「 ランニング 」一覧

ランニングについて

ランニング10kmへの壁

5kmは何とか走れることが分かったので、次の目標は10kmです。ただ、5kmからの壁が厳しいですね。ゆっくりでもいいので、6.5kmくらいを走ってみようと意気込んだのですが、結局4.5kmあたりで断念してしまいました。

走りが辛くなるのは、息が上がってしまうケースと、足が重くなってしまうケースがあります。前者はゆっくり走れば何とかなるのですが、後者はどうにも回復できません。

まだ走れるのに心が折れてしまっているのか、本当に心肺や筋力が足りないのか、判断に迷う部分はありますが、体調を崩したり怪我をしたくないので、無理はしないようにしています。

現在は、1ヶ月に1、2回程度のペースになっているので、もう少し頻度を上げていかないとですね。具体的に10kmの大会を決めて、それを目標にした方が、練習に身が入るのかもしれません。


ユナイテッド・グアムマラソン2018(5kmの部)に参加

2018年04月08日、ユナイテッド・グアムマラソン2018の5kmの部に参加してきました。申し込み時期が早いほどエントリー料が安くなるので、自分は2018年1月上旬に申込みました。チャレンジと言う点では、10kmの部も迷いましたが、初めての海外マラソンなので、申し込み時点で完走出来ている5kmの部にしました。

グアムマラソンの面白いところは、日中の日差しによる暑さを避けるため、ものすごい早朝からスタートすることです。フルマラソンは午前3時スタートで、最初見た時は「???」となってしまいました。5kmの部は6時出発です。

 

ゼッケンや計測チップ等は、前日までに現地で受け取るシステムです。スタートの30分前に集合との案内が出ていたので、5時30分手前にはスタート地点へ着きました。多少明るいかな、と思っていましたが、まだ真っ暗。しかし日が出ていなくても結構蒸し暑くて、想像以上に体力が奪われそうで少し心配になります。

スタートまでの時間は、色々とオープニングセレモニーが催されます。ファイアーダンスショーや、ユナイテッド航空による航空券の抽選大会などが行われました。

ところが、スタートの時間が近づくにつれ、ポツポツと雨が降ってきました。小雨が舞う中、スタートです。最初の方は人が多くて団子になっているので、なかなか進めません。数百メートル進んだあたりで、だんだん間隔が空いてくるので、自分のペースで走れるようになります。

しかし、同時に雨足も強くなってきました。小雨から本降りに移行です。そんな中、交差点に入り、GU-14Aの坂道を登っていきます。それなりの勾配があるので結構きついかな、と思っていましたが、まだ最初の方だったので、上手くペース調整してそれほど負荷にはなりませんでした。

坂を登り終えたら、サウス・マリン・コア・ドライブを進みます。空は少しずつ明るくなってきました。5kmの部はここを真っ直ぐ進んで、途中を折り返してくるコースです。ここは勾配はそれほどきつくありませんが、緩やかに下ってまた上る構成になっています。だんだん疲労が溜まってくるので、地味に堪えてきます。

同時に雨がさらに激しくなってきました。もうスニーカーの中はビショビショ。雨が目に入って視界も遮られて、結構辛いです。最初は雨のおかげで気温が下がり、蒸し暑さが軽減されて良かったのですが、ここまで降られると逆に走りにくいです。

こうした悪環境のため、テンションが下がりつつ、ペースがあまり上がらないまま走り続けました。結果、そこそこ体力を温存したままでしたので、ゴール直前の下り坂で全速力のラストスパート。

成績は、34分15秒でした。順位は真ん中より少し後ろですね。各テントを巡り、完走証と記念メダル、フィニッシャーズタオルを受け取って、それからドリンクをいただきました。軽食は長蛇の列が出来ていたので、止めておきました。

 

朝日は高く登り始めて、1日の始まりを感じさせます。そんな中、公園内やビーチのフォトフレームスポットなどで、皆がアフターランを楽しんでいました。それぞれが達成感に包まれているので、とても良い雰囲気ですね。ステージではバンド演奏などが行われていましたが、あんまり聴いている人がいないのが、ちょっぴり寂しい光景でした。


