「 ダイビング 」一覧

スキューバダイビングのログ

秋の葉山ダイビング~2016

2016年11月5日、文化の日を絡めた4連休の合間に、葉山で潜ってきました。最初は伊豆あたりに行こうかと考えていたのですが、早起きが辛そうだったので、近くの葉山にしました。普段リゾートで潜ることが多いため、それほど頻度は高くないですが、やはり自分にとってのホームは、逗子・葉山・三崎口といった三浦半島エリアですね。葉山は何度か潜っていますが、この季節は初めて。夏とは違う海の様子が楽しみです。

8時すぎに逗子駅に到着して、ショップの車に迎えてもらいます。受付を済ませたら、器材のセッティングです。今回は軽器材持参にしました。それから車で港まで移動し、いざ出港。後で酔い止めを飲み忘れていたことに気づきましたが、多少酔ったものの、何とか大丈夫でした。空は晴れ渡っていて、気持ちの良い景色が広がります。遠くには富士山の姿も見えます。海上では、パドルサーフィンをしている人が多かったですね。

1本目のポイントは、ペリセンの根。根の周りを回りながら、生物を探します。小さくてカラフルなナガサキスズメダイ、コガネスズメダイの幼魚がいたり、ミツボシクロスズメダイやキンチャクダイの幼魚がいました。ウミウシは、アオウミウシやセスジミノウミウシがいました。他には砂地にいたヤドカリを見つけたり。岩場にあったオレンジ色の珊瑚もきれいでした。

1本目を終えたら、港に戻って休憩。海の中の水温は、陸より数ヶ月遅れで推移するので、それほど冷たくはないのですが、それでも水温21度は少し冷えますね。気温は20度ありましたが、エキジットした後は少し震えが出ました。昔3月に伊豆で水温16度の海にウェットで潜りましたが、あの頃の若さが成せた技のかなあ。港近くにはちょっとした施設があり、そこでお湯に浸かれるのが、ありがたかったです。道端で干物になった魚を見たり、お菓子をいただいたりしつつ、休憩を終えたら再び港へ向かいます。

2本目のポイントは、裕次郎灯台。エントリポイントから少し泳いで、西の根という小さな根に向かいます。途中の砂地で、ヒメジを見かけました。

西の根に着いたら、生き物を探します。岩の隙間にいるマダコや、ヒロウミウシ、アマクサアメフラシ、コケインポなどを見つけました。アマクサアメフラシは、言われなければ普通に海草かと思って、見逃してしまいそうです。西の根を離れる直前に、ムレハタタテダイの3匹程度の群れがやってきました。南国っぽいイメージですけど、相模湾も生息域なのですね。

最初の根に戻ってきたら、再び生き物探し。ゴンズイの群れやハナタツ、シロウミウシなどがいました。

こうして今回のダイビングは終了です。ダイビングポイントは、船で5分程度と近いので、酔い止め薬を忘れても何とかなりましたが、海中でも揺れますし、やはり飲んでおくに越したことはないです。多少の気持ち悪さは残ったので。ショップに戻った後は、器材の片付けとログ付け。そして昼食に頼んでおいたしらす丼セットをいただきました。

三浦半島でのダイビングは2年ぶりでしたが、伊豆諸島や沖縄などとは違う海の表情を見られて良いですね。近いですし、もう少し潜る頻度を上げたいと思いつつ、1回潜ると満足してしまうので、なかなかペースが上がりません(苦笑。今回は初めての秋ダイビングでしたが、夏場より透明度は高く、少し青色に見えました。日にも依るのでしょうが、夏場はかなり緑色が強いですからね。

あと、結局今回もストロボは使いませんでした。スレーブ発光のための反射板関連のアイテムが見つからなくて、部屋を整理しなくては……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


那覇・慶良間ダイビングの旅~三日日

三日目の朝、早起きして、朝食をいただきます。それから日焼け止めクリームを塗りますが、残量が少なくて十分に塗れませんでした。このせいで、後で左肩をひどく焼くことになります。数カ月経った現在でも、痕が残っています。沖縄の陽射しをナメちゃいけませんね。

さて、ダイビング2日目、この日は慶良間諸島の最西端である久場島へ向かいます。そのため、昨日より移動時間が少し長めでした。

1本目のポイントは、紺瀬。岩場の多いポイントです。洞窟の中にたくさんのキンメモドキの群れがおり、外の青い光を背にシルエットが浮かび上がって、きれいでした。今回のお気に入りの一枚になっています。また、ドロップオフ沿いに群れるキンギョハナダイなどの群れも可愛かったです。

