「 スキューバダイビング 」一覧

スキューバダイビングのログ

恩納村と読谷村の旅~4日目、最終日(ジンベエザメダイビング)

 

4日目、5時30分に起床して、ダイビングの支度。この日の朝食はフォーを選びました。2種類だけなので、3連泊以上するとメニュー被りは避けられません。朝食からの帰り道、廊下にクワガタがいたので、戯れてみました。

7時20分、宿を出発して、ダイビングショップへ向かいます。そこから車で読谷村の都屋漁港に移動します。これまでの真栄田岬や万座は、ダイビングやシュノーケルなどのレジャー比率が高かったですが、こちらは漁業がメインと言った雰囲気の漁港です。すぐ近くに屋根付きの待機施設があるので、そこでお話をしながら出港時間を待ちます。

  

9時ごろ、港を出発しました。ポイントまでは数分程度。波が出ていて、そこそこ揺れます。準備を済ませて、バックロールでエントリー。入ってすぐにネットが見えます。そのネットに掴まって中を見ていると、巨大な影が近づいてきました。そう、ジンベエザメです。コバンザメもしっかりくっついています。ネットの中ではダイバーが餌を巻いているので、それを追いかけるように回遊しています。2匹いるので、一層迫力が増します。なお、この撒き餌により、ツバメウオなどの魚も周辺をたくさん泳いでいます。

 

いかんせん巨大すぎて、なかなか全体を思い通りの構図で収められません。遠いとぼんやりしてしまいますし、近いと全体が入らないという。迫力という点では、正面を向いてこちらに向かってくる様子が良いですね。口を大きく開けて接近してきたところを収めたのが、個人的ベストショットです。ちなみにこうして寄ってきた後は旋回して別の方向に去っていくのですが、時々尾びれがネットに触れます。ジンベエにとってはこすった程度でも、なかなかのパワーを感じます。

 

その後はネットの横へ移動し、中層で観察します。真横だったり、或いはジンベエザメを見上げるような構図をとることができます。

それから再び上がり、ネットの上で安全停止。浅くて波も出ているので、そのまま引き上げられないように、要注意。

ちなみにネットの中で泳げるかと思っていましたが、現在のジンベエザメは新しく入ったばかりでまだ人に慣れていないため、ネット外からの観察になっているとのことです。ネットの目は大きいので、ネットの外からでも十分に迫力のある写真は狙えます。

本数 99
日付 2019/07/01
エリア/ポイント 都屋漁港/ジンベエポイント
潜水時刻 09:14-09:46
水深(平均/最大) 5.9m/12.1m
水温 27.0℃

エグジットしたら、帰港して本日のダイビングは終了。2本目のダイビングに向かうには時間が慌ただしいし、3本目は時間がやや空くのと減圧症リスクが気になるので、この1本のみにしました。

ショップに戻ってログ付けし、精算を終えたら、器材を回収して、宿まで送っていただきました。

宿ではシャワーを浴びて、ダイビング器材をバルコニーに干します。バルコニーがあるのありがたいです。

 

少しお昼寝をした後、15時手前にお出かけ。近くにある番所亭にて、夕食をいただきます。注文したのは、紅ざるセット。紅芋を練り込んだ蕎麦と、ミニソーキ丼のセットです。紅芋感はあまり分かりませんが、美味しいです。外が暑いので、ざるそばの清涼感が良いです。一方、ソーキ丼はジューシーな肉と濃厚なタレで、ご飯が進みます。

  

お腹を満たしたら、座喜味城跡を目指して歩きます。そこそこ距離がありますが、空模様が曇りがちになってきたので、助かっています。途中、交通迂回案内が出ていて不安でしたが、歩行者は通れて良かったです。座喜味城通りを歩き、島まるみぬ瓦屋を見て、座喜味城跡公園に着きました。

   

松林を抜けて、城壁の見える場所まで進みます。そしていざ城内へ。基本的に残っているのは城壁部分のみで、ごく一部建物の基礎部分がある程度です。一番高いところまで登ると、海を含めた周辺地域を見渡すことができます。これぞ城の眺めですね。曇りなので比較的涼しくて助かるのですが、色はあまり映えません。城跡を見学した後は、公園内を少し散策して、宿へ戻りました。

 

