「 スポーツ一般 」一覧

その他のスポーツ関連について

パラグライダーを始めたかったけど断念

海はスキューバダイビング、陸はいろいろ、後は空の遊びも何かやりたいな、と思って調べた結果、一番敷居が低いと言われているのが、パラグライダーでした。そこで詳しく調べてみたのですが、存外ハードルが高く、こりゃ無理だ、と言う結論に至りました。

まず、一人で飛べるようになるまで、通常1年以上掛かります。車の免許以上に厳しいですね。根詰めれば3か月程度でも取れるらしいですが、会社勤めしている身分では難しいです。地上や水中と違い、上級者が間近でフォローできないので、取得までの道程が厳しいことは納得です。事故が起きた場合、第三者を巻き込むリスクも高いですし。

そして上記にも絡みますが、基本的にスクールに長期間所属するので、ライセンス取得後も基本的にそこへ所属する形になるようです。毎回ビジターで各所を転々としているようなフライヤーはいなさそうでした。気楽にやりたい身としては、重荷に感じます。

ギア一式についても、わりと早い段階で揃える必要があります。スキューバダイビングのようにライセンス取得後にギアをレンタルする制度はありません。講習中に50万円以上するギア一式を揃えるのは、なかなか勇気の要ることだと思います。

そしてスクールの場所が基本的に山間部となり、南関東沿岸部に住んでいる身としては、至近でも片道2時間程度掛かってしまいます。長期間通うことを考えると、厳しいですね。

最後に、パラグライダー自体がとても自然に左右されるスポーツであることです。雨雪が少しでも降ったら無理で、風がなくても逆に強風でも無理で、さらに程よい強さの風であっても風向きが合わないと無理だったりします。良い風が来るのを丸一日待ち続けて、結局飛べない日とかもあるようで、なかなか気長さを要求されます。

以上のことから、中途半端な気持ちで手を出してしまうと大変だ、という判断です。一方で、それでも飛びたいと思わせるような魅力が空にはあるでしょうし、お金と時間さえあればなあ、と思いました。

と言うわけで、パラグライダーはいつかタンデム体験で飛べれば良いかなあ、と思っています。以前に茅ヶ崎へ飛びに行った際は、良い風が来なくて飛べず終いでした。前述の通り、自然にとても左右されるスポーツのため、パラグライダーだけを目的にすると、飛べなかった時に困ってしまうので、上手く合わせ技のプランを考えないとですね。


高所から飛び降りるアクティビティ

これまでスカイダイビングを1回、バンジージャンプを4回飛んできました。スカイダイビングは14年ほど前なので、記憶は鮮明ではないのですが、今回久しぶりに飛ぼうかと色々映像を見ていたら、思い出したことがあるので、書き記しておこうと思います。ちなみに、久しぶりに飛ぼうと思ったけど、やっぱり飛ばないことにしました。だって怖いから。

申込みの段階から漠然とした怖さがあり、実際に飛び出す直前まで、それはどんどん膨らんでいきます。スカイダイビングでは飛行機が上昇していく時が怖く、バンジージャンプでは階段を登っているときや待機している時に、何で申し込んでしまったんだ、という後悔を毎回していました。

ここまでが頭で感じる恐怖で、本当に直前になると、体で感じる恐怖に変わります。スカイダイビングですと、飛行機のドアから足を外へ下ろした時、バンジージャンプですと、飛び出し台から足の裏を半分宙へ出した時です。それまでは、頭の中で想像して恐怖していたものが、直接恐怖として感じるので、ものすごいダイレクト感があります。

ちなみに、スカイダイビングでは、洗濯機の中に放り込まれたようなきりもみ状態がすごく印象に残っているのですが、色々映像や情報を見ると、最初の数秒程度なんですね。一番楽しい安定状態でのフリーフォールがあまり記憶にないのですが、余裕がなかったのかもしれません。

今回、飛ぼうと思ったけど止める際に、何だか逃げているような気持になり、葛藤がありました。しかし、特に好きでもなく、度胸試しの意味合いが大きいのなら、一生に一度体験すればいいかなあ、と言う結論に至りました。


