「 ステージイベント 」一覧

ライブ、コンサートなどの鑑賞レポート。しばらくブログにまとめない時期があったので、その時期は日記の方をご覧ください。箇条書きで見にくいので、時間があればブログにまとめ直したい。

第32回ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートを鑑賞

2017年8月8日、東京芸術劇場で開催された、ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートに参加してきました。台風の接近が懸念されましたが、会場に向かう時間帯では、まだ大丈夫でした。池袋駅から芸術劇場まで直通の地下通路があったので、雨に濡れることなく到着です。

コンサートホールのフロアに着いたら、お花の前に撮影列?が形成されています。こんなの以前からありましたっけ?みんな適当に撮っていたような。それとも別の何かの列?

入場してエスカレーターを登ったら、まず物販コーナーで交響組曲ドラゴンクエストXIのCDを購入しました。クリアファイルが付いてきます。その後はBar Loungeでアイスコーヒーとナッツをいただき、開演までの時間を待ちます。アルコールもありましたが、尿意が怖いので控えておきます。

18時、コンサート開演です。今年も昨年と同じ交響組曲ドラゴンクエストIXが上演されます。プレイしたのはおよそ1年前ですが、まだ新鮮な気持ちで聴くことができますね。11のフィールド曲はゲーム上では進行の都合でもう聴けなくなってしまったので、懐かしく聴いていました。

ところで、開演時にすぎやま先生が入場して指揮台に着く手前、よろめいたのは芝居なのか、本当なのか、ちょっと気がかりですね。すぎやんレベル87ですし、どうしても来年以降のことを意識せずにはいられません。

アンコールは「過ぎ去りし時を求めて」でした。大作なので、この1本だけです。てんこ盛りの大サービス曲ですが、IXのときはアンコール曲を予想する楽しみがないですね(笑)

今回のお話は、空飛ぶものについて。「ドラゴンクエストは堀井さんのイマジネーションで構築された世界で、ぼくの音楽はそれに必死にしがみついている。3でラーミアを飛ばせたときは驚いた。そしたら今度はなんとクジラが空を飛んでしまった」と言った内容を、お話しされていました。

終演後は職場の同僚と会い、夕食を一緒に食べました。基本的にコンサートやライブはソロ参加が多いので、終演後に感想を語り合うのは久しぶりで楽しかったです。

記事に載せきれなかった写真は、以下をご覧ください。


イクラ2390に参加してきました

2018年7月22日、恵比寿CreAtoで開催された伊倉愛美さんのワンマンライブ「イクライブvo.1 イクラ2390」に参加してきました。ちなみにタイトルの”2390″は、伊倉愛美さんの芸能生活23年間を90分に凝縮してお届けすると言う、ライブのコンセプトを表したものです。

このライブは開催に先立ちクラウドファンディングが行われて、自分も15,000円のコース(+2,000円上乗せ)で支援しました。

 

クラウドファンディング特典の特別リハーサルライブ招待がありましたので、16時すぎに会場へ着きました。受付でクラウドファンディングのプロフィール画面を表示して、チケット代わりになります。ここで特典であるグッズとの引換券を貰えます。グッズ売り場はすぐ隣です。特典はTシャツとステッカーとイクラタオルで、さらにペンライトとCD(CANVAS)とチェキ券を追加購入しました。ちなみに、星形の応援メッセージ付箋は、全然気づいていませんでした。ステージ終盤のアレを見て、?!となっていました^^;

特別リハーサルライブでは、パイプ椅子が設置されており、そこに座る形になります。内容は「白いカイト」のアレンジについての最終調整。リハーサル感のある内容で、見られて良かったです。創作の現場は刺激を貰えて良いですね。「白いカイト」はこの数日後のマレーシア行きの機内でも聴くことになり、おおっと驚きました。

特別リハーサルライブの後は、そのまま本番の開演まで待機です。一旦退場等はありません。この間にドリンク交換を済ませました。17時30分開演予定でしたが、お客さんの入場に時間が掛かってしまい、30分遅れの18時開演です。

