「 お出かけ 」一覧

藤子・F・不二雄ミュージアム訪問

2018年12月24日、兼ねてから行ってみたかった藤子・F・不二雄ミュージアムを訪問してきました。一応同じ市内なのですが、電車で30分ほど掛かります。チケットは事前予約の時間指定制。14時から入場のチケットでしたので、時間になるまで周辺を散策。F作品にちなんだオブジェなどが見られました。

入場時には列に並んで、一定の人数ごとに説明を受けます。早く入りたければ、指定時間の30分前には並んでおくと良いでしょう。なお撮影は、展示室外なら可能です。説明を受けたらカウンターで入場手続きを済ませて、オーディオガイドである”おはなしデンワ”を受け取ります。

最初に入ったのは展示室I。こちらは常設展示で、様々な作品の生原稿を見られます。ドラえもん以外は単行本を揃えていた記憶はないのですが、様々なF作品が入った分厚い本を持っていた記憶があり、そこで他の作品も見たためか、わりと各作品に覚えがあります。行列が出来ていたコーナーは、なかなか列が進まずに諦めてしまいました。

展示室を抜けた先にある廊下では、F先生の年表が掲示されています。没年は1996年、かなり前なのですね。9月に亡くなったことははっきり覚えていますが、もう20年以上経っているという実感がありませんでした。自分にとって、知っている著名人が亡くなるという経験は、F先生が初めてだったかもしれません。

2階へ上がる階段の手前には、「先生の部屋」という仕事机を展示したコーナーがあります。想像力を掻き立てる模型など様々なものが、ところ狭しと並んでいます。こういう部屋には、憧れましたねえ。

2階に上がったら、どうぶつたちの部屋を通り、展示室IIへ入ります。この時は企画展”「キテレツ大百科」×「ドラえもん」~江戸時代の発明と未来のひみつ道具~”の後期が開催中でした。共通のテーマをもとに、キテレツ大百科とドラえもんを対比した展示が中心になっています。後からテーマを設けて対比しているので、そこから滲み出てくる共通項、そして違いが面白いです。両作品以外の展示もあります。久しぶりにF先生の作品をマジマジと見ましたが、本当に”あんなこといいな できたらいいな”という想像力を、思い出した気がします。水や雲を固める道具を見て、あ、欲しいなあ、と思っちゃいました。あと、勉三さんの恋話のところは、思わず吹き出しそうになりました。ポイント毎にギャグも効いてて面白いんですよね。

展示室IIの奥に行くと、休憩スペースと屋外展示のコーナーがあります。ここでは井戸のポンプを上下すると、きれいなジャイアンが浮かんでくるアトラクションがあります。ここ、注意しないと通り過ぎてしまいますね。

再び展示室IIに戻り、残りの展示を見たら、先生のにちようびコーナーへ。F先生の家族との触れ合いについて、展示されています。ご令嬢である三姉妹が、父親としてのF先生についてお話しするビデオや、妻からの手紙がありました。

 

ここを出る時に、おはなしデンワは回収されます。みんなのひろばには、季節柄クリスマスツリーが展示されていました。

ちょうどFシアターの上映時刻が近かったので、入場します。内容はウメ星デンカとドラえもんの合作で、ウメ星王国の観光資源を作ろうというお話。これ、漫画に原作とかありましたっけ。何だか遠い記憶に既視感を覚えます。上映後は、スクリーン部分が開いて、そのまま屋外へ退場します。うわー、これは普通に驚きました。

   

その後は屋外展示を回ります。F先生とキャラクターたちとの銅像や、パーマン、オバQ、コロ助、ドラミちゃんなどのキャラクターオブジェが点在しています。奥にはピー助たちとの巨大オブジェや、どこでもドアなどがあります。ドラえもんと空き地の土管は人気スポットで、撮影のための行列が常に出来ていました。一通り回ったら、藤子屋でどら焼き6個入りをお土産に買いました。

