「 ステージイベント 」一覧

ライブ、コンサートなどの鑑賞レポート。しばらくブログにまとめない時期があったので、その時期は日記の方をご覧ください。箇条書きで見にくいので、時間があればブログにまとめ直したい。

大ミルキィホームズ十二月場所に参加

2017年12月9日、両国国技館で開催された大ミルキィホームズ十二月場所に参加してきました。ブシロード十周年記念ライブは行っておらず、総天然色以来なので、およそ1年半ぶりのミルキィです。記事中の内容は、記憶をもとに書いていますので、内容が不正確だったり、時系列がおかしかったりすると思いますが、ご了承ください。

  

16時50分ごろ会場に到着して、お花などを見て回ります。こだまさおりさんやi☆Risちゃんからも来てました。一通り見終えたら、2階に上がってホール内へ入ります。

今回の席は2階椅子席で、西の8列目です。ちょうど斜めの位置でした。人数が入るわりには、ステージまで比較的近く感じられて良いですね。奥にあるステージと中央にある土俵みたいなステージで構成されています。中央だと近くて良いです。席の幅もわりと広くて、加えて右隣が空席でしたので、スペースに余裕があってラッキーでした。

開演10分前くらいに、木谷社長が登場して、みもりん、いず様にひどい目に遭わされた話を披露していました。

そしてついに開演。いきなり「正解はひとつ!じゃないっ!!」が来て、開幕フルスロットル。そして「ミルキィ A GO GO」へと続きます。さらに「総天然色フルパワー」「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」「プロローグは明日色」と続いて、ここで一息。

コの字型になっている観客席だから、色んな方向から見られていることに羞恥心を刺激されるとか言い出して、さっそく面白いです。あと升席は1升に2名定員なのだけど、どうせみんな他人同士でしょ、とか。う~ん、文字に起こしちゃうと面白さが伝わらないのがもどかしい。

それからフェザーズが登場です。影ナレの通り、あーさが松葉杖をついています。そこでいず様がソファーをプレゼント。「Two of Us 無敵♪」を、あいみーと一緒にソファに座ってのパフォーマンス。フェザーズの次は、もりしーが「ANSWER」をしっとりと歌い上げました。

そして、今回のメインコーナーとも言える、手押し相撲のコーナー、両国 KING OF TEOSHIZUMO。このコーナー面白すぎました。内容としては、もりしーによる格闘技風のナレーションの中、まずはメンバ2人がデュエット曲を歌い上げて、そのまま手押し相撲に突入すると言うもの。曲が終わるタイミングで流れるように二人が両手を合わせて対戦に突入するのが、それだけで既に面白くて。

勝負は総当たり戦なので、全6戦。最初に会場へ優勝予想を聞いたところ、一番多かったのはいず様だったかな。自分は大穴狙いのそらまるにしました。

曲は、「それはTOYS☆」「わんだふるコンビネーション」「ぎみぃみるきぃ」「セイシュンビギナー」「ミルキィウェイであいましょう」「ムーンライト探偵S&N」「いっしょ懸命」です。

結果はみころん優勝!そしていず様3連敗!つまり、そらまるが奇跡の1勝を上げたのです!みるみるミルキィの時のVTRを見たい……倒されそうになっても腹筋で粘りを見せる試合が熱かったです。メンバそれぞれ癖があって見ていて楽しい。優勝したみころんは、相手の力のいなし方が上手かったですね。

勝者はキレッキレの勝利の舞を踊るのですが、敗者は床に倒れたままなので、その対比の画がシュール。

何故か最後は毎回相手に抱き着いて敗れてしまういず様や、負けた際に格闘技風の目のチェックパフォーマンスをするみもりん、みころんママの膝の上で慰められるいず様など、見どころ満載でした。

途中では、フェザーズによるエキシビションマッチも開催しました。あーさが足を怪我しているので、手押し相撲ではなく指相撲。こちらもなかなか白熱しました。ただ指先なので、勝負の展開が見えにくい(笑

この後は、全方面をバックに勝者を囲んでの写真撮影。そして退場していくもりしーに、もりしーって何でもやってくれるね、もりしーに出来ないことって何かあるの?と語るミルキィの面々。

さて、ここでコーデについて紹介。左右対称コーデなみもりん、髪型まで左右対称にしたらさすがに面白くなってしまったので止めたというお話、一方いず様は左右対称な衣装は嫌だというお話をしました。

