Home > お出かけ Archive

お出かけ Archive

近場の桜~2017

今年は早春に河津桜を見に出かけました。そして春本番のお花見は、京都か東北あたりに出かけたかったのですが、色々予定が合わず、バタバタしそうだったので、計画倒れになりました。

そこで、普段の生活のなかで見てきた桜を振り返りたいと思います。桜はそこらじゅうで見られますので、ある意味春は毎日がお花見ですね。普段の生活のなかなので、一眼カメラではなく、スマホでの撮影です。

近場で一番の桜並木は、川崎駅西口の桜並木です。ソリッドスクエアあたりが特にきれいですね。すぐ近くを京浜東北線が走っていますので、桜と一緒に電車を収めることが出来ます。4月頭くらいには、まだ三分咲き程度でしたが、中旬にはすっかり満開になっていて、楽しめました。どちらかと言うと、散り始めていて、風が吹いたときの桜吹雪がきれいでした。

続いては、チネチッタ前にある桜の木です。小さい木ですが、真っ白にライトアップされた姿がきれいです。帰りが遅い日に人通りの少なくなったラチッタデッラを歩いていて、この桜を目にすると、何だか癒されますね。

次は、職場近くの桜です。こちらは木によっては満開がわりと早めでした。舗装された小さな川沿いに桜並木があり、きれいです。撮影している人たちも結構います。

最後は上野公園の夜桜です。友人たちとの食事会を終えてから、23時すぎに訪問しました。一部残っている人たちはいますが、基本的に宴会は終わった後で、照明もだいぶ落ちています。ちょうど満月でしたので、見上げた桜の間から満月が顔を覗かせていて、画になりました。しかし、スマホのカメラでは、なかなか厳しい撮影条件でしたね。

以上が、2017年に見た近所の桜たちです。他の写真も一部ありますので、写真ページから前後に移動すると、載せきれなかったご覧いただけます。

三浦海岸で初乗馬しました

前から何となく乗馬をしたいと思っており、機会があればと伺っていました。思いきりのめり込みたいと言うよりは、少し嗜んでみたいという程度のノリです。伊豆や長野など関東近郊を想定して探していましたが、調べていたら三浦海岸で乗馬できることを知りました。ダイビングでも馴染みのある三浦半島ということで、俄然やる気が高まり、この機に始めてみようと思います。しかし土日は1ヶ月先まで予約が埋まっており、年度末の年休消化を兼ねて、月曜日に申し込みました。

2017年3月27日、午後からの枠に申し込んだので、12時30分ごろ三浦海岸駅に到着です。電車で1時間とそれなりに掛かりますが、特急タイプの車両で座れれば、わりと快適です。駅から10分ほど歩いて、ホーストレッキングファーム三浦海岸に着きました。事務所の建屋が若干分かりにくく、最初は通り過ぎてしまいました。

申込み書に記入して受付を済ませたら、装備を受け取ります。ヘルメット、プロテクター(ジャケットみたいの)、チョップス、ブーツを装備します。手袋は持参しました。

続いて厩舎に行き、馬と対面します。今回乗る馬は、ナポレオンという名前だったと思います。それほど大柄ではない馬です。毛並がとてもきれいで、目が可愛いですね。でも筋骨隆々としており、とても力強そうです。

簡単なレクチャを受けたら、さっそく騎乗します。最初は普通に歩くだけでも振り落とされないか、ドキドキしますね。草を食むために首を下げただけで、おおぅ、となっちゃいます。

ところで、どうやって海岸まで行くのかな、と思っていたら、普通に市街地を通っていきました。地元の方にはよく見慣れた光景なのだと思いますが、それなりに注目されます。パカラパカラという蹄鉄の音を響かせながら、しばらく乗っていると、揺れる感覚に慣れてきますね。しかし、ときどき段差でガクッとなると、まだ驚いてしまいます。馬に乗ると目線が高くなる、と良く言われますが、実際その通りで、特に市街地では、普段の目線の高さとの違いを感じました。

海岸沿いの横断歩道を渡り、ついに砂浜に着きました。事前レッスンつきのコースで申し込んでいたので、まずはここで基本動作の練習を30分ほど行ないます。補助してもらいながら馬に騎乗し、手綱の持ち方、進み方、止め方、左右の方向転換について、練習です。ちゃんと訓練されているので、初心者が乗っていても、結構言うことを聞いてくれます。スタッフさんが横に付いて、馬をコントロールしてくれている点が大きいのだとは思いますが。

