「 アニメ・漫画 」一覧

ぷりんせす☆ばんけっと

2008年09月14日、都産貿台東館で開催された、ふしぎ星のふたご姫同人誌即売会の「ぷりんせす☆ばんけっと」に参加してきました。これまでの「プリンセス☆フェスタ」と通算すると、7回連続の参加になります。

13時すぎに着くつもりで意気揚々と会場に向かいました。確か会場は8階だったはず…あれ?6階までしかないよ?―――そう、ここは浜松町館Σ ̄ロ ̄。うわー、やっちゃいました(><)。てか、いつぞやのプリフェスでも、同じ過ちを犯したような…(と思ったけど気のせいみたい)。まあ、8階だったので、その分早く気づけて良かったです…

ダダッとダッシュで大門駅に向かい、都営浅草線にて一路浅草へ。何とか14時すぎに会場へ到着しました。カタログを購入して、まずはフリースペースへ。後夜祭の抽選会で使われる景品や色紙が展示されています。また、韓国語版のふたご姫の本もあったりして、いろいろ楽しめました。そして、その隣には、らくがきスペースがありました。片面はミルロ天国(地獄?)状態。回を重ねるたびに、凄いことになっていますね。次回あったら、どうするのでしょう(笑)。そんな感じで、うちは尻込みしたので、何も描くことなく、サークル巡りへ。

事前にチェックしていたサークルはそこそこあり、メモも携帯へ送っていました。しかし、会場に来ると舞い上がってしまい、いろいろ忘却して、結局半数近くしか回りませんでした。毎回そうです^-^;。

戦利品は以下のとおり。

サークル
orange planet はっぴねすぷりんせす もあ
わんだー☆すたぁ ふしぎ星のミルキーウェイ

「はっぴねすぷりんせす もあ」の方は、恒例のアンソロジー本の最新版で、いつものごとく読み応えがありました。「ふしぎ星のミルキーウェイ」は本編の後日談となる内容で、しっかりと作りこまれた設定に、圧倒されました。

CROSS GATEさんの本は、買おうとしたとき、売り子さんが見当たらずに惜しみつつも買えませんでした。ですが、今にして思えば、2スペースなので、もう片方の机にいらしたのでは?と思っています。まあ、会場ではそんな冷静な判断はできなかったでしょうけど(笑)

というわけで、即売会が終了する少し手前に、会場をあとにしました。後夜祭に参加したい思いはありますが、ソロで参加していると、やはり待っている時間が、手持ち無沙汰で辛いので。

その他イベント全体の感想としては、やはり18禁が明記されるようになったのは、良いですね。毎回そのことを、ここで愚痴っていた気がしますから。あと、各コーナーは「プリンセス☆フェスタ」を踏襲していますが、DDRが消えたのは個人的に良かったと思います。大概ふたご姫と関係ない曲ばかりですしね。

まとめると、「プリンセス☆フェスタ」で気に掛かっていたことを、全て取り除いてくれたのが、今回のイベントの姿だったと思います。

というわけで、久しぶりのふたご姫分を吸収できて、楽しいひとときを過ごすことができました。まだまだふたご姫の灯火は消えませんよね!

しかし、こういうオンリーイベントに参加し終えたあとは、よく虚しさを感じます。何となく輪に加われないような…。うーん、もっと絡んでいかないと、もったいないとは思いつつ。。


Yes!プリキュア5GoGo!~第24話感想

さて、24話「プリキュア5新たな力!」の感想と、ここまでの全体的な感想と展望をまとめて書きます。

前半戦の山場にいよいよ突入。前作の「悪夢の招待状」あたりに相当する話です。また、イヤホンつけてのダンシングシーンで、お茶の間イメージも少しアップしたネバタコスさんの殉職回でもあります。

戦闘のほうは、危機を迎えるものの、新玩具キュアフルーレで一挙解決。どうでもいいけど、これ、フルーレとしては使う気ないんですね。その後数話登場していますが、砲台としてしか使っていません。アクアソードがなくなった今、被ることもないのですから、剣技も見せたほうが幅が広がる気がするのです。ああ、お子様が真似をすると危ないからでしょうか?でも、あの肉弾戦も十分危ないはずです。

あと、どうでもいいけどココって何の生き物なんでしょう。そもそも謎生物ということは重々承知ですが、尻尾の形状からリス系だとわかるナッツに対し、ココのもこもこ尻尾は想像がおよびません。