再び曲へ入り、「ミルキィアタック」「Reflection」「Pleasure Stride」と続きます。来月発売の新曲「Reflection」も披露されました。

続いては、両国スペシャルメドレー。詰め込んだなあ~という感じの濃厚なメドレーです。6分くらいノンストップで、なかなかハード。思いきり乗っていたら、次の曲に変わっていたりして、忙しない。でも、短いながらもたくさんの曲を聴けるのは、うれしいです。「泣き虫TREASURES」「ナゾ?ナゾ!Happiness!!」も、ここに入っていました。「ミルキィろけんろ~」ではメンバが楽器もどきを持って演奏真似をしていましたが、みころんのキーボード(パソコン)以外、ネタがわからず悔しい。

最後の曲は「雨上がりのミライ」です。うおおおー、「正解はひとつ!じゃないっ!!」から始まり、「雨上がりのミライ」で終わる……最高です。全力で盛り上がりました。好きで言ったら、ミルキィで一番好きな曲かもしれない。

一旦の終演後、アンコール!アンコール!と叫んでいたら、「Reflection」のPVがフルで流れました。シュッと整った、近未来感もあるお洒落な感じのPVです。

そしてアンコールに応えて、ライブTシャツに着替えたメンバーが登場です。歌ってくれた曲は、「Fighting☆Dramatic」「ドリーム脳内T.K.O」「バイバイエール!」です。T.K.Oは、明日のイベントに絡めて、K.Oとかの話から、テクニカルノックアウトの話になり、その流れで突入。フリに全然気づかなかったー!この曲では、前に使ったグローブを再度装着しました。

最後のお知らせコーナーでは、待望の!と出て、会場がざわついた後の、Reflection来月発売!の知ってますよ~、な空気になったのが面白かったです。挨拶では、みもりんが、今年も嫌な事件とかいっぱいあったけど、このライブを見て楽しい気分で1年を終えたら云々を語ってくれたけど、場所が場所だけに、つい日馬富士の件が思い浮かんでしまいました。そしていず様は、会場に向かって「ハッピーですか?!」「ハッピーハッピーですか?!」と5回くらいまで繰り返して問いかけて、何だろうと思ったら、鏡に向かって「私は若い!」と言ったり、言霊のちからについてのお話でした。何だかいい話できれいにまとまりました。

と言うわけで、とっても楽しかったミルキィホームズのライブ。それほど熱狂的に追いかけているわけではないけど、いつまでも追いかけて行きたい、そんな気持ちにさせてくれます。帰りはミルキィホームズのライブ帰りらしく、餃子を食べて、締めました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツ!フェス☆@ラゾーナ川崎プラザ

2017年9月10日、春に続いて、ラゾーナ川崎プラザにてアイカツスターズのイベントが行われました。今回は午前中のステージのみ観覧します。9月に入りましたが、良いお天気で結構暑かったですね。団扇の売れ行きが上がりそうです(笑。あと、春ごろ良くあった写真撮影タイムはなくなっていましたので、ステージ写真はありません。

まずepisodo Soloのフルバージョンから始まり、ネバギバ☆、アニマルカーニバル、Summer Tears Diary、ドリームステージ☆と続きます。ネバギバ☆はライブで聴いたの初めてだから新鮮でした。アニマルカーニバルは聴けば聴くほど好きになっていきますね。Summer Tears Diaryは鉄板、ドリームステージ☆はアニメエピソードと結びついて、色々懐かしい気持ちになります。

それからMCを挟んで、スタートライン、Forever Dreamが続きます。りささんの曲、今のシリーズが終わったらどうするんだろう、とちょっと気になっています。毎回ゲストで来てもらうのかな。

さらにMCを挟んで、現OPのSTARDOM!と新OPのMUSIC of DREAM!!!です。新OPは当然初めて聴いたのですが、かっこいい曲調で、歌詞も初代OPであるスタートラインに重ねてきている部分があり、胸が熱くなります。早くアニメ映像に乗せたバージョンも見たいな、と思いました。

最後は振り付け講座後のアイカツ☆ステップのフルバージョン。最初の頃は観覧席に下りたままステージ上に戻れないことが結構ありましたが、今回はギリギリながらもきちっと全員ステージ上でラストポーズをキメてくれました。観覧席サービスを頑張って戻れないのを微笑ましく見る空気もありますが、やっぱりきっちりキメてくれる方が、とても良いと思います。

そう言えば、春に行なわれたヴィーナスアーク来航記念イベントで、観覧席のコーラスを収録していましたが、新OPであるMUSIC of DREAM!!!のアウトロで使用されるそうです。CD買ったら聴いてみよう。

