「 お出かけ 」一覧

旅行ではない、ちょっとした遠出や、イベント参加など

第31回ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートを鑑賞

2017年8月9日、夏の毎年恒例行事となっているドラゴンクエストファミリークラシックコンサートに、今年も参加してきました。水曜日なので、盆休み前に1日だけお休みを取っています。職場の場所に都合で、定時ダッシュは無理ですので。

今年の会場は、例年通りの東京芸術劇場。そして演目はもちろん交響組曲ドラゴンクエスト11、初演です。何とかこの日までにドラクエ11をクリアしたいと思い、当日の午前中に駆け込みで表クリアしました。

今回の座席は2階の前から2列目の真ん中あたり。S席です。2階ですが、前の方ならステージに結構近いですし、音響的にもバランスが良い位置かと思います。以前ステージにかなり近い席に座ったことがありましたが、その時は音圧の迫力を感じました。それぞれの席に良さがあると思います。

曲は、今まさにリアルタイムでゲームをプレイしていますので、記憶は鮮明ですし、情景がすぐに頭に浮かびます。新曲であっても随所にドラクエらしさを感じるのは、ドラクエ曲のモチーフがふんだんに盛り込まれているのでしょうね。聴く側にも数十年に渡ってセンサが鍛えられているので、ドラクエだっ、となります。

すぎやま先生レベル86のお話。まず、ドラクエ11をもうクリアした人、という質問があったので、挙手。そこそこクリアしている人たちがいました。もっとたくさんいるかと思いましたが、半分もいませんでした。すぎやま先生からは、1日50時間くらいある人たちなのでは、という小粋なお言葉。

そして今回ドラクエ11のために書き下ろした新曲は、40曲近くあるとのことです。昨年末までに作曲を終えていたことから、自身の持つ世界最高齢ゲーム音楽作曲のギネス記録更新!

あと、ドラクエ11では、町やダンジョン、フィールドで、過去作品の曲が流れる場所があるのですが、なぜそこでその曲を流すのか、堀井先生が込めた意味を考えると面白いかもしれない、というアドバイスをいただきました。これを受けて少し考えてみたのですが、メダル女学園の王宮のトランペットは、モンスターと人間が平等であることから、モンスター仲間システムの導入された5の曲、と言う意味でしょうか。

アンコールに流れたのは、大作となる過ぎ去りし時を求めて。ロトシリーズからの名曲選となっています。そして伝説へ、この道わが旅、街の賑わい、など、目頭が熱くなるような選曲ばかり。ドラクエ1/2はFC版ではなくSFC版でのプレイですが、十分に懐かしいです。ドラクエ自体をプレイしていたことによる思い出と連れ立って、当時の他の思い出も甦ってくるので、10代の頃に体験したことは強いですね。前の席に座っていた女性たちは、ハンカチを取り出すほどの号泣でした。自分も涙こそ流れませんでしたが、涙腺がじわっとしました。ちなみにこの曲をアンコールのサービス曲かと思っていましたが、ゲーム本編でも流れる交響組曲の一編でした。

夢のような時間は過ぎ去りし時となり、会場を後にして、ドラクエ11のすれ違いを確認。たくさんのヨッチ族が集まりました。また来年も楽しみです。来年はドラクエ10でしょうか。

  

最後に、写真を幾つか載せておきます。


アイドルタイムプリパラサマーライブツアー2017に参加

  

2017年8月6日、豊洲PITで行なわれたアイドルタイムプリパラサマーライブツアー2017昼公演に参加してきました。何だかんだで毎年恒例ですね。会場までの暑さで1年前を思い出します。スタンディングなのが辛いですが、人数のわりに距離が近いのはうれしいです。視界の確保は難しいですけど。

今回の整理番号は1460番台でわりと遅め。14時40分くらいに入場です。この番号だと、だいたいのエリアに人が埋まっている状況で、隙間を見つけて入っていく感じです。どうせ人がいっぱいなので、中途半端に前へ行かず、最後列の真ん中あたりを陣取りました。背伸びしても後ろに気兼ねしないのが良いです。

