「 ボルダリング 」一覧

ボルダリングに関する話題

ジム34日目~出来立ての課題に挑戦

2018年10月12日、ボルダリングをしてきました。職場が平日休みの日です。14時30分くらいに行きましたが、他に客はおらず、半分の壁はホールドの張り替え作業中でした。

とりあえず前回に灰1はクリアできたので、灰2(写真の青丸)に挑戦してみました。最初は垂壁を上に登って、高いところで傾斜壁に移動するルート。初手でクリアできましたが、ゴール手前はちょっと不安定。腕の力で強引にゴールを取りに行く格好になっています。というわけで確認のためにもう一度挑戦したところ、ゴール手前で落ちてしまいました。足の置き場を正しく定め切れていない気がします。

続いては前回クリアした灰1に再挑戦。うー、出来なくなっています。やり方を忘れてしまった感じです。その後感覚を取り戻してきましたが、腕がだいぶよれてしまったので、無理でした。

その後は、貼り替え後の出来立てほやほやの課題を登らせてもらいました。灰10、灰6、灰8は一発でクリア。灰5は途中の掴みにくいホールドが続くあたりで、腕を伸ばしきれずに失敗。しかし反りが緩くなるだけで、同じ灰でもだいぶ楽になりますね。傾斜がきつい壁を安定して登るには、まだパワーが足りないようです。なお、課題の番号は正確ではないかもしれません。

最後にトライしたのは灰7(写真の赤丸)。途中ホールドの距離が少し離れている箇所があって、そこで腕が届かずに撃沈。足を上に持って行く必要があるのだけど、腕がよれてきたこともあり、適当なムーブでは身体が落ちてしまいます。足の移動先もいまいち掴みきれていません。

改めてこの日の感想をメモ。

  • 重心を低くすると、やっぱり腕が楽
  • 腕を引っ掛けている向きは、身体の振られ方に結構影響する
  • 腕の力が残っている時は強引に抑え込めるけど、よれてくると力を抜いたぶら下がり型になるので、身体が大きく振られるようになる。結果、ムーブの雑さが露呈する

課題を取り組む順番は、あまり考えずに空いているところから選んでいましたが、やっぱり最初は傾斜の緩い非パワー系の課題に取り組んだほうが良いですね。後半でパワー系に取り組んだ方が、パンプせずに取り組める本数が増やせますし。ただ空き状況の都合もあるので、常に思い通りには回せません。


シドニーで外岩に初挑戦

先日シドニーに出かけてきました。調べてみると、シドニーにはボルダリングのできる外岩がたくさんあるようです。車やバスでの移動が必要な場所は少しハードルが高く感じますが、中心部から徒歩で行ける場所もあります。日本だと電車で1時間以上の郊外へ出る必要があり、それを思うと何ともうらやましい環境です。

 

とは言え、外岩自体が初挑戦で、ジムでも6級付近なので、味見程度になる見込みです。なので、遠出はせずに中心部のホテルから徒歩圏内の場所を選びました。王立植物園を抜けたミセスマッコーリズポイントエリアにある岩場です。

ちなみに岩場は、theCragというサイトを使って調べています。地図を使って、世界中の岩場を探すことができます。国内の岩場はトポが書籍として販売されていますが、海外の岩場はよく分からないので、こうしたサイトは便利で助かりますね。

この周辺にはいくつか岩がありますが、登ったのはKiddies Cornerという岩です。そして選んだ課題は、Elephant Stepsです。グレードはV0-で、かなり易しめの課題です。名前の通り、象の鼻のような足場があり、ガバガバです。高さもそれほどないですし、ジムなら8級程度でしょうか。ただし、マントルを取るところは慣れない動作ということもあってか、少々苦労しました。

持参したギアはシューズのみで、クラッシュパッドはありません。なので無茶はせずに極力安全志向で登りました。高さは2メートル弱でしたが、この高さでも恐怖感はありますね。ジムと違い、落ちたら高確率で足を痛めるという状況が、そうした心理を加速させているのかもしれません。とりあえずElephant Stepsは落とせましたが、他の課題は手も足も出ませんでした。翌日にランニング大会を控えていたので、無理をできないという事情もありました。

初めての外岩の感想は、以下の通り。

  • 手が痛い
  • 足場が小さく足を置くのが大変
  • 高さに対する恐怖がジムより大きい

今回の岩は砂岩っぽい感じで、最初に触った際もガバには削れたような砂粒が溜まっていました。たくさんの人が登ると、削れてどんどん変わっていきそうですね。岩質の違いは外岩の楽しみのひとつだと思うので、別の岩にも登ってみたいです。国内の岩場で、自宅からの距離で考えると、湯河原か御岳かなあ。


ジム33日目~灰1課題をクリア

2018年9月30日、先週に引き続きボルダリングをしてきました。まずは白7で慣らし。その後灰1に挑戦です。前回でゴールのイメージはできたので、腕が元気ないまなら落とせるはず。結果、無事落とせました。

