「 2009年03月 」一覧

東京国際アニメフェア2009

2009年03月20日、東京国際アニメフェアを見学してきました。この日を選んだ理由は、ミンキーモモプロジェクトのイベントがあるためです。ちなみに、本イベントはブースイベントではなく、ステージ2で行なわれるイベントなので、整理券が必要です。しかし、前日の旅の疲れにより、早出は断念し、13時くらいに会場入りしました。さすがに、この時間なら、すぐに入れますね。

会場入りして向かった先は、プロダクションリードのブース。淡い期待を抱いていましたが、さすがに整理券はもうありませんでした。まあ、覚悟の上だったので、仕方ありません。とりあえず、カレンダーとメモリアルDVDのセットを購入しました。

その後は、会場を適当に巡回。しかし、昼すぎはまだまだ会場が混雑しており、場所によっては、移動もままなりません。というわけで、ミンキーモモのイベント外野観賞に備えて、ステージ2近辺にて休憩することにしました。

そして、イベント開始直前になったので、もうちょっと近くへ移動します。ステージは以前と違い、完全に目隠しされているので、整理券を入手できなかった我ら下衆は、音声のみを楽しむことになります。結局、一番ステージに近そうな、飲食スペースの端に立つことにしました。正面に見えるのは壁。端から見たら、異様な光景です。気がついたらお仲間が四人ほど。お一人と軽く会話。

…まあ、音声だけでも満足と思っていたら、後方にある文化放送のブースイベントから爆音が!ぎゃー、聞こえない、完全に音負けしてるよ、ミンキーモモステージ。文化放送ブースでは、レインさん(後藤邑子さん)がお喋りしており、本来なら聞きに行くところですが、このタイミングでは事情が違います(><)

ミンキーモモイベントのほうは、前半はトークをして、後半は小森まなみさんによる「夢見るハート」、小山茉美さんによる「ラブラブミンキーモモ」が歌われました。合間には、DVDの宣伝トークも。最後は「ラブラブミンキーモモ」が流れたまま、フェードアウトな感じ。…というのが、壁の向こう側から鑑賞した感想です。歌はよく聴こえたので、良かったです。「夢見るハート」は、以前ライブで聴いたことがありますが、「ラブラブミンキーモモ」は初めてです。

イベント終了後は、プロダクションリードのブースへとりあえず行ってみました。同じように考えた人が多いのか、特に何もないのに、ブース前には微妙な人だかり。

 

その後は、特段の目的もなく、会場内を散策。チャリティオークション会場では、プリキュアオールスターズDXのサイン入りポスターが出品されていたので、入札してみました(サイレンとオークション方式)。絶対落札できないような、懐に優しい金額を書いてもつまらないので、6桁手前の金額を書きました。余裕で上手がいると思いますが、ちょっとドキドキです(^-^;。

それから、パンフレットを見て気になった、ミミカの後継番組である「アイ!マイ!まいん」ですが、なぜかNHKブースでは一切紹介がなく、ADKブースの看板に出ている程度でした。なぜNHKがまったく取り上げないのが不思議です。大人の事情でもあるのでしょうか。

また、NHKブースといえば、「獣の奏者エリン」のイベントがあったのですが、このときは未視聴でした。後日気になって見たら、良作。こういった視聴のきっかけが、こういうイベントを通して与えられるのは、素敵なことだと思います。

   

それから、東映アニメーションブースにて、プリキュアオールスターズとの記念撮影ポップを見つけたり、プロダクションリードで、ミンキーモモ関連の展示をじっくり鑑賞したりで、まったり過ごします。

  

そして、会場内を歩いていたら、偶然日奈森さんに出会いました。あれ、ここはどこ?おおお、そうだ、「しゅごキャラ!」関連は、サテライトブースが一番大きいのでした。どうも、うちの中では、「しゅごキャライベント」=ポニーキャニオンなイメージが強くて…。展示内容は、キャラクターポップと焼き焼きぺったん。販売物は、スクールカレンダーとタオルです。対するポニーキャニオンブースでは、二畳ほどのスペースに、ひっそりと「しゅごキャラ!」コーナーがありました。こちらは、フィギュアなどの展示が中心で、どちらかといえば、上の年齢層を意識しているように感じます。う~ん、先日発売した「しゅごキャラ!」のキャラソンアルバムの物販とかしてくれたら、買ったのに。

その後はスタジオ雲雀のブースへ。過去作品として「ミルモ」の映像が流れるかも…という噂を聞いて来たのですが、「ミルモ」どころかモニターすらありませんでしたorz。

 

さらにウロウロしていると、「ミンキーモモ」の文字につられて、DSVisionのコーナーへ立ち寄りました。DSでアニメ動画を視聴できるサービスです。DSで再生しているという点を考慮すれば、再生品質も問題ないかと思います。このとき、音量アップの方法がわからなくて苦労しましたが、本体のボリュームキーを操作すればいいのだと、帰宅後に気づきました。

