「 お出かけ一般 」一覧

他のカテゴリには当てはまらない、お出かけ

第42回流山花火大会

2018年8月25日、第42回流山花火大会を見てきました。実家から徒歩15分くらいなので、実家にいた頃はよく出かけていましたが、実家を出てからはなかなか行かなくなっていました。調べたところ、前に訪れたのは12年前の第30回流山花火大会でした。

19時15分ごろ、江戸川の土手に向けて出発です。子供の頃は家のベランダから見えていたのですが、現在ではマンションが建ってしまい、見えません。

  

流山街道を渡って、江戸川土手に出て、上に登ります。結構人はいますが、立って見物する分には余裕があります。三郷サマーフェスティバルとの共催なので、それぞれ交互に打ちあがります。自分のいた位置は、流山側の打ち上げ場所の手前で、さらにその奥に三郷側の打ち上げ場所があります。

   

やはり圧巻は最後のクライマックスですね。大迫力の花火が連発で上がります。これで終わりだろう、と言う豪華な花火が上がった後、まだ続きがあったりして、楽しませてもらいました。終盤間際に雨がパラつきましたが、すぐに止んでくれて良かったです。

カメラはE-PM1とF1.8のレンズを持っていきましたが、三脚を持ち出すまでの気合はなかったので、露光時間を長くした写真はブレブレです。思いのほかきれいに撮れたので、三脚を持っていけば良かったなあ、と思いました。※動画を後で載せるかも。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「大魔王ゾーマからの脱出」

2018年8月18日、幕張メッセで開催されたリアル脱出ゲーム「大魔王ゾーマからの脱出」に参加してきました。リアル脱出ゲーム×ドラクエの第1弾である「竜王迷宮からの脱出」にも参加しているので、そちらとの比較も交えていこうと思います。例によって謎解きのネタバレは禁止なので、そこはノータッチです。

今回は11時からのチケットです。ぱふぱふ部屋のために、グッズ売り場でロトの剣と盾のメタリックアイテムを購入。5,000円以上したので、ぱふぱふ部屋の券2枚入手しました。しかし、同行者2名も2,000円以上買ったので、余ってしまいました。

入場までは結構並びました。会場内のチュートリアル部分に行くまで、30分以上掛かっています。今回選べる職業は最初見た時、「?」となるかもしれませんが、その理由はエンディングまで行けばわかります。途中で勘づくかもしれません。そして4人1組が基本ですが、1人怪我で来られなくなったので、3人で挑戦となりました。チケットは4人分必要です。

タイトルの「大魔王ゾーマ」の文字だけ見ると、ドラクエ3がメインモチーフのように見えますが、実際には各シリーズを総動員した構成になっています。何作かモチーフを見つけられなかったものがありますが、たぶん見落としているだけでしょう。

 

さて、わりと早い段階で向かった先は、ぱふぱふ部屋。ほぼ待ち時間なく入ることができて、ぱふっぱふっ♪してきました。しばらく経った後に通り掛かった際には大行列になっていたので、早めに行って正解でした。

前作と比べて、イベントへの参加要素が多くなっています。パーティメンバ全員に、それぞれ見せ場が設けられる作りです。自分はステージ上で踊りました。

そして前作に比べて工夫されていると感じた点が、会場内の動線です。基本的に動線が重ならないようになっているので、わちゃわちゃしません。1箇所、会場の構成上動線が重なってしまう箇所があり、そこを通ったら前作のわちゃわちゃ感を思い出しました。

フォトスポットも随所にあって、楽しいです。メッセージウィンドウによるネタも、そこかしこにあります。この辺を全部回収していそうなドラクエファンもいましたねえ。

最終戦の前にフードコーナーで腹ごしらえ。夕食の時間も近くなりそうなので、迷いましたが、軽く唐揚げを掴みました。特にドラクエコラボフードと言うわけではありません。

そしてラスト、前回はコンティニュー1回でクリアでしたが、残念ながら今回もコンティニュー1回でクリアでした。丁寧さが足りなかったパターン。初手のミスによるやり直しさえなければ間に合っていたので、悔しいところですね。

エンディングを見終えたら貰える持ち帰り謎は、まだ解いていません。いつかやらねば。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ピカチュウ大量発生チュウ!2018

