「 雑記 」一覧

適当なことを、徒然につづります。いわゆる”その他”です。

2019年1月の部分日食

2019年1月6日午前に、日本全域で部分日食を見られました。早朝かと勘違いしていたら、普通に起きている時間でしたので、撮影を試みてみました。しかし、準備が全然できていないので、食による欠けの様子は撮れませんでした。撮影機材は手元にあったTG-5です。

一応左上の部分が少し歪んでいるのが分かると思います。本当は左上から月の一部が重なっているのですが、太陽の光が強すぎて、欠けた部分を埋めてしまっています。それでも真円にはなりきれていないのが、上の写真の円の歪みとなります。

ピンホールから一瞬太陽を覗いてみると、はっきりと食による欠けが見られました。一瞬であっても目を傷めるので、何度も試せませんけど。人間の目の性能は優秀ですねえ。

天体撮影は普段やらないので、装備類は全然充実していないのですが、こうしたイベント時にはやはり欲しくなります。


2018年を振り返る

本年もお世話になりました。2018年を振り返ります。

各部門大賞

【ゲーム大賞】世界樹の迷宮X

今年の後半に結構遊んでいるので、こちらですかね。7月にサービス終了したフォトカツ!も悩みましたが、2016年に一度挙げているので、世界樹の迷宮Xの方にしました。ちまちまマッピングしながら進めていくのが楽しいです。比較的難易度は高いゲームだと思いますが、以前に4をプレイしていることで、多少慣れることができました。

【アニメ大賞】アイカツフレンズ!

アイカツシリーズは揺るぎないですね。アイカツ!からアイカツスターズ!に移った際は多少不安もあったのですが、アイカツフレンズ!は最初から手放しで受け容れることができました。これはスターズ!がアイカツ!をシリーズとして育ててくれた恩恵の部分も大きいと思っています。加えてアイカツフレンズ!自体の魅力ですね。「フレンズ」と言う設定がこんなにストーリーに上手く効いてくるとは思いませんでした。

【音楽大賞】プライド

こちらもアイカツフレンズ!からです。とにかくカッコ良くてヘビロテしたくなります。特にラストのところで、盛り上がっていく伴奏と共に歌い上げていくところが、テンション上がります。

【旅大賞】平渓天燈節

今年の後半は、FOP稼ぎを主眼に置いたため、あまり変わった場所には出かけていません。遠距離路線はFOP観点だとあまり美味しくないんですよね。結果、アジア・オセアニア路線をメインに選びました。クアラルンプールやシドニーなども楽しかったですが、一番印象深かったのは3月に行った台湾の平渓天燈節です。とても幻想的な光景と、ものすごい人混みによる混雑が、記憶に強く残っています。

【買い物大賞】TG-5

12月の駆け込み購入ですが、久しぶりにカメラを買いました。水中撮影用としては、9年ぶりの買い替えになります。もちろんハウジングも併せて購入済です。次回の水中撮影が楽しみですね。腕も必要とは言え、さすがに10年弱の技術の進歩は画質にもフィードバックされるかと期待しています。加えて、水中撮影だけではなく、スキー場や登山などのアウトドアシーンでも使っていくつもりです。と言う訳で、来年から大活躍予定。

【チャレンジ大賞】マラソン大会(10km)

ロードバイクで1日95km弱走ったり、外岩でボルダリングしたり、オカリナを買って演奏を始めてみたり、チャレンジ案件は幾つかありましたが、全体的に強く努力をして臨んだものはなかったかなあ、と言う感想です。まあ、強いて挙げるなら、初めて挑んだ10kmランですかね。

全体的な振り返り

【仕事】

プロジェクトは変わらないけれど、担当していた領域が変わっていく感じ。とにかく外因が多いプロジェクトで来年以降どう進んでいくのか、予想しにくいですね。ポジション的なものは、大きくは変わっていないです。

【自己啓発】

語学系の勉強は続けていますが、以前に比べるとだいぶ気が抜けていますね。これまで貯めた分を使い果たす前に、また勉強したいな、と思っています。

【創作】

こちらもやりたいと思いつつ、あまり出来ていません。家に篭ってあれこれ創作する時間が、以前に比べて減っていると思います。

【旅行・レジャー】

しまなみ海道をロードバイクで走ったり、外岩ボルダリングを始めたり、ダイビングも4回潜ったり、スキーで滑ったり、旅行も国内外に出かけたり、色々楽しみました。

【イベント・お出かけ】

ライブに良く出かけた1年でした。大阪や福岡など、ライブのために地方遠征したのも初めてです。リアル脱出ゲームや鎌倉散策なども、例年通りちょこちょこ行きました。

【運動】

日々の筋トレと、ジョギング、ロードバイク、ボルダリングで適度に身体を動かせているかな、と思います。全体的に亀ペースではありますが、無理なく続けていきたいです。海外マラソン大会に2回も参加するとは、年初には思っていませんでした。

