Home > お出かけ Archive

お出かけ Archive

東慶寺で梅観賞

2017年3月9日、北鎌倉の東慶寺で梅を観賞してきました。桜は毎年観賞しているけど、梅は久しくお花見していなかったな、と思ったことが、きっかけです。職場が鎌倉に近いこともあり、平日の午前中を使って、お出かけしました。

10時30分ごろ、北鎌倉駅に到着です。そこから歩いて5分程度で、東慶寺に着きました。拝観料を払って、境内に入ります。さっそく飛び込んでくるのは、参道沿いに並ぶ白梅の列。木によってはだいぶ花弁が落ちてしまっていますが、ギリギリ楽しめます。

しだれ梅に白梅、紅梅、さまざまな梅を愛でます。天気は快晴でしたので、梅が青空に映えて気持ちいいです。梅は花だけではなく、枝の形も魅力的ですよね。老練さと力強さを感じさせる、そんな枝や幹が好きです。桜ほど花が主張しないので、そうしたところも楽しめるのだと思います。

時間に余裕があれば、もう1箇所別のお寺を回ろうかと考えていましたが、そこまでの余裕はなさそうなので、東慶寺を満喫することにします。というわけで、境内の奥にある墓所へ。後醍醐天皇皇女の用堂女王のお墓などがあります。初めて来るかな、と思っていたら、ふつふつと記憶がよみがえり、以前にも訪れているようです。

境内手前の方へ戻ります。さざれ石などを見つつ、のんびりと境内を歩きます。梅以外にもミツマタやラッパスイセンなど、花が咲いていますが、やっぱりこの時期の主役は梅ですね。その後は本堂に行って、お参りしました。

最後は、せっかくの明るいレンズなので、梅をアップにしたぼかし写真を撮ろうと頑張りました。近すぎてオートフォーカスは利かないので、マニュアルで焦点を合わせます。そんなことをしていたら、奇しくも写真教室の人たちがやって来ました。引退後に趣味を楽しむ姿を見て、いいなあと思いました。

東慶寺をあとにしたら、北鎌倉駅前にある、きそばやま本にて、けんちん蕎麦を大盛でいただきました。けんちんうどんはあるけど、お蕎麦は初めてのような気がしますので、新鮮でした。

平日でもそこそこ人出があるのが鎌倉ですが、空きすぎず混みすぎず、程よい人出でした。午前半休で鎌倉を楽しめる今の職場の地の利は、これからも積極的に活用していきたいですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

三渓園で紅葉狩り

2016年の紅葉狩りは、10月の北海道で行なっていましたが、晩秋にもう一度行きたいと思い、計画しました。最初は鎌倉辺りを考えていましたが、何回か訪問していることもあり、以前から気になっていた三渓園へ行くことにしました。

2016年12月4日、京浜東北線で山手駅まで行き、そこからバスで本牧に向かい、下車後10分ほど歩いて、三渓園に着きました。

天気は、多少雲が出ているものの、概ね晴れています。例年ですと、紅葉も後半という時期なのですが、今年は色づきが遅くて、ちょうど今頃がピークです。いざチケットを購入して園内へ。さっそく飛び込んでくるのは、水鳥たちが浮かぶ大池。遠くには三重塔も見えます。

そんな景色を見遣りつつ、向かった先は鶴翔閣。蓮池や睡蓮池に浮かぶ蓮を眺めながら、建屋に歩きます。松の木の緑と紅葉の組合せが良いですね。奥に進むと廊下の壁を背に、明るい橙色の紅葉が1本立っています。さらに奥に行くと、レトロ感のあるレンガ造りのボイラー室跡がありました。奥にある紅葉もきれいです。

続いては、内苑に入ります。陽に当たった鮮やかな紅葉を楽しみつつ、先へと進みます。そして見えてきたのが、臨春閣。池越しにその姿を臨みます。左手には見事な紅葉も広がっています。旧天瑞寺寿塔覆堂の裏手は、紅葉に包まれるようで、美しかったですね。

その後は、階段を登って、金毛窟や天授院を見て、再び階段を下ります。それから聴秋閣の裏手にある遊歩道を散策しました。ここは季節公開なので、常時の散策は出来ません。

それから御門を通って内苑を後にしました。しかし、結婚式の撮影で回っている人たちが結構いますね。少なくとも3組くらいは見た気がします。

続いては、三重塔を目指して、少し歩きます。道中も紅葉を様々に楽しめます。

案内板に従い、階段を登って高台へ向かいます。着いた先にあったのは、三重塔。後ろに広がる景色も爽快ですね。街中にある庭園なので、遠くにはビル群がそびえており、その対比が良いです。

