「 楽器・音楽 」一覧

楽器演奏や音楽について

オカリナを始めてみた

数カ月前にオカリナを買って、少しずつ吹き始めています。ウクレレを買う時に、オカリナも候補に挙がっていたので、元々興味はありました。ウクレレと同様、小柄で比較的緩く始められる楽器かな、と思っています。

2018年02月に島村楽器にて、ティアーモのスタンダードのアルトC管を買いました。カラーはブルーです。お値段は7,000円弱。もう少しお手軽な値段のものとしてプラスティック素材のものがありましたが、心がときめかなかったので陶器製の入門モデルにしました。

マンションなので音量が気になるところですが、そこまで気になる音量ではありません。ただし、さすがに夜間は躊躇する程度の音量ではあります。指の腹で弾くウクレレの方が静かですね。

練習曲に使っているのは、映画「千と千尋の神隠し」主題歌の「いつも何度でも」です。ウクレレと言い、ジブリ映画の曲にはお世話になりっ放しです。譜面おとタマにあるものを使わせていただいています。実家にあった妹のピアノを遊び半分で弾いていたおかげで、五線譜を何となく読めて助かっています。

ただ、練習を始めたばかりの頃は、運指もままなりませんでした。ソ以降指を離す順番が変わるのでそこで混乱したり。あと、息遣いも結構難しいです。低い音になると、途中で音がすごくズレてしまうのです。試行錯誤したところ、管を咥えるのではなく、口づけするような形で触れて、軽く息を吹きかけるようにすると、上手くいくようです。口を少し尖らせて息を吹きこむようにすると、音が乱れました。

と言うわけで、まだ始めたばかりですが、徐々にレパートリーも増やせていけたらと思います。吹奏楽器のオカリナは、弦楽器のウクレレとは違った楽しみがあるので、どちらもチマチマと続けていきたいです。


ウクレレ演奏の自撮り

今弾いている「君をのせて」は、スローテンポな曲なので、ゆっくりと弾いているのですが、少しテンポアップしてみることにしました。指の切り替えを素早く出来るようにするためです。U-フレットの自動スクロールの15あたりでそこそこ弾ける感じ。上の動画はテンポアップする前のものです。

一方で正確に弦を押さえる練習も必要です。フレットが1、2……と増えていくに従って幅が狭くなるので、その辺は指に覚えさせるしかないですね。低い方は幅があるのでズレていても影響が出にくいですが、高い方は幅がないので、音のズレが顕著になります。

テンポアップしつつ、指の動きの正確性も上げていきたいです。ただ、どうしても癖が出てしまうので、その辺は自撮りした内容を見て、直していこうと考えています。とりあえずGmで中指が遠くに行き気味な点と、1,2,3弦を同時に押さえる際は、指が手の形に沿って斜めになりがちな点に、気づきました。独学で勝手にやっている以上、自分の弾いている映像を見て、自分で駄目出しするしかないのです。

動画は容量が大きいのであまり載せたくないのですが、記録のために現時点の実力として載せてきました。


ウクレレでメロディーを奏でたい

久しぶりのウクレレ記事、あまり進捗はありませんが、「君をのせて」のコード練習をちまちま続けています。基本手元を見ずに大体弾けるようにはなったのですが、微妙にフレットの位置がずれて音が外れることがそれなりにあり、まだまだ練習が必要ですね。何か上手く弾けるときは気持ちよく最後まで弾けて、駄目なときは何度も躓いたりして、安定しないです。

さて、これまでコード練習をメインにこなしてきましたが、メロディーの練習も少し始めてみました。コードとは違い、押さえる指だけではなく、弾く弦にも意識を配る必要があるので、速く弾こうとすると結構難しかったです。違う弦を弾いてしまったり、同時に弾いてしまったり。練習の題材曲は「ドレミの歌」や「風の丘」にしています。「風の丘」は、昔ピアノで遊び半分で弾いていた時の記憶が未だに残っていて、自分でも少し驚きました。なおピアノを習っていたのは妹なので、自分は遊び程度にしか弾けません。

メロディーとコードの合わせ技となるソロウクレレは憧れますが、相当つらい道のりですね。やはりウクレレは和音(ハーモニー)が得意な楽器なんだな、と思いました。


手元を見ないで弾けるように

最近は、出勤前の時間を5~10分くらい使って、ちょこちょこウクレレ弾いています。がっつりまとめてやるより、コツコツ毎日やる方が良いらしいので、気分転換も兼ねて楽しんでいます。

一番弾いている曲は、天空の城ラピュタの「君をのせて」です。この曲は、昔ピアノで簡単な両手弾きが出来る程度に頑張りました。ウクレレでも弾いてて楽しいです。メロディーは弾けないのでコード伴奏ですけど。この曲ばかり弾き続けたおかげか、押さえが弱かったり、微妙に指の位置がずれて音が変になったりしますが、ほぼ手元を見ずに弾けるようにはなりました。

ただ、手元を見ないようになると、明らかに音がずれているときは気づけるのですが、微妙に変な時にははっきりとは気づけないので、録画録音してみて、駄目なところをピンポイントに改善していけたらいいのかな、と考えています。

他には、魔女の宅急便の「やさしさに包まれたなら」と、ドラゴンクエストの「この道我が旅」を時々弾いています。こちらは弾く頻度がまだ少ないので、手元を見ないと難しい状態です。「この道我が旅」は後半で移調するので、簡単弾きを選択していても、移調後に難しくなってしまうので、前半だけ弾くようにしています。

そう言えば、ウクレレを始めた頃は、まず色々なコードを覚えようとしましたが、それより弾きたい曲を決めて、その曲を弾くことで、そこに出てくるコードを覚えていく方が、楽しくて良いですね。

これからも好きな曲を弾くことを目標に、気長に楽しんでいけたらいいな、と思っています。


ウクレレの目標を立てる

資格試験などと違って、客観的な目標が立てにくい楽器演奏。コンクールに出るわけでもないし、自己満足のために行なっていることなので、特に目標を立てる必然性はないのですが、モチベーション維持のためには何か目標が欲しいところです。

そこで、ジブリ映画の曲である「君をのせて」「優しさに包まれたなら」のコード演奏を、気持ちよくこなすことを、目標にしたいと思います。2曲にしたのは、飽きないようにするためです。譜面は、u-フレットというサイトを使わせていただいています。

簡単弾きを選んでいることもあり、コード自体は比較的簡単なものが多く、そこそこ弾けます。ただバレーコードは少々抑えが甘くて不安定になりがちです。そして一番の課題は、コードチェンジです。どうしてももたついてしまうんですよねえ。何かコツはないものか、と調べていたら、指にコードの形を覚えさせる必要がありそうです。確かにそれならもたつくことなく、コードチェンジ出来ますね。そのためには、反復練習あるのみです。なるべく毎日コツコツ練習したいと思います。

ちなみに最近は比較的時間の余裕があるため、朝の時間でウクレレを軽く弾いたりしています。何となく気分が良いですし、脳にも良い効果がありそうだなあ、と勝手に感じています。