17時すぎ、宿に着いたら、ログブックの記述を整理します。こういうのは記憶が鮮明なうちに書いておくに限ります。夕食は、昨晩と同じく池城ストアーで買ってきました。ジューシーソーメン弁当とオリオン麦職人で夕食&晩酌です。あとは、時間があるので洗濯もしておきました。

21時手前に就寝しましたが、寝付けないので、持ってきた3DSで遊び、23時すぎに改めて就寝しました。

最終日、6時に起きて、チェックアウトのための荷造り。この日の朝食は、いつもの二択に加えて、唐揚げカレーライスを選べたので、それを頼みました。

7時30分、ホテルをチェックアウトし、喜名停留所から、20番系統に乗って、那覇空港に向かいます。嘉手納まで通学の学生で混んでいましたが、そこからしばらくは空いてました。那覇市内に向かうにつれて、再び混んでくる感じです。しかし往路の乗り換えを考えると、1本で空港まで行けるのはありがたいですねえ。

9時30分すぎ、那覇空港に着きました。ダイビング器材をJGCカウンターにチェックインして、優先レーンで保安検査場を通過し、売店で塩キャラメルナッツサブレを購入。その後はサクララウンジで搭乗時刻を待ちます。沖縄ということで、アルコールに泡盛があったので、少しいただきました。

10時25分、那覇空港を離陸します。往路は普通席でしたが、復路はクラスJを確保でき、最前列の1K。国際線仕様なので、Free WiFiは使用不可とのことでした。特に困ることもないかなー、と思いましたが、ふと暇になったとき、Free WiFiでネットに繋ぎたくなりますね。

羽田空港に無事到着し、今回の旅行はお終いです。


恩納村と読谷村の旅~3日目(万座ダイビング)

3日目、5時20分に起床して、ダイビングの支度を済ませます。この日の朝食は、バインミーを選びました。前日より少し早い7時出発です。本来はもう少し遅くても良いのですが、路線バスが結構遅れるので、そのバッファを見込まなくてはならないのです。

本日のダイビングは万座。前日の真栄田岬よりは遠く、車で10分程度移動します。ダイビングスタイルは真栄田岬と同様、1本毎に港へ戻ってくるスタイル。

 

1本目のポイントは、万座ホーシュー。馬の蹄のような岩があることが、ポイント名の由来です。エントリしたら、リーフから落ち込むドロップオフに出ます。水底は60メートル近くになるので、中性浮力必須です。ドロップオフに沿って中層を泳いでいき、サメなどの大物がいないか観察します。遠くに2回ほどうっすらとシルエットが見えた気がしますが、はっきりとは分かりませんでした。ある程度進んだら、引き返します。帰りは潮の流れが逆向きなので、少し疲れました。

なお、ここのポイントはすぐ近くが陸地になっており、そこから釣り人が釣り糸を垂らしています。なので、ガイドの指示に従い、ドロップオフから離れすぎないようにします。あまり外へ出ると、釣られてしまいますので。タイミングが合えば、釣り上げられる魚を見られます。

 

リーフに戻ってきたら、水路などを探索。ルーフ越しに見上げる水面の光や、そこを泳ぐ魚たちのシルエットが、とても幻想的で癒されました。

本数 96
日付 2019/06/30
エリア/ポイント 万座/ホーシュー
潜水時刻 09:05-09:36
水深(平均/最大) 10.3m/18.4m
水温 26.1℃

陸の方では、万座毛を見られます。ちょうど先端のほうに目を遣ると、小さな人影をいくつか見ることができます、

  

2本目のポイントは、万座ドリームホール。万座毛で一番有名なポイントではないでしょうか。まずはリーフで、クロユリハゼを見たりします。それから縦穴に潜行して、洞窟の中を進んでいきます。中は真っ暗で、水中ライト必携です。一番下まで潜ると、濃い青色をした大きな出口が見えます。後で、ピカチュウみたいに見える、と聞いて、なるほどを思える形をしています。岩壁に沿って群れる魚もきれいですね。暗かったせいもあり、少しバランスを取るのに手こずりましたが、満喫できました。

その後はスカシテンジクダイの大群や、カスミチョウチョウウオなどを楽しみました。

本数 97
日付 2019/06/30
エリア/ポイント 万座/ドリームホール
潜水時刻 11:04-11:37
水深(平均/最大) 12.4m/27.9m
水温 25.4℃

 

昼食は、近くにある花村そばにて、いただきます。ウェットスーツのまま食べられるので、ありがたいですね。注文したメニューは花村そばです。ソーキに三枚肉の全部乗せ、ジューシーもついてきます。

