「 ランニング 」一覧

ランニングについて

第14回up run皇居午後マラソン大会

ここ最近、週末などたまに走っていましたが、マイルストーンとして設けていたのが、マラソン大会5kmの部に出場することです。色々調べた結果、皇居でのマラソン大会が開催頻度も高く、また初めての皇居ランも出来ると言うことで、選びました。主催団体は幾つかあるのですが、スケジュールの都合が合った「第14回up run皇居午後マラソン大会」に申し込みました。

本番前に向けて、事前に走りたかったのですが、旅行やら週末の荒天やらで、なかなか走る機会に恵まれませんでした。結局本番2日前に取った午前半休の中で、3.5km走りました。朝食を食べていないせいか、久しぶりだからか、この距離にしてはやけに疲れたので、一抹の不安を残します。

そして本番当日。ランニングステーションは、ラフィネランスタ日比谷店を利用します。ランニングステーションの利用は初めてです。初回利用なので会員カードを作り、ロッカーの鍵を受け取ります。ウェアは最初から着ているので、荷物だけ預けます。ガチのランニングウェアではなくジャージっぽいウェアなので、まあ普通に電車に乗ってても違和感ないのです。

  

大会の受付場所は桜田門の時計台。日比谷公園を横に見ながら進みます。遠くには国会議事堂も見えます。桜田門までは、思ったより距離がありました。時計台に着いたら、氏名を告げて、マップや水のペットボトルを受け取ります。この配布物をどこに置くか困ったのですが、ランニングステーションまで戻るのは面倒なので、結局ポケットにねじ込みました。ゼッケンは耐水ペーパーで、安全ピンで服に留めます。

13時から説明会があり、それから集合写真を撮影。台風で遠方の人が来られず、人数が減ったことにより、距離種別に関わらず、13時30分同時スタートとなりました。

13時30分、レーススタートです。天気は曇天で小雨が舞っています。本降りも覚悟していましたが、小雨で良かったです。とりあえずいつも通りのペースを崩さずに進みます。部活動らしい顧問の教師と着ていた小学校か中学校の生徒たちは、さすがのペースで先へと消えて行きました。

外苑のあたりは道も広くて走りやすいです。桔梗門付近は紅葉がきれいでしたね。皇居側はもちろん、オフィス街をバックにした紅葉も、都会ならではで素敵です。東京駅へと延びる行幸通りの並木も良いですね。まだ景色を楽しむ余裕があります。

大手門、竹橋へ入ると、少し道が狭くなります。北の丸付近に来ると、上り坂になるので、ペースを調整。それから桜で有名な千鳥ヶ渕に入って、緩やかな下り坂を進みます。

ここからが長く感じました。何となく四角いコースと言うイメージがあったので、最後の一辺だと思って距離を想像していたら、いつまで経っても桜田門が見えてきません。コースも終盤で少しバテ始めていることもあり、気持ちの面で堪えました。実際には四角というより三角に近いです。

やはり走ったことのないコースでは距離感が掴めませんね。せめてランニングウォッチで時間計測を見られれば良かったのですが、そんな備えはしていませんでした。

念のため、若干ペースを落として、着実にゴールを目指します。するとようやく見えてきた桜田門。最後だしペースを上げよう、と思ったけど、振り絞れそうな力が湧いてこないので、橋を渡ったところで少しペースを上げるだけに留まりました。後半でいきなりギアチェンジ出来るのって、すごいですね。普段の練習ではやらないけど、本番なら勢いで出来るかな、と思っていましたが、直感的にゴールまで持たないと感じたので、止めておきました。

結果は、29分17秒で、7人中4位。無事完走証をいただきました。自由解散なので、そのままランニングステーションへ戻り、シャワーを浴びて、着替え終えたら、ランニング終了です。5kmなので程よい疲労感が残ります。高低差を考えると、普段よりハイペースだったと思うので、達成感ありますね。

社会人になってからは初めてのマラソン大会でしたが、他の人と走ると言うのは、多少動向を意識するので、感覚としては新鮮でした。同じくらいのペースの人が前にいたら、その人をペースメーカーにしますし、遅いと感じたら追い抜きますが、そこからまた追い抜かれるのは嫌なので、ちょっと意識してペースを保ったりします。1人で走るのと比べて、精神的に掛かる作用が違うのが、面白いと感じました。ただ5kmの部なので、そんなにシリアスな雰囲気はありません。もう少しガチになると、駆け引きとか入って、また別の面白さがあるのでしょうね。

毎週やっているタイプの小規模な市民マラソンですので、全体的に簡素で、気軽に参加できる点が良いと思います。次はもう少し規模の大きい大会にも出られたら出てみたいな、と思います。距離の目標は、10kmですかね。


弘前公園でランニング

旅先で走る、と言うスタイルがあるので、やってみました。旅行の荷物に、ランニングウェアとシューズが必要になりますが、逆に言えばそれだけで出来るのです。シューズはスニーカーを履いていけば良いので、実質増える荷物はランニングウェアだけ。

旅先は弘前でしたので、走るコースは弘前公園の周りです。お城の周りは、ランニングコースに最適ですね。距離は3kmちょいでお手頃です。ランニングを見越して、ホテルは弘前公園に近いところを取りました。朝食前に走っておきたいので、6時ごろ出発です。

