「 お出かけ 」一覧

東京おもちゃショー2018

2018年6月10日、東京おもちゃショー2018を見学してきました。2015年以来なので、実に3年ぶり。もう少し行っているつもりでしたが、ここ数年は行こうと思いつつ、見送っていたようです。

アイカツフレンズ!ステージ観覧

10時すぎ、東京ビッグサイトに到着。この時間ですと、スムーズに会場内へ入れます。さっそく向かった先はバンダイブースのステージ前。一番の目的であるアイカツフレンズ!のステージ観覧です。前方エリアは既に埋まっていたので、通路を挟んだ後方エリアとなりました。

10時45分、ステージ開演です。まず登場したのは、先日デビューが報じられたヴァーチャルユーチューバ―のナナさん。客席を見てのコメントなど、臨場感がありますね。「ナナのこと知ってる人ー?」と訊いたら、大友から「知ってるー!」と返ってきて、「ありがとー!大きなお友達ー」と応じていました。その後は、ステージのみんなと「アイカーツ!」を言うことになりました。しかし、客席の反応は微妙な感じに。「声が小さいよー、皆朝早くから並んできたんでしょ」と煽るナナさん。その後は後段のライブステージでの諸注意を伝えるナナさん。ルールを守らなかったら「大きなお友達はスマホの電池を0%にしちゃうからね」と厳重に警告。ナナさんの思わぬ大友いじりに、会場は沸き立ったのでした。

そしてライブステージ。松永さん、美山さん、二ノ宮さんが登場します。曲順は以下の通り。

  • ありがと⇄大丈夫(あいねソロ)
  • Girls be ambitious!(舞花ソロ)
  • 個x個(ハニーキャット)
  • 振り付け講座
  • アイカツフレンズ!(あいね、エマ)

4曲ですが、全曲フルだった気がします。「ありがと⇄大丈夫」をソロで歌う松永さんは、結構緊張している感じが伝わってきました。フルバージョンをステージ上で歌うのはたぶん初めてなのでは。その上ソロですし。その後の美山さんは、さすがの経験値を感じさせる歌唱でした。緊張していたと後で話していましたが、微塵も感じませんでした。

振り付け講座は、ラゾーナ川崎以来ですが、相変わらず覚えられません……。とりあえず理解できた”He we go!”で拳を振り上げるところだけ参加です。最後の「アイカツフレンズ!」では、松永さんが何だかわちゃわちゃしていました。何かハプニングがあったらしいですが、良くわかりませんでした。

最後の挨拶をざっくり抜粋すると、二ノ宮さん「端から端までたくさんのお客さん」美山さん「DCDでも新しい曲がどんどん」松永さん「緊張して、ハプニングとかもあって」てな感じです。メモが断片的で時間も経ってしまったので、詳細は覚えていません。二ノ宮さんは”端から端まで”的な表現を良く使っていますね。

ステージからはまあまあ遠かったのですが、後ろのスクリーンに大きく映るので見やすかったです。カメラの向きに依っては二重に映り込み、その際はかなり大きく映ります。あと、司会のお姉さんによる「ワクワクが止まんないっ」もスターズ!の余韻を感じられて良かったです。

展示会見学

  

その後はバンダイブースを見学します。入場まで長い時間並ぶかと思ったら、10分程度で入れました。混雑のピーク前だったようです。戦隊もの、ウルトラマン、仮面ライダーのコーナーを眺めて、それからHugっとプリキュアのコーナーへ。隣には翌週登場の新プリキュアであるキュアマシェリとキュアアムールの特設コーナーがありました。新プリキュア登場のタイミング、おもちゃショー合わせ説を唱えたい。

その後は鬼太郎のゲゲゲハウスを見て、ピカちんのコーナーへ移動。ちょうどピカちんズがピカちんキットの実演をしていました。テレビで見るのと同じテンションで面白いですね!アゲ子氏は不在でした。

