「 アニメ・漫画 」一覧

アイカツ!5周年記念ケーキ

ついに買ってしまいました、キャラクターケーキ。本当は数年前に売っていたドレス型のケーキが欲しかったのですが、手間が掛かるのか、翌年以降販売ラインナップから消えてしまいました。今年はアイカツ!シリーズ5周年ということで、記念ケーキが発売していましたので、そちらを購入しました。どういう販路があるのか把握しきれていませんが、自分はプレミアムバンダイで買いました。

プリントは、いちごさん、あかりさん、ゆめさんの歴代主人公による3ショットです。プリント部分はゼリー状になっています。いちごさんがプリントされているものの、いちごは乗っておらず、フルーツは黄桃になります。

適度な甘さで、程よい大きさであり、大人なら一人で一度に食べきることができるサイズでした。とは言え、若干多いので、2~3人で食べるのがちょうど良さそうな大きさです。アイカチュっておいしい!


映画キラキラ☆プリキュアアラモード~パリッと!想い出のミルフィーユ!初日舞台挨拶

2017年10月28日、ユナイテッドシネマ豊洲にて、「映画キラキラ☆プリキュアアラモード~パリッと!想い出のミルフィーユ!」の初日舞台挨拶を見てきました。上映後の舞台挨拶なので、ネタバレトークが出来ます。

映画本編

まずは軽く映画の感想。ネタバレします。最初はペコリン、モフルン、パフによる短編。お菓子づくりからのドタバタ劇。食べ物のCG見事だなあ、と思いました。しかし、パフと並ぶと、ペコリンの頭頂部が寂しい……

続いて、本編です。一番ギャップがあったのは、ジャン・ピエール氏のキャラクター。もっと堅いキャラクターかと思っていたら、想像以上に崩して描かれていました。堅いには堅いんですけどね。そして、このジャン氏のキャラクターも含めて、例年のプリキュア映画よりも一層子供向けに寄せて作っているなあ、と感じました。子供向け作品なので当たり前ではあるんですけど、その枠の中でも振り幅はあると思っていて、今作はとにかく子供たちに楽しんで貰おう、と言う演出が強く随所に見られた気がします。敵キャラもかなり可愛くしていますしね。

メッセージ性は、時折織り込まれていますが、あまり強調はせず、最後の最後にシエルさんが直接的な言葉で語り掛ける程度でした。同じくパリを舞台にした「ハートキャッチプリキュア~花の都でファッションショー…ですか!?」とは、対照的だったと思います。

町がスイーツに変えられてしまうシーンが多かったせいか、パリ感は少し弱めだったように感じます。でもセーヌ河岸は確かにあの雰囲気だったし、ロケハンは一応したのかなあ。あと、先代のまほプリのメンバーが出てくるのは、嬉しかったですね。これからのプリキュア映画の伝統になっていくのかな。

あと、劇中で普段とは違う動物に変えられてしまうシーンで、うさぎとかめ、だけは繋がりが分かるのですが、他のメンバは良く分かりません。あきらさんは単純に色味かな……。ここの設定背景を知りたいなあ、と思いました。

舞台挨拶

そして、上映後は舞台挨拶。席はK-23で、後方だけど真ん中に近いです。後方とは言え、肉眼で表情がわかる距離です。まず司会の方が登壇して、キャストの皆さんを呼びます。放送開始前のキャストメッセージで着ていたパティシエ衣装で登場です。シエルさん役の水瀬いのりさんのアクセントカラーは、緑色でした。

全体の流れとしては、各メンバ最初の挨拶と、各メンバのお気に入りのシーン紹介と、尾上さんの話など全員でのトークと続いて、各メンバ締めの挨拶となります。

最初と最後の挨拶、美山さん、福原さん、森さんは、大友いじりを含まない内容で、村中さん、藤田さん、水瀬さんは、大友いじりを含んだ内容でした。各キャストのバックグラウンドを考えると、そうなりますね。

