「 アニメ・漫画 」一覧

アニメや漫画の感想、イベント報告など

映画「この世界の片隅に」片渕須直監督トークショー付き上映

2019年8月15日、終戦の日に新宿ピカデリーにて、片渕須直監督トークショーつきの上映を鑑賞してきました。少し前の8月3日に、NHK総合でテレビ放送されましたが、見逃してしまいましたので、今回が初見です。

前評判は色々聞いていましたが、思っていた以上に淡々と物語が進みます。鑑賞前は、戦争の時代を描いたと言う点にスポットが当たった作品と言う印象でしたが、鑑賞を終えた後では、すずさんの半生を描いた作品で、その時代背景が戦争の時代と言う表現がしっくりきます。同じ時代を描いた「蛍の墓」とは、表現がだいぶ異なります。

戦前、生きていく中で、生活環境が変わったり、色々つらいこともあるけれど、すずさんのキャラクターもあって、なんやかんや明るい雰囲気で話が進んでいきます。その後、戦争の影響は、じわりと押し寄せていますが、生活を破壊し尽くすほどのものではありません。

しかし、終戦が迫る頃、急激に被害が激しさを増してきます。空襲で投下された砲弾の破片が、凄まじい勢いで方々の地上に突き刺さるシーンは、恐さを感じました。そして広島への原爆投下。一瞬の閃光とその後の激しい振動。稲光と雷鳴のようなイメージ。とかくここに焦点を当てがちですが、その出来事自体は一瞬だったわけで、物語でもそれ自体は一瞬のシーンとして描かれました。その後、黒く爛れた人たちが周辺の街まで歩いていったと言う話は昔聞いたことがありますが、改めて思い出しました。

命、身体、街、当たり前にあったものが無下に奪われる理不尽さ。そんな中でも、最後はこれからを生きていく人たちが逞しく自ら希望を見出していく、視聴者に救いを感じさせる脚本となっていました。

上映後は、片渕須直監督のトークショー。撮影やSNSへの投稿OKとの案内がありました。スマホのカメラしかなかったので、画質はそこそこです。

  • 今回初めて映画を見た人、と質問があったので挙手。
    • 先日のテレビ放送を踏まえて、”映画館で”と補足されていましたが、自分は完全に初見です。あの会場ではわりとレアなタイプかもしれない。
  • 今日で公開から1007日目。
  • 「あちこちのすずさん」ではギリギリまでアニメーションを作成していた。
  • テアトル新宿とだいぶお客さんが被っているけど、大事な事なので、ここでも同じことを話す。
    • 終戦1年前が昭和19年8月、今は2019年8月。これからの1年間を、すずさんの過ごした終戦までの1年間と重ねてみて欲しい。
    • 原作は雑誌連載だったので、物語の進行と現実時間とリンクさせる仕掛けが成されていたけど、映画ではそれが出来なかったので。

同じ時間を過ごす、そのための工夫が色々映画にもされており、2時間強の上映時間の中で、すずさんの半生やあの時代の空気を、少しでも体験できた気がします。戦争について語られる際に、多くの場合スポットが当たらなかった部分について描かれているので、物語と併せて、興味深く見ることができました。

評判に違わず、素晴らしい作品だったと思います。鑑賞を終えた後に、色々と残るものがあるのは、久しぶりです。何を感じるかは人それぞれですが、何かしら心を揺さぶられたり、考えさせられることがあるような気がします。自分は初見が今回の劇場での鑑賞でしたので、とても映画の世界への没入感を強く覚えることができました。トークショーでも話に出ていましたが、テレビで見るのと映画館で見るのとでは、感じ方にそれなりに差がありそうですね。2020年8月までのロングランが実現されるなら、今後もどこかしらの映画館で、鑑賞できる機会があると思いますので、映画館で未見の人には見て欲しいなあ、と言う気持ちです。


劇場版名探偵コナン 紺青の拳を鑑賞

2019年4月13日、チネチッタのLIVE ZOUNDで、名探偵コナン紺青の拳を鑑賞してきました。自宅から徒歩圏内であることを活かして、今回もナイトショーです。以下、ネタバレに配慮してぼかしてはいますが、何をネタバレと受け取るかは人それぞれなので、気になる方は目を通さないでください。

最初に全体的な感想を書いておくと、アクションシーンも多くて、話も色々と展開するし、面白かったです。安定のコナン映画クオリティ。そして、名探偵コナンを見ていたつもりが、気づいたら名探偵ヒライを見ていた……

今作の特徴としては、映画としては初めて海外が舞台ということと、キッドのライバルとして京極真が配役されていることです。海外が舞台と言う点では、ベイカー街の亡霊も近い部分はありますが、一応ヴァーチャルなので除きます。

海外が舞台という点は、思ったよりも話が広がらなかったなー、と言う印象。やっぱり京極真の出演による話の展開の変化の方が面白かったですね。

作中では、キッドによるアクロバティックなアクションシーンと、京極真による肉弾戦メインのアクションシーン、それぞれに見せ場があります。キッドの派手なアクションと比べると、空手アクションはさすがに地味に映るかなあ、と思いきや、アニメならではの規格外の強さなので、こちらもなかなか派手です。ドラゴンボールの天下一武闘会に出場できそうな強さ。

推理要素の方ですが、容疑者がかなり限定されているので、犯人が誰か推理する楽しみは、あまりないかもしれません。なので、手品のタネ探しみたいに、どうやったのか、を推理する感じですかねえ。最初の事件の答えが終盤まで出てこないので、じっくり考えることが出来ます。特に後出しの情報がなくても解ける人なら解けるはず……。自分はシチュエーションに違和感を覚えつつも、そういうやり方とまでは発想が至りませんでした。

