「 自転車 」一覧

ロードバイクの乗車記録や、整備ネタ

青空と菜の花の江戸川CR2020

2020年03月15日、前週に引き続き、江戸川CRを走ってきました。前週は曇天でしたが、今週は青空が広がる気持ちの良いお天気。

   

千葉県側を北へ進んで、常磐自動車道を過ぎたところで、下側に移動します。やはり真横に菜の花の壁があったほうが、菜の花の中を走っている気分が増します。そんな菜の花の足元を見ると、オオイヌノフグリが小さな花を咲かせていて、可愛らしいです。そのまま玉葉橋まで走り、橋を渡って埼玉県側へ移動しました。

  

埼玉県側も菜の花が咲いていてきれいです。常磐自動車道を抜けて南に出たあたりが、ずっと先まで一面の菜の花畑が広がっており、絶景でした。ちょうど菜の花畑に雲の影が落ちてしまっていたので、雲が晴れるまで粘って撮影。

その後は流山橋を渡って千葉県側に戻りました。流山橋から少し北へ行ったところに小さな花壇があるのですが、色々ときれいな花が咲いていて、目を楽しませてくれます。

前述の通り、とても気持ちの良いお天気で、散歩している人も多かったです。急に暖かくなったためか、羽虫が多くて走りづらい区間もありましたが、概ね快適に走ることができました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 20.09km
平均速度 13.1km/h
平均移動速度 19.8km/h
最高速度 37.0km/h
走行時間 01:32:07
移動時間 01:00:53
平均心拍数 132bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


雨上がりの菜の花の江戸川CR2020

2020年03月08日、昼前まで雨が降っていましたが、何とか上がってくれたので、軽く江戸川CRを走ってきました。3月上旬ということで、そろそろ菜の花も咲き始めていると思い、そちらを楽しみに出かけました。

コースは千葉県側を北上して、利根運河で折り返すルート。早めに切り上げたかったので、一番短いルートにしました。

 

常磐自動車道の手前までの菜の花畑が例年に比べて寂しいですが、その先の菜の花は例年通りに咲いていてひと安心。ほぼ満開に近いですが、八分咲きといったところでしょうか。曇天なのでせっかくの菜の花もいまひとつ映えきりませんが、雨が上がったばかりなので、人や自転車の往来はほとんどなく、快走できました。ただ、北風が少々しんどかったです。

 

利根運河土手の菜の花がたくさん咲いていたので、一旦下におりて撮影。そして帰り道は江戸川CRの下側の道を走行しました。こちらですと、菜の花が目線より高くなるのです。途中で猫にも遭いました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 12.95km
平均速度 13.3km/h
平均移動速度 18.9km/h
最高速度 31.5km/h
走行時間 00:58:18
移動時間 00:41:10
平均心拍数 122bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


佐原へ輪行

2020年02月23日、佐原へ輪行してきました。もともと館山あたりを想定していましたが、距離が長いうえ電車の乗り継ぎが多いので、断念。そこでB.B.Baseの行き先にも名を連ねている佐原が目に留まりました。ロードバイクを置いている実家からの便も良さそうなので、こちらを行き先に決めました。

しかし輪行は実に久しぶりです。恐らく2016年の霞ヶ浦輪行以来でしょうか。予備用に買った輪行袋の出る幕が全然訪れません^^;

   

まずは我孫子駅まで自走します。正月に手賀沼まで走っているので、だいたい同じようなルートで進みます。大堀川サイクリングロードまでの合流ルートを改善して、おおたかの森駅前を経由しないルートを開拓。手賀沼の手前で大堀川サイクリングロードを抜けて、手賀沼の北側を走ります。大堀川サイクリングロードでは、河津桜の咲いている箇所があって、きれいでした。途中北柏駅前を通り、常磐線に沿うように走りたかったのですが、ちょうど良い道がないので、住宅街や畑の道をジグザグ通り、ようやく我孫子駅前に着きました。

我孫子駅前で、輪行のパッキングをします。風が強い日でしたので、結構大変でした。輪行袋を肩に担いで、成田線の発車するホームに下ります。弥生軒に惹かれますが、ぐっとこらえて電車に乗車します。

 

電車は空いています。のどかな沿線の景色を楽しみつつ、安食駅で下車。駅前でロードバイクを組み立てます。久しぶりの輪行でしたので、リアギアを小径側に倒さずに外してしまい、組み立て時にちと苦労しました。

