「 ボルダリング 」一覧

ボルダリングに関する話題

5級課題はスタートすら切れない

2018年6月23日、ボルダリングをしてきました。まずは前回苦戦していた灰8にトライ。すると普通に登れてしまいました。前回掴めなくて苦労していたホールドも、わりかしがっちりと掴めました。持ち方が前回と違っていたのかなあ。でも、たぶん純粋に掴む力が残っていなかったのでしょうね。ほぼ垂壁なので、途中までは掴む力が落ちていても進めるのですが、問題のホールドになると、疲労が露呈するのだと思います。

その後は灰6と灰7にトライ。いずれもクリア済みの課題ではありますが、こちらも一発でクリアできました。

これに気を良くして、5級課題である黄色に挑戦。ところが、スタートすらまともに切れません。3個くらい試しましたが、スタートすら切れないか、1手しか進めないか、三々たる結果になりました。5級の壁が分厚く立ちはだかります。

あまりのギャップに放心していたところ、一番角度のきつい壁に6級課題があることに気づきました。引きで写真を撮れなかったのでいまいち分かりづらいですが、地面に水平目線です。というわけで、灰9にトライ。3分の1くらいまで進めました。角度がきつい分、ホールドは持ちやすいです。腕が元気なうちなら、落とせるかもしれません。同じ壁にあったトラバース系の灰10も気になりましたが、今回は挑戦せず。

ホールド替えされていた壁3/4面は、相変わらず挑戦できていないのですが、ちょうど空いたタイミングがあったので、灰5に挑戦してみましたが、終盤だったこともあり、ほとんど進めず。これまでになかったタイプのホールドもあって面白そうなので、こちらも色々挑戦してみたいんですけどねえ。

さて、次回は灰9/10課題か、壁3/4面の課題か、どっちを目指そうかな。6級課題を漏れなく丁寧にこなして、5級課題への糸口を掴みたいところです。


オープンハンド課題に苦戦中

2018年5月25日、ボルダリングをしてきました。1/2面のホールド替えが行われたため、モアイホールドは落とす前にお別れでした。う~ん、ちょっと悔しいところだけど、結局突破口も見えてなかったしな~。

と言うわけで、新しい課題にチャレンジしても良かったのですが、この日は何となく3/4面の課題へ挑みました。まずは以前に挑戦してクリア出来なかった灰6課題。一発目ということもあったのか、一発でクリアしてしまいました。余裕ではないけど大苦戦した感じでもなく、前にクリア出来なかったのは何でだろうと思いました。

続けてトライした灰7も一発クリア出来ました。これ、もしかしたら初トライかな。何となく落としたつもりでいましたが、ホールド替え前の似た課題だったのかもしれません。

そして苦戦したのが灰8課題です。以前に一度クリアしているのですが、相当無理やりにクリアした記憶があります。もう一度トライしたら無理かも……と思っていたので、これはやり直しですね。核心は写真の赤丸にあるオープンハンドの連続なので、オープンハンド克服の良い練習になりそうです。最初の方にやれば、腕の力で強引に登れちゃったりするんですかね。


灰3課題が手詰まり感

2018年04月21日、ボルダリングをしてきました。この日は、最後のモアイホールドに苦しめられている灰3課題に延々とトライしました。けれど、どうしても最後が保持できずに落ちてしまいます。持ち方は間違えていないはずなのですが、何が足りないのでしょうか。最後手前までは、ある程度安定して行けるようになってきました。もっと下に潜って、肩や背中でホールドを押さえつけるようにしないといけないのかなあ。

気晴らしに久しぶりに白9をやってみたら、普通にクリアできてひと安心。ひとつ下の級ですが、傾斜がややきつめなので、そこそこ達成感があります。

しかし灰3はちょっと手詰まり感が出てきていますね。ただ闇雲に挑み続けても、落とせる気がしません。攻略法を探りつつ、もうひとつの仕掛かり中課題である灰6も上手く組み合わせて、バランスよく楽しめたらと思います。


パーミングを出来るようになりたい

2018年3月29日、年度末の年休消化で平日休みでしたので、ボルダリングに行ってきました。壁の1/2面は、ホールド貼り替え後初挑戦か、もしくはあんまり登っていない気がします。全部は収まっていませんが、写真の青丸が灰8で赤丸が灰6課題です。

とりあえず灰8に初トライしたところ、途中苦労しつつも、一発でクリアできました。垂壁でトラバース系の課題なので難易度はそれほど高くないですが、途中にオープンハンド必須の丸くて大きめのホールドがあるので、そこが核心なのかな、と思っています。丸いですが、表面に薄い凹凸があるので、幾分掴みやすくなっています。オープンハンド苦手勢としては、ちょうど良い練習課題になって良いです。手で踏ん張れないので、自然と重心に意識が向かいます。

続いては灰6にトライするも、こちらはクリアできず。トラバース区間の終わりまでは行けるのですが、そこから上に向かうところで、進めません。まだ数回しか挑んでいませんが、ここは色々考えて、何回か挑戦すれば、何とか落とせそうな気がしています。

最後はここ最近頑張っている灰3にトライ。最後のホールドまで行きますが、どうしても最後のモアイホールドが掴めません。人が少なかったこともあり、最後とところだけピンポイントに挑戦して、イメージを掴もうとしましたが、全然保持できる気がしません。あまりにイメージが出来なくて、軽く絶望感。観念して、帰り際に店長さんにやり方について、聞いちゃいました。すると、やはりパーミングで保持するのが正解とのこと。多少凹凸があるため、他の持ち方があるのかな、と勘繰り始めていたので、パーミングで正解だとわかってひと安心。パーミングで体重を掛けるためには、足場もモアイホールドの真下に移動しなきゃいけない、と思い込んでいましたが、店長さんのお手本では、足は少し横に逸れた安定した場所に置いて、腰だけモアイホールドの真下に移動していました。

うーん、初心者の壁と言われるパーミング、そろそろ真摯に向き合わねばならない時が、来たのかもしれません。


モアイホールドが掴めない

年始以来の久しぶりにボルダリングしてきました。久しぶりすぎて、手のマメはすっかり消えていました。

2018年03月17日、昼すぎに行きました。この日は結構空いていて、灰3のある壁が空いていたので、この課題だけにトライしました。最初のころは動けるので、ひょいひょいと最後のホールド手前まで行けるのですが、最後のホールドが掴めません。モアイ像の顔っぽいホールドで、持てそうな箇所はあるものの、ガバではないので、オープンハンドでキープしないといけません。ルート上に他の難しいポイントはないので、ここが核心ですかね。ガバがないことと、このホールド自体がそこそこ大きくて手前へせり出しているために傾斜が増すことで、難しくなっていると感じています。

そして疲れが溜まってくると、最後のホールドに行くまでがだんだん雑になってきて、相変わらず腕の力に頼ってしまっている部分が大きいんだなあ、と痛感しました。ただ、ムーブが上手く出来れば筋力に頼らなくても大丈夫、とは良く聞きますが、未だにこの辺の感覚がつかめません。どの程度の塩梅なのか……まったく筋力を使わないなんてことはないはずですし。

全然上達しませんが、終わった後の筋肉痛は毎度気持ちがいいです。普段使わない筋肉を使えるので、良いですね。