三浦海岸で初乗馬しました

前から何となく乗馬をしたいと思っており、機会があればと伺っていました。思いきりのめり込みたいと言うよりは、少し嗜んでみたいという程度のノリです。伊豆や長野など関東近郊を想定して探していましたが、調べていたら三浦海岸で乗馬できることを知りました。ダイビングでも馴染みのある三浦半島ということで、俄然やる気が高まり、この機に始めてみようと思います。しかし土日は1ヶ月先まで予約が埋まっており、年度末の年休消化を兼ねて、月曜日に申し込みました。

2017年3月27日、午後からの枠に申し込んだので、12時30分ごろ三浦海岸駅に到着です。電車で1時間とそれなりに掛かりますが、特急タイプの車両で座れれば、わりと快適です。駅から10分ほど歩いて、ホーストレッキングファーム三浦海岸に着きました。事務所の建屋が若干分かりにくく、最初は通り過ぎてしまいました。

申込み書に記入して受付を済ませたら、装備を受け取ります。ヘルメット、プロテクター(ジャケットみたいの)、チョップス、ブーツを装備します。手袋は持参しました。

続いて厩舎に行き、馬と対面します。今回乗る馬は、ナポレオンという名前だったと思います。それほど大柄ではない馬です。毛並がとてもきれいで、目が可愛いですね。でも筋骨隆々としており、とても力強そうです。

簡単なレクチャを受けたら、さっそく騎乗します。最初は普通に歩くだけでも振り落とされないか、ドキドキしますね。草を食むために首を下げただけで、おおぅ、となっちゃいます。

ところで、どうやって海岸まで行くのかな、と思っていたら、普通に市街地を通っていきました。地元の方にはよく見慣れた光景なのだと思いますが、それなりに注目されます。パカラパカラという蹄鉄の音を響かせながら、しばらく乗っていると、揺れる感覚に慣れてきますね。しかし、ときどき段差でガクッとなると、まだ驚いてしまいます。馬に乗ると目線が高くなる、と良く言われますが、実際その通りで、特に市街地では、普段の目線の高さとの違いを感じました。

海岸沿いの横断歩道を渡り、ついに砂浜に着きました。事前レッスンつきのコースで申し込んでいたので、まずはここで基本動作の練習を30分ほど行ないます。補助してもらいながら馬に騎乗し、手綱の持ち方、進み方、止め方、左右の方向転換について、練習です。ちゃんと訓練されているので、初心者が乗っていても、結構言うことを聞いてくれます。スタッフさんが横に付いて、馬をコントロールしてくれている点が大きいのだとは思いますが。

一通り練習したら、いざ海岸を乗馬トレッキングします。馬は機械ではないので、自分の意思がダイレクトに反映されるわけではありません。キョロキョロよそ見をしたり、止まってなかなか動いてくれなかったりしますが、そうした個別の意思を持つパートナー感が魅力でもあるのかな、と思います。うんちも良くしていました。都度回収されます。

馬上で見ていると、耳があちこちに動いて、周囲の状況を探っている様子が分かります。そうした馬に、手綱やわき腹への蹴りなどを通じてこちらの意思を伝えて、進みたい方向に進めます。普段は複数の馬でトレッキングするそうですが、この日は1匹となったので、寂しがってよく嘶きます。結構大きな声なので、少し驚きます。あらかじめ知らされていないと、機嫌が悪いのかな、と思ってしまいますね。

途中、海岸に流れ着いた海草を食べさせつつ、海にそそぐ小川を渡ったら、小さな草原でひと休み。水はあまり好きではないようで、あまり水際には近づきませんでした。休憩中は馬から下りました。馬は何かが気になるようで、落ち着きがありません。前述の通りそれほど大柄な馬ではありませんが、それでもパワーはすごいですね。

その後は来た道を戻り、最初に練習した内容を復習したら、砂浜をあとにします。続いては、高台にある畑に向かいます。途中トレッキングファームへの分かれ道があるので、馬が帰れると思い、そちらに行きたがったりします。高台の畑からは、先ほどまでいた海岸を見下ろすことが出来て、気持ち良いです。そこそこ起伏のある細い道を歩くので、海岸とは違った楽しみがあります。

