「 お出かけ 」一覧

オールアイカツ!ミュージアムを見学

2019年12月18日、東京アニメセンターで開催されたオールアイカツ!ミュージアムを見学してきました。幾つか用事があって平日休みでしたので、そこに詰め込んだ格好です。平日の16時30分訪問でしたので、予想通り空いている状態で、ゆっくりと鑑賞できました。

本企画展は、撮影OKの展示と撮影NGの展示があります。ほぼ全てにOKかNGか明記されているので、それに従います。

  

当日券を購入して入場すると、フィッティングルームを彷彿とさせる通路と暖簾をくぐっていきます。通路の壁には、歴代アイドルたちの紹介と、シリーズのサブタイトルリストが並んでいて、壮観です。

入口の通路を抜けると、大モニターによる映像展示コーナーがあります。その周りにはアイドルのキャラクターパネルが並びます。撮影したいところですが、撮影禁止の映像コーナーが近くにあるし、撮影許可の掲示もないので、断念。

このモニターでは、一部の時間で、2019年9月に開催されたアイカツスターズ!感謝祭の公演の映像が流れます。昼公演は参加できなかったので、初見!10分弱で、3曲ほど流れたと思います。

 

反対側には衣装展示があります。これまで何度か衣装展示を見る機会に恵まれていますが、やはり華やかで良いですねえ。こうしたステージ衣装は、アイカツ!シリーズの2次元と3次元の橋渡しをしてくれる重要な要素だと思っています。

続いて、アイカツ!シリーズの色彩設計を担当されている大塚真純さんのコーナー。インタビュー記事がパネル掲示されていて、興味深いです。木村監督に会いに行った話とか、スターズでテイストを変えた時の話とか、フレンズでは完全に任せてもらった話とか、明るく華やかでもゴチャゴチャしないような色彩を心掛けているけど初期の作品ではそのようになっていないものもあるとか、1か月後に記憶を掘り返しているので、色々間違えているかもしれませんが、こんな感じのことが記憶に残っています。映像展示では、今回の書き下ろしイラストの色指定の工程が流れていました。らきさんの目は、歴代主人公たちの目からそれぞれ特徴を貰っているそうです。こうした裏話は、聴けるだけで楽しいです。

   

隣には、10色インキで印刷された特大イラストが4点展示されていました。色彩が美しいです。こうして写真で撮影したものを見ていても、色の美しさが伝わってきて、眼福です^-^。

そして、撮影禁止でしたが、アニメ各話からのシーンカットや、制作資料等の展示もありました。

   

後半は歴代のグッズ展示コーナー。バインダーやライブグッズ、受注商品、CDジャケット展示などなど。自分が持っているものも多く、記憶の玉手箱を開けられた気分で、懐かしく楽しみました。

 

最後はアイカツ!神社のコーナー。巫女姿の歴代主人公6名のキャラクターパネルがお出迎え。祭壇に祀られているのは、なんでも弁当のおしゃもじ。アイカツ!神社ということで、ユニパレのチケット当選を祈願しました。星みくじは、大地ののさん。”北海道でなまらめんこいものに出会えるかも”との記載ですが、北海道はちょうど前週に行ったばかり。

展示エリアを抜けると、DCDと歴代アイカツカード展示コーナーになっています。絵馬を飾る場所もあり、関係者数名の絵馬が飾られていました。

物販コーナーでは、らきさんの絵馬、あかりさんのお守り、あいねさんのアクスタを買いました。合計金額が3,000円を超えたので、年賀状プレゼントキャンペーンに応募しました。全員集合バージョンを選んだけど、倍率高そうですね。

その後は1階に上がり、カフェでラテアート(ココア)をいただきました。コースタープレゼントが付いてきます。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


イクライブVo.4~あらけずりのイクラ

2019年12月18日、恵比寿天窓Switchで開催された、イクライブVo.4~あらけずりのイクラに参加してきました。Peatixの整理番号はわりと早い方でしたが、開場時間には間に合わず。ちなみに”Vo.4″は”Volume 4″のことだと思いますが、正式表記に倣っています。

ホール外に展示されていた千葉テレビからのフラスタを撮影。”真奈美”は、触れてはいけないところです(笑。他にも何点か届いていましたが、ホール内での展示であり、ホール内は撮影禁止となっていたので、写真はありません。

ドリンクバーではスクリュードライバーをオーダー。席は50席ほどで概ね埋まっていました。自分はステージ向かって左壁側の端っこに座りました。いつもだいたいこの位置かも。