外が寒かったこともあり、一旦屋内に戻ってまんがコーナーでドラえもんの単行本を読みます。すごく懐かしい感覚。小学生の頃を思い出します。スナック感覚で何度も漫画本を読むことが最近なくなったなあ、と感じました。

クリスマスツリー点灯式を17時から行なうと言うアナウンスが流れたので、頃合いを見計らって再び屋外へ出ます。日も暮れているので、とにかく寒いですが、17時まで待機して、クリスマスツリーを撮影しました。奥にはどこでもドアが見えます。

さて、ついつい3時間以上滞在してしまいましたが、そろそろ帰ります。ミュージアムショップではオレンジに黒縞のジャイアンTシャツが気になりましたが、現金持ち合わせが少なかったこともあり、購入は見送り。まあ、あれは体格が良い人じゃないと似合わないでしょうし……

こうして藤子・F・不二雄ミュージアムを満喫しました。子供の時に思い描いていた想像力の感覚を、少し取り戻せたことが何よりの収穫だったと思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アニメJAM2018

2018年12月23日、舞浜アンフィシアターで開催されたアニメJAM2018の夜公演に参加してきました。今回のメインタイトルは、「アイカツフレンズ!」「けものフレンズ」「キラッとプリチャン」の三作品です。「けものフレンズ」はあまり詳しくないですが、他二作品はドンピシャなので参加しました。なので「けものフレンズ」に関する内容は、少し薄くなっています。例によって記憶ベースなので、発言内容や発言者等間違えているかもしれません。今回はメモ帳片手に記録を頑張ろうと思ったのですが、実際やると難しいもんですね。”あにてれ“でライブの様子が配信されるようなので、気になる方はそちらを見ると良いかも。

ライブ当日の夕方、綺羅びやかなイクスピアリの中を通って舞浜アンフィシアターに到着。まずは物販コーナーでアイカツフレンズの缶バッジ2個を買いました。舞花さんとエマさんでハニーキャットが揃いました。

席は21列でだいぶ後方ですが、それでも舞浜アンフィシアターはステージとの距離を近く感じられる造りなので、うれしいです。ひとつ前の列は、丸々空いていました。

17時30分、開演です。ナレーションで各作品のキャラクターが作品を越えて会話しているのが楽しい!まずは三作品のキャストが順番に登場して、クリスマスソングをメドレー形式で歌います。

  • もろびとこぞりて (キラッとプリチャンチーム)
  • ひいらぎかざろう (けものフレンズチーム)
  • ジングルベル (アイカツフレンズ!チーム)

続いてクイズコーナー。司会はアメリカザリガニの両名が務めます。テレビ東京のマスコットキャラクター”ナナナ”の人形争奪戦。

  • 「昼の部みたいに暴れないでください!」(司会)
  • 「たこ焼きコーデ!」「違います、トナカイです!」(司会、PPP+マーゲイチーム)
  • けものフレンズ、芸人チーム(PPP+マーゲイ)とアイドルチーム(どうぶつビスケッツ)に分かれてる、と言われて総ツッコミを掛ける芸人チーム

クイズ1問目は、将棋の藤井聡太さんの名言「○○に慣れてきた」の○○に入るものは。

  • 大人 (メルテックスター)
  • 緊張 (ミラクル☆キラッツ)
  • 試合 (アイカツフレンズ!)
  • 勝つこと (どうぶつビスケッツ)
  • 正座 (PPP+マーゲイ)

クイズ2問目、問題は忘れましたが、出演者が猫の真似をしたり、司会に色仕掛けをして、ポイントを荒稼ぎする流れになりました。この辺はプリチャン(特にi☆Ris)チームやPPP+マーゲイチームが強くて、わんさか来ます。アイカツフレンズ!チームは、美山さんが二ノ宮さんに何やら耳打ちをしていましたが、内容が気になります。この耳打ち起因のアクションは特になかったので。アイカツフレンズ!は初参加ということもあってか、あまり暴れない印象。

