「 花木観賞 」一覧

花木の観賞を主にしたお出かけの記録

皇居乾通りで紅葉観賞2019と大嘗宮見学

2019年12月04日、皇居の秋季乾通り一般公開に出かけてきました。先日の大嘗祭で使われた大嘗宮の一般公開も行われているので、併せて見学しました。

平日の朝なので、ほぼ待たされることなく進むことができましたが、それでもかなりの人数が朝から訪れています。セキュリティチェックは、手荷物チェックと身体検査の二段階で行われます。春季の一般公開時の時と同じですね。

坂下門を抜けて、正面に見えてくるのが宮内庁。近くには寄れませんが、宮殿の姿も覗くことができます。

その後は乾通りを真っすぐ進んで、紅葉を楽しみます。紅葉はまさに見頃を迎えており、天気も快晴で、色がよく映えます。最初に目に留まるのが、富士見櫓の方にある真っ赤なモミジ。富士見櫓をセットにして写真に収めたくなります。

  

乾通りを正面に見ると、深紅や赤、橙のモミジ、黄色いイチョウ、常緑樹など、色彩豊かな並びが望めて、楽しいです。時折立派なイロハモミジの木も見られて、色づきはもちろんのこと、見事な枝ぶりにも感嘆します。人は多く、一方通行規制が掛かっていますが、とりあえず普通に動ける程度の混み具合なので、良かったです。

乾門へは抜けずに、西桔橋を渡って東御苑に回ります。こちらの本丸にて、大嘗宮の一般公開が行われています。大嘗宮はわりとすぐに見えてきますが、中へ入るにはぐるっと大回りをしなくてはいけません。大嘗宮の全景を収めるのなら、大回りをして離れている時の方が良いですね。

 

大嘗宮の見学コースは、そこまで広くないこともあり、特に正面は混雑しています。写真を数枚撮ったら、流れるようにあとにしました。壁にの枝葉が整然と挿されているのが気になりましたが、こうしたひとつひとつに意味があるのでしょう。

 

裏手からも大嘗宮を望むことができます。こちらはさほど混んでいないので、ゆったりと見学できますね。楽部庁舎の傍にあるモミジと松の並びもきれいでした。

  

その後は天守台の石垣を見て、東御苑を大手門の方向へ抜けました。途中で幾つかきれいな紅葉も見られて良かったです。百人番所の向かい側のイチョウや、同心番所の上のモミジも見事な色づきでしたね。

 

東京駅から皇居に向かう道程でも、街路樹のイチョウ並木が眩しい黄色に色づいていて、きれいでした。東京駅の前では、駅舎の茶色とイチョウの黄色のコントラストが画になりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


鎌倉紅葉散策2019

2019年11月30日、鎌倉へ紅葉狩りに出かけてきました。天気は雲ひとつない快晴です。ただ、台風による塩害の影響か、または時季が合わなかったためか、紅葉真っ盛りとはなりませんでした。それでも紅葉を含め、色々と楽しんできました。

13時すぎに鎌倉駅を出発して、若宮大路に出ます。車道の中州にある道を歩いて、鶴岡八幡宮を目指します。春には桜が美しい道ですが、紅葉の方は既に終わっていました。大きな朱塗りの鳥居が見えてきたら、もうすぐ鶴岡八幡宮に到着です。

参道を歩いて本宮に向かいます。その途中で望遠レンズを使って、本宮と舞殿を同時に収めてみました。望遠レンズならではの構図であり、こうした工夫ができるところが、カメラの楽しさだなあ、と思います。

 

大銀杏がないのは寂しいですが、新しい銀杏も着実に大きく育っていますね。階段を登って本宮に参拝した後は、紅葉めぐりです。柳原神池の橋に架かる紅葉が例年見事なのですが、まだ早いようで色づいていませんでした。きれいに真っ赤に色づいていたのは1本だけでした。源平池の島の方も、紅葉していませんでした。

続いて向かった先は、源頼朝の墓。やや落葉しているものの、階段の手前にある木の黄葉がきれいです。階段を登った後は、お墓にお参りしました。

 

それから荏柄天神社へ行きます。例年大銀杏が見事なのですが、時季が遅かったようで、だいぶ落葉が進んでいました。本殿でお参りして、絵筆塚を除いたり。後は、本殿を背に赤い実を写したりして、写真を楽しみました。木漏れ日が落ちる本殿の姿もきれいで良かったです。

  

