「 登山・トレッキング 」一覧

登山やトレッキング

金剛山に登ってきました

2018年10月27日、大阪府と奈良県の境目にある金剛山に登ってきました。金剛山は大阪府で一番高い山です。以前に天保山に登山?しているので、大阪府の最高峰と最低峰を登ったことになります。南海線で河内長野駅まで行き、そこからバスで金剛登山口まで行き、下車。登山口には数軒のお店がありますが、すぐに登山道に入ります。

  

登るルートは千早本道ルート。階段など整備されていて、基本的に歩きやすいです。しばらくは木々に囲まれた山道を進みます。足元にはノコンギクなどの山野草を見かけます。一方の天気はあいにくの曇り空。大阪中心部は晴れてきていたのに、南の方へ来たら曇ってしまいました。

半分くらい登ったところで、休憩ポイントがあります。ウルトラマンとバルタン星人のSD石像が置かれていました。どういういきさつで寄贈されたのか、気になります。周りを見ても、特に情報は書かれていませんでした。

ここでは特に休まずに登り続けます。時々小雨が舞いますが、レインウェアを着るほどではありません。周りの杉林には霧が掛かり、幻想的な雰囲気になりました。

 

ついに見えてきた九合目の看板、楽な道と近道の選択を迫られます。せっかくなので、近道を選びました。思ったほど急勾配ではなかったです。これなら近道でいいかも。

   

そして山頂に到着です。広場になっており、売店や転法輪寺があります。真っ赤に染まったモミジがきれいですね。一方、気温表示は8度。登っている時は特に寒さを感じませんでしたが、山頂に着いてじっとしていると、途端に寒さが身に染みてきます。なので、売店ではおでんをいただきました。身体が温まる~。

 

山頂の看板は、少し上がった国見城址にあります。金剛山頂海抜1,125メートル。国見の名前の通り、眺望が良くて、大阪平野を見渡すことができます。山肌もいくらか紅葉が見られました。

  

このまま山頂エリアを進みます。赤い灯籠が並ぶ参道を進んでいくと、夫婦杉や福石、そして葛木神社が見えてきました。紅葉に囲まれて風情があります。さっそく参拝して色々祈願したのですが、あとで一言主神社だと知りました。

 

それから神社裏手を回って、ブナ林の紅葉を楽しみます。途中少し視界が開ける場所があり、紅葉した山肌を楽しめます。それから仁王杉などを見つつ、ちはや園地に着きました。

 

展望台があったので登ってみました。周りの木々より目線が高くなるので、見晴らしが良いです。山肌を登る雲や、山頂に建つ電波塔などを見られます。

それから高山植物観察路を歩いてみます。いくつか咲いている花もありましたが、10月末ということで、ほとんどが枯れてしまった後でした。

  

少し道に迷ってロープウェイ乗り場に出てしまったりしつつも、軌道修正してピクニック広場に到着。午前中は雲が厚かったですが、午後になってようやく晴れ間が覗いてきました。おかげで、青空とススキと紅葉といった、秋らしい写真を撮ることが出来ました。

 

ピクニック広場を後にして、先へ進みます。道中、ダイヤモンドトレイルの看板を発見。いつか歩いてみたいですね。

  

さて、下山ルートは伏見峠ルートです。舗装された下り道が続きます。車も通れる道で、下山中1台だけ下っていく車を見かけました。道の脇には、沢が走り、夏場は気持ち良さそうですね。しかし結構な急勾配で、登りだったら大変だったかも。いくつかの滝や千早のトチノキを見つつ、15時20分ごろ金剛山ロープウェイ前に着きました。

こうして金剛山登山を無事終えました。関西の高尾山のような山だと聞いていたので、土曜日だしそこそこ混雑するかな、と思っていましたが、午前中の天気が微妙だったこともあってか、思いのほか人がいませんでした。適度な人出で良かったです。回数登山のシステムが有名な金剛山ですが、さすがにそう気軽には来られないので、記録はせずです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


登山用にレインウェアを購入

登山の必須アイテムであるレインウェアを所持していなかったので、好日山荘に出かけて買ってきました。最近出かけているような初心者向けの日帰り登山では、天気の急変はあまりないケースが多いのですが、もう少し踏み込んだ登山を行う場合、持っていないと不安だし危険です。

購入したのは、berghausのパックライト レインスーツ/カラーIN7です。憧れのゴアテックス素材になります。お値段は30,000円超でした。かなり軽量で、大きさもほとんど嵩張りません。先日の金剛山登山に持参しましたが、小雨がパラついた程度でしたので、結局未着用。早く実用してみたいですが、雨の日はそう都合よくやっては来ません。しかし、レインウェアを購入したことで、登山の選択肢が増えるので、楽しみです。


丹沢大山に登ってきました

2018年05月26日、日帰り登山が出来る山ということで、大山に登ってきました。横浜から相鉄線と小田急線を乗り継いで、伊勢原駅で下車。ここからバスに乗って大山ケーブルを目指しますが、満員バス。1本見送り、次のバスに乗りました。さすが新緑のベストシーズンの週末。なるべく早く行こうと思いつつ出遅れて、混み合いそうな時間帯になってしまいました。