月毎のイベント振り返り

【1月】

  • AIKATSU☆STARS!ライブツアーin東京
  • 大阪旅行
    • AIKATSU☆STARS!ライブツアーin大阪
  • 北鎌倉雪景色観賞
  • 地下謎2018

【2月】

  • 福岡旅行
    • AIKATSU☆STARS!ライブツアーin福岡
  • GALA湯沢でスキー
  • 鎌倉梅観賞
  • アイカツ!ミュージックフェスタinアイカツ武道館2Days

【3月】

  • 台湾旅行
  • 富士急ハイランド(アイカツ!シリーズ5周年コラボ)
  • リアル脱出ゲーム「THE MUMMY ESCAPE GAME」
  • 関西旅行

【4月】

  • グァム旅行
    • グァムマラソン(5km)
    • ダイビング
  • 旧芝離宮恩賜庭園散策
  • 映画「名探偵コナン ゼロの執行人」鑑賞
  • 高尾山登山

【5月】

  • 今治自転車旅行
  • アイカツフレンズ!ファーストツアー鑑賞
  • アイカツ!アニON蒲田
  • プリティーミュージアム
  • 丹沢大山登山

【6月】

  • 北鎌倉紫陽花観賞
  • 東京おもちゃショー2018

【7月】

  • 筑波山ロードバイクヒルクライム
  • 石垣島と西表島旅行
    • ダイビング
  • イクラ2390
  • マレーシア旅行

【8月】

  • 成田散策
  • 第32回ファミリークラシックコンサート~ドラゴンクエストの世界~
  • ピカチュウ大量発生チュウ!
  • リアル脱出ゲーム「大魔王ゾーマからの脱出」
  • 第42回流山花火大会

【9月】

  • 映画「ペンギン・ハイウェイ」鑑賞
  • アイカツ!シリーズ5thフェスティバル2Days
  • オーストラリア旅行
    • シドニーマラソン(10km)
  • 第2回イクランチ
  • リアル脱出ゲーム「アンドロイド工場からの脱出」
  • プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!東京昼公演

【10月】

  • 逗子・葉山ダイビング
  • 昭和記念公園でコスモス観賞
  • 大阪旅行
    • ミルキィホームズの最終道in大阪
    • 金剛山登山
    • 映画「プリキュアオールスターズメモリーズ」鑑賞

【11月】

  • イクラ文化祭
  • 筑波山登山
  • アイカツフレンズ!CDリリースイベント『一歩一歩ちゃんと前へ』
  • 沖縄本島旅行

【12月】

  • 歯医者通い(定期検診)
  • リアル脱出ゲーム「悪魔的大忘年会」
  • み~んなでキラッとプリティーライブ2018
  • アニメJAM2018
  • 藤子・F・不二雄ミュージアム

JMBクリスタルになりました

どこかに書きましたが、今年はJMBの修行をしています。7月のビジネスクラスでのマレーシア旅行を終えた時点で、JMBクリスタルのステータスになり、先ごろ案内が届きました。

個人的には通過点のつもりなので、あまり特典等は意識していませんでしたが、せっかくなので使えるものは使おうと、その内容を整理してみます。他にも色々な特典がありますが、自分の利用スタイルで嬉しいのは下記かと思います。

  • 専用カウンターでのチェックイン(国内線はクラスJ)
  • 国際線での優先搭乗
  • 国内線でのプライオリティバッゲージ(クラスJ)

ちなみに今年は業務出張がないので、全て自腹です。加えて、期限切れを迎えるマイルがたくさんあったので、そちらも使わねばなりません。と言うわけで、FOPの貯まらない旅行も入れたりして、なかなか旅程を捻りだすのが大変でした。そんな中、アジア・オセアニア路線のFOP1.5倍はありがたいですね。時々セールもやっているので、わりかしお得です。オーストラリアは冬場はシーズンオフのせいか、思ったより安くプレミアムエコノミーに乗れました。10時間程度のフライトでしたが苦にならず、長時間フライトではもうエコノミー席には戻れないかもしれない……

