「 アウトドア・スポーツ 」一覧

アウトドアやスポーツ関連

10kmを走りきれずに歩いた

一度10kmを走ってみようと、2018年9月1日に走ってみました。昼間でしたが、曇りから雨になる予報でしたので、あまり暑さもきつくないだろうとの判断です。ところが予想に反して太陽が顔を出しています。気温は猛暑というほどではありませんが、湿度が高いので、ここに陽射しがくるとなかなか厳しいですね。後半は曇ってくれたのが救いです。そして走り終えた頃に雨が降り始めました。

とにかく10kmを走るために、ペースはだいぶ落としていたつもりでしたが、4km過ぎたあたりでバテてしまいました。腕や手に軽い痺れを感じたので、危ないと思って走るのを止めました。もしかしたら熱中症の前兆?熱中症で倒れた経験がないので分かりませんが。

それでも10kmの距離感は掴みたいので、歩き続けました。そしてたまに走ったり、歩いたりを繰り返し。結果は、10.01kmを1時間15分52秒でした。後半ほとんど歩いてたわりには、思っていたより時間掛かっていないですね。これなら次回のランニング大会で、最悪制限時間の超過は免れそうです。

10kmは想像以上に長いですねえ。5kmはたまに走るので距離感があるのですが、10kmは距離感がないこともあり、とても長く感じました。

なお、今回からRun Keeperというスマホのランニングアプリを導入してみました。まだ大して使いこなせていませんが、便利でいいですね。


平日は朝ラン or 夜ラン

基本的に休日走っていますが、それだとどうしても頻度を上げることができません。そこで平日に走ることが必要になりますが、使える時間帯は出社前の朝と帰宅後の夜になります。

以前にしばらく夜ランを続けたことがありますが、帰りが遅いと0時から走ったりと言うこともざらで、何だか寝つきが悪くなった気がして、止めてしまいました。体のアップが済んでいるという点では、夜ランも良いのですが、やはり理想は朝ランですね。

しかし、何度かチャレンジを試みた朝ランですが、朝起きた直後には、走ろうと言う意欲はなかなか湧いてきません。それでも先日、ついに試してみました。7時手前に起きて、7時30分ごろに2km近くを走りました。その日の体調にも依るでしょうし、疲れが溜まった週後半には難しいかもしれませんが、意外とやったらやれるものです。

平日をどうにか有効に活用したいですね。


真夏の江戸川CR2018

2018年8月14日、お盆休みで実家に戻った際に、江戸川CRを走ってきました。その日の夜も実家に泊まるので、時間を掛けて普段より遠い場所まで走りました。

出発前に自転車のメンテナンス。空気を入れたり、チェーンを掃除したり。相変わらずチェーンはいくら拭いても汚れが出てきてキリがないので、適当なところで切り上げました。

15時ごろ、家を出て江戸川CRに出ます。まずは南風に乗って、北へ気持ちよく走ります。草の丈が伸びて、夏を感じますね。天気が良くて太陽も照っているので、日焼け止めを塗ってあります。ノーガードだと結構焼けちゃうんですよねえ。

玉葉橋を越えると、やがてキッコーマンの野田工場が見えてきます。普段は醤油の香りが立ち込めているのですが、お盆休みで工場が停止中のようで、醤油の香りはしませんでした。

  

そして野田橋を越えます。ここから先は滅多に行かないので、ちょっとワクワクしますね。一応何回か走ったことはあるので、うっすらと記憶が蘇ります。車道との距離がだいぶ縮まるところは、そう言えばこうだったなあ、と懐かしく思いました。ソーラーパネル畑や東武野田線橋梁を通りすぎて、折り返し目標地点である宝珠花橋に到着です。

橋を渡って埼玉県へ。ここは春日部市になります。今度は南に向かって走ります。向かい風になるので、ここからが頑張りどころです。ただし風はあまり強くないので助かります。距離が長いので、向かい風が強烈だとかなり堪えそうです。

 

この近辺には野田滑空場があるので、空にグライダーの姿を見かけました。いいな~、ハードルは高いけれど、やっぱり空遊びは憧れますね。それから龍Q館を発見。こちらは以前に首都圏外郭放水路を見学した際に、訪れました。

何となく見覚えのある懐かしい道を走っていきます。土手沿いは空が広くて気分爽快です。途中道の上に蠢く何かを見つけたら、そこそこ大きめの蛇でビックリしました。

それから、ちょっと喉が渇いてきたな、と思っていたら、自動販売機のある休憩所がありました。トイレも設置されており、これはサイクリング利用者にありがたいですね。

 