物販は開演前にタオルを買い、終演後にガチャ1回とチェキ券1枚を買いました。

さて、今回のライブの感想ですが、事前の予告通り、オリジナル曲が大半を占めるライブとなりました。従来の伊倉さんのライブは、カバー曲がメインで、オリジナル曲が数曲入る構成でしたが、今回のライブではその比率が逆転していました。

曲のセトリは控えていないので、正確ではありませんが、とりあえず下記は歌ったはず。ご本人か、公式スタッフか、ファンのどなたかがセトリを上げてくれるかな、と甘えていたら、どこにも上がっていませんでしたorz

  • ダイニングダイアリー
  • 砂の城
  • REIWA (ウクレレ)
  • 上着着てない
  • CANVAS

オリジナル曲が増えてくると、この曲は特に好き、とか出てきますね。今回のライブで色々聴いていて、数曲そうした曲があったのですが、タイトルがわかりません^^;

イベントの構成面では、これまで曲の幕間に寸劇を演じることが多かったですが、今回はそれらが主に映像作品に替わっていました。映像作品だからこそ表現できる面白い内容に仕上がっていました。年齢詐称疑惑のコント?が一番面白かったです。

客席参加型の要素は、「2週間で10kg痩せるダンス HANDCLAP」を会場の皆でやろう!と言うコーナーがありました。しかしこれ、大半の動きが客席のスペースでは不可能という。計算済みなのか天然なのか(笑

ちなみに、今回のイベントから新キャラクターすじこちゃんが登場しました。なぜか伊倉さんと同時には出演してくれません。なんでだろう???(すじこちゃんヴォイス)。これは、サーモンエッグ師匠、浪漫ちす子さんに続き、伊倉さんとの共演NGが新たに増えてしまった予感。

チェキ会では、横浜以来と言うことをお伝えして、それからすじこちゃんのぬいぐるみが気になったので質問しました。その結果、すじこちゃんのぬいぐるみは既製品ベースではなく、知り合いの方に作ってもらったオリジナルとのことでした。

次回のワンマンライブは、2020年3月31日の予定です。2020年2月4日には、バースデーイベントのディナーショーもあるとのことです。


プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2019

2019年12月15日、幕張メッセイベントホールで開催された「プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2019」に参加してきました。当日朝、北海道から移動するので、夜公演のみ参加です。今年はプリティーライブではないのですね。

物販はイベントホール前の屋外スペースにあります。開演前にパンフレット1部とトレーニングアクリルチャーム2個を購入。りんかさんとだいあさんでした。後日パンフレットの中身を見ましたが、ステージ衣装にフォーカスした内容で面白かったです。そして今回初登場となる佐々木だいあさんのスペシャルインタビューも収録。毎回プリティーシリーズのパンフレットはクオリティが高いなあ、と思います。

     

ホール内に入ると正面にミラクルキラッツ、メルティックスター、リングマリィ&だいあさんの特大パネル展示があります。こちらは開演前までの展示となります。後はグッズ展示、プリチケ配布、フラスタ展示を見て回りました。

今回の席は、ステージに向かって右手前方。数列前が関係者席っぽいところです。メインステージだけではなく、後方ステージ、トロッコ移動を使う曲も多くて、座席位置間で大きな偏りがなく楽しめる構成になっていました。一番近かったのは、メインステージの両サイドにある高台ですね。高さが同じなので、目線貰える可能性も高いですし、表情まで分かる距離なので、高まりました。トロッコで目の前を通った時も距離は近いのですが、見下ろす形になりますし、基本アリーナの方を向いており、スタンドに向いてくれるケースは少なかったです。いずれにせよ、良席の部類だったと思います。

以下、セトリと共に感想を書いていきます。MCはだいぶ抑えめで、出来る限り曲を詰め込んだ構成になっています。フルではなく、ミドルやショートも入れて、とにかくたくさんの曲数を楽しませてくれるライブとなりました。

  • キラリスト・ジュエリスト
  • ダイヤモンドスマイル

まずはオープニングアクトのRun, Girls Run!から2曲。最新のオープニング曲と先代のオープニング曲で、まさにオープニングにふさわしい2曲。ダイヤモンドスマイルは、サビへ繋がる部分もサビに聴こえて、サビの大盛感が大好きです。キラリスト・ジュエリストは、先代のダイヤモンドスマイルが好きすぎて、しばらく違和感がありましたが、だんだん馴染んできました。

  • トンでもSUMMER ADVENTURE

まずはプリパラからドレッシングふらわー!若井レオナさんとの距離が近くて、驚きました。席的に、ここまで近くで見られるとは予想していなかったので。

  • ハートフル♡ドリーム

序盤からタンスイカブツ!摂取。腹ペコじゃダメ!

