「 ダイビング 」一覧

スキューバダイビングのログ

小笠原の旅~5日目

今日はダイビングの最終日です。一応体調は回復した感じ。昨日思いきり船酔いしてしまったので、今日の3本目は弱気です。もともと3本目は疲労感が大きいですし。いつも通り朝食をいただいた後、佐藤商店へ昼食を買い出しに行って、部屋で準備を済ませて、出発です。

 

この日の1本目のポイントは、西島大岩。マスクをつけるのを忘れたまま飛び込んだり、途中でフィンが外れたり、何か準備に集中力を欠いた感じで反省。一応亀ペースながらも15年くらい潜っているおかげで、リカバリは落ち着いて出来ます。海中の様子は、とにかくアカヒメジの群れがすごいです。どこからやって来るんだ、というくらいに、アカヒメジの群れが途切れません。ちょっと離れて撮影していたら、近くを通ってくれて、内臓フラッシュの光が届いたので、きれいに撮れて良かったです。

他にもネムリブカやホウセキキントキ、アジアコショウダイを見られました。流れに逆らって進むスタイルだったので、エアの消費が思ったより多くて、残圧30でした。

2本目のポイントは、ひょうたん島南。ウメイロモドキやキボシスズメダイの群れが、サンゴ礁の周りを舞うように泳いでいます。賑やかで楽しい光景です。一方で深いところから、中層域を泳ぐ魚の群れや、ダイバーの吐いた泡が登っていく光景を見ていると、海の広さを感じますね。

 

他には、小笠原特有の黒いクマノミを見られました。一般的に見られるクマノミは赤っぽい色をしていますが、小笠原のクマノミは黒いのです。一応同じ種となっていますが、将来的には別種となる可能性が高いそうです。まさに進化の途中を見ているのですね。他にもノコギリダイの群れや、ハナミノカサゴに出合いました。ハナミノカサゴは、その優美さからつい写真に撮ってしまいますね。ちなみに1本目の残圧30を意識して、2本目は動きを抑えた結果、残圧80でした。ちょっと慎重すぎたかも。

今回は酔い止め薬が効いていそうで、3本目もいけそうでしたが、昨日の悪いイメージが拭いきれないので、万全を期して船上待機にしました。ジニービーチを眺めながらのんびりと海上を楽しみます。

さて、小笠原でのダイビングは、これでお終いです。港に戻った後は、一旦民宿に戻って休憩。体力は全然余っている感じで、これなら3本目いっても良かったのでは、と少し後悔しました。

16時ごろ、ショップへ行き、ログ付けと精算を行いました。まだ日も高いので、大村集落をぶらぶらとお散歩。大村海岸に行ったら、再びミズナギドリの放鳥の現場に立ち会うことが出来ました。

民宿に戻ったら、夕食をいただきます。今日は胃も元気なので、手羽先に春巻き、お刺身など、がっつり食べました。部屋に戻って何気なくテレビを点けたら東京MXでミルキィホームズが放送していて、小笠原が東京都であることを改めて実感しました。

その後は軽くスターウォッチングして、明日の予定を考えながら、就寝です。あまり疲れていないせいか、ちょっと寝つきが悪かったです。


小笠原の旅~4日目

朝食をいただき、準備を済ませたら、この日もダイビングへ向かいます。

  

1本目のポイントは、西島北。名前の通り、西島の北にあります。さっそく潜っていくと、ホウセキキントキの群れがずっと流れていて、圧巻です。キンメモドキも目の前一面に広がり、カーテンみたいです。他にも数匹のツバメウオの群れが舞う姿や、イセエビを見ることができました。

  

2本目のポイントは、昨日も潜った閂ロックです。水底を見ていると、ものすごいスピードで泳いでいくイルカの親子を見ることができました。ダイビングでイルカを見たのは初めてなので、嬉しかったです。潜っている最中はイルカだと気づかず、猛スピードで泳ぐサメかと思っていました。他にも3匹が連なって泳ぐエイや、ギンガメアジ、イソマグロなどを見られました。

