「 アウトドア・スポーツ 」一覧

アウトドアやスポーツ関連

前週に続いて同じ江戸川CRコース

2019年08月25日、前週と同じコースを通って、サイクルショップへ出かけてきました。取り寄せ注文したブラケットカバー入荷の連絡が入ったためです。もっと時間が掛かる旨を聞いていたので、次の週あたりに向かうつもりでしたが、思いがけずに2週連続同じコースを走ることになりました。

天気は快晴で、とにかく暑いです。日差しがなければ風は涼しいのですが、ガンガンに照っているので、暑さが勝ります。特段景色に大きな変化はありませんが、先週では青々と茂っていた流山橋手前の草が、すっかり刈られていました。

 

江戸川CRを下りたら、先週学んだ最短距離でバイシクルセオ新松戸店へ向かいます。街中だとあまりスピードを出せないので、風を切れずに暑さが増します。金切橋を超えて幸谷橋に向かうあたりが一番暑さを感じました。

ショップで品物を受け取ったら、そのまま帰途へ着きます。途中小さな稲荷神社があったので、寄り道。日陰がありがたいです。境内の左右2か所に水鉢があるのですが、日が当たる方はびっしり苔が生えて、真緑になっていました。

今回の走行データは、以下の通りです。またしてもfenix 5Xを持っていくのを忘れたので、今回のデータもサイコンから取得しています。

走行距離 14.78km
平均速度 19.8km/h
最高速度 33.9km/h
走行時間 00:44:43

ジム46日目~5級課題が少しだけ進展

2019年09月01日、壁家でボルダリングしてきました。まずは前回のラストで失敗した、100度壁の青(6級)■をトライし、一発クリア。

というわけで、メイン課題である100度壁の橙(5級)■(こちらの2枚目の画像)に挑みます。相変わらず(C)を右手で掴んだ後、(A)へ右足を乗せる際に、身体が開きがちですね。まだはっきりと原因を掴み切れていませんが、今回感じたのは、足を乗せ替える前に、重心を移動させておく必要があるのかな、と言うことです。

そしてここから先ですが、少しだけ進展がありました。従来は(D)と(E)を両手で掴んだ際に身体が伸びきってしまい、動けなくなって詰んでいました。そこを、左手で(D)を掴んだ後、右手はそのままに、右足をSTARTホールドに移動します。身体は縮まりますが、上げた右足を足場にして、右手で(E)を取りに行きます。両手で(D)と(E)を掴んでいますが、右足を上げたことで身体が伸びきっていないため、次の動きが出来るようになりました。

次に動かすのはもちろん左足。そこそこ距離があるので、スメアリングしながら(B)に乗せます。しかし(B)に足を乗せた後で、詰まってしまいました。

理由ははっきりしていませんが、腕が辛くて無理な感じでしたので、足に体重を全然乗せられていないのだと思います。確かに手と足のホールドが近いですし、左右の足の高さも違うので、体勢を考えないと上手く体重が分散されないのかもしれません。

途中で指皮が剥けて指皮崩壊太郎になってしまったこともあり、普段より短めの1時間10分ほどで、撤収。最後にトライした100度壁の青+は、ゴールホールドを片手で掴むところまで行ったものの、腕がよれてて支えきれない気がしたので、戦略的撤退をして下りました。完全なガバなら行けたと思うけど、少々浅めでしたので。そこそこ高さがあるので、マットがあって安全とは言え、心理的に落下は避けたいのです。

ちなみに今回は、なぜか左手の中指が痛かったです。何でかな、と振り返ってみると、指筋のトレーニングのつもりで、職場の重い扉を中指だけで開けたりしていることが思い当たりました。何だか故障に繋がりそうなので、これ以降止めるようにしました。


ジム45日目~5級停滞中

2019年8月18日、壁家でボルダリングをしてきました。前回は7月6日だったので、随分と間が空いてしまいました。休日のみだと、他の予定によって、長期間空いてしまうのが悩みどころ。でも平日通いできる気力はありません。

挑んだのは、前回から挑戦中の100度壁橙■課題(こちらの2枚目の画像)。(D)(E)のホールドを強引に取りに行くまでは何とかなるけど、そこで身体が伸びきってしまい、次の一手を繰り出せません。そもそもリーチが短い人だとこのやり方では詰んでしまいますし、根本的に間違えているんでしょうねえ。でも(D)(E)を取る前に足を上げる場合、どこに置けば良いのだろう。というわけで目下模索中です。

ところで、90度壁が少し前にリニューアルして以来、触っていなかったので、気分転換も兼ねて、6級課題である青の+に挑戦してみました。前半のトラバース部分で身体が開き気味になってしまいますが、強引に進みきって、最後は上へ登って無事ゴール。

そして100度壁へ戻ります。5級課題がさっぱり進展が見られないので、最後に達成感を得るべく、6級の青■に挑むも途中で手が滑って落下。地味によれているだろうことから、リトライはせずにこの日は終わりにしました。この課題、クリア済みのつもりでしたが、過去の記録を見ると、実は落としていなかったっぽい……?