次に向かったのは、鎌倉宮。参道沿いの椛は紅葉しているものの、色合いが今一つです。しかし、ひとつ奥に入ったところにある紅葉が見事でした。赤に橙と、それぞれの色合いを楽しめます。今回の鎌倉散策で、一番見事な紅葉だったと思います。本殿でお参りしてたら、ちょうど結婚式を挙げていた団体が通っていきました。

ここから一旦鶴岡八幡宮まで戻ったら、北鎌倉方面に向かいます。本当はそろそろお昼を食べたかったのですが、拝観時間の都合で先に移動します。

    

今回最後に向かった先が建長寺。広い境内を散策します。得月楼に上がって、庭園を眺めたりもしました。それから奥の方へ進んで、半増坊に向かいます。こちらは初めてです。道中幾つか紅葉スポットがあるので、写真を楽しみつつ、階段を幾つか登っていくと、たくさんの天狗像が現れました。そこから階段を登ると本殿に到着です。

本殿のすぐ横に展望スペースがあり、富士山の姿を望むことができます。階段を登る前には見えず、結構な存在感があるので、おおっとなります。視線を西の方へずらすと、相模湾も望めます。

天園ハイキングコースは台風の影響で通行止めですが、勝上献展望台までは登れます。せっかくなので登ってみて、眺望を楽しみました。日が傾いできて、茜色に染まり始める空が美しいです。

閉門時刻が近づいてきたので、下山します。途中虫塚などに寄りつつ、16時30分に建長寺をあとにしました。

お昼を食べておらずお腹が空いているので、建長寺のすぐ前にある、かまくら五山別館にて、けんちんそば大盛と鎌倉ビール月(アルト)をいただきました。

食事を終えたら、すっかり日の落ちた北鎌倉の街を歩いて、北鎌倉駅まで移動し、今回の鎌倉散策は終了です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ソレイユの丘でヒマワリ観賞

2019年8月31日、横須賀にあるソレイユの丘で、ヒマワリを観賞してきました。ここ数年ヒマワリ畑を観賞したいと思っており、ついに実現です。9年前に美瑛で見たヒマワリ畑以来ですね。

今回は撮影が目的なので、E-PM1を持っていきます。レンズはF1.8の単焦点と、75-300mmの望遠ズームレンズです。後は手軽に撮影できるように、TG-5も持っていきます。

京急に乗って終点三崎口まで行き、そこからバスに乗ります。ソレイユの丘直行バスもありましたが、混みそうだったので、1つ手前の荒崎行きのバスに乗りました。こちらは漆山停留所で下車して、20分ほど歩く必要があります。漁港の雰囲気漂う海辺を少し歩いたら、上り坂を進んで、ソレイユの丘に到着です。

入園は無料。入口にはヒマワリのオブジェがあってきれいです。ヒマワリを目的に来ているので、テンションが上がりますね。

 

そこから真っすぐ進むと、すぐ右手にヒマワリ畑が見えてきます。シーズンとしては終わりに近いので、やや寂しい部分もありますが、それでも結構な数のヒマワリが咲いています。

 

それからメインストリート沿いの花壇にあるペチュニアやラベンダーなどを楽しみつつ、園内を散策。ホタル館を見学したり、展望台からの眺めを楽しんだりしました。園内の建物の周りにもヒマワリが植えられているスポットがあり、画になります。

その後はソレイユガーデンに行き、再びヒマワリ撮影。こちらは全体的に小振りなヒマワリですね。

夕方になったので、遅い昼食をとります。レストランプロヴァンスに入り、まぐろとしらすの二色丼をいただきました。やっぱり三崎に来たからには、鮪は食べておきたいです。

食後は入園口近くにある売店にて、ヒマワリタピオカジュースを買いました。ちょうどこの日がシーズン最後の発売日になります。パインとタピオカでヒマワリが描かれています。

最後に観覧車とヒマワリの2ショットを狙ってみたり、ヒマワリ写真の撮影を余すところなく楽しみました。

帰りは行きと同じく、漆山経由で戻りました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


鎌倉紫陽花観賞2019(長谷・稲村ケ崎方面)

2019年6月7日、今年も鎌倉で紫陽花を観賞してきました。昨年は明月院を訪れたので、今年は長谷寺の方を拝観します。天気予報は曇りのち雨ですが、紫陽花には雨も似合うので、良しとします。

平日ですが職場がお休みの日なので、9時ごろ長谷駅に到着しました。さっそく長谷寺に向かいます。毎回開門時間である8時に着こうと思っているのですが、そこまでの早起きが出来ません。境内へ入る際に、拝観券とは別にあじさい路の入場券を渡されます。あじさい路の混雑を避けるため、1回しか通れない仕組みになっています。

