「 アウトドア・スポーツ 」一覧

アウトドアやスポーツ関連

ランニングのペースアップ(10km/60分)を目標にする

これまで10kmのランニング大会を2回完走しました。次の目標として距離を伸ばすか否かが悩みどころです。一般的には10kmの次はハーフですが、さすがに現状のペースで練習を重ねても厳しそうです。4月の10kmでも後半は脚力の在庫切れになりかけていましたし。ネットタイムも70分前後なので、まずはこれを成人男性の平均である60分まで引き上げることが、次の目標かな、と考えています。

以前に5kmの大会に出た際には、30分弱と言う平均的なタイムで完走できました。この時は参加者が少なく、競争意識が強く働いたこともあって、全力を出しきれたためです。後半はかなりきつかったですね。一方で10kmの大会は、いずれも大規模な大会だったこともあって、自分より遅いペースの人が多いので、それに甘えてしまい、ペースアップしきれませんでした。序盤は渋滞もありますし。

と言うわけで、今後の練習では、ペースアップを図っていきたいです。さっそく練習で、普段よりストライドを広くして走ってみたところ、左膝に痛みが出ましたorz。翌日にも残っていて、2日後にようやく引いた感じです。以前から登山の下り道などで左膝が痛むことが多いので、歩き方や走り方の良くない癖があるのかもしれません。或いは膝周りの筋力不足か。ランニングフォームの確認や修正、衝撃吸収力の高いシューズなどを検討したいですね。あとはスクワットによる筋力向上。ストライドを広げずにピッチを上げる方向でも良いのですが、そこまでストライドを広げたわけではありません。故障だけはしたくないので、注意したいです。


ジム40日目~壁家初訪問

2019年4月19日、ボルダリングジム壁家を初訪問してきました。先述の通り、これまで通っていたZENが閉店したため、以前から興味のあった壁家にやってきた格好です。

壁は、スラブも含めた一通りの角度が揃っています。リードクライミングが出来る一角もあります。契約すれば専用ロッカーを定期利用できるので、シューズや着替えを入れておけば、仕事帰りに寄るのが楽そうです。

初利用なので、さっそく会員証を作ります。店長さんが前にZENにいらした方ですね。タブレット端末に必要事項を記入して、手続き完了。料金体系は、24時間が3つの枠に分かれており、その枠内であれば何時間利用しても固定料金です。

最初に挑んだのはスラブ壁。ハート型のホールドが続いている6級課題。見た目いけそうな感じがするんですけど、ゴールホールドの手前のホールドを掴む時点で腕と脚が伸びてしまって、次の一手を打てません。なので、それよりも手前で足場を引き上げないといけないのですが、これが上手くできない状況です。

続いて、スラブ壁にある別の課題に挑戦します。こちらは前半部分の足場が小さく、腕の力を使いやや強引に進んだ格好ですが、後半は楽に登れました。というわけで、無事クリア。これが今回唯一クリアできた課題です。

この後はオーバーハング壁や垂壁の6級課題に挑みますが、ことごとく撃退されました。

なお、課題の印は、数字ではなくシールの形になっています。ZENでは数字でしたので、慣れるまで少し戸惑いました。

2時間くらい滞在して、今回は撤収。宿題たくさん出ました。初回限定キャンペーンで、3回セットの回数券を購入したので、近々再訪します。有効期限3ヶ月です。


菜の花終盤の江戸川CR2019

2019年4月21日、江戸川CRを走ってきました。例年3月下旬から4月上旬の菜の花満開シーズンに走っていますが、今年は都合がつかず、遅い時期になりました。それでも思ったよりは菜の花が残っていて、楽しむことができました。江戸川CRの後は、眼鏡の調整のために眼鏡店に立ち寄り。少しだけ街乗りも楽しみました。

 

さっそく江戸川CRに入ると、菜の花がほとんど見えません。ちょっと遅すぎたかな~、と心配しながら北へ走っていくと、少し菜の花が見えてきて、ひと安心。満開は過ぎているので隙間が目立ちますが、それでも黄色い絨毯感は楽しめます。一方で菜種になってしまった花も多いです。天気は薄曇りで、たまに太陽が顔を出す程度です。

  

今回は運河河口公園までは行かずに、その手前で折り返し。そのまま流山橋付近まで走ります。途中、藤の花が見事に咲いていました。他にもタンポポの綿帽子などで、春を感じます。

  

流山橋の手前で江戸川CRを下りて、眼鏡の調整のため、パリミキに向かいます。このあたりでようやく太陽が顔を見せてくれました。眼鏡の調整を終えたら、流山線沿いに市役所前経由で帰途につきます。馬頭観音を見たり、流山線とロードバイクのツーショットを撮影したりしました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 13.14km
平均速度 16.3km/h
最高速度 34.3km/h
走行時間 00:48:12
累計距離 1889.6km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ZEN川崎店が閉店

2019年4月14日、ZEN川崎店が閉店しました。いつも通り登りにいったら、ビルの入口に看板が出ていません。おかしいな、と思いつつ中へ入って行ったら、閉店の張り紙がありました。

自分がボルダリングを始めたのはこちらのジムなので、寂しいですね。確かに以前に比べて、客入りが落ちていましたし、少し前から営業時間の変更等があったので、閉店の兆候はあったようです。代わりに百合ヶ丘店がオープンしていました。

こちらの店舗はあまり広くないのですが、川崎駅と自宅の経路上にあって、便利な立地でした。今後は、京急川崎側にある壁家へ通うことになると思います。24時間営業だし、設備も便利なので楽しみですが、自宅との距離が気になる点ですね。徒歩圏内ではあるので、慣れですかねえ。


