「 アニメ・漫画 」一覧

電脳コイル~中盤まで見た感想

今見ているアニメ作品で一番続きが気になる作品、それが電脳コイルです。電脳メガネを初めとした近未来的な要素と、どこかノスタルジーを感じさせる光景が織り交じった不思議な世界観です。

最初から謎だらけなのですが、序盤ではあまりそこにフォーカスせず、電脳メガネを使った生活を楽しく描いていました。小学校でドンパチやっているシーンは、自分もやってみたいなあ、楽しいなあ、といった感じでした。また、ヒゲの話は、人類有史以来の歩みを見事に体現した傑作だと思います。ドラえもんあたりで出てきそうな話ですね。

中盤あたりから、謎が解けると思いきや、謎が何重にも張り巡らされており、むしろ謎の解決が謎を呼んでいる状態に。ここまで伏線を張って処理しきれるのだろうか、と不安を感じていたところで、ようやく一気に謎が解け始めてきたところです。

ただ、人の死が大きく絡んでいることもあり、前半に比べて雰囲気が重くなってしまっているのが、ちょっとなあ。夕焼けのなかで鳴り響く横断歩道のチャイムは、えも言わぬ怖さを感じます。

さて、こういう作品はリアルタイムで見ているからこそ、謎解きに挑戦したいものです。というわけで、以下勝手に謎解き推測です。まず、4423という数字、これが本当にイサコの兄の病室の番号だとしたら、ヤサコが4423に会ったのはあっちの世界ということになります。病室に入っている状態ならば、イサコの兄があっちの世界に行ってしまった後である考えるのが、自然だと思うからです。また、ヤサコの記憶にある4423との出会いは、夕焼けのなかでしたので、そこがあっちの世界である可能性は高くなります。ただ、そうなるとあの鍵穴から逃げるようなシーンがあったことが、説明つかなくなります。鍵穴へ向かったのなら、それが現実世界へ戻ってきたこととなり、つじつまが合うのですが…

煮詰まったところで、あっちの世界とこっちの世界の境目とは何なのか、考えてみたいと思います。あっちの世界に行くと電脳の体と現実の体が分離することから、あっちの世界は現実には存在しない電脳だけの空間ということになります。では、電脳空間とは何なのか。これは、イサコやハラケンが、メガネの使用に伴う心臓への負担や頭痛を訴えていることから、高度に仮想的な情報が、人体に直接的に作用して生み出される幻覚のようなものだと思います。この情報と人体の結びつきにより、本来は仮想であるはずのものが、現実の体に影響を及ぼしているのだと。いわゆる電脳の体とは、人間の意識そのものではないかと。

実際には、もっとたくさんの要素が存在し、複雑です。上記の限定的な推測も、その他の要因により、矛盾が生じるかと思います。そもそもカンナの死も、本当に交通事故なのか、ハラケンの言うように、あっちの世界に行ってしまったせいなのかも、うまくぼかされていて、よくわかりません。

そんな感じで、番組を見ていない人にはさっぱりわからないことを、長々と書いてみました。でも、こうやってあれこれ推測することができる楽しい作品です。これはリアルタイムならではの楽しみなので、未見の人は今からでも見ることを、強くお勧めします。

謎解きの結果が、エヴァのような形になることだけは、避けて欲しいと切に願っています^-^;


ふたご姫コレクティブファイルDXを入手

 

先日、ヤフオクでふたご姫のコレクティブファイルDXを落札しました。もちろんファインとレイン2人ともです。オークションでの落札は久しぶりですが、どちらも新品同様の状態で満足です。

このコレクティブファイルDX、放送当時にアソビットシティで何回か見かけたものの、2体同時に買うとちょっと高いなあ、それに微妙に大きいので置き場所がなあ、と思い、購入を見送っていました。そのうち店頭からは姿を消し、ネット通販でも売っていない状態に…。てなわけで、オークション万歳です。

さっそくフィギュア棚に飾ってありますが、さすがに横にあるカプセルトイとの出来栄えの差が際立ちます。うーん、これは良い買い物だ、と思うと同時に、自分のなかではまだまだふたご姫は終わっていないんだなと思いました。

