「 お出かけ 」一覧

ミルキィホームズ Road to Final in OSAKA

2018年10月26日、Zepp Osaka Baysideで開催されたミルキィホームズ Road to Final in OSAKAに参加してきました。来年1月の武道館ライブで解散するミルキィホームズですが、万が一チケットが取れなかったら、悔やんでも悔やみきれないので、平日の大阪開催であるこちらのライブに参加を決めました。平日と言うこともあってか、チケットは即完売とはならず、9月20日ごろでも買えました。

 

当日はあいにくの天気で、入場待機列に並んでいる最中に雨が降り始めてきました。雨に濡れつつ、会場へ入場。びしょ濡れにはならずに済んで良かったです。ドリンクを引き換えて、フラスタを見学。大阪ということで、たこ焼きのパネルがついていてかわいいです。

陣取った場所は、後方の一段高いエリアの真下あたりです。後ろをあまり気にしなくて済むので良いです。後方なのでスペースも余裕があり、快適でした。ホールでのスタンディングライブは、毎回すし詰めへの警戒感があります^^;。

開演前には、木谷会長とおかだ統括Pのマイクパフォーマンスがありました。ミルキィ以外のコンテンツの宣伝を入れてくる木谷会長にブーイングw

開始時間になり、開演。セトリは以下の通りです。

  • ミルキィ A GO GO
  • パーティパーティ!
  • プロローグは明日色
  • 冒険ミルキィロード!!
  • 泣き虫TREASURES
  • NERORO☆おんど
  • ト・リ・コ
  • ぎみぃみるきぃ
  • Gorgeous Sensitive
  • ラッキー*フルスロットル
  • それはTOYS☆
  • Reflection
  • TiCK TaCK
  • 正解はひとつ!じゃない!!
  • 毎日くらいまっくす☆
  • 雨上がりのミライ
  • ナマコソング[EN]
  • キミのなかのワタシ[EN]
  • ミルキィアタック[EN]

ミルキィホームズはがっつり履修しているわけではないのですが、大体の曲は分かるあたり、10年の重みを感じます。「雨上がりのミライ」大好きなので、メインの最終曲でテンション上がりまくり。そしてアンコール1曲目はまさかの「ナマコソング」。うわー、アニメ2期(でしたっけ?)の最初を思い出して懐かしい。何ともミルキィらしい。新曲の「毎日くらいまっくす☆」も聴けて良かったです。「そして群青にとけていく」も聴きたかったですが、曲の内容からして武道館までお預けですね。とにかくこの日は、しんみりさせない、ミルキィらしい元気の出る内容でまとめられていました。

そしてミルキィの魅力は、歌に加えてやっぱりトークです。聞いてて面白いし、楽しくなってきます。贔屓目があるかもしれませんが、ミルキィのこと知らない人たちが見ても、それなりに楽しんでもらえる気がします。

以下、トークの内容や順序は、記憶に基づいているので、正確ではありません。

まずはオープニングトーク。平日の夜に、仕事を休んで会場に来ている人数の多さに、「これはゆゆしき事態よ」とみもりん。

その後、みころんが喉の調子が悪くて声が出せないことが判明。今日はダンサーとして活躍するとか、着ぐるみみたいなものだとか、みんな好き勝手言います。その流れで、みんながみころんにアテレコして遊び始めます。そらまるの「これっくらいの これっくらいの お弁当箱に 日本酒 日本酒ちょっと詰めて♪」に、違う違うとリアクションを返すみころん。

その後タブレットが投入され、事前に録音済みのボイスを再生できるようになりました。何種類かありましたが、特に印象に残っているのが「わかるぅ~」です。みころんが3人のトークに同意を示したいときに使うのですが、空気感が全然違うので、そのミスマッチ加減が面白いのです。最後の方はみころんもそれを分かった上で、タイミングを図って使っていたような気がします。このようにトラブルさえも上手く料理してしまうミルキィホームズ。

セトリの方は、上に掲載したように、中盤にソロ曲を挟むいつもの構成。入れ替わりシーンでそらまるが「次はこいつだ!」といず様を紹介したときはちょびっとザワつきましたが、ネロならそう言うかと理解しました。「それはTOYS☆」では、いず様の投げキッスをみもりんが一旦受け取ってポケットにしまい、その後会場に投げ捨てるというパフォーマンス!

