「 ボルダリング 」一覧

ボルダリングに関する話題

ジム44日目~軸足は5級課題へ

2019年7月6日、壁家でボルダリングしてきました。今日は5級課題をメインに挑む予定です。しかし、壁の空きの都合で、まずは120度の6級課題を1本(I)こなします。最初の方にあるデカいホールドが掴みづらかったですが、以降はガバ続きなので、腕が元気な序盤ということもあり、そのままクリアできました。壁家での120度壁の6級課題は初クリア。

大体の6級課題はクリアしたので、主戦場を5級課題へシフトします。さっそく前回ロックオンした課題に挑みます。100度壁の橙■。5級課題なので、いよいよ足限定ですね。これまで足自由でやってきたので、ホールドを探すのに苦労しました。要はその指定ホールド以外は手も足も使えないと言うシンプルな話なのですが、最初のうちは目が慣れません。

画面では見きれていますが、STARTホールドの下にフットホールドが2個あります。そこから左手で(B)を掴み、身体を押し上げて右手で(C)を掴みます。なるべく足を使うように意識します。足に荷重して重心を下げて、足の力で身体を持ち上げるイメージです。下に溜めて、上にあげていくみたいな。

そしてこの後右足を(A)に乗せるのですが、足を離すと身体が左へ開いてしまい、壁から剥がれてしまうことが何回かありました。上手くいった時との違いを考えてみたところ、右手のホールドの引き方でした。何となく左方向に引きやすい形をしているのですが、そこを壁に垂直な手前に引くようにしたら、身体が開かなくなりました。

初手は(D)/(E)まで手が届いたのですが、それ以降は駄目なので、腕の力で強引に登った感じですね。(A)に足を乗せた際に、十分に荷重できていないので、足の使い方が課題になりそうです。

足に荷重して滑り落ちることもしばしば。滑り落ちるということは、足に荷重できているので、ある意味良いのですが、次のステップとして落ちないようにしないといけません。足裏感覚を身に着けて、正しくフットホールドに足を置けるようになりたいです。

メインに挑んだのは前述の課題ですが、同じ100度壁の橙Tにも挑戦しました。こちらは中盤までスローパー気味ホールドによるトラバースが続きます。スタートを切るのもきついですが、二手目に手が届いてそれ以降は進めません。いやー、相変わらずスローパー系は苦手ですね。重心を真下に掛けるといった理屈は理解しているのですが、身体が追い付きません。あー、でもいつか克服したい……。

ちなみに90度壁のホールド換えが少し前に行なわれて、まだ未タッチなので、どこかの合間で新しい6級課題をこなしておきたいかも。


ジム43日目~5級課題メインに挑む

2019年6月22日、壁家でボルダリングをしてきました。そろそろ次のステップを目指したいので、この日は5級をメインに挑みます。

しかし、その前に、前回クリアできなかった90度壁の6級■課題に挑みます。すると、こちらはすぐにクリアできました。ただ90度と言うこともあり、前回詰まったゴール手前の一手は、腕の力に頼った感じです。ムーブとしては、雑なのでしょうね。

続いて、5級に挑もうと黄色シールの課題に挑んでいたら、こちらは4級でした。以前通っていたZENが黄色が5級でしたので、勘違い。スタートから一手も進めなかったり、一手しか進めなかったり。極小ホールドや足切りが見られて、一気に厳しい感じはあったのですが。

ただし、その後挑んだ5級課題(黄色ではなく橙)も似たような状況でした。スローパーは相変わらず苦手ですね。5級課題はそれぞれ難しさのベクトルが異なり、その絶対値も大きくなっているので、課題に依って得手不得手が出てくると思います。初めて落とすことを狙うなら、登れそうな課題を見つけて、それに挑むのが良さそうだと思いました。なので、今回は90度、100度壁の色々な課題を味見した格好です。