お気に入りのシーン、美山さんは、普段とは違う動物になれたこと。いちかさんのフライング亀アタックが楽しかったそうです。福原さんは、シエルさんがジャン氏にあごくいっされた時に、それを見て後ろの方で照れているあきらさんが意外性があって良かったとのこと。あきらさんでもこんなふうになるんだ、と。それを聞いた森さんが、「女の子なんだっ……」と合いの手を入れたら、福原さんが「女の子だったんですね(笑」と返したのが、最高に面白かったです。

村中さんは、ジャンのキャラクターがすごかったこと。藤田さんは、あおいさんがシエルさんのこと心配して、「パルフェ……」と呟くシーンが、スパダリ感があって良かったとのこと。内容からして藤田さんかな。ここから、あおいはひまりんのものっ!とか、もう一人のスパダリ森(あきら)さんは藤田(ゆかり)さんのものっとか、わちゃわちゃしました。

森さんは、何はともあれ、ザリガニ、とのこと。観客と気持ちがひとつになった瞬間でした。台本を見て、見慣れない技名があるから、新必殺技?と思っていたら、まさかの……。水瀬さんは、シエルが変身できるように皆で応援するシーン。パリなので、モブのリアクションはなるべく言葉を入れないように、と言う注意があったそうですが、何故かシエルのときは「シーエール!」とはっきりコールしていたのが面白かったとのこと。何でパリ中の人がシエルの名前知ってるんっ、と突っ込んでいました。自分も現場では、そうだそうだ、と思っていましたが、新聞に載る程度に有名人なので、知っていてもおかしくない気がしました。

最後の挨拶では、村中さんが話すネタが飛んだようで、わちゃわちゃしてました。藤田さんの挨拶には、正直、映画をひとりで見たっていいだろ、と思ってしまいました。そして最後に美山さんですが、村中さんに続いて、話すネタが飛んでしまったようで、必死に思い出そうとします。ここでミラクルライトで、頑張れぷいきゅあー!このまま思い出せないまま時間切れかと思いきや、寸でのところで思い出しました。さすがプリキュア!ピンチに強い。ただ、どんな話だったかはっきり覚えていません……絆を大切にしていきたい、とかそんな話だったかな。

一応メモを取れるように、メモ帳とペンを持参していたのですが、メモを取りながら聞くのも無粋に思えて、結局取りませんでした。書くのに夢中で話を聞き漏らすケースもありそうですし。


スイートプリキュア~とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディの感想

公開初日と翌週の計2回鑑賞してきました。というわけで、ネタばれ記事ですので、ご注意。一応公開から1ヶ月を経過しているので、特に記事の目隠しはしません。

メフィストさんの父親キャラや、アフロディテさん、アコちゃんさんの家族愛が良かったですね。その辺でちょっと涙腺が緩みました。あとは最後にメロディさんが倒れたところでも、涙が出そうになりましたね。思いきりベタな流れなんですが、そこは直球勝負のプリキュアであるからこそ。

あとはメイジャー3と最初に戦闘したときの、メロディさんとリズムさん、ビートさんの掛け合い。あれはキャラ愛に溢れていて良かったです!スイプリのキャラクターたちを好きなら、あのやり取りは堪らなかったと思います。メロディさんとリズムさんのそれぞれの手で、ベルティエを出そうとするところとか。

普通に面白かったところは、ハミィさんがヒーリングチェストを紛失、メイジャー3が勘違いをして持っていく流れですね。ここは大人も子供も笑っていました。あとは、自分は特に気にならなかったけど、子供たちの受けがやたら良かったシーンとして、メイジャーランドに来たとき、メフィストさんの上に皆が落ちてくるところ。大人と子供で、笑いとなるポイントが違うんだなあ、と思いました。