  • みころん「一杯飲んでくかにゃ?」

ミルキィホームズで日本酒キャラを知っているので、みころんらしくて面白かったです。

クイズ3問目、アメリカザリガニの柳原さんが2回盗まれたものは何か。正解は自転車で、ミラクル☆キラッツチームがゲット。強奪タイム発動で、前のクイズでポイントを集めたメルテックスターチームがターゲット。「みらいくん!」と壇上の上から訴える、今日だけ背が高い若井さん。結局ポイントはミラクル☆キラッツチームへ移動しました。

クイズ4問目、アメリカザリガニの柳原さんの弟の名前は何か。これはPPP+マーゲイチームが正解し、再び強奪タイム。

  • ミラクル☆キラッツチーム「怖い人がいるとこだ」「ポイントなんか持ってないですぅ~」

結局ポイントは移動し、昼の部に続いてPPP+マーゲイチームが優勝。優勝商品は同じ作品のどうぶつビスケッツチームに譲られました。でも商品が昼とは違うハンディミストと判明したら、PPP+マーゲイチームがまた奪い返しにきて、取り合いになって終わりました。

ここからライブパートです。

  • 最上級ぱらどっくす (わーすた)
  • KIRA KIRA ホログラム (わーすた)
  • 絆-kizunairo-色 (Lia)
  • 創聖のアクエリオン (Lia)
  • Go! Up! スターダム! (Run Girls, Run!)
  • Memorial (i☆Ris)
  • ミラクル☆パラダイス (i☆Ris)
  • 16歳のアガペー 少女交響曲 (Wake Up, Girls!)
  • Polaris (Wake Up, Girls!)
  • Seven Doors Last Proof (ZAQ)
  • Against The Abyss (ZAQ)
  • ベストウィッシュ! (松本梨香)
  • めざせポケモンマスター 20th Anniversary (松本梨香)

知っている曲もあれば、初めて聴く曲もあります。

  • ZAQ「ここからはかっこいいお姉さんを見てください」

ZAQさんの言葉通り、Liaさんを除いてここまで続いてきたアイドル系から、一気にかっこいい系へ振り切れました。最後はまさか「めざせポケモンマスター」を生で聴ける機会が来ようとは。松本さんが会場参加を上手く煽って、とても盛り上がりました。

続いては、物販紹介のコーナーを間に挟んだ後に「アイカツフレンズ!」「けものフレンズ」「キラッとプリチャン」のライブパートです。

  • そこにしかないもの (BEST FRIENDS!)
  • みんなみんな! (ピュアパレット)
  • みつけようよ♪ (ハニーキャット)
  • 導かれて (陶山恵実里)
  • We wish you a merry Christmas (BEST FRIENDS!)

アイカツフレンズ!だけ楽曲数が多めでした。全員で唄う曲と各ユニット曲(陶山さんは桑原さんが不参加なのでソロ)、そして最後はクリスマスということで、全員で「We wish you a merry Christmas」と充実していました。登場前の「芸能人はカードが命」が流れる中、ステージ中央の奈落からせり上がってくる様子は、アイカツシステムのフィッティングルームを彷彿とさせて、とても良かったです。

  • ハッピービスケット (どうぶつビスケッツ)
  • フレ!フレ!ベストフレンズ (けものフレンズチーム)

けものフレンズチームは2曲歌いました。

  • SUPER CUTIE SUPER GIRL (ミラクル☆キラッツ)
  • COMETIC SILHOUETTE (メルテックスター)

そしてプリチャンチームも2曲歌いました。アイカツフレンズ!チームが厚遇なのは、やはり初参加だからかな。

  • アイカツフレンズ! (フレンズフレンズ)
  • ようこそジャパリパークへ (フレンズフレンズ)

最後は、アイカツフレンズ!とけものフレンズのコラボレーションユニット、フレンズフレンズが登場!それぞれのテーマ曲を熱唱しました。プリチャンチームはライブパートでOP/EDテーマ歌ったから、それで調整なのかな。

カーテンコールでは、松本さんがノリノリで良かったです。芹澤さんによるリア充コメントを受けて、Liaさんによる「Liaでリア充してね」とか、松本さんによる「かわいいZAQ」とか、退場時の二ノ宮ゆいさんの深くてきれいなお辞儀が印象的でした。

