「 ゲーム 」一覧

テレビゲーム、スマホゲーム、アーケードゲームの話題。アナログは含まない。

世界樹の迷宮X~枯レ森攻略中(その10)

第十一迷宮となる枯レ森の攻略を始めました。まずは第1層、メデューサツリーのアクティブ化条件がよく分からないまま、とりあえず進みます。そしてバジリスク戦へ。雷弱点なので、ショックスパークとチャージサンダーが主力です。チャージサンダーはTPが持たなかったので、ショックスパークをコツコツ打ち込みます。後はガンナーがチャージを打たなくなってセルディバイドが不要になり、手の空いたパラディンのシールドマイトも打ち込みました。Lv64で撃破です。

その後は粛々と第2階層、第3階層をクリアしました。この時点でプレイ時間85時間。長いなー。第4階層は敵の強さが上がって、Lv65-66では少々厳しいです。敵の編成次第では即全滅パターンにハマってしまいます。

第4階層の探索をしつつ、未着手の小迷宮である真新しい蟻塚を触ってみたりしました。いくつかギミックも解きました。それから埋もれた城跡に行って、レベル上げ作業。枯レ森より1戦闘で得られるEXPは低いけど、掛かるターン数が少ないので、時間効率が良いです。

その足で、小迷宮のボスであるヒポグリフに挑みました。Lv68くらいでしたので、さすがに苦戦はせずに済みました。雷属性が弱点なので、チャージサンダーが主力ですね。スカイダイブ後のウイングシールドは、1回の休息は許してしまいますが、それ以降は崩せました。ガス欠にもなっていないはず……。苦戦しなかったので、あまりメモが残っていません。

ちなみにマップ登場FOEも、現状出てくる相手は余裕で勝てるようになりました。うろつく跳獣に、三色チャージ+ダブルアクション発動で、レジメントレイブを叩き込んだ時は、爽快でしたね。ダブルアクション発動しなくても、2ターンあれば撃破できます。初登場時はあんなに恐れていたのに……

再び枯レ森の攻略に戻ります。第4階層でボスに近づくためには、周辺にいる監視役FOEを倒さないと無理そうだったので、順次討伐。冷酷な貴婦人3体と禍乱の姫君2体を倒しました。混乱や呪いの全体状態異常攻撃が嫌だったので、予防の号令をフル活用。だいぶ助けられました。封じ耐性が低いのですが、それには気づかず、封じを使わずに倒しました。

と言うわけで、そろそろ枯レ森のボスに挑む予定です。ただいまLv70程度。枯レ森の敵にも安定して勝てるようになってきたので、レベルアップはもうこちらで大丈夫ですね。本当は枯レ森をクリアしたタイミングで記事を書きたかったのですが、だいぶ間が空いてしまったので、このタイミングで書きました。


世界樹の迷宮X~金剛獣之岩窟クリア(その9)

第十迷宮である金剛獣之岩窟の攻略を進めます。マップ等は世界樹の迷宮4と同じですが、ギミックは微妙に異なっていますね。氷銀の棒杭は、世界樹の迷宮4では都度集めていた記憶がありますが、今作では一度入手すれば使い回せます。確かに氷銀の棒杭を毎回集めるのは面倒に感じていたので、この変更は良かったです。

B2Fに行くと、中ボスであるサラマンドラとの戦闘があります。ベビーサラマンダを呼ばれたら、凍結斬、掃射、跳弾で始末します。サラマンドラには、チャージアイスと凍結斬をひたすら打ち込みます。フォースブーストを活用しつつ、特に危ない局面もなく、勝利しました。レベルは58です。

引き続き迷宮攻略を進めます。B3Fまではスイスイと進んだのですが、B4Fではマップ左上のギミックに少々悩みました。右に抜ける通路を見落としていたことが主因です。ボス部屋前まで来たところで、一旦休止。

