「 花木観賞 」一覧

花木の観賞を主にしたお出かけの記録

皇居乾通りと千鳥ヶ淵、靖国神社、上野恩賜公園でお花見

2019年03月31日、皇居の乾通り春季一般公開に行ってきました。9時30分くらいに東京駅に着いて、そこから歩いて坂下門まで向かいます。中に入ってからはトイレへ行く機会が限られると聞いていたので、入口前にある仮設トイレで済ませました。来訪者の数は多いですが、特に並ぶことなく、スムーズにセキュリティチェックを終えて、中へ入れました。

坂下門をくぐると、さっそく宮内庁庁舎が見えます。右手には富士見櫓を望めます。天気予報では徐々に晴れてくるはずなのですが、曇天が続いており、ちょっと残念。滅多に入れる場所ではないので、ゆっくりと歩きながら写真を撮ったり、景色を楽しみます。

  

蓮池濠の石垣と桜は画になりますね。桜以外にも、山下通りや局門、富士見多聞といった史跡も見て回ります。乾通りは一方通行で逆走禁止なので、右に左に縫うように歩いていきます。乾通りは桜以外の木も色々植えられているので、遠くを見ると桜並木のように見えますが、近くで見ると点在している感じです。

乾通りで一番立派な桜は、下道灌濠の傍に生えている枝垂桜でしょうね。後ろの塀と併せて、とても画になります。

 

途中二手に分かれる箇所は、せっかくなので限定公開エリアである乾門ルートを選びました。乾門から外へ出る直前、一瞬太陽が顔を出してくれたので、桜と乾門を良い感じに撮れました。出門した後に振り返ると、乾門が額縁となって、絵画のように乾通りを望めます。

乾通りの人出は多かったですが、自由に動けないほどではなくて、良かったです。でも写真に映すと、ものすごく混雑しているように見えますね。

次に向かった先は千鳥ヶ渕。途中の道も桜並木できれいです。南側を歩いたけど、横断歩道を渡って北側へ行った方が良かったかもしれません。人出のわりには道が狭いので、なかなか歩くのが大変でした。でも最後に、千鳥ヶ渕公園の桜と菜の花とお堀を見られました。

  

そのまま千鳥ヶ淵緑道へ向かいます。人がたくさんいますね。ボートは2~3時間待ちとのことですが、並んでいる人たちが結構いました。まあ、覚悟の上で来ているのでしょう。展望台のようなスペースに登ると、お堀に桜が掛かる、ザ・千鳥ヶ淵な風景を見られます。ただ、ボートの数が多すぎですね(笑。水飲み場に落ちた数輪の桜の花もきれいで、写真に収めてみました。まだ曇天ですが、少しずつ晴れ間も見えてきて、天気の回復に期待です。

それから、内堀通りを北に進んで、靖国神社に向かいます。内堀通りの桜もきれいで、陸橋に登ると左右に広がる桜並木を眺めることができます。

  

靖国神社に着いたら、内苑に入ります。たくさんの桜が満開で、期待以上の華やかさ。拝殿で参拝するつもりでしたが、あまりの行列に断念。能楽堂では舞台が上演されていました。参集殿などの建屋と桜の写真を撮りつつ、内苑を後にしました。

その後は出店のあるエリアに行き、唐揚げと缶ビールを買って、プチお花見。スペースを見つけて座り、桜を眺めながら、ビールで喉を潤します。唐揚げは衣がいまいちな感じ。うーん、当たりはずれの少なそうな焼きそばにした方が良かったかな。

靖国神社を出たら、九段下駅で地下鉄に乗車します。北の丸公園にも行こうかと思っていましたが、人の多さに断念しました。

上野駅に着いたら、上野恩賜公園に向かいます。こちらは、ここまでで一番の混雑ぶり。人の流れに乗らないと、まともには歩けない状態です。でも、天気はすっかり晴天となったので、何とか桜を楽しみたいところ。人が多い大きな通りは避けて、間を縫うように歩きます。

