「 書評 」一覧

読んだ書籍の感想や、備忘録としてのまとめ

人工知能概論 第2版

人工知能概論 第2版

人工知能について知識を得たいと思って、読みました。書評がだいぶ遅れてしまいましたが、実際に読んだのは1年前くらいになります。人工知能関連の書籍は、相当前に「マッチ箱の脳」という本を買いましたが、それ以来ですね。

人工知能というと、人間と同じように会話できるシステムを思い浮かべましたが、実際にはもっと幅広いものです。本書では、基本的な知識から積み重ねていき、後半では様々な手法を幅広く論じています。

ちなみに、書籍のタイトルにある通り、概論なので、この本だけで実践まで持っていくのは、難しいかと思います。様々なコンポーネントについて概要を説明しているので、必要だと感じた分野については、別途専門書を読む必要がありますね。

  • 第2章:問題の状態空間表現と探索

問題を記号化して、それを探索して解いていく方法について、説明しています。直感的な内容なので、分かりやすいですね。

  • 第3章:プロダクションシステム
  • 第4章:意味ネットワークとフレーム
  • 第5章:述語論理とファジィ論理

情報にどうやって意味を持たせるか、情報を取り扱うルールをどう定義するか、問題の記号化の方法について、説明されています。述語論理のところがなかなか理解しきれず、苦労しました。

  • 第6章:多様な知識メディアの知的処理

自然言語などを、これまで説明してきた記号化に適用させる方法についてです。構文解析とか、昔大学のコンパイラ作成演習のときに出てきた内容もあります。Twitterのbotアプリとか作ってみたいなあ、と思っているので、この辺に興味があります。

  • 第7章:推論

与えられた条件から、ルールに従い、結論を予測する方法です。演繹法や帰納法など、さまざまな推論について、説明があります。

  • 第8章:機械学習

これまでの人工知能は、思考に必要なルールを与えられるだけでしたが、人間と同じように自らルールを学ぶようにするのが、機械学習です。これが出来るようになると、いよいよ人間臭くなってくる気がします。

  • 第9章:ニューラルネットワーク
  • 第10章:進化的計算

人間の脳細胞にあるニューラルネットワークの構造や、生物の進化アルゴリズムなど、既存の学習の仕組みをモチーフにした、人工知能モデルの研究です。何となく考え方は分かったけれど、どう使いこなすかのイメージが、なかなか湧かなかったです。

  • 第11章:知的エージェント
  • 第12章:Webインテリジェンス

この辺は、あまり興味なし。


東大生が本気で考えた勝ち抜くための株の本

株式投資に関する入門本です。株式投資は数年前に行ないましたが、大した知識もなく、興味のある株を買っただけでした。結果、現在かなりの含み損を抱えています……。というわけで、とりあえず最低限の知識を体系立てて学ぶために、本書を購入しました。

ひと通り読んでみて、記憶に残っている内容は、以下の通りです。

  • 損切り、利確
  • 企業の財務諸表や業界動向などのマクロ分析
  • ひげチャートなどによるミクロ分析
  • 値動きを引き起こす情報をいかに早く知るか

じゃあ、この本を読んで、すぐに株式投資を始めよう、とはいきません。頭で理解した気になっても、なかなか腰が上がらないです。普段から経済ニュースを見るようにして、意識の土壌を築いていくことが必要だと感じました。

本書は、ざっくりと株式投資に関する入門知識を俯瞰する内容ですね。会話形式になっており、とても読みやすいです。ゆえに、ハウツー本の視点で見ると、使いにくいかもしれません。


数学ガール

前から気になっていた本です。章ごとに問題を扱っていますが、先に進むにつれて、扱う内容が難しくなっていきます。最初のほうは、おぼろげな数学の知識を駆使して何とか喰らいついていましたが、半分手前くらいで理解できなくなってしまいました。

しかし、理解しきることができなくても、問題を解きほぐす工程は何となくイメージをつかむことはできます。解答にたどり着くまでの試行錯誤を、(意味のある)寄り道たっぷりに書いてあるので、数学に親しみが湧きますね。さまざまな数学ツールを使いこなして、問題をこね回していく様子は、それを理解しきれなくても、楽しさが伝わってきます。いわゆる教科書が無機的な印象であるのに対し、この本は有機的な感じでしょうか。(図らずも作者さんのお名前と重なる)

また、登場人物も好きです。ぼく、ミルカさん、テトラちゃん。自分はやっぱりテトラちゃんですね(笑)。テトラちゃんの脳内イメージは、ToHeartのマルチだったりします。これらの登場人物の間で、ちょっと甘酸っぱい、そして若干気恥ずかしい恋愛ストーリーが展開されますが、内容自体は数学的な部分が大半を占めるので、そういうのが苦手な方でも、数学的読み物としてお薦めしたいです。