真夏の江戸川CR~2019

ブラケットカバーの劣化が激しく、いい加減交換しようと思い、新宿へ出かけたついでにワイズロードで探したのですが、やや古い型ということもあり、店頭在庫はありませんでした。

と言うわけで、普段使いのショップであるバイシクルセオ新松戸店でも確認してみるために、江戸川CR経由で出かけることにしました。夏休みで実家へ数日間滞在していたので、出かける前にチェーンや車体を洗車して、スッキリ。

2019年8月16日の15時すぎ、実家を出発します。江戸川CRを南へ進んでいきます。南風なので、往路は向かい風となります。流山橋の手前には花壇があり、季節の花々を楽しむことができます。今の時期はやっぱり向日葵ですね。

流山橋を超えたらしばらく進んでいくと、やがて坂川との分岐地点に出ます。ここで江戸川CRを下りて、街中を走ります。街中とは言え、目的地まではほぼ一直線で行くことができて、交通量もあまり多くないので、走りやすいです。

バイシクルセオ新松戸店に着きました。目的のブラケットカバーは店頭にはなかったので、メーカー取り寄せ注文となりました。

というわけで、そそくさと帰途へつきます。まだ日は高いですが、帰り道が夕方だと、何故だか気持ち的に充足感が高まります。

今回の走行データは、以下の通りです。fenix 5Xを持っていくのを忘れたので、今回のデータはサイコンから取得しています。

走行距離 15.77km
平均速度 16.4km/h
最高速度 35.9km/h
走行時間 00:57:36

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


梅雨明け前の江戸川CR~2019

2019年7月14日、江戸川CRを走ってきました。実家に2連泊して、丸1日使える日程でしたので、本来は近場輪行も含め、普段走らない場所を走るつもりでした。しかし、未だ梅雨明けせず、この日も雨模様でしたので、江戸川CRを走ることにしました。

昼下がり、雨が小康状態となったので、この隙に出発します。天気予報を見る限り、夕方すぎまでは天気が持ちそうですが、予報が変わってきたら早めに切り上げる算段です。

 

江戸川CRを北へ走ります。もともと盛夏の中、汗をかきながら走ることを想定していましたが、天気が悪く気温も上がっていないので、快適です。当初の思惑とは異なるサイクリングになっていますが、この点は数少ない利点ですね。

玉葉橋まで着いたら、埼玉県側に渡ります。ここで江戸川CRに入らず、そのまま真っすぐ進んで江戸川CRを下りてみました。橋からの流れで、歩道側を走っていましたが、路面状態が悪く、走りづらいです。そこで車道側へ出ましたが、路側帯はあまり広くないので、車に対して気疲れします。自分は幸いこれまでロードバイクで道路を走っていて、車に明らかな嫌がらせを受けたことはありませんが、走行中は気を遣うので、精神的に疲れますね。芳川神社に行ってみたかったのですが、今回は諦めます。

というわけで、幹線道路から脇道へ逃げました。最近街乗りしていないので感覚を忘れていましたが、いかに車通りが少ないかでルーティングをしていましたね。幹線道路を使わざるを得ない場所もあるので、いかに上手く組み合わせるかが、街乗りの醍醐味だったような気がします。

少し話が逸れましたが、脇道に入ってからはのんびり走行。田園の広がるのどかな光景の中を進みます。森の残る住宅街になっており、おおたかの森がまだ森だった頃を思い出しました。雑木林のある町はいいですね。

 

神明神社で参拝し、庚申塔の馬乗り馬頭観音を見学した後は、再び江戸川CRに帰ってきました。

南へ進んで、流山橋を渡って千葉県側へ戻ります。その後は眼鏡の再調整のため、パリミキへ寄り道。調整を終えたら、街中を走って実家へ帰りました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 22.25km
平均速度 16.4km/h
最高速度 33.9km/h
走行時間 01:21:22
経過時間 01:59:18
平均心拍数 113bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。