今回観覧した場所は、4階のステージに向かって右端のエリアです。斜めになるので若干見づらいのですが、距離がそこそこ近いので、トークの声も聞こえて良いです。正面は見やすいのですが、距離がかなり離れるので、あまり良くないことに気づきました。それでも多くの皆さんは正面から見るので、逆に端エリアはあまり混んでいなくて助かります。当然2階が一番近いですけど、早く行かないと人の頭ばかり見ることになるので、最近は3階以上の場所から見ることが多いです。

観覧エリアは、いつも通り大人の方が多いです。子供向け観覧席では、四ツ星学園の制服を着ている子がいて、意識の高さを感じました。あいすたちゃんからの呼びかけにも、みんな大きな声で「はーい!」と答えてくれて、いいですね。ただ、ライブ中の合いの手になると、途端にシーンとしちゃいます。やっぱりまだ難しいんでしょうか。

そしてルーファ広場にはキャラポップが飾られているのですが、今回はヴィーナスアーク勢でした。アリアさんのキャラポップは初めて見ました。この日は風がやや強めで、飛ばされてしまったキャラポップを、小さな女の子2人が一緒に運んで元の場所へ戻している光景が微笑ましかったです。

ちなみに買えたら買おうと思っていた5th記念の冷感タオルは、11時手前に着いた時点で既に完売でした。プロマイド付きになっている影響もありますかね。普通に欲しかったので、ちょっと残念。

 

こうして短い時間ですが、アイカツ!フェス☆を満喫することが出来ました。余談ですが、お昼は、ひめさんにちなんでカレーライスと、ベリーパルフェにちなんでベリー関連のビールをいただきました。


第31回ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートを鑑賞

2017年8月9日、夏の毎年恒例行事となっているドラゴンクエストファミリークラシックコンサートに、今年も参加してきました。水曜日なので、盆休み前に1日だけお休みを取っています。職場の場所に都合で、定時ダッシュは無理ですので。

今年の会場は、例年通りの東京芸術劇場。そして演目はもちろん交響組曲ドラゴンクエスト11、初演です。何とかこの日までにドラクエ11をクリアしたいと思い、当日の午前中に駆け込みで表クリアしました。

今回の座席は2階の前から2列目の真ん中あたり。S席です。2階ですが、前の方ならステージに結構近いですし、音響的にもバランスが良い位置かと思います。以前ステージにかなり近い席に座ったことがありましたが、その時は音圧の迫力を感じました。それぞれの席に良さがあると思います。

曲は、今まさにリアルタイムでゲームをプレイしていますので、記憶は鮮明ですし、情景がすぐに頭に浮かびます。新曲であっても随所にドラクエらしさを感じるのは、ドラクエ曲のモチーフがふんだんに盛り込まれているのでしょうね。聴く側にも数十年に渡ってセンサが鍛えられているので、ドラクエだっ、となります。

すぎやま先生レベル86のお話。まず、ドラクエ11をもうクリアした人、という質問があったので、挙手。そこそこクリアしている人たちがいました。もっとたくさんいるかと思いましたが、半分もいませんでした。すぎやま先生からは、1日50時間くらいある人たちなのでは、という小粋なお言葉。

そして今回ドラクエ11のために書き下ろした新曲は、40曲近くあるとのことです。昨年末までに作曲を終えていたことから、自身の持つ世界最高齢ゲーム音楽作曲のギネス記録更新!

あと、ドラクエ11では、町やダンジョン、フィールドで、過去作品の曲が流れる場所があるのですが、なぜそこでその曲を流すのか、堀井先生が込めた意味を考えると面白いかもしれない、というアドバイスをいただきました。これを受けて少し考えてみたのですが、メダル女学園の王宮のトランペットは、モンスターと人間が平等であることから、モンスター仲間システムの導入された5の曲、と言う意味でしょうか。

アンコールに流れたのは、大作となる過ぎ去りし時を求めて。ロトシリーズからの名曲選となっています。そして伝説へ、この道わが旅、街の賑わい、など、目頭が熱くなるような選曲ばかり。ドラクエ1/2はFC版ではなくSFC版でのプレイですが、十分に懐かしいです。ドラクエ自体をプレイしていたことによる思い出と連れ立って、当時の他の思い出も甦ってくるので、10代の頃に体験したことは強いですね。前の席に座っていた女性たちは、ハンカチを取り出すほどの号泣でした。自分も涙こそ流れませんでしたが、涙腺がじわっとしました。ちなみにこの曲をアンコールのサービス曲かと思っていましたが、ゲーム本編でも流れる交響組曲の一編でした。