それから、ひらけ!ここたまのコーナーを見て、驚きました。ヒミツのここたまが今月で放送終了だと初めて知りました。時々見てきたので、やっぱり寂しいですね。

あと、ガンダム関連の会話ができるAIを備えたハロがいました。いいなー、これ。ガンダムにはそこまで興味はないのですが、アイカツフレンズ!のココさんで似たようなことやって欲しいです。

 

他にはセーラームーンやガンプラのコーナー、聖闘士星矢の黄金聖衣像などを見ました。そして光るパジャマはまさかの単独コーナーを構えるほどに。残念ながらアイカツフレンズ!の単独コーナーはなくて、カード&カプセルステーションにDCDが置いてあるだけでした。玩具類は売り出さない戦略なんですね。

その後はアトリウムステージでHugっとプリキュアショーを観覧。プリキュアショーを見るのすごい久しぶりだなあ。着ぐるみショーですが、アトリウムステージは一律撮影禁止なので、こちらも撮影できません。人が多くてほとんど見えないこともあり、途中で離脱。

向かった先はセガトイズのブース。一番の理由は、野原ひろしの靴下の臭いを嗅ぐコーナーです。ほんとにもわ~んとした生々しい靴下の臭いで、オェ~~~ってなります。暫く鼻に臭いが残って悶絶するはめになります。良く臭うように、係の方が団扇で扇いでくれます。

セガトイズに来たら、やはりリルリルフェアリルのコーナーを見ねば、と言うことでやって来ました。かわいくて癒される。紙製の羽根をつけた小さい子たちもかわいくて良いです。頭身的に違和感がないんですよね。

その後はタカラトミーブースへ行こうか迷いましたが、入場まで40分待ちと言う情報を見て、断念。13時ごろ、会場を後にしました。一度くらいは行ったつもりでしたが、調べたところ、実はタカラトミーブースに1回も入場したことがないかもしれない……

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


初夏の北鎌倉散策2018

2018年6月8日、平日休みでしたので、鎌倉へ紫陽花を見に出かけてきました。今年は明月院の紫陽花をメインに、北鎌倉を巡ろうと思います。

    

混雑が予想されるので、開門と同時くらいに行くつもりでしたが、起きられなかったので、9時30分すぎに北鎌倉駅へ到着です。既にそれなりの人がいて、人が映り込まないように撮影するのはなかなか難しいですね。たまに人が途切れる一瞬があるので、そこを狙って撮ってみました。人の数は多いですが、明月院ブルーに染まる境内は美しいです。花想い地蔵や瓶の井などのスポットに生けられた紫陽花も楽しめました。

   

そして方丈裏庭園も観賞してみました。方丈の円窓の向こう側です。円窓は正面から撮影すると反対側から撮っている人が映り込むので、斜めから撮ったほうが良い雰囲気でした。方丈裏庭園は比較的空いていたので、境内の人混みに疲れた身としては、ほっとひと息つけます。庭園内には赤地蔵と青地蔵が鎮座し、それぞれの色の紫陽花が生けられています。奥の方には菖蒲畑が広がり、紫や白色の花菖蒲がきれいです。こちらも季節を感じさせてくれますね。さらに奥には姫紫陽花が咲いていました。小振りな姿がかわいらしいです。

  

続いて向かったのは長寿寺です。こちらは季節と曜日限定で公開されているので、いつでも拝観できるわけではありません。この日は運よく拝観出来る日でしたので、拝観してきました。まずは方丈に上がり、本堂へ行って御本尊に参拝します。それから書院に行って、縁側に腰を掛けて、庭園の様子を楽しみます。涼しい風が吹いて心地よいです。建物の中も、花瓶に紫陽花が生けられていて、雰囲気がありました。建物の匂いが、両親の実家の匂いを思い出させて、ちょっぴり感傷の浸りました。

  