  

清水観音堂の月の松と桜を楽しんだり、途中から入って短い区間だけ大通りを歩いたりしました。青空なので、白い桜が映えて良かったです。

朝から歩いていて疲れてしまったので、30分ほどの散策で帰ってしまいましたが、もう少し粘っていたら、友人と会えたようです。後のメールで知りました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


東郷神社、神宮外苑でお花見

2019年3月30日、原宿に出かける用事がありましたので、この機にお花見を楽しんできました。空模様はあいにくの曇天なので、桜が映える写真を撮りにくいのですが、頑張ってみました。

まずは東郷神社を訪れます。結婚式をやっているので、隙を縫って参拝しました。境内には桜の木がそこそこありますが、拝殿横の桜が一番立派ですかね。

 

続いては明治神宮に向かいました。原宿駅前の混雑具合がエグくて、移動するのにひと苦労。駅舎の改装はやはり必要ですねえ。神宮橋を渡り、南参道を歩いて、本殿を目指します。ワイン樽が奉納されている光景に、国際的観光スポットを感じました。緑が豊かで気持ちいいですが、桜の木はありません。大鳥居を抜けて本殿まで行き、参拝を済ませました。それから長殿に足を伸ばすと、ようやく桜の木を見かけました。

  

次は神宮外苑に向かいます。前述の通り原宿駅は入場までの混雑がすごいので、地下鉄の明治神宮前駅から、外苑前まで移動しました。外苑前と言えばイチョウ並木が有名ですが、この時期はすっかり落葉して寂しい限り。イチョウ並木の通りを抜けると、待望の桜並木がお目見えします。道路のカーブに沿って、桜並木がせり出していて、きれいですね~。右に行こうか、左に行こうか迷いましたが、左へ少し歩いてから、その後戻って右へ進みました。

  

外苑の桜は見事に満開で、青空だったらなあ、とついついないものねだりをしてしまいます。青空と対比できない分、青い椛と一緒に撮って、桜を映えさせてみたり、色々頑張ってみました。御観兵榎の桜もきれいでしたが、残念ながら閉門時間を過ぎてしまい、外からの観賞となりました。

 

この後は川崎へ戻り、せっかくなので西口通りの桜を見てきました。残念ながらまだ四~五分咲きですね。ライトアップもなく、街灯の明かりだけなので、撮影は難しかったですが、電車と夜桜を1枚撮ってみました。それからラゾーナに寄って、GODIVAでショコリキサーの期間限定桜メニューを飲みました。おいしい~

後は、ラチッタデッラにある若い桜と、チネチッタのイルミネーションを組み合わせて、1枚撮りました。若い桜なので、花を中心に切り抜き、イルミネーションと併せることで、良い感じに撮れたかな、と思っています。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


湯河原梅林で梅観賞

2019年2月24日、湯河原梅林で梅を観賞してきました。昨年と同じく鎌倉で観賞しようかと思っていたのですが、幕岩ボルダーで外岩を登ってみたかったこともあり、梅観賞もそちらと併せることにしました。

湯河原までは、東海道線快速で70分ほど掛かります。前回湯河原に行った際は駅舎が工事中でしたが、真新しい和風の駅舎に生まれ変わっていました。梅は七分咲きで天気の良い日曜日、当然人出もすごいです。直通バスの行列は2回折り返しのつづら折り。そこそこ待ちましたが、2台連続でバスが来たので、それに乗車できました。

で、ここからが長かったです。渋滞がひどくて、普段なら20分弱なのに、1時間以上掛かってしまいました。バスは途中の停留所で降りて、そこから徒歩で向かいましたが、それでもバスより先に着きました。バスを使ってもマイカーによる渋滞に巻き込まれるので、公共交通機関の利用を推奨したって駄目ですね。あまりにひどい状況なので、行政はマイカー規制した方が良いのではないでしょうか。例年こんな感じなのですかねえ。