ところで、走行中身体がムズムズするなあ、と思ったら、服の中にカナブンが入り込んでいました。往路で何かが身体にぶつかった記憶はありましたが、どうやらその時に入り込んだようです。ここまで1時間以上気づかなかったなんて。

 

玉葉橋手前の三叉路に今回も騙されつつ、玉葉橋を渡って千葉県側へ戻ります。玉葉橋の袂からは、良くトランペットの音色が聴こえてきます。休日の土手は、皆が思い思いに趣味を満喫していて、良いですね。

さて、いつものコースに戻ってきた安心感。運河河口公園のベンチで軽く休憩してから、ラスト区間へ。まだ夕焼けには早い時間でしたが、黄昏を感じる時間帯です。江戸川CRを夕方に走ることは、実家を出て以来少ないので、懐かしい感覚ですね。

今回の走行データは、以下の通りです。思ったより走りました。ただし、アップダウンのない平坦な道ですので、先月の筑波や5月の今治と比べると、距離のわりには随分と楽です。普段よりも長い距離ではあるので、それなりに疲れましたが、心地よい程度ですね。

走行距離 47.77km
平均速度 20.3km/h
最高速度 36.4km/h
走行時間 02:20:48
累計距離 1782.8km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ジム31日目~ムーブの大切さ

2018年8月11日、1週間ぶりにボルダリングをしてきました。普段はもっと間隔を空けてしまうので、二週続けては珍しいです。

この日は3/4面を使っている人がいたので、1/2面に挑みました。白5はクリアし、傾斜のきつい白7もクリアできました。白9は身体の運び方がイメージできなくて、一旦中止。

その後は灰1に挑戦。力押しで途中まで進んでいたけど、アドバイスを貰って、ムーブを修正してきました。自分は壁に平行に立って移動しがちなのですが、これだと足を大きく出せないのです。それより体を壁を垂直にした方が、踏み出せる一歩の幅が大きくなります。実際に試すまでは、不安定なイメージがあったのですが、いざやってみると安定感があります。ちょっと手に掛かる負荷が増えた気がしますが、トータルで見たら安定に繋がっています。ムーブの大切さを実感しました。

具体的には、最初は(1)のスタートから足を変えずに(2)を取りに行っていたのですが、(1)を持ったまま足を(A)へ移動して、それから(2)をつかむように変えました。足を先に動かすというのは頭では分かっていたのですが、手を(1)に置いたまま足を(A)に移すことが不安定なイメージがあって、試していませんでした。

あとこの課題の後半部分もアドバイスを貰いました。ただ、腕の疲弊と時間切れであまり試せていません。図で言うと、最初は(A)に足を置いた際に(4)(5)を掴んでいたのですが、そうではなくて(A)で安定している際には(3)(4)で掴み、(B)へ移す際に(5)を使うようです。

ムーブの大切さは分かっているつもりでも、なかなか上手く出来ておらず、自分の問題点にも気づきにくいので、アドバイスを貰えるのはいいですね。


腕に力が入らず登れなかった日

2018年8月4日、ボルダリングをしてきました。7月は結局行けなかったので、1ヶ月強ぶりです。

前回の仕掛かり課題であった灰9ですが、4面の配置替えがあったみたいで、なくなっていました。3面の方は以前のままっぽいですが、一部ホールドがなくなっているような気もします。とりあえず似たような課題で灰2があったので、トライ。しかし、スタートから次の一手が掴めません。あれー、以前の灰9もこんな感じだったっけ。もう少し届きそうな距離だった気が。写真の赤丸です。スタートはどこだか忘れました。同じく4面にある灰1にも挑戦しましたが、こちらは斜面の側面で、足をどこに置いたらいいのか分からず、スタートすら切れませんでした。

糸口が掴めないので、以前にクリアしたことのある灰6や灰8に挑戦しましたが、途中までしか登れません。ランクを落として白5にも挑戦してみましたが、腕に力が入らず、前半しか登れません。このまま何も登れないのはスッキリしないので、簡単な課題である白4だけはとりあえずクリアしておきました。

うーん、前回結構登れただけに、今回のボロボロっぷりは落胆しますね。思いのほか腕に力が入らなかった印象。エネルギーが足りなかったのか、密かに体重が増えているのか。まあ、通っている間隔が空いているのがそもそも大きな問題ですが、これを解決するには平日の夜に通える習慣を作るしかないんですよねえ。