このライブも最初の頃は実質i☆Risちゃんのライブと言う感じがありましたが、今はプリパラからアイドルタイムまでたくさんの演者が出演するので、れっきとしたプリパラのライブです。ただ演者の人数が多いので、一人あたりの曲数が少なくなってしまい、もったいないなあ、とも思います。今回ガァルマゲドンには会えず残念でしが、ノンシュガーに会えて良かったです。

アイドルタイム勢は今回が初参加でしたが、夢川ゆいさん役の伊達朱里紗さんが、グッズ紹介等で、ゆいさんのキャラに沿ったトークが多くて良いなあ、と思いました。そして、虹色にのさん役の大地葉さんは、プリパラオタクでした(笑。

トークの一幕で、i☆Risちゃんがアイドルタイムの新衣装で気が引き締まる思い、と言ったところ、確かに直前でお尻を振っていたから、自分もそっちで気が引き締まるのかと思いました(笑。

オープニング曲を歌うわーすたちゃんは、オープニングアクトとして登場しました。アイドルタイムではi☆Risちゃんとの関係がどうなるのかな、と思っていましたが、Prizmmy枠と言うことですね。

そしてライブなので、肝心の曲感想。特に気になった曲をピックアップしていくと、まず「チクタク・Magicaる・アイドルタイム!」。かわいくて好きです。”チャンスは一瞬だけよ”でちょっと上がるところが特に好き。そして「GOスト♭コースター」です。かっこいいですよね。

続いての2曲は、バンドによる生演奏をバックにした「レインボウ・メロディー♪」と「Growin’Jewel!」です。プリパラの合唱系の曲、ほんと好き。生演奏はやっぱ空気感が違いますね。前後の録音BGMとの比較になるので、とても強く感じました。

そして最後に「アイドル:タイム!!」です。この曲もかわいくて良いです。つい一緒に歌いたくなるメロディーで、時々脳内に流れています。

カーテンコールでは、「かしこまりなさい!」「はは~」や、「できるできるできる」など、各演者がキャラクターを好きでいてくれる感じが伝わってきて、幸せな気持ちになりました。

特報として、今年も冬のライブ開催のニュースが飛び出しました。会場は、プリティーリズムとの合同ライブ以来の幕張メッセ。アンフィシアターの方がステージとしては良いけど、親衛隊未加入勢には競争率が高くなりすぎるので、箱のサイズが大幅に増えるのは安心材料です。冬も楽しみ!

ちなみにライブはほぼ2時間きっかしで終わりました。アンコールはなしです。次の夜公演がすぐに控えていますからねえ。


鎌倉の長谷&極楽寺エリアで紫陽花観賞

2017年6月15日、平日休みを取って、鎌倉へ紫陽花観賞に出かけてきました。紫陽花シーズンの鎌倉はものすごい混雑なので、土日は避けています。特に長谷寺は、平日でさえ入場待ちが発生するので、朝早く向かいました。

最初は開門と同時の8時に着くつもりでしたが、朝がつらくて9時30分手前に長谷寺へ到着です。この時間なら江ノ電もまだ混んでいません。長谷寺も整理券配布前でした。

  

さっそく境内に入って、景色を楽しみます。花の寺だけあって、紫陽花以外にも色々と季節の花が咲いています。池沿いに咲いてるヒルザキツキミソウが可愛らしく、水面に浮かぶ花菖蒲は涼しげですね。また、長谷寺生まれの紫陽花品種が鉢植えで飾られています。それぞれ個性的な花をしていて、見ていて楽しいです。

 

きれいな緑色をした苔の上に佇む良縁地蔵を見遣りつつ、階段を登ってあじさい散策路を目指します。階段を登り終えると、観音堂のある広場に出ます。ここからは湘南の海を望むことが出来ます。

  

いざ、あじさい散策路へ。最初の方は、紫陽花は咲いているものの、一面の紫陽花とは言えない感じでしたが、上の方へ登っていくと、期待していた景色が見えてきました。紫陽花越しに海を見下ろすことが出来て、贅沢な心地です。