お腹を満たしたところで、3本目へ。3本目のポイントは、万座ナカユクイ。エントリポイントから緩やかに水底が沈んでいくコースです。通常は最初に深場へ行って、それから徐々に深度を上げてきますが、今回のような徐々に深場へ進むコースの場合は、引き返すタイミングを決めるために、NDL(無減圧潜水可能時間)に注意する必要があります。

 

スカシテンジクダイやオトヒメエビなどを楽しみます。途中小さな青いクマノミを見たのですが、あれはクマノミなのか、別の魚なのか。青いクマノミもいるらしいですが、一般的には赤ですよねえ。そんな疑問も抱きつつ、砂地に沿ってどんどん潜っていったら、30メートル近くになっていました。

そこで見たものは、巨大な漁網。全景を見ると圧巻です。コーラルなどが張り付き、周囲には魚たちが群れていて、すっかり漁礁となっています。ミナミゴンベなどを見ました。

その後は、クロスジリュウキュウウミウシ、タカラガイ、ボクサーシュリンプなどを見ながら深度を上げていき、リーフで安全停止をしてエグジット。

ちなみに、久しぶりにハウジング内の結露をやらかしてしまいました。昼休憩時に何故かハウジングからカメラを取り出してしまったんですよね。湿った熱い空気をハウジングの中に入れてしまったので、もうどうにもなりません。最近やらかすことがなかったので、シリカゲルも入れていませんでした。完全に油断ですね……。なるべく冷やして、水気を拭き取るなど、最善を尽くした結果、かろうじて撮影ができました。写真が全体的に白っぽいのは、このせいです。

本数 98
日付 2019/06/30
エリア/ポイント 万座/ナカユクイ
潜水時刻 13:44-14:22
水深(平均/最大) 13.5m/27.3m
水温 25.6℃

こうして本日のダイビングは終了。ポイントによるのかもしれませんが、昨日の真栄田岬に比べて、難易度はやや高めに思えました。ショップに戻ってログ付けをしたら解散です。

昨日と同じルートでなかゆくい市場に行き、ブルーシールのダブルコーンアイスをいただきます。本日のフレーバーは、紅芋とサトウキビ。その後はバスに乗って宿へ戻りますが、遅延していてなかなか来ません。ここのバス停は日差しを遮るものがほとんどないので、ジリジリと焼かれながら待ちました。

喜名停留所で降りたら、喜名番所を見つつ、池城ストアーで夕食を買い出し。宿に戻ったら、カツカレーライスを食べつつ、ポテチとオリオンビールドラフトで晩酌しました。

その後は、ビーチタオルや衣類を洗濯します。廊下に洗濯機と乾燥機が設置されており、自由に使うことができます。有料で洗剤も買えますが、とりあえず水洗いで良いです。いやー、夏の沖縄で気軽に洗濯できる環境は、ありがたいですね。

そして20時30分ごろ、就寝しました。寝たのが早いせいか、途中数回目が覚めましたが、すぐに入眠。2日連続の3ダイブは、それなりに疲れているようです。


恩納村と読谷村の旅~2日目(真栄田岬ダイビング)

5時30分に起きて、ダイビングの支度を済ませます。毎回一番時間が掛かるのが、日焼け止めクリームの塗布。これもっと楽にできないんですかね……。朝食は、フォーとバインミーの2択で、フォーを選びました。じゃらんのレビューで朝食が特徴的という記述を見ましたが、なるほど。

7時20分ごろ、ダイビング器材を持ってホテルを出て、路線バスで仲泊まで移動します。道中、たくさんのセミが賑やかに鳴いており、ひと足早い夏を感じさせます。ただ、後で聞いた話に依りますと、今年は梅雨明けが遅く、このように夏本番となったのは、つい2,3日前だそうです。良いタイミングで訪れることができました。ちなみに、今回お世話になるダイビングショップは「ワールドダイビング」さん。この日は真栄田岬で潜ります。

車でショップから港まで移動して、セッティング。港からポイントまで近いので、1本ごとに港へ戻ってくるスタイルになります。天気は少し雲が出ているものの、概ね晴れ。海峡も穏やかで、ほとんど波がありません。数日前の大雨の影響で、透明度は少し下がっていました。

  