2本目のポイントは、久場南。ババイボウミウシなどのマクロや、長い魚の群れが続く様子などを見られました。ダイナミックなドロップオフなど迫力がありましたね。

ここでお昼休憩です。食後は海を見ながらのんびりと過ごします。

3本目のポイントは、鰤島。アカフチリュウグウウミウシを見たり、巨大な水路を舞う魚の群れを見たりしました。イソギンチャクにはクマノミの姿があり、ついつい撮ってしまいます。場所によっては、流れのせいか透明度が少しだけ落ちていました。あと、このポイントではなかったかもしれませんが、若干冷たい水が流れ込んでいました。

ダイビングを終えたら、泊港に向けて出発。およそ1時間30分の船旅です。例によって疲れ切っているので、うとうとしながら遠くの景色を見て、過ごしました。久場島はマクロより地形ポイントが多いので、撮った写真の枚数は少なめです。地形のダイナミックさって、その場の肌感覚じゃないとなかなか伝わってこない気がするのです。港に着いたら、ショップでログ付けと精算を終えて、ホテルまで送ってもらいます。

しばらく休憩したあと、夕食をとりにお出かけします。しかし、あまり遠出する元気はないので、近場で済ませます。訪れたのは、ホテルに来るときに気になっていたビストロカフーナ。バーカウンターもあり、お酒の種類もたくさん置いてありますが、今回は食事メインです。店内はわりと空いていました。

注文したのは、オリオンドラフトと冷やしトマト、県ブランド牛のステーキ、アグー豚の餃子、そして炒飯です。餃子は結構韮が効いていましたね。ステーキの段階でわりと満足でしたので、炒飯は注文するか迷いましたが、締めにご飯ものを食べたいと思って、注文しました。そこそこの量がきたので、最後はもうお腹パンパンです。

満腹のお腹を抱えながらホテルへ戻り、早々に就寝しました。


那覇・慶良間ダイビングの旅~二日日

二日目の朝、少し早起きして、朝食を済ませました。それから急いでダイビングの支度を済ませます。日焼け止めクリームを塗るのに、地味に時間が掛かります。

7時30分すぎ、ダイビングショップの送迎車に乗って、ショップへ向かいます。今回お世話になるのは、シーサーさん。結構大規模なショップで、一台に4グループ程度が乗れる大型のボートが複数台出航します。アジアや欧米など、海外からのお客さんも目立ちますね。これほどの規模のショップの利用は初めてかも。

カウンターで受付を済ませた後は器材のセッティングを済ませて、それから各自歩いて泊港に向かいます。テキパキと各所で作業が進められていて、大規模ショップならではの雰囲気でした。普段と違うので、最初はちょっと慣れなかったです。

いざ、慶良間に向けて、出発です。慶良間諸島までボートで移動します。およそ1時間超の船旅になります。途中、海に浮かぶ小さな砂浜や、海上保安庁の巡視艇がいたりしましたが、それ以外は特に何もない海の上を進みます。

黒島に到着したところで、1本目のダイビングです。ポイントは黒島西。洞窟のなかにたくさんの魚の群れがいたり、キンチャクガニ、ミゾレウミウシなどを見られました。珊瑚もたくさん群生していて、南国の海を感じさせますね。壁の高い水路など地形も面白いポイントでした。

続いては座間味島へ移動し、2本目のダイビング。ポイントは知志。色の変わるソフトコーラルや、巨大なハマサンゴ、色々魚群も見られました。イソギンチャクには、クマノミも泳いでいました。

2本目を終えた後は、お弁当を食べて、お昼休憩。ダイビング後はとても疲れているんだけど、あまり食欲が湧かないのはいつものこと。最近3本ダイブはやっていなかったので、この時点で良い感じに疲れています。

3本目のポイントはサンドトライアングル。潜って間もなく、タイマイに出合いました。結果として、今回のダイビングで唯一の亀でした。食事に夢中で、ずっとムシャムシャ食べています。ダイバーたちが撮影のために周りに集まってきていても、一向にお構いなしにムシャムシャ。その後は、クマノミのオンパレード。ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミに出合えました。先ほどのクマノミと合わせて、日本で見られる全6種のうち5種類に出合えたことになります。ナデシコカクレエビなどにも合えました。ポイント名の通り、最後は砂地が広がっている場所に出ました。

この日のダイビングは以上です。泊港に向けて1時間ほどの船旅。ぼけ~っと海を眺めながら過ごしました。ダイビングショップ2階の部屋でログ付けを終えたら、ホテルまで送ってもらいました。

しばらくホテルで休憩してから、夕食を探しに外へ出ました。疲れていたのと、明日もダイビングがあることを考えて、がっつりは食べずに、コンビニで軽く買って済ませました。ホテル周辺が繁華街ではないので、お店を探すのが面倒だったというのも一因です。沖縄感を出すために、ソーメンチャンプルーとシークヮーサージュースを買いました。後はメンチカツと水。

