「 アウトドア・スポーツ 」一覧

アウトドアやスポーツ関連

恩納村と読谷村の旅~2日目

5時30分に起きて、ダイビングの支度を済ませます。毎回一番時間が掛かるのが、日焼け止めクリームの塗布。これもっと楽にできないんですかね……。朝食は、フォーとバインミーの2択で、フォーを選びました。じゃらんのレビューで朝食が特徴的という記述を見ましたが、なるほど。

7時20分ごろ、ダイビング器材を持ってホテルを出て、路線バスで仲泊まで移動します。道中、たくさんのセミが賑やかに鳴いており、ひと足早い夏を感じさせます。ただ、後で聞いた話に依りますと、今年は梅雨明けが遅く、このように夏本番となったのは、つい2,3日前だそうです。良いタイミングで訪れることができました。ちなみに、今回お世話になるダイビングショップは「ワールドダイビング」さん。この日は真栄田岬で潜ります。

車でショップから港まで移動して、セッティング。港からポイントまで近いので、1本ごとに港へ戻ってくるスタイルになります。天気は少し雲が出ているものの、概ね晴れ。海峡も穏やかで、ほとんど波がありません。数日前の大雨の影響で、透明度は少し下がっていました。

  

1本目は、光のクレパス。フウライチョウチョウウオ、ツノダシ、ツノハタタテダイ、スミツキトノサマダイなどを見ます。そしてイソギンチャクに入ったり出たりするクマノミにも出合いました。それからポイント名の由来である細い水路へ入ります。少し砂が舞い気味でしたが、水面を見上げると水路に青い光が差し込み、美しいです。崖に群れているアカマツカサもきれいでした。水路の岩陰の部分で伊勢海老の上半身だけみたいなものを見かけて、あれが何だったのか、未だに気になっています。エグジット前のキビナゴの群れも圧巻でした。

本数 93
日付 2019/06/29
エリア/ポイント 真栄田岬/光のクレパス
潜水時刻 09:20-10:01
水深(平均/最大) 9.2m/15.3m
水温 26.2℃

  

2本目は、シークレットスポット。ガラスハゼ、アオウミガメ、そしてクマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミなどに出合いました。リュウキュウキッカサンゴは、どういうサンゴかきちんと把握していなかったので、別のサンゴを撮影してしまいました。

本数 94
日付 2019/06/29
エリア/ポイント 真栄田岬/シークレットスポット
潜水時刻 11:10-11:47
水深(平均/最大) 14.1m/20.2m
水温 26.0℃

港で昼休憩。お弁当をいただきます。わさーっと詰め込まれた沖縄らしいお弁当です。風が吹くので、弁当殻を飛ばされないように、要注意です。

  

3本目は、ツバメの根。ハナミノカサゴ、フエフキヤッコ、そしてソライロイボミノウシ、ミゾレウミウシなどのウミウシ類、イソギンチャクモエビを見られました。

本数 95
日付 2019/06/29
エリア/ポイント 真栄田岬/ツバメの根
潜水時刻 13:11-13:50
水深(平均/最大) 13.1m/19.2m
水温 25.1℃

有名な青の洞窟はボートの目の前にあります。夏本番の手前ですが、洞窟手前で結構な人数のシュノーケラーがいます。夏本番の洞窟内部は、芋洗い状態なんだろうなあ。

ショップに戻り、ログを付けたら、解散です。明日以降も潜るので、器材は預けておきます。

  

ショップ裏手のビーチ沿いを歩きます。太陽の日差しが熱いですね。真っすぐ進んでいくと、やがて大きな道路に出ます。そこを渡ると、恩納なかゆくい市場があります。色々なお店があり、観光スポットになっています。こちらでブルーシールのダブルコーンアイス(ストロベリー&チョコレートフレーバー)をいただきました。

 

その後は、仲泊遺跡の入口に立ち寄り。興味がありましたが、さすがにサンダルで進めそうな雰囲気ではなかったので、断念。麓にある貝塚跡だけ眺めました。それから、ルネサンスリゾート前停留所から路線バスに乗って、ホテルまで帰りました。

16時30分すぎ、宿に着いたら、ベッドで横になって休みます。夜眠れないと困るので、がっつりとは寝ません。

19時手前、夕食のため、外へ出ます。夏至が近くて西にあるので、この時間でもずいぶんと明るいです。ですが、日が傾いでくると、昼間の暑さは和らぎます。調べたところ、宿の周辺の居酒屋の軒数は多くないので、軒数の多い南の方まで足を伸ばします。

    

