「 自転車 」一覧

ロードバイクの乗車記録や、整備ネタ

菜の花と桜の江戸川CR~2017

2017年4月10日、休日出勤の代休としたこの日に、江戸川CRを走ってきました。本当は日曜日に走りたかったのですが、あいにくの雨模様でしたので、晴れ間の覗く月曜の午前中としました。

江戸川CRは菜の花が一面に咲いていて、土手を黄色く染めています。菜の花の香りも広がっています。空気は若干ひんやりしていますが、太陽が見えているので、そこそこ暖かいです。風もほとんどなくて、走りやすいですね。ただ小さな羽虫が舞っていたので、少し服に引っ付きました。

運河河口公園に着くと、桜が満開でした。運河越しに見ると全体が見えてきれいです。運河のほうへ出たついでに、運河沿いに走らせることにしました。しかし、ここは路面の目が粗いせいで、ロードバイクではとても走りづらいです。スピードを出させないための対策でしょうが、振動がダイレクトに伝わるので、かなりゆっくりと走る必要があります。

少し走って、ファンケルの建物前に行くと、きれいな桜並木がありました。少しお花見したら、ここで折り返します。このまま進んでも走りづらいですし。

復路は何故かあまり羽虫が気になりません。一面の菜の花を楽しみつつ、帰宅の途へつきました。午後には曇ってきたので、ちょうどよいタイミングで走れたと思います。

今日の走行データは、以下の通りです。

走行距離 13.90km
平均速度 17.8km/h
最高速度 31.6km/h
走行時間 00:46:56
累計距離 1415.9km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


2017年江戸川CR走り初め

2017年01月02日、昨年の暮れに壊れてしまったヘルメットを新調するために、サイクルショップへ出かけてきました。ロードバイクで出かけようとも思いましたが、正月休みで時間もありましたし、荷物が増えるので、電車で行きました。

店に入って、ヘルメットを品定め。最初は9,000円のヘルメットにしようかと思いましたが、試着するとフィット感がいまいち。対して、隣にあった13,000円のものは、フィット感が良かったです。5,000円の差は小さくありませんが、今後長く使うことを考えて、ケチらずに13,000円のものを購入しました。色は銀と赤になります。あまり色にこだわりはありませんが、新調するからには、以前とは違う配色にしたいな、ということで選びました。

そして翌日、江戸川CRを走り初めしてきました。前日は晴れていたものの雲が多かったのですが、この日は見事な青空でした。ただし、北風が結構強くて、河川敷を走るのは大変でした。往路は北方向なので、最初から足が疲れてしまい、運河河口公園で折り返すコースとなりました。

しかし、風が強いという点を除けば、空模様も良く気温も小春日和で、とても好条件でした。帰りは追い風なので、気持ちよく疾走します。人や自転車が完全に捌けたシーンでは、全力で漕いで、40km/h近くまで出してみました。ただ、やっぱりこの辺まで速度を出すと、少しバランスが悪くなって怖いですね。30km/hくらいの巡行が一番気持ちいいです。河川敷では、凧揚げをしている人たちがいて、正月らしさも感じられました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 12.83km
平均速度 19.4km/h
最高速度 39.8km/h
走行時間 00:39:37
累計距離 1402.0km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


初冬の江戸川CR~2016

輪行に出掛けて以来、そのままにしていたロードバイクを、洗浄しました。雨の中走っていたので、タイヤ周りがひどく汚れていますね。あと、最寄り駅に戻って組み上げてから、走行中の異音が気になっていたのですが、前輪後輪のギア比が開きすぎて、擦れていたのが原因のようです。

翌日、2016年12月18日、いつもの江戸川CRを走ります。最近は運河河口公園まで行って折り返すことが多いのですが、今日は久しぶりに玉葉橋を渡って、埼玉側も走ってきました。流山橋まで下ったら、再び千葉側へ戻ってきての一周コース。昔は定番コースでしたが、最近は時間や体調を理由に短縮コースが多かったので、久しぶりでした。

天気は、雲が多いけど晴れ。前日の方がすっきりとした晴天でしたが、逆にこの日の方が温かいです。風はほとんどありませんでしたが、南に走る方が楽でしたので、緩く北風が吹いていたのだと思います。土手には気の早い菜の花が咲いていたりしましたが、基本的には茶色い枯草がメインです。玉葉橋からは、土手に生えるススキが太陽に照るのが見えて、きれいでした。