余談ですが、実は未だにふたご姫の放送終了後の総括が書けていません。思い入れが強いほど、なかなか書き出せないものだとどこかに書いてありましたが、まさにそのとおりですね。いい加減に書かないといけないと思いつつ、キーが進みません。。


徹夜でカラオケ

さて、以前の日記で書きましたが、ノリと勢いで徹カラになりました。面子は、Sylph氏、ぱんだ幼稚園氏、…そして翌日職場で研修のあるとなみん氏です。今回の徹カラ決行は、となみん氏の首の一振りがあったおかげです。

てなわけで、パセラ上野本店へ。0時30分すぎに入って、飲み放題付きで朝までコース。普段あまり一緒に歌う機会の少ないメンバだと、いろいろ新しい曲の発見があって面白いですね。「創聖のアクエリオン」とか、随所で見かけた「一万年と二千年」の謎がここで解けました(笑。他にも曲調が気に入った曲が何点かありました(曲目は失念ですけど)。

また、90年代のアニソンが出てきて懐かしいです。個人的には90年代中盤くらいが、アニメ雑誌なども買っていて、アニメ漬けだったので、いろいろ印象深かったりします。「You Get to Buring」とか、実は作品は見てないけど曲は好きだったり、知っていたりといったものも多いです。

というわけで、セットリストを作ってみました。朝が近づくにつれ、形振り構わなくなってきました(苦笑

  1. GET THE WORLD(レッツ&ゴー)
  2. CHA-LA-HE-CCHARA(DBZ)
  3. Dear Woman(SMAP)
  4. 風とRainbow(メルヘヴン)
  5. 爆竜戦隊アバレンジャー
  6. ようこそマジカルスクールへ(赤ずきんチャチャ)
  7. プリズム(電脳コイル)
  8. キミノアシタ(ふたご姫Gyu!)
  9. 童話迷宮(おとぎ銃士赤ずきん)←奇跡てきに連続被り!
  10.  Smile go! go!(プリキュア5)
  11. 笑顔に会いたい(ママレードボーイ)
  12. 未来形アイドル(VS騎士ラムネ&40)
  13. オトメロディー(マイメロ)
  14. DANCE!おジャ魔女(どれみどっか~ん)
  15. ぶーりんあらもーど(とんでぶーりん)
  16. 永遠にともに(コブクロ)
  17. ハッピーラッキーお願いミルモ(ミルモでポン!)
  18. 願いましては無限なり(ぴたテン)

こんな感じで、朝の6時くらいまで歌っていました。「檄!帝国歌劇団」やアニ横絡みなど、歌いたい曲はいろいろあったなあ…、けれど不思議とその場にいると思いだせないんですよね^-^;。

しかし、他にもアニソンありのカラオケ集まりはありますが、ここまで自由に出来たのは、ここだけですね~。個人的には、とても満足でした(笑。そして皆さん、お疲れさまでした。 たぶん、我々はまだまだ若いと思いますw

なお、後日談を見たところ、となみん氏は無事研修を乗り切ったそうです。


プリンセスフェスタ5

2007年09月09日、プリンセスフェスタ5へ参加してきました。ファイナルかもしれないという噂が流れているプリフェス。ここは悔いの残らないようにと、今回は初めてアフターに参加することにしました。

そのため、普段より遅めに出発して、会場入りは14時30分ごろ。今回も会場は都産貿浜松町館です。最初フロアを5階と間違えて、見慣れぬ光景にパニくりました。まあ、5階も即売会だったりしますが、同じ即売会でもぱっと見の空気が違うのですよ。これはもしかして台東館だったのかという不安がよぎりました。そうだったら、時間的に絶望なので^^;結局は4階が会場だったというオチ。

無事会場に着いたあとは、お目当ての同人誌を購入。遅い時間に行ったので残っているか不安でしたが、無事ゲットしました。本当はもうちょっといろいろなサークルさんの本を買いたかったのですが、お馴染みのサークルさんに落ち着きました。