レベル上げのために、戯れに雪刃の剪定者へ初挑戦したところ、まさかのレア個体。さすがに勝てないかもしれないと、一度は逃げようとしましたが、逃げられなかったので、腹を決めて戦闘を続行します。そしたら、意外にも安定して勝てました。まあ、マップ初登場からだいぶ経ちましたし、適正レベルを大きく超えていたようです。

レア個体なので、経験値ウハウハでした。1戦闘で160,000はおいしい。

そしてレベル63まで上げたところで、ホムラミズチに挑みます。B4Fにあるウロコ1枚を破壊して、フロアを冷やしておくと、ホムラミズチのHPが半減した状態で戦闘が始まります。炎攻撃が主体になるので、パラディンは常にファイアガードで固めて、ヒーローは凍結斬、ガンナーはチャージアイスを打ち込みます。凍結斬が効率的にウロコを凍結させられるので、便利でしたね。終盤の再生の炎が鬱陶しかったので、強化は惜しかったですが、クリアランスで除去しました。TPはギリギリ尽きるところで勝利。危ない局面もなく、少しレベルを上げ過ぎたかもしれません。

モリビトのイベントを終えたら、いよいよ第十一迷宮へ挑みます。埋もれた城跡のボスを放置しているので、途中でそちらに挑むかもしれません。


世界樹の迷宮X~西方之霊堂クリア(その8)

年末年始休みに、第九迷宮となる西方之霊堂の攻略を進めます。霊堂なので5フロア構成で、高低差ありの入り組んだマップなので、なかなか大変です。それでも休みで時間はあるので、何とかボス部屋まで到着。ちょっと様子見の探索のつもりが、数歩歩いただけで即エンカウント判定。マジかよー!全然準備していなかったこともあり、半分も削れずに全滅しました。BASICなので1回だけリトライ出来て、助かりました。この時のパーティ平均Lvは53です。

レベルが足りないと思われるので、放置してきた小迷宮攻略を進めます。まずはボス部屋まで到達済みの桜花天空楼。さすがにLv53まで上げたら、アルルーナ戦は余裕でした。続いて未踏の水源地をクリアして、埋もれた城跡へ進みました。ここのボスはきつそうだったので、保留しています。

小迷宮攻略を進めてきましたが、思ったほどレベルが上がりません。と言うことで、地道にレベル上げ。西方之霊堂B5Fとかだと、戦闘に時間が掛かったり、全滅リスクがあるので、桜花天空楼で稼ぎました。ここなら戦闘も安定して勝利できるし、EXPもそこそこ美味しいです。埋もれた城跡もEXP的には西方之霊堂よりおいしいですが、まだ安定しないのでEXP稼ぎには使いにくいですね。

色々攻略サイトを見ていたら、西方之霊堂クリアをLv60ちょいとしているサイトを数箇所見かけたので(当然HEROICですが)、そこを目指しましたが、痺れを切らしてLv58で大いなる蟲獣に挑みました。すると、意外と苦戦することなく勝利できました。ガンナーの跳弾とヒーローのバーストブレイド(分身含)をメイン火力にして、自己修復の構えは最悪でも1ターン回復で崩します。TPは最後切れましたが、ハマオプライムをガンナーに1個使っただけで何とかなりました。呪いガスで一人即死した時は少し焦りましたが、あまり危険な局面になることはありませんでした。てか、最後までヒーローのフォースブーストを使うのを忘れていたのですが、それでも何とかなってしまうと言う。状態異常など一応攻撃の手の内は持ち合わせているはずなのですが、どうにも攻撃が単調な印象でした。

と言うわけで、いよいよ最後の島に渡ります。現在は第十迷宮の攻略中です。金剛獣之岩窟は、世界樹の迷宮4で印象に残っている迷宮なので、気合が入ります。


世界樹の迷宮X~サブクラス解禁(その7)

第8迷宮で皆伝の書を入手し、サブクラス解禁となりました。結構迷いましたが、以下のようにサブクラスを取得しました。職業被りもありかなあ、と最初は思っていましたが、せっかくなので被りなしで組み立ててみました。以下は現時点での思惑や構想です。先に進めば変わってくるかも。

