「 ランニング 」一覧

ランニングについて

流山線沿いをランニング

2020年1月2日、流山線沿いをランニングしてきました。従来実家滞在時は、近所を周回しているのですが、どうしても飽きてしまいます。またすぐに止められるので、心が折れる誘惑がたっぷりなのです。その点、遠くに目標地点を定めてしまえば、そうした問題を解決しやすいです。昨年末に羽田空港を目指して長距離を走れたことから、正月の実家滞在中にも、行き先等を決めて長い距離を走ってみようと思いました。

とりあえずウォームアップを兼ねて、実家から流山駅までウォーキング。流山駅前から走り始めます。駅前には鉄道むすめの幸谷なのはさんのキャラクターパネルが立っていました。

次の駅である平和台までは、走ればわりとあっという間に到着です。駅のホームからお互いの駅が肉眼で見える程度の距離ですし。

 

続いて鰭ヶ崎駅へ向かいます。平和台と鰭ヶ崎間は、流山線の中では長い方に入ります。平和台駅を出ると、線路が道路に対して大きくカーブを描くので、距離を開けられないように反対側へ回ります。多少のアップダウンを通りつつ、鰭ヶ崎駅に着きました。

鰭ヶ崎駅では踏切を渡って、再び西側に戻ります。黒猫の姿を見つつ、真っすぐ進んでいくと、坂川に出ました。線路は人工河川である新坂川に沿って続きます。この辺りが流山線一番のビュースポットかな。

小金城趾駅では、駅舎を見るために陸橋を渡って敢えて東側へ移動しました。しかし、小金城趾駅は駅名看板もないようですね。下車したこともほとんどないかも。

 

小金城趾を出発してしばらくしたら、再び西側へ戻ります。東側だと大回りになるうえ、結構な上り坂でしたので、回避しました。幸谷駅付近に着いたら、再び東側へ入り、小学生の頃通っていた塾の入っていたビルを久しぶりに眺めたりしました。幸谷駅は今でもたまに使うことがあるので、見慣れた景色です。

それから終端である馬橋を目指します。大概幸谷新松戸乗り換えでしたので、馬橋まで行くことは多くありませんでした。というわけで沿線の景色は新鮮でしたが、建物の数が増えてきて、前半のようなのどかな雰囲気は薄めです。

こうして馬橋駅に到着。流山線の中では一番立派な駅前ロータリーが広がります。で、わずかな小休止を挟んだ後、折り返しです。

流山駅までがっつり折り返す計画もあったのですが、幸谷駅の近くにあるサイクルショップで買いたいものがあったので、そこをゴール地点としました。さすがに買い物袋を持って走るわけにもいかないので。

走ったルートのマップは上記です。そして走行データは下記の通りです。ラップタイムは6分~7分45秒/km程度で、終盤疲れは感じていたものの、大きくペースが落ち込むことはありませんでした。

距離 8.64km
時間 1時間01分59秒
心拍数 167bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


2019年10月~12月のランニング記録

2019年10月から12月のランニング記録です。

年月 距離(km)
2019/10 9.5
2019/11 19.3
2019/12 29.6

2019年11月は10kmランの大会があったので、それを差し引くと10月と変わらない走行距離になります。しかし12月は練習時の走行距離が大幅に伸びました。平日の朝ランや、新規開拓した多摩川沿いコースの影響が大きいです。年末年始休みによる走行距離の積み重ね効果も大きいので、2020年1月以降も同じようなペースを維持できるかが鍵ですね。

大会本番ではなく練習で10km以上走ったことは、長距離を走る上での心理的ハードルを引き下げてくれる効果があったように感じています。ただ後日に残る疲労感は大きいので、オーバートレーニングとならないように注意したいと思います。


多摩川沿い羽田空港までのランニングコース

2019年12月27日、多摩川に沿って羽田空港まで走ってみました。せっかく多摩川から遠くない場所に住んでいるので、多摩川沿いを走るランニングコースを開拓してみようと思ったのが動機です。

