「 展示会イベント 」一覧

複数の企業が出展する、展示会の参加レポート。しばらくブログにまとめない時期があったので、その時期は日記の方をご覧ください。箇条書きで見にくいので、時間があればブログにまとめ直したい。

CEATEC2013

2013年10月5日、CEATEC2013を見学してきました。元々別の用事があったのですが、雨天中止となり、こちらへ行くことができました。

会場は大きく分けて、ライフスタイル&ソサイエティステージと、キーテクノロジーステージがありますが、やはり前者のほうがCEATECらしい華やかさを感じますね。

テレビ系ブースでは、4Kがキーワードになっていました。間近で見てもクッキリと映るのは、さすがですね。ソニーブースでは、4Kの有機ELが世界初公開されていました。あの薄さであの解像度は、未来を感じますねえ。NHK&JEITAブースでは、8K展示もありました。かなりの大画面展示でしたが、美麗でした。8Kで小型化が進めば、そこに映るものは現実と区別がつかなくなるような気がします。画面の画質はどんどん向上して、これ以上向上しても違いがわからないと思ったこともありますが、いやはや違いはわかります。まだまだ進化の余地はあるのですね。

会場のゾーニングでは、ヘルスケアやスマートエネルギーがありましたが、やはりこの辺りがホットなキーワードなのでしょうか。HMES、エコーネットなど、色々キーワードを拾いつつも、理解が浅い分野です。

ガジェット系では、各社のタブレット端末、インテルの2in1など。2in1は、どちらでも使いやすいOSを設計するのが、根本解決なんだろうなあ、とは思いました。それとガジェット系ではないけど、関連する内容として、ワイヤレス給電qiの展示が気になりました。数年前からワイヤレス給電の展示は見かけますが、まだコモディティ化はしてないですよね。早く普及してほしいです。

このように、ライフスタイル&ソサイエティステージには、生活に役立つソリューションと、純粋にすごいと思わせるユーザー体験を目指したものがあります。これらは要素技術が組み上げたモノの最終形となるだけに、モノの価値の源泉って一体どこにあるのかな、と考えさせられます。

一方、キーテクノロジーステージは、いろいろ興味深そうな展示が多いのですが、知識がないとそのすごさがわからないことが、残念ですね。普段からモノづくりについて、意識していないとダメです。そんな中、自分は一昔前からセンシング技術に興味があるのですが、いろいろ出展されていて、面白かったです。味覚センサ、荷重センサ、顔認識センサ、三次元位置センサなど、ハードウェアレベルからソフトウェアレベルまで、多様なものがありました。センシング技術は外界の情報を取り込む窓口ですから、新たなセンシング技術の実用により、ソリューションの幅は大きく広がるので、楽しみです。

ソリューションをイメージして、必要となる要素技術を探す方向もあれば、要素技術からソリューションを組み立てる方向もあるかと思います。どちらか一方に眼を捉われすぎないようにしたいですね。先駆者は多くの課題を知っており、ここで見られる内容は、既に周回遅れです。次の次くらいを予見したいものです。

ちなみに、個人的に欲しいものは、匂いや気温などを含めた空間の記録と再生装置。カメラやビデオカメラの進化形なイメージです。


Embedded Technology 2010

2010年12月03日、パシフィコ横浜で開催されたET2010に行ってきました。仕事が忙しいため、三日目の午前中に休みをとり、1時間程度の散策のみです。

少し道に迷いつつ、11時すぎに着いたのですが、この時間帯はまだ来場者が少ないですね。説明員の数のほうが多かったかもしれません。個人的にこの状況は展示を見て回りにくいです。しばらくすると徐々に人が増え始めて、程よい感じになってきました。短い時間でしたが、以下のような印象です。