多少なりとも苦労した課題は、ムーブを残しておきたいのですが、壁から下りると存外記憶にないんですよねえ。今回はなるべく意識して覚えてみましたが、いろいろ怪しいかもしれません。

配置は、こちらの記事のあるものを利用します。左記に追加して、(6)は(4)の右にある白いホールド、(7)は一番右にある青丸、(C)は見づらいけど右下にある灰色の足場です。

  1. 右手で(2)、左で(3)、右で(4)、この時点で両足(A)
  2. 右足を(B)の直前にある橙、左で(5)、右足を(B)
  3. 右で(6)、左で(6)、右(7)、右足右壁の(B)至近、右足(C)
  4. (C)側に荷重して身体を少し引いて、左から右でGOALにマッチ

(6)を両手で持ってからの動きが不安定だったので、念のためもう一度挑戦してみましたが、同様にクリアできました。もう少し安定して運べるムーブがあるはずですが、とりあえずクリア扱いとします。

続いての課題は、灰2にしてみました。ゴールまであと2、3手というところです。ゴールのホールドがルーフにあるので、足をちゃんと運んでおかないと届かなさそうですね。まだあまり試行できていませんが、必要なら身体を捻って足を遠くまで伸ばせるようにしたいです。

今回の課題で感じたことは、自明ではありますが、やっぱり足の大切さですね。足を広く置いたほうが、重心の可動域が増えて楽です。どうしてもひとつのホールドに両足を乗せる必要がある場合は、なるべく安定した形にして持っていかないと、振られちゃいますね。


ジム32日目~掴めなくとも支えられれば良い

2018年9月22日、ボルダリングをしてきました。前週に10kmのランニング大会に参加しており、週末をそちらの練習に当てていたので、久しぶりのボルダリングです。とは言いつつ、ジムの間隔が1ヶ月近く空いてしまうことはザラですが。

今回挑んだ課題は、灰1の課題です。前回の記事にも書いた課題ですね。何度も挑戦するものの、最後の大きな丸いホールドにマッチングするイメージが掴めずにいました。そんな中、ゴール付近を良く見ていたら、低い位置に大きな足場がありました。なるほど、ここに足を置けば、丸いホールドを押して体を支える形でマッチングできそうです。

こうしてゴールのイメージはできたのですが、腕の疲労が溜まり始めてしまったか、ゴール手前までたどり着けません。ムーブも雑になってきて、どんどん駄目になっていきます。ここで店員さんからアドバイスをいただきました。

  • 足を伸ばして広く使った方が良い
  • 重心が真ん中になるように、両足を持ってくる
  • 肘を外に出すと重心が上がるので、肘を内に入れると重心が下がり、身体が壁に着く
  • 移動する際に身体が振られないように、しっかりと足に荷重する

1つずつでも意識しながら丁寧にやって、徐々に染み込ませていくしかないんでしょうね。自分は足を狭く使いがちなので、まずはそこを意識して直したいです。どうも足を広くすると動きにくいと言う感覚が働くみたいです。

課題を1つもクリアできないのは不完全燃焼なので、最後に白4を登って、とりあえず達成感を得ておきました。


ジム31日目~ムーブの大切さ

2018年8月11日、1週間ぶりにボルダリングをしてきました。普段はもっと間隔を空けてしまうので、二週続けては珍しいです。

この日は3/4面を使っている人がいたので、1/2面に挑みました。白5はクリアし、傾斜のきつい白7もクリアできました。白9は身体の運び方がイメージできなくて、一旦中止。

その後は灰1に挑戦。力押しで途中まで進んでいたけど、アドバイスを貰って、ムーブを修正してきました。自分は壁に平行に立って移動しがちなのですが、これだと足を大きく出せないのです。それより体を壁を垂直にした方が、踏み出せる一歩の幅が大きくなります。実際に試すまでは、不安定なイメージがあったのですが、いざやってみると安定感があります。ちょっと手に掛かる負荷が増えた気がしますが、トータルで見たら安定に繋がっています。ムーブの大切さを実感しました。

具体的には、最初は(1)のスタートから足を変えずに(2)を取りに行っていたのですが、(1)を持ったまま足を(A)へ移動して、それから(2)をつかむように変えました。足を先に動かすというのは頭では分かっていたのですが、手を(1)に置いたまま足を(A)に移すことが不安定なイメージがあって、試していませんでした。

あとこの課題の後半部分もアドバイスを貰いました。ただ、腕の疲弊と時間切れであまり試せていません。図で言うと、最初は(A)に足を置いた際に(4)(5)を掴んでいたのですが、そうではなくて(A)で安定している際には(3)(4)で掴み、(B)へ移す際に(5)を使うようです。

ムーブの大切さは分かっているつもりでも、なかなか上手く出来ておらず、自分の問題点にも気づきにくいので、アドバイスを貰えるのはいいですね。