そして前評判通り、アコちゃんのかわいさは反則です(笑)。テレビ放送とちょうど連動していたので、公開初日に見に行くと、一番楽しめたかと思います。

ちなみに初日は、Ario亀有のMOVIXで鑑賞しました。公開初日なのに観客が少なくてちょっと寂しかったです。やっぱりもっと早い時間に見てしまうのかなあ。わりと遅い時間(といっても夕方)に上映しているので、ここを選んだということもあり。

二回目は、さくらぶさん、ごじむさんとご一緒に、新宿バルト9で鑑賞しました。12時回ということもあってか、満員御礼。ミラクルライトによる光の海を、満喫できました。

そういえば、二回見てもよくわからなかったのが、アコちゃんがミューズに変身する前の、足でリズムを取っているところ。特に回収される伏線でもないようだし、何だったのかなあ、と。上映後の昼食の席でお話ししたところ、気持ちを高めるための行動だろう、という結論に達しました。


コミケ80に参加

今夏も参加してきました。最初ジャンルの配置日を勘違いしており、金曜に行こうとしていました。実際にお目当てなのは、土曜でした。金曜、有休まで取ってしまったのに…(笑。一応金曜にも気になるジャンルはあったので、連出しても良かったのですが、気力が足りずに断念です。

というわけで、土曜に出撃。いつもの通り、12時くらいに出発して13時30分くらいに着くつもりでしたが、誤ってサークルメモをなくしてしまい、出掛けにバタバタ。結局会場に着いたのは、14時すぎでした。

いつも通り、中央エントランスのところは臭いがすごいですねえ。もわっとした汗と印刷物の臭いが混ざった感じ。ホールまで行ってしまえば大丈夫なので、一刻の我慢ですが…。

東ホールに到着したら、さっそくお目当てであるプリキュア島に向かいましたが、さすがに売り切れが多いですねえ。さらにお財布を見ると細かいお金がありません。一万円札とか…。さすがにこれは出せないので、外の屋台で崩しました。というわけで、たこ焼きが昼食。じりじりとした炎天下のもと、頬張るたこ焼きは堪らんです。

腹ごしらえをしたあと、プリキュア本を2冊購入。購入したのは、「三毛にマゲ」さんのスイプリ本2冊です。ソフトエロでしたが、百合百合したのは好きなので、ゲットしました。結局今回は、これで満足♪少ないと思われるかもしれませんが、自分はもともとあまり冊数を買わない人なので。

帰りは、15時30分ごろ。りんかい線への人の流れがすごかったので、水上バス経由で帰りました。ちょうど出航の時間でタイミングが良かったです。やや遠回りにはなりますが、BGMがコミケ仕様だったり、海上からの景色など、いろいろ楽しめたので、良かったです。

次回、コミケ81も特に予定がなければ、参加すると思います。特に強い動機がないのですが、慣例てきになっていますねえ。いつの日か、売り手(作り手)側にも回ってみたいですが。


コミケ79に参加

今冬も有明の地へ行ってきました。日程は二日目です。前日まで仕事だったため、サークルチェックは十分に出来ていません。予め調べておいた1サークルさんに絞って出撃することとしました。

少々朝をのんびりしてしまい、会場に着いたのは12時30分手前。午後から別の用事があるので、手早く回ります。お目当てのサークルさんは西館の壁サークル。ちょっと配置を勘違いして探すのに手間取ってしまいました。外側のほうを回っていましたが、内側の壁サークルさんでした。

購入したのは、skirthikeさんの「ぷりちーはーときゃっち総集編1~5」と、「ぷりちーはーときゃっち」の6~9巻です。内容は微エロありですが、作品愛が感じられるので良いです。独自の世界観も出来上がっているので、楽しいですね。良い買い物をしました。

他にもイカ娘関連を回って買おうかな、と思いましたが、下調べをまったくしていないことと、時間が差し迫っていたこともあり、買いませんでした。というわけで、颯爽と会場を離脱。東西往復がなければ30分でも大丈夫ですね。

今回の出費は3000円でした。うちはもともとあまり出費しないので、ほぼ普段どおりです。ただ1サークルさんで買った額としては最高かもしれません。