2本目を終えたところで、体調がすこぶる悪いです。昼食用に買ったおにぎりも喉を通らず、3本目は見送ることにしました。その後、思いきり吐いてしまいました。確実に船酔いですね。後で確認したところ、飲んだ酔い止め薬が2年前に期限切れしていました。昨日飲んだ分は、箱が違うので大丈夫でした。

港に戻り、民宿に帰った後は、ベッドで横になります。2本しか潜っていませんが、昨日より体調が優れません。夕食の時間になっても胃の調子が戻らず、昨日までは嬉しかったボリュームたっぷりの夕食が、ちょっと重くてもったいなかったです。

と言うわけで、早々に就寝しました。


小笠原の旅~3日目

さて、この日からダイビングです。朝食は7時からで、出発は8時30分なので、準備に余裕が持てます。港まで近いので、良いですね。昼食は、近所にある佐藤商店にて、おにぎりを2個買いました。小笠原のダイビングは、ショップに注文してもらう形式ではなく、持参するスタイルのようです。

今回お世話になるのは、Deep Blueさんです。港に着いたらさっそく出港です。ゲストダイバーは自分を含めて4名。二見港から北へ向かいます。西島を過ぎたあたりで、一旦停まり、ドルフィンスイム。しかしイルカは泳ぎがとても早く、飛び込んだ頃にはすっかり見えませんでした。しかし、シュノーケリングは毎度水が入ってしまい、苦手です。

  

最初のポイントはスモール。弟島沖にあります。クマザサハナムロの大群が視界を覆い尽くし、そこをヒレナガカンパチが泳いで行きます。岩場にはアカイセエビも見られました。泳いでいるアオウミガメもいましたね。

次のポイントへ移動しながら水面休憩。空模様は曇天。島の方を見ると、スコールが降っているようで、すっかり灰色になっています。

  

2本目のポイントは、閂ロック。南島の傍です。水底を泳ぐ2匹のエイやネムリブカ、ギンガメアジなどを見られました。砂地もきれいでしたね。海草もたくさん生えていて、その中にアオウミガメがいました。ダイバーたちが周りを囲んでも、気にせずムシャムシャと海草を食べています。ひとしきり満腹になったのか、最後は颯爽と泳いでいきました。このダイブは、最大深度は28メートルで、比較的深くまで潜りました。

南島の傍で昼食休憩。浅場で砂地だと、海が明るい青に染まって、南国の感じが高まりますね。海の上を見渡すと、ポツンと切り立った岩があり、根元が波に侵食されているので、まるで浮いているように見えて、楽しいです。

  

さて、3本目のポイントは、沖二子岩。さっそくウメイロモドキの大群が迎えてくれます。それからイセエビを見かけたり、ミナミイスズミやヨスジフエダイの群れにも出合いました。他にもエイやアオウミガメなど、色々な生き物を見られて、魚影も濃かったです。

夕方、民宿へ戻ります。明日以降もダイビングするので、器材類は預けたままです。3本潜ると結構疲れるので、ベッドでずっと寝ていました。夕食は、煮魚やお刺身、ハムソーセージのサラダなどをいただきます。

食後は部屋で少し休んでから、大村海岸へ向かいました。目的はスターウォッチング。この日は多少雲はあったものの、晴れていたので星を見られました。ただ、集落の中なのでそこそこ光があり、満天の星空とまではいきません。湾内には海上自衛隊の演習船が停泊していました。

民宿に戻ったら、明日のダイビングに備えて、就寝です。


ダイブコンピューターを購入して使ってみた

ダイビングを始めてから10年以上経つけど、ダイブコンピューターを持っていませんでした。昨年沖縄で潜った際に、ダイブコンピューターが必須で、レンタルして使ったのですが、なかなか便利でしたので、自分で購入することに決めました。

購入したのは、2017年6月。カメラの修理で新宿に出かけた際に、mic21で買ってきました。予算は50,000円程度のつもりでしたが、実際に購入したのは100,000円超となりました。長く使うものですし、デザインとかメンテナンス性で変に妥協しない方が良いかなあ、と思いました。太陽光で充電できるので、電池交換要らずです。

