、ディープなお店でした。お店の人やお客さんとこれだけ喋ったのは、10年以上前の佐賀の居酒屋以来かもしれません。お酒は泡盛飲み比べセットで、瑞泉(43℃)、沖之光(35℃)、玉の露(30℃)をセレクトしました。瑞泉は度数が高いこともあって、ツーンと鼻にきますね。泡盛飲んでるって感じです。沖之光と玉の露は、それぞれ飲みやすいのですが、味は結構違いますね。上手く表現できないのですが、玉の露は少しお茶っぽい感じで、沖之光はそれよりまろやかな感じでした。通常飲み比べセットって種類を楽しめる分、量に対しては割高であることが多いですが、こちらは量もしっかりあって、このセットだけで満足でした。チェイサーの水がものすごい勢いでなくなります。さらに同席したお客さんから奢っていただき、赤ワインを少々。こういう時、自分はお酒を飲める体質で良かったなあ、と思います。注文した料理は、らふてぃーと、〆のそうめんチャンプルー。

21時すぎにホテルへ戻り、水分補給。そこそこお酒を飲んだので、喉が渇いて起きないように。さすがにシャワーを浴びる気力はなくて、そのまま就寝しました。

最終日、7時すぎに起床。意外とお酒は残っていません。この日は帰るだけなので、シャワーを浴びて、テレビを見てから、朝食へ。荷支度を終えたら、10時30分すぎにホテルをチェックアウトしました。

 

那覇空港に着いたら、ダイビングバッグをチェックイン。お土産には、お菓子御殿の紅いもタルト6個入りを買いました。保安検査も優先レーンを通ろうかと思ったのですが、那覇空港の優先レーンはダイヤモンド会員以上向けしかないのですね。制限エリアへ入った後は、サクララウンジにて、オリオンビールと柿の種を摘みながら、出発まで寛ぎます。ラウンジ内は外から持ち込んだものの飲食は禁止のはずですが、ルールを破って色々食べている人たちがいて、みっともないですね。

  

12時40分、離陸します。復路はクラスJの窓側の席なので、ゆったりと外の景色を楽しみます。太平洋上空を飛行中、雲の様子が色々と変わって、面白かったです。関東に近づいたあたりで見えた、雪原のような雲海は、きれいでしたね。

羽田空港に着いたら、CuRRy Smileにて、三元豚のカツカレー大盛をいただきました。さすがに沖縄で昼食をとるには、少々時間が早かったので。

こうして今回の沖縄旅行は終了です。


春の沖縄旅行2019~2日目(春の慶良間ダイビング)

6時ごろ起床して、ダイビングの支度をします。この時期ですが、日焼け止めはしっかり塗っておきます。数年前の肩の日焼けの跡が未だに消えておらず、沖縄の陽射し侮るべからず……。朝食の開始時間は7時なので、時間になったらロビーフロアへ移動し、朝食をいただきます。この後ダイビングなので、食べすぎない程度にしっかり食べます。ちなみに今回は、昨年暮れに買ったTG-5を初めて海で使うので、楽しみです。

7時40分ごろ、ダイビングショップの送迎車でショップに向かいます。今回お世話になるのもシーサーさん。受付を済ませたら器材合わせ。さすがに寒いかな、と思って、フードベストもレンタルしました。

9時ごろ、出港します。空模様は、雲は多いものの、晴れ間も時折見える感じです。ダイブコンピュータの充電(ソーラー式)がフルではないので、やきもきしましたが、ポイントまでの移動中に何とかフル充電になってくれました。しかし船の高速移動中は、やっぱり風で冷えますね。しばらく当たっていれば慣れる程度ですが、ウインドブレーカー(ボートコート)は1枚買った方がいいかな。

  

1本目のポイントは、渡嘉敷島の上城(かみぐすく)。青い海とアマミスズメダイなどの群れをワイドに楽しみます。岩陰には少し大きめのネブリブカがいました。岩陰で暗かったので、写真はあまり上手く撮れませんでした。イソギンチャクの中に出入りするハナビラクマノミも可愛かったです。クマノミ系は見つけると、ついつい写真に撮りたくなってしまいます。他には、ウミウシを色々と見ました。ヒブサミノウミウシ、シンデレラウミウシ、シロウネイボウミウシなどを見ることができましたが、特にコンペイトウウミウシがきれいでした。

本数 84
日付 2019/03/17
エリア/ポイント 慶良間諸島渡嘉敷島/上城
潜水時刻 10:24-11:12
水深(平均/最大) 9.4m/14.7m
水温 22.6℃

  

2本目のポイントは、座間味島のドラゴンレディ。砂地がきれいです。クマノミの卵を見たり、レモンウミコチョウ、オオエラキヌハダウミウシ、アオフチキセワタウミウシ、カラスキセワタウミウシ、アミメキセワタウミウシなどのマクロを楽しみます。グルクンの群れも泳いでいて、ワイドにも楽しめました。

砂地では、ガーデンイールやジョーフィッシュがいました。近づくと顔を引っ込めてしまうので、距離を取らないと顔が見られません。ズームが間に合わないので、テレコンバージョンレンズが欲しくなります。

 

後半では、真っ白な砂地にポツンと珊瑚礁が浮かぶ場所があり、とてもきれいな光景でした。珊瑚礁には、スカシテンジクダイが群がっています。安全停止直前には、チョウハンが近くに寄ってきて、遊んでくれているみたいでした。