再び下へ戻り、初音茶屋からの眺め、大漁地蔵や横笛庵と、その周りの紅葉を楽しみました。良いアングルは生憎の逆光となってしまうのですが、それを活かして明暗のコントラストを強調した写真を狙ってみました。横笛庵の周りは、紅葉も色鮮やかで良かったです。撮影している人たちも多かったので、あまりこだわって撮ることはできませんでしたが。

それから旧燈明寺本堂や涵花亭に立ち寄り、景色を楽しみます。

お昼も回り、少々小腹が空いてきたので、来る途中に見た三渓園茶寮にて、三色団子とのりしょうゆ団子を買いました。行列が出来ていましたけど、回転は早いので、それほど待ちませんでした。やはりお団子と言うと、この三色団子のイメージが強いですねえ。

その後は天満宮を参って、八つ橋を渡り、三渓園を後にしました。昼をだいぶ回った時間でしたが、庭園に向かっていく人は結構いますね。多少早めにやって来たのは、正解だったかもしれません。

バス停近くに見事なイチョウがあったので、思わず撮影。イチョウって縦に長いイメージがありますけど、このように横に広がった形状は少し珍しいなあ、と思いました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

プロ野球クライマックスシリーズファーストステージ観戦

2016年10月08日、東京ドームでクライマックスシリーズファーストステージの初戦を観戦してきました。対戦カードは、巨人vsDeNAです。プロ野球を一度は生で観戦してみたいと思っていましたが、なかなか機会がなく、今回ようやく行けました。チケットは、クレジットカードの先行枠があったので、そちらに申し込んで入手です。席種は指定席Aで、1塁側の1階上段席でした。

14時に試合開始でしたので、10分くらい前の13時50分に東京ドームに到着しました。先にフードコーナーで、てりやきバーガーとコーラを調達します。本当は東京ドーム限定のドームエッグバーガーを食べたかったのですが、売り切れでした。

席に着いたら、試合前の諸々のパフォーマンスを楽しみます。ジャビットを初めとしたマスコットたちのキャッチボールや練習風景などがありました。その後は両チーム整列して、加藤ミリヤさんによる国歌斉唱、田知本遙さんによる始球式が続きます。

そしていよいよ試合開始。特に贔屓のチームはないけれど、巨人側の席にいたので、何となく巨人を応援します。どちらかを応援しながら見た方が楽しいですね。スコア自体はわりと接戦だったので、わりと終盤まで読めない感じで楽しめました。ただ8回以降は、だいぶお通夜ムードでしたね。7回裏のギャレット選手の粘りの打席が、一番盛り上がっていた気がします。試合はDeNAの勝利となりました。しかし、自分がちょうど席を立っている間に、2回も点が入るという展開には、納得がいきません(笑

他の見どころや感想としては、阿部選手がファウルフライを拾いに客席へ頭から突っ込んだシーンはざわつきました。あれ、これは、と思っている瞬間に突っ込んでいました。あと、坂本選手の安定感はさすがですね。打ってくれる、という期待に応えてくれる凄さを感じました。

そうした試合を楽しみつつ、他にやってみたかったことが、会場内を歩いているお姉さんのサーバーから、お酒を買うことです。昨年末のクラブワールドカップの試合では、寒すぎてとても飲む気になれなかったので、今度こそは。で、ハイボールとヱビスビールを飲みました。フードは売店に行って、枝豆ボールとチキンナゲットを買ってきました。

1階上段席は少し遠いけど、十分に楽しめました。撮影は、ケニアで動物撮影用に買った望遠レンズを使用しています。手ブレが辛いですが、そこそこ近くまで寄った写真が撮られて、満足です。

サッカーの試合は、動きが細かく、フィールドの遠いところで展開されると、ほとんど追えなかったのですが、野球の場合は、内野席なら安定してよく見えるのが良いなあ、と思いました。あとは、テンポがゆったりしていて、心理戦の要素も大きいので、生で観戦するなら野球のほうが楽しめそうです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。ミラーレス一眼の日時設定が1日手前になっていたので、スマホ撮影分と1日ずれていますが、今更直すのは面倒なので、そのままにしています。

鎌倉紫陽花観賞2016

2016年6月20日、出社前に鎌倉を散策してきました。休日はいつ出かけても混雑していそうなので、平日の朝一を狙って出かけてきました。

主なお目当ては、鎌倉紫陽花名所のひとつでもある明月院です。前回明月院で紫陽花を見たのが、2009年で奇しくも同じ6月20日でした。開門とほぼ同じ時刻に到着し、さっそく境内を散策します。平日のこの時間にしては結構な人出ですが、ゆったりと回れる程度の混み具合です。参道に沿って紫陽花が壁のように咲き誇る風景を見ると、明月院に来たなあ、と感じます。青い紫陽花をメインに、ところどころに白い紫陽花も咲いていました。山門には竹筒に紫陽花の花が生けられており、可愛らしいです。