その後は観音堂に参って、足利尊氏の墓にお参りします。それから庭園観賞へ向かいます。色々な種類の紫陽花が咲いていますが、赤いガクアジサイは珍しいなあ、と思いました。

長寿寺の拝観を終えて外へ出ると、亀ヶ谷坂切通しに出ます。こちらも紫陽花がずっと並んで咲いており、きれいですね。

 

そろそろお腹が空いてきたので、昼食を探します。去来庵は定休日でしたので、道中気になっていた、ぬふ・いちに入ることにしました。ちょうどお昼時でしたので、40分くらい待ったような気がします。本当は鎌倉野菜メインのセットを注文したかったのですが、皆考えることは同じようで売り切れでした。そこで選んだのが、鴨ハンバーグとスープカリーセットと、グラスビールです。鴨ハンバーグは、絶妙な甘味と旨味があって美味しかったです。優しい味ですね。スープカリーも美味しいですが、鴨ハンバーグが記憶に残っています。ビールもすっきり飲みやすかったです。グラスビールと聞いて、量がもっと少ないのかな、と思っていたら、満足の量が出てきました。なお、注文が飛ばされるトラブルがありましたが、少しサービスしていただきました。

   

お腹を満たしたところで、次に向かった先は浄智寺です。庫裏の前の草が生い茂った、自然な雰囲気の庭が好きです。トトロでサツキとメイが遊んでいた庭を思い出します。紫陽花はそれほどたくさん咲いているわけではないですが、棟門近くでコスモスと並んで咲いている光景がお気に入りでした。他には、ホタルブクロやヤマブキ、イワタバコなどの季節の花々を楽しみました。

 

最後に向かったのは東慶寺です。山門に続く階段の脇に咲く紫陽花がきれいですね。他にも鐘楼や本堂のそばなどで咲く紫陽花が、建物との雰囲気も併せて楽しめます。そしてこの時季はちょうど本堂裏のイワガラミが公開中です。と言うわけで、本堂をぐるりと一周して、裏の崖一面に咲くイワガラミの白い花々を観賞しました。他にも花菖蒲や崖一面に群生するイワタバコを楽しみました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


プリティーミュージアムを見学

東京アニメセンターで開催されていたプリティーミュージアムを見学してきました。プリティーリズム、プリパラ、キラッとプリチャンの企画展です。訪問したのは2018年5月12日で、会期の終了1日前になります。会場内は、動画以外の展示は写真撮影OKなので、たくさん写真を撮ってきました。

  

東京アニメセンターの地下1階に行き、展示エリアの入口で当日券を買って入場します。すると、めが姉ぇのキャラクターパネルが迎えてくれます。このめが姉ぇは、どこのめが姉ぇだろう。最初のエリアは、プリティーリズムやプリパラの壁面展示があり、たくさんのキャラクターが描かれています。

  

先へ進むと、プリティーリズムのコーナーになります。まずは歴代主人公3名のキャラクターパネルがお出迎え。オーロラドリーム開始前のミニスカート時代の展示もあります。自分はアニメから入ったので、話にだけ聞いていた先史を目の当たりにした気分です。他にもオーロラドリーム番宣ポスターや、AD、DMF、RLの第1話台本など、貴重な資料が展示されていました。映像展示では、歴代のOP/EDが流れており、懐かしすぎです。1周するまで、その場で見続けました。「§Rainbow」はi☆Risちゃんということもあり、一瞬プリパラな気分にもなって、プリティシリーズとして、地続きなんだなあ、と思い返しました。

    

続いてはプリパラの展示コーナー。放送が1年多いことと、直近の作品群と言うことで、プリティーリズムシリーズより多めのスペースが割かれています。各キャラクターの紹介パネルが貼られており、様々なカットや紹介文が書かれていて、ボリュームたっぷり。アニメシーンのワンカットが写真風に貼られている演出も良いです。雨宮くんの写真だけ、みれぃさんの真下だけど、限りなく床に近い位置に貼られていたのは、笑いました。

