「 スポーツ観戦 」一覧

スポーツイベントの観戦記録

2017年日本シリーズ第3戦を観戦

横浜DeNAベイスターズが日本シリーズに進出したことで、平日の職場帰りに寄って、観戦が可能になりました。先行発売は申込みを忘れたので、10月26日の一般発売で購入です。無事に購入できましたが、1分後くらいには売り切れになっていたので、買えて良かったです。購入したのは、第3戦になります。

 

2017年10月31日、職場を定時ごろに退社して、一路横浜スタジアムへ。関内まで電車で1本なので、楽です。横浜スタジアムに近づくと、人の群れがすごいです。入場ゲートは2つありますが、海側のゲートから入りました。ここでセキュリティチェックを受けて、チラシとタオルを貰います。

 

スタジアムに入った後は、売店でベイカラとベイスターズエールを買って着席。一塁側の内野席で、先頭から8列目なので、そこそこフィールドに近いです。花火や火炎放射が上がって、オープニング。始球式には、ハマの大魔神こと佐々木主浩さんが登場です。懐かしいなあ。

ゲームが始まりました。野球チームは、野村・古田時代のヤクルトに思い入れがあった程度で、現在は特に応援しているチームはないのですが、ここ数年は神奈川県内を転々としていることもあり、ベイスターズを応援することにしました。

      

ゲームは終始ベイスターズが追う展開でしたが、ワンサイドゲームにはならなかったので、良かったです。随所にチャンスシーンはありましたし、試合展開としては面白かったと思います。特に6回裏は盛り上がりましたね。一死満塁のシーン、ここで1点しか返せなかったことで、何となくもう駄目かな、と言う空気になりました。ただ、僅差の場合、追われる側より追う側が見ていて楽しいです。結局残り3回、多少チャンスはあったものの、ひっくり返すことは出来ずに試合終了。

 

そう言えば、昨年のクライマックスシリーズにもあった、席を立つと試合が動く法則は今回も健在でした。トイレに立って、ポップコーンを買ってきたら、ロペス選手がソロホームランを打って、1点返していました。

あと、お酒はもう少し飲もうかな、と思っていましたが、後半になると少し寒くなってきたので、最初の1杯だけ。やはりスタジアムは風が吹きさらしになるので、秋冬は冷えます。

   

写真は、望遠レンズで頑張って撮影してみました。一塁側スタンドなので一塁や二塁は良く撮れますが、バッターボックスは人が影になってしまい、難しいですね。色々なショータイムもあって、楽しかったです。

日本シリーズは初観戦でしたが、現地の雰囲気はやはり独特で、テレビで観戦するのとは違います。電波によりほぼリアルタイムで状況を共有できるはずなのですが、まさに目の前で起きていると言う距離の近さが、圧倒的な臨場感を生み出します。その場にいる数万人と言う人たちの熱気も大きいですかね。

スタジアムは想像以上にベイスターズ一色でした。ビジター席ってあんなに少ないんですね。終盤でベイスターズの敗戦が濃厚になった頃、ホークスの応援が近くから聞こえてきたら、フルボッコになっていたのが面白かったです。あと、隣の人が結構野次るのでちょっとビクついていましたが、普通に切り替えの利く人で良かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


クラブワールドカップ2015準決勝を観戦

スポーツ観戦カテゴリを作ったので、2年近く前の話ですが、記事に起こしました。

2015年12月17日、クラブワールドカップの準決勝となるバルセロナvs広州恒大を観戦してきました。サッカーの観戦はこれまでしたことがありませんでしたが、世界の強豪クラブの試合を生で見られることはそうそうないので、勢いでチケットを買いました。

平日でしたので、退社後ダッシュで日産スタジアムに向かいます。入場ゲートまで結構歩きますね。ようやく着いたと思ったら、入場時の手荷物検査の列がなかなか進みません。ドリンクの移し替えとか時間の掛かることやらずに、一律持ち込み禁止にすればいいのに、と思いました。

 

キックオフには間に合わなかったので、のんびりとトイレに行ったり、売店でフランクフルトとポテトフライ串を買ってから、席に着きました。南の18列101で通路席、隣は中国人カップルでした。周辺も穏やかなエリアで、まったりと観戦できました。

南のゴール裏なので、前半の方がゴール前の競り合いを良く見られました。後半のバルセロナの2点目、3点目は、さすがに遠すぎて良く見えませんでした。3対0になった後、広州恒大が一矢報いるところを見たかったですが、スアレス選手のハットトリックに心が折れたか、たまに攻め込むも続かないままでした。時折見せるパスカットは気持ち良かったのですが。結局そのままのスコアでゲームセット。