夢のような時間は過ぎ去りし時となり、会場を後にして、ドラクエ11のすれ違いを確認。たくさんのヨッチ族が集まりました。また来年も楽しみです。来年はドラクエ10でしょうか。

  

最後に、写真を幾つか載せておきます。


アイドルタイムプリパラサマーライブツアー2017に参加

  

2017年8月6日、豊洲PITで行なわれたアイドルタイムプリパラサマーライブツアー2017昼公演に参加してきました。何だかんだで毎年恒例ですね。会場までの暑さで1年前を思い出します。スタンディングなのが辛いですが、人数のわりに距離が近いのはうれしいです。視界の確保は難しいですけど。

今回の整理番号は1460番台でわりと遅め。14時40分くらいに入場です。この番号だと、だいたいのエリアに人が埋まっている状況で、隙間を見つけて入っていく感じです。どうせ人がいっぱいなので、中途半端に前へ行かず、最後列の真ん中あたりを陣取りました。背伸びしても後ろに気兼ねしないのが良いです。

このライブも最初の頃は実質i☆Risちゃんのライブと言う感じがありましたが、今はプリパラからアイドルタイムまでたくさんの演者が出演するので、れっきとしたプリパラのライブです。ただ演者の人数が多いので、一人あたりの曲数が少なくなってしまい、もったいないなあ、とも思います。今回ガァルマゲドンには会えず残念でしが、ノンシュガーに会えて良かったです。

アイドルタイム勢は今回が初参加でしたが、夢川ゆいさん役の伊達朱里紗さんが、グッズ紹介等で、ゆいさんのキャラに沿ったトークが多くて良いなあ、と思いました。そして、虹色にのさん役の大地葉さんは、プリパラオタクでした(笑。

トークの一幕で、i☆Risちゃんがアイドルタイムの新衣装で気が引き締まる思い、と言ったところ、確かに直前でお尻を振っていたから、自分もそっちで気が引き締まるのかと思いました(笑。

オープニング曲を歌うわーすたちゃんは、オープニングアクトとして登場しました。アイドルタイムではi☆Risちゃんとの関係がどうなるのかな、と思っていましたが、Prizmmy枠と言うことですね。

そしてライブなので、肝心の曲感想。特に気になった曲をピックアップしていくと、まず「チクタク・Magicaる・アイドルタイム!」。かわいくて好きです。”チャンスは一瞬だけよ”でちょっと上がるところが特に好き。そして「GOスト♭コースター」です。かっこいいですよね。

続いての2曲は、バンドによる生演奏をバックにした「レインボウ・メロディー♪」と「Growin’Jewel!」です。プリパラの合唱系の曲、ほんと好き。生演奏はやっぱ空気感が違いますね。前後の録音BGMとの比較になるので、とても強く感じました。

そして最後に「アイドル:タイム!!」です。この曲もかわいくて良いです。つい一緒に歌いたくなるメロディーで、時々脳内に流れています。

カーテンコールでは、「かしこまりなさい!」「はは~」や、「できるできるできる」など、各演者がキャラクターを好きでいてくれる感じが伝わってきて、幸せな気持ちになりました。

特報として、今年も冬のライブ開催のニュースが飛び出しました。会場は、プリティーリズムとの合同ライブ以来の幕張メッセ。アンフィシアターの方がステージとしては良いけど、親衛隊未加入勢には競争率が高くなりすぎるので、箱のサイズが大幅に増えるのは安心材料です。冬も楽しみ!

ちなみにライブはほぼ2時間きっかしで終わりました。アンコールはなしです。次の夜公演がすぐに控えていますからねえ。


アイカツスターズ!イリュージョンShowTimeを鑑賞してきた

2017年5月20日、横浜のDMM VR THEATERでアイカツスターズ!イリュージョンShowTimeを見て来ました。以前のアイカツ!Liveイリュージョンのアイカツスターズ!版です。専用の施設を使えるおかげか、Liveイリュージョンの時より公演回数が多くていいですね。ゴールデンウィーク近辺は色々予定があったので、少し遅めの時期に先行抽選を申し込んで、無事チケット確保できました。

 

少し迷いつつ、DMM VR THEATERに到着したら、諸々のポスターを楽しみつつ、会場内へ。チケットを見せてドリンク代を別途支払うライブハウス形式でした。ドリンクは600円でドリンクチケットは500円ですが、フォトカツをスマホにインストールしていれば100円値引きになります。

   

