「 アニメ・漫画 」一覧

映画「ペンギン・ハイウェイ」を鑑賞

Twitter上で評判が良かったので、2018年9月1日のナイトショーで見て来ました。見終えた感想は、小学生のときの夏休みが終わったときの気分です。話そのものは完璧な大団円ではないものの、概ねすっきり終わっていると思います。結局アレは何だったのか、と言う点では、よく分からないままなのですが、その辺はあまり重要ではなく、話の流れが面白かったですね。前半のパートでは、様々な細かいギミックにより、小学生のときの夏休み体験が想起されて、懐かしい気持ちになりました。そして、終盤の大人たちとのやり取りや、その先へ突入する展開は、電脳コイルを何となく思い出したりしました。

加えて、とにかくキャラクターが魅力的で良いです。主人公のアオヤマくん、とても賢いけど、万能ではなく、お姉さんに見せる子供らしい面もあって良いです。お姉さんは、「~だなあ」「~だねえ」の語尾がふんわり耳心地が素敵です。自分は、小さい頃にお姉さんのような人は周りにいなかったのですが、スクリーン越しに見ていても、アオヤマくんが惚れるのも頷いてしまいます。ウチダくんはただただ可愛い、実質ヒロイン。ちびまる子ちゃんで言うならタマちゃん的ポジション。スズキくんは乱暴者ですが、最初のシーンで歯医者のくだりを見せることにより、その後の横暴なシーンでもそれほど彼の心証が悪くならないように工夫されているのかな、と思いました。実際最後は映画のジャイアンよろしく協力してくれますし。ハマモトさんは、アオヤマくんと並んで利口な子だけど、淡々としたアオヤマくんとはまた違う雰囲気。公式の言葉を借りるなら自信家。最後に登場したこともあり、登場人物たちの人間模様のわりと中心側にいた印象です。

結末については、二度とは戻らない小4の夏休み、と言う暗示もあるのかな、と感じました。しかし、アオヤマくんは謎を解き明かすことを諦めていませんし、見る人の想像次第で未来は如何様にも描けるのだと理解しています。

ちなみに、事前に話には聞いていたのですが、想像以上におっぱいでした。ぎりぎりアウトなくらいおっぱいでした。


アイカツフレンズ!先行稼働イベントに参加

アイカツフレンズ!の本稼働日2018年04月05日に先駆けて、先行稼働イベントが川崎(2018年03月24日、25日)と大日(2018年03月31日、04月01日)でありました。川崎の方は軽く覗きに行ったのですが、その週末は別のやりたいことがあったので、あまり長居はできずに結局プレイはしていません。とりあえずフォトスポットを撮影して満足。その後、最初は自粛しようかと思っていたサイン入りアイドルカードが欲しくなり、大阪行きを決めました。

  

土曜の終了間際に入ったので、筐体は空いており、並ばずにプレイ出来ました。アイカツフレンズ!曲を遊んでみたり、ココさんによるレクチャーモードを遊んでみました。本稼働前なのでアイカツパスは使えませんが、カードは排出されるので、後日の本稼働後に使えます。

アイカツスターズ!と同じ筐体ということもあり、ソフト面でも劇的な変化はなく、アイカツスターズ!からの移行ストレスはほとんどないと思います。アイカツ!からアイカツスターズ!への移行時は変化が大きすぎて、現に自分は相当期間離れてしまいました。そういう点では、アイカツフレンズ!への移行では、既存ユーザーを維持できると思います。

そして日曜、サイン入りアイドルカードの抽選券を入手するために、朝から並びます。イオンモール大日を半周以上していそうな大行列。川崎より少ないかと予想していましたが、結果的にほぼ同じくらいの人数でした。ドキドキしながら結果を見たところ、無事当選。

自分は午後回だったので、午前回は周りで見学。MUSIC of DREAM!!!ツアーのスタッフTシャツ着た人がいる……と思って見ていたら、恐らくうっすんでした。午後回では、松永あかねさんと二ノ宮ゆいさんのお二人にそれぞれ「放送楽しみにしています」とお伝えしました。笑顔が眩しい。

進行は、司会のお姉さんがいて、各回の開始と終了時に、あかねさんとゆいさんに一言挨拶をいただく流れになります。曖昧な記憶のメモですが、何となく下記のような内容だったと思います。