1本目は、光のクレパス。フウライチョウチョウウオ、ツノダシ、ツノハタタテダイ、スミツキトノサマダイなどを見ます。そしてイソギンチャクに入ったり出たりするクマノミにも出合いました。それからポイント名の由来である細い水路へ入ります。少し砂が舞い気味でしたが、水面を見上げると水路に青い光が差し込み、美しいです。崖に群れているアカマツカサもきれいでした。水路の岩陰の部分で伊勢海老の上半身だけみたいなものを見かけて、あれが何だったのか、未だに気になっています。エグジット前のキビナゴの群れも圧巻でした。

本数 93
日付 2019/06/29
エリア/ポイント 真栄田岬/光のクレパス
潜水時刻 09:20-10:01
水深(平均/最大) 9.2m/15.3m
水温 26.2℃

  

2本目は、シークレットスポット。ガラスハゼ、アオウミガメ、そしてクマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミなどに出合いました。リュウキュウキッカサンゴは、どういうサンゴかきちんと把握していなかったので、別のサンゴを撮影してしまいました。

本数 94
日付 2019/06/29
エリア/ポイント 真栄田岬/シークレットスポット
潜水時刻 11:10-11:47
水深(平均/最大) 14.1m/20.2m
水温 26.0℃

港で昼休憩。お弁当をいただきます。わさーっと詰め込まれた沖縄らしいお弁当です。風が吹くので、弁当殻を飛ばされないように、要注意です。

  

3本目は、ツバメの根。ハナミノカサゴ、フエフキヤッコ、そしてソライロイボミノウシ、ミゾレウミウシなどのウミウシ類、イソギンチャクモエビを見られました。

本数 95
日付 2019/06/29
エリア/ポイント 真栄田岬/ツバメの根
潜水時刻 13:11-13:50
水深(平均/最大) 13.1m/19.2m
水温 25.1℃

有名な青の洞窟はボートの目の前にあります。夏本番の手前ですが、洞窟手前で結構な人数のシュノーケラーがいます。夏本番の洞窟内部は、芋洗い状態なんだろうなあ。

ショップに戻り、ログを付けたら、解散です。明日以降も潜るので、器材は預けておきます。

  

ショップ裏手のビーチ沿いを歩きます。太陽の日差しが熱いですね。真っすぐ進んでいくと、やがて大きな道路に出ます。そこを渡ると、恩納なかゆくい市場があります。色々なお店があり、観光スポットになっています。こちらでブルーシールのダブルコーンアイス(ストロベリー&チョコレートフレーバー)をいただきました。

 

その後は、仲泊遺跡の入口に立ち寄り。興味がありましたが、さすがにサンダルで進めそうな雰囲気ではなかったので、断念。麓にある貝塚跡だけ眺めました。それから、ルネサンスリゾート前停留所から路線バスに乗って、ホテルまで帰りました。

16時30分すぎ、宿に着いたら、ベッドで横になって休みます。夜眠れないと困るので、がっつりとは寝ません。

19時手前、夕食のため、外へ出ます。夏至が近くて西にあるので、この時間でもずいぶんと明るいです。ですが、日が傾いでくると、昼間の暑さは和らぎます。調べたところ、宿の周辺の居酒屋の軒数は多くないので、軒数の多い南の方まで足を伸ばします。

    

およそ2km歩いて、はりゆんに到着。思いのほか距離がありました。まずはオリオンビールドラフトで渇いた喉を潤します。お通しは茶わん蒸し。それからたこわさ、グルクンの姿造り、鶏なんこつ唐揚げをいただきます。明日もダイビングのため、お酒は控えめにしようと思っていましたが、我慢できずに残波(黒)一合を注文してしまいました。〆に上寿司を頼み、そして先ほどの姿造りの骨は、揚げてもらいました。

店を出ると、さすがに日はすっかり落ちていました。日差しの熱さはありませんが、2km歩くとさすがに蒸し暑いですね。

宿に戻ったら、23時ごろ就寝しました。


カンクン旅行~4日目(セノーテダイビング)

4日目、この日も4時ごろ起きます。ダイビングの支度をして、6時ごろ送迎車でピックアップ。

セノーテは、水面がない洞窟空間でのダイビングになります。万が一トラブルがあった際に緊急浮上ができないため、水面のあるオープンウォーターと比べて、リスクへの対処の仕方が異なってきます。未踏の水中洞窟を探検するケーブダイビングと、入口から60メートルの範囲に限定したカヴァーンダイビングがあります。通常のダイバーはこれらの認定を受けていないため、カヴァーンダイビングの体験ダイビングと言う扱いで、セノーテに潜ることになります。