一通り練習したら、いざ海岸を乗馬トレッキングします。馬は機械ではないので、自分の意思がダイレクトに反映されるわけではありません。キョロキョロよそ見をしたり、止まってなかなか動いてくれなかったりしますが、そうした個別の意思を持つパートナー感が魅力でもあるのかな、と思います。うんちも良くしていました。都度回収されます。

馬上で見ていると、耳があちこちに動いて、周囲の状況を探っている様子が分かります。そうした馬に、手綱やわき腹への蹴りなどを通じてこちらの意思を伝えて、進みたい方向に進めます。普段は複数の馬でトレッキングするそうですが、この日は1匹となったので、寂しがってよく嘶きます。結構大きな声なので、少し驚きます。あらかじめ知らされていないと、機嫌が悪いのかな、と思ってしまいますね。

途中、海岸に流れ着いた海草を食べさせつつ、海にそそぐ小川を渡ったら、小さな草原でひと休み。水はあまり好きではないようで、あまり水際には近づきませんでした。休憩中は馬から下りました。馬は何かが気になるようで、落ち着きがありません。前述の通りそれほど大柄な馬ではありませんが、それでもパワーはすごいですね。

その後は来た道を戻り、最初に練習した内容を復習したら、砂浜をあとにします。続いては、高台にある畑に向かいます。途中トレッキングファームへの分かれ道があるので、馬が帰れると思い、そちらに行きたがったりします。高台の畑からは、先ほどまでいた海岸を見下ろすことが出来て、気持ち良いです。そこそこ起伏のある細い道を歩くので、海岸とは違った楽しみがあります。

その後はトレッキングファームに戻り、馬と別れます。レンタルした馬具類を返却したら、解散です。この日は午前中に雨が降り、天気が不安でしたが、午後から晴れて良かったです。ただ、空気がひんやりして風が強かったので、結構寒かったですね。動きやすさを考慮して、コートは着ませんでしたが、何か一枚羽織るものを持っていけば良かったです。

こうして初めての乗馬体験を終えました。観光乗馬等の記憶は思い出せる限りはないので、初めて馬に乗ったと思います。また機会を見つけて、乗ってみたいですね。なお、騎乗中に写真撮影はできないので、馬上目線の写真はありません。手綱から手を離すのは、ハンドルから手を離すのと同義で、危険ですからね。

学んだ内容を、箇条書きで書き残しておきます。

  • 騎乗する際は、たてがみと手綱を左手で束ねて持ち、右手は鞍の上に乗せて、馬の左側から左足を鐙に乗せ、右足を跨ぐ。右足を跨ぐのは、思ったより難しくなかった。
  • 手綱は、右側を短く持って外側へ引けば右側に、左はその逆へ進む。引くと馬は口のなかが痛くなり、それを避けるために向きを変えるので、むやみに引くのはダメ。
  • 手綱の両側を短く持って引くと、停止の合図。
  • 進むときは、脇腹をかかとで蹴る。これがなかなか強く蹴れなかった。加減というより姿勢の問題で、どうも上手く力が入らない。
  • 降りるときは、たてがみと手綱を左手で束ねて持ち、右足を跨いだらお腹は鞍の上に乗せ、左足を外して滑るように下りる

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

アイカツミュージックフェスタ2017

最近アニメ関連の記事を書いていなかったので、久しぶりに書いてみます。今でもアニメ関連のイベントやライブには出かけていますが、日記に方にまとめたり、ついっぷるフォトに写真をアップロードして終わりでしたので、まとまった文章は書けていませんでした。ここ数年間で、最も力を注いで楽しんでいるアニメ作品が、アイカツ!シリーズです。今回は、先日出かけたアイカツ!のライブイベントについて、書きます。(※下記の写真は撮影許可タイムに撮影したものです)

去る2017年3月25日、26日に、横浜国立大ホールにて開催されたアイカツミュージックフェスタ2017に参加してきました。初日はアイカツスターズ!公演で、2日目はアイカツ!公演です。2日目はファミリー向けの昼公演があったのですが、ここではアイカツ!とアイカツスターズ!の共演があったそうです。夜公演では完全に分かれていました。