バルセロナは、メッシ選手、ネイマール選手のプレイが見られず残念でしたが、圧巻の強さでした。

しかし、スタジアムはとにかく寒すぎでした。風が吹きさらしになるので、辛いです。寒すぎて、後半は試合に集中できませんでした。ビールなどのドリンクをお姉さんが売り歩いていましたが、やはり売り上げは芳しくない様子。そんな寒さに包まれたスタジアムですが、最後に2回観客席をウェーブが回りました。

初めてサッカーを生で観戦しましたが、遠くて良く分からないというのが、正直な感想です。近い場所でプレイしている時は細かい動作も多少見えるのですが、大半の場合良く見えません。遠すぎるとパスワークさえ、良く見えなかったりします。

あと自国チームの試合ではないので、どちらを応援と言うのも特になかったのですが、どちらか応援するチームを決めた方が、観戦していて面白いかな、と思いました。どっちも頑張れ、より、気持ちが盛り上がる気がします。


プロ野球クライマックスシリーズファーストステージ観戦

2016年10月08日、東京ドームでクライマックスシリーズファーストステージの初戦を観戦してきました。対戦カードは、巨人vsDeNAです。プロ野球を一度は生で観戦してみたいと思っていましたが、なかなか機会がなく、今回ようやく行けました。チケットは、クレジットカードの先行枠があったので、そちらに申し込んで入手です。席種は指定席Aで、1塁側の1階上段席でした。

14時に試合開始でしたので、10分くらい前の13時50分に東京ドームに到着しました。先にフードコーナーで、てりやきバーガーとコーラを調達します。本当は東京ドーム限定のドームエッグバーガーを食べたかったのですが、売り切れでした。

席に着いたら、試合前の諸々のパフォーマンスを楽しみます。ジャビットを初めとしたマスコットたちのキャッチボールや練習風景などがありました。その後は両チーム整列して、加藤ミリヤさんによる国歌斉唱、田知本遙さんによる始球式が続きます。

そしていよいよ試合開始。特に贔屓のチームはないけれど、巨人側の席にいたので、何となく巨人を応援します。どちらかを応援しながら見た方が楽しいですね。スコア自体はわりと接戦だったので、わりと終盤まで読めない感じで楽しめました。ただ8回以降は、だいぶお通夜ムードでしたね。7回裏のギャレット選手の粘りの打席が、一番盛り上がっていた気がします。試合はDeNAの勝利となりました。しかし、自分がちょうど席を立っている間に、2回も点が入るという展開には、納得がいきません(笑

他の見どころや感想としては、阿部選手がファウルフライを拾いに客席へ頭から突っ込んだシーンはざわつきました。あれ、これは、と思っている瞬間に突っ込んでいました。あと、坂本選手の安定感はさすがですね。打ってくれる、という期待に応えてくれる凄さを感じました。

そうした試合を楽しみつつ、他にやってみたかったことが、会場内を歩いているお姉さんのサーバーから、お酒を買うことです。昨年末のクラブワールドカップの試合では、寒すぎてとても飲む気になれなかったので、今度こそは。で、ハイボールとヱビスビールを飲みました。フードは売店に行って、枝豆ボールとチキンナゲットを買ってきました。

1階上段席は少し遠いけど、十分に楽しめました。撮影は、ケニアで動物撮影用に買った望遠レンズを使用しています。手ブレが辛いですが、そこそこ近くまで寄った写真が撮られて、満足です。

サッカーの試合は、動きが細かく、フィールドの遠いところで展開されると、ほとんど追えなかったのですが、野球の場合は、内野席なら安定してよく見えるのが良いなあ、と思いました。あとは、テンポがゆったりしていて、心理戦の要素も大きいので、生で観戦するなら野球のほうが楽しめそうです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。ミラーレス一眼の日時設定が1日手前になっていたので、スマホ撮影分と1日ずれていますが、今更直すのは面倒なので、そのままにしています。


台北の旅2016~初日

初日、8時すぎに羽田空港から出発して、13時手前に松山空港に着きました。さっそくMRTの松山機場駅に行き、悠遊カードにチャージします。松山空港から入るのは2回目ですが、雰囲気はわりとよく覚えています。さっそく乗車し、向かった先は、忠孝復興駅。太平洋SOGO前の広場で懐かしい光景を見ながら、いつもの鼎泰豐へ。今回は20分くらいで入店出来ました。毎回待ちますけど、席数が多く回転も速いため、それほど長い時間待たないのが良いです。