車中では、そのためのルール説明講座。ガイドロープ、タンク3分の1ルール、ハンドシグナル、隊列の組み方、フィンキックのやり方、たくさんあって、頭に入りきらないように思えて、不安が増していきます。

タンクの残圧は、折り返し時点で3分の2以上、終了時点で3分の1以上となるようにプランニングします。3分の2を下回った時点で、予定より手前であっても折り返しになります。つまり往路で3分の2を下回った時点でガイドに伝えることが、最も重要なことになります。ハンドシグナルは数字の2です。それ以外はOKを返します。通常のオープンウォーターでの残圧チェックとはかなり異なります。

ハンドシグナルは、OKが円を描くように回す、Attentionが上下に振る、Emergencyが横に振る、です。

途中、コンビニで停車して、朝食を調達したり、トイレに行ったり(有料)。なお、今回行ったセノーテにもトイレ施設はありました。

1本目に潜るセノーテの開場時間が最近1時間後ろ倒しになったとのことで、さらに近くのスーパーで時間調整。ここでウェットスーツまで装着します。セノーテは海に比べて水温が低い場所もあるので、5mmです。

 

1本目のポイントは、エデンです。9時の開門を待つ車列が出来ていました。敷地内へ入ったあとはセッティングを行ない、階段を下りていざセノーテへ。エデンは入口部分が広くて、シュノーケルでも楽しめそうな雰囲気です。コースは、最奥部まで行っての折り返しになります。

さっそくエントリして、水面集合。ここでウエイトの量を変えて浮力調整します。それから、奥にある洞窟の入口へと向かって潜行します。真っ暗な洞窟の中を、水中ライトを片手に進んでいきます。水中ライトは常に点灯して、前方を照らしておきます。光の動きがハンドシグナルに繋がるので、むやみに振り動かすのはNGです。その状態で写真を撮るのは大変かなあ、と思ったけど、意外と何とかなります。ただ、水中ライトだったり、中性浮力だったり、色々気に掛ける必要のあることが多いので、カメラに夢中になりすぎるのは危ないですね。なので、今回は基本スナップショットのつもりで撮影しています。芸術写真のように凝ろうとはしていません。

 

しばらく進んでいくと、前方に水色になびく光のカーテンが見えてきました。おお、これこそセノーテに期待していた光景です。テンション上がりますね~。それからその光が差す中を泳いでいきます。

 

光を抜けると再び洞窟の闇の中へ戻ります。セノーテは海にも繋がっているため、淡水だけではなく海水も交じっています。海水の方が重いので、水中に淡水と海水の面ができます。これがハロックラインです。人が通ってかき混ぜられると、ピンボケのように視界がぼやけます。結構強くぼやけると、上下左右の感覚が掴みにくくなり、少し怖いですね。

 

再び光のカーテンが登場です。今度は真横から見られました。洞窟の闇と光の対比がきれいです。そして入口まで戻ってきました。洞窟内では、小さな魚がたまに泳いでいるくらいで、ほとんど生物を見かけないのですが、光が差す入口部分には、たくさんの水草が生えていました。

ここで安全停止のため、ぼけ~っとしていたら、ガイドのサインに気づかず怒られました。厳しいですけど、安全のためです。実際に潜って感じましたけど、カヴァーンとは言え、それなりの距離を進むので、奥の方で何かトラブルがあったら一人ではどうしようもないです。

セノーテのエントリ/エグジットポイントには、階段の昇降が必要ですが、アルミニウムタンクなので、それほど大変ではありません。器材セッティング場の近くには、野良イグアナがいました。

本数 91
日付 2019/05/03
エリア/ポイント セノーテ/エデン
潜水時刻 09:50-10:31
水深(平均/最大) 7.0m/12.9m
水温 27.4℃

2本目のポイントは、タージマハ。エデンからすぐ近くです。セッティングを済ませて、エントリポイントへ。エデンとは違い、入ってすぐに洞窟の入口です。シュノーケルには向きませんね。コースは一筆書きで、ぐるっと1周回ります。

  