さっそく今年の小笠原ダイビングで使ってみました。水中で使っている時は、現在の水深が分かることが結構新鮮でしたね。これまで水面までの距離や明るさなどで何となく測っていたものが、正確に数字で見えるのが良いです。体感的に感じていた深さより、実際の深度の方が深かったです。

そして、ログ付けの情報にも便利です。これまではガイドから情報を貰っていましたが、より正確に自分の潜った情報を取得することが出来ます。

他にも色々便利な機能がありそうですが、たぶん全てを使いこなすことはないでしょう。

写真とか機種情報は、後で補完します。


秋の葉山ダイビング~2016

2016年11月5日、文化の日を絡めた4連休の合間に、葉山で潜ってきました。最初は伊豆あたりに行こうかと考えていたのですが、早起きが辛そうだったので、近くの葉山にしました。普段リゾートで潜ることが多いため、それほど頻度は高くないですが、やはり自分にとってのホームは、逗子・葉山・三崎口といった三浦半島エリアですね。葉山は何度か潜っていますが、この季節は初めて。夏とは違う海の様子が楽しみです。

8時すぎに逗子駅に到着して、ショップの車に迎えてもらいます。受付を済ませたら、器材のセッティングです。今回は軽器材持参にしました。それから車で港まで移動し、いざ出港。後で酔い止めを飲み忘れていたことに気づきましたが、多少酔ったものの、何とか大丈夫でした。空は晴れ渡っていて、気持ちの良い景色が広がります。遠くには富士山の姿も見えます。海上では、パドルサーフィンをしている人が多かったですね。

1本目のポイントは、ペリセンの根。根の周りを回りながら、生物を探します。小さくてカラフルなナガサキスズメダイ、コガネスズメダイの幼魚がいたり、ミツボシクロスズメダイやキンチャクダイの幼魚がいました。ウミウシは、アオウミウシやセスジミノウミウシがいました。他には砂地にいたヤドカリを見つけたり。岩場にあったオレンジ色の珊瑚もきれいでした。

1本目を終えたら、港に戻って休憩。海の中の水温は、陸より数ヶ月遅れで推移するので、それほど冷たくはないのですが、それでも水温21度は少し冷えますね。気温は20度ありましたが、エキジットした後は少し震えが出ました。昔3月に伊豆で水温16度の海にウェットで潜りましたが、あの頃の若さが成せた技のかなあ。港近くにはちょっとした施設があり、そこでお湯に浸かれるのが、ありがたかったです。道端で干物になった魚を見たり、お菓子をいただいたりしつつ、休憩を終えたら再び港へ向かいます。

2本目のポイントは、裕次郎灯台。エントリポイントから少し泳いで、西の根という小さな根に向かいます。途中の砂地で、ヒメジを見かけました。

西の根に着いたら、生き物を探します。岩の隙間にいるマダコや、ヒロウミウシ、アマクサアメフラシ、コケインポなどを見つけました。アマクサアメフラシは、言われなければ普通に海草かと思って、見逃してしまいそうです。西の根を離れる直前に、ムレハタタテダイの3匹程度の群れがやってきました。南国っぽいイメージですけど、相模湾も生息域なのですね。

最初の根に戻ってきたら、再び生き物探し。ゴンズイの群れやハナタツ、シロウミウシなどがいました。

こうして今回のダイビングは終了です。ダイビングポイントは、船で5分程度と近いので、酔い止め薬を忘れても何とかなりましたが、海中でも揺れますし、やはり飲んでおくに越したことはないです。多少の気持ち悪さは残ったので。ショップに戻った後は、器材の片付けとログ付け。そして昼食に頼んでおいたしらす丼セットをいただきました。

三浦半島でのダイビングは2年ぶりでしたが、伊豆諸島や沖縄などとは違う海の表情を見られて良いですね。近いですし、もう少し潜る頻度を上げたいと思いつつ、1回潜ると満足してしまうので、なかなかペースが上がりません(苦笑。今回は初めての秋ダイビングでしたが、夏場より透明度は高く、少し青色に見えました。日にも依るのでしょうが、夏場はかなり緑色が強いですからね。

あと、結局今回もストロボは使いませんでした。スレーブ発光のための反射板関連のアイテムが見つからなくて、部屋を整理しなくては……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。