会話がとぎれない話し方!66のルール

だいぶ前に買った本です。自分は会話が上手いほうではないので、何かヒントになればと思い、購入しました。内容は、実践に無理がなく、納得いくものが多いです。確かに会話が弾んでいるときは、このルールにはまっているなあ、と感じることが多かったです。

特に、ピックアップしたいのが、次の3点です。

  • 相手の話を聞いて、同意の意思を伝える
  • 自分の気持ちをちょっぴりオープンにして伝える
  • 気持ちを伝える語彙を増やす

66のルールですから、もっとたくさんの内容がありますが、根幹となっているのはこの辺かな、と思います。状況別のパターンや、より具体的な内容が、他のルールとして載っています。

まず、1つ目の、相手の話を聞いて、同意の意思を伝えること。面白いことを言える人気者を目指す必要はありません。話しかけてくる人は、何かしら伝えたいことがあって、話しかけてきます。ものすごく当たり前のことですが、改めて意識すると、面白いです。職場でも、ひと仕事終えてすっきりしたんだなあ、良い解決案思いついて自慢したいんだなあ、体調のこと心配して欲しいんだなあ、話したいエピソードがあるんだなあ、など色々な理由が読み取れます。相手の話したいことを意識すると、上手く話を引き出せて、会話も弾みやすくなりますね。ただ、職場の場合は、自分が仕事に手詰まっていると、話をする心の余裕がなくなるのが、難点です^-^;。

2つ目の、自分の気持ちをオープンにして伝えること。これ、苦手ですね~。何がきっかけか良くわかりませんが、感情を抑制するような形で、育ってきたのだと思います。なので、自分の会話は、わりと事実やそれに基づく思考が多くなってしまいます。しかし、実際気持ちが見えたほうが、話も広げやすいですよね。まあ、わかっちゃいるんですが、なかなか。

3つ目の、気持ちを伝える語彙を増やすこと。大意は同じでも、ありきたりなフレーズだと、そこで会話が途切れてしまうことが多いです。ちょっと気持ちを上乗せしたフレーズを使うと、そこから相手の気持ちが引き出せて、話が広がりやすいと思います。

以上、この本を読んで、実際に活用してみた上での感想です。説明する上で、どうしても理論的な書き方になる部分もあります。けれど、実際には、普段の会話のなかで、ある程度無意識にやっていることばかりで、そこに改めてフォーカスを当てているだけです。なので、実践に無理がなく、且つ効果が着実に出てくると思います。

というわけで、ちょっと会話が得意ではないかな、という人は、読み物としていかがでしょうか。1~2日あれば読み終えることができる量なので、お薦めです。


道は開ける

「道は開ける」(D・カーネギー)を読了しました。もともとこの本は、うちが就職した際に、父から贈られたものです。ただ、元来活字本が好きではなかったので、ずっと読まずに放置してきました。そこへ、ここ最近の個人的なプチ読書ブームに乗り、ようやく読む運びとなりました。

内容は、悩みに対してどう対処するか、というテーマに対して、様々な観点から処方箋が書かれています。悩みというものは、多くの場合堂々巡りで、時間を無駄に消費します。出来れば避けたいものです。そのための方法として、本書のなかで上げていた内容から、特に気になったものをピックアップします。

  • 過去と未来には鉄壁を設けて、今日のことだけを悩め。過去のことをくよくよと振り返らず、また未来のことをあれこれ心配しないようにするということ。過去も未来も、今日にはどうしようもないので、結局考えがぐるぐる回ってしまい、時間を浪費しちゃいます。
  • 悩みを冷静に見つめれば、それは大したことじゃない。実際に、あれこれ悩んでいたことを、一週間後に振り返ると、実に下らないなあ、ということが多々あります。
  • 同様に、未来について悩んでいることの大概は発生しない。これも確かにそうだなあ、と思いました。様々な状況を想定してたくさんの悩みを抱えがちですが、実際には思いの外ことは順調に運び、何とかなってしまうものです。

中高学生時代は、運動が苦手だったり、対人関係だったり、悩みの種は尽きなかったです。それに比べて、今ではあまり悩むようなことはありません。しかし、ちょっとした失敗をくよくよ振り返ってしまったり、少し面倒な作業を不安に思ったりして、小一時間程度をモヤモヤと過ごしてしまうことは、たまにあります。

そこで、今日は今日のことだけを悩むように、心がけています。過去のことはどうにもならないし、また未来のことも大概は発生しえないし、今日は今日に集中してこそ、充実した生き方ができるはずです。実際、今日という日に限定すれば、悩むべきことなんてほとんどないんですよね。

ただ、これは普段からの考え方を変えていく必要があるので、時折この本に目を通して、振り返ることが大切かと思います。悩みのない生き方は、本当に豊かな生き方だと思うので、そうありたいですね。