2018年も開催されたピカチュウ大量発生チュウ!に参加してきました。昨年に引き続いての参加です。自分はポケモンにそれほど入れ込んでいるわけではないのですが、会場となるみなとみらいが自宅からそこそこ近いので、せっかくだからの精神で参加しています。

2018年8月15日、色々な都合で昨年と同じく18時ごろに桜木町駅に到着です。昨年はイベントがほとんど終わっていて、あまり見どころがなかったのですが、今年からは夜のイベントも充実しているのです。

  

マークイズみなとみらい前に移動し、夜のピカチュウ大行進を見学します。19時くらいに着いた時点で、結構な人だかり。そこから30分待って、イベントスタートです。アフロを被ったピカチュウを先頭に、サイバーないで立ちをしたピカチュウたちが後に続きます。一列に並んで行進した後、色々なダンスを披露しました。最初は白一色でしたが、途中から赤や黄色、青などカラフルに光り始めました。まさに、ピカピカピカチュウ!

その後は日本丸の傍にある、ポケモンシンクロニシティに参加するピカチュウたちが待機するスポットへ行きました。後ろにはピカチュウやモンスターボール柄のイルミネーションとなった観覧車が見えます。

ポケモンシンクロニシティが良く見えるエリアは、事前配布の整理券が必要らしいです。そのエリアに入れないと、ステージ付近は逆に全然ステージが見えません。桜木町駅から伸びている高架の歩道まで移動すれば、だいぶ遠いですけどステージが少し見えます。

こうして盆休み最後の夜を満喫しました。コレットマーレにあるかつ泉にて夕食をいただき、みなとみらいを後にしました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


成田界隈を散策

2018年8月5日、先週のマレーシア旅行の帰りに、成田空港で忘れ物をしたので、取りに行ってきました。ただし、600円くらいのお土産なので、正直交通費のほうが高いです。と言うわけで、成田界隈の散策をセットにしました。

NEXに乗って成田空港へ向かいます。交通費の節約のため、鈍行で行こうかと思いましたが、さすがに遠いのでNEXを使いました。

そして第2ターミナルの税関旅具事務室に入ります。知らないと本当に入って良いのか戸惑う扉になっています。溢れる関係者以外立ち入り禁止感。手続きはすぐに終わり、無事お土産を回収しました。身分証の確認もなかったです。スマホの忘れ物が多いみたいで、その場合はかっちりやるのでしょうね。

その後は展望デッキに出て、エプロンに入ってくる航空機を撮影します。持って行った75-300mmの望遠レンズが活躍しました。

続いて京成線に乗って、成田へ移動します。成田空港から京成線に乗ったのたぶん初めてです。

 

京成成田駅に着いたら、表参道を歩いて、成田山新勝寺を目指します。雰囲気のあるお店が建ち並んでいて、街歩きが楽しいですね。陽射しがガンガン照っていなければありがたいのですが。

   

成田山新勝寺に到着しました。以前に訪れたのは2004年11月なので、14年弱ぶりですね。総門をくぐり、階段を登って仁王門へ。さらに階段を登り、大本堂前へ出ました。さっそく大本堂でお参りを済ませます。それから三重塔や一切経堂を見学。三重塔や五重塔は見かけると何故かついつい嬉しくなってしまいます。

 

その後は成田山公園を散策します。前述の通り陽射しが強いので、木立による日陰が涼しくて助かります。3つの放生池の畔を歩いて、書道美術館前までやって来ました。近くに水琴窟があるので、竹筒に耳を当ててみると、見事な音色が聴こえてきました。本当に楽器を奏でているかのような、美しい音色です。昔の人はすごいなあ。

 

再び公園内を歩いて、平和大塔を目指します。途中大きなスズメバチが1匹飛んできて、ちょいビビり。程なくして平和大塔の前に出ました。近くに行くには階段を登る必要がありますが、元気がなかったので、下から見上げるに留めました。

  

それから光明堂、開山堂、額堂を拝観します。額堂には、市川團十朗丈の石像が飾られていました。

新勝寺の拝観を終えたら、駅に向かって歩きます。その道中やたら見かける”うなぎ”の看板や幟。どうやらうなぎが有名みたいです。微妙な時間帯なので迷いましたが、ちょっと早めの夕食をいただくことにしました。