安食駅から街中を北へ走り、利根川サイクリングロードに合流します。どこまでも真っ直ぐ伸びるサイクリングロード。天気も快晴で、実に気持ちの良い光景です。

しかし、風が強いので、修行要素が増します。完全な向かい風にはならないのですが、横から煽られることが多いので、結構神経を使います。たまに追い風気味になるときは、ラッキーでした。この強風を活かして、空ではトンビが滑空している姿を、多く見かけます。気温自体はこの時期にしては高めの13度で、上着なしでも良いかなあ、と思っていましたが、風を浴びると存外冷えたので、防寒してきて正解でした。

ひたすら漕ぎ続けて、長豊橋や常総大橋など、いくつかの大きな橋を通り過ぎていきます。サイクリングロードはとても快適に走れるのですが、根木名川の水門など一部の区間で車道と合流する箇所があるので、要注意です。

 

昼食は佐原に着いてから食べるつもりでしたが、お昼をだいぶ過ぎてしまい、お腹が空いてきたこともあり、ちょうど見かけた道の駅発酵の里こうざきで、休憩することにしました。名前の通り、発酵製品を売る売店やレストランがあります。昼食は、こちらのレストランオリゼにて、米糀味噌で漬け込んだトンテキ定食をいただきました。とても柔らかくてまいう~。お代わり自由ということに、食べ終わってから気づきました。まあ、あまりたくさん食べても走れなくなるので、良しとします。

さて、目的地である佐原までは、あと10kmちょいありますので、再び利根川サイクリングロードを走ります。とても楽に長距離を走れるのですが、川沿いのサイクリングロードは景色が単調なので、少し飽きてきますね。それでも普段走っていない場所を走るのは、楽しいです。

右手に菜の花畑が見えてきたら、もうすぐ佐原に到着です。目指す場所は歴史地区なので、小野川との合流地点まで進みます。合流地点の水面では、たくさんの水鳥たちが羽を休めています。そんな景色を見遣りつつ、土手から下りたら、小野川に沿って南へ進みます。

   

進むにつれて、沿川の様子が徐々に雰囲気を帯びてきます。アスファルトから石畳になったあたりで、人も増えてきたので、ロードバイクから下りて押して移動します。蔵や伊能忠敬旧宅など、歴史ある建築物が軒を連ねます。ちょうどじゃあじゃあ橋から水が落ちている時間帯でしたが、写真を撮り損ねたので次の回まで待つことにしました。周辺をぶらぶら走って17時手前に戻り、無事じゃあじゃあする写真を撮影。

それから佐原駅まで走って、ロードバイクを輪行袋にパッキングします。17時50分発の成田線で成田駅まで移動し、乗り換えて我孫子まで移動します。成田以東は直通していないから、乗り継ぎで時間かかるんですよねえ。

我孫子に着いたら、始発の常磐線各駅停車に乗車。成田線到着と同じホームの快速も、問題なく乗れそうな混み具合でしたが、大事をとって始発を選びました。柏で下車した後は、同じく始発の東武アーバンパークラインで流山おおたかの森へ移動し、つくばエクスプレスで最寄駅にて下車。

すっかり暗くなっていたのでLEDライトを点灯しようとしたら、電池切れ。幸い駅前にコンビニがあったので、そちらで調達しました。

なお、往路は我孫子まで自走しましたが、慣れない道を夜間長距離走るのは不安でしたので、復路は電車を使いました。

今回の走行データは、以下の通りです。掲載パラメータを増やしているので、説明を記載します。走行時間は、走行中の停止時間も含む時間です。移動時間は、前述の停止時間を除いたものです。移動速度は、恐らく従来のケイデンスベースのサイコンで測定される速度と同じです。経過時間は、未測定時間も含んだものになります。今回は輪行なので、電車の移動時間が該当します。過去の記録は、移動時間を走行時間として記録しているので、一貫性がないです……。ちょっと数が多いので、必要なパラメータをいつか精査したいです。

走行距離 47.22km
平均速度 12.4km/h
平均移動速度 17.7km/h
最高速度 40.6km/h
走行時間 03:48:28
移動時間 02:40:09
経過時間 06:24:22
平均心拍数 121bpm

走行マップは、以下の通りです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


手賀沼1周サイクリング

2020年1月3日、手賀沼を自転車で1周してきました。手賀沼は10年近く前に一度訪れていますが、南岸を少し走っただけでした。今回は時間もたっぷりあるので、1周にチャレンジしました。

実家から手賀沼までは、少し距離があります。街中をずっと走るのは疲れるので、手賀沼に注ぐ大堀川沿いの遊歩道を走ることにします。まずは、つくばエクスプレスの高架沿いを走って、流山おおたかの森駅を目指します。途中、トトロに模られた植え込みがあったので、思わず写真を1枚撮りました。