お土産は全体的にアイカツフレンズ!のが少し豪華だったかな。クリアファイルの印象が大きいとは思いますが。帰りに再度物販コーナーに行って、パンフレットを買いました。物販コーナーは基本的にさほど並ばずに買えました。


円覚寺で初冬の紅葉観賞2018

2018年12月14日、円覚寺で紅葉を楽しんできました。通勤前の時間を使って寄り道です。本当はもう少し早い時期に訪れたかったのですが、天気予報では晴れでも当日になると曇りの日が続き、遅くなってしまいました。この日は待ちに待った朝からピーカンの日です。

北鎌倉駅に着いたら、歩いてすぐの円覚寺に向かいます。平日の朝で、ハイシーズンでもないので、人の数はそれほど多くありません。目当ては紅葉でしたが、時期が遅くなったため、もう終わり間近でしたね。落葉している木が多かったり、塩害の影響か色づきが良くない木も見られました。それでも色鮮やかに紅葉した木々もあり、目を楽しませてもらいました。

まずは朝の静かな境内を歩いて、その空気を楽しみます。そして一番奥にある黄梅院まで進みました。ここは谷の深い場所なので、なかなか日が射さず、朝の時間帯では日陰のまま。

その後は如意庵に向かう階段を登り、モミジや竹林を楽しみます。青空を背景にした赤いモミジのシルエットや、金色に輝く笹の葉が美しいです。

続いて妙香池の畔へ向かいます。池の傍には低いモミジがあり、きれいに色づいているのを楽しみにしていましたが、既に枯葉となり、ほとんどが落葉していました。しかし、正伝庵近くのモミジはきれいに赤く色づいており、仏日庵の屋根瓦と共に、良い写真が撮れました。

  

寿徳院に続く階段の脇にも、黄色いイチョウと赤いモミジが並んでおり、加えて常緑樹の緑もあって、きれいでした。仏殿近くの紅葉は、少し落葉が進んで寂しさがありましたが、色づき自体はきれいで、太陽の光で透かされて映えていました。

 

それから選仏場や山門を廻って紅葉を楽しみつつ、総門へ向かいます。踏切の音が聞こえてきたので、少し待って、総門の傍から横須賀線が通るのを撮影してみました。

これにて今回の紅葉観賞はお終いです。鎌倉の紅葉はわりと遅くまで楽しめますが、さすがにちょっと遅すぎた感はあります。きれいな紅葉も見られましたが、今シーズン最後の見頃といった感じでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


み~んなでキラッとプリティーライブ2018

2018年12月09日、マクパリこと幕張メッセで行われた「み~んなでキラッとプリティーライブ2018」の昼公演に参加してきました。

【展示コーナー】

   

昨年と同じく広い展示スペースがあります。開演前と終演後に立ち寄りました。プリティーオールフレンズのパネルや、プリチャンのキャラクターパネルなどを楽しみます。ミニステージではトモチケ交換会などが催されていました。当たり前ですけど、展示はプリチャン中心ですね。キッチンカーにあったカフェ仕様のパネル、めるさんだけ雑な扱い受けてて可愛そうでした(苦笑

物販は、パンフレットとアクリルチャーム2個を買いました。結構並んでいたけど、会計窓口が20個くらいあるので、列の進みは速かったです。とにかく物理的に数が多いのは強い。とても良いです。

会場内を歩いていると、アイドルイベントの一角に並ぶ米俵、そう、ゆいさんがお米大使に就任しているJAのブースです。開演前には完売していたので、終演後の再販売でおにぎりセットを買いました。そして17時からは、ゆいさんの顔ぐるみによるショーを見ました。開演前にモニターでお米ダンスのVTRを見せられるのですが、「お米ダ~ンスコメコメコメコメお米ダ~ンス♪」と2パートのダンス映像が延々とループしており、洗脳されていく……。