せっかくなので、これまで素通りしてきた方丈の円窓に並んでみました。10分弱ほどで順番になり、円窓越しの庭園を望みます。手前には花菖蒲が生けられており、風情がありますね。後ろがつかえているので、あまりのんびり楽しむことは出来ませんが、何とも心が落ち着きそうな空間でした。

それから開山堂のほうへ移動します。花想い地蔵や瓶ノ井などにも、紫陽花が生けられており、まさに紫陽花一色に染まっています。明月院やぐらを背景に紫陽花を撮ると、黒背景になって面白かったです。

帰り道、平家物語の冒頭にも出てくる沙羅双樹の花や、水鉢に浮かぶ紫陽花の花、木箱に現れるリスなどを楽しみます。境内を出る頃、太陽が差し込み、紫陽花が眩しくてきれいでした。

続いて、円覚寺に向かいます。明月院ほどの量ではありませんが、境内で紫陽花を楽しめます。円覚寺は広いので、紫陽花を様々な仏閣と合わせて収めることで、画になりますね。他には、仏殿でご本尊を拝見したり、妙香池で甲羅干しをする亀などを見たりしました。

紫陽花の種類はもちろん、色合いや花弁の具合もそれぞれ異なりますので、それらの違いを楽しめて良かったです。円覚寺では、濃い紫の紫陽花が印象的でした。

円覚寺の拝観を終えたら、出社するべく北鎌倉駅に向かいます。そこで見かけた踏切前にある紫陽花。寺社仏閣ではありませんが、鎌倉に咲く紫陽花という雰囲気が何だか気に入ったので、最後に一枚収めました。あまり紫陽花の色をきれいに写せませんでしたが、構図としてはお気に入りです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

ひたち海浜公園のネモフィラの丘

2016年5月5日、茨城県のひたち海浜公園に、ネモフィラの丘を見に出かけてきました。前年に行きたいと思いつつ、仕事が忙しくて行けなかったので、1年越しの願いが叶った形です。

品川駅から特急ときわ号に乗って勝田駅に昼ごろ到着しました。そこからひたちなか海浜鉄道湊線に乗ろうと思ったけど、一旦駅から出場すると、湊線にはICカードでは乗車できないようです。ちょうど電車の出発時刻でしたし、面倒なので乗らないことにしました。こんなに乗車が難しい電車があるとは。何でJR駅との乗り換え口しか出入り口がないんだ。

というわけで、シャトルバスで公園に行きました。入場券を買って中に入ります。さっそく見えてきたのはチューリップ畑。もう5月なので、枯れている花も目立ちますが、まだ楽しめます。少し先に行くと、ハマナスやツツジも咲いていました。

それから遊園地ゾーンや原っぱゾーンを抜けていくと、ネモフィラの咲く見晴らしの丘が見えてきました。

僅かにピークを過ぎてしまったので、少し隙間が目立ちますが、それでも圧巻の青一面です。天気も太陽が顔を出してくれたので、青色が一層映えていいですね。丘を登っていくと、そこから海も望めますので、空と海とネモフィラ、それぞれの青を堪能できます。丘の上には鐘があり、人々が列を成して鳴らしていました。

丘を下りると、すぐそばに菜の花畑もありました。菜の花の黄色とネモフィラの青で、見事なパッチワークになっていますね。あとは、ネモフィラ畑の中に立つ一本の木、良いアクセントになっていて、画が締まります。

その後は屋外のフードコートで那珂湊焼きそばを食べたり、古民家に行ってみたり、砂丘観察路を周ったりしました。

閉園時間も迫ってきたので、帰途へ。南口から出て、阿字ヶ浦駅を目指します。途中道を行き過ぎてしまい、無駄に時間を掛けてしまいましたが、無事到着。電車の到着まで時間があったので、近くにあった堀出神社に参拝。

しばらくしたら電車が来たので乗ります。往路では乗れなかった湊線。風情溢れるローカル電車です。夕暮れの街中をゆっくり走り、勝田駅に到着しました。そして特急に乗って、実家へ帰りました。

例年より開花が早かったため、少しピークを過ぎてしまい、その点が気がかりでしたが、角度を選べば十分に楽しめました。期待を裏切らない光景で満足です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

Home > お出かけ Archive

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top