「 雑記 」一覧

適当なことを、徒然につづります。いわゆる”その他”です。

JMB Sapphireを達成してJAL Global Clubに入会しました

以前にCrystal達成の記事を書きましたが、その後予定通りにFOPを貯めて、無事2018年中に50,000FOPを達成し、JMB Sapphireステータスを取得しました。通常エリートステータスは達成の翌年度末が有効期限ですが、JAL Global Club(JGC)に入会すると、Sapphire相当のサービス(一部ダウングレードあり)を、半永久的に受けることが出来ます(2019年6月現在)。JGCへの入会は、エリートステータスが有効な間に行なう必要があるので、忘れないうちに入会を済ませました。入会資格を得た時点で満足して、入会を忘れないように要注意ですね。

Sapphireステータスによるメリットの感想

Sapphireステータス達成以降、何回か飛行機を使っていますので、その恩恵について、感想を書いてみます。

  • ラウンジを利用できる
    • もともと搭乗口で待つのを苦に感じることはなかったのですが、1回ラウンジの快適さに慣れてしまうと、癖になります。国内線の場合、食事の種類は少なく、ビールが目玉的なところはありますが、ゆったりとした空間で飛行機を待つのは、贅沢な気分で心地よいです。
  • 預入手荷物を優先的に預けられる
    • 預入手荷物がある場合は、これが一番うれしいかもしれません。一般の窓口に100人以上並んでいるような場合も、JGC専用カウンターで、あっという間に荷物をチェックインできます。
    • さらに到着時にも優先的に荷物が出てくるので、待ち時間が少ないです。
  • 優先レーンを使える
    • あまり活用したことがないのですが、混雑時はありがたいと思います。那覇空港で使おうと思ったら、そこは上級ステータス限定でした。
  • 優先搭乗を利用できる
    • これも結構うれしいです。座席上の荷物入れを確実に確保できるからです。後から入ると、空きがないことがありますよねえ。やたらデカいキャリーケース持ち込む人何なんだろう。
  • 航空券を優先予約できる
    • 早速今年の前半分売り出しのタイミングで使ってみましたが、こちらはそこまでのメリットは感じられていません。全国レベルで見れば、同様の権利を持つ人がたくさんいるので、誰もが欲しがる人気の航空券は、わりとすぐに捌けてしまうようです。

なお、特典の内容は、上記以外にもあります。自分は旅行が好きで、飛行機もそれなりに搭乗するので、エリートステータスを取得できて良かったです。エリートステータスを取得すると、その期間はボーナスマイルがつくので、マイルがどんどん貯まりますね。修行時代もFOPのためにマイル利用の特典航空券は使わないので、達成の翌年度末まで、マイル富豪になれます。

JALエリートステータス取得に向けたアドバイス

ちなみに、エリートステータスの取得ですが、もし目指すならば、ある程度調べたほうが良いです。詳しい情報は専門のサイトがあるので、Web検索して覗いてください。ここでは、取得に至るまでの、個人のざっくりとした感想を書きます。

まず、利用する路線やクラスによって、効率がだいぶ違います。最初は、長距離路線に高頻度で乗ればいいのかな、と言ったふうに漠然と考えていましたが、これはものすごいコストが掛かります。コストとは、お金と時間の両方です。個人的にお勧めなのは、FOP1.5倍となる路線のうち、東南アジアかオーストラリアのビジネスクラスorプレミアムエコノミーですね。当然エコノミークラスに比べて1回の旅費は高いのですが、FOP単価で考えればおいしいはずです。この辺の路線は時々キャンペーンをしているので、チェックしてみると良いと思います。

修行サイトでは、OKA-SINと言ったまさに修行のような旅程が載っていますが、さすがにそこまでしたくないので、やっていません。それよりかは、東南アジアやオーストラリアに、上級クラスで3回程度旅行に出かけて達成した方が、色々充実すると思います。


2019年1月の部分日食

2019年1月6日午前に、日本全域で部分日食を見られました。早朝かと勘違いしていたら、普通に起きている時間でしたので、撮影を試みてみました。しかし、準備が全然できていないので、食による欠けの様子は撮れませんでした。撮影機材は手元にあったTG-5です。

一応左上の部分が少し歪んでいるのが分かると思います。本当は左上から月の一部が重なっているのですが、太陽の光が強すぎて、欠けた部分を埋めてしまっています。それでも真円にはなりきれていないのが、上の写真の円の歪みとなります。

ピンホールから一瞬太陽を覗いてみると、はっきりと食による欠けが見られました。一瞬であっても目を傷めるので、何度も試せませんけど。人間の目の性能は優秀ですねえ。

天体撮影は普段やらないので、装備類は全然充実していないのですが、こうしたイベント時にはやはり欲しくなります。


2018年を振り返る

本年もお世話になりました。2018年を振り返ります。

各部門大賞

【ゲーム大賞】世界樹の迷宮X

今年の後半に結構遊んでいるので、こちらですかね。7月にサービス終了したフォトカツ!も悩みましたが、2016年に一度挙げているので、世界樹の迷宮Xの方にしました。ちまちまマッピングしながら進めていくのが楽しいです。比較的難易度は高いゲームだと思いますが、以前に4をプレイしていることで、多少慣れることができました。

【アニメ大賞】アイカツフレンズ!

