「 アニメ・漫画 」一覧

ガチャポン「しゅごキャラ!マスコット」

「しゅごキャラ!」公式ブログで見つけたしゅごキャラのマスコット。しゅごキャラの大きさは、こういうアイテムにハマるので、思わずゲットしたくなりました。

で、さっそくヨドバシで探しましたが、ちゃんと記事を読んでいなかったので、具体的に何なのか分からず、売り場を彷徨いました。おもちゃ売り場を歩いて、思わず「ハンプティロック」を手に取りましたが、偶然見かけたガチャポン(YUJIN)で、正解にたどり着きました(これとは別に、ハンプティロック自体は、買ってもいいかなあ)。

やはり目指すは、ラン、ミキ、スゥの3人です。最初は、いきなりスゥが出ていい感じ。続いてミキが出てきました。しかし、ここからキセキが奇跡の3連続…!その後、ようやくランが出て、打ち止めにしました。ヨルとテマリが未入手ですが、諦めました。

各種類が常に同じ確率で出てくると仮定すると、4種類集めるには平均5.7回必要です。しかし、6種類だと14.7回になってしまいます。このような少ない回数では、確率論はあまり意味を為しませんが、実は今回4種類を入手するまでの回数は、理論値どおりだったりします。それを踏まえると、これまでの倍以上つぎ込むのはちょっとなあ、と思い、止めておきました。


ハッピーセットのプリキュア5カード

マクドナルドのハッピーセットメニューで、10月くらいに登場していたプリキュア5カード。ちょっと欲しいな、と思い、いつか買いに行こうとしていたら、期間終了していました。元々そんなに欲しいわけではなかったのですが、いざ手に入らないとなると、途端に物欲センサーが反応するこの不思議。

さっそくヤフオクを検索して、目的の品を発見しました。しかし、アラーム設定したのに関わらず、その時間に家にいなかったため、気づかずに終了です。諦めきれず、アラート設定をして、出品を待つ日々。バラ単位での出品はそこそこありますが、まとめて欲しいので、5枚セットが出るまで辛抱強く…。というか、小額商品なので、バラバラで落札すると、振込み手数料を馬鹿みたく払うことになるからです。

その後、無事5枚セットを落札して、満足しました。ハッピーセットおおよそ1個分の値段で、5枚ゲット。これは、オークション入手で、正解だったと思います。


Yes!プリキュア5~鏡の国のミラクル大冒険

先々週の土曜日、「Yesプリキュア5~鏡の国のミラクル大冒険」を鑑賞してきました。各所を回っていると、大きなお友達は公開2週目の週末に見た方が多いようでした。うちは、女児たちで大混雑のなかに見に行く”とびっきり勇気の扉”を開けられず、あえて人が少しは減るだろう2週目に行きました。ですが、それは間違いでした。無邪気にプリキュアを応援する子供たちを見て、癒されましょう!何とも微笑ましい空間なので、「大きなお友達向け、プリキュア5映画版の楽しみ方。@たまごまごごはん」でも書かれているとおり、むしろ大入りのときこそ行くべきです。エンディングでは、一緒に歌いだす子もいて、まさに子供向け映画冥利に尽きると思います。

さて、ここから映画の感想です。ネタばれしちゃうので注意してください。あと、劇場パンフレットはもろにネタばれなので、鑑賞予定のかたはご注意ください。 続きを読む


Yes!プリキュア5第37話感想

久々にプリキュア5の感想を書いてみようと思います。取り上げる回は、個人的にツボだった「ココのヘルシー大作戦」です。普通だったら「ダイエット大作戦」となりそうなところを「ヘルシー大作戦」としているのは、考えてるなあ、と思いました。

今回の主役はココです。これまでココがメインに絡む話は幾つかあったものの、他のキャラ(主にのぞみ)がここまで絡まない単独メイン回は初めてではないでしょうか。

ここまでナイトメアとの戦いで少し重苦しい雰囲気でしたが、それをほぐすような話でした。これまでココって、しっかりしたキャラクターとして描かれてきました。そのココが夜中にこっそりとシュークリームを食べようとしたりする、そのギャップが面白いんですよね。シュークリームの禁止に悶えるココを見ているだけで、お腹いっぱいになれる回です。しかし、そこはプリキュア5、しっかりと子供たちへ伝えるべきことも描いています。周りの皆が、ココのヘルシープロジェクトに協力するなかで、食べないことではなく、バランスよく食べることが大切だと説いています。

あと、何気に描かれていたのが、ミルクの頑張りっぷり。夜中まで起きて、誘惑に駆られるココを注意したり、ちゃんとした料理を作ったり。以前、過労で倒れたさいにも、その点は指摘されましたが、今回改めて描かれたと思います。最初の頃のツンツンしていたミルクは、アンチも多かったと思いますが、最近は好きになってきた人も多いのではないでしょうか。

しかし、「よっこいしょ」と言っただけで、太っちょ疑惑が出てしまうとは…。皆が皆、身を乗り出しての反応っぷり。あのメンバーのなかでは、禁句のようです^-^


よつばと!1巻の感想

よつばと!1巻

先日、書泉ブックタワーへ行ったさいに、何気なく購入しました。最近、漫画自体あまり買っていませんが、買うにしても続編ものばかりなので、新しい作品にも手を出してみようかな、と思ったからです。直接の理由は、買いたかった本(HUNTER×HUNTER24巻)が売っていなかったからですが^-^;

作中の雰囲気については、だいたい知っていましたが、それに違わず、よつばととーちゃんを中心に描かれる日常光景そのままです。まだ一巻ということもありますが、取り立てて大きな事件もありません。

そんななかで、この作品の魅力は、なんといってもよつばでしょう。かなりぶっ飛んでいますが、あちこちに飛んで理解するのが難しい、けれどそれなりの理屈のある、そんな幼児らしさが微笑ましいです。いや、実はかなりぶっ飛んでいるわけではなく、むしろちょっとオーバーに描かれている程度なのかもしれませんね。実際の幼児もそれくらいパワフルな気がしてきました。

他にも何名かキャラは出てくるのですが、全体的に印象に残っているのは、風香とジャンボかな。実際に、露出回数が多いのかもしれませんが。

というわけで、結構気に入りました。ただ、先を急いで購入する本でもないと思いますので、ちょこちょこ買い揃えていきたいです。