その後はトレッキングファームに戻り、馬と別れます。レンタルした馬具類を返却したら、解散です。この日は午前中に雨が降り、天気が不安でしたが、午後から晴れて良かったです。ただ、空気がひんやりして風が強かったので、結構寒かったですね。動きやすさを考慮して、コートは着ませんでしたが、何か一枚羽織るものを持っていけば良かったです。

こうして初めての乗馬体験を終えました。観光乗馬等の記憶は思い出せる限りはないので、初めて馬に乗ったと思います。また機会を見つけて、乗ってみたいですね。なお、騎乗中に写真撮影はできないので、馬上目線の写真はありません。手綱から手を離すのは、ハンドルから手を離すのと同義で、危険ですからね。

学んだ内容を、箇条書きで書き残しておきます。

  • 騎乗する際は、たてがみと手綱を左手で束ねて持ち、右手は鞍の上に乗せて、馬の左側から左足を鐙に乗せ、右足を跨ぐ。右足を跨ぐのは、思ったより難しくなかった。
  • 手綱は、右側を短く持って外側へ引けば右側に、左はその逆へ進む。引くと馬は口のなかが痛くなり、それを避けるために向きを変えるので、むやみに引くのはダメ。
  • 手綱の両側を短く持って引くと、停止の合図。
  • 進むときは、脇腹をかかとで蹴る。これがなかなか強く蹴れなかった。加減というより姿勢の問題で、どうも上手く力が入らない。
  • 降りるときは、たてがみと手綱を左手で束ねて持ち、右足を跨いだらお腹は鞍の上に乗せ、左足を外して滑るように下りる

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


支笏湖と札幌の旅~2日目

二日目の朝、部屋の窓から外を見渡します。昨晩は暗くて分かりませんでしたが、良い感じに紅葉していそうです。朝食はビュッフェ形式で、和食洋食いろいろいただきました。

予約していたカヌー体験の集合時刻は10時手前でしたが、朝の湖畔散策も兼ねて9時すぎにホテルから出かけます。宿泊している休暇村は少し高台にあり、周りを木々に囲われています。宿の前は森の中の広場みたいになっており、紅葉した木々が目を楽しませてくれます。支笏湖を見渡せる展望台もありました。この日は天気は良かったのですが、ガスが出ており、遠くのほうは少し霞んでいました。

高台からの階段を下りて、湖のそばへ向かいます。1分ほど階段を下ると、親水公園エリアに出ます。そこから湖の様子を見ると、意外と波が立っており、カヌー大丈夫かなあ、と不安になりました。

それから真っ赤な山線鉄橋を渡り、遊覧船乗り場などがある場所へ行きます。そこから坂道を登ると、色々なお店の並ぶ支笏湖の中心街っぽい場所に出ます。辺りを見渡し、カヌーショップの場所は分かったので、集合時間まで適当に過ごします。

9時50分、カヌーショップに行きます。今回お世話になるのは、支笏湖ガイドハウスかのあ。乗るのはカナディアンカヌーで、2人乗りです。他のメンバーは6人の団体だったので、自分はガイドさんと同乗することになりました。この日の支笏湖は波が高いので、千歳川のほうでカヌー体験となります。貴重品やカメラなどの荷物は、専用の防水鞄に入れて、持って行きます。

ショップから歩いて数分で、千歳川沿いにあるカヌー乗り場に到着です。さっそくオールを使って、基本的なレクチャーが行われます。前漕ぎと後ろ漕ぎとホールド、そして前後の人がこれらを組み合わせることで、カヌーがどのように舵取りされるのかが、説明されます。1本の棒の前後の紐をつけて引っ張ったら、どのように棒は動くか、で想像しましたが、なかなか瞬時には出てきません。まあ、現場では脊髄反射なのでしょうね。

さっそくカヌーに乗ります。転覆しないように、足は広げて膝は低い位置に持ってきて、重心を安定させます。両足をカヌーにくっつけるようなイメージですね。ガイドさんが同乗してくれているおかげで、自分のカヌーはスムーズに進みます。低い目線の川から眺める紅葉は、新鮮ですねえ。川との一体感が良いです。