終盤ではお便りコーナーへ。そう言えばミルキィホームズ宛てに手紙を書こう、という企画がありましたね。

  • お便りを送った人が着ているボーダー服が公式販売しているものではなく、私服だと見破るボーダー服警察っぷり。(ボーダーの太さが明らかに違うから
  • 岩手でのみころんの写メ会はアットホームだったというお話。会場外を歩いてたみころんが、みんな集まれー、と言って写真を撮ったり。地元ならではだね、というみんなの感想。
  • 会場に来ている人の年齢調査。最年長は65歳で、最年少は6歳。
  • ミルキィに出会って人生が180度変わりました、というお便りに、「天国から地獄に」(逆)といず様。

ラストでのトーク。

  • 人感センサーのある芳香剤みたいに、玄関の前を通ったらミルキィの誰かの声で「いってらっしゃい!」と言ってくれるグッズ、売れるよ!という話になり、みもりんが「人気声優50選!」と言ったら、「なんでミルキィじゃないの!」と総ツッコミ。
  • 「探偵ユニットってミルキィが初じゃない?」「いや、きるみんずぅってのが」

集合写真での掛け声は、「やっぱりミルキィ、バカになっても大丈夫!」。そしてメンバーから最後のあいさつ。みころんは手紙をしたためてきたので、それをメンバーが読み上げます。ほっこりする内容でした。続いてそらまるが、どうでもいいけどどうしても話したかったことを語り始めます。それは、ステージ上でメンバー同士ぶつかりそうな振り付けを無事にぶつからずに済んだときに、心の中で「ナムサン!」と唱えているらしいです。確かにこれはファイナルライブとなる武道館では言いづらい内容(笑。みもりんといず様は、まだまだ語り足りないから、年明けに皆で色々語り合う場が欲しいよね、と言うお話。終わりが近づくにつれて、これまで忘れていた些細なことをどんどん思い出していく、と言うお話に、10年の積み重ねを感じました。果たして正月にいず様宅からの中継は実現なるのでしょうか。

終幕直前には、マイクを通さない地声で、「ありがとう!」と会場に伝えるミルキィホームズ。声の出ないみころんは、フリップに大きな文字で”ありがとう”と書いていました。そしてステージ袖に戻る直前の最後の一言は「たこ焼き!」でした。

こうしてミルキィホームズのセミファイナルライブは終演です。外に出ると、まだ雨が降っていました。翌日に開催される写メ会も1枚だけ申し込んでいましたが、さすがに厳しい倍率で外れてしまいました。なので、今回のミルキィはここまでです。

なお武道館でのファイナルライブですが、CD購入者特典の先行申込みで、無事にチケットを入手できました。これでひと安心です。正直まだ解散することへの実感は湧いてきません。ミルキィの皆も言っていたように、終わりは終わってみないと分からないんだと思います。

なお、ライブに通うようになったのは、恐らくミルキィが初めてです。自分はミルキィを全力で追いかけていたわけではありませんが、振り向けばいつもそこにいるユニット、と言う存在でした。来年の1月まで、全力で楽しみたいな、と思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


昭和記念公園でコスモスを観賞してきた2018

2018年10月21日、昭和記念公園でコスモスを観賞してきました。昨秋も昭和記念公園へコスモスを見に出かけていますが、キバナコスモスの時季でしたので、センセーションの時季の訪問としては2014年以来4年ぶりとなります。

最初は土曜日に出かけるつもりでしたが、雲が多そうな天気予報になってしまいました。出来れば青空をバックに写真を撮りたいので、快晴の予報が出ている翌日に振替えました。結果としてこの判断が大正解で、雲がほとんどない青空の下、撮影に励むことができました。加えてこの日は無料開放日でした。