   

長谷寺で命名された紫陽花を観賞しつつ、階段を登って上の方へ進みます。地蔵堂の手前にある、苔の上に佇む良縁地蔵がかわいらしいです。見晴台からの眺めを楽しんだら、さっそくあじさい路へ向かいます。

   

紫陽花は咲いていますが、全体的にはまだ隙間が目立ちますね。三分咲きと言ったところでしょうか。それでも咲いているところは咲いているので、楽しめます。紫陽花越しに鎌倉の街や海を見渡すところや、紫陽花の斜面の先に竹林や経蔵が見えるところが、お気に入り。

あじさい路を抜けたら、階段を下りて境内入口付近に出ます。ベンチで休みつつ、ここでも幾つか紫陽花スポットを探してみました。水鉢と近くに並ぶ紫陽花が、侘び寂びを感じさせてくれます。

紫陽花に満足していたら、観音様への参拝をすっかり忘れていました。10時すぎに境内をあとにしましたが、この時間になると人出がだいぶ増えるので、平日であっても9時ごろには着いた方が良いと思いました。

 

続いて向かった先は、甘縄神社。鎌倉最古の神社だそうです。参拝を済ませた後は、北条時宗公産湯の井と紫陽花を併せて撮影。全体的に紫陽花はまだ早い感じです。手前にある民家の紫陽花が、良い感じに咲いていました。ここで校外学習っぽい小学生グループに写真撮影を頼まれるイベントが発生。

 

次は収玄寺に向かいます。比較的小さなお寺ですが、色々な花木が楽しめます。紫陽花も色々な種類を観賞することが出来ますが、近くの長谷寺のほうに行ってしまう人が多いのか、意外と空いています。なので、こちらは個人的に穴場だと思っています。

   

この後は、御霊神社へ行きます。長谷方面に来たら、必然的にルートが決まってしまいますね。本殿裏手の紫陽花を楽しんで、参拝を済ませます。すると、パラパラを小雨が降り始めました。思ったよりも早くに降ってきました。線路の近くで待機して、江ノ電と紫陽花のツーショットを撮影しました。

御霊神社をあとにしたら、近くにある力餅家にて、力餅と大福を買いました。前回通った際に気になっていたお店なので、今回は立ち寄ってみました。

それから、虚空臓堂に立ち寄ります。御堂の裏手に咲いている紫陽花がきれいです。雨はすっかり本降りなので、さすがに傘を差しました。

   

続いて成就院へ。以前の通りとまではいきませんが、参道の道路側の紫陽花はだいぶ増えてきました。雨空なので海の眺望は映えませんが、雨粒に濡れた紫陽花を写真に収めました。それから山門をくぐって参拝します。境内をぐるりと一周して、不動明王などを見たりしました。

 

次に向かった先は、極楽寺。山門前の紫陽花が一番きれいです。それから境内へ入って、参拝をしました。極楽寺の井近辺の光景は、心が安らぎますね。

そして極楽寺駅から江ノ電に乗り、稲村ケ崎駅で下車。稲村ケ崎海岸沿いを歩いて、稲村ケ崎に向かいます。砂鉄の影響で真っ黒な砂浜が印象的ですね。

 

稲村ケ崎は、広場になっているところにも、紫陽花がいくつかありますが、メインは階段を登った先にある小さな広場です。赤紫系の紫陽花がきれいに咲いています。位置的に海を一緒に撮影するのは難しそうですが、磯の香りに包まれた紫陽花観賞は新鮮でした。

その後は、稲村ケ崎海岸と七里ガ浜海岸沿いを歩いて、七里ガ浜方面へ向かいます。遠くにはうっすら江の島も見えます。好天ならもっと気持ちが良い景色が望めたのでしょうねえ。

    

七里ガ浜に着いて、向かった先は、アマルフィリストランテ。紫陽花コースと紫陽花カクテルを注文しました。紫陽花カクテルはベリー系のお味。紫陽花コースの前菜は、穴子、海老、カンパチ。それからパンが2枚来て、じゃがいもの冷製スープをいただきます。次に、茹でしらす、揚げしらす、オクラによるパスタ、コショウダイ、明日葉の天ぷら、おかひじきによる魚メイン、豚肉、芋による肉メイン、レアチーズケーキとシャーベットのデザートと、美味しくいただきました。