オールで水を漕ぐ時ですが、意外と水の抵抗を感じます。特にホールドさせようとした時は、如実ですね。スポーツとして素早く進むような場合は、相当上半身の力を使うんだな、と思いました。

千歳川ですが、水深は中央部分で6メートルほどあるそうです。浅場だと水底まで見渡すことが出来て、生い茂る水草や小魚たちが泳ぎ回る光景を見られます。まさに清流ですね。赤く染まった姫マスが2匹泳ぐ姿も、見ることが出来ました。ちょうど昨日あたりに、今シーズン初目撃だったそうです。夏場は海老が浅場に出てきて、冬場は姫マスが浅場に出てくるとのことで、逆に海老のほうは見られませんでした。

こうしてカヌー体験は終了です。初めてのカヌーでしたが、川との一体感が楽しかったです。でも少し酔った感じなので、酔い止めを飲んでおけば良かったです。水面は穏やかでしたが、多少は酔いますね。

ちょうどお昼時でしたので、トントンにて昼食をいただくことにしました。注文したのは、姫ます天ぷらそば。時期の都合上、姫マスは冷凍品を使用しているとの表示がありましたが、やはり支笏湖名物であるチップこと姫マスは食べておきたいのです。さくさく天ぷらとお蕎麦を、おいしくいただきました。

さて、水で楽しんだ後は、山で楽しみます。向かった先は、紋別岳。最初、通行止めの看板に思わず引き返してしまいましたが、徒歩で登る分には気にしなくて良かったみたいです。登山口入口にあった登山届に記入を済ませて、いざ登ります。

山頂にNTTの通信施設があるため、舗装された道路がずっと続いており、とても登りやすいです。自分はかなりの軽装備で登っています。ちょうど紅葉の盛りで、きれいですね。高さが上がっていくと、少しずつ木々の間から支笏湖が見えるようになってきます。湖とは反対側も、紅葉した山々が広がり、良い景色です。

しばらく登ると平たい道が続きます。そろそろ頂上か、と思ったら、その先にもうひと山が見えました。予想より遠かったので、ちょっとうへぇ、となりました。道が舗装されているので、距離ほど時間は掛からないのですが。

さらに高いところへ進むにつれて、視界が開けてきました。木の丈も少し低くなり、笹が広がる高原らしい光景が広がります。眼下には空を映す支笏湖が見えます。ガスが掛かっていますが、その分幻想的にも見えて、良いです。山肌の紅葉も美しいですね。

そして、ついに山頂に到着です。前述の通りNTTの通信施設があるので、山頂の看板などはなく、歩けるエリアも制限されています。なので、景色自体は山頂の少し手前の方が良いかもしれません。

さて、ちょうど山頂に着いたあたりで、天気が下り坂になってきました。青空は見えますが、雲が太陽を隠してしまっているので、景色が映えません。というわけで、あまり長居はせずに山を下ります。行きは結構長く感じましたが、帰りは距離が分かっている分、そうでもないですね。

下山した後は、住宅街を縫って湖畔へ出ました。夕日狙いでしたが、前述の通り雲が出てきてしまったので、あまり期待は出来ません。ベンチに腰掛けてガラナを飲みつつ、日が落ちるのを待ちます。そして日没時刻の手前、雲の中へ夕日が落ちていきました。やはり真っ赤に染まることはありませんでしたが、湖越しの夕日を楽しめたので、まあ満足です。

山線鉄橋を渡って、宿へと戻ります。しかし、湖畔だからか、ブヨがやたら多いポイントがあります。この鉄橋界隈もそのひとつで、服に張り付いたブヨを払うのにひと苦労。

宿に戻ったら、夕食をいただきます。この日は一品料理として、大粒牡蠣フライを頼んでいました。なかなかのボリュームで、本来は二人くらいでシェアするんだろうなあ。加えて、お造り、ジンギスカン、鰆の西京焼き、蓮根のはさみ揚げなどを、美味しくいただきました。お酒は、まる田を一合。金滴を頼むつもりでしたが、何故かまる田を注文していました。これも何かの縁。

