「 自転車 」一覧

ロードバイクの乗車記録や、整備ネタ

手賀沼1周サイクリング

2020年1月3日、手賀沼を自転車で1周してきました。手賀沼は10年近く前に一度訪れていますが、南岸を少し走っただけでした。今回は時間もたっぷりあるので、1周にチャレンジしました。

実家から手賀沼までは、少し距離があります。街中をずっと走るのは疲れるので、手賀沼に注ぐ大堀川沿いの遊歩道を走ることにします。まずは、つくばエクスプレスの高架沿いを走って、流山おおたかの森駅を目指します。途中、トトロに模られた植え込みがあったので、思わず写真を1枚撮りました。

  

おおたかの森近辺に着いたら、大堀川への入口を探します。多少迷って街中を走り、少し先の青葉橋から入ることが出来ました。大堀川は土手もなく気軽にアクセス出来ることから、歩行者が多く、江戸川CRのようにスピードを出すことは出来ません。路面は概ね両行ですが、一部ロードバイクでは走りにくい路面もあります。途中階段の登り下りもしつつ走り続けて、ようやく手賀沼に着きました。

沼の方を見ると、白鳥の姿が見えます。この日は雲一つない快晴なので、水面も真っ青でとても美しく、気持ちの良い景色が広がります。南岸の方から進入したので、そのまま手賀沼サイクリングロードに入ります。歩行者もいるので注意は必要ですが、比較的幅員の広い箇所が多く、自転車と歩行者のゾーニングがされている部分も多いので、快適にスピードに乗ることができます。

途中自販機で飲み物を補充。傍にあった白鳥のオブジェが味わい深いです。そのまま南岸を真っすぐ進んでいくと、手賀沼の端っこに着きます。ここを左折して東岸に進みます。少し道が細くなり、蛇行する箇所が増えてきます。手賀沼は横に長いので、東岸はわりとすぐに終わって、北岸に入ります。

北岸は南岸のようなサイクリングロードとして整備はされておらず、遊歩道といった感じです。のんびり走行区間になります。途中かなり幅員の狭い区間があり、歩行者もいたことから、接地しながら進みました。手賀沼ビオトープを見たり、トイレに寄ったりして、やがて手賀沼公園に着きました。時節柄、公園の広場では凧揚げしている光景が、よく見られました。

さて、そろそろお昼時です。特に調べてこなかったので、その場でGoogle検索して見つけた「ばんだいラーメン」に入りました。注文したのは、ねぎ味噌チャーシュー麺、餃子、そして付いてきたサービスライスです。自転車の良いところの1つは、乗って遠出した先で、グルメを楽しめる点ですね。ランニングだと胃がシャッフルされてしまうので、なかなか出来ません。

手賀沼公園より先は、沼沿いの遊歩道が途切れるので、一般道(手賀沼ふれあいライン)を走ります。とは言え、かなり広めの路側帯が取られているので、走りにくさはありません。

やがて北柏ふるさと公園に着くので、そこから再び大堀川へ戻ります。ちなみに、これで手賀沼1周となります。帰りは青葉橋ではなく、もう少し先まで進んでから、大堀川遊歩道を下りました。

今回の走行データは、以下の通りです。経過時間と走行時間の差分が大きいのは、食事をしていた時間が大きいですね。

走行距離 39.18km
平均速度 12.8km/h
最高速度 33.4km/h
走行時間 02:31:41
経過時間 03:36:28
平均心拍数 119bpm

走行マップは、以下の通りです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


2020年元日のロードバイク初乗り

今年は元日からロードバイクで走りました。コースは江戸川CRです。天気も良く、風もなくて、気持ちの良いサイクリングとなりました。

まずは千葉県側を北へ進みます。いつものコースですね。11月末にはサイクリングロードが広範囲に閉鎖されていましたが、今回は普通に通行できて良かったです。冬なので日が短く、既に日が傾きかけていて、夕暮れ一歩手前の光景です。

 

玉葉橋を渡って埼玉県側へ入ります。土手には気の早い菜の花が、少しだけ咲いていました。徐々に日が落ちて、夕空が茜色に染まります。ふと遠くを望むと、見慣れた山のシルエットがあります。ちょうど富士山に夕日が落ちていくところでした。あー、土手にやたらカメラ持った人がいたのは、これ狙いだったのかな。凧揚げをする子供より、カメラを構える中高年の数が多いあたり、時代を感じます。空を見上げると、月も徐々に明るくなってきて、夜への移り変わりの時間帯です。