外へ出たら、すっかり大雨。久しぶりに江の島まで行こうかと考えていましたが、雨足が強いので、帰ることにしました。七里ガ浜駅から江ノ電に乗って、最後に江ノ電鎌倉駅の紫陽花を愛でて、今回の紫陽花観賞は終了です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


皇居乾通りと千鳥ヶ淵、靖国神社、上野恩賜公園でお花見

2019年03月31日、皇居の乾通り春季一般公開に行ってきました。9時30分くらいに東京駅に着いて、そこから歩いて坂下門まで向かいます。中に入ってからはトイレへ行く機会が限られると聞いていたので、入口前にある仮設トイレで済ませました。来訪者の数は多いですが、特に並ぶことなく、スムーズにセキュリティチェックを終えて、中へ入れました。

坂下門をくぐると、さっそく宮内庁庁舎が見えます。右手には富士見櫓を望めます。天気予報では徐々に晴れてくるはずなのですが、曇天が続いており、ちょっと残念。滅多に入れる場所ではないので、ゆっくりと歩きながら写真を撮ったり、景色を楽しみます。

  

蓮池濠の石垣と桜は画になりますね。桜以外にも、山下通りや局門、富士見多聞といった史跡も見て回ります。乾通りは一方通行で逆走禁止なので、右に左に縫うように歩いていきます。乾通りは桜以外の木も色々植えられているので、遠くを見ると桜並木のように見えますが、近くで見ると点在している感じです。

乾通りで一番立派な桜は、下道灌濠の傍に生えている枝垂桜でしょうね。後ろの塀と併せて、とても画になります。

 

途中二手に分かれる箇所は、せっかくなので限定公開エリアである乾門ルートを選びました。乾門から外へ出る直前、一瞬太陽が顔を出してくれたので、桜と乾門を良い感じに撮れました。出門した後に振り返ると、乾門が額縁となって、絵画のように乾通りを望めます。

乾通りの人出は多かったですが、自由に動けないほどではなくて、良かったです。でも写真に映すと、ものすごく混雑しているように見えますね。

次に向かった先は千鳥ヶ渕。途中の道も桜並木できれいです。南側を歩いたけど、横断歩道を渡って北側へ行った方が良かったかもしれません。人出のわりには道が狭いので、なかなか歩くのが大変でした。でも最後に、千鳥ヶ渕公園の桜と菜の花とお堀を見られました。

  

そのまま千鳥ヶ淵緑道へ向かいます。人がたくさんいますね。ボートは2~3時間待ちとのことですが、並んでいる人たちが結構いました。まあ、覚悟の上で来ているのでしょう。展望台のようなスペースに登ると、お堀に桜が掛かる、ザ・千鳥ヶ淵な風景を見られます。ただ、ボートの数が多すぎですね(笑。水飲み場に落ちた数輪の桜の花もきれいで、写真に収めてみました。まだ曇天ですが、少しずつ晴れ間も見えてきて、天気の回復に期待です。

それから、内堀通りを北に進んで、靖国神社に向かいます。内堀通りの桜もきれいで、陸橋に登ると左右に広がる桜並木を眺めることができます。

  

靖国神社に着いたら、内苑に入ります。たくさんの桜が満開で、期待以上の華やかさ。拝殿で参拝するつもりでしたが、あまりの行列に断念。能楽堂では舞台が上演されていました。参集殿などの建屋と桜の写真を撮りつつ、内苑を後にしました。

その後は出店のあるエリアに行き、唐揚げと缶ビールを買って、プチお花見。スペースを見つけて座り、桜を眺めながら、ビールで喉を潤します。唐揚げは衣がいまいちな感じ。うーん、当たりはずれの少なそうな焼きそばにした方が良かったかな。

靖国神社を出たら、九段下駅で地下鉄に乗車します。北の丸公園にも行こうかと思っていましたが、人の多さに断念しました。

上野駅に着いたら、上野恩賜公園に向かいます。こちらは、ここまでで一番の混雑ぶり。人の流れに乗らないと、まともには歩けない状態です。でも、天気はすっかり晴天となったので、何とか桜を楽しみたいところ。人が多い大きな通りは避けて、間を縫うように歩きます。

  

清水観音堂の月の松と桜を楽しんだり、途中から入って短い区間だけ大通りを歩いたりしました。青空なので、白い桜が映えて良かったです。

朝から歩いていて疲れてしまったので、30分ほどの散策で帰ってしまいましたが、もう少し粘っていたら、友人と会えたようです。後のメールで知りました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。