日立さくらロードレース2019(10km)に参加しました

2019年4月7日、日立で開催された日立さくらロードレースに参加してきました。遡ること数ヶ月、1月末頃に、お花見しながらランニングできる大会ないかな~、と調べたところ、こちらの大会を見つけたので、エントリー。

日立なので、早起きして日帰りで行けるつもりでしたが、茨城北部までの距離を舐めていたようで、水戸に前泊することになりました。てか、早朝の特急が走っていないのが痛いですね。一応始発で行けば8時30分すぎに日立駅に到着し、10kmレースのスタート時刻は9時なので、間に合うには間に合いますが、色々リスクを負うので、前泊としました。

レース当日、5時30分ごろに起きて、計測チップをシューズに装着。荷物預かり用の用紙を自宅へ忘れてきてしまったけど、まあ手ぶらでいっか。それからホテル併設のデニーズでモーニングセットをいただきます。10km走るには十分なエネルギー源です。その後ホテルをチェックアウトして、水戸駅のコインロッカーに荷物を預けて、常磐線で日立駅に向かいます。

日立駅に到着。ホームが人で溢れて、なかなか通路に上がれません。完全に駅のキャパシティオーバー。自分は特に準備もないので、のんびり待って、空いてきたら移動しました。

駅前に出ると、様々なブースのテントが出ていて、賑やかですね。そしてランナーの数もすごいです。トイレ行っておこうかな~、と思ったけど、長蛇の列だったので止めました。ゼッケンを留めたら、そろそろスタート時刻なので、平和通りに向かいます。途中の給水所で、スタート前の給水を済ませました。

  

平和通りは道路の両脇を桜並木に囲われており、まさに日立”さくら”ロードレースを体感できる場所です。だんだんと近づいてくるスタート時刻、招待選手2名の挨拶のあと、スターターの発砲と共にレーススタートです。最初は渋滞で、バラけるまでのんびり。スタートラインを越えて、しばらくの間桜並木が続きます。う~ん、気持ちいいですね。平和通りの終わり部分では、日立風流物の山車が披露されており、圧巻でした。

左に曲がって平和通りを抜けると、住宅街に入ります。真っ直ぐ走っていき、再び左へ曲がります。ここを真っ直ぐ進んでいくと、奥に日立バイパスが見えてきます。

日立バイパスを走れるのは、平和通りの桜並木と並んで、今回のレースの醍醐味なので、テンション上がって来ますね。バイパスに入る道は若干上り坂になっていますが、まだ元気なので大丈夫です。

右手に海を望みながら、気持ちよく走ります。だいたい2.5kmくらいの地点ですが、まだ団子状態は解消されません。でも多少は緩和されているので、上手く隙間を縫えば前へ出られる感じですね。

道中、給水所やバナナの配給があります。バナナは食べようか迷いましたが、普段食後すぐに走らないため、どんな感じになるか想像できず、止めておきました。

その後、徐々に団子状態は解消されて、自分のペースで走れるようになってきます。と言うわけでほんの少しペースアップ。普段のランニングペースに近づけます。

鶴首峠の交差点が見えて、3.5kmくらいですかね。この先の4km過ぎたあたりから少し足に疲れを感じてきたので、ペースを落としました。そこからさらに走って5kmの標識。勝手に5kmで折り返しだと思っていたので、折り返さずに真っ直ぐ進む展開に、少しだけ精神的ダメージ。

折り返し地点は、東滑川町五丁目交差点です。付近では和太鼓による演奏もあって、励まされます。

先述の通り、ペースを落として走っていましたが、7kmを過ぎたあたりから、一層足が重くなり、さらにペースダウン。1kmあたり7分を超え始めます。息はさほど上がっていないのですが、足がついていかない感じですね。後は手に極々僅かな痺れも出たので、給水しておいた方が良かったかも。

さて、ようやく日立バイパスの出口が見えてきました。9km地点過ぎ、もうひと頑張りです。幸町ガード下交差点を右に曲がってゴールに向かうのですが、最後の最後で来る短い上り坂が地味に堪えます。もうすぐゴールだと分かってはいますが、試走しておらず、地図もきちんとは見ていないので、正確な残りの距離は分からず、まだ慎重に走ります。遠くにフィニッシュゲートが見えたら、残っていた力を振り絞って、スパートを掛けました。

こうして無事10kmを完走しました。ゆっくりペースでしたが、「止まるんじゃねぇぞ……」をポリシーとして、一度も歩くことなく完走できて、良かったです。

終了後は、ドリンクとビニールバッグを貰えます。ビニールバッグの中には、あんぱんが入っていますので、さっそくエネルギー補給。それから計測チップを返却し、完走証発行所で完走証を受領します。結構混雑していましたが、完走の余韻と共に、のんびり待ちます。

一通りの作業を終えたら、会場の雰囲気を味わいつつ、次の目的地へ向けて発ちました。

ちなみに結果は以下の通り。うわー、遅いですねえ。種目順位については、来年からひとつ上の年齢カテゴリになるので、多少マシになるかもしれませんが。完走を目標にはしていますが、順位は良い方が気分も良いですしね。

記録 1時間13分08秒
種目順位 897位(申込者数1,127)
ネットタイム 1時間10分22秒

今回のレースで感じたことは、まずは脚力不足ですね。息は持っても足が上がらなくなってしまいました。そして普段10kmを走らないことによる、ペース配分の知見不足です。走り終えた時点で、足が重いとは言え、そこそこ余力が残っている状態でした。これをもう少しレース中に使いたいところですが、10kmを普段走っていないと、どれだけ残しておけば良いか分からず、不安なんですよね。結果、抑え気味なレース展開となってしまいました。

その他こぼれ話として、コスプレランナーも数名見かけました。ルパン一味が走っていたり、ルイージが走っていたり、機関車トーマスが走っていたり。特にトーマスは大変そうでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。