鼎泰豐で、色々なメニューを食べたくて、ついついたくさん頼んでしまうのはいつものこと。今回は、豆もやし炒め、蟹みそ小籠包、ジャージャー麺、海老ともち米の焼売、そして台湾ビール。満腹で満足。もう1品少なくても良かったかな。食べられる種類が少なくなってしまうのが、ひとり旅のつらいところです。

その後は太平洋SOGOのフロアを上がり、DCD捜索へ。無事、アイカツ!やプリパラの筐体を発見しましたが、デパートの一角の小さなコーナーで、係員っぽい人もいるので、とりあえず場所のチェックに留めます。

この後の予定はフィギュアスケートの観戦なので、荷物を置くためにホテルに早くチェックインしたいのですが、まだチェックイン開始時刻ではないので、少し時間を潰します。そして、チェックイン可能時刻になったので、ホテルに向かったのですが、20~30分くらい待たされてしまいました。

部屋に入って荷物を置いたら、台北アリーナへ向かいます。忠孝復興駅から南京復興駅で乗り換えて、台北小巨蛋駅に到着です。

地上に出ると、フィギュアスケート四大陸選手権仕様の台北アリーナが見えてきました。台北で開催される四大陸選手権は、事前登録を行えば無料で観戦できます。観戦枠は、日程や競技別に分かれており、自分が観戦するのは女子ショートプログラムです。平日木曜ということもあってか、わりと出遅れての登録でも間に合いました。一方、週末に重なる女子フリーや男子については、既に満員でした。予め日本で印刷した事前登録証を入り口にあるテーブルカウンタで提示して、チケットを受け取ります。日本語の受付窓口もありました。

チケットチェックを済ませたら、階段を登って、扉からアリーナ内へ入ります。会場内は撮影禁止で、カメラも持込み禁止です。荷物チェックは特になかったような気もします。既に競技開始しているかと思ったら、時間を勘違いしていたのか、まだ始まっていませんでした。席は藍2Aで2階席ですが、それなりに近くに見えます。ただ会場内モニターの見えない位置なので、キス&クライのシーンは、オペラグラスを使って見ることになりました。

各グループが全体練習を数分間してから、順番に演技をしていきます。第2グループが演技を終えたタイミングで、製氷タイムに入り、後半グループに進みます。やはり前半グループと後半グループで、如実に実力差が見えてきますね。客席も、後半になるにつれて、人の数が増えてきました。

会場内はすごい寒いわけではありませんが、わりと長時間いることになるので、じわじわ冷えてきます。多少は防寒対策をしてきたほうが良かったな、と思いました。

また、テレビ中継と違うな、と感じたのは、曲の音量と氷を削る音です。やはり曲は、会場内で聴いたほうが圧倒的に大きく、体全体が包まれる感じになります。そして氷を削る音もはっきり聞こえてきます。普通に滑っているときも、蹴るたびにシャッという音が聞こえ、特に近くでスピンをしたときは、キュイイインという音がよく聞こえます。考えてみれば当たり前のことなのですが、テレビ中継ではこのへんの音がきれいさっぱり消されているのだな、と思いました。

日本人選手3人の演技についての素人的感想としては、本郷理華選手のダイナミックな演技、宮原知子選手の真面目な演技、村上佳菜子選手の魅せる演技、それぞれ堪能しました。宮原さんが、演技前の練習で両肘をぐるんぐるんしながら滑走していくのが楽しかったです。

その他では、台湾の選手が出場したとき、大歓声が上がったの、いいなあ、と思いました。韓国や日本はもちろん、オーストラリアやUSAからも応援の人たちが来ているようで、後半に各国の選手が出場するたびに、歓声があがっていました。オーストラリアの選手たちが、キス&クライでいつもカンガルーのぬいぐるみと一緒に出ているのが、地味に気になりました。マスコットキャラクターなのでしょうか。そんなことを思っていたら、偶然にも、会場から退場する際に、そのぬいぐるみを抱えた係員と擦れ違いました。