福岡の大濠公園でランニング

2018年02月04日、福岡を旅行した際に、大濠公園でランニングをしてきました。「福岡 ランニング」で検索したら、こちらが距離的にも良さそうだったので、コースに選びました。

6時30分ごろ起きて、着替えて準備をします。窓の外を見ると雪が舞っていて、思わず身がすくみます。宿泊していたホテルは天神でしたので、バスに乗って大濠公園まで移動することにしました。最初は地下鉄で移動するつもりでしたが、バスの方が便利です。寒いこともあって、なるべく移動までの時間を短くしたかったのです。

バスを下りたら、大濠公園まで歩きます。既に走っている人が何人かいますね。公園にもう少し近い場所にもバス停があるのですが、天神からのバスは少し手前に停まるので、公園まで5分ほど歩く必要があります。

 

大濠公園に着いたら、さっそくランニング開始です。日曜の朝ということもあり、結構走っている人多いですね。この日は雪が降っていて寒かったので、ジャージの上にはコートを羽織っています。路面は一部凍っていたので、滑らないように凍っていない外側の道を走りました。高低差もまったくないので、走りやすくて良いです。

距離は1周およそ2kmらしいです。若干短いので2周くらいしても良かったのですが、見たいテレビの時間が迫っていたので、1周で切り上げました。スマホのタイマの起動を忘れてしまい、正確な時間は測れていませんが、約2kmを約15分で走りました。

池の周りなので、見通しの良さが新鮮でしたね。松島を渡るルートを取り入れれば、コースの変化もつけやすくていいかな、と思いましたが、あそこは走っていいのかな。道も若干細そうですし、人が増えてくると微妙かもしれません。


大阪城公園をランニング

大阪に行く機会があったので、大阪城公園を走ってきました。そのために、ホテルも大阪城公園の近くにとりました。お城の周りは信号待ちが基本的にないので、走りやすいんですよね。

大阪城公園にはランニングのモデルコースとして、4コース用意されていますが、その中のBコースを短縮したようなコースを走りました。コースマップは上に貼った通りです。1周の終了地点を勘違いして、ひとつ先の交差点まで進んでしまったので、STARTとGOALがずれています。

 

2018年01月15日朝、大手町交差点からスタートして、西外濠沿いを走ります。府庁南交差点に出たら、道路沿いを走って馬場町交差点まで進みます。大手門を行き過ぎたことに気づいたので、南外濠に沿って戻り、大手門を通ります。平日の朝と言うこともあり、ここまでは通勤の人たちがそこそこいますが、走りにくいほどではないです。

大手門から城内に入ると、まだ朝早いこともあり、観光客も少ないので、空いています。ここからは残念ながら天守閣は見えないようです。

玉造口を抜けたら、坂を下ります。そこそこの勾配があるので、逆回りだとちょっときつかったかもしれません。坂を下った後は、左手にある階段を下りて、東外濠沿いに出ます。

東外濠沿いからは、天守閣を望むことが出来て、テンションが高まります。道幅も広くて走りやすいですね。ただ、北外濠が近づいてくると、だんだん道も狭くなってきます。通勤の人たちも増えてきますので、少しスピードを落として、注意しながら走りました。最後は交差点をひとつ勘違いして、府庁南交差点まで行ってしまい、そこで終了です。

距離は3.67km、時間は26分14秒でした。寒かったですが、天気は良かったので、走るにはちょうど良かったです。体調が微妙だったので走るか迷いましたが、実際走ったら気持ち良かったので、走って正解でした。初めて走るコースは新鮮ですね。走った後の朝食ビュッフェも楽しめるし、今後も機会があれば、トリップランをして行きたいです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


第14回up run皇居午後マラソン大会

ここ最近、週末などたまに走っていましたが、マイルストーンとして設けていたのが、マラソン大会5kmの部に出場することです。色々調べた結果、皇居でのマラソン大会が開催頻度も高く、また初めての皇居ランも出来ると言うことで、選びました。主催団体は幾つかあるのですが、スケジュールの都合が合った「第14回up run皇居午後マラソン大会」に申し込みました。