11時ごろ、幕山公園に着いたら、入口で入園料200円を払います。それからさっそく梅観賞。きれいな山体をした幕山とその中央にそびえる幕岩、そして麓に白を基調とした梅林が川のように広がっています。天気も良いので、青空の下に映えますね。

 

梅林の入口に向かうと、黄色い菜の花が見えてきました。その上には白や紅の梅が咲いています。菜の花は梅や桜など、春の花木との相性がとても良くて、その場が華やぎます。

  

梅林の中は遊歩道が巡らされており、斜面を登ったり下ったりできます。梅の色は、白色、紅色、桃色の3種類です。紅梅は意外と見かける本数が少なかったと思います。桃色の梅は、花弁が華やかなものが多く、つい写真に撮る枚数も増えてしまいます。

梅林の中を一旦抜けて、下の舗装道路を歩きます。しばらく歩いていくと、池が見えてきます。池の周りには梅の木々が咲いており、その姿が水面に映り込みます。それほどきれいには映り込みませんが、白梅は比較的分かりやすいですね。池の傍では、ドールおじさんがレフ板使ってガチ撮影していました。

  

その後は再び梅林散策。幕山方面に登って、岩場でロッククライミングしている人たちを眺めたり、足元に生えるオオイヌノフグリやスミレなどの草花を、愛でたりしました。

 

入口付近の広場では、レジャーシートを敷いて寛ぐ人たちの姿があります。周りには出店も並んでいます。地元の名産品などのお土産を取り扱っている出店も多いので、フードはあまり選択肢がありません。何か食べようかと思いつつ、選んだのは、うめソフト。梅を背景にいただきます。ほんのりと梅の味がしますが、ベースはソフトクリームで、甘くて美味しかったです。

この後は、幕岩ボルダーで外岩ボルダリングを楽しみました。こちらの内容は「幕岩ボルダーに登ってきました」をご覧ください。

16時すぎに、幕山公園を後にします。帰りは往きのような混雑はなく、バスにもすぐに乗れて、渋滞もなく駅前まで着きました。

お腹が空いているので、餃子一番亭にて遅めの昼食をいただきます。注文したのは、ご当地B級グルメである坦々焼きそば、餃子にビール。店員さんの会話を聞いていると、やはり今日は人出が多くて、食材のやりくりなど、色々大変だったみたいです。

食事を終えたら駅に向かい、17時30分くらいに、湯河原駅を発ちました。電車は座れたので、最寄り駅まで寝て帰りました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


円覚寺で初冬の紅葉観賞2018

2018年12月14日、円覚寺で紅葉を楽しんできました。通勤前の時間を使って寄り道です。本当はもう少し早い時期に訪れたかったのですが、天気予報では晴れでも当日になると曇りの日が続き、遅くなってしまいました。この日は待ちに待った朝からピーカンの日です。

北鎌倉駅に着いたら、歩いてすぐの円覚寺に向かいます。平日の朝で、ハイシーズンでもないので、人の数はそれほど多くありません。目当ては紅葉でしたが、時期が遅くなったため、もう終わり間近でしたね。落葉している木が多かったり、塩害の影響か色づきが良くない木も見られました。それでも色鮮やかに紅葉した木々もあり、目を楽しませてもらいました。

まずは朝の静かな境内を歩いて、その空気を楽しみます。そして一番奥にある黄梅院まで進みました。ここは谷の深い場所なので、なかなか日が射さず、朝の時間帯では日陰のまま。

その後は如意庵に向かう階段を登り、モミジや竹林を楽しみます。青空を背景にした赤いモミジのシルエットや、金色に輝く笹の葉が美しいです。

続いて妙香池の畔へ向かいます。池の傍には低いモミジがあり、きれいに色づいているのを楽しみにしていましたが、既に枯葉となり、ほとんどが落葉していました。しかし、正伝庵近くのモミジはきれいに赤く色づいており、仏日庵の屋根瓦と共に、良い写真が撮れました。