  

おおたかの森近辺に着いたら、大堀川への入口を探します。多少迷って街中を走り、少し先の青葉橋から入ることが出来ました。大堀川は土手もなく気軽にアクセス出来ることから、歩行者が多く、江戸川CRのようにスピードを出すことは出来ません。路面は概ね両行ですが、一部ロードバイクでは走りにくい路面もあります。途中階段の登り下りもしつつ走り続けて、ようやく手賀沼に着きました。

沼の方を見ると、白鳥の姿が見えます。この日は雲一つない快晴なので、水面も真っ青でとても美しく、気持ちの良い景色が広がります。南岸の方から進入したので、そのまま手賀沼サイクリングロードに入ります。歩行者もいるので注意は必要ですが、比較的幅員の広い箇所が多く、自転車と歩行者のゾーニングがされている部分も多いので、快適にスピードに乗ることができます。

途中自販機で飲み物を補充。傍にあった白鳥のオブジェが味わい深いです。そのまま南岸を真っすぐ進んでいくと、手賀沼の端っこに着きます。ここを左折して東岸に進みます。少し道が細くなり、蛇行する箇所が増えてきます。手賀沼は横に長いので、東岸はわりとすぐに終わって、北岸に入ります。

北岸は南岸のようなサイクリングロードとして整備はされておらず、遊歩道といった感じです。のんびり走行区間になります。途中かなり幅員の狭い区間があり、歩行者もいたことから、接地しながら進みました。手賀沼ビオトープを見たり、トイレに寄ったりして、やがて手賀沼公園に着きました。時節柄、公園の広場では凧揚げしている光景が、よく見られました。

さて、そろそろお昼時です。特に調べてこなかったので、その場でGoogle検索して見つけた「ばんだいラーメン」に入りました。注文したのは、ねぎ味噌チャーシュー麺、餃子、そして付いてきたサービスライスです。自転車の良いところの1つは、乗って遠出した先で、グルメを楽しめる点ですね。ランニングだと胃がシャッフルされてしまうので、なかなか出来ません。

手賀沼公園より先は、沼沿いの遊歩道が途切れるので、一般道(手賀沼ふれあいライン)を走ります。とは言え、かなり広めの路側帯が取られているので、走りにくさはありません。

やがて北柏ふるさと公園に着くので、そこから再び大堀川へ戻ります。ちなみに、これで手賀沼1周となります。帰りは青葉橋ではなく、もう少し先まで進んでから、大堀川遊歩道を下りました。

今回の走行データは、以下の通りです。経過時間と走行時間の差分が大きいのは、食事をしていた時間が大きいですね。

走行距離 39.18km
平均速度 12.8km/h
最高速度 33.4km/h
走行時間 02:31:41
経過時間 03:36:28
平均心拍数 119bpm

走行マップは、以下の通りです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


2020年元日のロードバイク初乗り

今年は元日からロードバイクで走りました。コースは江戸川CRです。天気も良く、風もなくて、気持ちの良いサイクリングとなりました。

まずは千葉県側を北へ進みます。いつものコースですね。11月末にはサイクリングロードが広範囲に閉鎖されていましたが、今回は普通に通行できて良かったです。冬なので日が短く、既に日が傾きかけていて、夕暮れ一歩手前の光景です。

 

玉葉橋を渡って埼玉県側へ入ります。土手には気の早い菜の花が、少しだけ咲いていました。徐々に日が落ちて、夕空が茜色に染まります。ふと遠くを望むと、見慣れた山のシルエットがあります。ちょうど富士山に夕日が落ちていくところでした。あー、土手にやたらカメラ持った人がいたのは、これ狙いだったのかな。凧揚げをする子供より、カメラを構える中高年の数が多いあたり、時代を感じます。空を見上げると、月も徐々に明るくなってきて、夜への移り変わりの時間帯です。

流山橋を渡って千葉県側に戻ってきたら、赤城神社に寄って初詣。当然ながら自転車に乗るので、御神酒は飲めませんorz。実家の御遣いである破魔矢を買ってミッション完了。すっかり日は落ちて、夜の帳が下りてきています。LEDライトを点灯して、実家まで帰りました。走り慣れている道でも、暗いとストレスですねえ。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 19.59km
平均速度 12.7km/h
最高速度 35.5km/h
走行時間 01:05:52
経過時間 01:32:25
平均心拍数 124bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。