他にもらぁらさんのフィギュアなどがありましたが、グッズ展示はプリティーリズムコーナーより少なめだった気がします。プリティーリズムコーナーと同じく、プリパラもOP/ED映像が流れていましたが、時間の都合上こちらは掻い摘んで見ました。放送開始は4年前ですけど、つい最近まで放送されていたので、そこまでのタイムスリップ感はありません。

   

キャラクター紹介パネルコーナーを抜けると、衣装展示コーナーに出ます。ここは一定期間で入れ替えがあり、この時はガァルマゲドンとトリコロールの衣装展示でした。その後は、設定資料やOP映像の線画展示が続きます。

   

そして、次はいよいよ、貴重な構想段階の資料コーナーへ。完成したキャラクターとは雰囲気や色指定の異なる構想段階の資料を、たくさん見られます。コーデやモチーフは同じだけど何だか雰囲気がとっても違うみれぃさんとか、ボブスタイルのあろまさんとか、もうこんなところまで出しちゃいますか、と言う感じの大盤振る舞い。キャラクターイラスト以外にも、ラフな絵と文章が書かれた設定指示書なるものも。裏舞台を見たような気持ちでとても楽しいです。

点数が多かったので、他の人の邪魔にならないよう、ある程度まとめ撮りしましたが、貴重な資料ですし1枚ずつ撮った方が良かったかなあ、とちょっぴり後悔。

この横では、CGライブシーンのメイキング工程がビデオ上映されていました。昔から3DCGを作るのは憧れなんですよね。色々スキルが足りなくて、頓挫してきましたが。なのでとても興味深く視聴しました。

次のコーナーは、5月公開の最新映画や、キラッとプリチャン、プリティーオールフレンズの紹介コーナーです。これまでがプリティーシリーズの振り返りなら、ここからはプリティーシリーズの未来ですね。

最後は、フォトスポットとメッセージコーナー。プリティーシリーズの歴代主人公たちのキャラクターパネルがあります。部屋が広くないので、画角が広いレンズじゃないと、全員を1枚には収められないですね。

メッセージコーナーも、会期終了間近ということもあって、壁一面が埋め尽くされています。せっかくなので、自分もらぁらさんのイラストを添えて、応援メッセージを書いてきました。

最後は暖簾を抜けて、展示エリア終了です。展示エリア外では、ゲーム筐体が数台設置されていて、皆楽しそうに遊んでいました。物販コーナーでは、映画のグッズ先行販売やその他プリティーシリーズのグッズが販売されていたので、自分はゆいさんのアクリルスタンドを購入しました。

記事に載せきれなかった写真は、下記をご覧ください。写真の点数はそこそこあるので、記事に載せていない枚数もそれなりにあります。写真レポートみたいに、ご覧いただけるかもしれません。


アイカツ!アニON in 蒲田に参加

2018年5月5日、蒲田ニューエイトで開催されたアイカツ!アニONに参加してきました。この日は昼にラゾーナ川崎プラザでアイカツフレンズ!のステージがあったため、アイカツづくしな一日となりました。川崎と蒲田で隣駅同士なので、川崎蒲田ムーブをした人も多かったでしょう。

 

17時30分開場でしたので、ほぼその時刻に会場へ到着。チケットに番号が印字されていましたが、特に整理番号と言うわけではなく、一斉に入場開始となりました。ワンドリンク制なので、アイカツ的にはゆずサワーとライチサワーの2択。自分は後者をオーダーしました。

  

18時から22時までの4時間で、最初の10分間はインストラクション。その後、DJ4名、VJ2名で、各DJ毎に1時間弱のターンを4回行う形式になります。20時くらいに10分程度の小休憩がありますが、それ以外は休みなし。これだけやって、ほぼ曲被りがなかったのはすごいです。1ターン目と2ターン目で1曲だけ被っていた気がしますが、アレンジが結構違っていたので、それはそれで面白かったと記憶しています。