  • スパイシー♪ホット*ケーキ!!!

ノンシュガー!大阪の無糖喫茶が懐かしいです。ある意味タンスイカブツ続き。

  • TRIal HEART ~恋の違反チケット~

眼鏡を掛けた芹澤みれぃさんが登場。ライブでは比較的レア曲では。

  • ぱぴぷぺ☆POLICE!

プリパラポリス、あじみ先生のイメージが強いけれど、あじみ先生はユニットにはいないんですよねえ。プリパラの原色強い感じが良く出ている曲だなあ、と思います。

  • TOKIMEKIハート・ジュエル♪
  • 夢色エナジー
  • SUPER CUTIE SUPER GIRL

ミラクルキラッツの時間。久保田えもさんが不在なので、林みらいさんと厚木りんかさんの2人でした。

  • じゃんけんキラッと !プリ☆チャン

わーすたの曲ですが、林みらいさんが歌いました。

  • 純(ピュ)・アモーレ・愛

優雅だけどノリノリになれる曲。この曲いざカラオケで歌うと、想像していた以上に難しかったです。

  • コノウタトマレイヒ

動物鳴きまねコール参加したいけど、毎回覚えていないまま。

  • 君100%人生
  • Burn! Cosmic Liberty

山本コスモさん、コズミック!コズマックス!「君100%人生」の終了時にトロッコがアリーナ中央で止まったままだったので、おや?と思っていたら、そこから新曲初披露の流れに!「真ん中のままじゃ終われないじゃない?!」「ぷしゅ~っとならずに、ここにいない妹のそふぃの分まで盛り上げるわ!」コスモさんの新曲が出るとは思っていませんでした。

  • Play Sound☆
  • シアワ星かわいい賛歌
  • スペース!スパイス!スペクタクル!
  • My Secret heArtbeats
  • ヒロインズドラマ

メルティックスタータイムの中に、茜屋まりあさんも入る形になっています。ついに芹澤あんなさんのソロ曲が着ました!オータムライブでは皆がソロ曲を披露する中、まだソロ曲がなかっただけに、嬉しいですね~。

この後、お知らせタイムに入ります。最初のお知らせは、キラッとプリ☆チャンシーズン3が決定!ミラクルキラッツの新しいコーデと謎の新アイドルのシルエットが登場。何やら卵から孵る描写があったので、厚木りんかさんが「卵からシルクちゃんが生まれないかしら」と言うと、林みらいさんが慌てて制止するコントがありました。厚木りんかさん曰く「キラッと、とか、えもい、と言った決め台詞がりんかにはないから、シルクちゃんを推していくしかない」とのこと。

  • アメイジング・キャッスル

ガァルマゲドン!曲入り前の牧野ありょまさんのイタズラナレーションが楽しかったです。

  • シュガーレス×フレンド

やっぱりノンシュガーといったらこの曲!ノンシュガー結成に関わるじゃんけんになぞらえた、じゃんけんぽん!が楽しい曲です。

  • Believe My DREAM!
  • Get Over Dress-code

MY☆DREAMとDressingPaféの看板曲で畳みかけます。

  • メイクマニー・メイクドリーム

Pripara Friendship Tourで披露された朝比奈しゅうかさんの新曲。今年のプリパラライブは、しゅうかさん出演回に全部当たった気がします。

  • リンリン♪がぁらふぁらんど

この曲を生で聴ける日が来るとは。もともと1つの曲になることを計算されている2曲でしょうけど、2人同時に別々の歌詞を歌うパートも多く、良くお互いに引きずられないなあ、と思いました。

  • フレンドパスワード

プリチャンアニメ第77話のシーンがスクリーン上で流れます。思わず涙腺が緩んでしまいました。そしてライブする決意をした虹ノ咲さんに続いて、佐々木だいあさんがステージ上に登場しました。言わずもがなの圧倒的歌唱力に魅了されます。歌に感情を乗せて伝えられるすごさを肌で感じました。