それから、東映アニメーションブース前で、「ねぎぼうずのあさたろう」のイベントがやっており、面白かったので鑑賞しました。で、終わったので帰ろうとしたら、続いてプリキュアイベントとのアナウンス。まさに棚からぼたもち!そして、このイベントがやたら豪華でした。フレッシュプリキュア3人の着ぐるみの登場のあと、OPを歌う茂家瑞季さんが登場して、生歌。続いてEDを歌う林桃子さんが登場して、生歌。もちろんあの振り付けあり。そして!プリキュアオールスターズが登場!歴代14人のプリキュアの着ぐるみが、ステージ狭しと全員でダンスです。予想外のボリュームに、大満足でした。

これで、今回の見学は終了です。16時を過ぎると、人も減ってきて、歩きやすいですね。最初はもっと早く帰る予定でしたが、結局3時間超滞在しました。来年も行くかと思います。


水戸・大洗で日帰りの旅

2009年03月20日、水戸方面へ日帰りで出かけてきました。元々は偕楽園で観梅をすることが目的でしたが、せっかくなので、範囲を広げてみました。ちなみに、1月にもアンコウ鍋のために、水戸へ行っているので、今回のプランには、アンコウは入っていません。

柏から10時53分発のフレッシュひたち17号で、一路水戸へ。自由席でしたが、一応通路側に座れました。そして、11時46分に水戸駅に到着。休日なら、梅祭りのあるこの時期は、偕楽園臨時駅で下車できるのですが、あいにくこの日は平日です。

さて、駅を出たあとは、バスに乗って偕楽園を目指します。…偕楽園行きの案内があちこちにあって、どこへ行けばいいのか。とりあえず人がいっぱいいるところにしました。どうも、偕楽園に行くバスはいろいろあるようですが、経路や所要時間が違うみたいですね。往復切符の販売もしていましたが、帰りは歩くつもりなので、そのまま乗車しました。

 

10分ほどして、偕楽園へ到着。 バスはほぼ満席でしたが、一応皆着席できる程度で、これが平日のメリットですね。到着後は、常盤神社横の露店エリアを抜けて、偕楽園の東門へ。目の前が梅林なので、さっそくてくてくと散策します。結構咲いていますが、やはりピークは過ぎた感じですね。

   

続いて、孟宗竹林のほうを抜けて、吐玉泉へ。この日は結構暑かったので、水が気持ちよいです。さらにそこを抜けていくと、ちょっとした日本庭園があります。

    

再び上へ戻り、好文亭へ。最初は入場料190円をケチろうと思いましたが、せっかくなので入ってみました。すると、中は意外と広く、入場料に見合うお値打ちがあります。二階からの庭園の眺めは、格別ですね。

 

こんな感じで偕楽園を満喫しました。続いて千波湖に向かうため、梅桜橋を渡り、線路向こうに渡ります。それから、田鶴鳴梅林を抜けて、偕楽橋を渡り、千波湖に到着しました。

まず、目に飛び込んでくるのが、鳥・鳥・鳥。おっと、これはスワンボートか…と思ったら、本物の白鳥が悠然と泳いでいたり。白鳥、黒鳥、カルガモ、カイツブリなどなど。黒鳥は初めて見ました。驚くほど、人を恐れませんね。

 

そんな鳥たちを横目に、売店で梅ソフトを購入して、喉を潤します。う~ん、暑い。ちなみに、千波湖畔には、徳川光圀の像があるのですが、これが想像よりも全然大きくて、ビックリしました。等身大かと思っていたのに、実物は巨人サイズでした。これじゃ、印籠がなくとも、ひれ伏します(笑

さて、この後は、千波湖畔を端まで歩いて、市役所を目指します。しかし、そこかしこに水鳥がいますね。最初はもの珍しさに、いろいろ写真を撮りましたが、こうもわんさかいると、もうどうでも良くなりました(ぉ。

 

15分くらい歩いて、千波湖を脱出し、市街へ。程なくして、市役所に到着しました。で、本当の目的は市役所ではなく、この近くにある鈴龍というラーメン屋さんです。ご当地ラーメンである、水戸藩ら~めんが食べられるお店です。で、歩き回って探した結果、準備中orz

他のお店は、正確な位置を調べておらず、携帯で見てもよく分かりません。仕方ないので、とりあえず水戸駅へ。…意外とすぐに到着しました。う~ん、お腹はそんなに空いていないし、鹿島大洗線がちょうど来る時間なので、先に大洗へ行くことにしました。

 