   

アイカツ!曲は大概好きなので、どの曲でも嬉しいのですが、アイカツフレンズ!曲が掛かった時は、おおっ、と盛り上がりましたね。結構序盤で出してくるかと思っていたので、だいぶ焦らされました。そして終盤では、ひなきさん曲が続いて、SHT(スーパーひなきタイム)状態です。最後の「はろー!Winter Love♪」で気分はMAX。こう言うセトリ演出できるのがDJイベントならではですね。「輝きのエチュード」あたりは、確か武道館セトリと重なっていたような気がして、これも熱い演出でした。締めは「アイドル活動!」で、LIVE STATION2のタオル掲げ。

会場の雰囲気としては、前方の真ん中が時折無法地帯で、注意を受ける始末。特定曲での後方からのダッシュ奴も鬱陶しいですね。スペースはそこそこ余裕はあり、ぎゅうぎゅう詰めではないです。アニONはイベントの性質上、はっちゃけ勢が少なくはないので、そのへんを天秤に掛けて、参加有無を決めると良いのかなあ、と思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツフレンズ!ファーストツアー友だち誘ってどーんとコイッ☆に参加

2018年5月5日、ラゾーナ川崎プラザにて開催された「アイカツフレンズ!ファーストツアー友だち誘ってどーんとコイッ☆」を観覧してきました。名古屋でも同様のイベントが開催済みですが、BEST FRIENDS!が6人全員揃うステージは初めてです。

 

まずは午前回。開演30分前に到着しましたが、3階はほぼ埋まっていて、4階も正面側はほぼ埋まって、ステージに近い横側が空いている状況でした。予想より人出が多いですね。オーロラビジョンに映るアイカツフレンズ!の映像を見ながら、11時30分の開演を待ちます。

今回のエリア構成は、ステージ正面中央が子供専用エリアです。ここには保護者も入れません。その両隣に保護者エリアがあります。それらの後ろに優先観覧券保有者の観覧エリアがあります。後は2階のその他のエリアや、3階や4階、5階の回廊から観覧することになります。優先観覧エリアは、エリア内の最前列を確保できない限り、正直あまりうれしいことはなさそうですね。距離も近くはないですし。自分は安定の4階のステージ横から観覧しました。正面が人気のようですが、3階以上の回廊から見る場合、正面は距離があるから、個人的にはあまり良い場所とは思いません。

11時30分の開演時間が迫り、まずはイベントに関する情報と諸注意が説明されます。女児アニメイベントなのに、飲酒観覧禁止のアナウンスがあって、はて……?

最初の曲は、松永あかねさんと木戸衣吹さんによる「アイカツフレンズ!」です。後のトークでも語っていましたが、まさにアニメ第1話の再現でした。

続いて、美山加恋さん、二ノ宮ゆいさん、田所あずささん、大橋彩香さんも登場して、自己紹介。田所さんと大橋さんは、まず最初に二人揃って「ラブミーティアです」と自己紹介するあたり、さすがダイヤモンドフレンズ。

それからプレゼント抽選会が始まりました。抽選券は子供エリアにいる子たちに事前に配布されていて、ステージでは各キャストが当選番号を読み上げていく形式です。300番台もあった気がするので、なかなかの盛況ぶりですね。子供たちがプレゼントに対して歓声を上げたり、喜びを素直に表していて、可愛かったです。

プレゼント抽選会が終わった後は、少しだけフリートークみたいになりました。松永さんに好きな歌を聞いたら、みおさんの歌だったみたいで、木戸さんが「ありがとー!」と松永さんに抱きついたり、会場を見て「ラブミーティアの髪型を真似してくれている子がいるー」と盛り上がったりしていました。

続いては、ラブミーティアのお二人は一旦ここで下がって、ということで、松永さん、木戸さん、美山さん、二ノ宮さんによる「ありがと⇄大丈夫」です。現在のオープニング曲で、聴くたびにハマっていっています。