伊倉愛美さんの人生をパート毎に、伊倉愛美さんがそれぞれ誰かに扮して、紹介していくスタイルで展開していきます。そして写真撮影およびSNS拡散可とのことです。うわー、知らなかったー、ちょっと良いカメラ持ってくれば良かったー!でも撮影に集中しちゃうのももったいないので、気軽なスマホカメラでも良いかな。

最初は、いくらママに扮して、伊倉愛美さん誕生についてのシーン。フリップには愛美の命名。愛美さん役のイクラタオルに包まれたうさぎ(?)のぬいぐるみを抱いていました。歌うときは床に置こうとしたけど、会場からの声に応えて、だっこしたまま歌っていました。「いないいないばぁ!」への直接的な言及はなかった気がします。

  • 白いカイト
  • マイフレンド
  • 世界でいちばん熱い夏

 

次は「ひとりでできるもん!」時代。扮したのはADの山田はるかさん。あー、何となく記憶がある。左利きだったけどNHK的には右利きにしないといけないので大変だった、と言うお話がありました。昔にどこかで聞いたような気もします。フリップは、”いまだまい”ちゃんのイラスト。

  • ハッピーサマーウェディング
  • Yeah!めっちゃホリディ

 

続いては「天才てれびくんMAX」時代。扮したのは事もあろうにゴルゴ松本さん(笑)。ここで会場参加型のゲーム企画。あの「紙フトタッチダウン」をこの会場でやっちゃいます!うおー、懐かしい!Shockwaveを使って自作ゲーム作っていました(10年前なので自宅の環境ではまともに動かなかった……実家のFirefox52.9.0 (32 ビット)ならまともに動いた)。当然ルールはアレンジの必要があり、会場から投げられた紙飛行機を愛美さんがキャッチできたらポイントが入るルールです。紙飛行機は全部で10機。本家に倣って団扇も支給されましたが、結局活用されませんでした。なお、本家では妨害用に使いますが、ここではフォロー用です。結果は4機キャッチ。イクラの粒に見立てたオレンジ飴4掴み分が、会場へ振る舞われました。自分はキャッチできませんでしたが、他の方から譲っていただき1個ゲット。

  • Friends & Dreams

女子一輪車部メンバーによるMTK曲です。何だろう、この時代のMTKはなぜか記憶が薄いです。。

次は、ももクロ、クリーミーパフェ時代。扮したのは、高校の保健室の先生。芸能人が通う掘なんとか学園とかもあるけど、愛美さんは普通の高校に通って、お仕事と両立していたとのこと。クリーミーパフェ時代はネット経由で活動を知っていたのですが、ももクロ時代は完全に知らなかったです。フリップに書いたのは、この後の歌にも関係するスイートピーと言う名のチューリップ。

  • 赤いスイートピー
  • 吐息でネット

続いては、女優・タレント・番組MC時代。扮したのはサーモンエッグ師匠。観客から3つの言葉をお題に貰って、それらを含む即興曲を披露します。合計2曲を作り上げました。何となく笑いの方向になっていますけど、曲としてあまり違和感がないですし、これをあの僅かな時間で練り上げるだなんて、結構すごいことなのでは、と思っています。サーモンエッグ師匠はこの後暑くないカタジール(カタール)へ旅立つそうです。今回もサーモンエッグ師匠は伊倉愛美さんと遭遇できませんでした。

 

そして現在。これから作る時代なので、○○時代とは銘打ちませんでしたが、目指すところは歌手・アーティスト時代なのでしょう。以下のどちらかがタオル曲だった気がします。

  • ミューズ(吉澤嘉代子)
  • 蝶々結び(Aimer)

あれ、CANVASは?!と思っていたら、アンコールでの披露でした。

  • CANVAS

新曲がアンコール枠と言うのは、なかなか面白い構成でした。

一旦終幕して、この後はクラウドファンディング特典である直筆サイン入り個別コメントお礼状お渡しとチェキ撮影会に移ります。クラウドファンディング参加者から優先でしたが、3分の2くらいがクラウドファンディング参加っぽい構成比でした。

参加者も多いのでそこそこ時間は掛かりますが、翌日お休みの身としては気長に楽しみます。相変わらずトークは慣れませんが、ずっと気になっていたブログのURLのpu-28について訊いてきました。その由来は、昔ぷうと言う猫を飼っていて、その猫がにゃあにゃあ鳴くので、ぷうにゃあ→pu-28とのことでした。謎が解けてスッキリ!