お腹を満たした後は、明日に備えて早めの就寝です。


セブ旅行~3日目、最終日

3日目、起床して朝食をいただきます。スイカの中から小さなワームが出てきて、ちょっと驚きました。虫を除けてセーフ。

それからダイビングショップへ向かいます。今日のポイントはヒルトゥガン。サンクチュアリと呼ばれる海洋保護区です。入場料として現地で支払うので、お釣りのないようにペソで現金を持って行きます。300PHPだったかな。船で現地について、一旦停泊し、もう一度動いたところで再度停泊。すると、どこからか船がやってきて、保護区の管理員が出てきたので、ガイド経由で入場料を支払いました。

1本目のダイビング。ポイントは、HILTUGAN FISH SANCTUARY。海面のほうを見上げると、いきなり大きな魚群が出迎えてくれました。圧巻です。それからドロップオフに沿って進みます。昨日とは違って魚影が濃いですね。ハナビラクマノミやメレンゲウミウシなどを見ました。終盤では食パンでフィーディング。大量の魚たちが一斉に集まってきて、魚祭り状態でした。海中でのフィーディングは初めてでしたので、貴重な体験となりました。

1本目を終えて船上休憩していると、ガイドがイルカを見つけてくれました。結構距離があったので、最初なかなか気づけませんでしたが、2匹の背びれを見ることができました。

2本目のダイビング。ポイント名は1本目と同じく、HILTUGAN FISH SANCTUARYですが、当然潜る場所は違います。潜行すると、いきなりツバメウオの群れに合いました。それから、オトヒメウミウシや小さなカニ、ハマクマノミなどにも合えました。さらにはロウニンアジの群れにも遭遇です。あの大きさは、なかなか迫力があります。やはり魚影が濃いと華やかで楽しいですね。最後は再びフィーディングで、たくさんの魚たちに囲まれました。

2本目を終えて船に戻ると、雲行きが怪しい感じです。ぽつりぽつりと雨が降り始め、しだいに本降りになってきました。島の方を見ると、雨雲が思いきり掛かっています。接岸して桟橋を歩いている頃には結構寒くて、バスタオルを羽織ながらショップへ向かいました。

ショップに戻ったらログ付けを行い、これでセブでのダイビングは全て終了です。やっぱりヒルトゥガンに変更して正解でしたね。魚影の濃さに満足です。

その後は昨晩に予約の手続きを済ませていた実弾射撃です。元々はターゲットゼロに予約メールを投げたのですが、改装中で営業していなかったようで、返信がありませんでした。現地滞在中に返信がきて、改装中のため、別の射撃場を紹介されました。それが今回行くことになった、Cebu Wonderland Shooters Clubです。

迎えにきたターゲットゼロのミニバスに乗って、セブの街中を走っていきます。十数分して射撃場の看板が見えてきました。空き地横の脇道を進んでいくと、フロントハウスと駐車場が見えてきます。とりあえず案内されるままに進んでいくと、森の中からパーン!という大きな破裂音が聞こえてきます。奥に進むにつれて、その音は大きくなり、ビクッとしてしまいます。最後には鼓膜が破れるのではないか、と思うくらいに空気の震えを感じる爆音になるので、イヤーマフは必須です。

もっと少ない弾数で安く済ませるつもりでしたが、そういうプランはなさそうで、当初予定より倍くらいの出費になりました。その分打てる弾数は増えているので、良いのですが、思わぬ出費です。

自分の前に、韓国人のちょい悪系の青少年グループがプレイ中だったので、順番を待ちます。彼らのプレイを見ていると、オプションとして生きた鶏を放ってそれを狙い撃つというのがあるようです。ぐったりとした鶏に弾が命中するたび、羽毛が舞い上がるのは、あまり気持ちいい光景ではありませんね。あと、ライフル射撃を見ましたが、連射音がすごかったです。

さて、いよいよ自分の番です。使用した銃はベレッタ。足を肩幅程度に開いて、上半身は少し前かがみになり、両手で銃を構えます。そして銃身の照準をターゲットに合わせて、発射します。これが最初はなかなか当たりません。結構反動が来るので、発射の瞬間にぶれてしまうようです。あまりに当たらないから、ターゲットを手前に移動してくれました。1回の弾倉装填で6発撃てます。2回装填したら、ターゲットが交換されました。2回目は、少し慣れたのか、1回目より命中率が向上しました。というわけで、合計24発くらい撃ったと思います。ターゲットの厚紙は、記念に持ち帰りできます。発射の度に落ちる薬きょうは、小さな子供がホウキで掃除していました。