しかし、帰りの下り坂では、ついに人の渋滞が発生してしまいました。照り付ける太陽に若干汗ばみながら、紫陽花に囲まれてゆっくりと下ります。

ようやく下り終えると、経蔵から見上げた紫陽花がきれいで驚きました。ただ写真で見ると、少し違った感じで、生で見た時の方が良かったですね。その後は、経蔵で摩尼車を回しました。これでたくさんお経を唱えたことに。

 

その後は弁天堂や弁天窟を巡って、長谷寺を後にしました。出た頃には、あじさい散策路は入場整理券が発行されていました。およそ30分待ち。

   

続いて向かった先は、光則寺。光則寺は数年前に紫陽花の病気が蔓延したため、今も鉢植えによる栽培となっています。と言うわけで、ボリュームは少々欠けるのですが、それでも様々な種類の紫陽花がありますので、見ていて楽しいです。

 

他にも花菖蒲やヒメシャラ、金糸梅など、花々を楽しめます。また、石段を登って、日蓮上人の土の牢を見て、歴史に思いを馳せたりもしました。

次に入ったのは、収玄寺。こちらは初めての拝観です。長谷駅から長谷寺へ向かう途中にある、小さめのお寺です。境内には様々な色や形の紫陽花が植えられています。わりあい大振りな花が多く、見応えがありますね。花以外には、東郷平八郎による「四条金吾邸址」の石碑を見学しました。

続いては、少し歩いて御霊神社を訪れました。こちらは拝殿裏手の小路が紫陽花の見どころなのですが、時期が早かったのか、遅かったのか、ほとんど咲いておらず、淋しい状態でした。境内には他の紫陽花も咲いているので、その辺を楽しめます。夫婦銀杏や御嶽社の石碑、弓立の松などを拝観しつつ、拝殿にお参り。

それから、江ノ電と紫陽花のツーショットを狙います。御霊神社は、江ノ電のすぐ隣にあり、沿線には紫陽花が咲いているので、そこで撮影出来ます。上下線がだいたい5分から10分に1本くらいのペースで来るので、到着するまで待ちました。良い場所を取るには、早く行くか、数本分待つ必要があるかもしれません。電車のすぐ隣で撮影することになるので、電車の速度が遅いとは言え、シャッターを切るタイミングでだいぶ画が変わってきます。そこそこ納得する写真が撮れたので、2本で切り上げました。バッテリーの充電を忘れて、じり貧状態だったこともありますが。

続いては、星井寺の虚空蔵堂へ。こちらはあまり紫陽花は咲いていませんでした。せっかく来たので、お参りします。

そして、せっかくここまで来たので、成就院にも行ってきました。参道沿いの紫陽花はまだ植え替え工事中なので楽しむことが出来ませんが、僅かながら紫陽花が植えられていました。成就院の境内にも、幾つか紫陽花を楽しむことができます。

最後は、極楽寺へ。江ノ電を見下ろす柵沿いに紫陽花を楽しみつつ、いざ山門に向かいます。こちらは山門前の紫陽花が一番きれいですね。境内の中は、長く伸びた参道を木陰が優しく包んでくれて、落ち着きます。

ひとしきり紫陽花を楽しんだら、極楽寺駅から江ノ電に乗って鎌倉駅まで戻ります。朝とは違い、江ノ電はもう満員電車状態です。この時期は、駅のホーム等にも鉢植えの紫陽花が見られたりして、まさに紫陽花づくしです。

鎌倉駅に戻ったら、小町通りを歩き、新荘園で昼食にしました。注文したのは、しらす三昧丼。生しらす、釜揚げしらす、揚げしらす、と言う3種類のしらすを楽しめる丼です。せっかくなので、お酒に鎌倉ビールALTOもいただいちゃいました。

それから、はんなりいなりにて、しらす入り玉子焼き串を買い食いします。んー、しらすづくしですね。小町通りから路地に入って、若宮大路に抜けます。途中、小さな神社があって、近くに紫陽花もあったので、画になりました。

最後は、豊島屋本店に立ち寄って、鳩サブレをお土産に買いました。ベタな鎌倉土産ですが、自分で買ったのは初めてかもしれません。

こうして、今回の鎌倉散歩はお終いです。鎌倉の紫陽花は、毎年見に来たいですね。色々なスポットがあるので、その年はどこを巡ろうか、考えるのが楽しみです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


