「 カメラ 」一覧

一眼レフやコンデジに関する話題。作例等は「旅」「花木観賞」などに載せている。

E-M5 markIIIを買いました

購入経緯

これまでE-PM1を使ってきて、大きな不満もなかったのですが、より高性能なカメラも使ってみたいと思うようになりました。良さを知らないと欲しいと思うキッカケもなかなか作れないですしね。

と言うわけで、当初はE-M1を購入するつもりでしたが、markIIIが出るか出ないか微妙なタイミングで、なかなか購入に踏み切れません。E-MXが出たことで、E-M1の後継機がいつ出るかも不確実性が増しました。そんな中で登場したE-M5 markIII。スペックはE-M1 markIIに匹敵します。というわけで、2019年12月07日、購入に踏み切りました。選んだのはシルバーボディ。まあ、この数か月後にE-M1 markIIIが発売されるのですが、欲しいと思ったときが買い時ですし。既にこの時点で、購入を検討してからだいぶ日が経っているので、押さえきれませんでした。

使用感想

大体2ヶ月ほど使ったので感想です。ちなみに製品レビューというより、このクラスのカメラを初めて触った人間の感想になります。主にE-PM1との比較ですね。

まずこれまでE-PM1を使っていたので、大きさの違いを感じますね。でもE-M5が大きいというより、逆にE-PM1が小さすぎるという感想です。E-M5の方が手に馴染む感じが良いです。もともとE-PM1は、パンケーキレンズを付けて、コンデジのように携帯するスタイルも想定していたので、当時としてはこの小ささに大きな意味がありました。けれど、現在はTG-5がその役割を果たしているので、必須ではないです。重さに関しても、特に気になりません。

シーン撮影でHDRが使えるのが嬉しいです。HDRは、TG-5で初めて使って、その便利さに感動しました。完全に期待通りに機能するわけではありませんが、大体の傾向を把握できれば、使いどころを押さえることが出来ます。

バリアングル液晶は、花などの接写撮影で使ってみました。回転のさせ方に慣れが必要ですが、これまで液晶を見られなかったシチュエーションでも液晶を見ながら撮影できるのはうれしいです。

そしてビューファインダーがあるのが、思いのほか嬉しかったです。ついついファインダーの覗いて構えてしまいます。昔銀塩を使っていた頃を思い出しました。ファインダーの中に集中できるので良いです。ちなみに液晶モニタとビューファインダーの切り替えに熱感知を使っているのか、釧路の氷点下環境で撮影した際に、切り替えがおかしくなりました。顔をファインダーから離しても、液晶表示に切り替わらなくなりました。ただ、動作保証温度であるマイナス10度を下回っていたかもしれません。この現象は一時的なもので、その後復活しています。

タッチパネル液晶になっているので、焦点位置の指定操作などが楽です。ただどうしても片手持ちになった際に手ブレするので、微調整はキー操作で補完します。

SDカードとバッテリーの収納場所が別になっているのも、良いです。大した不便があるわけではないのですが、何となくSDカードを換装する際に、バッテリーのある場所を開けるのが好きではなかったからです。

まだまだ使いこなせていないと思うので、これからも色々なシチュエーションでたくさんの写真を撮影していきたいです。

作例

 

作例というほどのものでもありませんが、門司港にて、E-M5 markIII+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm f3.5-6.3 EZで撮影した写真です。


水中外部ストロボINON S-2000

スキューバダイビングで水中写真を撮るのですが、その際に利用する外部ストロボS-2000を数年前(2015年7月)に購入しました。その時使っていた水中カメラがμTough-6010だったのですが、対応する光接続ケーブルがなかったため、ワイヤレス接続ユニットを利用しました。しかし、ハウジングに貼り付けたミラーユニットが、どうにも外れやすいです。シールはきちんと貼り付きますが、持ち運び時に衝撃が加わる機会も多いので、いつの間にか剥がれてしまいます。その結果、ほとんど活用することがないまま、塩漬けになってしまいました。

ところが、一昨年の暮れにカメラをTG-5に買い換えたことにより、光接続ケーブルを利用できるようになりました。という訳で、Amazonで注文してさっそく取り付け。久米島ダイビングで使ってきました。

正直なところ、まだ外部ストロボの使いこなしもままならない状態なので、機能を活用できているのかわかりません。内蔵フラッシュでもそれなりのことは出来ますしね。

TG-5のフラッシュ設定をRCにして撮影すると、やけに画面が暗く映ることが多かったので、そもそも外部ストロボをまともに活かせていないのかも。この辺は場数を踏んで、スキルを磨いていくしかないですね。水中は陸上に比べてなかなか思い通りに撮影が出来ませんが、だからこそやり甲斐があるとも言えます。


TG-5を1年間使ってみて

TG-5を購入してから1年以上経ちました。アクティビティ関連で撮影する時は必ず利用するので、稼働率で言ったらミラーレス一眼(E-PM1)やスマホカメラ(SO-01H)より高いと思います。基本的にかなり満足していますが、長いこと使ってみて気づいた点、分かった点がありますので、つらつらと書き綴ってみます。