食後は、近くをお散歩。街灯はほとんどないので、足元が見えないほどの暗闇です。街中だとここまでの闇は、なかなか体験できませんね。星空は、雲のせいか、満月のせいか、それほど見えませんでした。代わりに、木々の間から覗く満月を撮影してみました。帰り道、何やら動物の気配、周りがまったく見えないので、意外と怖いです。少しビビりながら、宿へと戻りました。

宿へ戻ったら、温泉に入ります。昨日はサウナが終わっている時間でしたので、温めでしたが、この日は熱々のサウナを楽しめました。あまり他の宿泊客と重ならず、良かったです。

部屋に戻った後は、テレビなどを見つつ、23時すぎに就寝しました。


竜神大吊橋でバンジージャンプ

2016年3月12日、竜神大吊橋でバンジージャンプしてきました。軽いつもりで友人と話していたのですが、思った以上に友人が乗り気となり、トントン拍子に決まりました。

場所は竜神川に架かる竜神大吊橋。バンジーの高さは国内最高となる100メートルです。茨城県の北側にあり、都心からは結構遠いです。バンジーやる人はそんなにいないだろうと思っていたら、予約枠がわりと埋まっており、当初予定していた枠は空いていませんでした。というわけで、事前にウェブサイトで予約しておきました。ちょっと遅めの時間です。お値段は1回15,000円なので、飛べなかったらかなりもったいないです。

上野駅で友人と合流し、ひたち号で水戸駅へ。座席間も広くて快適ですね~。そこから水郷線に乗り換えて、上菅谷で再び乗り換え。支線に入って常陸太田駅に到着です。およそ3時間の電車の旅でした。

ここからさらにバスに乗るのですが、その待ち時間の間に、駅前のテーブルで、水戸駅で買った牛べんを食べました。北で標高もちょっと高いせいか、わりと寒いですね。

駅前からバスに乗って40分ほどで、竜神大吊橋前の停留所に着きました。ここからわりと急な上り坂を10分くらい進んで、ようやく竜神大吊橋が見えてきます。

山間に青く浮かぶ巨大な吊橋。柱の太さなどのスケールに圧巻ですね。袂からは、バンジージャンプで飛び降りる人の姿が見えます。吊橋だけを観光しに来た人たちの見世物になっています(苦笑)。天気は、時折日が差すものの、全体的に曇り空。大自然のなかのバンジージャンプなので、晴れてくれると嬉しかったですが、天気だけはどうにも出来ませんね。

一旦バンジージャンプの受付に向かうも、予約の時間になったらまた来るように言われたので、ぶらぶらと暇つぶし。とは言え、そんなに時間を潰せる場所もないので、手持ち無沙汰。外は結構寒いので、いちごソフトを食べたりしつつ、主にはレストハウスの中で過ごしていました。

時間が来たので、いざバンジージャンプの準備へ。予定が押しているらしく、予約時刻より遅れています。タブレット端末で、色々必要事項を入力し、それからハーネスの装着。準備が完了したら、橋の上を通ってバンジー台へ向かいます。

橋の中央付近に柵扉があり、その脇に付いた階段を下りて、橋の下に接続したバンジー台に入ります。床は金網状になっており、下が丸見え状態です。何というか、橋の下にくっついているこのバンジー台にいること自体が、若干怖いです。

さて、我々が着いた時、バンジー台では、前のグループが飛んでいました。そのうちの1人が怯んでしまって飛べなくなり、何度かカウントダウンが行われるものの、結局リタイアしていました。一度恐れてしまうと、恐怖が増幅されるので、厳しいですよねー。それを思うと、バラエティ番組のアレは、ガチならすごいなあ、と思いました。飛べなかった彼は、長いことこの件でいじられていくんだろうなあ、と思いました。そんな感じのグループでしたし。ちなみにスタッフの話によると、6人に1人くらいは飛べない人が出るそうです。

さて、続いて我々の番です。自分が唯一のバンジージャンプ経験者だったので、トップバッターです。経験しているとはいえ、待っている時は時折足が震えましたし、怖いものは怖いです。というか恐怖を感じなくなったらむしろ危険ですしね。靴が脱げるのが嫌だったので、靴を脱いで飛ぶことにしました。足を固定する器具を付けられ、装備のチェックを終えたら、ゲートの中へ進みます。ここでバンジーロープとの接続を行います。この辺りで覚悟が固まりますね。