 

自宅を出発して第一京浜を東に2kmほど走ります。信号のある大きな交差点が数カ所あるので、この区間はウォームアップに当てます。ここを抜けると、多摩川に出ます。そしたら土手の遊歩道を走ります。川崎河港水門付近、整地はされていますが砂利道区間もあるので、少し走りにくいですね。砂利道区間は、下の道路を走った方が良いかもしれません。

この日は晴天で気持ちの良い青空が広がります。ただし風が強くて、特に吹き曝しになる土手はなかなか大変でした。目に埃は入るし、進むのが大変な部分もありました。

 

大師橋は橋の下をくぐって抜けられたので、上り下りは発生するものの、信号に掛からず良かったです。そしてこのあたりは道幅も広く、人もそれほどいなくて良いですね。対岸には羽田空港も見えてきて、時折離着陸する飛行機が見られます。

本当はもう少し先の多摩運河まで行くつもりでしたが、工事中で進めなかったため、手前で折り返します。

復路は概ね同じルートで戻りました。ただ、先述の通り工事で予定より先に進めなかったことにより、大師橋を渡って東京側にも行ってみたい欲が出てきました。というわけで、大師橋を渡って東京タッチをして折り返し。東京側を走るのは、調査不足でリスキーなので止めておきました。

最後多摩川から第一京浜に戻るルートを少しアレンジして、京急大師線の港町駅付近を通りました。せっかく走るなら、まだ走ったことない場所を走った方が楽しいですしね。その後第一京浜を走り、新川橋交差点で信号待ちになったので、ここでランニング終了としました。

今回は特に距離は決めずに、多摩川沿いを走って羽田空港を見ることを目標に走りました。その結果、14kmという、これまで大会でも走ったことのない長い距離を走ることができました。15kmを練習で走れれば、ハーフマラソン本番でも走れるらしいので、ハーフも行けちゃうかな、なんて思いました。

走ったルートのマップは上記です。スタート部分は一応ぼかしてあります。そして走行データは下記の通りです。

距離 14.19km
時間 1時間40分56秒
心拍数 169bpm

1km毎のラップタイムを見ると、13km以降で8min/kmに落ち込んでおり、10km以上は走り慣れていないことが如実に表れたな、と感じています。それまでは6min台がメインでたまに7min台です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ランニングシューズを買いました

これまでいつ買ったかも定かではないスニーカーを履いて走っていましたが、本格的に走るようになったので、2019年12月01日、ゼビオにてランニング用にシューズを買いました。要件は、やはり膝へのダメージが気になるので、クッション性の高いシューズであること、そしてランニングシューズらしく派手目のカラーリングであること、としました。

店員さんの勧めで選んだのは、アシックスのGlideRide MAKO Blue。踵部分はかなり厚く、つま先部分は薄く地面から浮くようになっていて、推進姿勢を助ける構造になっています。カラーは青色しかなかったので、一択。緑や赤、橙なども良いかな~、と思っていたのですが、迷わなくて済んだので良しとします。

さっそく履いて数回走ってみました。クッション性の恩恵はすぐに実感できますね。足裏に来る衝撃がほぼ無くなります。おそらく膝へのダメージもだいぶ軽減されていることでしょう。つま先の底が上がっていることによる推進のしやすさも感じます。身体を前に出すと自然に踵が上がるので、走り出しやすいですね。あと以前履いていたスニーカーと比べて、踵側の丈が短いです。足首の動きを妨げないためですかね。

このように以前のスニーカーと比べて、特徴的なシューズなので、普段歩くときには少々違和感があります。特に階段を下りるときは、慣れるまで少し怖いですね。


横浜ノースドックランニングフェスティバル2019

2019年11月16日、横浜ノースドックランニングフェスティバルに参加してきました。秋ごろに日帰りで行ける10kmランを探していて、せっかくだから変わった場所で走りたいと思っていたら、こちらを見つけました。米軍基地内でのランニングフェスティバルとなります。