ひとつ残念なのが、千葉側の一部区間で、自転車の走行できる路線が制限されたことです。土手の見える一番高いところは散策路として整備するようで、自転車はひとつ下の道を走る必要があります。狭いし、路面状態も若干微妙だし、眺望も良くないし、ただ残念の一言に尽きます。まあ、常磐自動車道のところまで我慢すれば良いか……

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 19.76km
平均速度 20.4km/h
最高速度 33.5km/h
走行時間 00:58:09
累計距離 1389.2km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


霞ケ浦輪行

2016年9月24日、茨城県霞ケ浦を目指して輪行してきました。霞ケ浦を目指すのなら、土浦駅が最寄りなのですが、路線の関係上つくば駅から出発するルートにしました。当日の天気予報は当初の曇りから雨に変わり、芳しくありません。翌日は晴れ予報だったので、そちらの日程にしたかったのですが、次の日いきなり仕事は辛いので、雨予報の中を強行です。

ロードバイクを輪行袋にパッキングして、TXでつくば駅まで向かいます。昼間のTXはさほど混雑しておらず、先頭末尾にスペースがあるので、輪行には便利ですね。つくば駅に着いたら、コンビニで昼食を買い、ロードバイクを組み立てて、いざ出発です。

天気は曇りで、まだ雨は降っていません。スマホでGoogle Mapsを見ながら、霞ケ浦を目指します。幹線道路は避けて、ひとつ奥に入った道を進んでいきます。田園が広がったりしていますが、車の量もそこそこあるので、あまりのどかな田舎という雰囲気ではないですね。堆肥の臭いがきつくて、思わず鼻を抑えたくなるような場所もありました。

桜川に沿って霞ケ浦を目指していきます。目的が霞ケ浦の周りを走ることなので、霞ケ浦までの道程は長く感じてしまいますね。街中なので思うようにスピードを出せず、予想以上に時間が掛かります。それでも何とか土浦駅前までたどり着き、霞ケ浦まであと一歩のところにやって来ました。

すると、ここで懸念していた雨が降り始めました。最初は小雨がぱらつく程度でしたが、次第にそこそこの雨になってきました。河川事務所傍の水門で雨宿り。屋根はないけど、何故か雨に濡れないスポットです。

その後小康状態になったのを見計らって少し走るものの、再び雨が強くなってきました。仕方なく、霞ケ浦総合公園にある東屋で雨宿り。ついでに昼食用に買ったランチパックを食べます。雨はなかなか弱くなりません。せっかく霞ケ浦までたどり着いたのに走れないもどかしさ。

完全に止むのは夕方以降なので、弱くなったタイミングを見て、出発しました。一気に走り出す前に、まずは公園内の風車を見に行きます。湖岸ののどかな感じが良いですね。青空だったらもっと映えていただろうなあ、と思いました。

さて、いざ湖岸に沿って、走ります。さすがに日本で二番目に大きい湖、海のようにも見えます。さすがに対岸は少し見えちゃいますけど。葦が茂っていたり、ボートが沈んでいたり、湖岸の景色も楽しいです。水鳥もたくさんいますが、警戒網が厳しく、写真が撮れそうな位置まで近づくと、逃げられてしまいます。

湖岸沿いの道は気持ちいいのですが、ずっと走れるわけではなく、時々迂回する必要があります。最初の迂回ポイントは、陸上自衛隊土浦駐屯地になります。花室川に沿って、一旦国道125号線に出ます。花室川では、雨具を着た太公望がたくさんいました。釣りもいつかはやってみたい趣味ですねえ。

その後は予科練平和記念館の前のサイクリングロードを抜けて、再び湖岸沿いに戻ります。広がる蓮根畑を見て、茨城県が生産量日本一だったことを思い出しました。雨で路面もだいぶ濡れてきたので、気をつけながら走ります。道自体はきちんと舗装されていて、走りやすいです。

途中、赤茶色の謎の巨大装置が目に飛び込んできました。湖から水を汲んでいるのか、何のための機械なのか、さっぱり分かりません。それから小さなお社を見遣りつつ、さらに進んでいくと、防衛省技術研究本部土浦支所が見えてきました。再び迂回の必要があります。

