「 自転車 」一覧

ロードバイクの乗車記録や、整備ネタ

皐月の江戸川CR2019

2019年5月26日、江戸川CRを走ってきました。さっそく、先日買ったfenix 5Xをサイクリングでも使ってみます。計測データの比較のために、以前から使っているサイコンも装着します。

  

天気は快晴。見事な五月晴れですね。花粉が収まり絶好のアウトドア季節なのですが、ひと足早い夏を感じさせる陽気で、さすがに暑すぎます。気温は31度。土手にはノアザミやオオキンケイギクなどの花が咲いていました。まずはいつも通り北側へ走って、運河河口公園でひと休み。日陰が嬉しいですね。予想以上の暑さに、ここで折り返そうか迷いましたが、玉葉橋を渡って1周することにしました。

  

埼玉県側に突入。数年前の拡張工事により、走行レーンが広い箇所が多くて、走りやすいです。そのまま南へ進んで、流山橋を渡り、再び千葉県側へ戻ります。埼玉県側に比べて道幅は狭いのですが、花壇のある区間があって、花を楽しめます。

さて、走り終えてfenix 5Xの測定結果ですが、サイコンの結果とほぼ一致しました。走行距離、そして走行中の速度共にです。当然ながら、リアルタイム性はサイコンの方が良いようですね。今後掲載していく走行データは、fenix 5Xの結果を使っていきますが、走行中の速度確認には不便なので、走行時目視用にサイコンも併用していきます。

今回の走行データは、以下の通りです。fenix 5X利用に切り替えたので、データ項目を変えます。輪行などで遠出した際には、コース地図も貼れたらと思います。

走行距離 19.47km
平均速度 15.8km/h
最高速度 36.8km/h
走行時間 00:55:28
平均心拍数 150bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


菜の花終盤の江戸川CR2019

2019年4月21日、江戸川CRを走ってきました。例年3月下旬から4月上旬の菜の花満開シーズンに走っていますが、今年は都合がつかず、遅い時期になりました。それでも思ったよりは菜の花が残っていて、楽しむことができました。江戸川CRの後は、眼鏡の調整のために眼鏡店に立ち寄り。少しだけ街乗りも楽しみました。

 

さっそく江戸川CRに入ると、菜の花がほとんど見えません。ちょっと遅すぎたかな~、と心配しながら北へ走っていくと、少し菜の花が見えてきて、ひと安心。満開は過ぎているので隙間が目立ちますが、それでも黄色い絨毯感は楽しめます。一方で菜種になってしまった花も多いです。天気は薄曇りで、たまに太陽が顔を出す程度です。

  

今回は運河河口公園までは行かずに、その手前で折り返し。そのまま流山橋付近まで走ります。途中、藤の花が見事に咲いていました。他にもタンポポの綿帽子などで、春を感じます。

  

流山橋の手前で江戸川CRを下りて、眼鏡の調整のため、パリミキに向かいます。このあたりでようやく太陽が顔を見せてくれました。眼鏡の調整を終えたら、流山線沿いに市役所前経由で帰途につきます。馬頭観音を見たり、流山線とロードバイクのツーショットを撮影したりしました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 13.14km
平均速度 16.3km/h
最高速度 34.3km/h
走行時間 00:48:12
累計距離 1889.6km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


早春の江戸川CR~2019

 

2019年2月17日、江戸川CRを走ってきました。晴天だけど北風が風速3~4メートルで、往路が向かい風となり、少し疲れます。川面の色も濃く、土手一面が枯草色に染まっており、冬の江戸川CRを感じさせますが、ところどころに気の早い菜の花が顔を出していて、早春なんだと思い出させてくれます。あと一月もしないうちに、一面黄色い菜の花に覆われることでしょう。

運河河口公園まで着いたらひと休み。天気が良いので気持ちいいですね。帰り道は追い風に乗って気持ちよく快走します。で、その途中でふと気づきました。あれ……頭に何も被っていない。そうです、ヘルメットを被るのを忘れていました。忘れたこともショックですが、帰り道までまったく違和感を覚えなかったことの方がショックです。うわー、こんなこと初めてかもしれません。

今日の走行データは、以下の通りです。

走行距離 13.06km
平均速度 18.5km/h
最高速度 38.3km/h
走行時間 00:42:27
累計距離 1876.5km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


利根運河を抜けて利根川サイクリングロードを少し走った

2019年01月04日、本年の走り初めをしてきました。正月三が日は、天気は良かったものの風がやや強かったですが、この日は天気も良く風も穏やかで、サイクリング日和でした。