伊倉愛美さんの23年間を振り返る、と言うコンセプトでしたので、これまでの足跡を存分に披露し、各ルーツのファンを満足させる内容になっていたと思います。当初は、もう少し”これからの”アーティスト伊倉愛美を出していくものかと思っていました。ただ、何はともあれより多くの人に知ってもらう、見てもらう必要があるので、これまでの足跡をしっかり活用する構成は良かったのかな、と思います。実際、ひとできや天てれネタは、懐かしくて嬉しかったです。

一方で次の機会には、この先のアーティスト伊倉愛美をより垣間見える内容を期待したいな、とも思いました。あー、でも今回を含めた過去3回の形式も、とても楽しいんですよね。これは悩ましい問題だなあ。

写真は以下にまとめてあります。音の出ないように、と注意があったので、スマホの無音カメラで撮影しています。標準のカメラより画質が悪いので、とりあえず雰囲気だけでも伝わればと。


東京おもちゃショー2018

2018年6月10日、東京おもちゃショー2018を見学してきました。2015年以来なので、実に3年ぶり。もう少し行っているつもりでしたが、ここ数年は行こうと思いつつ、見送っていたようです。

アイカツフレンズ!ステージ観覧

10時すぎ、東京ビッグサイトに到着。この時間ですと、スムーズに会場内へ入れます。さっそく向かった先はバンダイブースのステージ前。一番の目的であるアイカツフレンズ!のステージ観覧です。前方エリアは既に埋まっていたので、通路を挟んだ後方エリアとなりました。

10時45分、ステージ開演です。まず登場したのは、先日デビューが報じられたヴァーチャルユーチューバ―のナナさん。客席を見てのコメントなど、臨場感がありますね。「ナナのこと知ってる人ー?」と訊いたら、大友から「知ってるー!」と返ってきて、「ありがとー!大きなお友達ー」と応じていました。その後は、ステージのみんなと「アイカーツ!」を言うことになりました。しかし、客席の反応は微妙な感じに。「声が小さいよー、皆朝早くから並んできたんでしょ」と煽るナナさん。その後は後段のライブステージでの諸注意を伝えるナナさん。ルールを守らなかったら「大きなお友達はスマホの電池を0%にしちゃうからね」と厳重に警告。ナナさんの思わぬ大友いじりに、会場は沸き立ったのでした。

そしてライブステージ。松永さん、美山さん、二ノ宮さんが登場します。曲順は以下の通り。

  • ありがと⇄大丈夫(あいねソロ)
  • Girls be ambitious!(舞花ソロ)
  • 個x個(ハニーキャット)
  • 振り付け講座
  • アイカツフレンズ!(あいね、エマ)

4曲ですが、全曲フルだった気がします。「ありがと⇄大丈夫」をソロで歌う松永さんは、結構緊張している感じが伝わってきました。フルバージョンをステージ上で歌うのはたぶん初めてなのでは。その上ソロですし。その後の美山さんは、さすがの経験値を感じさせる歌唱でした。緊張していたと後で話していましたが、微塵も感じませんでした。

振り付け講座は、ラゾーナ川崎以来ですが、相変わらず覚えられません……。とりあえず理解できた”He we go!”で拳を振り上げるところだけ参加です。最後の「アイカツフレンズ!」では、松永さんが何だかわちゃわちゃしていました。何かハプニングがあったらしいですが、良くわかりませんでした。