まず向かった先は、一面コスモスが咲き誇る花の丘です。今回のメインディッシュですね。日立川口から入ると、花の丘までは結構距離があります。園内の緑を楽しみつつ、15分くらいして花の丘に着きました。

   

期待を裏切らないセンセーションのピンク色に染まった丘が、眼前に広がります。そしてその後ろには真っ青な空。青空は美しい花の色を一層引き立ててくれます。曇天だと色が埋もれちゃうんですよね。時季としては、この時が一番ピークだったのでは、と思わせる咲きっぷりでした。ところどころ隙間はありますが、全ての花が一斉に咲くわけではないので、完全に隙間なく咲くことはないのだと思います。

  

絶好のコスモス日和なので、行楽客の数も多いですね。とは言え、撮影したいものは撮影できる程度の混み具合です。コスモス畑の間を縫う遊歩道を歩いて、丘の上のほうへ登っていきます。辺りには花の蜜を求めて、ミツバチや蝶などが忙しなく飛び回っていました。アゲハチョウも飛んでいて綺麗でした。さらに上を見ると、たくさんの赤とんぼが飛んでいて、秋を感じさせてくれます。

  

花の丘を満喫したら、次はみんなの原っぱ西花畑へ移動します。その途中でこもれびの里に立ち寄ります。日本人の血か、何となく懐かしさを感じさせる光景が広がります。足元にはバッタが跳んでいて、小学生の頃を思い出しました。最近は生活圏内でバッタを見かけることもないですね。

    

そこそこ歩いて原っぱ西花畑に到着しました。花の丘はピンク色のセンセーションだったのに対して、こちらは黄色が主役の花畑になります。主な種類は、イエローキャンパス、イエローガーデン、オレンジキャンパスです。イエローキャンパスとイエローガーデンは、ほとんど見分けがつかないですね。オレンジキャンパスは、ピンクや黄色のコスモスと比べると何だかくすんだ色に見えてしまうのですが、だんだん可愛らしく思えてきます。花の丘と比べると規模は小さめですが、それなりのボリュームがあります。

ひとしきり撮影に満足したら、売店で昼食。カツカレーが食べたかったのですが、人出のせいか売り切れ。代わりに揚げたこ焼きを食べました。こうして今回のお出かけはお終いです。

好天に恵まれ、コスモスの花も満開で、実に満足のいくコスモス観賞となりました。色んな画角を試したり、太陽を使った芸術写真を楽しんでみたり、カメラでも遊べて良かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


リアル脱出ゲーム「アンドロイド工場からの脱出」

 

2018年9月24日、お誘いを受けて、アジトオブスクラップ池袋で開催された「アンドロイド工場からの脱出」に参加してきました。結果は脱出失敗。ゴールまでの道筋は見えていたけど、時間切れという状況でした。ネタバレしないように配慮しているつもりですが、未体験なら読まない方が良いかもしれません。

10人制のルームタイプですが、従来とは毛色の違う異色の作品であることを事前に告げられます。演劇パートと謎解きパートが交互にやってくる形式。演劇パートは間違えると最初からやり直しになります。準備に当てる時間と本番失敗のリスクとのバランスが悩ましいところ。謎解きパートのボリュームはそれほど大きくはないですが、演劇パートで時間を食いすぎると、時間に追われます。

演劇はこれまでの人生において馴染みが全然ないのですが、台本に従って行動したり台詞を言うことがこんなに難しいとは。感情を込めたり、とかそういった演技力方面は一切要求されませんが、単に機械的にこなすだけでも、慣れないと大変です。全員が台本通りに完璧に演じ切ることは相当厳しいと思われ、実際にクリア判定に使われるのは、台本で強調表示された特定の行動のみです。判定員は1名しかいないので、全ては見きれないですしね。実際自分は何度か細かいところを間違えましたが、クリア扱いになりました。なお各人に配られる台本は結構難易度に差があります。自分は最初の方は難しく、最後は楽でした。

謎パートは探索したり、閃いたり、いつもの形式。ただし時間が限られるので、スケールダウンした形になっています。なので、謎解きメインのつもりで臨むと、不完全燃焼感が残るかもしれません。自分は普段やることのない演劇が出来たことを新鮮に感じました。

ところで、ゲーム中に一箇所なぜこんなことをしたんだろう?というところがあって、解説タイムで質問したら、きちんと理由(脱出手段の示唆)があり、練られているなあ、と思いました。


プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!