先日購入したバックミラーを装着してからの初走行。新しいものを使う時は、ワクワクしますね。先月購入したTG-5もポケットに忍ばせて、初実用です。家を出て、坂を下って江戸川CRに入り、北へ向かって進みます。青空が気持ちいいです。風もないので走りやすいです。

 

運河河口公園が見えてきたら、右に曲がって利根運河に入ります。北岸の方を走っていきます。途中工事中の場所があったので、脇にあった迂回路を通ります。程なくして、運河水辺公園に着きました。日当たりの良いベンチで少しだけ休みます。水辺にはカモの姿が見えましたが、下まで降りるのは面倒だったので、写真は撮りませんでした。

東武野田線の橋梁を越えて東へ進みます。隣にはマンションが建ち並び、道幅は少し狭くなります。歩行者もいるので、のんびりと走ります。運河の様子がのどかで良いですね。水際に生える枯草が日を浴びて、明るく映えます。

 

柏大橋を越えてさらに進みます。人家が見えなくなり、代わりに両岸には森が広がっています。やがて水堰橋に着きました。運河水門も見えて、利根運河の端っこです。一里塚公園でマップを見て、利根川CRに向かいます。

水門前に架かる橋を渡って対岸へ出たら、そのまま利根川CRに入ります。海まで96kmの看板が見えてきました。うわ~、さすがに遠いですね。いつかチャレンジしてみたい気もしますが片道が限界です。

 

最初は川から遠いのですが、しばらく進むと川が見えてきます。そこから少し走ると、つくばエクスプレスの橋梁が見えてきました。ちょうど夕暮れの時間帯でしたので、夕焼けと合わせたつくばエクスプレスの写真を撮ってみました。TG-5を持ってきて良かったです。スマホのカメラではきれいに撮れなかったでしょうし。

さて、帰り道もそこそこ掛かるので、帰路につきます。日が出ている間は風がないこともあり、結構暖かかったのですが、日が落ちたら途端に寒くなります。帰りは利根運河の南岸を走りました。

森のあるエリアは、夕暮れになると鳥の鳴き声がすごいですね。かなりけたたましく、近くに住んでいる人大変だなあ、と思いました。また、夕暮れの時間帯は、ランニングしている人も多かったですね。

運河水辺公園に行くと、何やら雪のような白いものが見えます。なんと草むらに霜が下りていました。加えて道路には氷が張っており、注意して走ります。午後はほとんど日が当たらないのかな。最後は江戸川CRに合流する直前のガタガタに苦しめられます。ここは昔から路面が変わらないですね。路面の影響を大きく受けるロードバイクには、だいぶ走りづらいです。

江戸川CRに着いた時点で、完全に日が落ちていました。サイクリングロード沿いは街灯がないので、真っ暗な中を走るのは結構怖いですね。もちろんLEDライトは点灯していますが、どうしても視界が狭くなります。かなり遠くの看板にも光が反射するので、一応光自体は遠くまで届いていますが、光量不足を感じます。慎重に漕ぎ進めて、ようやくいつもの出入り口ポイントに着きました。昼間に比べて、ずいぶんと長く感じました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 30.26km
平均速度 15.6km/h
最高速度 35.3km/h
走行時間 01:56:00
累計距離 1863.4km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ロードバイクにバックミラーを装着

以前から欲しいと思っていたバックミラーを購入しました。GP-MI-01 Cycle Mirrorです。取り付け部分がラバーバンドになっているので、特に工具類不要で取り付け可能です。取り付け部位は悩みましたが、ハンドル部分にしました。

最初は前傾姿勢時にハンドルバーをしっかり握れるように、少し奥側に装着しましたが、ブレーキを掛けるときに少し邪魔に感じました。なので最終的には写真よりも少し手前に移動しています。とっさのブレーキ等考えると、優先させるのはこちらですしね。むしろハンドルの先端に付けてしまった方がいいのかな。この辺は実際の使用感と併せて、試行錯誤するかと思います。

ちなみに輪行時は外さないと駄目そうです。ミラー部分だけ簡単に脱着できるタイプのものがあるかなー、と思っていましたが、店頭で見る限りありませんでした。まあ、そんなに頻繁に輪行しないので良いですけど。頻繁な脱着はラバーの劣化を早めそうです。

さっそく装着して走ってみました。まだ見方が慣れませんが、後ろを常に振り向かなくても、とりあえず様子を確認できると言うのは、安心感があります。ただ、死角はあるでしょうし、結構近くまで来ないと判別しづらい感じがあるので、最終的に目視は必須ですね。その他の副次効果として、車に対して後方視認を出来ているというアピールにもなるかと思います。