30分ほどバスに揺られて、大山テーブル前バス停に到着。ここからこま参道を歩いて、ケーブルカー乗り場を目指します。上り階段が続いて、地味にきついです。

ケーブルカー乗り場で片道切符を買い、12時の便に乗車。大山寺あたりの斜度がすごいです。6分ほど乗車して、終点の阿夫利神社駅で降りました。

 

阿夫利神社下社の境内を軽く見学。日本三大獅子山のひとつである大山獅子山があります。周りには干支の動物たちの像があります。自分は申年なので、ついつい申を探してしまいます。安全登山を祈願したら、いざ登山口へ。

   

さっそく出迎えてくれる長い石段。結構急勾配です。ここだけでいきなり疲れてしまいました。石段を登りきったら、普通の山道が始まります。ちょっとしたガレ場はありますが、整備されていて歩きやすい登山道です。夫婦杉、天狗の鼻突き岩などを見つつ、富士見台へ。

残念ながらほんのりと靄っていて、富士山の姿を望むことは出来ませんでした。目をこらすと、あれが富士山の稜線かな……と言うのが見えた気もしますが、気のせいかもしれない、そんなレベル。そう言えば、このあたりでテレビカメラが1台いました。小規模な感じだったけど、何かのロケかな。

 

小休止した後は、再び登ります。少し平坦な道が続く区間があって、ほっとひと息。そして見えてくるのは、頂上まであと10分の看板。勾配は大してないですが、小さい石が転がっているので、地味に歩きづらいところ。鳥居をくぐり、しばらく歩くと、山頂が見えてきました。

標高1,251メートル、ついに大山山頂に到達です。軽く景色を見たら、まずは腹ごしらえ。大山茶屋でカレーライスをいただきます。山で食べるカレーは一段と美味ですね。

  

食事を終えたら、山頂エリアを散策します。大山山頂の標識を探したり、阿夫利神社奥の院を見たりしました。ちょうどお昼時なので、山頂では多くの人が食事をとっています。食事処はありますが、持参する人が多いんですね。

山頂エリアから一段下の広場へ移動して、ここで景色を楽しみます。曇り空と薄い靄で、絶景とは言えないですが、一応地上は見渡せるので、気持ちのいい景色です。なお、風の抜ける場所は涼しいですが、そうではない場所は意外と蒸し暑いです。

ぼーっとしながら休憩していたのですが、近くにいた大学生グループが、行程を巡って喧嘩気味になっていました。山は人の本性を暴きますね。

 

さて、下山します。帰りは見晴台経由で帰ります。最初は低い木々が広がるエリアで、見晴らしも良く気持ちの良い道が続きます。しばらくすると高い木々に囲まれますが、時折眺望が開けます。途中鎖場もありますが、この日は地面も乾いていたので、特に難しさはありません。

 

下り道の中、上り道が始まると、見晴台に到着です。結構大きな広場で、ベンチがたくさん置かれています。そして見晴台の名前の通り、眺望が開けています。標高はあまり高くないので、山を見渡す感じのほうが強いかもしれません。

 

見晴台で小休止した後は、熊出没注意の看板が立つ杉林の中へ進みます。ここから先は比較的歩きやすい道になっています。途中二重社に参拝して、二重滝を観賞。社の裏手に小さな梯子があり、そこから滝壺のそばまで降りられます。[

そして気づいたら阿夫利神社下社に着いていました。往路と違う道なので、全然気づきませんでした。さて、何か小腹に入れたい気分なので、さくらやにて、大山豆腐を使った豆腐ソフトクリームをいただきます。豆腐感を感じ取るのは難しかったですが、美味しかったです。

ふと後ろを見ると、鹿がいました。勝手に居座っているのか、保護されているのか、良く分からないシチュエーションですね。じっと見ていると、じっと見返してきました。

トイレを済ませた後は、さらに下山します。復路ではケーブルカーを使わずに下りようと思います。道は男坂と女坂がありますが、大山寺へ寄りたいので、女坂へ進みます。整備されていますが、結構急階段なので、ケーブルカーを使わずに登ってくるのは体力消耗しそうです。道中、女坂の七不思議なるものを眺めつつ、下っていきます。

  

そして大山寺に着きました。日が傾いできて、境内も落ち着いた雰囲気になっています。参道の石段に架かる青椛が美しいですね。青銅製の宝篋印塔も立派です。自分はやりませんでしたが、かわら投げもありました。

大山寺を後にしたら、再び女坂を下ります。そのうちケーブルカーの駅が横に見えてきて、下山完了。

お腹も空いたので、こま参道にあるかんき楼にて、とろろご飯をいただきました。本当は大山豆腐を食べるつもりでしたが、売り切れでしたので、大山自然薯を堪能することにしました。お酒は迷いましたが、だいぶ疲れていたので自粛して、烏龍茶をいただきました。