ちなみに砂地が多かったので、5月に備えてフロッグキックの効果を確認しました。前方の人がバタ足で砂を巻き上げているのに対し、フロッグキックをすると同じ高さでも全然砂が舞い上がりませんね。フロッグキック、初めて見た時は難しそうに思ってしまいましたが、要は平泳ぎの足ですね。泳法としては元々こちらの方が得意なのでした。

本数 85
日付 2019/03/17
エリア/ポイント 慶良間諸島座間味島/ドラゴンレディ
潜水時刻 12:03-12:58
水深(平均/最大) 11.5m/17.2m
水温 22.4℃

ここで昼食休憩。お弁当を注文したので、いただきます。シリシリなど沖縄メニューなお弁当。11月同様、風が吹くとやっぱり寒さを感じますね。

  

3本目のポイントは、儀布志島のサンドトライアングル。ここはとにかく海亀(タイマイ)をたくさん見られました。おかげで近くで食事をする姿や、息継ぎのため海面へ昇っていく姿など、色々撮ることができました。海面へ昇っていく姿は、神秘的でお気に入り。他には、ナデシコカクレエビ、セジロクマノミ、モザイクウミウシなどを見ました。足の指のような岩の並びも面白いですね。

本数 86
日付 2019/03/17
エリア/ポイント 慶良間諸島儀布志島/サンドトライアングル
潜水時刻 14:06-14:53
水深(平均/最大) 10.0m/16.8m
水温 22.9℃

3本目を終えても、あまり疲れていません。これまでやたら調子が悪くなっていたのは、やはり浮力調整のための吸い気味/吐き気味呼吸による酸欠が原因だったのかもしれません。ダイビングスタイルによる違いの可能性もゼロではありませんが。

この後は、港へ戻り、ショップで精算を済ませ、器材洗い、ログ付けを行ない、ダイビング終了。送迎車でホテルまで送ってもらいました。

ホテルに戻った後はしばらく休憩します。夕食はステーキを食べたいなあ、と思って、ネット検索します。いくつか候補を挙げて、ホテルを出発。

一番近いところでは、ジャッキー ステーキハウスがありましたが、”予約不可”の記述があり、超人気店の予感。店の前まで行くと、案の定大量に待っている人がいたので、諦めました。

続いて向かった先が、ステーキハウス88辻本店です。前日に国際通りで系列店を見て、少し気になっていました。こちらも少し待ちましたが、程なく着席できました。注文したのは、辻本店特別価格のテンダーロインステーキ300gセットと、ハイボール。テーブルには数種類のソースや薬味があり、様々な味を楽しめます。肉多めでしたので、ライスはお代わりなしで、満足でした。

ホテルに戻った後は、シャワーを浴びて、22時10分には就寝しました。


春の沖縄旅行2019~初日

初日、14時くらいに羽田空港に着いたら、ダイビングバックを預けます。JGCカウンターを使えるので、行列で待つことなく、荷物をチェックインできます。ステータス会員になって一番恩恵を感じている点かもしれません。

その後はサクララウンジにて、おつまみと生ビールを飲みながら、出発まで寛ぎます。あまり意識していませんでしたが、ビールサーバーによってビールの銘柄が異なっていたのですね。今回はHeinekenをチョイスしました。

14時55分出発の便でしたが、飛行機到着遅れの影響等で、出発時刻が遅れました。往路はクラスJが取れなかったので、普通席。普段クラスJに乗っていると、狭く感じますね。窓側の席にしたのですが、主翼と重なる位置であったため、窓からの眺めは今一つでした。

18時ごろ、那覇空港に着きました。出発が遅れたので、予定より30分弱遅延です。東京よりも西側に位置するので、この時間でも太陽がまだ高いですね。それでも夕暮れっぽい雰囲気になってきました。

空港の外に出ると、心地よい空気に包まれます。何よりも花粉が飛散していないことがうれしいですね。久しぶりにマスクから解放されます。さっそくゆいレールに乗って旭橋駅まで移動します。今回はあまり混雑していませんでした。

宿泊先は常宿となりつつある那覇東急REIホテル。チェックインを済ませたら、少し部屋で休憩します。

30分ほどしたらお出かけ。酔い止め薬と日焼け止めとビーチサンダルを現地調達します。周辺を適当に回ってみましたが、確実にお店がありそうな国際通りへ向かうことにしました。途中住宅街の中を抜けていきましたが、沖縄特有の建物の光景や生暖かい空気に、何だか海外を旅している気分になりました。

 

やがて国際通りが見えてきました。まずは手前にあるリウボウの中を見て回りますが、ズバリのものはなさそうです。と言うわけで国際通りに向かいます。観光客でとても賑わっていますねえ。途中にあったサツドラで、酔い止め薬と日焼け止めを購入。引き続き国際通りを端近くまで進んで、flippersにてビーチサンダルを購入しました。

  

その後は、あんまー家で夕食をいただきます。注文したのは、アグー豚の串焼きと串カツ、オリオンビールドラフト生、鮪とゴーヤのサラダ、〆に沖縄焼きそばです。アグー豚、ジューシーで美味しかったなあ。サラダはひとりで食べるには、ちょっと量が多すぎました。そして沖縄焼きそばはケチャップが効いています。ナポリタンみたいで美味しかったです。先に食べたサラダがさっぱりしていたので、ちょうど良かったですね。明日はダイビングなので、お酒は1杯だけにしました。

さすがにここから歩いてホテルまで帰るのは辛いので、牧志駅からゆいレールに乗り、旭橋まで移動します。

ホテルに着いたら、明日に備えて、22時30分には就寝しました。