事前に伝えていましたが、現金の持ち合わせがないので、ホテルに戻るついでにATMでクレジットカードから引き落とします。何だか傍から見ると、脅されて現金引き落とされてる人みたいに映るかなあ、とか考えちゃいます。ショッピングモールのようなところに行きましたが、1台はATM自体がちゃんと動いていないようで、もう1台はクレジットカードによるキャッシングが承認されません。フィリピン国内のクレジットカードでないと駄目とかでしょうか。どこでやっても駄目そうな気がしてきたので、ホテルまで行ってもらい、日本円をフロントで両替して支払うことで話を着けました。

そのままホテルへ向かい、それから支払いを終えたら、しばしまったり。セブ滞在中は朝食以外まともに取ってきませんでしたが、最後の夜はちゃんとしたものを食べようと思い、ホテルのレストランへ行きました。注文したのは、マルゲリータピザ、フィッシュ&チップス、そしてフィリピン料理であるアボドです。いつもなら土地のものばかりにするところですが、とにかくお腹が空いていたので、味のわかる定番ものを2品いきました。アボドは、豚肉と玉ねぎの甘辛煮で、美味しかったです。お酒はビールで、サンミゲルのスーパードライをいただきました。軽くて飲みやすいですね。支払いは現金で済ませました。

満腹になった後は、夜のビーチなどリゾート内を軽く散策。その後は、明日が早いので、荷物をまとめて、さっさと寝ました。

最終日、早朝にロビーに集合します。3時30分とかそんな時間だった気がします。パスポートとかの持ち物チェックの後、空港へ向かいます。来たときと違って渋滞がまったくないので、あっという間に空港に到着しました。

空港の手続きについて、現地係員から説明を受けます。最初なんでそんなに説明するのかな、と思いましたが、少し特殊な流れだからでした。まず荷物検査をして制限エリアに入ったら、チェックインカウンターに並びます。早朝出発便が多いのか、ここでかなり時間を食いました。この後、空港使用料750PHPを現金で支払います。次にようやく出国審査となります。

搭乗待合室に着いた後は、椅子に座って出発時刻を待ちます。早起きなので、やっぱり眠いです。徐々に空が白みだして、日が昇りかけた頃、搭乗案内が始まり、5時50分にセブを発ちました。

こうして、今回の旅は終了です。


セブ旅行~2日目

2日目の朝、起きたらレストランへ行って、朝食をいただきます。ビュッフェスタイルでそこそこの品数があります。南国らしくフルーツもいただきました。飲み物はさっぱりして飲みやすかったです。果汁100%的な感じではなかったけれど、あれは何だったのかな。

部屋に戻ったら、水着に着替えて日焼け止めクリームを塗り、酔い止め薬を飲みます。ダイビングショップはレセプションに向かって右手にあるので、そちらに向かい、機材調整ののち、ブリーフィング。ガイド1名の合わせて4名で潜ります。この日のポイントは、マクタン島周辺となります。

1本目は、AGUS POINT。アンナウミウシやゴンズイの群れなどを見ました。

2本目は、BASBAS POINT。クマノミやイソギンチャクモエビ、ギンポ、ミノカサゴなどを見られました。ウミウシはキカモヨウウミウシなど色々な種類がいました。シボリイロウミウシはそこらじゅうにいますね。

2本のダイビングを終えたら、ショップに戻ってログ付け。明日のポイントについて話がありましたが、自分はヒルトゥガンへ変更しました。+75US$ですが、マクタン島周辺のダイビングだけでは、わざわざセブ島まで来たのにもったいない、と正直感じてしまったので。他の方々は変更しなかったので、明日は自分だけ別ダイブとなります。

その後はホテルの敷地内をぶらぶら散策して、見つけたハンモックの上で寝転がったりして、のんびり過ごしました。プールに入ろうかと思いましたが、さほど広くないプールが子供たちで賑わっていたので、止めておきました。別の場所に広いプールがありましたが、こちらは逆に人が誰もいなくて入りづらくて。入っていいのかな、となってしまいます。

夕焼けを見れたらいいな、と思って海辺に出たら、雲が多いものの、赤く染まる空を見ることができました。赤い空と雲が水面に映って、これはこれできれいです。一応乾季のはずなのですけど、すっきり晴れ渡った日はなかったですね。

夕食は、売店でかったスパイシー味のかっぱえびせんと、ファンタオレンジです。まったりしていたら、実家から連絡があって焦りましたが、大した用事ではありませんでした。その後は、やることもないし、昼間のダイビングの疲れもあるので、早々に寝ました。