アイカツシリーズは揺るぎないですね。アイカツ!からアイカツスターズ!に移った際は多少不安もあったのですが、アイカツフレンズ!は最初から手放しで受け容れることができました。これはスターズ!がアイカツ!をシリーズとして育ててくれた恩恵の部分も大きいと思っています。加えてアイカツフレンズ!自体の魅力ですね。「フレンズ」と言う設定がこんなにストーリーに上手く効いてくるとは思いませんでした。

【音楽大賞】プライド

こちらもアイカツフレンズ!からです。とにかくカッコ良くてヘビロテしたくなります。特にラストのところで、盛り上がっていく伴奏と共に歌い上げていくところが、テンション上がります。

【旅大賞】平渓天燈節

今年の後半は、FOP稼ぎを主眼に置いたため、あまり変わった場所には出かけていません。遠距離路線はFOP観点だとあまり美味しくないんですよね。結果、アジア・オセアニア路線をメインに選びました。クアラルンプールやシドニーなども楽しかったですが、一番印象深かったのは3月に行った台湾の平渓天燈節です。とても幻想的な光景と、ものすごい人混みによる混雑が、記憶に強く残っています。

【買い物大賞】TG-5

12月の駆け込み購入ですが、久しぶりにカメラを買いました。水中撮影用としては、9年ぶりの買い替えになります。もちろんハウジングも併せて購入済です。次回の水中撮影が楽しみですね。腕も必要とは言え、さすがに10年弱の技術の進歩は画質にもフィードバックされるかと期待しています。加えて、水中撮影だけではなく、スキー場や登山などのアウトドアシーンでも使っていくつもりです。と言う訳で、来年から大活躍予定。

【チャレンジ大賞】マラソン大会(10km)

ロードバイクで1日95km弱走ったり、外岩でボルダリングしたり、オカリナを買って演奏を始めてみたり、チャレンジ案件は幾つかありましたが、全体的に強く努力をして臨んだものはなかったかなあ、と言う感想です。まあ、強いて挙げるなら、初めて挑んだ10kmランですかね。

全体的な振り返り

【仕事】

プロジェクトは変わらないけれど、担当していた領域が変わっていく感じ。とにかく外因が多いプロジェクトで来年以降どう進んでいくのか、予想しにくいですね。ポジション的なものは、大きくは変わっていないです。

【自己啓発】

語学系の勉強は続けていますが、以前に比べるとだいぶ気が抜けていますね。これまで貯めた分を使い果たす前に、また勉強したいな、と思っています。

【創作】

こちらもやりたいと思いつつ、あまり出来ていません。家に篭ってあれこれ創作する時間が、以前に比べて減っていると思います。

【旅行・レジャー】

しまなみ海道をロードバイクで走ったり、外岩ボルダリングを始めたり、ダイビングも4回潜ったり、スキーで滑ったり、旅行も国内外に出かけたり、色々楽しみました。

【イベント・お出かけ】

ライブに良く出かけた1年でした。大阪や福岡など、ライブのために地方遠征したのも初めてです。リアル脱出ゲームや鎌倉散策なども、例年通りちょこちょこ行きました。

【運動】

日々の筋トレと、ジョギング、ロードバイク、ボルダリングで適度に身体を動かせているかな、と思います。全体的に亀ペースではありますが、無理なく続けていきたいです。海外マラソン大会に2回も参加するとは、年初には思っていませんでした。

月毎のイベント振り返り

【1月】

  • AIKATSU☆STARS!ライブツアーin東京
  • 大阪旅行
    • AIKATSU☆STARS!ライブツアーin大阪
  • 北鎌倉雪景色観賞
  • 地下謎2018

【2月】

  • 福岡旅行
    • AIKATSU☆STARS!ライブツアーin福岡
  • GALA湯沢でスキー
  • 鎌倉梅観賞
  • アイカツ!ミュージックフェスタinアイカツ武道館2Days

【3月】

  • 台湾旅行
  • 富士急ハイランド(アイカツ!シリーズ5周年コラボ)
  • リアル脱出ゲーム「THE MUMMY ESCAPE GAME」
  • 関西旅行

【4月】

  • グァム旅行
    • グァムマラソン(5km)
    • ダイビング
  • 旧芝離宮恩賜庭園散策
  • 映画「名探偵コナン ゼロの執行人」鑑賞
  • 高尾山登山