鹿島大洗線で揺られること15分、大洗駅に到着しました。ローカル線風情たっぷりで、旅情を誘いますね。さて、食事拠として、事前に調べた日野治旅館ですが、距離が3kmほどあります。行ってみて営業していなかったら、笑えない距離なので、電話して確認。…休業日でしたorz。恐るべし不定休。蛤御膳楽しみだったのになあ。

 

こうなったら、現地リサーチするしかないので、とりあえず海を目指すことにしました。3月とは思えない暑さのなか、てくてく歩きます。意外と海までは距離があります。10分くらいして、ようやく到着。そして目に飛び込んできたのは、大洗マリンタワー。やはり高いところを見ると、上りたくなるものです。

 

入場券を購入して、いざ展望台へ。さすがに平日なので、人はほとんどいません。展望台からは、房総半島の先っちょまで見渡すことができます。港に停泊する大型客船も見下ろせて、悠然たる眺めなのですが、いかんせん暑いです^-^;。そんななか、椅子に腰かけて、食事拠を探します。

携帯で調べたら、海鮮市場の近くにあるお店が良さそうなので、行ってみることにしました。そして発見、海鮮どんぶり亭。いざ入っていくと、「今日はご飯がなくなっちゃったから、もう終わり」とのことorz。実に3軒目の食事失敗。面白いほどに、ランチ難民です。

 

ここも入れなかったらどうしよう…と一抹の不安を抱えつつ、一つ奥にあるおさかな天国へ。…ようやく、昼食をとることができました。注文したのは、人気No1と書かれていた海鮮丼と、焼き蛤。海鮮丼は、新鮮で具沢山で、おいしかったです。蛤は、大振りで、且つ身が締まっていて、おいしかったです。お腹が空いていたこともあり、まさに「天国」でした。

 

さて、この後の予定は温泉だけですが、せっかくここまで歩いたのだから、大洗磯前神社へ行くことにしました。17時手前ごろに到着。ちょうど何か閉める時間なのか、神社の職員さんが、忙しなく動いています。そんな中、旅の無事を祈願し、お参りを済ませました。

  

そして、ふと振り向くと、そこには鳥居越しに鹿島灘が広がっています。おおー、これはぜひ近くまで行かねば。ということで、通りを渡り、路地を抜けて、海岸に到着。遥か彼方まで広がる太平洋の水平線。そして岩場に打ちつける荒波。いやー、海を見るとテンションが上がりますね。波の動きだけで、30分は楽しめそうです。ちなみに、岩場の一角には、神磯の鳥居と呼ばれる小さな鳥居もあり、日の出の光景は、さぞ美しいだろうなあ、と思い描いていました。

もう少し海を味わいたかったのですが、日が沈むにつれて、冷え込みが増してきました。足早に目指す先は、ゆっくら健康館。公営の温泉施設です。最初は、露天風呂に惹かれて、潮騒の湯に行くつもりでしたが、位置関係上難しかったので、予定変更しました。

日が落ちかけたころに、到着。歩き疲れを癒すべく、さっそく温泉に浸かります。う~ん、生き返りますなあ。味のほうは、うっすら塩味といったところです。入浴後は、マッサージチェアへ。結構気持ちいいんですよね~。一度試したら癖になりました。そして、満喫して出た頃には、すっかり日は落ち、あたりは真っ暗です。

う~ん、知らない土地で、真っ暗になると、急に心細くなります…。いそいそと大洗駅へ向かいます。ちょうど良いタイミングで電車がきて、水戸駅へ。が、特急への乗り継ぎは、タイミングがまるでなっていません。でも、せっかく30分程の待ち時間があるのだから、行きそびれた水戸城址に行ける!…ということで、真っ暗な中、水戸観光再開!ゴー!

 

まずは駅前の黄門様&助さん格さんの像を激写。その後は水戸城址を目指して、ダッシュ。大通りとは違う方面なので、本当に真っ暗です。途中、歩道工事で、迂回しつつ、たどり着いたのは、水府橋。…あれ?こんなところまで来ないはず。というわけで、慌てて逆戻り。そして、無事発見。思いきり横を素通りしていました。暗闇で気づかず。

 

あとは特急に間に合うべく、早足で駅に戻ります。頭のなかには、鉄腕DASHの対決ものの終盤の音楽が流れていました(分かる人少ないかなあ?)。 最後は、お土産を買って、無事19時52分発のフレッシュひたち60号に乗り、帰途へ。帰りも自由席でしたが、水戸までは空いているので、普通に窓側に座れました。