  • 午前回開始
    • あかね「今日は来てくださって、ありがとうございます」
    • ゆい「今日は全力で楽しんでいきたいと思いますので、よろしくお願いします」
  • 午前回終了
    • あかね「今日はありがとうございました。まだDCDも稼働中なので、楽しんでいってください」
    • ゆい「こんなにたくさんの人に来てもらって、アイカツフレンズ!は愛されているんだな、と感じました」
  • 午後回開始
    • あかね「○○(聞き逃した)なので、大阪に来られてとても嬉しかったです」
    • ゆい「2階までこんなにたくさんの人たちに来てもらって嬉しいです」
  • 午後回終了
    • あかね「アニメの放送も始まりますので、よろしくお願いします」
    • ゆい「私のつたないコミュニケーション能力で上手く伝えられたかわかりませんが、これからもよろしくお願いいたします」

アイドルカードお渡し会は、各回150人でしたが、大体20分程度で終了です。いただいたサイン入りアイドルカードは、後日クリアハードケースに入れて、大切にしています。

  

あと、先行稼働イベントとは関係ありませんが、せっかく大阪に行ったので、アイカツ!の聖地とも言える日本橋のnamcoに行ってきました。アイカツスターズ!の巨大看板を拝み、店内は圧巻のアイカツスターズ!DCD6台が整列する光景。他にも垂れ幕やポップなど、随所にアイカツ!でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


映画「名探偵コナン ゼロの執行人」を鑑賞

2018年04月21日、映画「名探偵コナン ゼロの執行人」をチネチッタで鑑賞してきました。コナン映画の鑑賞は、夏のドラクエコンサートと並んで、春の恒例行事となっています。映画館に観に行かなかったのは、1作品だけだった気がします。

ネタバレに多少配慮しつつ、感想を書いていきます。特徴的だったのは、中盤で法曹界に関する詳細な解説が入ったところです。専門域外なので、興味深く見ました。これについて調べている際に知りましたが、安室さんたちが所属している「ゼロ」も実在するんですね。ここは作品による創作だと思っていました。終盤では山が2つあり、コナン映画の伝統的な作りで安心しました。

今作品では、タイトルの通り安室さんにフューチャーした内容となっています。これまでは、赤井さんと比較して、どうしてもやや見劣りする描写がされていたと思います。それに対して、今回はそんな安室さんの実力や思想・信念などが、とてもかっこ良く描かれています。

舞台は街中で、アクションシーンも派手なので、2年前の「純黒の悪夢」と対比して見るのが良さそうですね。

そして映画終了後に流れた来年の映画予告、次回は怪盗キッド回みたいです。ナレーションの内容から、飛行船が舞台になりそうな感じです。そして上映時期が2019年GWとなっていました。これまでより少し遅くなるってことですかね。いずれにせよ、来年も楽しみです。


アイカツ!5周年記念ケーキ

ついに買ってしまいました、キャラクターケーキ。本当は数年前に売っていたドレス型のケーキが欲しかったのですが、手間が掛かるのか、翌年以降販売ラインナップから消えてしまいました。今年はアイカツ!シリーズ5周年ということで、記念ケーキが発売していましたので、そちらを購入しました。どういう販路があるのか把握しきれていませんが、自分はプレミアムバンダイで買いました。

プリントは、いちごさん、あかりさん、ゆめさんの歴代主人公による3ショットです。プリント部分はゼリー状になっています。いちごさんがプリントされているものの、いちごは乗っておらず、フルーツは黄桃になります。

適度な甘さで、程よい大きさであり、大人なら一人で一度に食べきることができるサイズでした。とは言え、若干多いので、2~3人で食べるのがちょうど良さそうな大きさです。アイカチュっておいしい!


映画キラキラ☆プリキュアアラモード~パリッと!想い出のミルフィーユ!初日舞台挨拶

2017年10月28日、ユナイテッドシネマ豊洲にて、「映画キラキラ☆プリキュアアラモード~パリッと!想い出のミルフィーユ!」の初日舞台挨拶を見てきました。上映後の舞台挨拶なので、ネタバレトークが出来ます。

映画本編

まずは軽く映画の感想。ネタバレします。最初はペコリン、モフルン、パフによる短編。お菓子づくりからのドタバタ劇。食べ物のCG見事だなあ、と思いました。しかし、パフと並ぶと、ペコリンの頭頂部が寂しい……

