「 ウクレレ 」一覧

ウクレレの練習などについて

ルパン三世のテーマをコード練習に加えてみた

長らく「君をのせて」と「やさしさに包まれたなら」を弾いてきましたが、「ルパン三世のテーマ」を練習のレパートリーに加えてみました。譜面を参考にしているのは、いつもの通りU-FRETです。

新しい曲を弾くと、新しいコードにも出合えるので新鮮。定番コードは変わらずよく出てくるので、どんどん馴染んでいく感じはあります。あとはストロークですね。「ルパン三世のテーマ」は、これまで弾いてきた曲と違って、歌の小節が終わったところで、コードに変化をつけて締めるようになっており、弾いていて気持ちがいいです。

ここからは、ウクレレを弾いての、雑多なメモ書き。

コード譜を見ていると、時々登場するベース音の指定。ウクレレは4弦しかないので、ベース音の指定がされていると、結構困ります。特に7thコードだと物理的に音が足りなくなりますし。ベース音指定のある場合は、直前にベース音指定がない同コードがあるので、音を変えないと単調になってしまいます。なので、どこかの音を1個潰して、ベース音に替えています。

ところで、前回の記事で書いた通り、指腹で弾くために、アップストロークは人差し指で、ダウンストロークは親指で弾いています。これがどうも引っ掛かってしまうことが多くて、手の角度が原因かなあ、と考えています。よくよく自分の弾き方を見てみると、手首だけで弾いていましたので、肘を支点に弾けるようにしたいです。

上述のストロークに絡んで、同じ曲でストロークパターンを色々振ってみました。コードは同じなのにストロークパターンが違うだけで、結構印象が変わりますね。メロディーやハーモニーに目が行きがちですが、リズムも音楽の表情を作る重要な要素なのだな、と感じました。


親指の腹でダウンストロークを弾く

マンション住まいと言うこともあって、静かに演奏したいので、爪ではなく指腹で弦を弾くようにしています。その場合、アップストロークは人差し指となり、ダウンストロークは親指となります。人差し指の腹で、アップストロークもダウンストロークも弾ける気がするのですが、そのように指南されていないようなので、何か不都合があるのでしょう。角度を意識しないと引っ掛かるから、最終的には弾きにくくなるのかな。

これまで人差し指の腹でアップストロークのみ弾いていたので、どうしても親指によるダウンストロークが上手く弾けません。引っ掛かってしまったり、4つの弦をちゃんと鳴らせなかったり。何度か試行錯誤したところ、手首の位置が大切なようです。人差し指も親指も、どちらも弾きやすい箇所があるみたいで、そこだと割合上手く弾けることが多いです。それでも弾きにくさは残るので、原因を見つけて改善していきたいです。


ストロークパターンを意識してみる

最近の練習曲は、「君をのせて」と「やさしさに包まれたなら」です。これまではコードを押さえることをメインに練習をしてきましたが、新たに練習曲に加えた「やさしさに包まれたなら」にストロークパターンが指定されていたので、ストロークパターンを意識した練習をしてみました。

一小節が同じコードのときは問題なく出来るのですが、一小節の中でコードチェンジが入ると混乱して上手く出来ません。あまり分かっていませんが、ストロークパターンを維持したままコードチェンジするのが正しいんですよねえ?

音楽の三要素である「メロディー」「ハーモニー」「リズム」のうち、「リズム」は疎かにしがちでしたので、色々と刻めるようになりたいです。


ウクレレ演奏の自撮り

今弾いている「君をのせて」は、スローテンポな曲なので、ゆっくりと弾いているのですが、少しテンポアップしてみることにしました。指の切り替えを素早く出来るようにするためです。U-フレットの自動スクロールの15あたりでそこそこ弾ける感じ。上の動画はテンポアップする前のものです。

一方で正確に弦を押さえる練習も必要です。フレットが1、2……と増えていくに従って幅が狭くなるので、その辺は指に覚えさせるしかないですね。低い方は幅があるのでズレていても影響が出にくいですが、高い方は幅がないので、音のズレが顕著になります。

テンポアップしつつ、指の動きの正確性も上げていきたいです。ただ、どうしても癖が出てしまうので、その辺は自撮りした内容を見て、直していこうと考えています。とりあえずGmで中指が遠くに行き気味な点と、1,2,3弦を同時に押さえる際は、指が手の形に沿って斜めになりがちな点に、気づきました。独学で勝手にやっている以上、自分の弾いている映像を見て、自分で駄目出しするしかないのです。

動画は容量が大きいのであまり載せたくないのですが、記録のために現時点の実力として載せてきました。


ウクレレでメロディーを奏でたい

久しぶりのウクレレ記事、あまり進捗はありませんが、「君をのせて」のコード練習をちまちま続けています。基本手元を見ずに大体弾けるようにはなったのですが、微妙にフレットの位置がずれて音が外れることがそれなりにあり、まだまだ練習が必要ですね。何か上手く弾けるときは気持ちよく最後まで弾けて、駄目なときは何度も躓いたりして、安定しないです。

さて、これまでコード練習をメインにこなしてきましたが、メロディーの練習も少し始めてみました。コードとは違い、押さえる指だけではなく、弾く弦にも意識を配る必要があるので、速く弾こうとすると結構難しかったです。違う弦を弾いてしまったり、同時に弾いてしまったり。練習の題材曲は「ドレミの歌」や「風の丘」にしています。「風の丘」は、昔ピアノで遊び半分で弾いていた時の記憶が未だに残っていて、自分でも少し驚きました。なおピアノを習っていたのは妹なので、自分は遊び程度にしか弾けません。

メロディーとコードの合わせ技となるソロウクレレは憧れますが、相当つらい道のりですね。やはりウクレレは和音(ハーモニー)が得意な楽器なんだな、と思いました。