およそ2km歩いて、はりゆんに到着。思いのほか距離がありました。まずはオリオンビールドラフトで渇いた喉を潤します。お通しは茶わん蒸し。それからたこわさ、グルクンの姿造り、鶏なんこつ唐揚げをいただきます。明日もダイビングのため、お酒は控えめにしようと思っていましたが、我慢できずに残波(黒)一合を注文してしまいました。〆に上寿司を頼み、そして先ほどの姿造りの骨は、揚げてもらいました。

店を出ると、さすがに日はすっかり落ちていました。日差しの熱さはありませんが、2km歩くとさすがに蒸し暑いですね。

宿に戻ったら、23時ごろ就寝しました。


ジム44日目~軸足は5級課題へ

2019年7月6日、壁家でボルダリングしてきました。今日は5級課題をメインに挑む予定です。しかし、壁の空きの都合で、まずは120度の6級課題を1本(I)こなします。最初の方にあるデカいホールドが掴みづらかったですが、以降はガバ続きなので、腕が元気な序盤ということもあり、そのままクリアできました。壁家での120度壁の6級課題は初クリア。

大体の6級課題はクリアしたので、主戦場を5級課題へシフトします。さっそく前回ロックオンした課題に挑みます。100度壁の橙■。5級課題なので、いよいよ足限定ですね。これまで足自由でやってきたので、ホールドを探すのに苦労しました。要はその指定ホールド以外は手も足も使えないと言うシンプルな話なのですが、最初のうちは目が慣れません。

画面では見きれていますが、STARTホールドの下にフットホールドが2個あります。そこから左手で(B)を掴み、身体を押し上げて右手で(C)を掴みます。なるべく足を使うように意識します。足に荷重して重心を下げて、足の力で身体を持ち上げるイメージです。下に溜めて、上にあげていくみたいな。

そしてこの後右足を(A)に乗せるのですが、足を離すと身体が左へ開いてしまい、壁から剥がれてしまうことが何回かありました。上手くいった時との違いを考えてみたところ、右手のホールドの引き方でした。何となく左方向に引きやすい形をしているのですが、そこを壁に垂直な手前に引くようにしたら、身体が開かなくなりました。

初手は(D)/(E)まで手が届いたのですが、それ以降は駄目なので、腕の力で強引に登った感じですね。(A)に足を乗せた際に、十分に荷重できていないので、足の使い方が課題になりそうです。

足に荷重して滑り落ちることもしばしば。滑り落ちるということは、足に荷重できているので、ある意味良いのですが、次のステップとして落ちないようにしないといけません。足裏感覚を身に着けて、正しくフットホールドに足を置けるようになりたいです。

メインに挑んだのは前述の課題ですが、同じ100度壁の橙Tにも挑戦しました。こちらは中盤までスローパー気味ホールドによるトラバースが続きます。スタートを切るのもきついですが、二手目に手が届いてそれ以降は進めません。いやー、相変わらずスローパー系は苦手ですね。重心を真下に掛けるといった理屈は理解しているのですが、身体が追い付きません。あー、でもいつか克服したい……。

ちなみに90度壁のホールド換えが少し前に行なわれて、まだ未タッチなので、どこかの合間で新しい6級課題をこなしておきたいかも。


2019年4月~6月のランニング記録

2019年4月~6月の四半期について、ランニング記録を振り返ります。

年月 距離(km)
2019/04 8.74(+10.22)
2019/05 3.76
2019/06 13.73

大会本番は、括弧つきで別出しにしています。ここでは練習について、走行距離を見ていきたいと思います。

4月は、1回の走行距離が比較的長い日が多くて、距離がやや伸びました。括弧つきの部分は、日立さくらロードレースです。5月はやけに短いですね。大型連休時の旅行や、週末の予定が重なったことが影響していると思います。平日ランが出来ないと、他の予定の影響を大きく受けてしまうんですよね。6月は、1回の走行距離は短めですが、走った日が多かったので、走行距離が伸びました。

ちなみに5月の終わり頃から、fenix 5Xを用いてランニング計測をしています。そのため、従来は取れなかった心拍数データを取れるようになりました。大体6分弱/kmと言うペースなのに、心拍数は170bpm付近なので、心肺機能をもっと鍛えないとダメですね。ランニングの記事などを見ますと、ジョギングペースでは140bpm程度だそうですから、170bpmで走っていたら、そりゃ確かに辛いです。

次に出場するマラソン大会は、11月に10km部門をエントリーをしたので、当面の目標はそちらの大会での60分切りです。一昨年秋の皇居マラソン、昨年春のグアムマラソン、昨年秋のシドニーマラソン、今年春の日立さくらロードレース、意識してきたわけではありませんが、毎年春と秋に1大会ずつ出場しているので、今後も春季秋季の大会エントリーをルーチンにしていきたいです。