観戦を終えて会場外へ出ます。体が冷えていたので、外の空気が温かいです。続いて向かう先は夜市、台北小巨蛋駅から松山駅に移動します。

駅から少し歩いて見えてきた賑やかな明かり、饒河街觀光夜市です。正面に見える寺院を左手に曲がり、メインストリートへ入ります。両サイドと中央に屋台が出ており、通路は2本あります。全体的に結構混雑しており、歩くのが大変な時もあります。何度か往復して購入したのが、原住民山猪肉というソーセージと、カットマンゴー。残念ながら、どちらもちょっと口に合わなかったです。ソーセージは何か味付けがあまり好きではなく、マンゴーは全体的にあまり甘味が出ていませんでした。

そして屋台と並んでもうひとつの目的であった、アイカツ!のプレイ。ゲーセンは夜市沿いに数軒あるのですが、無事アイカツ!の置いてあるところを発見することができました。台北市内のアイカツ!筐体のある場所を調べられる便利なサイトがあったので、助かりました。

一部ナレーションとかが日本語のままな部分もありましたが、大部分が中国語仕様に置き換わっており、異国仕様を満喫できました。あと稼働している弾数が古いので、そういう点では懐かしかったですね。ちょうどドリーム・アカデミーが出始めた頃のようです。

ちなみにこのゲーセンは、現金ではなく店専用のコインでプレイするスタイルで、アイカツ!は1プレイ7コイン必要でした。これが結構大変で、カードを追加購入とか、とても間に合いません(苦笑。あと、中途半端にコインが余るので、適当なプライズゲームで消費します。ワニワニパニックみたいので結構良いスコアを出して、チケットみたいのが排出されたけど、使いみちが分かりません。射撃ゲームは全然駄目でした。セブでの実弾射撃の成果なしです。

この後はホテルに戻って、0時くらいに就寝しました。


相撲観戦

2014年09月27日、日本の国技である相撲を、初めて観戦してきました。以前に歌舞伎を鑑賞しましたが、それに続く日本伝統文化シリーズです。升席で友人と観戦予定でしたが、仕事の都合がつかずに、贅沢にも1人で観戦となりました。

取り組み自体は朝からやっていますが、幕入り後は15時くらいからなので、その辺から見に来る人が多いそうです。自分は16時くらいに両国国技館に着きました。門のところで検札して敷地内へ進みます。ホールを囲うように廊下があり、そこにお土産屋さんとか並んでいます。そのため、ホール内ではなく、廊下にも結構な数の人の往来があります。

席に近い入口を見つけて、そこからホール内へ入ります。ここでも検札みたいのがありました。席を見つけたら着座。端っこの少し変形した2人用の席。あまり広くなく、1人で使ってちょうどいい余裕がある感じですね。そこそこ前のほうなので、取り組み自体は肉眼で見えますが、表情はわからない程度の距離感です。音もそれほど聞こえないので、本当に迫力を求めるなら、溜まり席まで行かないと味わえない感じでした。

テレビの中継の通り、取り組みから次の取り組みまで、そこそこ時間があるので、観戦する側もわりとゆるゆるっとしてます。雑談してたり、席を立って外へ行ったりとか。自分も先の友人と連絡を取るため、外へ出たりしました。ホール内は建物の作りか、人が多すぎるせいか、全然電波が通りません。

で、席に戻ってきたら、知らない浴衣姿のおっさんが座ってました。追い払って着座。相撲観戦しつつも、最近の相撲は不勉強なので、しこ名を聞いてもなかなかピンと来ません。しかし、終盤になってくると、遠藤とか名前を聞く力士が出てきます。

そしていよいよ結びの一番。白鵬と逸ノ城の取り組みです。破竹の勢いを見せる逸ノ城と絶対的な強さの白鵬、これは純粋に勝負の行方が楽しみでした。ぶつかってから、よく動き、勝負は盛り上がりました。結果は、横綱の貫録を見せた白鵬の勝利でした。

最後に弓取式を見て、退場です。一斉に人が動くので、廊下から駅への道まで、大渋滞。トイレに行きたかったので、この渋滞はつらかった……!建物で済ませておけば良かったです。

こうして、初めての相撲観戦を終えました。何となく雰囲気を楽しめて良かったです。次回見る機会があれば、溜まり席で見たいですね。チケット取れるのか分からないですけど。

ちなみにひとつ気になったのが、汚い野次。たまたま変な奴だったのか、一定数いるのか、今回しか見ていないのでわかりません。とても放送できないような内容でしたが、マイクで拾ってしまったらどうするんでしょう。今ではテレビの中継をあまり見ないので記憶が定かではありませんが、客席からの声も一応入っていた気がします。ということを考えていたら、16時くらいから毎日相撲中継を見ていた大学生時代が懐かしくなりました。