縁に立って、眼下を見下ろすと、遥か下に竜神川の水面が見えます。やはり何回やってもこの瞬間は怖気づきます。カウントダウンが始まったので、バンジー!の掛け声に合わせて、体を前に倒して、その後は重力に引きずり込まれるように落ちていきました。

100メートルバンジーは、さすがに落下時間が少し長くて、落ちている時間を意識することが出来ました。重力加速度から計算すると、3~4秒くらいですかね。極限状態だからか、単にスピードの問題か、視界が狭まって中央部分以外には集中線が走ったみたいに見えました。

その後は何回かバウンドして、揺れが収まったら、ウインチで回収されます。まず足を固定している器具のマジックテープを引き剥がします。その後の、上から降ろされた器具をハーネスと接続する作業は、ニュージーランドでのバンジージャンプと同じ方式です。この宙に吊るされた状態は、飛び降りるときとはまた違う怖さがあるのですが、一応経験があるので、見物客に手を振るくらいの余裕は持てました。

回収後は、友人の飛び降りる番を見守ります。わりと飄々とした感じでしたが、飛び降りる直前に少し表情が変わりました。それでも一発で飛び降りることが出来て、さすがでした。これまでバンジージャンプは1人で挑戦してきましたが、友人と一緒に行くと、後で感想を語り合えて楽しいですね。

その後は受付に戻って証明書を貰って終了、なのですが、バンジージャンプの時の写真が欲しくなってしまったので、購入することにしました。で、料金の支払いが受付の所にある券売機で、受け取りはバンジー台なので、余分に一往復するはめに。結構距離があるので大変です。写真が欲しい人は、最初に購入しておいた方が良いです。

その後は、坂を下りて、バス停から数分ほどの場所にある温泉施設、竜っちゃん乃湯へ向かいました。泉質は単純温泉です。露天風呂があったので、涼しい風と温かいお湯の組合せが最高でした。ちなみに、今回入ったのはさくらの湯でしたが、もみじの湯には露天風呂の代わりにサウナがあるそうです。まあ、バスの出発まであまり時間がなかったので、露天風呂だけで十分満足でした。

バンジージャンプ客にはアイスのサービスがあったので、いただきました。バスに乗る前に食べきりたかったので、ちょっと焦り気味にmogmog。

夕暮れの常陸太田駅に着いたら、水郷線に乗って水戸駅へ。帰りは上菅谷での乗り換えはありません。水戸駅に着いたら、駅ビルでお土産を物色。酒の肴に合いそうな直火あんこうを買いました。

その後は五鐡夢境庵へ向かいます。ちょうど梅の時期なので、駅前には鉢植えの梅があったりして、梅まつり仕様になっています。

少し迷いつつも、お店に到着しました。2階の趣ある個室に通されます。さっそく前菜で様々な味を楽しみます。見ため、味、食感、コース料理の前菜は、本当に食を楽しむ感じがして、良いですね。その後も、お造りや、味噌と合わせた常陸牛のステーキなどを堪能します。それからメインのあんこう鍋。締めは、あんこう鍋の旨味をたっぷりと吸った雑炊をいただきます。最後は甘味で、ご馳走様でした。ちなみにお酒は渡舟。純米吟醸なのでまろやかな感じを想像していたら、結構ぴりっと主張するお酒でした。友人が頼んだ別銘柄のほうが、口当たりは良かったですね。

食事を終えて、水戸駅に戻ります。特急の発車まで余裕があったので、エクセルシオールカフェにて、ブレンドコーヒーにて一服します。21時20分に水戸駅を出発して、上野で友人と別れ、品川まで行きました。それから、東海道線で帰途へ。思ったより寒かったので、風邪を引きそうです。北関東の内地へ行くには、もう少し羽織って行くべきでした。

載せきれなかった写真については、こちらをご覧下さい。

ちなみに、今回が4回目のバンジージャンプです。過去のバンジージャンプはこちら。