続いて、本編です。一番ギャップがあったのは、ジャン・ピエール氏のキャラクター。もっと堅いキャラクターかと思っていたら、想像以上に崩して描かれていました。堅いには堅いんですけどね。そして、このジャン氏のキャラクターも含めて、例年のプリキュア映画よりも一層子供向けに寄せて作っているなあ、と感じました。子供向け作品なので当たり前ではあるんですけど、その枠の中でも振り幅はあると思っていて、今作はとにかく子供たちに楽しんで貰おう、と言う演出が強く随所に見られた気がします。敵キャラもかなり可愛くしていますしね。

メッセージ性は、時折織り込まれていますが、あまり強調はせず、最後の最後にシエルさんが直接的な言葉で語り掛ける程度でした。同じくパリを舞台にした「ハートキャッチプリキュア~花の都でファッションショー…ですか!?」とは、対照的だったと思います。

町がスイーツに変えられてしまうシーンが多かったせいか、パリ感は少し弱めだったように感じます。でもセーヌ河岸は確かにあの雰囲気だったし、ロケハンは一応したのかなあ。あと、先代のまほプリのメンバーが出てくるのは、嬉しかったですね。これからのプリキュア映画の伝統になっていくのかな。

あと、劇中で普段とは違う動物に変えられてしまうシーンで、うさぎとかめ、だけは繋がりが分かるのですが、他のメンバは良く分かりません。あきらさんは単純に色味かな……。ここの設定背景を知りたいなあ、と思いました。

舞台挨拶

そして、上映後は舞台挨拶。席はK-23で、後方だけど真ん中に近いです。後方とは言え、肉眼で表情がわかる距離です。まず司会の方が登壇して、キャストの皆さんを呼びます。放送開始前のキャストメッセージで着ていたパティシエ衣装で登場です。シエルさん役の水瀬いのりさんのアクセントカラーは、緑色でした。

全体の流れとしては、各メンバ最初の挨拶と、各メンバのお気に入りのシーン紹介と、尾上さんの話など全員でのトークと続いて、各メンバ締めの挨拶となります。

最初と最後の挨拶、美山さん、福原さん、森さんは、大友いじりを含まない内容で、村中さん、藤田さん、水瀬さんは、大友いじりを含んだ内容でした。各キャストのバックグラウンドを考えると、そうなりますね。

お気に入りのシーン、美山さんは、普段とは違う動物になれたこと。いちかさんのフライング亀アタックが楽しかったそうです。福原さんは、シエルさんがジャン氏にあごくいっされた時に、それを見て後ろの方で照れているあきらさんが意外性があって良かったとのこと。あきらさんでもこんなふうになるんだ、と。それを聞いた森さんが、「女の子なんだっ……」と合いの手を入れたら、福原さんが「女の子だったんですね(笑」と返したのが、最高に面白かったです。

村中さんは、ジャンのキャラクターがすごかったこと。藤田さんは、あおいさんがシエルさんのこと心配して、「パルフェ……」と呟くシーンが、スパダリ感があって良かったとのこと。内容からして藤田さんかな。ここから、あおいはひまりんのものっ!とか、もう一人のスパダリ森(あきら)さんは藤田(ゆかり)さんのものっとか、わちゃわちゃしました。

森さんは、何はともあれ、ザリガニ、とのこと。観客と気持ちがひとつになった瞬間でした。台本を見て、見慣れない技名があるから、新必殺技?と思っていたら、まさかの……。水瀬さんは、シエルが変身できるように皆で応援するシーン。パリなので、モブのリアクションはなるべく言葉を入れないように、と言う注意があったそうですが、何故かシエルのときは「シーエール!」とはっきりコールしていたのが面白かったとのこと。何でパリ中の人がシエルの名前知ってるんっ、と突っ込んでいました。自分も現場では、そうだそうだ、と思っていましたが、新聞に載る程度に有名人なので、知っていてもおかしくない気がしました。

最後の挨拶では、村中さんが話すネタが飛んだようで、わちゃわちゃしてました。藤田さんの挨拶には、正直、映画をひとりで見たっていいだろ、と思ってしまいました。そして最後に美山さんですが、村中さんに続いて、話すネタが飛んでしまったようで、必死に思い出そうとします。ここでミラクルライトで、頑張れぷいきゅあー!このまま思い出せないまま時間切れかと思いきや、寸でのところで思い出しました。さすがプリキュア!ピンチに強い。ただ、どんな話だったかはっきり覚えていません……絆を大切にしていきたい、とかそんな話だったかな。

一応メモを取れるように、メモ帳とペンを持参していたのですが、メモを取りながら聞くのも無粋に思えて、結局取りませんでした。書くのに夢中で話を聞き漏らすケースもありそうですし。