「 コンピュータ 」一覧

ハードウェア、ソフトウェア、プログラミング、ウェブサービスなどを、幅広く

にほんブログ村で最新記事が取得されなかった理由

弊ブログは、にほんブログ村に登録しているのですが、アクセスログを見て、最近流入がないことに気づきました。マイページにログインして、最新記事の取得ボタンを押しても応答が返ってきません。こちらのブログの設定に問題があると考え、Q&Aなどの情報に従い色々試してみますが、改善の兆しが見えません。

結論を先に言いますと、原因はアカウントがロックされていたからです。確かに利用規約に照らすと、違反となることをしてしまっていたので、それ自体はしょうがないのですが、ロックされているとは到底気づけない振る舞いをするのは、改善して欲しいところです。数日間調査に時間を費やしてしまいました。

自分の場合は、Webサーバの動作ログも見える環境でしたので、にほんブログ村から最新記事の取得ボタンを押下したタイミングで、にほんブログ村からのHTTPアクセスがないことを以って、にほんブログ村側に要因があることを突き止めました。あとはメール問い合わせをして、先述したアカウントロックが判明しました。メールのやり取り自体は、迅速に対応いただけて良かったです。


iSyncrを使ってiTunesとAndroidで楽曲を同期できる

昔からiPod shuffleで音楽を聴いていたため、PCでの楽曲管理はiTunesで行なってきました。しかし、現在使っているスマートフォンはAndroidです。スマートフォンを乗り換えるつもりはないので、Google側に寄せてGoolge Play Musicを使おうかと思いましたが、サブスクリプションサービスがメインでどうもしっくりきませんでした。

そこで色々と調べた結果、PCのiTunesとAndroidで楽曲を同期できるiSyncrというアプリを見つけました。Wifi経由で楽曲データや再生回数などの同期ができて便利です。おかげで職場の昼休みに、音楽を聴いたりできるようになりました。職場がスマートフォンは持ち込めるけど、音楽プレーヤーは持ち込めないルールなので。

無料版だと楽曲数やプレイリスト数に制限があるようです。今のところ不便は感じていませんが、せっかくなのでお布施のつもりで有料版を購入してみました。無料版の機能込みで、お値段900円の価値は見出しています。買取型のものなら、良いと思ったものには適切にお金を払っていきたいです。


USBポータブルHDDの異常低速はUSBハブが原因

昨年11月ごろ、バックアップ用のUSBポータブルHDD(BUFFALO HD-PNF1.0U3-BWD)が読み書き不能になりました。フォーマットを試みても失敗したことから、故障認定しました。

しかし、ほとんど使用していないこともあって諦めきれず、再度フォーマットをしてみたところ、上手くいきました。その後読み書きも問題なく出来ています。

色々状況を整理してみると、そもそもUSBハブ経由にすることが良くないみたいです。異様に転送速度が遅くなります。確かに使用していたUSBハブはUSB2.0なので転送速度は速くありませんが、5MBのファイルを転送するのに5秒弱掛かるのは、さすがにおかしいと思います。USBハブを経由しないで、直接Surface Pro3のUSBポートと接続すると、問題のない速度で転送できました。

以前、この転送の遅さのせいで、転送中に無理やり止めたことがあり、それによってデータが壊れて、読み書き出来なくなったっぽいですね。そのときフォーマットが出来なかった理由は釈然としませんが、まあ復活したので良いです。

ただ、USBハブを使えないと、使いづらいですね。Surface Pro3にはUSBポートが1個しかなく、無線マウスもUSBを使っているので、USBポータブルHDDを繋いでいるときには、マウスが使えません。

これを機に、バックアップ環境を考え直したいと思います。実家にいた頃はそれなりに考えていましたが、今はSurface Pro3のストレージが飛んだら結構ダメージ大きいです。


ハンディスキャナーを購入

だいぶ前(2018/01/06)ですが、ハンディスキャナ―(UMSC-04(ミヨシ))を購入しました。主な用途は、アナログで描いたお絵描きの下絵を、PCに取り込むことです。実家にはフラットベッド型のスキャナがありますが、置き場所を食うので、今回は出来るだけ小型のハンディスキャナにしました。

で、実際の使用感です。以前に使用していたのがフラッドベッド型ということもあり、まず気になったのは解像度の違いでした。想像していたより解像度が低いです。ただ、通常の用途であれば、それほど困ることはなさそうです。貴重な資料を少しでも高品質で残したいといった用途だと、厳しい気はします。

もう一点は、手で動かしてスキャンするため、どうしても歪むことです。台座が正確に平面ではないとか、スキャンする際の動かし方とか、色々要因はあるのだと思いますが。ほぼ気にならないレベルですが、罫線入りのルーズリーフをスキャンした際に、罫線の傾きが上と下でズレているので、歪み自体はあるはずです。

逆に言えば気になったのは上記くらいです。最大の魅力はとにかく場所を取らないこと。先に述べた高品質スキャンやドキュメントの連続スキャンなどには向かないですが、用途がある程度限定されているのなら、適材適所な候補になると思います。

なお、ワイヤレス機能もありますが、電池入れるのが面倒なので、有線USB接続にしています。それほど頻繁には使わないので、これで十分。


Google Analyticsを利用してみた

ブログのアクセス解析のために、Google Analyticsを導入してみました。Googleアカウントは既に保持しているので、Google Analyticsの利用登録から始めます。いくつか入力項目がありますが、URL以外はさほど重要ではないと思います。手続きを進めてGoogle Analyticsの利用登録が完了すると、トラッキングコードを入手できます。

続いてこのトラッキングコードをウェブサイトに組み込みます。自分はWord Pressを使っているので、そちらの管理画面から行ないます。左メニューの「外観」から「カスタマイズ」を選び、「アクセス解析」を選ぶと、Google Analyticsのトラッキングコードを入力するフィールドがありますので、そちらに入力します。使用しているテーマによっては、ないかもしれません。

導入したのは結構前なので、既に数ヶ月運用している状態です。現状は、検索エンジンからの流入で、だいたい10~20人/日くらいですね。検索ワードが分かるとうれしいのですが、プライバシー保護の観点から通常では取得できなくなってしまいました。

自己満のブログなので本腰を入れた分析はしていませんが、アクセス数の多いページなどの情報を、期間など色々な角度から分析できるのは、楽しいですね。

ところでreferralに出てくる20カウント程度の見慣れないドメインって何だと思って調べたところ、Google Analyticsに向けたSpamらしいです。アクセスしなくて大勝利。どこもかしこもSpamで汚染されていますね。