2018年9月29日、中野サンプラザホールで開催された「プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!」の昼公演に参加してきました。

今回の席は、先頭から8列目のほぼ中央という良席。肉眼でキャストの表情まで分かります。振り付けも細かいところまで見えますし、できることなら毎回この距離で見たいです。

  

開演して最初に登場したのは、オープニングアクトを務めるRun Girls, Run!。「キラッとスタート」「プリマ☆ドンナ?メモリアル!」を歌いました。2曲目は知らなかったのですが、調べたら今年春映画の主題歌ですね。

そして本編が始まりました。しばらくプリチャン曲が続きます。まずは始まりの曲である「レディー・ アクション!」、その後は各キャラのソロ曲メインで「ワン・ツー・スウィーツ」「スキスキセンサー」「Play Sound☆」「キラリ覚醒☆リインカーネーション」が続き、最後はユニット曲の「SUPER CUTIE SUPER GIRL」「COMETIC SILHOUETTE」で締めます。アニメだと身長は、さらさん>あんなさん、ですが、若井さんと芹沢さんでは身長が逆転してしまいます。分かりつつも、どうにも違和感を拭えません。本人たちもネタにしていました。

ここで、らぁらさん、ドロシーさん、みかんさんのプリパラ組が乱入。プリチャンキャストはプリパラキャストも兼任しているので、さらさんにレオナさんが降臨したりして、わちゃわちゃ状態。他にも、コーデのお腹周りにある袋みたいのが気になるのか、モゾモゾ触っていた渡部みかんさんを見逃しませんでした。こんな感じで、プリチャンとプリパラの世界を、中の人が同じネタを絡めつつ、繋げてくる展開面白かったです。

と言うわけで、このメンバと言えば「ぱぴぷぺ☆POLICE!」。以降プリパラ曲が続きます。あろみかによる「でび&えん☆Reversible-Ring」来ました!この歌大好きなので、嬉しいです。前回は牧野さんが来られませんでしたが、今回はついに天使と悪魔の共演が叶いました。そしてガァララを加えての「アメイジング・キャッスル」と続きます。

次は新衣装を纏ったNon Sugarが登場。ボールの飾りがたくさん付いた衣装に絡めて、サインボールとボケを入れたら、駄目だよみんな欲しがっちゃうから、と言うツッコミが入り、Non Sugarでした。最初の曲は「シュガーレス×フレンド」です。そしてTRiANGLE原曲の「かりすま~とGIRL☆ Yeah!」を、Non Sugarバージョンで披露。さらに次はなんと新曲「スパイシー♪ ホット*ケーキ!!!」でした。

この後は、ふわりさんによる「コノウタトマレイヒ」が続きます。子ヤギの紙バイザーを被った親子席の様子がスクリーンに映し出されました。続いてひびきさんによる「純・アモーレ・愛」です。やっぱりこの曲が一番ひびきさんっぽくて好きですねえ。

ここで物販紹介コーナー。らぁらさんが進行して、ドロシーさんとみかんさんは適当にやっといて言われたので、好き勝手に動いている様子が楽しかったです。澁谷さん、曲の出番は少なかったけど、それを補って余りある暴れっぷりを、ドロシーとして見せていました。

再びライブパートへ。しゅうかさんによる「Miss.プリオネア」が初披露されました。昨年のWinter Liveでは既に曲はあったものの、ステージには立たなかったしゅうかさんですが、今回はようやくアイドル華園しゅうかを立たせてあげることができた、と語っていたのが印象的でした。別の記事でも書きましたが、キャストがキャラクターに愛を込めてくれているのは、本当にうれしいです。