ちなみに目指しているステータスは、JGC入会が可能になるJMBサファイアです。先日のプレミアムエコノミーでのオーストラリア旅行により、あと一歩のところまで届く予定です。その後は国内線に乗って到達見込みです。最後のところはきちんと計算していないので、早めに確認しておこうと思います。


トイドローンを飛ばすのは難しい

たまに遊んでいるトイドローンですが、なかなか上手くなりません。狭すぎる室内ですと、方向がずれたらすぐに修正しなくてはならず、そこで焦って操作するとまた変に動いてしまい、結局墜落させてしまう、と言う流れを幾度となく繰り返しました。

自分が買ったのは、童友社のスコープアイで重量41gと軽いのですが、テレビやタブレットの液晶画面にぶつけるのはさすがに怖くて、近づけられません。また41gと軽量ですが、高いところから落ちるとそれなりに音はしますし、身体に当たると多少痛いです。

ちょっとネガティブに書いてしまいましたが、自分の部屋はワンルームでスペースがあまりない悪条件下です。多少ゆとりのある部屋でしたら、普通に楽しめると思います。

もともと空を楽しむ遊びとしてドローンを始めようと思ったのですが、単に操縦を楽しむ段階から次のステップへ進む場合、空撮もしくはFPVレースが一般的のようです。それぞれ軽く興味はあったのですが、空撮は結局自分が飛んでいるわけではないし、FPVレースもモニタ越しならビデオゲームで良いのでは、と思ってしまい、いまひとつモチベーションが上がりきりませんでした。

なお、空撮用の高級機は操縦の補助機能が充実しており、トイドローンより操作しやすそうで気にはなりましたが、実際の空撮は200g未満でも法や条例等の規制が色々面倒そうです。いくつかある屋外のレンタルスペースなら安心して利用出来そうではありますが。

色々考えたところ、空を楽しむのは、旅客機から窓の外の景色を眺めるのが一番良いのでは、と言う結論に至りました。やっぱり空と言えば雲の上ですし!

トイドローンの操縦自体は面白いので、オモチャとして時々遊んでいきたいなあ、と思います。自分の操縦でドローンが宙を飛ぶ、と言うのは、単純にそれだけで楽しいのです。でも部屋を整理して、うまくスペースを作らないと、快適な練習は出来なさそうです。


パラグライダーを始めたかったけど断念

海はスキューバダイビング、陸はいろいろ、後は空の遊びも何かやりたいな、と思って調べた結果、一番敷居が低いと言われているのが、パラグライダーでした。そこで詳しく調べてみたのですが、存外ハードルが高く、こりゃ無理だ、と言う結論に至りました。

まず、一人で飛べるようになるまで、通常1年以上掛かります。車の免許以上に厳しいですね。根詰めれば3か月程度でも取れるらしいですが、会社勤めしている身分では難しいです。地上や水中と違い、上級者が間近でフォローできないので、取得までの道程が厳しいことは納得です。事故が起きた場合、第三者を巻き込むリスクも高いですし。

そして上記にも絡みますが、基本的にスクールに長期間所属するので、ライセンス取得後も基本的にそこへ所属する形になるようです。毎回ビジターで各所を転々としているようなフライヤーはいなさそうでした。気楽にやりたい身としては、重荷に感じます。

ギア一式についても、わりと早い段階で揃える必要があります。スキューバダイビングのようにライセンス取得後にギアをレンタルする制度はありません。講習中に50万円以上するギア一式を揃えるのは、なかなか勇気の要ることだと思います。

そしてスクールの場所が基本的に山間部となり、南関東沿岸部に住んでいる身としては、至近でも片道2時間程度掛かってしまいます。長期間通うことを考えると、厳しいですね。

最後に、パラグライダー自体がとても自然に左右されるスポーツであることです。雨雪が少しでも降ったら無理で、風がなくても逆に強風でも無理で、さらに程よい強さの風であっても風向きが合わないと無理だったりします。良い風が来るのを丸一日待ち続けて、結局飛べない日とかもあるようで、なかなか気長さを要求されます。

以上のことから、中途半端な気持ちで手を出してしまうと大変だ、という判断です。一方で、それでも飛びたいと思わせるような魅力が空にはあるでしょうし、お金と時間さえあればなあ、と思いました。

と言うわけで、パラグライダーはいつかタンデム体験で飛べれば良いかなあ、と思っています。以前に茅ヶ崎へ飛びに行った際は、良い風が来なくて飛べず終いでした。前述の通り、自然にとても左右されるスポーツのため、パラグライダーだけを目的にすると、飛べなかった時に困ってしまうので、上手く合わせ技のプランを考えないとですね。