  • COMETIC SILHOUETTE
  • La La Meltic StAr

メルティックスターから2曲。ミラクルキラッツに比べて多めなのは、やはり久保田えもさん欠席の影響が大きいんですかね。

  • Make it!
  • Crew-Sing! Friend-Ship♡

ラストは「Make it!」からの、まだ歌い足りないよね?と続いた「Crew-Sing! Friend-Ship♡」です。Pripara Friendship Tourも随分昔の出来事の気がしてしまいますが、今年の出来事なんですよねえ。途中で、各々代表による挨拶もありました。佐々木だいあさんが、少し感極まっていた印象を受けました。

銀テはスタンドなので基本飛んできませんでしたが、少しだけ飛んできたようです。でも床に置かれっ放しでしたので、無地かな。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


リアル脱出ゲーム×グランブルーファンタジー「囚われの騎空艇からの脱出」

2019年12月07日、お誘いを受けて、東京ミステリーサーカスで公演された、リアル脱出ゲーム×グランブルーファンタジー「囚われの騎空艇からの脱出」に参加してきました。4人1組のテーブル制。テーブル制というと6人制の印象が未だに強いのですが、最近は4人制もよく見かけますね。会場は地下1階でした。ミステリーサーカスの地下1階は初めて入った気がします。

ネタバレに配慮しつつ、感想。謎自体はオーソドックスな印象です。小問は色々なタイプのものがあるので、各々のひらめきが大事ですね。そして小問を終えた後にバトルがあるのが、今回の特徴かと思います。これは謎と言うより、頭脳パズルです。自分は脳内メモリが乏しいので、ここの展開に付いていくのは、なかなか大変でした。

終盤に大きめのトラップがありますが、誘導はありますし、詰まるので遅かれ早かれ気づきそうなのですが、解説タイムでの驚きの声の量を鑑みると、ここでハマった人は多かったようです。

最後、未解決の謎を積み残したままで、もやっとしていたのですが、ここは驚きの展開が待っていました。これは初パターンなのでは。なお、脱出は成功です。

なお、会場入り口の廊下には、ゲーム中で仕様されたシーンを再現した絵画展示があります。1階ロビーの入口には、キャラクターパネルも並んだミニコーナーがありました。


皇居乾通りで紅葉観賞2019と大嘗宮見学

2019年12月04日、皇居の秋季乾通り一般公開に出かけてきました。先日の大嘗祭で使われた大嘗宮の一般公開も行われているので、併せて見学しました。

平日の朝なので、ほぼ待たされることなく進むことができましたが、それでもかなりの人数が朝から訪れています。セキュリティチェックは、手荷物チェックと身体検査の二段階で行われます。春季の一般公開時の時と同じですね。

坂下門を抜けて、正面に見えてくるのが宮内庁。近くには寄れませんが、宮殿の姿も覗くことができます。

その後は乾通りを真っすぐ進んで、紅葉を楽しみます。紅葉はまさに見頃を迎えており、天気も快晴で、色がよく映えます。最初に目に留まるのが、富士見櫓の方にある真っ赤なモミジ。富士見櫓をセットにして写真に収めたくなります。

  

乾通りを正面に見ると、深紅や赤、橙のモミジ、黄色いイチョウ、常緑樹など、色彩豊かな並びが望めて、楽しいです。時折立派なイロハモミジの木も見られて、色づきはもちろんのこと、見事な枝ぶりにも感嘆します。人は多く、一方通行規制が掛かっていますが、とりあえず普通に動ける程度の混み具合なので、良かったです。

乾門へは抜けずに、西桔橋を渡って東御苑に回ります。こちらの本丸にて、大嘗宮の一般公開が行われています。大嘗宮はわりとすぐに見えてきますが、中へ入るにはぐるっと大回りをしなくてはいけません。大嘗宮の全景を収めるのなら、大回りをして離れている時の方が良いですね。

 

大嘗宮の見学コースは、そこまで広くないこともあり、特に正面は混雑しています。写真を数枚撮ったら、流れるようにあとにしました。壁にの枝葉が整然と挿されているのが気になりましたが、こうしたひとつひとつに意味があるのでしょう。

 

裏手からも大嘗宮を望むことができます。こちらはさほど混んでいないので、ゆったりと見学できますね。楽部庁舎の傍にあるモミジと松の並びもきれいでした。

  

その後は天守台の石垣を見て、東御苑を大手門の方向へ抜けました。途中で幾つかきれいな紅葉も見られて良かったです。百人番所の向かい側のイチョウや、同心番所の上のモミジも見事な色づきでしたね。

 

東京駅から皇居に向かう道程でも、街路樹のイチョウ並木が眩しい黄色に色づいていて、きれいでした。東京駅の前では、駅舎の茶色とイチョウの黄色のコントラストが画になりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。