「 自転車 」一覧

ロードバイクの乗車記録や、整備ネタ

真夏の江戸川CR2018

2018年8月14日、お盆休みで実家に戻った際に、江戸川CRを走ってきました。その日の夜も実家に泊まるので、時間を掛けて普段より遠い場所まで走りました。

出発前に自転車のメンテナンス。空気を入れたり、チェーンを掃除したり。相変わらずチェーンはいくら拭いても汚れが出てきてキリがないので、適当なところで切り上げました。

15時ごろ、家を出て江戸川CRに出ます。まずは南風に乗って、北へ気持ちよく走ります。草の丈が伸びて、夏を感じますね。天気が良くて太陽も照っているので、日焼け止めを塗ってあります。ノーガードだと結構焼けちゃうんですよねえ。

玉葉橋を越えると、やがてキッコーマンの野田工場が見えてきます。普段は醤油の香りが立ち込めているのですが、お盆休みで工場が停止中のようで、醤油の香りはしませんでした。

  

そして野田橋を越えます。ここから先は滅多に行かないので、ちょっとワクワクしますね。一応何回か走ったことはあるので、うっすらと記憶が蘇ります。車道との距離がだいぶ縮まるところは、そう言えばこうだったなあ、と懐かしく思いました。ソーラーパネル畑や東武野田線橋梁を通りすぎて、折り返し目標地点である宝珠花橋に到着です。

橋を渡って埼玉県へ。ここは春日部市になります。今度は南に向かって走ります。向かい風になるので、ここからが頑張りどころです。ただし風はあまり強くないので助かります。距離が長いので、向かい風が強烈だとかなり堪えそうです。

 

この近辺には野田滑空場があるので、空にグライダーの姿を見かけました。いいな~、ハードルは高いけれど、やっぱり空遊びは憧れますね。それから龍Q館を発見。こちらは以前に首都圏外郭放水路を見学した際に、訪れました。

何となく見覚えのある懐かしい道を走っていきます。土手沿いは空が広くて気分爽快です。途中道の上に蠢く何かを見つけたら、そこそこ大きめの蛇でビックリしました。

それから、ちょっと喉が渇いてきたな、と思っていたら、自動販売機のある休憩所がありました。トイレも設置されており、これはサイクリング利用者にありがたいですね。

 

ところで、走行中身体がムズムズするなあ、と思ったら、服の中にカナブンが入り込んでいました。往路で何かが身体にぶつかった記憶はありましたが、どうやらその時に入り込んだようです。ここまで1時間以上気づかなかったなんて。

 

玉葉橋手前の三叉路に今回も騙されつつ、玉葉橋を渡って千葉県側へ戻ります。玉葉橋の袂からは、良くトランペットの音色が聴こえてきます。休日の土手は、皆が思い思いに趣味を満喫していて、良いですね。

さて、いつものコースに戻ってきた安心感。運河河口公園のベンチで軽く休憩してから、ラスト区間へ。まだ夕焼けには早い時間でしたが、黄昏を感じる時間帯です。江戸川CRを夕方に走ることは、実家を出て以来少ないので、懐かしい感覚ですね。

今回の走行データは、以下の通りです。思ったより走りました。ただし、アップダウンのない平坦な道ですので、先月の筑波や5月の今治と比べると、距離のわりには随分と楽です。普段よりも長い距離ではあるので、それなりに疲れましたが、心地よい程度ですね。

走行距離 47.77km
平均速度 20.3km/h
最高速度 36.4km/h
走行時間 02:20:48
累計距離 1782.8km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


筑波山の不動峠でヒルクライムに挑戦してみた

2018年07月01日、筑波山の近くにある不動峠で、ヒルクライムに挑戦してきました。しかし、いざ出発しようとしたら、前輪の空気が抜けています。とりあえず空気を入れてみたら、すぐには抜けない様子だったので、このまま出発。出かけるのが遅くなるとダレそうだったからです。もちろん交換用チューブ等は持参しています。

TXに乗って終点のつくば駅まで輪行。休日の下りは空いているので、輪行しやすくて良いです。

さっそく駅前でロードバイクの組み立て作業。前輪は少し空気が抜けていたので、今日の走行距離を考えると修理必須です。しかし日陰のない炎天下で、ホイールとか触れないくらいに熱くなってきたので、空気だけ入れて適当な作業場所を探します。