肝心の本編は、冒頭のお米ダンスだけ参加して撤収してしまいました。整理券保有者による撮影会の列形成が始まったからです。どうやらこの後に、米俵を担いだりするパフォーマンスがあったみたいで、その場に残っていれば良かったと悔やみました。

  

フラスタは展示ホールの外に並んでいます。開演前は撮影列が出来ていて、並ぶのが面倒だったので、遠くから全景を撮影しました。その後空いているタイミングがあったので、適当に撮影。数が多すぎて、全部撮影する気合はありませんでした。

【ライブ】

いざライブ会場へ。席はC1ブロックの200番台です。昨年度よりは前方ですが、それでも遠いですね。肉眼で表情は見えません。ただ、ゴンドラによる巡回があったので、間近で見られるタイミングもありました。

とにかく大ボリュームの内容でしたので、セトリを並べて、その時の気持ちをつらつら書いていこうと思います。

  • キラッとスタート
  • Go! Up! スターダム!
  • プリティー☆チャンネル
  • KIRA KIRA ホログラム

まずは、オープニングアクトとなる、Run Girls, Run!とわーすたによる、プリチャン曲の披露です。現行作品のOP/EDから始まって、がっつり掴んできます。

  • Memorial

ここからキャラクターと共にキャスト紹介の映像が流れます。しかし、いきなりMemorialが来るとは思いませんでした。

  • ぷりっとぱ~ふぇくと
  • 太陽のflare sherbet
  • 絶対生命final show女
  • GOスト♭コースター
  • あっちゃこっちゃゲーム
  • チクタク・Magicaる・アイドルタイム!
  • Miss.プリオネア
  • 純・アモーレ・愛

ソロコーナー。この大所帯でソロがあるとは意外でした。純・アモーレ・愛では、後ろからゴンドラでやってきた斎賀さん(ひびき)が間近を通ってくれました!相変わらずかっこええわ~

  • レディー・アクション
  • でび&えん☆Reversible-Ring
  • ブランニュー・ハピネス!
  • Play Sound☆

ここからユニット曲。プリチャンとプリパラから2曲ずつです。でびえん大好きっ子なので、Reversible-Ringは特に高まりました。

  • 好きにしてI-I-Z-E
  • Giraギャラティック・タイトロープ

男プリコーナー。いいぜ!いいぜ!いいぜ!いいぜ!女子アイドルとは違う盛り上がり方が良いですね。プリリズの男子コーナーもまたやってくれたらいいなあ。

  • 寝ても覚めてもDREAMIN’GIRL
  • COMETIC SILHOUETTE
  • 乙女アテンションプリーズ
  • SUPER CUTIE SUPER GIRL

プリチャンから、3人揃った後のMiracle KirattsとMeltic StArによる曲です。この日はプリチャンの放送を見ないで幕張に来たので、会場で初めて聴きました。見てから行けば良かった、お気に入り。

ここでプリパラのチーム結成を振り返るコーナーが入ります。SoLaMi SMILE(らぁら)、Dressing Pafe(シオン)、ガァルマゲドン(あろま)、MY☆DREAM(ゆい)のチーム結成当時のエピソードを、懐かしく聞き入りました。プリパラも歴史を重ねたなあ、と思いました。ガァルマゲドンの結成エピソードは、特に涙腺が緩みますね。

  • アメイジング・キャッスル
  • ラン for ジャンピン!
  • ハートフル♡ドリーム
  • Pretty Prism Paradise

というわけで、さきほど紹介されたプリパラチームによる曲です。ハートフル♡ドリームやっぱりいいな。パン!ゴハン!メンルイ!と数千人が叫ぶ、タンスイカブツ集会。

  • ラッキー!サプライズ☆クリスマス

ラッキー!サプライズ☆バースデイのクリスマスバージョンです。昨年も聴いたつもりになっていましたが、2016年以来のようです。今回は、ゆい、にの、みちる、しゅうか、ファララバージョンでした。