入ったお店は三はし。注文したのはうな丼です。外はパリッと、中はふわっと、おいしくいただきました。ちなみにうな丼だと半尾になります。1匹食べたい場合はうな重になります。

   

京成成田駅に着いたら、京成線で佐倉駅へ移動します。目指す先は佐倉城址。日本百名城のひとつです。ほとんど下調べをしていないので、行き当たりばったりの散策になります。日も落ちてきたので、若干急ぎ足。本丸や二の丸跡地を見て回りました。説明の看板以外に当時を忍ばせるものはなく、歴史の予備知識を持ってくれば良かったなあ、と思いました。もう少し早い時間に来ていれば、国立歴史民俗博物館で学べたんですね。そんな中、馬出し空濠はわりと分かりやすい遺構で、少しテンションが上がりました。

  

その後も少しぶらぶらと園内を散策。猫がたくさん住み着いているようで、数匹撮らせてもらいました。日が落ちてだいぶ暗くなっていたので、ちょっと難しかったですね。

佐倉駅に戻ったら、京成本線で青砥まで行き、京成押上線に乗り換えました。この際に席に座れて良かったです。電車の移動時間が長いので、さすがにずっと立ちっぱなしだときつかったですし。そのまま京急川崎駅まで直通して、お出かけ終了です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


「耳をすませば」聖地の聖蹟桜ヶ丘を探訪

2018年04月26日、映画「耳をすませば」の舞台モデルとなった、聖蹟桜ヶ丘を探訪してきました。1995年公開の映画ですが、主人公たちの年齢と、当時の自分の年齢がほぼ重なっていたので、将来の夢を抱く部分で色々と感じるところがあって、思い出深い映画です。ラピュタ、魔女宅、耳すま、を好きなジブリ映画3作として、良く挙げてきました。

 

まずは、京王電鉄聖蹟桜ヶ丘駅のプラットホーム。車両のカラーリングとかはそのままですね。雫が出た出口は西口でしたが、実際には西口は見当たらず、恐らくは北口なのだと思います。

 

外に出ると、ちょっぴり曇り空。来る前には晴天だったので少し残念。雫と同じく、駅前の景色を楽しみつつ、左手に進むと、青春のポストがあります。その隣には、町の散策マップ。「耳をすませば」所縁の場所も載っています。

それから、さくら通りを真っ直ぐ進んでいきます。ここの景色も映画とほぼ同じですね。しばらく進むと大栗川に出ます。ここを渡るといろは坂になります。

 

やっぱりあの坂道を登っていくシーンは印象的ですよね。なので、いろは坂は楽しみにしてきました。入口の部分はまさに映画のシーンとうりふたつ。そして坂道を登っていくシーン、実際には谷側に歩道はないのですが、大栗川に掛かる橋の歩道がそれに良く似ており、それらを合わせたのだと思います。

 

そして階段のシーン。実際に目にしたときは、思ったより短いな、と言う印象でした。でも、階段を登り進めていくと、長い階段が現れました。てくてくと登って、頂上に到達。映画と違って、階段の入口からの眺望はあまり開けていません。でもある程度下っていくと、いろは坂の九十九折の道路など、映画と同じ光景が広がります。

眼下に広がる街並みを眺めつつ、雫みたいにわーっと階段を駆け下りてみたかったのですが、前述の通り木々などで眺望が塞がれるので、まったく同じ光景にはなりません。別の箇所にある階段からは街の光景をばーっと見渡せるので、映画ではいろいろと上手く切り取っているんでしょうね。

その後は、杉村が雫に告白した金毘羅神社へ向かいました。街中にある小さな神社で、社殿の周りの光景は、映画のシーンそのものでした。神社には、映画の舞台になったことにちなんで、恋みくじが設置されていました。

「耳をすませば」の聖地巡礼情報は、ネットで検索すればたくさん出てきますし、他の舞台も巡れますが、とりあえず見たかった場所は見られたので、今回の聖地巡礼はここまでとします。実際に映画に出ていないシーンでも、蔦に覆われた家屋など、街の雰囲気を感じる色々なモチーフがあって、楽しかったです。

「耳をすませば」の聖地巡礼は、昔から行ってみたいな~、と思ってきましたが、映画公開から20余年越しの実現となりました。記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。