少し走ったら、東新井公園がありました。木陰にあるベンチに腰掛けて、パンク修理。バルブを穴に通すのに何故か手間取りましたが、タイヤを上手くずらし浮かせて解決。後は少し空気を入れてタイヤの中に収めて、タイヤをホイールにはめ込みます。毎回ここで大変な思いをしていますが、タイヤのゴムもこなれてきたのか、多少苦労はしたけど大苦戦することもなく、完了。元のチューブは、バルブ付近に小さな穴が空いていました。何が原因だろう。

 

さて、北へ進んでいるつもりが、何故か南へ進んでいたので、軌道修正。……したつもりが、どこで道を間違えたのか、土浦方面に向かって走っていました。県道24号線の吉瀬交差点で気づいて、再び軌道修正。これからはこまめにGoogleMapsを確認しながら進みます。

すると蓮根畑など、見覚えのある道が見えてきました。霞ヶ浦輪行の際に通った道です。ここは車の通りがあまりなくて走りやすいですねえ。自販機があったので、水分補給。

 

田園地帯を渡り、県道128号線へ移動します。ここを真っ直ぐ北へ進み、県道19号線に入れば、不動峠の入口まで着けそうです。田園が広がったり、住宅街になったり、馬頭尊の史跡があったり、車はそこそこ通りますが、概ね快適に走ることが出来ました。

  

矢中の杜にある八坂神社で交通安全を祈願して、いざ不動峠へ。民家のある最初の登りがきついですが、その後は多少傾斜がゆるやかになります。くねくねと曲がりくねった道が続き、傾斜は緩急をつけた感じです。緩やかなところで足を休めつつ、急なところでは頑張って漕ぐの繰り返し。しかし、半分ほど登ったところで、ついに足を着いてしまいました。

この日は快晴で気温も高かったのですが、大半が木陰になっており、時折冷たい風も吹くので、思ったほどは暑くありません。けれど運動量が多いので、汗はかなり噴き出しています。

残り半分、足を着かないように頑張るぞ!と思ったのも束の間、4分の3進んだところで、さらに8分の7進んだところで足を着いてしまいました。脚の疲れよりも息が上がってしまいます。そして左膝に軽い痛み。登山の下山時にも同じ痛みがあったので、気をつけたいと思います。

足は着いても、全区間ちゃんと漕いで登りたかったのですが、残り50メートルくらいからの傾斜が厳しくて、音を上げました。もう脚が残っていません。在庫切れです。というわけで、20メートルくらい押して登って、そこから再度漕ぎ始めて、無事不動峠に着きました。

標高294メートルの不動峠ですが、不動峠自体はちょうど山間になっており、眺望はありません。表筑波スカイラインの方まで少しだけ進むと、見事な眺望を楽しめます。不動峠へ登ってくる途中にも何箇所か眺望が開けている部分があるので、そこからの景色も素敵です。

軽く眺望を楽しんだ後は、来た道を帰ります。ダウンヒルは爽快なのですが、曲がりくねっている道なので、前方に注意する必要があり、それなりに神経を使います。コーナリングとかの楽しさはありますけど、それ以上に疲れますね。

下り終えたら、北条大池の畔でひと休み。雲ひとつない青空と筑波山の眺めを楽しみます。本日のメインイベントであった不動峠のヒルクライムを終えて、満足気分。

休憩を終えたら、県道19号線、128号線を南へ進み、駅方面へ切り替えるため、西へ移動します。県道55号線を使うのがシンプルでしたが、幹線道路を走るのは神経を使うので、一歩路地に入った道を使うことにしました。ひたすら南へ進み、筑波大病院が見えてきたところで、学園西大通りに出ました。ここは交通量が多くて疲れますが、少し進んで吾妻西交差点まで行けば、左折してすぐにつくば駅前です。駅前の通りは路側帯が広くて走りやすくて良いですね。

18時30分くらいでしたが、日が長い季節なので、まだ十分に明るいです。ロードバイクを輪行袋にパッキングして、TXで帰りました。帰りも立ったままのつもりでしたが、さすがに疲れが溜まってきつかったので、守谷あたりで座りました。たまたまかもしれませんが、ここ以降で乗ってくる人が、思ったより多かったです。

最寄り駅に着いた頃には、空は群青色。ロードバイクを組み立てたら、LEDライトを装着して帰途につきました。

こうして、久しぶりの電車輪行は完了しました。天気もばっちりで、満足の輪行となりました。さすがにこの日の天気はまずいと思って日焼け止めクリームを塗ったおかげで、半袖でしたがほぼ日焼けなし。脚の筋肉痛はあまり感じませんが、肩や首の凝りが結構残っていますね。疲労感も大きいです。ペットボトルは道中3本飲みました。昼食は抜きでしたが、ハンガーノックにならなくて良かったです。