最後の挨拶をざっくり抜粋すると、二ノ宮さん「端から端までたくさんのお客さん」美山さん「DCDでも新しい曲がどんどん」松永さん「緊張して、ハプニングとかもあって」てな感じです。メモが断片的で時間も経ってしまったので、詳細は覚えていません。二ノ宮さんは”端から端まで”的な表現を良く使っていますね。

ステージからはまあまあ遠かったのですが、後ろのスクリーンに大きく映るので見やすかったです。カメラの向きに依っては二重に映り込み、その際はかなり大きく映ります。あと、司会のお姉さんによる「ワクワクが止まんないっ」もスターズ!の余韻を感じられて良かったです。

展示会見学

  

その後はバンダイブースを見学します。入場まで長い時間並ぶかと思ったら、10分程度で入れました。混雑のピーク前だったようです。戦隊もの、ウルトラマン、仮面ライダーのコーナーを眺めて、それからHugっとプリキュアのコーナーへ。隣には翌週登場の新プリキュアであるキュアマシェリとキュアアムールの特設コーナーがありました。新プリキュア登場のタイミング、おもちゃショー合わせ説を唱えたい。

その後は鬼太郎のゲゲゲハウスを見て、ピカちんのコーナーへ移動。ちょうどピカちんズがピカちんキットの実演をしていました。テレビで見るのと同じテンションで面白いですね!アゲ子氏は不在でした。

それから、ひらけ!ここたまのコーナーを見て、驚きました。ヒミツのここたまが今月で放送終了だと初めて知りました。時々見てきたので、やっぱり寂しいですね。

あと、ガンダム関連の会話ができるAIを備えたハロがいました。いいなー、これ。ガンダムにはそこまで興味はないのですが、アイカツフレンズ!のココさんで似たようなことやって欲しいです。

 

他にはセーラームーンやガンプラのコーナー、聖闘士星矢の黄金聖衣像などを見ました。そして光るパジャマはまさかの単独コーナーを構えるほどに。残念ながらアイカツフレンズ!の単独コーナーはなくて、カード&カプセルステーションにDCDが置いてあるだけでした。玩具類は売り出さない戦略なんですね。

その後はアトリウムステージでHugっとプリキュアショーを観覧。プリキュアショーを見るのすごい久しぶりだなあ。着ぐるみショーですが、アトリウムステージは一律撮影禁止なので、こちらも撮影できません。人が多くてほとんど見えないこともあり、途中で離脱。

向かった先はセガトイズのブース。一番の理由は、野原ひろしの靴下の臭いを嗅ぐコーナーです。ほんとにもわ~んとした生々しい靴下の臭いで、オェ~~~ってなります。暫く鼻に臭いが残って悶絶するはめになります。良く臭うように、係の方が団扇で扇いでくれます。

セガトイズに来たら、やはりリルリルフェアリルのコーナーを見ねば、と言うことでやって来ました。かわいくて癒される。紙製の羽根をつけた小さい子たちもかわいくて良いです。頭身的に違和感がないんですよね。

その後はタカラトミーブースへ行こうか迷いましたが、入場まで40分待ちと言う情報を見て、断念。13時ごろ、会場を後にしました。一度くらいは行ったつもりでしたが、調べたところ、実はタカラトミーブースに1回も入場したことがないかもしれない……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツ!アニON in 蒲田に参加

2018年5月5日、蒲田ニューエイトで開催されたアイカツ!アニONに参加してきました。この日は昼にラゾーナ川崎プラザでアイカツフレンズ!のステージがあったため、アイカツづくしな一日となりました。川崎と蒲田で隣駅同士なので、川崎蒲田ムーブをした人も多かったでしょう。

 

17時30分開場でしたので、ほぼその時刻に会場へ到着。チケットに番号が印字されていましたが、特に整理番号と言うわけではなく、一斉に入場開始となりました。ワンドリンク制なので、アイカツ的にはゆずサワーとライチサワーの2択。自分は後者をオーダーしました。

  