1本目で潜ったエデンより水温が低くて、入った瞬間はひんやりします。とは言え、5mmウェットなら十分に快適です。ハロックラインや、鍾乳石などを楽しみます。こちらは巻貝の化石もよく見かけました。奥の方まで進んでいくと、進入禁止のドクロマークつき看板があります。ここから先は、ケーブダイバーの領域です。

エデンと違い、アップダウンが多いので、耳抜きが忙しいですね。オープンウォーターなら自分である程度深度を調整出来ますが、洞窟内では出来ないので、何度も耳抜きが必須です。途中なかなか抜けなくて少し焦りました。あとは深度が浅くなることによる空気の膨張です。上昇時にどんどん浮力が強くなって浮上速度が上がっていくシーンが1回ありました。事前に注意を聞いていたので、BCDの空気を抜いて天井との衝突を無事回避できました。通常セノーテ内ではフィンを着底させないために、身体を水平にしますが、空気を抜くときは上半身を起こす必要があります。

しばらく進んでいくと、エスメラルダに着きます。ここは木の根が水中に伸びて、その上から光が差し込む幻想的な場所です。少し緑がかった光ですね。

   

最後はレーザービームのように3本の細い光が差し込む場所です。個人的には、ファイナルファンタジーのダンジョン内のセーブポイントを思い出しました。これらの光以外にも、洞窟の鍾乳石が立派で、楽しむことができます。上から降りるつらら状のものや、石筍もあります。残念ながら折れたようなものも見受けられました。

セノーテと言うと、水色の幻想的な光のカーテンばかりが注目されがちですが、宙を舞いながら鍾乳石の洞窟の中を探検出来ることも、かなり楽しいですね。地上の洞窟探検では出来ない体験です。

本数 92
日付 2019/05/03
エリア/ポイント セノーテ/タージマハ
潜水時刻 11:53-12:33
水深(平均/最大) 8.0m/13.8m
水温 25℃

  

こうして2本目のダイビングを終えました。器材片付けを行ないます。5mmウェットを脱ごうとしたら、右親指の爪が少し剥がれた……。最近爪周りが弱いなあ。片づけを終えたら、この場で昼食タイム。サンドイッチをいただきます。

セノーテは特殊なダイビングなので、潜る前は結構不安もありました。本文中には書ききれなかった、実際に潜ってみた感想やメモを書いておきます。

  • 中性浮力は意外と大丈夫だった。きれいにピタッと静止はできないけれど、ゆっくり進むし、海と違って流れがないからかな。
  • 正しいフロッグキックは出来ていないと思うけど、とりあえず平泳ぎの足で泳いだ。フロッグキックが出来ないなら、足を上に上げた状態での小さなバタ足でも良いらしい。
  • 透明度はさすが。100メートルとも言われるけど、洞窟内にそこまでの直線距離のある空間がない。でも人が潜った後だと、水中に細かい塵は舞っているね。潜っている最中はあまり気にならなかったけど、写真で見ると気になる。

  

タージマハを出発し、市内のショップでタンクを返却したら、プラヤデルカルメンにて1時間の散策タイム。とりあえずブラブラと歩いてみます。しかし、とにかく日差しが強くて暑い。通りを歩いて街の様子を一通り眺めたら、商店で買ったジュースを飲みながら、日陰で過ごしていました。ショッピングしないからな~。

15時30分、プラヤデルカルメンを出発し、17時30分ごろホテルに着きました。横になったらそのまま寝落ちしてしまい、21時ごろ再度起床。シャワーを浴びたり、筋トレをして、23時ごろ再び就寝しました。


カンクン旅行~3日目(コスメル島ダイビング)

4時ごろ起床して、ダイビングの支度。日焼け止めを入念に塗っておきます。そして6時すぎ、送迎車に乗ってコスメル島へ向かいます。昨日は解散タイミングが違ったので気づきませんでしたが、昨日のダイビングに参加したファミリーは同じホテルでした。後日何度かすれ違ってご挨拶。

向かう先はプラヤデルカルメンと言う街です。大体車で1時間くらいの距離になります。朝早いこともあり、移動時間はお休みタイムとなりました。

プラヤデルカルメンに着いたら、フェリーに乗り換えます。出航まで少し時間があるので、街を散策。コンビニに寄って朝食用の菓子パン、水と、酔い止め薬Dramamineを購入しました。酔い止め薬は日本から持参していましたが、ホテルの部屋に置きっぱなしにしてしまいました。朝たっぷり時間があったのに、忘れてしまうものですね……

