「 オカリナ 」一覧

オカリナの練習などについて

オカリナ弱音器「吹けるん」を買いました

オカリナの弱音器である「吹けるん」を買いました。前から興味があったのですが、立ち寄った楽器店で見かけたので、購入しました。

さっそく使用してみます。……高音が出ない。かすれた音になってしまい、音程が聴こえてきません。低い音だと音程が聴こえます。試行錯誤した結果、息の量が少ないのでは、と言う結論に至りました。

弱音器を使わずに吹くとき、音量を意識して、息の量を少し抑え気味にしているのだと思います。強めに吹いたら、音程が聴こえるようになりました。スースー空気が抜ける音は少し気になりますが、慣れれば気にならないでしょう。

一度弱音器を使うと、そのままで吹いたときの音量が大きく聴こえて、弱音器なしに吹くのが躊躇われますね。

ちなみに、簡単モードと本格モードがありますが、まずは簡単モードだけ使っている状態です。そのうち慣れてきたら、本格モードを使ってみようと思います。


オカリナ演奏の音を安定させたい

オカリナは、たまに吹いています。大昔にピアノで初心者向け譜面で弾いていた「海が見える街」をレパートリーに加えてみました。「おとタマ」で楽譜を見たらF菅向けとなっていたので、C管だと移調が必要なのかな、と思っていたら、そのまま吹けますね。むしろF菅で吹くためには移調が必要です。こちらはまだ始めたばかりなので、練習を重ねていきたいです。

さて、オカリナですが、そこそこ吹いていると、わりと早い段階で、”とりあえず吹ける”ようにはなりますね。”とりあえず”と言っているのは、明らかに音が飛んだり、演奏が詰まったりしない、ということです。ウクレレの場合は、コードチェンジの指が追いつかない、上手く押さえられない、など課題が分かりやすいのですが、オカリナの場合はとりあえず吹けてしまうのです。

なので、自分で課題を見つけて、演奏を修正していかないと、ダラダラ続けていくことになりますし、モチベーションも上がらなくなりそうです。趣味なので、気負うつもりはありませんが、せっかくなら少しでも上手くなりたいですし、その方が楽しそうだからです。

とりあえず気になるのは以下。

  • 音がズレる
  • 音が震える
  • テンポが取れているか不安

音がズレるのは、自分の耳で聴いていても分かります。ほんとに息の量やオカリナの向き、姿勢等で微妙にズレてしまいます。この特性はオカリナの個体ごとに異なりますし、愛器を手なずけるつもりで、練習を重ねて掴んでいくしかなさそうですね。最初の頃に比べれば、低音は弱く、高音は強く、がある程度無意識に出来るようになってきているので、一応の進歩はしているようです。

音が震えるのは、息の出し方が安定していないのだと思います。練習時、最初が一番震えて、2回目以降は徐々に安定してくる感じ。ネット上の動画で見るプロ奏者のような澄んだ音色には、憧れますね。

最後のテンポですが、楽器演奏などをきちんと習ったことがないので、基本的に適当です。なので、合っているのか結構不安です。まあ、一人で吹く分には、あまり気にしなくて良いのですが。


オカリナの息遣いを楽しむ

オカリナ、平日の朝や休日に、10分くらい吹いています。ウクレレと行ったりきたりな感じです。タイプの違う楽器同士なので、時々切り替えることで、飽きがこなくて良いですね。

遊び程度ではありますが、1年弱オカリナを吹いてきて大切だと感じたことは、息遣いにつきますね。運指については、単音で且つ音域も広くないのでパターンも少ないですし、フレーズ毎に覚えてしまえば、特に難しくありません。ただ、暗譜はできないので、フレーズ単位のトリガは楽譜を見ないと厳しいです。

息遣いについては、息の強さを少し変えるだけで、音程が変わるのが分かります。後は、息を吹き込む角度なども効いてきますね。それらが巡り巡って姿勢などにも繋がってきて、面白いです。

最初は歌を唄うように、息の強弱で音量の表現ができるのかなあ、と思っていたのですが、前述のとおり音程が変わってしまうので出来ません。

高い音は息を強めに、低い音は息を弱めに吐きます。最初はなかなか慣れずに、低い音に強い息を入れてしまい、音を外すことが多かったです。しかし反復練習の効果で、いつの間にか音を外しにくくなっていました。

オカリナは、音域が狭く、単音しか出せません。さらに音の強弱をつけることも出来ません。しかし、出来ることの幅は狭いけれど、息遣いの部分はとても奥深いと思います。音程をものすごくアナログにコントロールできますよね。そこを上手く合わせるのが楽しいのです。加えて、非常にコンパクトであると言うメリットもあります。

なお、音の出る原理が同じである口笛はどうだろうと思ったのですが、音は出せるものの音域が全然狭くて駄目でした。これからもオカリナを楽しんでいこうと思います。


腹式呼吸で姿勢よく吹いてみる

最近はウクレレよりオカリナを吹くことが多いです。より手軽な方に手が伸びやすいんですかねえ。ウクレレも十分手軽な方ですけど、オカリナの手軽さは圧倒的です。

低音を吹く際の息の量のコントロールは、だいぶつかめてきた気がします。音が変になってしまう時はまだまだありますが、少なくなりました。息の量と併せて、吹き口の角度もある程度意識する必要がありそうですね。同じ息の量でも、角度の違いによって入り方が変わってくるので。

あとは安定して吹くためには、息をたくさん吸い込まなくてはなりません。そこで腹式呼吸です。加えて、吹く時の姿勢を良くしてみました。すると何だかきれいに吹けるようになった気がします。3~4小節くらいを滑らかに吹けて、吹いていて気持ちよくなります。息の強弱で変化を付けた方が演奏を楽しめるのかな、なんて思っていましたが、安定した音で演奏できることはとても気持ちがよいです。

最後に前回の記事で書いたタンギングです。トゥッと言うように吹くとどうしても息が強く出てしまい、音に影響がありました。その後、特にタンギングを意識しないで吹いていた時、自然と軽くトゥとしている自分に気づきました。もしかしてこの程度の軽い感じでやるのが正しいのでは。この辺の判断がつかないのが、独学の難しいところです。


タンギングをやってみた

最近の練習曲は、「いつも何度でも」と「オリビアを聴きながら」です。「オリビアを聴きながら」の方が音階が広く、半音の種類も増えてくるので、これまでやらなかった運指が入ってきて新鮮でした。元々音階の狭いオカリナなので、これで大体の音は吹いたかな。

さて、オカリナ関連のサイトを見ていると良く見かける「タンギング」と言う言葉、気になりつつもちゃんと調べてきませんでした。調べたところ、”トゥッ”と発音する感じで舌で空気の通り道を一旦封じて、その後解放して音を鳴らす技術です。技術と言っても難しいものではなく、普段の会話で子音を発音する際にも同じことをやっています。

タンギングを行なうと、音のエッジが効きますね。ただ常にタンギングをしていると、何か吹きにくいし、変な感じになってくるので、何か余計なことをしてしまっているのかもしれません。あと、舌を解放した後に出る息の量を上手く調整できていないせいか、低音が大概上手くいきません。

タンギングに限らず、息の吹き方をもっと勉強していきたいですね。同じオカリナでも吹き方によって面白いくらい音色が変わる動画を見たので、自分もきれいな音色を奏でられるようになりたいです。運指が難しい曲は、その次に目指します。