「 2010年10月 」一覧

和歌山・白浜の旅

2010年09月23日~24日にかけて、和歌山と白浜を旅してきました。

初日、9時30分ごろに羽田空港へ到着。搭乗口は103番なので、バス移動になります。100番台のゲートは、八丈島以来の気がします。

写真日記はこちら!

1時間ほどのフライトで、関西国際空港に到着しました。関西国際空港は初めてです。さっそく空港線に乗って日根野駅まで移動します。そこから紀州路快速に乗って和歌山へ向かうはずでしたが、切り離し車両を誤り、1つ手前のりんくうタウン駅へ逆戻り(><)。しばらく電車が来ないので、改札の外へ出てみましたが、新興のベッドタウンのような雰囲気で、特に見るところがありません。

20分ほどしてやってきた電車に乗り、今度は間違えずに乗り換えて、和歌山駅に着きました。駅前から伸びるけやき大通りを歩いて、味中華そばを目指します。やはり和歌山ラーメンは食べておかねば。途中にある築地通りに入ってしばらく進むと、商店街の中に見つけました。昼も少し過ぎて、お腹が空いていたので、中華そばダブルとすじどてを注文しました。もちろん早寿司もいただきました。ラーメンはとんこつしょうゆでストレート細麺。普通に美味しくて満足です。しかし、和歌山界隈のラーメン屋さんは、なぜか木曜休業のところが多かったですね。

それから、てくてくと商店街を歩いて、和歌山城へ行きました。祝日ですが、あまり人がいない雰囲気です。曇り空ということもあって、少し寂しげ。うちは人が少ないほうが好きなので、良い感じなのですけどね。天守閣に行くと、そこそこの人の数。城内では徳川家ゆかりの展示物をいろいろと見学。展示の撮影は禁止なので、天守閣からの眺望写真のみです。

天守閣をあとに向かった先は、紅葉渓庭園。とてもきれいで、景色と水音に心癒されます。紅葉の時期に来れば、さぞかし美しいだろうと思います。庭園を抜けたあとは、御橋廊下へ行きました。入口で履物を袋に入れて、出口でまた履き直します。また元の入口に戻るのかと思っていましたが、抜けられるんですね。

程良い時間になったので、白浜へ向かうため、和歌山駅に戻ります。そして、嫌な予感が的中しました。午前中落雷によるポイント故障の報があったのですが、その影響で特急が30分ほど遅延しているようです。仕方ないので、ホームでDSをプレイしつつ、待機。少し冷えてきたので、荷物として持ってきた上着を羽織ります。

それから、ようやく来た特急に乗り、一路白浜へ。途中海辺を走る区間があるのですが、良い眺めですね。晴れていれば夕日に染まって、さらにきれいだったろうと思います。

すっかり暗くなった頃に、白浜駅に到着しました。バスに乗って、ホテル前まで移動です。さすが観光地だけあって、バスの本数は結構あります。

ホテルに到着後は、少し寛いだのち、夕食。刺し身や天ぷら、小鍋など、旅館らしい夕食を満喫しました。それから部屋に戻って、布団の中でテレビを見ていたら、寝落ちしてしまいました。22時ごろに起きて、温泉へ向かいます。2種類の泉質の異なるお風呂があり、まずは藤の湯から入ります。あまり温度は高くなく、長く浸かっていられます。滑らかな感じのお湯ですね。塩味はほのかにする程度です。続いてつくもとの湯へ。こちらは温度が高くて、よく温まります。味についてもはっきりとした塩味がしますね。入る順番としては、つくもとの湯から藤の湯が良いみたいですが、知らずに逆順で入りました。

お風呂から戻ったあとは、23時ごろに気持ちよく就寝しました。

二日目、7時前に起きて朝風呂へ行きます。これが温泉旅館の醍醐味ですよね。それから朝食へ。ビュッフェ形式で、メニューも豊富。満足です。

旅館をあとに、まず向かった先は、白良浜。真っ白なビーチがきれいです。でも、曇り空なのが少し残念ですね。晴れていれば白さが際立ったと思います。…と思っていたら、ついに雨が降り始めました。ぽつぽつ雨が降る中、浜の近くにあった足湯に入るも、だいぶ温いです。たぶん海水浴客用なのでしょう。

雨はだんだんと強くなっていきます。仕方なく傘を出して、歩くことにしました。南紀白浜道路沿いに向かった先は、崎の湯です。海辺の岩場に湧く温泉です。この日は海が荒れていて、海側の風呂には入れないと言われたのですが、いざ行ってみると規制が解除されたようで、入れました。海側の風呂は温めで、のんびり景色を楽しみつつ、浸かることが出来ます。山側の風呂は結構熱くて、ぽかぽか温まります。お湯はだいぶ塩味がしました。大粒の雨が降る中のお風呂は楽しいです。海側でのんびりしたあとは、山側のお風呂で体を温めて、上がりました。

続いて向かった先は、海中展望塔。もともと行く予定はありませんでしたが、せっかくなので、行ってみました。展望塔に向かう橋の上は、風が強くて大変です。何とか傘を壊さずに到着です。展望塔を潜っていくと、海面下5メートルくらいの景色が広がります。海が荒れているので、透明度は今ひとつでした。あと、入場料は少々高めに感じました。