8時になり、フェリーに乗船します。船内は自由席。景色を見るため、端っこに座ります。およそ40分ほどでコスメル島に着きました。

コスメル島に着いたら、タクシーでマリーナまで移動します。10名程度なので分乗していくのかと思っていたら、ワゴンタイプのタクシーがありました。

マリーナに到着後は、セッティングを済ませて船に乗り込みます。ポイントまではあまり時間が掛からずに到着。最近は沖縄本島からの慶良間諸島で片道1時間コースに慣れていたためか、ずいぶんと近くに感じます。

    

1本目のポイントは、Yucab Reef。エントリしてすぐ底まで見える透明度。グレーエンジェルフィッシュやブルータング、ツマグロチョウチョウウオ、オーシャントリガーフィッシュなど、カリブ海の魚を楽しみます。クイーンエンジェルフィッシュの名前の由来にもなった天使の輪っかも、写真に収めることができました。また昨日に引き続き、スポテッドドラムも見られました。あと昨日は見られなかったコットンウィックグラントの群れがいました。

そして、ドリフト中に悠然と目の前を泳いでいくオニカマスがいて、なかなか迫力ありました。オニカマスってあまり見た記憶ないです。少なくともこの距離で見たのは初めてのはず。他には、イエローヘッドジョーフィッシュが何匹かいたので、穴から出てくれるタイミングを粘って撮影。近づくと穴に隠れてしまうので、テレコンバージョンレンズが欲しくなりますね。

本数 89
日付 2019/05/02
エリア/ポイント コスメル島/Yucab Reef
潜水時刻 10:22-11:08
水深(平均/最大) 11.0m/14.4m
水温 28.2℃

1本目を終えたら船上休憩。リンゴやタコスをいただいてリフレッシュ。ワカモレ美味しい~。

2本目のポイントは、Paradise Reef。1本目より透明度が高くて、まるで水槽の中にいるようです。海藻が点在する平たい砂地では、遠くの地平線?まで鮮明に見えて、透明度の高さを強く実感できました。1本目よりも潮の流れが早くて、流れに身を任せる感じです。自分から動き回って生き物を探すのは少し大変。1本目と同じく、岩陰ではロブスターをよく見かけます。それから見た目が気になって思わず写真に撮ったスムーストランクフィッシュ、大西洋でしか見られない魚です。1本目に引き続き、オニカマスも見られました。ただ、トードフィッシュは見られなかったので、昨日のダイビングで見られて良かったです。

本数 90
日付 2019/05/02
エリア/ポイント コスメル島/Paradise Reef
潜水時刻 12:10-12:52
水深(平均/最大) 9.6m/13.2m
水温 27.6℃

2本目を終えて水面に上がると、目の前には巨大な豪華客船が停泊していました。青い海と空に白い船、映えますなあ。マリーナにある施設でシャワーを浴びてトイレを済ませたら、タクシーに乗ってフェリー乗り場前まで移動します。

すぐ近くにあるベニートフアレス公園で、フェリー出港時刻までの待ち時間を兼ねた昼食休憩となりました。サンドをいただいたので、公園内のベンチでmogmog。でもソースをズボンにこぼしてしまって、少しテンションダウン。ところでこの公園、日差しを遮るものがほとんどなく、大半が日向です。そのため、数少ない日陰に人が集まっています。

ちなみにCOZUMELサインは、この公園内にあります。公園の周りの建物は色鮮やかで南国を感じさせます。海沿いの通りもお洒落ですね。一方で陸側へ1本通りを入ると、庶民的な雰囲気になります。

16時近く、フェリーの出港時刻になったので、乗船。座っているとなかなか気づきませんが、結構揺れてますね。途中トイレに立った際には、それなりに苦労しました。プラヤデルカルメンに着いた後は、ツーリスティックな街並みを通って、送迎車の待ち合わせポイントへ移動します。お店から出てくる冷気が気持ちいい~。ちなみに自分以外の今回のグループは、4人ファミリー、カップル1組、ひとり旅の女性1人でした。

送迎車が到着したら、一路カンクンへ戻ります。途中、大型バスが沿道の森の中に突っ込んでいました。

18時手前にホテルへ着きました。チップは、コスメル島現地分は船長に20USD、カンクン分は降車時に20USD渡した気がします。部屋に戻ったら、シャワーを浴びて、21時ごろには就寝。