【5月】

  • 今治自転車旅行
  • アイカツフレンズ!ファーストツアー鑑賞
  • アイカツ!アニON蒲田
  • プリティーミュージアム
  • 丹沢大山登山

【6月】

  • 北鎌倉紫陽花観賞
  • 東京おもちゃショー2018

【7月】

  • 筑波山ロードバイクヒルクライム
  • 石垣島と西表島旅行
    • ダイビング
  • イクラ2390
  • マレーシア旅行

【8月】

  • 成田散策
  • 第32回ファミリークラシックコンサート~ドラゴンクエストの世界~
  • ピカチュウ大量発生チュウ!
  • リアル脱出ゲーム「大魔王ゾーマからの脱出」
  • 第42回流山花火大会

【9月】

  • 映画「ペンギン・ハイウェイ」鑑賞
  • アイカツ!シリーズ5thフェスティバル2Days
  • オーストラリア旅行
    • シドニーマラソン(10km)
  • 第2回イクランチ
  • リアル脱出ゲーム「アンドロイド工場からの脱出」
  • プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!東京昼公演

【10月】

  • 逗子・葉山ダイビング
  • 昭和記念公園でコスモス観賞
  • 大阪旅行
    • ミルキィホームズの最終道in大阪
    • 金剛山登山
    • 映画「プリキュアオールスターズメモリーズ」鑑賞

【11月】

  • イクラ文化祭
  • 筑波山登山
  • アイカツフレンズ!CDリリースイベント『一歩一歩ちゃんと前へ』
  • 沖縄本島旅行

【12月】

  • 歯医者通い(定期検診)
  • リアル脱出ゲーム「悪魔的大忘年会」
  • み~んなでキラッとプリティーライブ2018
  • アニメJAM2018
  • 藤子・F・不二雄ミュージアム

JMBクリスタルになりました

どこかに書きましたが、今年はJMBの修行をしています。7月のビジネスクラスでのマレーシア旅行を終えた時点で、JMBクリスタルのステータスになり、先ごろ案内が届きました。

個人的には通過点のつもりなので、あまり特典等は意識していませんでしたが、せっかくなので使えるものは使おうと、その内容を整理してみます。他にも色々な特典がありますが、自分の利用スタイルで嬉しいのは下記かと思います。

  • 専用カウンターでのチェックイン(国内線はクラスJ)
  • 国際線での優先搭乗
  • 国内線でのプライオリティバッゲージ(クラスJ)

ちなみに今年は業務出張がないので、全て自腹です。加えて、期限切れを迎えるマイルがたくさんあったので、そちらも使わねばなりません。と言うわけで、FOPの貯まらない旅行も入れたりして、なかなか旅程を捻りだすのが大変でした。そんな中、アジア・オセアニア路線のFOP1.5倍はありがたいですね。時々セールもやっているので、わりかしお得です。オーストラリアは冬場はシーズンオフのせいか、思ったより安くプレミアムエコノミーに乗れました。10時間程度のフライトでしたが苦にならず、長時間フライトではもうエコノミー席には戻れないかもしれない……

ちなみに目指しているステータスは、JGC入会が可能になるJMBサファイアです。先日のプレミアムエコノミーでのオーストラリア旅行により、あと一歩のところまで届く予定です。その後は国内線に乗って到達見込みです。最後のところはきちんと計算していないので、早めに確認しておこうと思います。


トイドローンを飛ばすのは難しい

たまに遊んでいるトイドローンですが、なかなか上手くなりません。狭すぎる室内ですと、方向がずれたらすぐに修正しなくてはならず、そこで焦って操作するとまた変に動いてしまい、結局墜落させてしまう、と言う流れを幾度となく繰り返しました。

自分が買ったのは、童友社のスコープアイで重量41gと軽いのですが、テレビやタブレットの液晶画面にぶつけるのはさすがに怖くて、近づけられません。また41gと軽量ですが、高いところから落ちるとそれなりに音はしますし、身体に当たると多少痛いです。

ちょっとネガティブに書いてしまいましたが、自分の部屋はワンルームでスペースがあまりない悪条件下です。多少ゆとりのある部屋でしたら、普通に楽しめると思います。

もともと空を楽しむ遊びとしてドローンを始めようと思ったのですが、単に操縦を楽しむ段階から次のステップへ進む場合、空撮もしくはFPVレースが一般的のようです。それぞれ軽く興味はあったのですが、空撮は結局自分が飛んでいるわけではないし、FPVレースもモニタ越しならビデオゲームで良いのでは、と思ってしまい、いまひとつモチベーションが上がりきりませんでした。

なお、空撮用の高級機は操縦の補助機能が充実しており、トイドローンより操作しやすそうで気にはなりましたが、実際の空撮は200g未満でも法や条例等の規制が色々面倒そうです。いくつかある屋外のレンタルスペースなら安心して利用出来そうではありますが。

色々考えたところ、空を楽しむのは、旅客機から窓の外の景色を眺めるのが一番良いのでは、と言う結論に至りました。やっぱり空と言えば雲の上ですし!

トイドローンの操縦自体は面白いので、オモチャとして時々遊んでいきたいなあ、と思います。自分の操縦でドローンが宙を飛ぶ、と言うのは、単純にそれだけで楽しいのです。でも部屋を整理して、うまくスペースを作らないと、快適な練習は出来なさそうです。