新宿御苑界隈を散策しました

2017年6月10日、修理に出していたミラーレス一眼の引き取りのため、新宿まで出かけてきました。せっかく新宿まで来たので、そのまま帰るのはもったいないと思い、新宿御苑を散策することにしました。

新宿門から入園します。入園チケットはQRコード形式になっていました。この時期ですと、どうしても紫陽花のイメージが強いですが、他にも旬な花たちはいて、そういった花たちも見て回りました。

 

紫陽花は新宿門の付近にありますが、満開には少し早い感じです。野草ではドクダミも園内各所で大小さまざまな群生が見られます。ツツジはまだ楽しめますが、さすがに満開は過ぎてしまい、少しだけ緑が目立ちます。

上の池に掛かる橋を渡って、庭園と奥にそびえるビルとの対比を楽しみつつ、一旦道を戻りました。お昼を食べていないので、ソフトクリームで小腹を満たします。何だかんだでプレーンが一番好きかもしれません。

再び園内を散策します。温室近くでは、タイサンボクの花を見ることが出来ました。比較的低いところに花が咲いているのですが、それでも見上げる形になってしまいます。花を上から見たかったのですが、ちょっと叶わず。

一方足元を見れば、ムラサキカタバミなどの可愛らしい野草が小さな花を咲かせていました。他に、ビヨウヤナギやアルストロメリアなどの花を楽しみつつ、新宿御苑を後にしました。

やはり小さい野草を撮るときは、マクロレンズが欲しくなりますね。ただ、普通の花を撮る分には標準レンズでも足りるので、クローズアップレンズを買うのがいいのかな、と思っています。

新宿御苑を出た後は、花園神社に参拝。ビルの間に挟まれた参道というのは、如何にも大都会新宿にある神社です。それでも境内には神聖な空気を感じますね。

最後は、すごい煮干しラーメン凪新宿ゴールデン街店本館にて、すごい煮干しラーメンをいただきました。16時くらいでしたが、2人ほど列待ちしていて、席に着いた後も、どんどんお客さんがやって来ます。肝心のラーメンですが、推している通り煮干しの風味がすごいです。特に最初のインパクトは強烈ですね。ただ煮干しなので、しつこくはなく、濃いけれどあっさり、という不思議な感覚です。麺はスープがよく絡む太めのちぢれ麺でした。初めの一口は、人間界からいきなり煮干し界に飛ばされて驚くけれど、二口三口目あたりからは馴染んで、煮干しの世界を楽しめます。

こうして、今回の新宿散策はお終いです。新宿は、用事だけを済ませて帰ってしまうことが多いので、こうしてぶらぶらと歩きまわることは、新鮮でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツスターズ!イリュージョンShowTimeを鑑賞してきた

2017年5月20日、横浜のDMM VR THEATERでアイカツスターズ!イリュージョンShowTimeを見て来ました。以前のアイカツ!Liveイリュージョンのアイカツスターズ!版です。専用の施設を使えるおかげか、Liveイリュージョンの時より公演回数が多くていいですね。ゴールデンウィーク近辺は色々予定があったので、少し遅めの時期に先行抽選を申し込んで、無事チケット確保できました。

 

少し迷いつつ、DMM VR THEATERに到着したら、諸々のポスターを楽しみつつ、会場内へ。チケットを見せてドリンク代を別途支払うライブハウス形式でした。ドリンクは600円でドリンクチケットは500円ですが、フォトカツをスマホにインストールしていれば100円値引きになります。

   

購入したのは、FuwaFuwaDreamと進め!ゆずこしょうポテト、幸花堂のクロワッサンめでたい焼き、限定アイシングクッキー、特製ドーナツを買いました。合計3,000円超。公演も終盤だったためか、他にがっつり買い込んでいる人はいませんでした。

 

映画館と同じで、フードやドリンクは劇場内に持ち込めます。でも食べてる余裕はないかも。ステージ前にはキャラクターポップが展示されていました。開演直前になると撤去されてしまうので、撮影はお早めに。