  • スター☆ア・ラ・カルト

突如響き渡るドロシーさんの声。総選挙の結果に基づき、ドロシーのドロシーによるドロシーのための新曲……かと思いきや、あろまさん、ひびきさんもやってきて、3人の新曲となりました。ドロシー&あろまがわちゃわちゃ歌って、ひびきさんがしっとり歌ってつなぐ感じの構成。強烈すぎる個性を持つ3人が見事に表現されています。しかしまとまりがない(笑

続いて、Run Girls, Run!による物販紹介。結構急いだ感じの進行でした。

そして、過去作品についての言及が入り、この流れはもしや……と思っていると、ついにセインツの登場です。いやー、ここまで長いこと溜めましたね!

  • Dream Goes On
  • Dear My Future
  • ハート❤イロ❤トリドリーム

あいらさん、みあさん、なるさん、それぞれ単独出演だから、ソロ曲の披露となります。阿澄さんを生で拝見したのは、しゅごキャラ!のイベント以来かもしれません。10年ぶりくらい。Dear My Futureの歌詞がすごく刺さりますね。番組で聴いていた当時にとっての未来の自分が、現在の自分なんだよなあ、と色々な感情が湧いてきました。

  • Make it!

この曲がラストかな、と思っていましたが、オールキャストの合流はなく、SoLaMi Dressingにセインツを加えた9人で歌いました。中央部分がせり上がるギミックは、プリパラのサイリウムタイムが演出されてて、毎度好きです。

  • オールアイドル組曲 プリシャス

こちらが最後の曲となります。間奏部分でキャストによる挨拶がありました。主にチーム単位、一部キャストは単独で挨拶をしていきます。佐藤さんが、ファララ役&ふわり役として挨拶したけど、ふわりはこの後(夜公演)登場します、とのこと。この時点で、昼と夜のセトリは全然違うことが予想されます。後は、ガァルマゲドンが「デビッジェルッガァルッ!デビッジェルッガァルッ!」と言いながら行進していたのが印象的でした。後に続いたDressing Pafeも真似してました。

最後に色々お知らせ。プリチャンの2年目放送決定!新アイドルのシルエットが出たくらいで、詳細はなし。後はプリティーオールフレンズに、RLのあんさんといとさん加入のお知らせ。一方、特報!として紹介されたTSUTAYA TVでの特別番組に対する観客席の反応が素直すぎました(笑。まあ、あの流れだとツアー発表とかを期待していますからねえ。で、最後に出てきたのが、プリパラライブツアー!全12公演と聞いて地方各都市を回るのかな、と思いきや、東京と大阪でチーム別公演をやるようです。時間に余裕が出来るので、久しぶりに朗読劇とかやってくれるみたいで、楽しみ。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


リアル脱出ゲーム×中間管理録トネガワ「悪魔的大忘年会からの脱出」

2018年12月08日、友人たちと参加してきました。会場は新宿にある東京ミステリーサーカス。名前はよく目にしていたけど、実際に訪れたのは今回が初めてです。

形式は6人制テーブル型。我々は4人で、残りの2人組の女性。この方々が謎解き熟練者で、色々と速かったです。結果は無事に脱出。ヒントカード1回使ったけど。

忘年会ということで、芸のネタを考えるパートと披露するパートがあり、最後に大謎があります。多少見せ方は違いますが、全体的な流れとしては、通常の6人制テーブル型と同じですね。芸の披露パートは「アンドロイド工場からの脱出」の演劇のようなレベルは、求められません。

謎はオーソドックスだったと思います。文章からの読解力や、たくさんの情報の中からの気づきが必要でした。自分はこの辺が相変わらず足りない。普段より情報の数が多めというアドバイスがあったのですが、それほど多いとは感じませんでした。ただ後になって振り返ってみると、少し多めだったのかな、と思います。あと、二手に分かれての探索で撮影した写真は、いずれも忘年会演出用だったみたいで、謎には関係ありませんでした。片方に集中していたようです。

入口にあるフォトスポットは、帰りは記念撮影で行列するので、パネルだけ撮影するなら入場時に撮っておいた方が良いかもしれません。