購入したのは、FuwaFuwaDreamと進め!ゆずこしょうポテト、幸花堂のクロワッサンめでたい焼き、限定アイシングクッキー、特製ドーナツを買いました。合計3,000円超。公演も終盤だったためか、他にがっつり買い込んでいる人はいませんでした。

 

映画館と同じで、フードやドリンクは劇場内に持ち込めます。でも食べてる余裕はないかも。ステージ前にはキャラクターポップが展示されていました。開演直前になると撤去されてしまうので、撮影はお早めに。

席は、最前列の中央付近のやや右寄りで、なかなかの良席です。そしてついに開演。さっそく歌が披露されます。よく動いてくれるし、確かにそこにいるという臨場感がすごいですね。その後ゆめさんやエルザさんによるMCが入ったり、出演アイドルの紹介があったりしつつ、曲目が進んでいきます。基本的にショートバージョンで、その分曲数を多く楽しめます。個人的には、8月のマリーナやDreaming Birdでテンションが特に上がりました。

     

続いてFashion ShowTimeのコーナー。何とこのコーナーでは、スマホによる写真撮影が可能です。最近のアイカツ!関連では、こういう流れ多いですね。DCDをやらなくなってしまったせいで、コーデの名前には疎いのですが、アイドルたちがそれぞれ華やかなコーデをまとって、ステージ上でアピールします。スマホでの写真撮影、最初は白飛びしてしまって難しかったのですが、少し寄って明度を合わせて、動きの少ないタイミングを狙うと、上手く撮れました。

その後は、再びライブパートが再開し、途中で小春さんが登場して、ゆめさんと小春さんによるSo Beautiful Story。うわー、これはずるいでしょー。

最後はスタージェット!で締め。アンコールはあるのかな、と思っていたら、ステージの袖からゆずさんが登場。これがかわいい!ステージ上での普段の動きとは違う動きなので、今この場で起こっていること感が増して良いです。そして流れでアンコールへ突入。

アンコールではBonBonVoyage、STARDOM!を歌い、最後はアイカツ☆ステップ!2番目の部分では、アイドルたちのカーテンコール。システムの制約上全員一緒には出られないので、グループやペアで出てくるのですが、ヴィーナスアーク組、ひめさん&ツバサさん、ゆずさん&リリィさん、夜空さん&真昼さん、小春さん&あこさん、ゆめさん&ローラさん、という組み合わせでした。見事にどこにも違和感がない!

全体を通して一番リアリティを感じたのは、このアンコール後にライブTシャツを着て登場したアイドルの皆さんを見たときです。普段の煌びやかなコーデをまとっている姿は、テレビなどで良く目にしていますが、そうではないTシャツ姿を見た時に、普段のライブの光景がダブってきて、確かにアイカツスターズ!のアイドルたちはここにいるんだ、という実感が強く湧きました。

  

こうして夢の時間は終わり、終演となりました。外はちょうど薄暗くなり始めたタイミングで、余韻に浸るのに良い時間帯です。

さて、大満足のイリュージョンShowTimeでしたが、このVRコンテンツはこれからどんどん進化していくものだと思っています。今回感じた、こうなったらもっといいな!という点を書きます。

まず、ライブ感という点において、キャラクターのトークが録音となる点は、難しいところです。皆さん喋った後に微妙な間を設けてくれるので合いの手やコールを意識しているのだと思いますが、何か入れようと思ったら次のトークが始まったりして、これは観客が訓練される必要があるな、と感じました。映画の応援上映の要領ですね。複数パターンの音声を録っておいて、会場のリアクションに合わせて専門の人が切り替える、なんて演出があると、ライブ感はますます増す気がします。映画では難しそうだけど、VRでのステージなら出来そうだな、と思いました。コストは諸々掛かるけど……

あと、VRの技術面では、横一列ではなくて、奥行き方向でも動きを見せられると、断然臨場感が増すだろうな、と感じました。背景の2Dスクリーンと比べれば明らかに立体感を感じられますが、横一列なのでちょっとスクリーン感が出てしまうのはもったいないと思いました。

最後にまったく個人的な反省点ですが、当日喉の調子が悪くて、あんまりコールを入れられませんでした。結果、ちょっと不完全燃焼感を残してしまいました。そしてこの時の風邪がなぜか未だに治っていません(ぉ。ただ、劇場内のコールは想像していた以上に全然おとなしかったですね。公演も終盤と言うことでまったり鑑賞組が多かったのでしょうか。

あと、どこかにサイン入りポスターがあったらしいのですが、見過ごしてしまいました。フードコーナーのショーケースにサイン色紙らしきものがあったのは見かけたのですが。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。