流山橋を渡って千葉県側に戻ってきたら、赤城神社に寄って初詣。当然ながら自転車に乗るので、御神酒は飲めませんorz。実家の御遣いである破魔矢を買ってミッション完了。すっかり日は落ちて、夜の帳が下りてきています。LEDライトを点灯して、実家まで帰りました。走り慣れている道でも、暗いとストレスですねえ。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 19.59km
平均速度 12.7km/h
最高速度 35.5km/h
走行時間 01:05:52
経過時間 01:32:25
平均心拍数 124bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


晩秋の江戸川CR2019とシフトワイヤーメンテナンス

2019年11月23日、ロードバイクのメンテナンスをします。元々この日は輪行も含めて、少し遠出しようと考えていたのですが、あいにくの雨空なのでメンテナンスに当てます。前々回フロントギアのシフトワイヤーを調整したものの、前回の走行中に重い方に入ったまま戻らなくなってしまったので、それの再調整です。前々回はわりと適当にやったので、今回は真面目にやります。

前回の走行による泥の付着や、振り続けている雨による車体濡れや床の水溜りで、非常に作業がしづらいですが、頑張ります。以下は今後のための作業メモ。

  • 内側の細い方のレバーが、ワイヤーのテンションを緩めて、小径側にシフトチェンジする
  • 人力で出来るのはテンション緩い方なので、小径側にレバーを入れておき、ワイヤーのテンションをそこそこ張る
  • ただ、ここのテンションの張り具合が難しい。テンションが不十分だと、大径側にした際に、チェーンが擦れる。テンションを張りすぎると、今度は小径側に戻らなくなる

結局上手く調整しきれない気がするので、フロントギアは基本小径側オンリーで使うことにします。ワイヤーのテンションだけではなく、他のパーツも上手く調整しないと駄目な可能性もあるので、その辺は当面頑張らないことにしました。

2019年11月24日、長雨がようやく上がったので、江戸川CRを走ってきました。しかし、いつも走っている区間に通行止めの看板です。仕方ないので下道を走ります。途中まで土手沿いに走れるのですが、少し進むと土手から離れていきます。

雨上がりということもあり、旧東葛病院の手前の側溝でスリップしそうになり、焦りました。街乗りは側溝など溝が怖い……。しかし、この界隈は走ったことがないので、新鮮ですね。江戸川CRの方を望むと、工事をしていました。うーん、ここで工事をするなら、あんな手前を通行止めにしなくて良いのでは、と思ってしまいます。

 

水田で鴨を眺めたり、普段江戸川CRから建屋を見ている北千葉浄水場の前を走ったりして、常磐自動車道を越えたあたりで、ようやく江戸川CRの通行止めが解除されていたので、戻りました。

 

そのまま玉葉橋まで走ります。玉葉橋のそばではクレーンが1基ありました。何の作業だろう。埼玉側に渡ったら、南に向けて走ります。しばらく走ると、通行止め区間が現れました。新しい橋を架ける工事のようです。千葉県側の工事も恐らく同じものなのでしょうね。こちらは通行止め区間も短く、すぐ隣にう回路が用意されていたので、楽でした。

流山橋まで来たら、橋を渡って千葉側に戻ります。途中、草むらに入って行く野良猫を見かけました。この辺りは野良猫が何匹か居着いていますね。

その後は花壇で花を愛でたりします。晩秋ですが、コスモスを見られました。今年は昭和記念公園に観に行けなかったなあ。

数日間雨が降り続いたせいか、サイクリングロード上に水溜りや土砂の流出が多く、かなり走りにくかったです。ズボンやリュックは、跳ねた泥まみれになってしまいました。泥除けのないロードバイクには辛いコンディションです。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 20.59km
平均速度 15.1km/h
最高速度 36.6km/h
走行時間 01:11:08
経過時間 01:21:51
平均心拍数 132bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


秋の江戸川CR2019~宝珠大橋折り返しコース

2019年10月21日、この日は丸1日実家にいたので、普段より遠くまで走ってみました。特に目標は定めずに、行けそうなところまで行ってみます。

まずは玉葉橋までのいつもの区間、土手沿いの草がぼうぼうで、そろそろ刈り取ってほしいレベル。場所によっては、走行に支障をきたすほどに伸びきっています。一部刈り取られている場所もあるのですが。

玉葉橋を越えた先は、たまにしか行かないので、毎回新鮮な感じです。しばらく進むとキッコーマンの野田工場が見えてきます。手前のほうはお餅やお煎餅のような美味しそうな匂いが漂い、お腹が空いてきちゃいます。だんだん奥へ進んでいくと、ツーンとした醤油の香りになっていきます。

そして野田橋を越えてさらに北上します。土手を望むと水が溢れて溜まっているようにも見え、先日の台風の影響ですかね。金野井大橋の下をくぐって、どんどん北へ進むと、宝珠大橋が見えてきました。ここの手前に傾斜のあるちょっとしたカーブポイントがあり、レース場みたいで少し楽しいです。

