「 ランニング 」一覧

ランニングについて

ランニング前の食事

マラソン大会10kmの部に申し込んでしまったので、何とか10kmを走れるようにする必要があります。というわけで、2018年07月07日の昼すぎに、8kmを走ってみようと意気込んだのですが、2km走ったあたりで妙に疲れてしまいました。

脚が重いわけでもなく、息が上がってしまったわけでもなく、体調不良と言うわけでもなく、純粋に疲れてしまった感じです。一応朝食にサンドイッチを食べて、多少お腹は空いてきたものの、エネルギー切れと言うことはないかと思うのですが、他に理由が思い浮かびません。

走る少し前には、エネルギーとなる食事を軽く摂っておいたほうが良さそうですね。これまでこのような経験がなかったのであまり気に留めていませんでしたが、とても不完全燃焼な気分なので、気をつけたいと思います。


走行距離を伸ばしてみた

家の周りで普段走っているコースは、1周およそ2.11kmになります。大通りの横断をせずに走れて、人通りが少ない道をなるべく選んで、作ったコースです。これまではこのコースを大体2周、調子の悪い時は1周してきました。これまでに走った最長は、この2周に半周相当の短いコースを加えての、5.46kmです。現状をキープすることも大切ですが、チャレンジもしたいので、少し走行距離を伸ばしてみることにしました。

2018年6月16日、まずは3周を目標にします。長い距離を走れるように、ペースは普段よりゆっくりにします。その結果、思ったよりも楽に走れました。脚も動くし、息もそこまで上がっていません。もう1周くらいは走れそうでしたが、身体に変な負荷が掛かっていると嫌なので、当初の目標通りに切り上げて、様子を見ようと思います。

走行データは、6.49kmで41分59秒。このペースだと10kmで60分切れませんね。とは言え、まずは10kmを走りきるのが第一です。

ちなみに距離を伸ばすに際して取り入れたのが、音楽プレーヤー。見慣れた景色の中を黙々と長い時間走るのはもったいない気がしたので、音楽を聴きながら走ってみました。結果、音楽によるテンションアップの効果もあってか、精神面で良いサポートになります。周りの音が聞こえにくくなって危ないかなあ、とも思っていましたが、全然問題ありませんでした。周辺の音も音楽も問題なく聞こえます。ひとつ気になったのは、走行中は身体が揺れるので、イヤホンが抜けそうに思えること。耳にフックで掛けられるようなタイプのほうが良さそうです。軽く調べてみたら、ランニング用に色々商品がラインナップされているのですね。今度見てみようと思います。


ランニング10kmへの壁

5kmは何とか走れることが分かったので、次の目標は10kmです。ただ、5kmからの壁が厳しいですね。ゆっくりでもいいので、6.5kmくらいを走ってみようと意気込んだのですが、結局4.5kmあたりで断念してしまいました。

走りが辛くなるのは、息が上がってしまうケースと、足が重くなってしまうケースがあります。前者はゆっくり走れば何とかなるのですが、後者はどうにも回復できません。

まだ走れるのに心が折れてしまっているのか、本当に心肺や筋力が足りないのか、判断に迷う部分はありますが、体調を崩したり怪我をしたくないので、無理はしないようにしています。

現在は、1ヶ月に1、2回程度のペースになっているので、もう少し頻度を上げていかないとですね。具体的に10kmの大会を決めて、それを目標にした方が、練習に身が入るのかもしれません。


ユナイテッド・グアムマラソン2018(5kmの部)に参加

2018年04月08日、ユナイテッド・グアムマラソン2018の5kmの部に参加してきました。申し込み時期が早いほどエントリー料が安くなるので、自分は2018年1月上旬に申込みました。チャレンジと言う点では、10kmの部も迷いましたが、初めての海外マラソンなので、申し込み時点で完走出来ている5kmの部にしました。

グアムマラソンの面白いところは、日中の日差しによる暑さを避けるため、ものすごい早朝からスタートすることです。フルマラソンは午前3時スタートで、最初見た時は「???」となってしまいました。5kmの部は6時出発です。

 