6級課題も120度壁とか宿題が残ったままですが、こちらは一旦保留で……。気が向いたら、ふらりと触ってみるかもしれませんが。


ジム42日目~壁家初訪問時からの6級宿題課題をようやくクリア

2019年6月1日、壁家でボルダリングをしてきました。今回からプロティン(SAVAS)を投入してみます。

最初に挑んだ課題は、スラブ壁6級のIです。壁家初訪問となる前々回からの宿題となっていましたが、ようやくクリアです。本日2回トライでいけました。ゴール手前で右足を引き上げられないのが問題でしたが、重心を下げて左足に荷重したら右足を上手く引き上げることができました。足の使い方ひとつでこうも変わるとは。以前は重心高めのままで、左足への荷重が十分出来ていなかったようです。

続いては同じスラブ壁の6級T課題です。トラバース課題。以前に挑んだ際は、1~2手で落ちてしまったのですが、足をなるべく安定するように意識したら、先へ進めるようになりました。具体的には、なるべく両手よりも両足の幅が広くなるようにして、両足の幅を狭めるのは安定した場所に限定するようにしました。写真の黒四角が右足で青四角が左足です。右側の黄色い大きな足場に左足を引き上げる際は、右のスローパーホールドを右腕で抱きかかえるようにして、保持しました。最後のゴールホールドが一番苦労したのですが、ここで肝心なのは、バランスでした。最初はどうしても外側へ倒れがちでしたが、店員さんのアドバイスを受け、足の置き場を外側へ少し移動することで、身体を壁側に気持ち傾けられるようになりました。そこから身体を前傾させて、左足でカウンターバランスをとります。ここがまだ怪しくて、2~3秒ゴールホールドを保持して落下という微妙な結果でしたが、一応クリアということで。スラブは6級あたりでも、腕力で誤魔化せない課題が出てくるので、ボルダリングの基礎を学ぶには良いのかな、と思っています。

進捗としては、最初の2回はスタートホールドから進めず、開始時の右足を右側に移動したら黄色い大きな足場まで進めました。そこからゴールホールドまで結構苦戦。回数を数えるのは止めてしまいました^^;

次はバルジ壁のあるエリアへ初挑戦。挑むのは6級課題。強傾斜部分は使いません。最初に挑んだ6級■は、フラッシュクリアできました。途中、垂壁から垂壁へ90度面が変わるところでは、身体が振られそうになりますが、そこを越えればさほど難しい箇所はありません。上記写真だと赤丸の方です。上部は切れています。

続いて同じエリアの6級Iに挑みましたが、こちらは敗退しました。145度壁から垂壁へ移るところの一手が遠いです。強い人のお手本では、足を先に引き上げたり、ヒールフックなど足を上手く活用されていました。上記写真だとスタート部分しか写っていませんが、青丸です。このあと右に進んで、左上部の垂壁に進みます。

最後は一番手前の垂壁の6級■課題。途中までホールドを1個見逃していて、これに気づいた時はアハ!体験でした。よーし、これでいけるぞ、と思って意気揚々と登りましたが、結局敗退。ゴールホールドを掴む際の左足の置き場が、まだ分かっていないです。

こんな感じで、6級課題に登れたり、登れなかったり。5級課題への挑戦は、6級課題の大半を安定して登れるようになってから、と思っていたのですが、そろそろ次の段階へ進みたい気持ちもあります。自分に合った5級課題を1個定めて、6級課題と併せて挑んでみようかな。

ちなみに今回で初回限定の3回回数券が切れてしまいました。パスポートは使いきれる自信がないので、11回回数券を検討中。ウェブページ上では案内がないけど、店舗入口の案内表示にはあった気がします。


ジム41日目~6級課題4本落とすも

2019年5月18日、壁家へ2回目の訪問です。やっぱり家からの距離は少し遠く感じますね。その分滞在時間を長めに取れればと思います。

まずは前回クリアできなかったスラブ壁の6級課題(I)に挑もうと思ったのですが、壁が混んでいたので、手前の垂壁から挑みました。

垂壁の6級課題(I)は、6級にしては簡単な感じで、スイスイと登れました。垂壁で足場に使えるホールドもしっかりしたものが多いので、登りやすいですね。部分的なルーフを通って垂壁に戻るところは、少しバランスに気を遣いました。