  

寿徳院に続く階段の脇にも、黄色いイチョウと赤いモミジが並んでおり、加えて常緑樹の緑もあって、きれいでした。仏殿近くの紅葉は、少し落葉が進んで寂しさがありましたが、色づき自体はきれいで、太陽の光で透かされて映えていました。

 

それから選仏場や山門を廻って紅葉を楽しみつつ、総門へ向かいます。踏切の音が聞こえてきたので、少し待って、総門の傍から横須賀線が通るのを撮影してみました。

これにて今回の紅葉観賞はお終いです。鎌倉の紅葉はわりと遅くまで楽しめますが、さすがにちょっと遅すぎた感はあります。きれいな紅葉も見られましたが、今シーズン最後の見頃といった感じでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


昭和記念公園でコスモスを観賞してきた2018

2018年10月21日、昭和記念公園でコスモスを観賞してきました。昨秋も昭和記念公園へコスモスを見に出かけていますが、キバナコスモスの時季でしたので、センセーションの時季の訪問としては2014年以来4年ぶりとなります。

最初は土曜日に出かけるつもりでしたが、雲が多そうな天気予報になってしまいました。出来れば青空をバックに写真を撮りたいので、快晴の予報が出ている翌日に振替えました。結果としてこの判断が大正解で、雲がほとんどない青空の下、撮影に励むことができました。加えてこの日は無料開放日でした。

まず向かった先は、一面コスモスが咲き誇る花の丘です。今回のメインディッシュですね。日立川口から入ると、花の丘までは結構距離があります。園内の緑を楽しみつつ、15分くらいして花の丘に着きました。

   

期待を裏切らないセンセーションのピンク色に染まった丘が、眼前に広がります。そしてその後ろには真っ青な空。青空は美しい花の色を一層引き立ててくれます。曇天だと色が埋もれちゃうんですよね。時季としては、この時が一番ピークだったのでは、と思わせる咲きっぷりでした。ところどころ隙間はありますが、全ての花が一斉に咲くわけではないので、完全に隙間なく咲くことはないのだと思います。

  

絶好のコスモス日和なので、行楽客の数も多いですね。とは言え、撮影したいものは撮影できる程度の混み具合です。コスモス畑の間を縫う遊歩道を歩いて、丘の上のほうへ登っていきます。辺りには花の蜜を求めて、ミツバチや蝶などが忙しなく飛び回っていました。アゲハチョウも飛んでいて綺麗でした。さらに上を見ると、たくさんの赤とんぼが飛んでいて、秋を感じさせてくれます。

  

花の丘を満喫したら、次はみんなの原っぱ西花畑へ移動します。その途中でこもれびの里に立ち寄ります。日本人の血か、何となく懐かしさを感じさせる光景が広がります。足元にはバッタが跳んでいて、小学生の頃を思い出しました。最近は生活圏内でバッタを見かけることもないですね。

    

そこそこ歩いて原っぱ西花畑に到着しました。花の丘はピンク色のセンセーションだったのに対して、こちらは黄色が主役の花畑になります。主な種類は、イエローキャンパス、イエローガーデン、オレンジキャンパスです。イエローキャンパスとイエローガーデンは、ほとんど見分けがつかないですね。オレンジキャンパスは、ピンクや黄色のコスモスと比べると何だかくすんだ色に見えてしまうのですが、だんだん可愛らしく思えてきます。花の丘と比べると規模は小さめですが、それなりのボリュームがあります。

ひとしきり撮影に満足したら、売店で昼食。カツカレーが食べたかったのですが、人出のせいか売り切れ。代わりに揚げたこ焼きを食べました。こうして今回のお出かけはお終いです。

好天に恵まれ、コスモスの花も満開で、実に満足のいくコスモス観賞となりました。色んな画角を試したり、太陽を使った芸術写真を楽しんでみたり、カメラでも遊べて良かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。