「 お出かけ一般 」一覧

他のカテゴリには当てはまらない、お出かけ

「耳をすませば」聖地の聖蹟桜ヶ丘を探訪

2018年04月26日、映画「耳をすませば」の舞台モデルとなった、聖蹟桜ヶ丘を探訪してきました。1995年公開の映画ですが、主人公たちの年齢と、当時の自分の年齢がほぼ重なっていたので、将来の夢を抱く部分で色々と感じるところがあって、思い出深い映画です。ラピュタ、魔女宅、耳すま、を好きなジブリ映画3作として、良く挙げてきました。

 

まずは、京王電鉄聖蹟桜ヶ丘駅のプラットホーム。車両のカラーリングとかはそのままですね。雫が出た出口は西口でしたが、実際には西口は見当たらず、恐らくは北口なのだと思います。

 

外に出ると、ちょっぴり曇り空。来る前には晴天だったので少し残念。雫と同じく、駅前の景色を楽しみつつ、左手に進むと、青春のポストがあります。その隣には、町の散策マップ。「耳をすませば」所縁の場所も載っています。

それから、さくら通りを真っ直ぐ進んでいきます。ここの景色も映画とほぼ同じですね。しばらく進むと大栗川に出ます。ここを渡るといろは坂になります。

 

やっぱりあの坂道を登っていくシーンは印象的ですよね。なので、いろは坂は楽しみにしてきました。入口の部分はまさに映画のシーンとうりふたつ。そして坂道を登っていくシーン、実際には谷側に歩道はないのですが、大栗川に掛かる橋の歩道がそれに良く似ており、それらを合わせたのだと思います。

 

そして階段のシーン。実際に目にしたときは、思ったより短いな、と言う印象でした。でも、階段を登り進めていくと、長い階段が現れました。てくてくと登って、頂上に到達。映画と違って、階段の入口からの眺望はあまり開けていません。でもある程度下っていくと、いろは坂の九十九折の道路など、映画と同じ光景が広がります。

眼下に広がる街並みを眺めつつ、雫みたいにわーっと階段を駆け下りてみたかったのですが、前述の通り木々などで眺望が塞がれるので、まったく同じ光景にはなりません。別の箇所にある階段からは街の光景をばーっと見渡せるので、映画ではいろいろと上手く切り取っているんでしょうね。

その後は、杉村が雫に告白した金毘羅神社へ向かいました。街中にある小さな神社で、社殿の周りの光景は、映画のシーンそのものでした。神社には、映画の舞台になったことにちなんで、恋みくじが設置されていました。

「耳をすませば」の聖地巡礼情報は、ネットで検索すればたくさん出てきますし、他の舞台も巡れますが、とりあえず見たかった場所は見られたので、今回の聖地巡礼はここまでとします。実際に映画に出ていないシーンでも、蔦に覆われた家屋など、街の雰囲気を感じる色々なモチーフがあって、楽しかったです。

「耳をすませば」の聖地巡礼は、昔から行ってみたいな~、と思ってきましたが、映画公開から20余年越しの実現となりました。記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


茅ヶ崎の海沿いをお散歩

だいぶ前の2017年12月18日ですが、茅ヶ崎の海沿いをお散歩してきました。元々の目的は、モーターパラグライダーのタンデム体験でしたが、1時間半ほど待っても良い風が来なくて、結局中止となりました。

茅ヶ崎駅から現場となる県立西浜駐車場入り口交差点付近までは、徒歩20分くらい。幹線道路沿いに行くと距離が伸びるので、路地を通って斜めにショートカット。

風待ちの間は、色々と雑談。モーターパラグライダーの装備一式を間近に見ると、やっぱり大きいですね。パラグライダーについては多少予備知識を入れていましたが、シューズがダイビングで使うようなゴムシューズだったのは意外でした。砂浜だからでしょうか。

前述の通り、結局飛べなかったのですが、天気自体は快晴なので、海沿いをお散歩します。真っ直ぐ伸びる海岸線が気持ちいいですね。

 

お昼時なので、外観が気になったリキリキデリに入りました。ハワイをモチーフにしたお店のようです。KONAビールのFireRock(ペールエール)と、サラダアヒポキボウルをいただきました。季節は冬でしたが、見事な晴天とお店のハワイな雰囲気から、気分は常夏です。

パラグライダーは残念でしたが、こうして茅ヶ崎散歩を楽しみました。


アイカツフレンズ!先行稼働イベントに参加

アイカツフレンズ!の本稼働日2018年04月05日に先駆けて、先行稼働イベントが川崎(2018年03月24日、25日)と大日(2018年03月31日、04月01日)でありました。川崎の方は軽く覗きに行ったのですが、その週末は別のやりたいことがあったので、あまり長居はできずに結局プレイはしていません。とりあえずフォトスポットを撮影して満足。その後、最初は自粛しようかと思っていたサイン入りアイドルカードが欲しくなり、大阪行きを決めました。

  

土曜の終了間際に入ったので、筐体は空いており、並ばずにプレイ出来ました。アイカツフレンズ!曲を遊んでみたり、ココさんによるレクチャーモードを遊んでみました。本稼働前なのでアイカツパスは使えませんが、カードは排出されるので、後日の本稼働後に使えます。

アイカツスターズ!と同じ筐体ということもあり、ソフト面でも劇的な変化はなく、アイカツスターズ!からの移行ストレスはほとんどないと思います。アイカツ!からアイカツスターズ!への移行時は変化が大きすぎて、現に自分は相当期間離れてしまいました。そういう点では、アイカツフレンズ!への移行では、既存ユーザーを維持できると思います。