ジム43日目~5級課題メインに挑む

2019年6月22日、壁家でボルダリングをしてきました。そろそろ次のステップを目指したいので、この日は5級をメインに挑みます。

しかし、その前に、前回クリアできなかった90度壁の6級■課題に挑みます。すると、こちらはすぐにクリアできました。ただ90度と言うこともあり、前回詰まったゴール手前の一手は、腕の力に頼った感じです。ムーブとしては、雑なのでしょうね。

続いて、5級に挑もうと黄色シールの課題に挑んでいたら、こちらは4級でした。以前通っていたZENが黄色が5級でしたので、勘違い。スタートから一手も進めなかったり、一手しか進めなかったり。極小ホールドや足切りが見られて、一気に厳しい感じはあったのですが。

ただし、その後挑んだ5級課題(黄色ではなく橙)も似たような状況でした。スローパーは相変わらず苦手ですね。5級課題はそれぞれ難しさのベクトルが異なり、その絶対値も大きくなっているので、課題に依って得手不得手が出てくると思います。初めて落とすことを狙うなら、登れそうな課題を見つけて、それに挑むのが良さそうだと思いました。なので、今回は90度、100度壁の色々な課題を味見した格好です。

6級課題も120度壁とか宿題が残ったままですが、こちらは一旦保留で……。気が向いたら、ふらりと触ってみるかもしれませんが。


ジム42日目~壁家初訪問時からの6級宿題課題をようやくクリア

2019年6月1日、壁家でボルダリングをしてきました。今回からプロティン(SAVAS)を投入してみます。

最初に挑んだ課題は、スラブ壁6級のIです。壁家初訪問となる前々回からの宿題となっていましたが、ようやくクリアです。本日2回トライでいけました。ゴール手前で右足を引き上げられないのが問題でしたが、重心を下げて左足に荷重したら右足を上手く引き上げることができました。足の使い方ひとつでこうも変わるとは。以前は重心高めのままで、左足への荷重が十分出来ていなかったようです。

続いては同じスラブ壁の6級T課題です。トラバース課題。以前に挑んだ際は、1~2手で落ちてしまったのですが、足をなるべく安定するように意識したら、先へ進めるようになりました。具体的には、なるべく両手よりも両足の幅が広くなるようにして、両足の幅を狭めるのは安定した場所に限定するようにしました。写真の黒四角が右足で青四角が左足です。右側の黄色い大きな足場に左足を引き上げる際は、右のスローパーホールドを右腕で抱きかかえるようにして、保持しました。最後のゴールホールドが一番苦労したのですが、ここで肝心なのは、バランスでした。最初はどうしても外側へ倒れがちでしたが、店員さんのアドバイスを受け、足の置き場を外側へ少し移動することで、身体を壁側に気持ち傾けられるようになりました。そこから身体を前傾させて、左足でカウンターバランスをとります。ここがまだ怪しくて、2~3秒ゴールホールドを保持して落下という微妙な結果でしたが、一応クリアということで。スラブは6級あたりでも、腕力で誤魔化せない課題が出てくるので、ボルダリングの基礎を学ぶには良いのかな、と思っています。

進捗としては、最初の2回はスタートホールドから進めず、開始時の右足を右側に移動したら黄色い大きな足場まで進めました。そこからゴールホールドまで結構苦戦。回数を数えるのは止めてしまいました^^;

次はバルジ壁のあるエリアへ初挑戦。挑むのは6級課題。強傾斜部分は使いません。最初に挑んだ6級■は、フラッシュクリアできました。途中、垂壁から垂壁へ90度面が変わるところでは、身体が振られそうになりますが、そこを越えればさほど難しい箇所はありません。上記写真だと赤丸の方です。上部は切れています。

続いて同じエリアの6級Iに挑みましたが、こちらは敗退しました。145度壁から垂壁へ移るところの一手が遠いです。強い人のお手本では、足を先に引き上げたり、ヒールフックなど足を上手く活用されていました。上記写真だとスタート部分しか写っていませんが、青丸です。このあと右に進んで、左上部の垂壁に進みます。

最後は一番手前の垂壁の6級■課題。途中までホールドを1個見逃していて、これに気づいた時はアハ!体験でした。よーし、これでいけるぞ、と思って意気揚々と登りましたが、結局敗退。ゴールホールドを掴む際の左足の置き場が、まだ分かっていないです。

こんな感じで、6級課題に登れたり、登れなかったり。5級課題への挑戦は、6級課題の大半を安定して登れるようになってから、と思っていたのですが、そろそろ次の段階へ進みたい気持ちもあります。自分に合った5級課題を1個定めて、6級課題と併せて挑んでみようかな。

ちなみに今回で初回限定の3回回数券が切れてしまいました。パスポートは使いきれる自信がないので、11回回数券を検討中。ウェブページ上では案内がないけど、店舗入口の案内表示にはあった気がします。