  • 一番多く見かけたキーワードはAndroid
  • Linuxも一時期ほどではないが、よく見かける。Androidとセットで展示されているものも多い
  • Intelが裸眼3Dディスプレイを展示。これはディスプレイをアピールしているのか、何かのチップをアピールしているのか、ぱっと見説明が見当たらなくて、分からず
  • ユビキタス社がDLNAスタックを展示。DLNAのverは1.5。DigionやAccessは出展していない模様
  • 入力デバイスは様々なものが展示。触覚デバイスをわりと多く見た気がする
  • 組み込みDBも従来どおりの展示数。あまりDBを組み込みで使う業務に携わっていないので、PCと比べてどういう違いがあるんだろうと、個人的に興味がある

CEATEC JAPAN 2010

今年も行ってきました。事前に印刷したバーコードをリーダーで読み取るのですが、昨年と同じく上手くいかず。ぱっと見渡しても、まともに入力出来ている人のほうが少ないのでは…?

まずはホーム&パーソナルゾーンを回ります。ここが一番人が多いですね。ソニーブースとか東芝ブースとか、ステージイベントが始まると、ゲームショウばりに通路が混み合います。昨年もこれほど混雑していましたっけ?

最初は、シャープブースのクアトロンテレビ。本当に色鮮やかですね~。自然風景や花の映像が中心だったので、その他の映像はどう映るのか気になります。

それからソニーブース。ソニーは昨年に続き、3Dを特に押していますね。

続いてドコモブースでは、様々なR&Dを出展しており、面白かったです。個人的に一番興味を惹かれたのが、磁力によって3D映像に触れた感覚を再現するものでした。それなりに並んでいたので、体感は諦めました。

NHK/JEITAブースでは、デジタルエコホームということで、車や自転車のディスプレイがあったり、地デジカが並んだりしていました。

東芝ブースでは、テレビとDynabookに関する展示がメインでした。ブース内が混雑していたので、途中で折り返しました。もしかしたら、他にも主要な展示があったかもしれません。それと、噂のスレートPCも参考出展されていました。触ってみたかったですが、案の定たくさん並んでいたので、断念です。

そして、事前にデジタルヘルスケア関連が注目という記事を見たので、少し覗いてきました。コンティニュアヘルスアライアンスという接続規格のようなものがあるのですね。デジタル家電におけるデジタルリビングネットワークアライアンス(DLNA)的なものでしょうか。…そういえばDLNAブースは見てくるのを忘れてしまいました。一応以前に仕事で携わっていたので、経過はウォッチしておきたかったのですが…

ここからは、ビジネス&ソサイエティゾーンへ。

富士通ブースでは、まず全周囲立体モニタシステムやバイオセンサが気になりました。バイオセンサは化学寄りで、内容が掴みきれませんでしたが。スパコン展示は、実物の中身が見られて面白かったです。あと曲面ディスプレイも気になりますね。展示物ではつなぎ目に10~20センチ程度の枠があり、シームレスに360度繋がっていませんでした。説明員の方に聞いたところ、枠の部分にはバッテリー等が入っているので、それを円柱の中心部に持っていけば、シームレスな画面を実現できるそうです。個人的には、円柱のなかに仮想空間があるかのように見せられたら、面白そうだなと思いました。

アルプスでは、空間入力デバイスが気になりました。カメラで手の動きを認識して、テレビの操作をするという内容です。操作感覚は何となく想像できたので、体験しなかったのですが、具体的にどれくらいの精度なのかを知りたくなってきたので、体験しておくべきでした^-^;

そして恒例の村田製作所ブースのステージにて、ムラタセイサク君とムラタセイコちゃんのチャレンジを見学しました。だいぶ賑わっており、肉眼ではほとんど見えませんでした(><)。終了後は、セイサク君とセイコちゃんのストラップつきボールペンをいただきました。ワイヤレス給電絡みの展示を見たかったのですが、どれが対応するのか分からず…orz