終盤で誰が黒幕なのか、ドタバタする展開がありますが、一連の事件の首謀者自体は変わらないと思っています。キッドを呼び寄せたことに対する辻褄合わせが目的だと思いますが、ここまでの事件の流れがひっくり返るわけでもないので、実はこいつが……!となっても、そうだったのか!とまではならなかったです。

あと、ネタバレと言うか、皆さんが予想している通りに、マリーナベイサンズの船は落ちますが、その狙いがアレだったとは、実際に落ちた後の演出を見るまで気づきませんでした。問題を認識できていなかったので、いきなり解決手法を見せられた感じになってしまったので、事前にもっとアピールした方が良かったかもしれません。

最後にゲスト声優ですが、河北麻友子さんは、正直違和感を拭いきれませんでした。山崎育三郎さんについては、自然で特に気になりませんでした。


キラッとプリ☆チャン1年目の感想

4年間続いたプリパラの後を継いでスタートした「キラッとプリ☆チャン」。1年間の放送が終わったので、感想を書いてみます。

全体的にプリパラのノリを引き継いで、わちゃわちゃハチャメチャな展開をメインにしています。えもさんやあんなさんのような分かりやすいキャラクターもいますし、みらいさんやさらさんのような常識人?もいますし、りんか父のような強烈なキャラクターもいて、バラエティ豊かです。色々いじりやすいえもさんのキャラクター好きですね。

ただ個々の要素は良いのに、それを活かしきれていない感じがしました。1年間全体を通して、メインストーリーとなる部分が弱かったと思います。プリティーリズムのADやDMFのように、1クールから3クールまで溜めて、4クールで爆発(ADは壮絶展開、DMFは超展開)させるのかな、と思っていましたが、蓋を開けてみればアンジュさんの引退話で、想像よりもかなり弱い内容でした。ストーリーとしては、りんかさんが加入するところまでが一番面白かったというのが、正直なところ。

加えて、ちょうど年明けからPripara Friendship Tourが始まったこともあり、どうしてもプリパラ時代と比べてしまいます。プリパラも相当にはっちゃけていますが、何だかんだでまとまりがあるんですよねえ。

と言うわけで、不満も書きましたが、ほぼ全話見続けているのは、何だかんだで面白いからです。2年目の展開に期待したいと思います。


劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES

2019年2月9日、公開翌日のナイトショーで鑑賞してきました。20年ぶりのシティーハンター新作ということで、期待しながら公開日を待っていました。見終えた感想としては、期待値のハードルを相当上げられているのに、それを飛び越えてくる仕上がり具合で、とにかくすごかったです。

内容自体は王道で、当時の感覚のまま楽しむことが出来ます。とは言え、スマホが登場したり、時代背景は現代に合わせているので、冴羽獠たちが2019年の世界に帰ってきた気持ちになり、うれしかったです。

主に前半部分で色々繰り出されたギャグも、純粋に楽しいです。エローンのくだりとか、後は新宿の種馬とか、思わず吹き出しそうになりました。

そしてこれでもかと言うくらい絶妙なタイミングで流れだす歴代OP/EDによる挿入歌。とにかくカッコよくて、ぐっときますね。出し惜しみしない感じが良いです。

メインストーリーは、獠と亜衣の関係が少しずつ変わっていくのが面白かったです。獠と香の関係がギクシャクするのも、往年の展開通りで良かったです。

海坊主は、海小坊主の絡みもあって、全体的にギャグ要素の方が強かったですが、終盤の肉弾戦はさすがのカッコ良さでした。

そして事前予告があった通り、CAT’S EYEの3名もゲスト出演。大きく本編には関わりませんが、それなりの出演シーンがありました。

ラストは安定の、静止画からの引きで、『Get Wild』へ。これだけでも嬉しいのに、さらに歌詞テロップつき。後ろで流れるテレビ放送時のエピソード回は、獠と香の関係に着目した3エピソード。後日改めてグッバイ槇村回を視聴しました。

最初にも書いた通り、かなり期待値を上げて映画館に行ったのですが、それでも満足のいく出来でした。オリジナルスタッフ集結による安心感、素晴らしいです。これからも数年に一度、ルパン三世みたいに新作を見られる機会があると嬉しいなあ、と思いました。


映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

2018年10月27日、公開初日に旅行先の大阪(なんばパークスシネマ)で鑑賞しました。プリキュア15周年記念作品ということで、歴代プリキュアが総出演します。タイトルの通りメインとなるのは、最新作ハグプリと初代です。主人公は完全にはなさんですね。昨今の社会問題ともなっている、完璧な母親像に対するアンチテーゼのような作りになっています。

突然の襲撃で仲間がどんどん赤ちゃんにされてしまい、解決方法もわからない絶望的な状況下。それでも赤ちゃんの世話をしなくてはならず、一生懸命に世話をしても報われないような赤ちゃんたちの反応。自分は全然立場が違うので共感は出来ませんが、映画を通じて体感することは出来ました。如何に絶望的で、辛い状況であるか、強く感情を揺さぶってきます。

後半は、逆転攻勢に至るいつもの流れです。プリキュア総出演による攻撃シーンは賑やかで圧巻。敵との説得シーンは涙を誘う部分もありますが、やっぱり肝は前半部分ですね。メッセージ性の強い映画だと思いました。劇場でかなり涙腺が緩みました。でも冒頭部分のルールー=ボルト説のくだりは、とても笑いました。

あと、予告映像を見ていて気になった3DCG風タッチは、実際の上映を見た際には特に気になりませんでした。タッチの違い自体は分かるのですが、実際に動いている様子を見続けていると、特に違和感なかったです。