初日、この日は仕事でしたので、16時30分くらいに職場を出て、17時すぎにみなとみらい駅に着きました。物販列はすごかったですが、入場列はそれほど伸びておらず、すぐに入れました。展示エリアは、データカードダス、大画面フォトカツなどのプレイコーナー、キャラポップ、グッズ展示、ライブイリュージョン宣伝のホログラム、ポスターや歴代アイカツカードなどのパネル展示等がありました。アイカツに溢れた楽しい空間でした。

またCD販売コーナーでは、6月末に発売予定のCD COMPLETE BOXの予約が募集されていたので、即決で申込みしました。30,000円と決して安くない値段ですし、既にCDを持っている曲も多いのですが、こういうお祭りの場の空気だとつい買ってしまいますね。

一通り見て回ったら、ホール内に入ります。席は3階左寄りの前列。最前列は立ち見禁止であり、それに合わせてか2列目も立たない人がそれなりにいたので、3列目でしたが視界良好でした。まあ、3階なので距離は遠いのですが。

アイカツスターズ!回は放送して1年ということもあり、全ての曲を出しきるセトリでした。間奏パートでのダンスなど、歌以外にも楽しめる要素が多くて、良かったです。ただ、アイカツスターズ!はデータカードダスをプレイしていないため、曲によっては馴染みの薄いものが数曲あったので、もう少し予習が必要でした。

演出は、背景のスクリーンの分割表示や照明の使い方など、色々工夫されていて良かったですね。メンバをそれぞれ別に映して、二人が近づいたら表示が一つに繋がるとか言う演出を、生でやってくれるのはすごかったです。キミをロックオンは、走りを表現したダンスに照明効果が加わり、とてもカッコ良かったです。

アニメの映像を流してくれる曲もあり、ドリームステージ☆ではブロードウェイドリーム回が流れて、小春さんの登場に会場がどよめきました。その後も小春さんが出るたびに会場がざわつくのが、印象的でした。So beatiful storyでは、ゆめさんの力に絡んだエピソードが流れて、スタートラインでは1年間を振り返る映像が流れて、これは涙腺が緩まざるを得ません。しかし、映像が流れるとステージ上のあいすたちゃんに集中できないというジレンマがあり、悩ましいところです。

このように今回のライブは、アニメとの連動を強く意識した構成になっており、とても良いと思いました。曲間のトークでも、歌唱担当として、キャラクターと自身を重ね合わせるようなコメントが多くて、素敵だなあ、と感じました。

また、あいすたちゃんはあまり個々のメンバーを意識して見ていることはなかったのですが、今回のステージを見ていて、何となくななせさんがお気に入りなのかもしれません。

そして、解散する現S4の新曲がフォトカツで今夏リリースされることが発表されました。これまでアイカツスターズ!のフォトカツオリジナル楽曲はありませんでしたので、初ですね。アンコールでは、2年目のオープニング曲を先行披露してくれました。退場間際には、るかさんからせなさんへのSHINING LINE演出がありました。これは、あいすたちゃんのアイカツスターズ!での活動は、せなさんがリーダーになるということですかね。アイカツ!としての活動は、るかさんのままで。

続いて、2日目です。この日はアイカツ!回になります。すたあにちゃんとあいすたちゃん(アイカツ!組)が出演します。あいにくの雨模様のなか、会場へ向かいます。昨日とは違い、物販列は捌けていて、入場列が長く伸びています。前日は物販の販売方法がよろしくなかったらしく、この日はそれを改善した結果のようです。ジャケバッジは欲しかったのですが、かなり厳しい戦いになりそうで、諦めました。前日に見られなかった展示を見終えたら、ホールへ進みます。

この日の席は2階席で、またしても左寄り。ステージまでの距離は近いのですが、少々人影に遮られる席でした。さて、アイカツ!はとにかく曲数が豊富なので、セトリがまるで読めません。そしたら、開幕SHINING LINEで、それに続くのはダイヤモンドハッピーという、普段なら盛り上がり最高潮で入れてくる曲を、いきなり入れてきました。これは熱い!