時計を見るとそこそこの時間ですし、つくば駅まで戻る時間を鑑みて、ここで折り返すことにしました。しばらく進んでいると、再び雨が強くなってきたので、霞ケ浦総合公園の東屋で雨宿り。身体が濡れて日も落ちてきたので、ちょっと寒く、風邪を引きそうでした。

17時を周り、チャイムの音が街に響きます。雨もだいぶ弱まってきたので、いざ出発。帰りは往路とは別のルートで帰ります。国道125号線で冨士崎町交差点を目指します。国道125号線は、交通量が多いわりに歩道が狭くて路面状況も悪いです。当然路側帯も狭いので、走るのにとても神経を使います。

冨士崎町交差点に出たら、そこから県道123号線に入ります。二股に分かれるところを直進して、県道24号線に合流しました。県道24号線に入ると、歩道も路側帯も広くて、とても走りやすいです。遠くの空を見遣ると、ほのかに赤く焼けています。明日は晴れそうですね。

やがて辺りは完全に真っ暗になりました。一応CATS EYEのLEDライトは搭載しているのですが、光量は多くないので、狭い範囲をうっすらとしか照らせません。通行する車のヘッドライトにかなり助けられました。街灯がまったくない区間もあり、路面も多少悪くなっていたので、足元がまったく見えない恐怖は大きいです。且つ雨の中を走行してきたことで、タイヤもだいぶスリップしやすくなっており、なかなか気を遣う走行でした。

もっと光量の出る自転車用のライトってあるんですかねえ。知らない土地での夜間走行時には、現行のライトだと心細いです。

つくば駅に着いたら、ロードバイクをパッキングします。雨の中色々走ってきたので、だいぶ汚れていますね。手持ちのポケットティッシュで、草などの大きなゴミを取り除きます。前に注した油が流れていることもあり、手が結構汚れてしまいました。

その後はTXで最寄り駅まで帰り、今回の輪行は完了です。ただ、前に修理してもらい、解消したはずの異音が、再び鳴り始めました。パッキングのために分解・組み立てしたことが影響していそうですが、後日状態を確認しようと思います。あと、LEDライトの電池が切れたようで新しいものに交換したのですが、その後すぐに点灯しなくなり再度別の電池に交換しました。こちらもLEDライト側に問題がないか、気になるところです。

今回の走行データは以下の通りです。霞ケ浦周りをあまり走れなかったので、それほど走った実感はなかったのですが、そこそこ走っていますね。次回の輪行では、天気に恵まれると良いな。

走行距離 41.00km
平均速度 13.1km/h
最高速度 33.5km/h
走行時間 03:07:23
累計距離 1369.4km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧下さい。


夏の江戸川CR2016

2016年7月30日、江戸川CRを走ってきました。しかし、いざ走ろうと思ったら、タイヤがパンクしていたので、まずは修理です。空気の抜け道を見ながら、パンクした箇所を探ります。すると、縦に亀裂が幾つか入った部分のひとつから、空気が漏れていました。前回のタイヤ交換時のミスを疑いましたが、経年劣化っぽい感じですね。前回チューブ交換したのが前輪か後輪か覚えていなかったので、分からなかったのです。

チューブ交換を終えたら、いざ江戸川CRへ出発です。コースはいつもの運河河口公園までの往復です。元気よく成長した草の丈が高くなり、ちょっとした壁のようになっています。そこをロードバイクでスーッと走り抜けるのは、なかなか気持ちいいですね。思わずスマホで走行中の動画を撮ってしまいました。

新川耕地の水田も青々としていて、夏を感じますね。陽射しも出ていて暑かったですが、時折川からひんやりした空気が入ってきて、気持ち良かったです。

運河河口公園のベンチで木陰に入り、少し休憩。それから復路へ出発です。江戸川の水面に映る青空や、土手沿いに咲く野アザミがきれいでした。

今回の走行データは、以下の通りです。最高速度は94.0km/hとなっており、異常値なので省きます。自転車倒した時かもしれません。

走行距離 13.92km
平均速度 17.7km/h
最高速度 –.-km/h(異常値)
走行時間 00:47:04
累計距離 1328.4km

記事に載せられなかった写真は、こちらをご覧ください。