「 ボルダリング 」一覧

ボルダリングに関する話題

ジム31日目~ムーブの大切さ

2018年8月11日、1週間ぶりにボルダリングをしてきました。普段はもっと間隔を空けてしまうので、二週続けては珍しいです。

この日は3/4面を使っている人がいたので、1/2面に挑みました。白5はクリアし、傾斜のきつい白7もクリアできました。白9は身体の運び方がイメージできなくて、一旦中止。

その後は灰1に挑戦。力押しで途中まで進んでいたけど、アドバイスを貰って、ムーブを修正してきました。自分は壁に平行に立って移動しがちなのですが、これだと足を大きく出せないのです。それより体を壁を垂直にした方が、踏み出せる一歩の幅が大きくなります。実際に試すまでは、不安定なイメージがあったのですが、いざやってみると安定感があります。ちょっと手に掛かる負荷が増えた気がしますが、トータルで見たら安定に繋がっています。ムーブの大切さを実感しました。

具体的には、最初は(1)のスタートから足を変えずに(2)を取りに行っていたのですが、(1)を持ったまま足を(A)へ移動して、それから(2)をつかむように変えました。足を先に動かすというのは頭では分かっていたのですが、手を(1)に置いたまま足を(A)に移すことが不安定なイメージがあって、試していませんでした。

あとこの課題の後半部分もアドバイスを貰いました。ただ、腕の疲弊と時間切れであまり試せていません。図で言うと、最初は(A)に足を置いた際に(4)(5)を掴んでいたのですが、そうではなくて(A)で安定している際には(3)(4)で掴み、(B)へ移す際に(5)を使うようです。

ムーブの大切さは分かっているつもりでも、なかなか上手く出来ておらず、自分の問題点にも気づきにくいので、アドバイスを貰えるのはいいですね。


腕に力が入らず登れなかった日

2018年8月4日、ボルダリングをしてきました。7月は結局行けなかったので、1ヶ月強ぶりです。

前回の仕掛かり課題であった灰9ですが、4面の配置替えがあったみたいで、なくなっていました。3面の方は以前のままっぽいですが、一部ホールドがなくなっているような気もします。とりあえず似たような課題で灰2があったので、トライ。しかし、スタートから次の一手が掴めません。あれー、以前の灰9もこんな感じだったっけ。もう少し届きそうな距離だった気が。写真の赤丸です。スタートはどこだか忘れました。同じく4面にある灰1にも挑戦しましたが、こちらは斜面の側面で、足をどこに置いたらいいのか分からず、スタートすら切れませんでした。

糸口が掴めないので、以前にクリアしたことのある灰6や灰8に挑戦しましたが、途中までしか登れません。ランクを落として白5にも挑戦してみましたが、腕に力が入らず、前半しか登れません。このまま何も登れないのはスッキリしないので、簡単な課題である白4だけはとりあえずクリアしておきました。

うーん、前回結構登れただけに、今回のボロボロっぷりは落胆しますね。思いのほか腕に力が入らなかった印象。エネルギーが足りなかったのか、密かに体重が増えているのか。まあ、通っている間隔が空いているのがそもそも大きな問題ですが、これを解決するには平日の夜に通える習慣を作るしかないんですよねえ。


5級課題はスタートすら切れない

2018年6月23日、ボルダリングをしてきました。まずは前回苦戦していた灰8にトライ。すると普通に登れてしまいました。前回掴めなくて苦労していたホールドも、わりかしがっちりと掴めました。持ち方が前回と違っていたのかなあ。でも、たぶん純粋に掴む力が残っていなかったのでしょうね。ほぼ垂壁なので、途中までは掴む力が落ちていても進めるのですが、問題のホールドになると、疲労が露呈するのだと思います。

その後は灰6と灰7にトライ。いずれもクリア済みの課題ではありますが、こちらも一発でクリアできました。

これに気を良くして、5級課題である黄色に挑戦。ところが、スタートすらまともに切れません。3個くらい試しましたが、スタートすら切れないか、1手しか進めないか、三々たる結果になりました。5級の壁が分厚く立ちはだかります。

あまりのギャップに放心していたところ、一番角度のきつい壁に6級課題があることに気づきました。引きで写真を撮れなかったのでいまいち分かりづらいですが、地面に水平目線です。というわけで、灰9にトライ。3分の1くらいまで進めました。角度がきつい分、ホールドは持ちやすいです。腕が元気なうちなら、落とせるかもしれません。同じ壁にあったトラバース系の灰10も気になりましたが、今回は挑戦せず。

ホールド替えされていた壁3/4面は、相変わらず挑戦できていないのですが、ちょうど空いたタイミングがあったので、灰5に挑戦してみましたが、終盤だったこともあり、ほとんど進めず。これまでになかったタイプのホールドもあって面白そうなので、こちらも色々挑戦してみたいんですけどねえ。

さて、次回は灰9/10課題か、壁3/4面の課題か、どっちを目指そうかな。6級課題を漏れなく丁寧にこなして、5級課題への糸口を掴みたいところです。


オープンハンド課題に苦戦中

2018年5月25日、ボルダリングをしてきました。1/2面のホールド替えが行われたため、モアイホールドは落とす前にお別れでした。う~ん、ちょっと悔しいところだけど、結局突破口も見えてなかったしな~。

と言うわけで、新しい課題にチャレンジしても良かったのですが、この日は何となく3/4面の課題へ挑みました。まずは以前に挑戦してクリア出来なかった灰6課題。一発目ということもあったのか、一発でクリアしてしまいました。余裕ではないけど大苦戦した感じでもなく、前にクリア出来なかったのは何でだろうと思いました。

続けてトライした灰7も一発クリア出来ました。これ、もしかしたら初トライかな。何となく落としたつもりでいましたが、ホールド替え前の似た課題だったのかもしれません。

そして苦戦したのが灰8課題です。以前に一度クリアしているのですが、相当無理やりにクリアした記憶があります。もう一度トライしたら無理かも……と思っていたので、これはやり直しですね。核心は写真の赤丸にあるオープンハンドの連続なので、オープンハンド克服の良い練習になりそうです。最初の方にやれば、腕の力で強引に登れちゃったりするんですかね。


灰3課題が手詰まり感

2018年04月21日、ボルダリングをしてきました。この日は、最後のモアイホールドに苦しめられている灰3課題に延々とトライしました。けれど、どうしても最後が保持できずに落ちてしまいます。持ち方は間違えていないはずなのですが、何が足りないのでしょうか。最後手前までは、ある程度安定して行けるようになってきました。もっと下に潜って、肩や背中でホールドを押さえつけるようにしないといけないのかなあ。

気晴らしに久しぶりに白9をやってみたら、普通にクリアできてひと安心。ひとつ下の級ですが、傾斜がややきつめなので、そこそこ達成感があります。

しかし灰3はちょっと手詰まり感が出てきていますね。ただ闇雲に挑み続けても、落とせる気がしません。攻略法を探りつつ、もうひとつの仕掛かり中課題である灰6も上手く組み合わせて、バランスよく楽しめたらと思います。