続いて同じ垂壁の6級課題(T)に挑みます。トラバース系で、ゴールホールドまでスイスイ進めるのですが、どうしても両手で2秒間ホールドできません。スローパー気味なホールドなので、重心を上手く合わせないといけないのかな、手前が簡単な分ここが核心なのかな、と思い、数回トライするも上手くいきません。そんな中、壁を見ていてアハ体験。下の方にでっかいフットホールドがある……。ここに足の乗せるのが、正解でした。足が壁から離れて、壁側に倒れるようになるので、手で身体を支えずに済みます。それで大人用と子供用のゴールホールドが別々に設定されているのですね。ようやく理解できました。

次は100度の壁にある6級課題(I)に挑戦です。前回は最初のトラバースを終えて上へ向かうところで撃沈されていたのですが、今回は何故か乗り換えて、そのまま上へ進むことが出来ました。弱いとは言え被りの壁なので、腕の負荷は掛かりますが、ホールドは持ちやすいので、無事ゴールまで到達できました。でも腕力に頼りがちかな。

次は、同じく100度壁の6級課題(+)に挑みます。腕の力が弱ってきているので、若干危なっかしい感じではありましたが、何とかゴールまで進めました。下へ降りてくる時には腕が在庫切れで、やや高いところから地面へ落下。マットがあるとは言え、若干脚に堪えます。ちなみにこちらはフラッシュだったかもしれません。

最後は、前回の宿題となったスラブ壁の6級課題(I)です。こちらが相変わらずクリア出来ません。ゴール手前で足を一段上げなくてはいけないシーンで、足を上げると壁から剥がれてしまうのです。ムーブが良くなくてバランスが取れないのか、何か見落としがあるのか、次回こそは落としたい……スラブ壁で腕の力はほとんど使わないので、時間を掛けて何度も挑めば落とせないかなあ。

今回の滞在時間はおよそ2時間弱。ZENは1時間で料金の区切りがあったので1時間を目安にしていましたが、壁家は区切りがもう少し大きいので、滞在時間が悩みどころ。1時間だと短い気がするので、1時間半から2時間くらいかなあ、と思っています。

ちなみに課題のメモのために、壁の写真を撮るのですが、どうも全域を収めきれません。とは言え、スマホ(Xperia Z5)のカメラレンズが24mm(35mm判換算)なので、これより広角な手持ちレンズはないですしねえ。


ジム40日目~壁家初訪問

2019年4月19日、ボルダリングジム壁家を初訪問してきました。先述の通り、これまで通っていたZENが閉店したため、以前から興味のあった壁家にやってきた格好です。

壁は、スラブも含めた一通りの角度が揃っています。リードクライミングが出来る一角もあります。契約すれば専用ロッカーを定期利用できるので、シューズや着替えを入れておけば、仕事帰りに寄るのが楽そうです。

初利用なので、さっそく会員証を作ります。店長さんが前にZENにいらした方ですね。タブレット端末に必要事項を記入して、手続き完了。料金体系は、24時間が3つの枠に分かれており、その枠内であれば何時間利用しても固定料金です。

最初に挑んだのはスラブ壁。ハート型のホールドが続いている6級課題。見た目いけそうな感じがするんですけど、ゴールホールドの手前のホールドを掴む時点で腕と脚が伸びてしまって、次の一手を打てません。なので、それよりも手前で足場を引き上げないといけないのですが、これが上手くできない状況です。

続いて、スラブ壁にある別の課題に挑戦します。こちらは前半部分の足場が小さく、腕の力を使いやや強引に進んだ格好ですが、後半は楽に登れました。というわけで、無事クリア。これが今回唯一クリアできた課題です。

この後はオーバーハング壁や垂壁の6級課題に挑みますが、ことごとく撃退されました。

なお、課題の印は、数字ではなくシールの形になっています。ZENでは数字でしたので、慣れるまで少し戸惑いました。

2時間くらい滞在して、今回は撤収。宿題たくさん出ました。初回限定キャンペーンで、3回セットの回数券を購入したので、近々再訪します。有効期限3ヶ月です。