一方、敵組織ですが、人間関係が前回よりややこしいですね。圧倒的な権限を持っていたカワリーノさんに対し、同ポジションと思われるアナコンディさんはいまいち力不足。24話の本社決戦でも、プリキュア4人を手中に収めたカワリーノさんに比べて、いまひとつです。あと、シビレッタさんの立ち位置も微妙ですね。おとぎ話回を維持するために、結構最後まで生き残りそうです。ブンビーさんも、ギャグ担当で残ってくれるんじゃないかと思います。

カップリングのほうは、ココ×(のぞみ、くるみ)、ナッツ×こまち、といった感じで、ミルクが人間化したぶん少しややこしくなりましたが、基本は前作と変わらず。一方、フラグが一度立ったきり放置状態ですが、シロップ×うららもさりげなくありますね。どうでもいいですけど、ココがのぞみをゲットした、ナッツがこまちをゲットした、というのはしっくり来ますが、シロップ×うららの場合は、うららがシロップをゲットした、というほうが、何故かしっくり来る気がします(笑


崖の上のポニョ

ポーニョポーニョポニョさかなの子~♪

崖の上のポニョを鑑賞してきました。映画を見終えたあとは、つい歌いたくなるような、楽しい映画でした。

まあ、一番はポニョがかわいいんですよ。宗介の言葉や仕草を真似るところとか、幼子らしさが。個人的に、劇中で笑いそうになったのが、「ふーっ」「…ぶーっ!」でした(笑)。

また、冒頭の海の中をクラゲたちが舞うシーンはきれいでしたね。あと、波の描写が独特でした。絵本に出てくる絵が、動きを得たような、そんな印象を受けました。

ストーリーは、最初にあれ誰?何?というシーンを見せられて、軽く惹き込まれました。それからいろいろな話があり、気持ちいい流れに乗って、エンディングまでたどり着いたという感じです。ここぞ、というシーンはないですが、万遍なく楽しいです。

既存の作品でいえば、個人的にはトトロに近いのかな、と思います。まあ、ポニョがメイのように見えたせいかもしれませんが(笑

その他では、エンディングクレジットが短くて、良い意味で驚きました。あのくらいがちょうどいいですよ。

そんなわけで、とても楽しめる映画だと思います。ただ、小難しい理屈がないと納得できないという人には、ちょっと向かないかなあ、と思う節も。純粋に楽しんで見られたほうが、幸せになれる作品かと思います。


テレパシー少女 蘭~初感想

「電脳コイル」の後番ということで、チェックし始めました。今のところ、見られたら見るというスタンスで。

ストーリーやキャラクターにはそれほど興味はないのですが、見ていると普通に楽しいです。それだけクオリティが高いんでしょうね。

ちなみに、キャラクターといえば、毎回の蘭とみどりの掛け合いが、結構面白くて気に入っています。「電脳コイル」でも、優子と勇子の二人がクローズアップされていましたが、女の子二人組がこの時間枠の隠れテーマだったり?(でも、さらに手前のツバサは関係ないか)

また、超能力といえば、「絶対可憐チルドレン」のほうも放映中です。今、世の中は、超能力ブームなのでしょうか。

最後に余談ですが、エンディングテーマ曲は結構好きです。でも、土曜のこの時間は、サザエさん症候群みたいに、聞いてて少し寂しくなるんですよね、不思議と。


スレイヤーズR~2話から視聴!

第1話はすっかり忘れていて、見過ごしてしまいました!というわけで、第2話から見たのですが、当時と変わっていなくて、懐かしすぎる!!というのが、一番の感想です。導入部のBGMも何となく聞き覚えがあるので、当時と同じものですよね?キャラクター同士のノリもこんなふうだったなあ、と思い出しながら見ています。

キャラクターもレギュラー4人出演で、ゼロスも出てくるようですし、楽しみです。各キャラクターとも魅力的ですしね(あえて選べと言われたら、アメリアを選びます(笑))。ちなみに、だいぶ前にナーガが出てくるとか聞いたのですが、あれはガセだったのかな?

と、絶賛していますが、正直最初聞いたときはそれほど期待せずに、とりあえず見てみようかな、程度に思っていました。ところが、実際に見たら、面白いっ。先述のとおり、懐かしさに起因するところも大きいでしょうが、これから毎週水曜は楽しみになりました。平日のアニメを見るのは、数年ぶりの気がします。とにかく、当時の放送を見ていた方には、迷わずお薦めしますっ

ちなみに、公式サイトを見たら、11年ぶりの放送とのこと。うちが高校生のときですか。あの頃は、今以上にアニメ漬けだったなあ。