次はアイドルタイム組で「ハートフル♡ドリーム」です。この歌は、とてもプリパラっぽくて好きです。次はファララさんによる「すた~らいとカーニバル☆」、そしてガァララさん&ファララさんによる「リンリン♪がぁらふぁらんど」が続きます。別々の歌が同時に流れる「リンリン♪がぁらふぁらんど」は不思議な感じで面白いですね。

ここからは終盤を感じさせるラインナップとなり、「組曲フォーエバー フレンズ~第一楽章~「I FRIEND YOU!!」」「Get-Over Dress-code」と続きます。そしてSoLaMiDressingによる「Memorial」が続きます。プリパラシリーズのフィナーレ的な曲で、聴いていて感慨深さを感じますね。”いつものおはようでさえ あたりまえじゃなくて ステキな奇跡だったんだね”と言う歌詞は、はっとさせられます。最後は「Make it!」を全員で歌います。

途中で長い間奏が入り、そこで出演者の挨拶がありました。上で書いたあろみか話や、しゅうかさんの話は、確かこのタイミングでお話しされた内容だったと思います。朝比奈さんが、同じくキャラクターとして曲初披露となった、佐藤さんと黒沢さん(ファララ&ガァララ)に対して、やったね、と祝福していたのが印象的でした。後は、ひびきさんの横で色々やっているのに、ドロシーさんだけ気づかれなかったの、面白かったです。

全員の挨拶と歌唱が終わり、キャストがステージから全員捌けたあと、スクリーンにはWinter Liveの予告映像が流れます。既に公開済みの映像では”???”となっていた部分が解禁され、セインツの登場が確定しました!まあ大方の予想通りです。

物販は終演後に買えたら買うつもりでしたが、それなりに並んでいたので、買わず終い。開演前の方が空いてたのかな。

ところで、今回は例年の夏ではなくて秋開催になったことで、冬のライブまでの期間がずいぶん短くなりました。来年以降もこの日程なのでしょうか。暑くないのはありがたいのですが、ライブの間隔としては夏冬のほうがバランスは良いんですよね。

さて、3ヶ月弱後の冬のライブも楽しみにしています。チケットが無事取れるといいなあ。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!~感想まとめ

アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!、期待以上のとても楽しいイベントでした。書ききれなかった感想をここにまとめます。

スターズ以前のアイカツ!シリーズで、声優さんが一同に介するイベントは、これまでありませんでした。映画の舞台挨拶や一部のトークイベントではありましたが、短い時間だったり、少人数だったりしました。なので今回のイベントは、渋谷公会堂(ミニライブを除いたアイカツ!の初ライブ)のときと比肩する感動がありました。感動って絶対値ではなく、前回とのギャップによる部分が大きいと思いますので、今回の感動を超えることは今後なかなかないでしょうね。今の自分には想像できません。

今回のイベントでの大きなパラダイムシフトとしては、これまで歌唱担当が担当してきた歌を、声優さんも歌ったことでした。フレンズからの路線変更で、ある程度道筋を付けられていた感はありますが、歌唱担当の存在意義にも関わってくるので難しい話だなあと思っていました。ただし、実際にコラボレーションした様子を目にすると、あくまで歌唱担当が本物なんですよね。当然声優さんの声もキャラクターの声そのものなんですけど、歌として聴いた場合は歌唱担当の声がそのキャラクターの歌声として聴こえるのです。実際どちらも本物ですし、とても不思議な感覚でした。声優と歌唱担当の二人三脚でキャラクターを作り上げてきたのだなあ、と思いました。

物販は、下記のものを買いました。一番欲しいと思っていたスペシャルキャンバスアートが残っていたのは、ラッキーでした。あとはちょうどキーホルダーが欲しかったのでキーチャームを買い、分かりやすいライブ物販グッズとして特大うちわを買いました。

  • スペシャルキャンバスアート
  • キーチャーム
  • 特大うちわ

Day1、Day2の記事に入れても良かったのですが、微妙に入れどころがなかったので、別記事に起こしました。Day1、Day2の内容は、下記をご覧ください。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。