本を買い終えたあとは、まったりDDRを眺めながら、らくがきコーナーに拙いお絵かきをしていました。これまで遠慮して描いたことはないのですが、最後かもしれないということが、背中の一押しになった感じです。端っこにちょこっと描きました。うーん、壁掛けの紙に描くのは難しい、と言い訳してみたり^-^;

その後はアフターへ。みんなで後片付けをするのかな、と思ったけど、違うんですね。そして、アンケート用紙は出そうと思ったけど、いいネタも思い浮かばず、途中で帰る予定なので、結局出しませんでした。なので、まったりと色紙抽選会に参加。名前を呼ばれる心配がないので、ある意味気楽です(笑)。当選者の名前が呼ばれていくのですが、ネット上でお名前を存じている方が結構いらっしゃいました。ふたご姫の各方面や、mixi関係、大昔に夢中になった姫ちゃん関連の人も。

最後まで参加したかったのですが、夕方より用事があったため、抽選会のあとの休憩時間(16:15くらい?)に会場をあとにしました。というわけで、じゃんけん大会は景品だけ眺めてきました。ちょっと欲しいな~というものもあったので、参加できずにちょっぴり残念。

そんな感じで、楽しみました、プリフェス5。アフターに参加したのは、姫ちゃんオンリー以来2回目ですが、イベントが何倍も楽しくなりますね。今まで本だけ買ってさっさと帰っていたなんて…、なんてもったいないことをしていたんだ!

あとは、会場の人たちともっと交流できたら素晴らしいですね。まあ、こればっかりは自分しだいなのですが。次の機会があるのなら、それまでにネタを仕込んでおきたいです。

次といえば、主催が「Final」と告知したことに関して、ややくすぶる思いがありますが、気持ちよく次の場も開かれたらいいな、と思います!


コミケ72に参加

2007年08月17日、東京ビッグサイトで行なわれたコミケ72の初日に、参加してきました。並ぶ気概はないので、いつも通り午後到着です。13時30分くらいに、中央エントランスまでやってきました。この時間なのに、西方面にはまだ行列があったことに、驚きです。うちのお目当ては全て東なので、他人事ですけど(笑

で、さっそく会場内に入ったのですが、…臭いっ。予想していたとはいえ、臭い。暑さも湿気もすごく、そして何より臭いがすごいです。 特定の人というより、満遍なく臭いので、避けようがなくて…。冗談抜きで、最初の1分くらいは吐きそうでした。もう、諦めて帰ろうかと思うくらい辛かったです。それから、鼻が順応したのか、吐き気は治まり、東館に到着。東館に入ると空調が効いており、だいぶ涼しくなりました。

こうして臭いに驚いたわけですが、記憶をたどると実は夏コミってあまり参加していなくて、前回は2004年でした。なるほど、鼻もなまるわ、と(苦笑

で、さっそくお買い物をしようと意気込んだのですが、スペース番号のメモが見られません。愚かにも、会場では携帯がまともに使えないことを忘れて、自宅サーバ上に置きっ放しにしてしまったのです。目視で確認しようとしたけど、1サークルさんしか見つかりません。なので、頑張ってiモードのセッション争奪戦に参加しました。そして無事、メモをゲット。即画面メモに保存して、一安心。

 

さっそく巡回して、お目当ての本を全てゲットしました。そして東ホールの外の日陰(風があるので、意外と涼しい)で、さっそく読みます。同人誌は、やっぱり会場で読むのが楽しいです。 結局4冊買って、出費は1800円でした。例年こんな感じのぬるさです。来月ふたご姫オンリーがあるので、そちらにも備えます。

会場をあとにしたのは、15時すぎ。駅前には、救急車が止まっていました。会場にいたときも、建物奥から緊急車両通過のアナウンスがあり、救急車が走っていきました。やはり、熱中症でしょうか。そんな光景を横目に、駅の行列へ…。東館から直接出たので、行列方向と反対になってしまい、遠かったです^-^;