「 ダイビング 」一覧

スキューバダイビングのログ

逗子・葉山の海でダイビング2018

2018年10月14日、逗子・葉山の海で潜ってきました。お世話になったショップは、三浦半島ではいつも利用しているNANAさんです。当初は1週間前の3連休に潜るつもりでしたが、わりと直近ということもあってか空きがなく、翌週となりました。

1週間前は残暑を思わせる気温でしたが、この日はぐっと冷え込んで11月上旬並の気温です。だいたい17度くらいだったかと思います。以前11月に潜った際に、陸が少々寒かったので、時期を前倒ししたのですが、結局似たような状況になってしまいました。

  

まず1本目は、裕次郎灯台です。さっそくナガサキスズメダイやコブダイの幼魚が登場。小さくてよく動き回るので、なかなか写真はうまく撮れません。砂地ではサビハゼを見ました。正面顔を捉えましたが、髭みたいのがかわいいですね。その後はネンブツダイの群れに遭遇しました。岩場では、穴に隠れたマダコが抱卵している様子を見られました。手前に置いた石で隠れていて、写真ではよく分かりませんが……。他の方の撮った写真を見せていただくと、この辺は角度やライトの当て方次第で、だいぶカバーできるようです。水中写真うまくなりたい。

  

あとは岩の穴から顔を覗かせているイワアナコゲギンポたち。首を伸ばしたところは収められず。他にはウミウシの卵を見ました。初めて見た気がしますが、あんなふうになっているんですね。ヒロウミウシは写真に撮ってみたのですが、小さすぎてピントが合いませんでした。南の海でよく見かけるキンギョハナダイも見かけました。大きな群れではなく、小さな10匹弱ぐらいの群れで泳いでいました。

本数 79
日付 2018/10/14
エリア/ポイント 逗子・葉山/裕次郎灯台
潜水時刻 09:56-10:47
水深(平均/最大) 11.7m/16.3m
水温 22.7℃

一旦港に戻って休憩。トイレ行ったり、まったり。少し日が出てきて温かくなってきた感じはあるものの、基本は少し肌寒いです。

   

2本目は、ペリセンの根です。根のそばの砂地を見ると、ゴンズイの群れがいます。岩場の陰にはオトヒメエビとウツボがいました。最初ウツボに気づかず、あとでビックリ。1本目に続いてネンブツダイの群れにも遭遇しました。イワアナコゲギンポも再び観察。なかなか首を伸ばしてくれません。後はここのポイントの名物ともなっているオノミチキサンゴを見ました。

  

他にはコガネスズメダイや遠くにハタタテウオの群れを見たりしました。砂地ではクエみたいな大きな魚を見かけたのですが、ものすごい勢いで泳ぎ去ってしまいました。それから根のそばの石の上にいたのはコウイカ。見ているほんの僅かな間でも、表面の質感が変わってきて、海の忍者っぷりを感じました。岩陰にいたフリソデエビは、何とか振袖の部分だけは撮れました。もう少し上側に回り込んで撮れば、全体を収められたみたいです。他にはヤドカリも結構見かけました。

本数 80
日付 2018/10/14
エリア/ポイント 逗子・葉山/ペリセンの根
潜水時刻 12:11-13:00
水深(平均/最大) 12.5m/16.6m
水温 22.9℃

潜り終えた後は、昼食をいただきつつ、ログ付け。いつもはしらす丼が多いのですが、今回はメニューを変えてマグロの漬け丼にしてみました。またこの日はドライスーツのモニター会開催日でしたので、ダイビング後にペリセンくんのクラフトワークショップがあったりして、賑やかでした。ドライスーツ、興味はあるのですが、スーツを1着も持っていないので、買うならまずはウェットスーツからでしょうね。

さて、今回のダイビングで本数が80本になりました。今年は3回ダイビングに行っており、例年よりペースアップしていますが、100本への道は思った以上に長そうです。

ところで、逗子と葉山って、エリアとして明確に分かれているんですかね。PADIのページを見てもよく分からなかったので、今回はひとまとめにして記載しました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ダイビングのログブックを新調しました