この日の走行データは以下の通りです。思ったより走りました。

走行距離 48.50km
平均速度 16.2km/h
最高速度 38.4km/h
走行時間 02:58:34
累計距離 1735.0km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


梅雨入り前の江戸川CR2018

2018年6月3日、今治自転車旅行から帰ってからのメンテナンス走行を兼ねて、江戸川CRを走ってきました。翌週から梅雨入りの予報なので、梅雨入り前最後の一走りです。

空は快晴で、風もほとんどなくて、穏やかな天気となりました。ここ最近の江戸川CR走行は、何だかんだで風が強い日が多かったので、久しぶりに楽に走れます。というわけで、いつもの運河河口公園折り返しではなく、玉葉橋と流山橋を渡る1周コースにしました。

 

草の丈は夏に向けて伸び始めて、青みも増しています。新川耕地の水田も、青々としてきました。土手の脇には、キバナコスモスの花もチラホラ見え始めて、夏が近づいていることを感じさせます。

  

そして久しぶりに玉葉橋を渡って埼玉側へ。以前からCRの道幅拡大が行われていましたが、今はかなりの区間で道幅が拡大していました。これは歩行者や遅い自転車がいても安全に走りやすくなるので嬉しいですね。

なお、千葉側を走っている際にやけにローディーが多いな、と思っていたのですが、埼玉側でマラソン大会があったためでした。なるべく千葉側を走って欲しいという依頼が看板に書かれていました。最初は梅雨入り前で天気が良いので、それが理由かな、と思っていたのですが、納得しました。ただ、マラソン大会は終盤でありランナーも多くはないこと、走行が禁止はされていないことから、そのままランナーに気をつけて走りました。久しぶりの埼玉側なので走りたかったと言う個人的な気持ちも大きいです。

流山橋を渡って千葉側に戻ったら、北へ進んで1周完了です。

ちなみに、この日は何故かサイコンの累計走行距離がおかしくなっていたので、手動で修正しました。ロードバイクとサイコン保管場所の位置はそれなりに離れているのですが、メンテナンスの際にタイヤを回したのが反映されてしまったとしか考えられません。これを書いてて思い出しましたが、サイコン計測器具をフレームに固定している結束バンドが1本切れてしまったので、繋ぎ直さねば。

この日の走行データは以下の通りです。

走行距離 19.24km
平均速度 21.7km/h
最高速度 36.4km/h
走行時間 00:53:17
累計距離 1686.5km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ロードバイクのチェーンを洗ってみる

ロードバイクを購入してから15年弱経ちますが、真面目にメンテナンスしているとは言い難い状況です。フレームの汚れを拭き取る程度は、気になった際にやっていますが、チェーン等の稼働部はたまに注油するだけで、掃除はしてきませんでした。その結果、油に吸着した汚れが積もりに積もって、真っ黒になっています。台所のしつこい油汚れみたいな感じ。

今さら感はありますが、洗車用にアイテムを買ってみました。

  • 1ステップクリーナー&ルーブ
  • トゥルータッチワイパーチェーン用

クリーナー&ルーブなので、洗いつつ注油も出来ると言うものです。バラバラに買うとそこそこのお値段になると言うこともあり、1本で済ませられるものを買いました。こちらをチェーンに注しつつ、トゥルータッチワイパーで拭き取ります。さすが10年以上積み上げた汚れだけあり、拭いても拭いても黒くなります。途中で根気負け。いずれにせよ隙間部分とかはどうしても拭けないですし、一旦外して丸洗いしちゃった方がいいのかなあ。

 

ちなみに、チェーン以外にも掃除しようと、トゥルータッチワイパーで色々拭いてみたのですが、タイヤは凹凸部分にマイクロファイバーが引っ掛かって、ゴミがついちゃいますね。やり方がまずいのかな、或いは気にする必要ないのかな。

年数だけは経っていますが、累積走行距離は1,600km程度と短い方なので、なるべく今のロードバイクを長持ちさせたいのです。


シクロエクスプレスを利用してみました

輪行手段の検討

しまなみ海道へ輪行するあたり、ロードバイクの移動手段を検討しました。王道パターンとして、新幹線と電車がありますが、それなりに時間が掛かることと、ゴールデンウィーク中は車内の置き場所確保のリスクがあるので、却下。続いて、飛行機輪行も空港までの移動が面倒なんですよね。特に今回は、目的地が空港からそれなりの距離があるので、こちらも却下。