というわけで、大変疲れましたが、楽しい旅でした。翌朝は、死んだように眠りこけていました。


2009年03月13日~15日の日記

金曜、6時すぎに起きるも、二度寝で9時30分ごろ起床。それから昼ごろまで、近々行く予定の旅行について調査。昼すぎ、ちょっと自転車で走ってこようと思ったけど、諸事情により自転車が出庫できず、断念。本より強風なので、無理そうだったけど。で、結局DQ5をプレイ。ついにヘルバトラーが仲間になった。その合間に、カップラーメンと肉まんで昼ごはん。満腹感では、やはりぺヤングソース焼きそばのほうが一枚上手だなあ。

夕方、ESの勉強。夕方すぎ、先日購入したFP3級の本を、軽く読んでみた。まるで頭に入ってこない。夜、水戸旅行について、詳細に詰める。深夜、ミクリクの返信をしつつ、ブログを執筆しつつ、「タモリ倶楽部」を視聴。1時30分手前に就寝。

土曜、8時30分ごろ起床。「しゅごキャラ」と「ケロロ」を見たあとは、TQAエントリ作業。その間に歯医者へ。昼すぎ、録画しておいた「まるみえ」を消化。その後、体調が思わしくなく、夕方すぎまで床に臥せてた。風邪薬を飲み、多少回復したので、テレビを見ながら写真整理。しかし、23時すぎに薬が切れてきたようで、0時前に就寝。

 

日曜、9時に起床。 本当は偕楽園に行くつもりだったけど、体調不良のため、中止。「鬼太郎」から「絶対可憐」までアニメタイム。昼ごろ、清水公園へお出かけ。あまりに天気が良いので、せめて近場で梅観賞をしたいということで。結果的に、梅よりもミモザを主に観賞。帰り、おおたかの森SC内の「中国名菜 吉鳳園」にて、昼食。メニュー名にうす塩味とあったけど、ちょっとうちには薄すぎたかな^-^;。

夕方ごろ帰宅して、録画した「プリキュア」を視聴。その後はダラダラと過ごす。夜半前、ESの勉強を少し進める。その後「黒薔薇」などを見て、寝たのは、0時15分ごろ。


清水公園で春の花観賞

2009年03月15日、元々偕楽園に行くつもりでしたが、体調が優れないので、近場の清水公園に出かけてきました。家で養生していても良かったのですが、あまりに天気が良いので、もったいなくて。

 

東武野田線で清水公園駅にて下車。駅から5分くらい歩いて、清水公園に到着です。公園の入口付近には、数本の桜が既に咲いていました。そんな光景を楽しみつつ、向かった先は花ファンタジア。有料エリアですが、いろいろな草花を楽しめます。ちなみに、季節によって入場料がずいぶん異なりますが、この日はちょうど一番安い最後の日。

 

さっそく園内へ。最初は梅観賞のつもりで来ましたが、ミモザ祭り開催中とのことで、まずはミモザへ。すると、そこには鮮やかな黄色が広がっていました。ミツバチたちも密を求めて、辺りを飛び回っています。

     

その後は梅林のほうへ。事前に調べていましたが、もう終盤なので、だいぶ寂しくなっていますね。そのほかの花も、いくつか咲いていますが、全体ではまだまだな感じです。まあ、だからこそ入園料が一番安い時期なのでしょうけど。

ところで、入園レシートを見せれば、売店でダーツが楽しめるらしいのですが、腕に自信がないので、パスしました^-^;

といった感じで、花ファンタジアでの観賞は終了です。梅を見るつもりが、ミモザがメインとなりました。

帰り道、ふと上のほうを見ると、桜が見えたので、行ってきました。伊豆多賀赤という品種で、寒緋桜が交配されているようです。なので、早咲きなのでしょうね。まあ、花は概ね白いですけど。


2009年03月09日~12日の日記

月曜、風邪気味で、そのせいか花粉症の症状もひどい。どうしようもないので、22時ごろ就寝。

火曜、TQAエントリ作業。その後はサーバ保守作業。ウェブで公開しているデータベースの中身が壊れていたので、バックアップから復旧した。攻撃によるものだったら、嫌だなあ。それから、ESの勉強をして、「ぷっすま」を見て、0時30分手前に就寝。

水曜、朝に少しESの勉強。朝勉は久しぶり。帰りは有隣堂に寄り、FP3級の参考書と赤ボールペンを購入。赤ボールペンは試験勉強に必須。帰宅後は、TQAエントリ作業の後、ESの勉強。寝たのは、23時30分ごろ。

 

木曜、この日も朝勉。帰りはTomods薬局に寄り、鼻炎薬を購入。それから単3電池を買っていないことに気づいたので、秋葉ヨドでポイント購入。最近はポイントは貯めずに、なるべくすぐに使うようにしている。帰宅後は、TQAエントリ作業。寝たのは、23時45分ごろ。

仕事のほうは、ちょうど作業の隙間で、若干手隙。なので、お試しリファクタリングや、興味ベースの調査による理解の深耕などをしている。