さて、ここから関宿まで行こうか少し迷いましたが、日の長さを考えると帰りが厳しそうなので、こちらで折り返すことにしました。橋のそばに船のオブジェがあったので、ロードバイクと一緒に撮影してみました。

橋を渡った後は、埼玉側を南へ走ります。しばらく進むと、庄和排水機場が見えてきました。ここの地下には、先日の台風19号で活躍した地下神殿こと首都圏外郭放水路があります。

さらに進むと、東武野田線の橋梁に当たりました。通常なら土手の下を走って抜けるのですが、先日の台風の影響で通行止めになっています。見たところ普通に通れそうですし、実際通っている人もいましたが、下道へ出て迂回することにしました。

住宅街で道が細かく入り組んでいるので、多少迷いつつも何とか東武野田線の踏切を渡れました。その後は江戸川CRへ戻り、再び南下します。

途中、松伏休憩所でトイレ休憩。以前にも書きましたが、埼玉県側はこうした休憩スポットがCR上にあってありがたいです。ついでに自販機でドリンク1本を購入し、出発。

すると今度は野田橋手前で再び通行止め。そこで通行止め標識の出ていない道を通っていったら、工事車両用の道だったみたいで、出られなくなってしまいました。やむなく草むらを歩いて上へ登りましたが、だいぶぬかるんでいて、靴がベチャベチャになりましたorz。

だんだんと日が落ちて、あたりが暗くなっていきます。LEDライトをリュックから取り出して装着。玉葉橋の道は、通行止めの標識が出ていなくて良かったです。無事に向かい側へ抜けたら、橋を渡って千葉県側へ戻ります。真っ暗な中、草をかわしながら、進みました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 48.42km
平均速度 15.8km/h
最高速度 37.1km/h
走行時間 02:29:16
経過時間 03:03:58
平均心拍数 129bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


初秋の江戸川CR2019

2019年10月05日、どこかへ輪行したい気持ちもありましたが、特にプランニング出来ていないことと、前回ワイヤー類を外すメンテナンスをしていることから、いつもの江戸川CRでメンテナンス走行をすることにしました。

ちょっと出かけるのが遅くなってしまい、16時すぎの出発。タイヤの空気がずいぶん抜けていたので、充填しました。最近空気を入れにくかったのですが、今回は前後輪ともにすんなり入りました。ある程度抜けた方がいいのかな。

コースは玉葉橋と流山橋を渡る1周コースです。曇ってきたおかげか、夏の陽射しだった昼間に比べてだいぶ涼しく感じました。サイクリングロード上は草がぼうぼうに茂っていて、走行中の接触は不可避です。スピードを出しているので、痛痒い(´Д`;)。トンボは少し飛んでいましたが、赤とんぼが大量に舞う秋の光景は、まだ見られませんでした。ちなみにこの日は南風でしたので、行きはよいよい、帰りがつらいパターンでした。

埼玉側を走っていると、土手に橋梁の土台のような柱が見えます。ちょうど玉葉橋と流山橋の中間くらいの位置の気がします。新しく橋が建設されるんでしょうか。そしたらルーティングの幅が広がるのでうれしいです。

流山橋あたりまで戻ってくると、だいぶ日が落ちて、夕焼けっぽく。きれいな夕焼けにはなりませんでしたが、橋梁の向こうに見える三郷の街が良い感じでした。最後はパリミキに寄り道して、眼鏡の調整。

そして前述の通りメンテナンス走行も兼ねていたわけですが、フロントギアのシフトチェンジが効かなくなってしまいました。最初はカチッカチッと音が鳴っていましたが、ピンとワイヤーが張ったまま、ついには音も鳴らなくなりました。一番重いギアに固定されてしまったので、上り坂とかしんどかったです。。

翌日メンテナンスして、シフトチェンジできるようになりました。原因は、大径ギアにチェーンが掛かっているのに小径ギアのシフトになっていたので、いくらシフトチェンジしても小径ギアには変更できないというオチでした。前回のメンテナンス、後半は疲れて雑になっていましたからね……。作業としては、一旦フロントギアのシフトワイヤーを外して、小径ギアにしてからワイヤーを手動で張ります。その後ペダルを回して、シフトチェンジして大径ギアに変更。手動では大径ギアに合うほどワイヤーを強く張れないので、小径ギアに合わせるのが正しいのだと思います。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 19.28km
平均速度 15.5km/h
最高速度 43.0km/h
走行時間 01:14:37
経過時間 01:27:55
平均心拍数 131bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。