そしてアイカツ!はフォトカツ!でたくさん新曲が出ているので、そこから色々披露されました。何となく属性ごとにまとめられている印象を受けましたが、改めてセトリを見直すと、そうでもないですね。一部の曲はショートバージョンになっていましたが、他の曲へと繋げる演出効果を持っているので、尻切れ感を感じさせない構成になっていて良かったです。ロンリー・グラヴィティは後ろでオオゾラッコーンのシーンが流れており、大いに盛り上がりましたね。

そしてSTART DASH SENSATIONはるかさんのソロだったのですが、後ろではあかりさん成長の軌跡が流れており、これはうるうる来ちゃうやつですね。星宮いちごですっ!から始まり、そしてスターライトクイーン戦までの軌跡。アイカツ!を好きでいて良かった、と心から思えました。曲の途中では、るかさんが涙で声を詰まらせて歌えなくなり、しばらく客席が歌うシーンがありました。曲の持つメッセージと、アイカツ!歌唱担当として歩んできた道と、そしてこの日のステージとが重なり合い、こみあげる思いがあったのだと思います。

その後も、オリジナルスター☆ミにカレンダーガール、アンコールではLucky train、Let’s アイカツ!そしてアイドル活動という粋なセトリで畳み掛けてくれました。いやあ、Lucky trainを入れてくれたの、さすがだなあ、と思います。半年間という期間でしたけど、ののリサを始めとした最終クールも大切にされていますね。最後には、いちあか的わかるか演出があって、昨日のるかせなを思い出しました。

初日の撮影タイムは、律儀にスマホの電源をオフにしていたため、起動が間に合わずに撮影できなかったのですが、この日はそれを踏まえて電源はオンでマナー&機内モードにしておきました。結果、無事に撮影できました。2日目も真面目に電源オフしていたら、撮影出来なさそうな短めの準備時間しか取られませんでした。これは改善して欲しいですし、改善出来ないなら、モヤモヤするのでいっそ撮影タイム自体なくして良いと思います。

両日とも間近に超厄介はいなかったので、わりと快適に楽しむことができました。まあ、初日は左前の人の空気を読めない発言に、2日目は前の人の臭気に、それぞれ不快はあったのですが、終われば全て良しの気持ちで、ライブを楽しめました。

アイカツミュージックフェスタは昨年度もやっていますし、若干マンネリ感を感じてしまうのではないか、という不安があったのですが、それは杞憂に終わり、期待を上回るワクワクを与えてくれました。来年も心底楽しみですが、変にハードルを上げないようにしたいと思います。来年もありますよね……?

※メモを取っているわけでもなく、ライブから数週間後の記憶を元に書いているので、誤った情報を含んでいるかもしれません。

その他の写真は、こちらからご覧ください。

東慶寺で梅観賞

2017年3月9日、北鎌倉の東慶寺で梅を観賞してきました。桜は毎年観賞しているけど、梅は久しくお花見していなかったな、と思ったことが、きっかけです。職場が鎌倉に近いこともあり、平日の午前中を使って、お出かけしました。

10時30分ごろ、北鎌倉駅に到着です。そこから歩いて5分程度で、東慶寺に着きました。拝観料を払って、境内に入ります。さっそく飛び込んでくるのは、参道沿いに並ぶ白梅の列。木によってはだいぶ花弁が落ちてしまっていますが、ギリギリ楽しめます。

しだれ梅に白梅、紅梅、さまざまな梅を愛でます。天気は快晴でしたので、梅が青空に映えて気持ちいいです。梅は花だけではなく、枝の形も魅力的ですよね。老練さと力強さを感じさせる、そんな枝や幹が好きです。桜ほど花が主張しないので、そうしたところも楽しめるのだと思います。

時間に余裕があれば、もう1箇所別のお寺を回ろうかと考えていましたが、そこまでの余裕はなさそうなので、東慶寺を満喫することにします。というわけで、境内の奥にある墓所へ。後醍醐天皇皇女の用堂女王のお墓などがあります。初めて来るかな、と思っていたら、ふつふつと記憶がよみがえり、以前にも訪れているようです。

境内手前の方へ戻ります。さざれ石などを見つつ、のんびりと境内を歩きます。梅以外にもミツマタやラッパスイセンなど、花が咲いていますが、やっぱりこの時期の主役は梅ですね。その後は本堂に行って、お参りしました。