そして次の曲は、田所さんと大橋さんによる「Believe it!」です。やっぱり歌に力がありますよね。生で聴いても圧巻でした。トークでも語っていましたが、見事にレジェンド感が出ていたと思います。ラブミーティアの時は、子供たちからの黄色い歓声が、特に印象的でした。

再びトークで、松永さんと二ノ宮さんに対して「こんなに多くの人の前で歌うの初めてで緊張したんじゃない?」と質問が飛んで、松永さん「ゆいちゃん全然緊張してない~!」と話したら、名古屋のイベントでお客さんが優しかったから大丈夫とのこと。

最後は、「アイカツフレンズ!」の振り付け講座。ステージ横からだと動きが分からなかったです^-^;。これは6人全員で歌うかと思いきや、松永さん、木戸さん、美山さん、二ノ宮さんの4人でした。歌の間奏あたりで子供たちのエリアに下りていくのですが、ここで木戸さんが子供からファンレターを貰って、あたふたしてました。マイク片手にファンレター片手にしつつ、スタッフに渡そうとするも、持っててっ、みたいになって、階段で転びそうになったりとてんやわんやでした。遠目にはアイカツカードを渡されたのかな、と思っていましたが、歌の終了後にファンレターであることが判明しました。

それからキャストの皆さんそれぞれ挨拶をいただいて、午前のステージは一旦終了です。この後は、松永さんと木戸さんによるアイドルカードお渡し会です。ちなみに上の階から観覧していたので、テントから捌けていく美山さんと二ノ宮さんが見えたりしました。

14時30分、午後回が始まります。ステージの進行は午前回と同じなので、午前回では書きそびれた内容など、ピンポイントで書いていきます。

まずはこの週の放送が舞花さん回だったため、美山さんが舞花さんの決め台詞を多用していました。「舐めるのはアメだけにして!」「血をたぎらせる準備はできてる?」など。この週は旅行に行ってた都合、放送を見ないままイベントにやって来てしまったので、事前に見ておけば良かったです。

プレゼント抽選会では、当選したらその場でステージに上がると勘違いした子がスタスタとステージ上に向けて駆けていき、スタッフに制止されてまたスタスタと戻っていくハプニングがありました。そして抽選の時には、子供たちから「おねがーい!」コールが上がって、これまた可愛かったです。

後は、アイカツ!初代から出演している田所さんと大橋さんに対して、アイカツ!との違いについて質問が出て、これまでアイカツ!で積み重ねてきたものがあるから、それを活かしていければ的な回答をしていました。

「アイカツフレンズ!」の触れ合いタイムでは、二ノ宮さんがわりとステージから遠い場所まで触れ合いに行き、攻めの姿勢が印象的でした。しかし、何故か最後のステージ集合に間に合わなかったのは、二ノ宮さんではなく、木戸さんだったという。曲の終わりで3人が揃っているなか、そこへ向かって両手を挙げて走っていく木戸さんの姿が面白かったです。ただ、すたあにちゃん、あいすたちゃんの頃から言っていますが、基本的には最後はバッチリと揃って欲しいです。

後、ステージの他で面白かったのは、お渡し会のためにテントを出て、松永さんと木戸さんが一旦スタンバイしたのに、何故か松永さんが急にテントの中に引き込まれて、それを見た木戸さんが両手を叩いて大笑いしていました。何か忘れ物でもしたのでしょうかね。

ちなみに今回のイベント司会は、綾見有紀さんでした。アイカツスターズ!の頃から司会を担当されているので、作品に触れる際のコメントにも愛が感じられて、信頼できますし安心できます。「マナーを守る、それもまたアイカツだね!」ですな~。

まだ曲数が少ない時期ならではの、抽選会などを交えたイベントでした。曲の数が増えてくるとライブ中心になるはずなので、たぶん今の時期しか見られない貴重なイベントになると思います。