走った10月上旬の弘前は、日中はそれなりに温かいですが、朝晩はそれなりに冷え込みます。ひんやりとした朝の町を数分歩いて、弘前公園に着いたところから、反時計周りにランニング開始。凛とした空気が気持ち良いです。人の数も少なく、静かで良いですね。散歩している人は見かけましたが、ランニングをしている人はほとんど見かけなかった気がします。

コースはほぼ平坦ですが、北と南で少し高さが違うので、そこで勾配があります。自宅周辺のランニングコースは完全に平坦なので、勾配があると少しペースが崩れます。

道については、概ね分かりやすいですが、大手門に向かって公園に入る分岐で、少し迷うかもしれません。間違えても最終的には合流できるので良いですが、若干道が走りにくく、且つ距離も膨らみます。

走り終えた後は、ホテルの朝食ビュッフェ。運動した後なので、一層おいしく食べられますね。今後も機会があれば、旅先で走ってみたいです。


昭和記念公園でランニングとキバナコスモス観賞

2017年9月24日、昭和記念公園へお出かけしてきました。目的は、公園内をランニングすることと、キバナコスモスをメインにした写真撮影です。

南武線で立川駅まで移動し、そこから青梅線で西立川へ行き、西立川口から園内に入ります。南武線は距離のわりに時間が掛かるので、何だか疲れます。

さっそくコインロッカーに荷物を預けて、適当に走り始めます。一応頭の中で事前にコースを決めているのですが、公園内は分岐点が多いので、知らず知らずのうちに間違えて別のコースを走っていました。1回目は水鳥の池から立川口までの折り返しコース。距離は2.3kmで、12分57秒掛かりました。次はもみじ橋からみんなの原っぱの北の入口部分までのコース。距離は1.1kmで、6分57秒掛かりました。

その後は歩いてコインロッカーのある西立川口まで戻り、荷物を取り出して、トイレで上だけ着替えました。一応着替えは上下持ってきていましたが、あまり日が出ず涼しかったので、下はそのままです。

人通りはそれなりに多いですが、広い道を選べば、スムーズに走れます。細い道は少し気を遣うので、走らない方が良いかもしれません。普段は街中の幹線道路沿いも含めたコースを走っているので、排気ガスなどあまり空気が良くないのですが、今回は緑の中を走ることが出来て、気持ち良かったです。ただ、銀杏の匂いは臭かったです。

自宅周辺以外でのランニングは初めてでしたが、着替えだけ持って、後は荷物を預ける場所さえあれば出来るので、積極的にやっていけたらいいなあ、と思いました。ちなみに全く知らなかったのですが、ちょうど同じ日に、昭和記念公園で立川マラソンが開催されていました。

走り終えた後は、レイクサイドレストランにて昼食。松花堂弁当と生ビールをいただきました。松花堂弁当は具材がたくさん楽しめて、うれしいです。そして運動した後のビールは最高ですね。

食事を終えたら、カメラを片手に園内を散策します。カメラはE-PM1で、レンズは12-50mmの標準レンズです。何だかんだで標準レンズが使い勝手良いです。毎回マクロレンズも欲しくなってしまいますが、そこはぐっと我慢。

  

もみじ橋を渡った先で、パンパスグラス、ケイトウ、ダリアなどを観賞して、本日のメインであるキバナコスモスの咲くみんなの原っぱ東花畑へ向かいました。

  

一面に広がるキバナコスモスが見事です。残念ながら、次第に薄曇りとなってしまい、青空バックとはいかなかったのですが、キバナコスモス自体を背景にして、色々頑張ってみました。

風に揺れるコスモスに苦戦しつつ、撮影を頑張っていたら、久しぶりに声を掛けられて、写真のシャッター押しのお手伝い。その後少し雑談しました。

この日はコスモス畑でやけにモデル撮影をしている人たちを見かけるなあ、と思ったら、後で調べたところ、撮影会イベントがあったようです。

 

その後は園内に秋の香りを振りまく金木犀を撮影しつつ、立川口方面へ向かいます。カメラのバッテリの充電を忘れたため、かなりギリギリでしたが、姫ちゃんのリボンの聖地としてもお馴染みである、噴水の撮影を無事済ませました。

こうして今回のお出かけは、お終いです。遠出してのランニングは初めてでしたが、翌日に思いきり体調を崩しました(苦笑

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ランニングに向けて

学生時代にマラソン大会がありましたが、御多分に漏れず、憂鬱に感じていたタイプの人間です。そんな人間が自発的に走ろうと思った理由が、富士山登山が決まった際の、体力づくりです。登山も含め、運動らしい運動をさほどしてこなかったので、漫然とした不安があったのだと思います。

その後は、数年おきにジョギングをする期間が続いたり、続かなかったりしました。距離は、1km~2kmがメインで、たまに3km走っています。

これまでは、健康や体力づくりのために走ってきましたが、何かモチベーションが欲しいと思い、マラソン大会に注目してみました。最初は10kmを目標にしようかと思いましたが、現状を考えるとまだ厳しそうなので、5kmを目標とします。

これまで5kmを走った記憶がないので、現状確認のために走ってみました。結果は5.5kmを35分程度でした。ゆっくり走ったので、心肺はあまりきつくなかったのですが、後半に意外と足が重くなり、筋力不足を感じました。余力を残した状態でのフィニッシュでしたので、これからペース配分を探っていこうと思います。

ジョギングやランニングは、コストがあまり掛からない点が良いですね。レジャー系の趣味はどうしてもお金が掛かってしまうので、長く続けられたらいいなあ、と思います。