「 ボルダリング 」一覧

ボルダリングに関する話題

灰3課題が手詰まり感

2018年04月21日、ボルダリングをしてきました。この日は、最後のモアイホールドに苦しめられている灰3課題に延々とトライしました。けれど、どうしても最後が保持できずに落ちてしまいます。持ち方は間違えていないはずなのですが、何が足りないのでしょうか。最後手前までは、ある程度安定して行けるようになってきました。もっと下に潜って、肩や背中でホールドを押さえつけるようにしないといけないのかなあ。

気晴らしに久しぶりに白9をやってみたら、普通にクリアできてひと安心。ひとつ下の級ですが、傾斜がややきつめなので、そこそこ達成感があります。

しかし灰3はちょっと手詰まり感が出てきていますね。ただ闇雲に挑み続けても、落とせる気がしません。攻略法を探りつつ、もうひとつの仕掛かり中課題である灰6も上手く組み合わせて、バランスよく楽しめたらと思います。


パーミングを出来るようになりたい

2018年3月29日、年度末の年休消化で平日休みでしたので、ボルダリングに行ってきました。壁の1/2面は、ホールド貼り替え後初挑戦か、もしくはあんまり登っていない気がします。全部は収まっていませんが、写真の青丸が灰8で赤丸が灰6課題です。

とりあえず灰8に初トライしたところ、途中苦労しつつも、一発でクリアできました。垂壁でトラバース系の課題なので難易度はそれほど高くないですが、途中にオープンハンド必須の丸くて大きめのホールドがあるので、そこが核心なのかな、と思っています。丸いですが、表面に薄い凹凸があるので、幾分掴みやすくなっています。オープンハンド苦手勢としては、ちょうど良い練習課題になって良いです。手で踏ん張れないので、自然と重心に意識が向かいます。

続いては灰6にトライするも、こちらはクリアできず。トラバース区間の終わりまでは行けるのですが、そこから上に向かうところで、進めません。まだ数回しか挑んでいませんが、ここは色々考えて、何回か挑戦すれば、何とか落とせそうな気がしています。

最後はここ最近頑張っている灰3にトライ。最後のホールドまで行きますが、どうしても最後のモアイホールドが掴めません。人が少なかったこともあり、最後とところだけピンポイントに挑戦して、イメージを掴もうとしましたが、全然保持できる気がしません。あまりにイメージが出来なくて、軽く絶望感。観念して、帰り際に店長さんにやり方について、聞いちゃいました。すると、やはりパーミングで保持するのが正解とのこと。多少凹凸があるため、他の持ち方があるのかな、と勘繰り始めていたので、パーミングで正解だとわかってひと安心。パーミングで体重を掛けるためには、足場もモアイホールドの真下に移動しなきゃいけない、と思い込んでいましたが、店長さんのお手本では、足は少し横に逸れた安定した場所に置いて、腰だけモアイホールドの真下に移動していました。

うーん、初心者の壁と言われるパーミング、そろそろ真摯に向き合わねばならない時が、来たのかもしれません。


モアイホールドが掴めない

年始以来の久しぶりにボルダリングしてきました。久しぶりすぎて、手のマメはすっかり消えていました。

2018年03月17日、昼すぎに行きました。この日は結構空いていて、灰3のある壁が空いていたので、この課題だけにトライしました。最初のころは動けるので、ひょいひょいと最後のホールド手前まで行けるのですが、最後のホールドが掴めません。モアイ像の顔っぽいホールドで、持てそうな箇所はあるものの、ガバではないので、オープンハンドでキープしないといけません。ルート上に他の難しいポイントはないので、ここが核心ですかね。ガバがないことと、このホールド自体がそこそこ大きくて手前へせり出しているために傾斜が増すことで、難しくなっていると感じています。

そして疲れが溜まってくると、最後のホールドに行くまでがだんだん雑になってきて、相変わらず腕の力に頼ってしまっている部分が大きいんだなあ、と痛感しました。ただ、ムーブが上手く出来れば筋力に頼らなくても大丈夫、とは良く聞きますが、未だにこの辺の感覚がつかめません。どの程度の塩梅なのか……まったく筋力を使わないなんてことはないはずですし。

全然上達しませんが、終わった後の筋肉痛は毎度気持ちがいいです。普段使わない筋肉を使えるので、良いですね。


2018年ボルダリング登り初め

2018年01月20日、ZENにて登り初めをしてきました。目下の課題にしている灰3は、面が塞がりがちだったので、空いてる面の灰11に挑戦。7級コースと分離するトラバースになってからが、やはりきついです。途中からムーブが分からなくなりますね。たぶん120度くらいの反りで、自分的には結構きつい角度なので、あまり試せるバリエーションもないです。

その後、面が空いたので、灰3に挑戦。反りのきつい壁に挑んでいた反動か、傾斜が緩く感じます。それでも最後のところで、どうしても掴めません。モアイの顔をした大きめのホールドで、そこそこ凹凸があって掴めそうなイメージはあるのですが、ガバとまで言える部分がなくて、掴みきれませんでした。

休憩してからラスト、もう1回灰3に挑みたかったのですが、塞がっていたので、別の面の灰7を久しぶりに挑戦。最後のホールドを掴めずに力尽きました。

うーん、全体的に力押しすぎるのでしょうね。記事やTwitterでも、6級レベルだったら筋力よりムーブで解決できる、と言われているので、そこらへんを押さえたいところです。次回は、ある程度登れる7級課題で、カチ持ちじゃなくて、オープンハンドを意識して登るようにしてみようかな。


残していた7級課題をクリア

2017年12月16日、ボルダリングしてきました。2回目のマイシューズ使用ですが、いつもの癖で手ぶらで出てしまい、店の前まで行ったところで気付きました。歩いて10分の距離なので、取りに戻りました。

いつもの課題のある面は混んでいたので、これまで敬遠してきた傾斜120度(と思われる)にある7級課題に挑戦しました。そしたら意外にも、初手で落とせました。白9(右の赤丸)から始めて、次の白4(左の青丸)も同様です。傾斜がきついので腕に来ますが、ホールドが圧倒的に持ちやすく、ルートも簡単なので、力押しで何とかなってしまいました。試しに6級課題である灰11にトライしたところ、7級課題とルート分岐した途端に動けなくなって落ちてしまいました。灰12はスタートすら切れません。ここはまだ先ですね。とりあえず心残りだった残しの7級課題を落としたので、心置きなく6級を目指します。なお、写真は上の方が切れていたので、課題のゴール地点は見えていません。

30分くらいすると、いつもの課題のある面が空いてきたので、さっそく灰3に挑戦です。腕の組み換えや足の置き場に少し混乱しますが、あと一歩のところまで行けました。上級者が同じ課題をやってみてくれましたが、見ている時とやっている時では、未だに距離感覚のズレがあります。ちなみにマイシューズ効果か、ボテの上で靴裏でのふんばりが少し効くようになった気……がします。とりあえずムーブの感覚は何となく掴めてきたので、腕が元気なタイミングであれば、落とせるかもしれません。ホールド替えが起きる前に行かなくては……