その後はぶらぶらとイベントホールに行ってみたり。途中、アニメキャラのタペストリーがあって何だろうと思っていたのですが、ボーカロイドを出しているヤマハでした。

というわけで、今年もCEATECを楽しく見学しました。ホーム&パーソナルゾーンでは、ミーハーに最新家電等を眺め、ビジネス&ソサイエティゾーンでは、近未来の技術要素を先見してきました。上記記事に上げた村田製作所を始め、数点見かけたワイヤレス給電は気になりますね。バッテリーの着脱や、本体への装着忘れ防止など、地味に嬉しいです。

あと、特筆はしていませんが、やはりセンサ類は面白いです。ショックセンサや超音波センサ、その他諸々…。センサは世界とデバイスのインターフェイスですから、それが広がればデバイスで出来ることも格段に広がります。それを考えるのが楽しいです。ろくなアイデアが思い浮かびませんが。

それと、操作できるデモがある場合、実際に触ってその精度を体験するのは、展示会の醍醐味なので、やっておくべきだと思いました。これは、後日ネットなどで調べても、なかなか分からないことですしね。

というわけで、来年もまた行きたいです。

前回の見学レポート


東京国際アニメフェア2010

2010年03月27日、東京ビッグサイトで開催された東京国際アニメフェア2010に行ってきました。

会場には13時30分手前に到着しました。さっそく「クッキングアイドルまいん」のステージを見たくて第2ステージに行ったのですが、どうも様子が違います。よく調べたら、ブースイベントのようです。うわあ、下調べ不足ですね--;)。慌てて予想されるADKブースへ移動しました。その結果、13時50分くらいに何とか到着。イベント自体は14時10分くらいまでやっていたので、20分くらい見られてまあ良かったです。出演はやすのしん役の入野自由さんとミサンガ役の小林晃子さんと、まいん役の福原遥さん。トークの流れとしては、入野さんが主に仕切る感じ。番組関連の話題で、ロケの話とかしていた気がするけど、一ヶ月前の話なので良く覚えていないです^-^;。何かのベスト3や、入野さんや小林さんが自分たちもロケに行きたいとか、そんな話。最後の方はDVDやゲームの宣伝とかでした~。あと話の中で2年目があることを知りました。ちなみに福原さんの衣装は、クッキングアイドル衣装ではなく、白地のドレス風な衣装でした。でも、肩の部分や胸の大きなリボンなど、クッキングアイドル衣装を彷彿とさせる感じでした。

今回のメインイベントは終わったので、あとはのんびり会場内を散策。カラオケ玩具のイベントで、TAKAKOさんと菊池正美さんを見ました。まる子と花輪くんの声を生で聴いたのは初めての気がします。あとは、各ブースのプリキュアやエレメントハンターのコーナーを転々としました。チャリティオークションコーナーでは、恒例のプリキュア映画のサイン入りポスターがありました。ただメディアファクトリーブースの観客が溢れており、全体を見ることは出来ず…。他のブース内で別のブースイベントを立ち見するのは、ちょっとひどいですねー。さすがにクレームが付いたか、後で行ったら大掛かりな目隠しがされていました。

続いて、東映アニメーションブースに行ったら、ちょうどプリキュアステージだったので、見てきました。OP曲の「Alright!ハートキャッチプリキュア」を池田彩さんと、キュアブロッサムとキュアマリンの着ぐるみが登場して、歌い踊ってくれました。盛り上がった!その後はダンスレッスンに入ったので撤収です。まあ、オールスターズの流れで全員集合する様子を見たい気もあったのですが…

その後は再びまいん関連のステージ。ADKブースにて、まいんとミサンガの着ぐるみが登場です。そして、ステージ裏手の物販ブースで、まいんのDVDも1本買いました。2枚組と知らずに買ったので、お値段に少しビックリ。ちなみにイベント応募券封入のDVDは、4/21発売なんですね。最初知らずにトンチンカンなことを言ってしまいました^-^;

なお、エレメントハンターブースの最終回記念イベントは、忘れていて足を運べず。どうせブラブラしていたのだから、行っておけば良かったです(><)。あとは、ミンキーモモのブースをちょこっと見学。ミュージカルは見に行く予定なしです。