だいぶ前の話になりますが、ダイビングのログブックを新しいものに替えました。これまではライセンスを取得した際に購入したPADIのポケットログブックを、使いきるたびに買い替えて使ってきました。

昨年の小笠原のダイビングで使いきった時も新しいものを買うつもりでしたが、生憎ショップに在庫がありませんでした。これをきっかけに、違うタイプのログブックを買ってみることにしました。

ダイビングをしていると、ログ付けの際に他の方のログブックを目にする機会がありますが、ルーズリーフタイプのログブックの使い勝手が良さそうです。そこで横浜のmic21に行き、ログブックコーナーを物色します。幾つか種類があって迷いましたが、記入項目の内容やレイアウト、ログブック全体の縦横比の点で、何となく気に行った「BBCログブック(6穴)ペン付き」を購入しました。

購入したのは2017年10月なので、既にグアム、石垣島、逗子・葉山の10ダイビングで使用しています。ルーズリーフであるため、綴じている部分を気にせず記入できるので、楽でいいですね。ペンをくっ付けることができる点もうれしいです。以前に使っていたポケットログブックより嵩張りますが、ここまで使った限りでは、あまり気になりませんでした。

ダイブコンピュータも購入済みなので、自分の潜行データをログブックに残す楽しみは、以前にも増しています。エリアやショップによって残圧とかも結構違っていて、後で読み返してみるのも面白いですね。


石垣島と西表島の旅~3日目

3日目、ダイビング2日目です。朝食をいただき、準備を済ませて出発。昨日より少し風が強く、波が立っているので、マンタスクランブルのリベンジは難しそうです。

    

1本目は、大崎ミノカサゴ宮殿。ミナミダテハゼとテッポウエビの共生や岩陰で眠っているハリセンボン、ハダカハオコゼ、ガラスハゼ、メレンゲウミウシ、ベンテンコモンエビなどを見られました。根の上ではキンギョハナダイなどの大きな群れが形成されていて、ダイナミックな光景が広がりました。安全停止中の浅場は、明るく珊瑚礁が広がり、まるで水槽の中みたいですね。

本数 76
日付 2018/07/16
エリア/ポイント 石垣島/大崎ミノカサゴ宮殿
潜水時刻 09:56-10:45
水深(平均/最大) 15.1m/31.3m
水温 27.8℃

  

2本目は、大崎ハナゴイリーフ。ポイントとしては、昨日潜ったポイントと同じです。カミソリウオ、カクレクマノミ、スイジガイなどを見ました。昨日見たコナユキツバメガイもいました。

本数 77
日付 2018/07/16
エリア/ポイント 石垣島/大崎ハナゴイリーフ
潜水時刻 11:39-12:27
水深(平均/最大) 8.0m/12.2m
水温 28.1℃

昼食はフォーをいただきました。アジアンテイスト。

   

3本目は、御神崎エビ穴。まずは岩場が広がります。ヒトスジギンポ、クビアカハゼ、キビナゴの大群などを見ました。後半は穴に入って、ソリハシコモンエビや逆さまに泳ぐツバメタナバタウオなどを見ました。今回の石垣島でのダイビングでは、一番地形要素の強いポイントでした。穴の中から海面を見上げると、青い光がきれいですね。

本数 78
日付 2018/07/16
エリア/ポイント 石垣島/御神崎エビ穴
潜水時刻 14:39-15:31
水深(平均/最大) 7.2m/10.2m
水温 27.9℃

昨日は3本目が終わった後、だいぶヘトヘト状態でしたが、今日はわりと大丈夫でした。しかし3本目に色々ミスをしてしまいました。タンク固定ベルトが外れたり、フィンが外れたり、終いにはタンクのバルブ開け忘れていたり、一度にこんなたくさんのミスをしたのは、初めてかもしれません。バルブ開け忘れは、水面移動前に締め忘れて、エントリ時に開けるつもりが締めてしまい、レギュレータのチェックでは残っていた空気があってバルブ開放できたと勘違いした、と言う流れかと推測しています。チェックのための行動が不十分だった点を反省です。