最寄駅である東神奈川駅から20分ほど歩いて、横浜ノースドックに到着。入口のテントで、予め郵送されているハガキを提示して、基地入構の1DAYパスとナンバーカードを引き取ります。その後、米軍による荷物検査、ボディチェックをそれぞれ受けて、基地内へ入ります。

入って1分弱歩いたところにある芝生広場が、ランナーの待機場所になっています。程なくしてステージが始まりました。ステージを見つつ、ナンバーカードを服に留めます。それからトイレに並んで済ませて、出発まであと少しのところで、1DAYパス等が手元にないことに気づきました。少し前まで手元にあることは確認済みなので、来た道を戻って探しますが、見つかりません。大会本部テントに行ったら落とし物として、届けられていました。これがないと基地から出られない可能性があるので、危ないところでした。

天気は雲ひとつない快晴。気温も徐々に上がってきて、むしろ少し暑いくらいになりました。寒いかと思って長袖ジャージを着てきましたが、半袖でも良かったかもしれません。

 

10時20分、10kmランのスタート時刻となりました。この大会のメインはハーフマラソンであり、10kmランの定員は500人なので、団子区間はそれほど長くありません。まずは東の方へ進み、ぐるりと1周します。途中道が狭くなるエリアがあり、そこを抜けると西に向けて真っすぐ走ります。正面にみなとみらいのビル群が見えて、気持ちいいです。

 

来た道と合流してスタート地点の方へ戻っていきます。この辺は木立が気持ちいです。スタート地点の1本手前の通りを走り抜けて、今度は南東に向けて一直線に走ります。正面には横浜ベイブリッジが見え、港には停泊中の軍艦が見えます。背の高い建物がないので、海と空を広く見渡せて、気持ちが良いです。端っこまで行ったら折り返しです。

給水ポイントはコース上に2箇所あるので、合計4回立ち寄るチャンスがあります。スタート地点近くにあるポイントは、1周目は気づかなかったので、結局3回立ち寄りました。水とOS-1から選べます。OS-1、水、OS-1で給水しました。OS-1は経口補水液だけあって、すっと体に染み渡っていきますね。一方で水も口の中をさっぱり出来るので良いです。

1周5kmなので、スタート地点へ戻るともう1周走ります。周回は飽きるかな、と思ったのですが、5kmを2周でしたら、そうでもなかったです。最後は余力を振り絞って、スパートを掛けました。

 

走り終えた後は完走証を受領し、フード購入列に並びます。横のステージでは、ハーフマラソン出場者向けのステージが進行していましたので、それを眺めながら待ちます。順番がきたら、ホットドッグとチップスとバドワイザーを購入して、芝生エリアで食べました。

その後は、ハーフマラソンの様子を少しだけ観戦しつつ、基地をあとにしました。

走行データは以下の通りです。春の日立さくらロードレースより3分ほど速いですね。ただ、今回のコースは高低差がまったくなかったので、その点では前回レースより楽だったと思います。後半は息も上がり、足も重くなってきましたが、前回のレースほどではありませんでした。給水をきちんと行なったためか、腕の痺れのような症状も一切ありませんでした。

記録 1時間08分41秒
種目順位 432位(申込者数648)
ネットタイム 1時間07分23秒

走行マップは以下の通りです。これを2周しています。

ペースは以下の通りです。もう少し拡大したほうが変化が見やすいのですが、少し立ち止まった箇所があるせいか、縦軸の範囲が20分になってしまっています。だいたい5分から8分の間が有効範囲です。ラスト4分の1あたりで少しだけ平均ペースが落ちていますが、全体的に抑えめにしたためか、わりと安定したペースで走り通せました。最後は余った力でラストスパートしたので、3分/kmとか出ています。ラストの思いきり遅い区間は、ゴール後に停止ボタンを押し忘れていた部分です。

心拍数データは下記の通りです。後半より前半のほうが高めなのは、意外でした。前半は周囲のランナーに引きずられてペースを引き上げた区間があるので、その影響かと思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。