最後は、せっかくの明るいレンズなので、梅をアップにしたぼかし写真を撮ろうと頑張りました。近すぎてオートフォーカスは利かないので、マニュアルで焦点を合わせます。そんなことをしていたら、奇しくも写真教室の人たちがやって来ました。引退後に趣味を楽しむ姿を見て、いいなあと思いました。

東慶寺をあとにしたら、北鎌倉駅前にある、きそばやま本にて、けんちん蕎麦を大盛でいただきました。けんちんうどんはあるけど、お蕎麦は初めてのような気がしますので、新鮮でした。

平日でもそこそこ人出があるのが鎌倉ですが、空きすぎず混みすぎず、程よい人出でした。午前半休で鎌倉を楽しめる今の職場の地の利は、これからも積極的に活用していきたいですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

三渓園で紅葉狩り

2016年の紅葉狩りは、10月の北海道で行なっていましたが、晩秋にもう一度行きたいと思い、計画しました。最初は鎌倉辺りを考えていましたが、何回か訪問していることもあり、以前から気になっていた三渓園へ行くことにしました。

2016年12月4日、京浜東北線で山手駅まで行き、そこからバスで本牧に向かい、下車後10分ほど歩いて、三渓園に着きました。

天気は、多少雲が出ているものの、概ね晴れています。例年ですと、紅葉も後半という時期なのですが、今年は色づきが遅くて、ちょうど今頃がピークです。いざチケットを購入して園内へ。さっそく飛び込んでくるのは、水鳥たちが浮かぶ大池。遠くには三重塔も見えます。

そんな景色を見遣りつつ、向かった先は鶴翔閣。蓮池や睡蓮池に浮かぶ蓮を眺めながら、建屋に歩きます。松の木の緑と紅葉の組合せが良いですね。奥に進むと廊下の壁を背に、明るい橙色の紅葉が1本立っています。さらに奥に行くと、レトロ感のあるレンガ造りのボイラー室跡がありました。奥にある紅葉もきれいです。

続いては、内苑に入ります。陽に当たった鮮やかな紅葉を楽しみつつ、先へと進みます。そして見えてきたのが、臨春閣。池越しにその姿を臨みます。左手には見事な紅葉も広がっています。旧天瑞寺寿塔覆堂の裏手は、紅葉に包まれるようで、美しかったですね。

その後は、階段を登って、金毛窟や天授院を見て、再び階段を下ります。それから聴秋閣の裏手にある遊歩道を散策しました。ここは季節公開なので、常時の散策は出来ません。

それから御門を通って内苑を後にしました。しかし、結婚式の撮影で回っている人たちが結構いますね。少なくとも3組くらいは見た気がします。

続いては、三重塔を目指して、少し歩きます。道中も紅葉を様々に楽しめます。

案内板に従い、階段を登って高台へ向かいます。着いた先にあったのは、三重塔。後ろに広がる景色も爽快ですね。街中にある庭園なので、遠くにはビル群がそびえており、その対比が良いです。

再び下へ戻り、初音茶屋からの眺め、大漁地蔵や横笛庵と、その周りの紅葉を楽しみました。良いアングルは生憎の逆光となってしまうのですが、それを活かして明暗のコントラストを強調した写真を狙ってみました。横笛庵の周りは、紅葉も色鮮やかで良かったです。撮影している人たちも多かったので、あまりこだわって撮ることはできませんでしたが。

それから旧燈明寺本堂や涵花亭に立ち寄り、景色を楽しみます。

お昼も回り、少々小腹が空いてきたので、来る途中に見た三渓園茶寮にて、三色団子とのりしょうゆ団子を買いました。行列が出来ていましたけど、回転は早いので、それほど待ちませんでした。やはりお団子と言うと、この三色団子のイメージが強いですねえ。

その後は天満宮を参って、八つ橋を渡り、三渓園を後にしました。昼をだいぶ回った時間でしたが、庭園に向かっていく人は結構いますね。多少早めにやって来たのは、正解だったかもしれません。

バス停近くに見事なイチョウがあったので、思わず撮影。イチョウって縦に長いイメージがありますけど、このように横に広がった形状は少し珍しいなあ、と思いました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

Home > お出かけ Archive

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top