18時から22時までの4時間で、最初の10分間はインストラクション。その後、DJ4名、VJ2名で、各DJ毎に1時間弱のターンを4回行う形式になります。20時くらいに10分程度の小休憩がありますが、それ以外は休みなし。これだけやって、ほぼ曲被りがなかったのはすごいです。1ターン目と2ターン目で1曲だけ被っていた気がしますが、アレンジが結構違っていたので、それはそれで面白かったと記憶しています。

   

アイカツ!曲は大概好きなので、どの曲でも嬉しいのですが、アイカツフレンズ!曲が掛かった時は、おおっ、と盛り上がりましたね。結構序盤で出してくるかと思っていたので、だいぶ焦らされました。そして終盤では、ひなきさん曲が続いて、SHT(スーパーひなきタイム)状態です。最後の「はろー!Winter Love♪」で気分はMAX。こう言うセトリ演出できるのがDJイベントならではですね。「輝きのエチュード」あたりは、確か武道館セトリと重なっていたような気がして、これも熱い演出でした。締めは「アイドル活動!」で、LIVE STATION2のタオル掲げ。

会場の雰囲気としては、前方の真ん中が時折無法地帯で、注意を受ける始末。特定曲での後方からのダッシュ奴も鬱陶しいですね。スペースはそこそこ余裕はあり、ぎゅうぎゅう詰めではないです。アニONはイベントの性質上、はっちゃけ勢が少なくはないので、そのへんを天秤に掛けて、参加有無を決めると良いのかなあ、と思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツフレンズ!ファーストツアー友だち誘ってどーんとコイッ☆に参加

2018年5月5日、ラゾーナ川崎プラザにて開催された「アイカツフレンズ!ファーストツアー友だち誘ってどーんとコイッ☆」を観覧してきました。名古屋でも同様のイベントが開催済みですが、BEST FRIENDS!が6人全員揃うステージは初めてです。

 

まずは午前回。開演30分前に到着しましたが、3階はほぼ埋まっていて、4階も正面側はほぼ埋まって、ステージに近い横側が空いている状況でした。予想より人出が多いですね。オーロラビジョンに映るアイカツフレンズ!の映像を見ながら、11時30分の開演を待ちます。

今回のエリア構成は、ステージ正面中央が子供専用エリアです。ここには保護者も入れません。その両隣に保護者エリアがあります。それらの後ろに優先観覧券保有者の観覧エリアがあります。後は2階のその他のエリアや、3階や4階、5階の回廊から観覧することになります。優先観覧エリアは、エリア内の最前列を確保できない限り、正直あまりうれしいことはなさそうですね。距離も近くはないですし。自分は安定の4階のステージ横から観覧しました。正面が人気のようですが、3階以上の回廊から見る場合、正面は距離があるから、個人的にはあまり良い場所とは思いません。

11時30分の開演時間が迫り、まずはイベントに関する情報と諸注意が説明されます。女児アニメイベントなのに、飲酒観覧禁止のアナウンスがあって、はて……?

最初の曲は、松永あかねさんと木戸衣吹さんによる「アイカツフレンズ!」です。後のトークでも語っていましたが、まさにアニメ第1話の再現でした。

続いて、美山加恋さん、二ノ宮ゆいさん、田所あずささん、大橋彩香さんも登場して、自己紹介。田所さんと大橋さんは、まず最初に二人揃って「ラブミーティアです」と自己紹介するあたり、さすがダイヤモンドフレンズ。

それからプレゼント抽選会が始まりました。抽選券は子供エリアにいる子たちに事前に配布されていて、ステージでは各キャストが当選番号を読み上げていく形式です。300番台もあった気がするので、なかなかの盛況ぶりですね。子供たちがプレゼントに対して歓声を上げたり、喜びを素直に表していて、可愛かったです。

プレゼント抽選会が終わった後は、少しだけフリートークみたいになりました。松永さんに好きな歌を聞いたら、みおさんの歌だったみたいで、木戸さんが「ありがとー!」と松永さんに抱きついたり、会場を見て「ラブミーティアの髪型を真似してくれている子がいるー」と盛り上がったりしていました。