ゼッケンや計測チップ等は、前日までに現地で受け取るシステムです。スタートの30分前に集合との案内が出ていたので、5時30分手前にはスタート地点へ着きました。多少明るいかな、と思っていましたが、まだ真っ暗。しかし日が出ていなくても結構蒸し暑くて、想像以上に体力が奪われそうで少し心配になります。

スタートまでの時間は、色々とオープニングセレモニーが催されます。ファイアーダンスショーや、ユナイテッド航空による航空券の抽選大会などが行われました。

ところが、スタートの時間が近づくにつれ、ポツポツと雨が降ってきました。小雨が舞う中、スタートです。最初の方は人が多くて団子になっているので、なかなか進めません。数百メートル進んだあたりで、だんだん間隔が空いてくるので、自分のペースで走れるようになります。

しかし、同時に雨足も強くなってきました。小雨から本降りに移行です。そんな中、交差点に入り、GU-14Aの坂道を登っていきます。それなりの勾配があるので結構きついかな、と思っていましたが、まだ最初の方だったので、上手くペース調整してそれほど負荷にはなりませんでした。

坂を登り終えたら、サウス・マリン・コア・ドライブを進みます。空は少しずつ明るくなってきました。5kmの部はここを真っ直ぐ進んで、途中を折り返してくるコースです。ここは勾配はそれほどきつくありませんが、緩やかに下ってまた上る構成になっています。だんだん疲労が溜まってくるので、地味に堪えてきます。

同時に雨がさらに激しくなってきました。もうスニーカーの中はビショビショ。雨が目に入って視界も遮られて、結構辛いです。最初は雨のおかげで気温が下がり、蒸し暑さが軽減されて良かったのですが、ここまで降られると逆に走りにくいです。

こうした悪環境のため、テンションが下がりつつ、ペースがあまり上がらないまま走り続けました。結果、そこそこ体力を温存したままでしたので、ゴール直前の下り坂で全速力のラストスパート。

成績は、34分15秒でした。順位は真ん中より少し後ろですね。各テントを巡り、完走証と記念メダル、フィニッシャーズタオルを受け取って、それからドリンクをいただきました。軽食は長蛇の列が出来ていたので、止めておきました。

 

朝日は高く登り始めて、1日の始まりを感じさせます。そんな中、公園内やビーチのフォトフレームスポットなどで、皆がアフターランを楽しんでいました。それぞれが達成感に包まれているので、とても良い雰囲気ですね。ステージではバンド演奏などが行われていましたが、あんまり聴いている人がいないのが、ちょっぴり寂しい光景でした。


福岡の大濠公園でランニング

2018年02月04日、福岡を旅行した際に、大濠公園でランニングをしてきました。「福岡 ランニング」で検索したら、こちらが距離的にも良さそうだったので、コースに選びました。

6時30分ごろ起きて、着替えて準備をします。窓の外を見ると雪が舞っていて、思わず身がすくみます。宿泊していたホテルは天神でしたので、バスに乗って大濠公園まで移動することにしました。最初は地下鉄で移動するつもりでしたが、バスの方が便利です。寒いこともあって、なるべく移動までの時間を短くしたかったのです。

バスを下りたら、大濠公園まで歩きます。既に走っている人が何人かいますね。公園にもう少し近い場所にもバス停があるのですが、天神からのバスは少し手前に停まるので、公園まで5分ほど歩く必要があります。

 

大濠公園に着いたら、さっそくランニング開始です。日曜の朝ということもあり、結構走っている人多いですね。この日は雪が降っていて寒かったので、ジャージの上にはコートを羽織っています。路面は一部凍っていたので、滑らないように凍っていない外側の道を走りました。高低差もまったくないので、走りやすくて良いです。

距離は1周およそ2kmらしいです。若干短いので2周くらいしても良かったのですが、見たいテレビの時間が迫っていたので、1周で切り上げました。スマホのタイマの起動を忘れてしまい、正確な時間は測れていませんが、約2kmを約15分で走りました。

池の周りなので、見通しの良さが新鮮でしたね。松島を渡るルートを取り入れれば、コースの変化もつけやすくていいかな、と思いましたが、あそこは走っていいのかな。道も若干細そうですし、人が増えてくると微妙かもしれません。