画質は、やはりミラーレス一眼に劣ります。E-PM1は10年近く前のエントリー機なので、HDR撮影などTG-5の方が優れている部分も多いのですが、斜陽の中、両カメラで撮影した2枚を比べると、E-PM1のディテールの方が勝ります。超望遠を除いて、TG-5がE-PM1の役割を食ってしまうかもしれないと思っていましたが、そこまでではありませんでした。

操作性で気になるのは、ズームレバーです。何だか時々引っ掛かるような感じになるんですよね。引っ張ったらそのまま戻らなくて、指で押し返して戻すことがたまにあります。軽く検索した範囲では、同様のコメントは見つけられませんでした。個体の問題か、調べ方が良くないのか。

そしてカメラの特性上、ケースには入れずに剥き出しのまま、ポケットに突っ込むことが多いです。そのせいか、液晶画面の保護フィルムが約1年ほどで剥がれてしまいました。後ほど替えを買ってきて、貼り直す予定。1年なら消耗品として割り切れるかな。

そして気づかぬうちに、レンズ前面にも細かい傷がたくさん付いてしまっていて、ちとショックでした。撮影した写真で傷が気になるようなことは現状ないですが、もう少し気を付けようと思います。レンズキャップを付けられるようにする、という選択肢もありますが、撮影までにワンステップ増えてしまうのが難点です。従来のコンデジのように、撮影時だけレンズが露出するようになっていれば良い気もしますが、メカニクルな機構が増えることによるデメリットもありそうで、悩ましいです。


カメラクリーニング6点セットを買ってみました

先日鎌倉の紫陽花撮影で使ったF1.8レンズ(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8)のマウント側のレンズ面を見てみると、何やら水滴のような汚れがあります。雨の中レンズ交換したから、そのときに雨でも当たったかな、と思い、クリーニングクロスで拭き取りますが、一向に落ちません。注意深く、クロス越しに爪を立てても駄目。うーん、うっすらと記憶を辿ると、以前から付いていた汚れだったかもしれません。見る角度によってはまったく見えなくなるので、これまで気づかず思い出さなかったのかも。

と言うわけで、さっそくヨドバシでHAKUBAのカメラクリーニング6点セット(1,380円)を買ってきました。最低限レンズクリーナーさえあれば良かったのですが、せっかくなのでこの機にクリーニング用品を揃えます。これまではエアダスターしか持っていませんでした。ちなみに、何故か6点セットよりも4点セットの方が高かったです。どう見ても4点の方が6点の下位互換なのですが。

さっそくクリーニングペーパーにレンズクリーナーを垂らし、汚れている面を円でなぞるように拭いてみます。するとアラ不思議、みるみる汚れが落ちました。クロスであれだけ拭いても落ちなかったのに。化学の力は偉大です。

クリーナーを使えば恐らく汚れは落ちるだろうと半分確信していましたが、実はレンズ内部の汚れと言ったケースも含め、汚れを落とせない懸念もあったため、ほっと一安心。まあ、この汚れの付着の仕方から、レンズ内部は考えにくいですけど。

せっかくなので、エアーブロアーも使ってみます。当然スプレー式のエアダスターよりパワーは弱いですが、思いのほか埃が吹き飛びますね。ロードバイクといい、趣味のアイテムをメンテナンスする時間は、楽しいひとときです。


TG-5を半年ほど使った感想

TG-5を購入して、およそ半年が経ちました。最近は、旅行にもTG-5のみ持っていくことも多いです。望遠やレンズの明るさを必要とする撮影シーンがない限り、本体の画質処理機能はE-PM1よりも優れていますしね。と言うわけで、ここまでの感想を書いてみます。

一番うれしいのは、シーン撮影のHDRモードです。逆光でも白飛びや黒潰れすることなく、撮影できます。撮影対象によっては、少し暗めになってしまったり、上手くいかないこともあるみたいですが、これまで白飛びで妥協していたシーンで、ちゃんと色を出せるのはうれしいですね。

水中撮影については、シーンメニューからではなく、ダイヤルメニューレベルで選択可能になった点が便利です。ハウジング越しの水中での操作は結構面倒なので、操作ステップの簡略化は助かります。撮影タイミングを逃す機会が減りました。あと従来の水中ワイド1/2の区別はなくなり、ひとつに統一されています。実際水中ワイド2はなかなか使いこなせるシーンがなかったので、シンプルになって良いかな、と思います。必要ならカスタムメニューに登録すれば良いですし。

それからwifiによるスマホへの写真転送機能ですが、旅先で結構活用しています。menuボタン長押しでwifiモードにして、スマホ側からwifi接続して専用アプリを立ち上げる、と言うそこそこ面倒な手順ですが、Twitterにその場で写真を投稿できるのはうれしいです。万が一に備えた、写真のスマホ側へのバックアップという副次効果もあります。

そしてアウトドアカメラらしく、タフなボディが良いですね。プールで潜っている際に、底へゴリゴリと擦ってしまったのですが、カメラ本体に視認できる傷はつきませんでした。

あと顕微鏡モードも面白そうなのですが、こちらはまだ試しきれていません。

機能も増えて持ち運びもお手軽で、何だかE-PM1を出番を食っていきそうな感じです。一眼のほうの立ち位置としては、撮影自体をメインで楽しみたいシーンに特化していくイメージです。同じ旅行ひとつ取っても、撮影をメインで楽しみたい場合と、アクティビティメインの場合がありますし、上手く使い分けていきたいですね。