「 ビバリウム 」一覧

ビバリウム。陸上や水中の生物環境の再現をしています。

ボトルで3年生きたアカヒレが逝去

3年弱をボトルの中で過ごしてきたアカヒレが、ついに亡くなりました。少し餌やり間隔空いたな、と思って餌を入れたところで、底で動かなくなっているアカヒレに気づきました。小さな魚ですが、1匹だけ且つ3年弱というそれなりに長い期間を共に過ごしてきたので、やはり寂しさはありますね。もう少し水替えなど気を配った方が良かったのでは、と言う後悔の念が湧いてきますが、いくら尽くしたところで後悔を全くしないことはないのかな、とも思います。

ちなみに餌やりですが、ボトル内には藻も繁殖していますので、餌不足が死因ではないかと思います。3年弱なので、寿命でしょう。亡骸を見ても、外見上で判る病状はありませんでした。

ボトルの今後は検討中です。まだ明確な計画はありませんが、やるなら前とは違った内容にしたいです。でもこれまでと同様に、メンテナンスの手間は掛からないようにしたいですね。


アイビーの新しい葉が生えてきた

 

あまり変化のなかったアイビーですが、新しい小さな葉っぱが生えていることに気づきました。日ごとに大きくなっていきましたが、小指の爪程度の大きさになったところで止まってしまいました。ライトの配置の都合、光が当たりにくい位置だからかもしれません。

すると今度は見慣れない背の高い葉っぱが生えていました。ものすごい勢いで生長したようです。こちらの葉っぱはライトのある方向を向くように、既にある葉っぱを追い越す高さで生えています。先に述べた葉っぱだと上手く光を拾えなかったので、別の葉っぱを伸ばしたのでしょうか。植物にも意思のようなものを感じられて、面白いですね。


ウィローモスがついに全滅

ついにボトルの中から、ウィローモスが消えました。ウィローモスの周りに付着する黒ゴケが多く、僅かに元気そうな数本を残して大幅に間引いたのですが、結局それらも復活することなく、1本もなくなってしまいました。

原因ははっきりとしていませんが、光については植物用ライトを使用していますので、水質の悪化が疑われます。いかんせん入れている生体がアカヒレという丈夫な子なので、なかなか水質の悪化に気づけませんでした。ボトルアクアリウムの水質調整は難しいですねえ。ただキューブ水槽でやっている頃から、水草は上手く育てられません(ぉ

底床はベアでやっていますが、ソイルとか試してみたい気もします。しかし、長年元気に生きてくれているアカヒレが健在なうちは、環境を大きく変えたくないので、基本は現状維持に努めたいです。小さな魚とは言え、ここまで長く生きてくれると、さすがに愛着が湧いています。


ハイドロボールに白カビが生えた

アイビーの水遣りのために、鉢を持ち上げて、ハイドロボールの表面を見ると、何やら白いフワフワしたものが付着しています。そう……これは白カビです。ハイドロボールは虫などが湧かず、清潔なことが利点ですが、湿度が高い状態にしてしまうとカビが生えてしまうので注意が必要です。今のところ、アイビーの方に被害はないように見えます。

以前に水遣りの間隔が空きすぎて、1株枯らせてしまったので、無意識に水遣りが過剰気味になっていたのかもしれません。う~ん、加減が難しいですねえ。これまで鉢の底に溜まっている水がなくなっていることを次の水遣りの目安にしていましたが、水を注いだ部分のハイドロボールはまだ湿った感じになっているので、それらが乾くまで待った方が良いのかもしれません。

ところで、湿ったハイドロボールがやけに簡単に崩れたのが気になっています。見た目はハイドロボールっぽいので疑いなくそう思ってきたのですが、もしかしたらハイドロボールではないのかもしれません……

【追記】調べてみたところ、カワラカルチャーと言う用土のようです。焼かずに成型しているとのことなので、崩れることには納得。


枯れたアイビーを間引いた

こちらの記事で書いた通り、アイビーが一部萎れてしまいました。ここまで萎れると復活は厳しいかと思いつつ、しばらく水遣りをして経過観察しました。しかし復活の兆しはなかったので、諦めて枯れた部分を抜きました。根の部分がぐにゃぐにゃでした。これは枯れた後に水遣りを続けたためだと思います。

あと、この際にハイドロボールを触ったのですが、結構柔らかくて、力を加えると崩れてしまうんですね。陶器の素焼きのような、もっと硬いものを想像していました。

こうした出来事があった後なのに、旅行で1週間強家を空ける必要が出てきました。枯れてしまわないか不安だったのですが、出かける直前に渇くように調整し、出かけるタイミングでたっぷり水を遣ったら、無事でした。

しかし毎日眺めていますが、成長がいまいち分からないですねえ。物差しでも置いてみるか、あるいは室内の利を活かして、タイムラプス撮影を試みるか。