ヒーロー+ドクトルマグス

ヒーローは前衛の主力火力です。ヒーローは攻守バランスが良いので、ドクトルマグスで巫剣による火力増しを狙いました。ブーストによる前衛火力としての底上げも狙っています。インペリアルと迷いましたが、あちらは少し使い勝手が悪いかなあと思って、ドクトルマグスにしました。状態異常を付与する役、どうしようかなあ、リーパーかなあ。

パラディン+ハイランダー

パラディンは盾タイプとして活用しています。一応サブ火力として動く時もあります。ハイランダーはブーストが主目的です。

ガンナー+ゾディアック

ガンナーは後衛の主力火力です。封じ役としても活用。同じく後衛火力職であるゾディアックをサブクラスに選びました。属性攻撃効果を上げることを狙っています。あとは伝統的RPG脳で、攻撃魔法を使えるキャラが欲しいな、と言うのもあります。ガンナー自身の三色チャージで事足りますが、このへんはロマンですね。

プリンセス+レンジャー

プリンセスはバフ役として活用しています。ロイヤルベールによる回復も大きいですね。レンジャーは戦闘外での効果のために追加したかったのですが、その際に相性の良いのは回復役か補助役です。回復役であるメディックには別のサブクラスを当てたかったので、プリンセスにレンジャーを当てました。

メディック+リーパー

メディックは当然回復役として活用しています。ただ、プリンセスのロイヤルベールがあるので、結構手持ち無沙汰になることが多いです。サブクラス解禁を一番待ちわびていた職かもしれません。どの職にするか迷いましたが、火力を狙っても中途半端になりそうだったので、現パーティで不足していたデバフ職として、リーパーを選びました。これで手隙ターンは減りましたが、TPの減りも早くなりました。


世界樹の迷宮X~第7迷宮、第8迷宮クリア(その6)

まずは小迷宮桜花天空楼。ボス部屋まで行ったけど、その時点ではレベル的にきつそうだったので、保留中です。最後の浮き床パズルが苦労しました。どうやっても解けないよなあ、と思って、攻略サイトで正解をチラ見したら、ゴールを見誤っていました。D6の浮き床に突っ込むのかと思っていたら、北にある通路に突っ込むのが正解のようです。ゴールさえ分かれば、後は自力で解けました。D6浮き床、結局使い道がないように思えるのですが、完全にフェイクなのですかね。それとも気づいていない解法があるのでしょうか。

第7迷宮「古跡ノ樹海」。FOE飛鼠から逃げ回っていたけど、途中どうしても撃破しないと進めなさそうなところが出てきたので、戦闘。わりと余裕で勝てました。FOE=勝てないと言う思い込みにやられました。キマイラ戦はLv43で敗北し、Lv45の再戦でギリギリ勝利です。フィールド上は飛鼠に3方向から囲まれますが、戦闘に合流してくるのは最大2匹までのようです。なので最後は無理して倒さずに、睡眠の香で眠らせつつ、2匹とも残しておきました。ちなみにキマイラに限らず、敵は自分に掛かった封じを意識しないみたいなので、封じをかけると純粋に手数を減らせる可能性が高まるのかな。

続いて第8迷宮「海嶺ノ水林」。マップも比較的狭いし、フロアも3層だし、FOE避けも難しくないし、全体的に簡単な迷宮という印象でした。海王ケトスもLv48にてお試しで挑んで、そのまま勝てました。警戒すべきオーシャンレイヴもほとんど当たりません。2、3回くらいしか命中しなかったと思います。例によって後半はTP切れですが、プリンセスの自動回復のおかげで、通常攻撃で延々と削り続けて、押し切りました。プリンセスが被弾したり、メンバーの状態異常で危うくなる場面もあったけれど、アイテム等も駆使して勝利です。普段はメディックのスキルで回復は十分だけど、ボスの長期戦ではアイテム重宝します。

現在は第9迷宮「西方ノ霊堂」を攻略中です。サブクラスも解禁されたので、気持ちも新たに進めていきます。