本番前に向けて、事前に走りたかったのですが、旅行やら週末の荒天やらで、なかなか走る機会に恵まれませんでした。結局本番2日前に取った午前半休の中で、3.5km走りました。朝食を食べていないせいか、久しぶりだからか、この距離にしてはやけに疲れたので、一抹の不安を残します。

そして本番当日。ランニングステーションは、ラフィネランスタ日比谷店を利用します。ランニングステーションの利用は初めてです。初回利用なので会員カードを作り、ロッカーの鍵を受け取ります。ウェアは最初から着ているので、荷物だけ預けます。ガチのランニングウェアではなくジャージっぽいウェアなので、まあ普通に電車に乗ってても違和感ないのです。

  

大会の受付場所は桜田門の時計台。日比谷公園を横に見ながら進みます。遠くには国会議事堂も見えます。桜田門までは、思ったより距離がありました。時計台に着いたら、氏名を告げて、マップや水のペットボトルを受け取ります。この配布物をどこに置くか困ったのですが、ランニングステーションまで戻るのは面倒なので、結局ポケットにねじ込みました。ゼッケンは耐水ペーパーで、安全ピンで服に留めます。

13時から説明会があり、それから集合写真を撮影。台風で遠方の人が来られず、人数が減ったことにより、距離種別に関わらず、13時30分同時スタートとなりました。

13時30分、レーススタートです。天気は曇天で小雨が舞っています。本降りも覚悟していましたが、小雨で良かったです。とりあえずいつも通りのペースを崩さずに進みます。部活動らしい顧問の教師と着ていた小学校か中学校の生徒たちは、さすがのペースで先へと消えて行きました。

外苑のあたりは道も広くて走りやすいです。桔梗門付近は紅葉がきれいでしたね。皇居側はもちろん、オフィス街をバックにした紅葉も、都会ならではで素敵です。東京駅へと延びる行幸通りの並木も良いですね。まだ景色を楽しむ余裕があります。

大手門、竹橋へ入ると、少し道が狭くなります。北の丸付近に来ると、上り坂になるので、ペースを調整。それから桜で有名な千鳥ヶ渕に入って、緩やかな下り坂を進みます。

ここからが長く感じました。何となく四角いコースと言うイメージがあったので、最後の一辺だと思って距離を想像していたら、いつまで経っても桜田門が見えてきません。コースも終盤で少しバテ始めていることもあり、気持ちの面で堪えました。実際には四角というより三角に近いです。

やはり走ったことのないコースでは距離感が掴めませんね。せめてランニングウォッチで時間計測を見られれば良かったのですが、そんな備えはしていませんでした。

念のため、若干ペースを落として、着実にゴールを目指します。するとようやく見えてきた桜田門。最後だしペースを上げよう、と思ったけど、振り絞れそうな力が湧いてこないので、橋を渡ったところで少しペースを上げるだけに留まりました。後半でいきなりギアチェンジ出来るのって、すごいですね。普段の練習ではやらないけど、本番なら勢いで出来るかな、と思っていましたが、直感的にゴールまで持たないと感じたので、止めておきました。

結果は、29分17秒で、7人中4位。無事完走証をいただきました。自由解散なので、そのままランニングステーションへ戻り、シャワーを浴びて、着替え終えたら、ランニング終了です。5kmなので程よい疲労感が残ります。高低差を考えると、普段よりハイペースだったと思うので、達成感ありますね。

社会人になってからは初めてのマラソン大会でしたが、他の人と走ると言うのは、多少動向を意識するので、感覚としては新鮮でした。同じくらいのペースの人が前にいたら、その人をペースメーカーにしますし、遅いと感じたら追い抜きますが、そこからまた追い抜かれるのは嫌なので、ちょっと意識してペースを保ったりします。1人で走るのと比べて、精神的に掛かる作用が違うのが、面白いと感じました。ただ5kmの部なので、そんなにシリアスな雰囲気はありません。もう少しガチになると、駆け引きとか入って、また別の面白さがあるのでしょうね。

毎週やっているタイプの小規模な市民マラソンですので、全体的に簡素で、気軽に参加できる点が良いと思います。次はもう少し規模の大きい大会にも出られたら出てみたいな、と思います。距離の目標は、10kmですかね。