そんな感じで、17時手前に、東京国際アニメフェア2010の会場をあとにしました。今年は、まいんメインな構成となりました。番組自体は年に10回くらいしか見ていないのに…(ぉ。たぶん来年も行くと思います。

過去のレポートはこちら。ついでに振り返ってきました。

2002は情報は知りつつ、行かなかったようです。2003は旅行に出かけたみたいです。2005は不参加です。特に理由はなさそうですが、まだ恒例イベントという感覚がなかったのだと思います。


CEATEC JAPAN 2009

CEATEC2009を見学してきました。幕張メッセでAKBのイベントも開催しているらしく、道中にはダフ屋や、CEATECのビジネスマン狙いの不動産勧誘やらがいて、カオス。

CEATEC JAPAN 2009 の写真レポートはこちら

さっそく会場へ。二次元バーコードを印刷した用紙を、入り口備え付けのバーコードリーダーで読み取るのですが、上手くいきません。結局手入力。他にもそうした人は多く、読み取り精度は良くないのだと思います。

さっそく会場内を回ってきました。細かい感想は別途述べるとして、一番の印象は3Dテレビですね。初歩的なものは来年くらいから出てくるでしょうから、あとはコンテンツが追いつくことを期待します。

まずは3Dテレビです。うちはSONYブースに10分ほど並び、ゲーム系のコンテンツを見ました。奥行き感がすごいですね。感覚としては、立体視で見るのと同じ見え方です。ぎらつき感が多少あるのは気になりました。長時間見ると疲れそうなので、改善を期待したいですね。ちなみに、一番自然だったのは、NERV NEWS 24でした。今後の進歩としては、見る角度によって見える映像も変わると、より3Dらしくて良いなあと思います。

続いて3Mブース。バックプロジェクションによる人物投影には驚きました。以前のCEATECで見たような気もしますが、すっかり忘れていました。最初見たときの不思議感は、すごいです。

DLNAブースも、以前製品に関わっていたこともあり、ちょこっと見ました。いまひとつメリットが伝わりにくいのが難しいところですね。目新しい技術として売り込むより、基盤技術化していくほうが良いのかもしれません。

東芝ブースでは、CELL REGZA一色でした。ステージでは、モンキーパンチ氏と潮晴男氏のトークイベント。最後にはモンキーパンチ氏直筆のルパンが抽選番号68番の人にプレゼントされました。良いなあ~。CELL REGZAは、圧倒的なスペックが気持ちいいですね。まあ、お値段てきに買うことはないでしょうけど(笑

あとは、タッチパネル関係を良く見かけました。センサネットワークはあまり見かけませんでした。面白いこと出来そうなんですけどね。あとNICTの次世代ネットワークはいろいろ面白そうです。研究段階ですから、実現するにしても当分先でしょうか。

その他には、タイコエレクトロニクスアンプの一人乗りリニアモーターカーや、日産のロボットであるエポロが楽しかったです。特にロボットものは、つい食いついてしまいます。ロボットといえば、HRP-4Cのことをすっかり忘れていて、見られなかったことが唯一心残りでした。

モバイル関連はあまり見ていませんが、進化の方向としては通信網の低コスト化と高品質化でしょうか。コンテンツに関しては、基本的なところではネットに繋がれば何でも出来るので、進化の方向があまり予測できません。多少ずれますが、個人的にはホログラムディスプレイのようなものが実現できれば、モバイル環境の利便性向上に役立つ気がしますが、どうでしょう。

他には、PLCのブースを少し見ました。既存の設備を生かせるお手軽さは良いと思います。その強みを殺さぬように、いかに簡単に導入できるかがポイントだと思います。

といった感じで、今回のCEATECの感想は終りです。もう少し研究系のネタを見て回りたかったですが、いざ現場でパネルを見ても、すぐにはイメージが湧いてこないんですよね。少し時間を置くと、あれやこれや考えられるのですが。普段からアイデアを持っていないと、駄目なんでしょう。

ちなみに、前回の見学は2007年でした。