席は、最前列の中央付近のやや右寄りで、なかなかの良席です。そしてついに開演。さっそく歌が披露されます。よく動いてくれるし、確かにそこにいるという臨場感がすごいですね。その後ゆめさんやエルザさんによるMCが入ったり、出演アイドルの紹介があったりしつつ、曲目が進んでいきます。基本的にショートバージョンで、その分曲数を多く楽しめます。個人的には、8月のマリーナやDreaming Birdでテンションが特に上がりました。

     

続いてFashion ShowTimeのコーナー。何とこのコーナーでは、スマホによる写真撮影が可能です。最近のアイカツ!関連では、こういう流れ多いですね。DCDをやらなくなってしまったせいで、コーデの名前には疎いのですが、アイドルたちがそれぞれ華やかなコーデをまとって、ステージ上でアピールします。スマホでの写真撮影、最初は白飛びしてしまって難しかったのですが、少し寄って明度を合わせて、動きの少ないタイミングを狙うと、上手く撮れました。

その後は、再びライブパートが再開し、途中で小春さんが登場して、ゆめさんと小春さんによるSo Beautiful Story。うわー、これはずるいでしょー。

最後はスタージェット!で締め。アンコールはあるのかな、と思っていたら、ステージの袖からゆずさんが登場。これがかわいい!ステージ上での普段の動きとは違う動きなので、今この場で起こっていること感が増して良いです。そして流れでアンコールへ突入。

アンコールではBonBonVoyage、STARDOM!を歌い、最後はアイカツ☆ステップ!2番目の部分では、アイドルたちのカーテンコール。システムの制約上全員一緒には出られないので、グループやペアで出てくるのですが、ヴィーナスアーク組、ひめさん&ツバサさん、ゆずさん&リリィさん、夜空さん&真昼さん、小春さん&あこさん、ゆめさん&ローラさん、という組み合わせでした。見事にどこにも違和感がない!

全体を通して一番リアリティを感じたのは、このアンコール後にライブTシャツを着て登場したアイドルの皆さんを見たときです。普段の煌びやかなコーデをまとっている姿は、テレビなどで良く目にしていますが、そうではないTシャツ姿を見た時に、普段のライブの光景がダブってきて、確かにアイカツスターズ!のアイドルたちはここにいるんだ、という実感が強く湧きました。

  

こうして夢の時間は終わり、終演となりました。外はちょうど薄暗くなり始めたタイミングで、余韻に浸るのに良い時間帯です。

さて、大満足のイリュージョンShowTimeでしたが、このVRコンテンツはこれからどんどん進化していくものだと思っています。今回感じた、こうなったらもっといいな!という点を書きます。

まず、ライブ感という点において、キャラクターのトークが録音となる点は、難しいところです。皆さん喋った後に微妙な間を設けてくれるので合いの手やコールを意識しているのだと思いますが、何か入れようと思ったら次のトークが始まったりして、これは観客が訓練される必要があるな、と感じました。映画の応援上映の要領ですね。複数パターンの音声を録っておいて、会場のリアクションに合わせて専門の人が切り替える、なんて演出があると、ライブ感はますます増す気がします。映画では難しそうだけど、VRでのステージなら出来そうだな、と思いました。コストは諸々掛かるけど……

あと、VRの技術面では、横一列ではなくて、奥行き方向でも動きを見せられると、断然臨場感が増すだろうな、と感じました。背景の2Dスクリーンと比べれば明らかに立体感を感じられますが、横一列なのでちょっとスクリーン感が出てしまうのはもったいないと思いました。

最後にまったく個人的な反省点ですが、当日喉の調子が悪くて、あんまりコールを入れられませんでした。結果、ちょっと不完全燃焼感を残してしまいました。そしてこの時の風邪がなぜか未だに治っていません(ぉ。ただ、劇場内のコールは想像していた以上に全然おとなしかったですね。公演も終盤と言うことでまったり鑑賞組が多かったのでしょうか。

あと、どこかにサイン入りポスターがあったらしいのですが、見過ごしてしまいました。フードコーナーのショーケースにサイン色紙らしきものがあったのは見かけたのですが。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。