  

17時ごろホテルに戻り、少し身支度を済ませたら、近くにある有頂天にて夕食です。まずは、じーまみー豆腐と琉球ハブボール。落花生の風味がいいですね。琉球ハブボールはそこそこ癖がありますが、炭酸のおかげで割とさっぱり飲めます。甘いような苦いような不思議な味わいでした。メインは石垣牛のランプステーキ。ステーキはテンション上がります。さらにまぐろ握りの大トロと赤身を1貫ずつ注文。とても肉厚で美味しいです。そしてお寿司合わせのつもりで、請福の生姜レモンをいただきました。

食後は、石垣港で催されていた、石垣港みなとまつり、みなとの夕べに立ち寄ってきました。港に停泊している船をステージにして、歌や踊りなどが披露されています。郷土の文化を感じられる内容で、興味深かったです。

先は長そうなので、19時すぎにホテルへ戻りました。ShowRoomの配信などを見ながら、だらだらと過ごします。22時くらいまではすごく眠かったのですが、それを過ぎたら急に眠気がなくなり、すごく寝つきが悪かったです。


石垣島と西表島の旅~2日目

2日目、6時ごろ起床して、ホテルの1階で朝食をいただきます。ビュッフェ形式で、メニューはそれほど多くありませんが、サラダやパン、スープなど一通りのものがあります。水着に着替え、日焼け止めを入念に塗って、ダイビング器材を持ってホテル前で待機します。

今回お世話になるダイビングショップは、BANANAさんです。以前石垣島に来た際にも、お世話になりました。車でピックアップして貰ったら、港へ向かってそのままボートに乗ります。

  

1本目は、大崎ハナゴイリーフ。ハタタテシノビハゼやコナユキツバメガイ、サカサクラゲなどを見ました。珊瑚がきれいでしたね。

本数 73
日付 2018/07/15
エリア/ポイント 石垣島/大崎ハナゴイリーフ
潜水時刻 10:04-10:58
水深(平均/最大) 9.2m/15.8m
水温 28.0℃

   

2本目は、大崎サンドガーデン。ヤマブキハゼ、ハタタテハゼ、着底しているヤッコエイ、アカククリの群れ、穴から顔を出したカンザシヤドカリなどを見ました。岩陰には、ウスモモテンジクダイの群れがいて圧巻です。わりと深場を潜ったので、灰の空気が小さくなり、浮力が思ったより出ません。ダイブコンピュータがあると、こういう時に状況をちゃんと確認できて良いですね。

本数 74
日付 2018/07/15
エリア/ポイント 石垣島/大崎サンドガーデン
潜水時刻 11:56-12:43
水深(平均/最大) 13.1m/25.5m
水温 27.6℃

  

お昼ごはんタイムです。メニューはスープカレー。メニューが凝っていていいですね。食事が楽しみになります。しかし、もう1本潜ることを考えると、あまり満腹にはできないのがもどかしいところです。

3本目は、川平石崎マンタスクランブル。もちろんお目当てはマンタです。マンタはこれまで、パラオのジャーマンチャネル、石垣島のマンタスクランブル、と2回振られてきましたが、3度目の正直となるのでしょうか。結果は、いたけど見られなかった!でした。後から聞いた話で、エントリー直後に一瞬マンタが現れたそうです。しかしそれが最初で最後。うわー、エントリー直後に現れるなんて思っていなかったから、完全に油断してました。マンタはいたけど見逃す、このパターンがあったのですね。ガイドさんがOKサインでマンタ確認をしてくれていたのですが、自分は潜降直後だったので、潜降OKだと捉えてしまいました。次こそは……

本数 75
日付 2018/07/15
エリア/ポイント 石垣島/川平石崎マンタスクランブル
潜水時刻 14:37-15:16
水深(平均/最大) 8.1m/12.5m
水温 28.3℃

 

ダイビングを終えたら、ホテルに戻って休憩します。19時すぎに夕食のため、お出かけ。向かった先は山海亭。刺身定食とオリオンビール、石垣牛の握りをいただきます。刺身定食は茶碗蒸しなど色々付いてきて、お得感。石垣牛の握りは炙りではないので、馬刺しの感覚に近いですね。