と言うわけで、宅配便で輸送することにしました。ロードバイクを宅配便で輸送するのは初めて。幾つか調べた上で、シクロエクスプレスを利用することにしました。シクロエクスプレスは輸送代行業者で、実際の輸送作業は佐川急便が請け負います。価格は一番安いですが、ネットで調べた限りの評判では、トータルで特に問題なさそうでした。実際に使用してみて、特に不満はありませんでした。便利でいいですね。

発送先は、通常宿泊先のホテル等になるのですが、イオンモール今治新都市店にあるイオンバイクにて、受け取りと発送をしてくれるサービスがあるので、そちらを利用しました。イオンモール今治新都市店が今治の中心部から少し遠い点は不便ですが、輪行箱の保管や受け取りや発送日時の融通が利いて便利です。特に今回は2日間でホテルが別々でしたので、箱の保管は助かりました。あと、チェックアウト日に夕方までがっつり走りたい場合にも便利だと思います。

申し込みページはこちらになります。シクロエクスプレスのトップページからは辿れず、イオンバイクのページから辿れます。自分が利用したときは何故かフォームが利用できない状態でしたので、メールで連絡して復旧させてもらいました。連絡前に数日間この状態でしたので、こちらのサービス使っている人いないのかな、と思いましたが、現地に行ったら同様の輪行箱が他に2箱ありましたので、たまたまおかしな状態になっていたのかもしれませんね。

配送申込み~輪行先へ発送

輪行用のハードケースは所有していないので、輪行箱をセットで申し込みます。この輪行箱の受け取り日時と、ロードバイクの集荷日時(往路と復路)を、事前に指定する必要があります。初めての利用であり、作業に掛かる時間も読めなかったので、多少余裕を組んだ日程にしました。万が一にも現地でロードバイク未着という事態は避けたいですし。

さっそく予定通りに輪行箱が到着しました。段ボールの中に段ボールが入っていて、何だか不思議な感じ。外箱の段階で結構大きいですね。これを開梱して輪行箱を組み立てると、さらに大きいです。狭い室内に置くのは無理でした。なお、組み立てに使うガムテープは、紙ではなく布指定です。持ち合わせていませんでしたが、輸送事故を避けるためにもきちんと買ってきました。

  

箱を組み立てて、いざロードバイクを収納します。サドルは外さず、サドルとハンドル部分で自立させる形になります。エンド金具は不要です。だから箱が縦に長いんですね。ワイヤーやディレーラーなど、気になる箇所にプチプチなどの緩衝剤を巻いておきます。具体的な場所は梱包マニュアルに記載はないので、思いのままに。その後は外箱や仕切り段ボールを入れて、そこへホイールを入れます。上手く配置すればすっきり収まるのでしょうが、ここは若干無理やり押し込めた格好です。多少スペースの空きがあるので、そこにヘルメットを入れました。ヘルメットはかさばるので、一緒に送ってしまいたいアイテムです。

こうして、ロードバイクの梱包が完了しました。たぶん1時間も掛かっていないと思います。もっとすっきり収まるものかと思っていましたが、少し横にぷっくり膨らんだ形になりました。参考にしたサイトの写真でも似たような感じになっていましたので、こんなものかと思います。

現地~自宅へ発送

現地ではイオンバイクにて開梱と梱包をさせていただきました。室内の自転車メンテナンス用のスペースを使わせてもらえるので、作業しやすいです。梱包時にもビニールテープを貸し出してくれます。ただし、このビニールテープが個人的に少々使いづらかったので、ガムテープ持参もありかと思いました。

 

そして輪行先から帰ってきたロードバイクは、特に傷もなく、ひと安心。しかし輪行箱の方は、パーツの角などが強く当たった部分は潰れていたり、それなりにダメージはありますね。少なくともあと1、2回は問題なく再利用できそうに思えましたが、とにかく保管する場所がないので、泣く泣く一度の利用で処分しました。まあ、そんなに頻繁に輪行しないですしね。

自分は、ロードバイクを自宅ではなく、実家に置いています。置き場所の問題や、実家近くに江戸川CRがあることが理由です。そのため、実家に戻ってロードバイク関連の発送手続きをして、旅行支度は自宅に戻ってきて行なうと言う手間があります。でも、普通に自宅にロードバイクを置いてあるなら、気軽に日本各地へ輪行できて良いなあ、と思いました。箱代込みでも8,000円くらいで、旅行代の一部と思えばお手軽ですしね。