続いては、ラブミーティアのお二人は一旦ここで下がって、ということで、松永さん、木戸さん、美山さん、二ノ宮さんによる「ありがと⇄大丈夫」です。現在のオープニング曲で、聴くたびにハマっていっています。

そして次の曲は、田所さんと大橋さんによる「Believe it!」です。やっぱり歌に力がありますよね。生で聴いても圧巻でした。トークでも語っていましたが、見事にレジェンド感が出ていたと思います。ラブミーティアの時は、子供たちからの黄色い歓声が、特に印象的でした。

再びトークで、松永さんと二ノ宮さんに対して「こんなに多くの人の前で歌うの初めてで緊張したんじゃない?」と質問が飛んで、松永さん「ゆいちゃん全然緊張してない~!」と話したら、名古屋のイベントでお客さんが優しかったから大丈夫とのこと。

最後は、「アイカツフレンズ!」の振り付け講座。ステージ横からだと動きが分からなかったです^-^;。これは6人全員で歌うかと思いきや、松永さん、木戸さん、美山さん、二ノ宮さんの4人でした。歌の間奏あたりで子供たちのエリアに下りていくのですが、ここで木戸さんが子供からファンレターを貰って、あたふたしてました。マイク片手にファンレター片手にしつつ、スタッフに渡そうとするも、持っててっ、みたいになって、階段で転びそうになったりとてんやわんやでした。遠目にはアイカツカードを渡されたのかな、と思っていましたが、歌の終了後にファンレターであることが判明しました。

それからキャストの皆さんそれぞれ挨拶をいただいて、午前のステージは一旦終了です。この後は、松永さんと木戸さんによるアイドルカードお渡し会です。ちなみに上の階から観覧していたので、テントから捌けていく美山さんと二ノ宮さんが見えたりしました。

14時30分、午後回が始まります。ステージの進行は午前回と同じなので、午前回では書きそびれた内容など、ピンポイントで書いていきます。

まずはこの週の放送が舞花さん回だったため、美山さんが舞花さんの決め台詞を多用していました。「舐めるのはアメだけにして!」「血をたぎらせる準備はできてる?」など。この週は旅行に行ってた都合、放送を見ないままイベントにやって来てしまったので、事前に見ておけば良かったです。

プレゼント抽選会では、当選したらその場でステージに上がると勘違いした子がスタスタとステージ上に向けて駆けていき、スタッフに制止されてまたスタスタと戻っていくハプニングがありました。そして抽選の時には、子供たちから「おねがーい!」コールが上がって、これまた可愛かったです。

後は、アイカツ!初代から出演している田所さんと大橋さんに対して、アイカツ!との違いについて質問が出て、これまでアイカツ!で積み重ねてきたものがあるから、それを活かしていければ的な回答をしていました。

「アイカツフレンズ!」の触れ合いタイムでは、二ノ宮さんがわりとステージから遠い場所まで触れ合いに行き、攻めの姿勢が印象的でした。しかし、何故か最後のステージ集合に間に合わなかったのは、二ノ宮さんではなく、木戸さんだったという。曲の終わりで3人が揃っているなか、そこへ向かって両手を挙げて走っていく木戸さんの姿が面白かったです。ただ、すたあにちゃん、あいすたちゃんの頃から言っていますが、基本的には最後はバッチリと揃って欲しいです。

後、ステージの他で面白かったのは、お渡し会のためにテントを出て、松永さんと木戸さんが一旦スタンバイしたのに、何故か松永さんが急にテントの中に引き込まれて、それを見た木戸さんが両手を叩いて大笑いしていました。何か忘れ物でもしたのでしょうかね。

ちなみに今回のイベント司会は、綾見有紀さんでした。アイカツスターズ!の頃から司会を担当されているので、作品に触れる際のコメントにも愛が感じられて、信頼できますし安心できます。「マナーを守る、それもまたアイカツだね!」ですな~。

まだ曲数が少ない時期ならではの、抽選会などを交えたイベントでした。曲の数が増えてくるとライブ中心になるはずなので、たぶん今の時期しか見られない貴重なイベントになると思います。