そして日曜、サイン入りアイドルカードの抽選券を入手するために、朝から並びます。イオンモール大日を半周以上していそうな大行列。川崎より少ないかと予想していましたが、結果的にほぼ同じくらいの人数でした。ドキドキしながら結果を見たところ、無事当選。

自分は午後回だったので、午前回は周りで見学。MUSIC of DREAM!!!ツアーのスタッフTシャツ着た人がいる……と思って見ていたら、恐らくうっすんでした。午後回では、松永あかねさんと二ノ宮ゆいさんのお二人にそれぞれ「放送楽しみにしています」とお伝えしました。笑顔が眩しい。

進行は、司会のお姉さんがいて、各回の開始と終了時に、あかねさんとゆいさんに一言挨拶をいただく流れになります。曖昧な記憶のメモですが、何となく下記のような内容だったと思います。

  • 午前回開始
    • あかね「今日は来てくださって、ありがとうございます」
    • ゆい「今日は全力で楽しんでいきたいと思いますので、よろしくお願いします」
  • 午前回終了
    • あかね「今日はありがとうございました。まだDCDも稼働中なので、楽しんでいってください」
    • ゆい「こんなにたくさんの人に来てもらって、アイカツフレンズ!は愛されているんだな、と感じました」
  • 午後回開始
    • あかね「○○(聞き逃した)なので、大阪に来られてとても嬉しかったです」
    • ゆい「2階までこんなにたくさんの人たちに来てもらって嬉しいです」
  • 午後回終了
    • あかね「アニメの放送も始まりますので、よろしくお願いします」
    • ゆい「私のつたないコミュニケーション能力で上手く伝えられたかわかりませんが、これからもよろしくお願いいたします」

アイドルカードお渡し会は、各回150人でしたが、大体20分程度で終了です。いただいたサイン入りアイドルカードは、後日クリアハードケースに入れて、大切にしています。

  

あと、先行稼働イベントとは関係ありませんが、せっかく大阪に行ったので、アイカツ!の聖地とも言える日本橋のnamcoに行ってきました。アイカツスターズ!の巨大看板を拝み、店内は圧巻のアイカツスターズ!DCD6台が整列する光景。他にも垂れ幕やポップなど、随所にアイカツ!でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


テヅカツ!を鑑賞してきた

 

2018年03月31日、手塚治虫記念館で開催されているテヅカツ!を鑑賞してきました。アイカツ!シリーズ5周年記念企画の一環です。会期はもう少し長いのですが、ちょうど関西方面に行く動機が幾つか揃ったので、この機に行きました。

入口からアイカツスターズ!のキャラクターパネルたちが迎えてくれます。たまたま日が重なったのですが、この日はアイカツスターズ!のオーディオコメンタリー上演日なので、アイカツ!目当ての人が多いです。残念ながら、自分は抽選申込み締め切り後に知りましたので、そちらは見られません。

    

1階の常設展示を見た後、2階の企画展示へ。こちらがテヅカツ!のメインエリアになります。歴代のポスターやアニメの原画、歌唱担当の衣装、キャラクターのサイン一覧、作中のブランドやユニット紹介、グッズ類の展示があります。歴代ポスターとか、どれも懐かしいですね。他にも、全話のリストと各話で使用された楽曲リストと言ったデータ系展示や、フィッティングルームのパネル模型、スターライト学園の学生寮のいちごさんのお部屋再現展示などもあります。お部屋の再現はこれまで見たことがないので、特に新鮮でした。このように、様々な種類の展示が満遍なくあって、良いと思います。

展示エリアにはDCDも設置されていましたが、アイカツスターズ!の方は2台ともインク切れで停止中でした。みんな本気出しすぎ。アイカツ!の1台は稼働中でした。

 

一通り見終えた後は、スタンプラリーに挑戦します。地下1階から2階までの3フロアを回って、いちごさん、あかりさん、ゆめさんのスタンプを集めて、無事コンプリート。なお地下1階にもキャラクターパネルがあるので、お見逃しなく。

最後は2階のお土産コーナーで、コラボグッズであるクリアファイルと缶バッジとメイゲンステッカー、アストロボーイのゴーブルを買いました。

こうしてテヅカツ!を満喫したわけですが、展示自体はそれほど大ボリュームというわけではないので、長くても30分あれば十分に見られると思います。手塚治虫先生に関する常設展示と併せて楽しむのが良いですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


リアル脱出ゲーム「THE MUMMY ESCAPE GAME」

2018年03月21日、お誘いいただき、アジトオブスクラップ 東新宿 GUNKANにて開催された「THE MUMMY ESCAPE GAME」に参加してきました。例によってネタバレしない範囲での感想なので、色々と書きづらいですが、とりあえず結果は無事脱出です。

例によって自分はほとんど貢献できていないのですが、難易度自体はそこまで高くない印象でした。時間にもある程度余裕があって、一足飛びの閃きを要求されることもなかったかと思います。たまたま皆が閃き、詰まることがなかったからかとも思いましたが、脱出率もそれなりに高かったので、やはりそこまできつくはなかったのでしょう。コラボと言うこともあってか、オリジナルの10人制よりは難易度低めに作られていると感じました。

個人的な反省点は、見えた文字がしっくり来ないときに、既に出ている文字から残りの文字を類推しきれなかったことと、五感をフルに活用しきれなかったことでした。

その他の感想としては、最近はコナン的なアレが流行っているんですかね。後はセットも凝っているようで、レプリカとは言え借用品なのでお触り禁止なセットもあり、本格的でした。上記の写真は、撮影タイムが設けられた際のものです。