ホテルに戻ったら、22時ごろには就寝です。ダイビングで疲れていたので、熟睡できました。


グアム旅行~2日目

2日目、この日のメインはダイビングです。軽器材類は持参しました。海外ダイビングで持参したのは初めてだと思います。日焼け止めは、毎回微妙な塗り忘れて痛い目をみているので、入念に塗って準備完了。8時20分ごろ、ホテルのロビーに行って迎えを待ちます。

今回お世話になったショップは、S2 CLUBグァム店です。車で南の方へ走ること20分程度、道中見える海沿いの景色が美しかったですね。

ショップは入江のような場所にある桟橋の上にあります。10秒も掛からずボートに乗れる圧倒的海への近さ。ここの水は茶色い感じで何か川っぽいのですが、水路を通って行くと次第にエメラルドグリーンの美しい色に変わっていきました。

チームはガイド含めて計6名です。最初のポイントは、ブルーホール。ブルーホール自体は縦穴ですが、途中に空いている横穴から入るコースでした。この横穴の深度が結構深くて、40メートル近くになります。縦穴の底は90メートル近くになります。深度をあまり感じないポイントだと言われましたが、確かにそんなに深く潜っている実感はありませんでした。

横穴から入った後は、真っ暗な中を進み、上を見上げるとあのハート形の穴が見えました。天気も良かったので、見事なブルーホールとなり、きれいでした。ただ、中性浮力がまだまだなので、少々忙しない感じになってしまいました。

ブルーホールを見終えた後は、流れに逆らって泳いでいきます。結構疲れてしまったので、フィンキックをもう少し上手くなりたいです。全体的に生物は少なめの印象。亀とかいたらしいですが、見逃してしまいました。

ちなみにせっかくダイブコンピュータを持ってきたのですが、充電不足で機能しませんでした。2本目までの時間で太陽光に晒し続けましたが、残念ながら回復しきらず。前日にも電灯を浴びせ続けましたが、やはり太陽光でないと全然足りないようです。

 

2本目のポイントは、アメリカンタンカーです。年数だけは長くダイビングをやっていますが、初めてのレックダイビングかもしれません。タンカーでは、幾つかの船室の中に入って、探検気分を楽しめます。あまり入り組んだところはないので、迷う心配はなさそうでした。船室の窓や扉から見える青い海の光景は、何とも幻想的。ダイバーの吐いた空気が溜まった箇所もあり、水中のなかで水面がある、という面白い景色も見られました。

  

タンカーの周りには、ツノダシやチョウチョウウオが良く群れていました。甲板は近くで見るとまるで地面のようにも見え、ロープなどの船装備がなければ、船とは気づかないかもしれません。良い魚礁になっていますね。アメリカンタンカーの名前通り、星条旗が海中になびいているのが印象的でした。

3本目は明日のマラソン大会のことを考えて、止めておきました。14時くらいにはホテルに戻って、部屋でまったり。このまったりしていた時間に、EXPOで高橋尚子さんのランナーズクリニックがあったことを後で知り、行けば良かったかな、と少し後悔。

 

休憩を終えたら、ホテルのプールで軽く泳いだりしました。ダイビング以外で泳ぐ機会がないから、懐かしい感覚ですね。何だかもうクロールも泳げない気がして、平泳ぎを楽しんでいました。天気は残念ながら曇り空。プールの後は、少しビーチも散策しました。

 

その後は、昨晩と同じくパシフィックスターカフェにて夕食。この日はインターナショナルテーマのビュッフェでしたので、お寿司や天ぷら、ラーメンと言った日本食もありました。海外アレンジが入っているものもあるので、面白いです。結局2晩ともホテル内での食事でしたが、こういうのも楽で良いです。

食後は部屋でまったり。明日はマラソン大会で今日以上に早起きなので、早めに寝ようと思います。でも、ダイビング後に休憩したせいか、あまり眠気が来ませんね……