その後はお土産屋さんで、十度漬けのお煎餅を1枚買いました。さすが十度漬け、見頃に真っ黒です。

こま参道を抜けたら、大山ケーブル前バス停へ。往きと同じく大行列でしたが、タイミング良く次発が来たので、座れて良かったです。18時ごろ伊勢原駅に着いて、後は電車に揺られて帰りました。

往復4時間くらいの登山でしたが、結構疲れました。普段から登っていないと、体力が落ちちゃいますね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


登山用のインナーシャツとズボンを購入

ご無沙汰していた山登りを再開しようと思い、とりあえず最低限の衣類を揃えてみました。値段も安くないので、最初に買うものは限定します。少し考えた結果、リュックで背中が蒸れる上半身は速乾性のインナーが欲しく、メインに使う脚にも山登り用のものが欲しい、という結論になりました。

というわけで、駅前にある好日山荘で、下記を購入。

  • DORO LIGHT PANT(THE NORTH FACE)
  • L/S DRY Crew(THE NORTH FACE)

さっそく先日の高尾山で使ってみました。感想は、薄くて軽いのに、丈夫で気持ちいい、です。この後普通の綿のTシャツを着たら、かなり暑く感じました。これまで何て登りにくい格好で登っていたんだろう、と思ってしまいます。

パンツは13,000円、シャツは4,300円で、決して安くはありませんが、お値段相応の価値があると感じました。ゆくゆくはインナーショーツや、アウター上着も揃えていけたらと思います。


高尾山に登ってみた

2018年04月26日、高尾山に登ってきました。日帰りで気軽に登れる山を探していたのですが、電車の駅から至近ということで、高尾山に決めました。

登山と言えば朝早いものですが、のんびりとして9時30分ごろ家を出ます。南武線で分倍河原まで行き、そこから京王線で高尾山口まで行って下車しました。天気は快晴で絶好の登山日和。

 

駅から数分歩くと、ケーブルカーやリフトの清滝駅が見える広場に出ます。そこから1号路を探して、登山を始めます。普通の道路を少し行った先に案内があるので、少し迷ってしまいました。

 

1号路は薬王院の参拝路ともなっているようで、道は舗装されており、道のわきには寄進された石像などが並んでいます。花はシャガの花が目立ちますね。白と紫の花弁が、参道を彩っていました。

 

天気が良かったので、新緑がとても眩しく、気持ちいいです。ただ勾配は思ったよりきつくて息が上がります。途中はかなりスローペースで歩きました。ケーブルカーの高尾山山頂駅が見えると、勾配はほぼなくなります。

 

ここからは登山というより、寺社の境内をお参りしている感じですね。たこ杉やひっぱりだこを眺めたり、途中の開けた場所から、平野を見下ろしたりしました。ここは山頂より眺望が良いかもしれません。

また、平日ということもあって、小学生の遠足とよくすれ違います。目を見てちゃんとあいさつしてくれる子はこちらも気持ちいいのですが、ただ「こにちわーこにちわー」と言葉だけ吐き出しているのは、どうにもう~んと言う気持ちになりますね。

   

それから浄心門をくぐり、神変堂を見て、男坂を登ります。やがて山門にたどり着き、御本堂と御本社でお参りしました。そこから少し歩くと、高尾山山頂に到達です。

  

というわけで、高尾山山頂に着きました。標高599.15メートル。山頂はそこそこ広く、大勢の人で賑わっています。平野の方を見渡せば、そこには多くの街が広がりますが、向きを変えると山々が連なり、山のど真ん中にいる気分になります。

ちょうどお昼時でしたので、曙亭にて高尾山名物の冷やしとろろ蕎麦をいただきました。蕎麦にたっぷりととろろを絡めつつ、ひんやりとした汁で口に放り込みます。座った席から正面に山々の姿が見えて、とても気持ちいいです。

お腹を満たしたあとは、ファミリーに写真撮影を頼まれたりしつつ、いよいよ下山開始。帰りは6号路を使います。こちらは所謂山道ですね。木の根や岩などが剥き出しになっている道を下っていきます。

1号路は後半が平坦ですが、その分ケーブルカー区間の勾配がきつくて疲れます。登りは6号路のほうが良かったのかもしれません。

6号路はほとんどが沢の隣を歩く形になるので、涼しくて良いです。この日も若干暑く感じるはずの気温でしたが、6号路を下っている時はまったく暑さを感じませんでした。

だいぶ下りてきたところで、看板を見つけた琵琶滝に寄り道。もう少し大きい滝を想像していましたが、わりと小振りな滝でした。修行にも使うらしく、近くには小さな御堂もありました。

下山した後は、少し一般道を歩きます。お地蔵様が並ぶ姿などを見つつ、5分ほどで元の広場に戻ってきました。近くにある温泉に心惹かれましたが、先の予定があるので断念して、高尾山をあとにしました。ちなみに、往路も復路も所要時間は、1時間程度でした。

登山メインのお出かけは、本当に久しぶりでした。これからもちょくちょく楽しんでいけたらと思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。