次は、千畳敷へ。薄茶色をした大岩盤が広がります。海水の浸食によって削られた岩盤は、美しい曲線美を見せてくれます。後ろに広がる大海原も良いですね。海を見るのは好きです。もっと海に近いところまで行ってみたかったですが、雨が降っていて足場が悪く、大きな荷物も抱えていたので、あまり動き回りませんでした。

続いては、三段壁洞窟へ。受付でチケットを買い、エレベーターで最下層へ向かいます。洞窟内から海を眺めるのは面白いです。洞窟の奥のほうにいくと、海から押し寄せる波が、大きな波になってザッパーンと砕けます。結構迫力がありました。ただ、こちらも少し入場料が高いかな、と思いました。

お昼になったので、近くにあるレストレンバーリィへ行きました。地ビールのナギサビールが楽しみです。食事はどれもビールに合いそうで目移りしましたが、紀州産黒あわび茸を使ったボロネーゼを頼みました。ビールは、最初にペールエール、続いてアメリカンウィートです。ん~、昼からビールを飲む贅沢。おいしくて満足です。せっかくなので、お土産に1本買って帰りました。

白浜観光は終えたので、白浜駅に戻るためにバスを待ちます。すると先ほどお土産で購入したビールを入れていた袋の底が破れて、瓶が落下。幸いにも割れずに済みました…

白浜駅に着いたら、特急くろしおに乗って、御坊駅まで行きます。そこから各駅停車に乗り換えて、紀三井寺駅に到着しました。

まずは紀三井寺へ向かいます。結構急な坂道を登って、お寺へ到着。いい感じに疲れました。本堂や多宝塔などを見学し、さらに山の中を登ってみました。山の中は道が悪く、ちょっと大変でした。それから、新しい観音様が見えるプラス100円券を購入していたので、そちらも拝観してきました。金色の千手観音さまです。真新しいツヤに時の重みは感じないのですが、圧倒的な存在感です。吹き抜けになっており、三階に上がれば外にある回廊から、同じ目線で顔を拝めます。撮影禁止なので、写真はありません。

行きは裏口から入りましたが、帰りは正面口から出ます。長い石段を下り、紀三井寺をあとにしました。その後は和歌の浦地区へ向かいます。学校帰りの学生たちが行きかい、この日が平日なんだなあ、と思い返します。旭橋を渡ってしばらく歩くと、あしべ通りが見えてきました。

途中、妹背山があったので、そちらへ寄り道。誰もいない小島を散策します。観海閣から望む和歌の浦の海が、穏やかな気持ちにさせてくれます。日が暮れてきたこともあり、何ともいえない静けさが心に染み入りました。

それから不老橋へ向かいます。最初あしべ橋と勘違いしてました。袂に生えている松との組み合わせが、橋の風格を一層際立たせている気がします。橋の横にある階段状の場所は、下りることが出来るので、そこから不老橋を撮影してみました。

続いては、玉津島神社へ。万葉歌碑や根上がり松を拝見しました。夕暮れのためか、参拝客はおらず、静かな気持ちでお参りすることが出来ました。

このあとは、天満宮なども行ってみようかと思いましたが、少々歩き疲れたので、ここまでとしました。和歌浦口停留所からバスに乗車。バス停の写真を撮ろうと思ったら、すぐにバスが来てしまったので、写真はありません。しばらくバスに揺られて、県庁前停留所にて下車。

向かった先は、銀平三年坂。和歌山のおいしい魚を食べたかったので、こちらのお店にしました。刺身の盛り合わせや鱧の天ぷら、キンキの煮付けに松茸の土瓶蒸しに、舌鼓を打って満足。お酒は羅生門を1ボトルだけ。ホテル泊まりではないので、少し控えめにしておきました。しかし、日本酒には魚が合いますねー。締めはしらす茶漬け。和歌山に来る機会があれば、また来たいお店です。

良い気分になって、向かう先は和歌山市駅。往路はJRだったので、復路は南海電鉄にしてみようと思ったからです。夜の和歌山城公園の周りを歩いていると、ランナーが結構いますね。お堀の周りは走りやすいのでしょうか。

15分ほど歩いて、もうすぐ和歌山市駅というところで、鞄の中が濡れていることに気づきました。ビールの瓶が割れたのかと焦りましたが、水入りペットボトルが破れたようです。どちらにせよ水浸しには変わりないのですが、ただの水だったことが不幸中の幸いです…

その後は和歌山市駅から泉佐野駅まで行き、そこから関西空港駅に行きました。21時20分発の飛行機に乗って、羽田空港へ帰還。そこから東京モノレールに乗って帰途へ着きました。今回の旅はこれで終了です。一泊二日でしたが、色々と回れて、美味しい物も食べられて、良い旅でした。


2010年10月04日~07日の日記

月曜、7時手前に起きて、準備を済ませて二度寝。設計レビューの準備がまだ終わっていないので、普段より30分弱早めに出発。帰宅は23時30分ごろ。日が回った頃に、お店の予約。職場の期初呑みの幹事を任されているので。面倒ごとは早々に片付けよう。その後は英語の勉強をして、1時すぎに就寝。

火曜、7時手前に起床。8時ごろからSMの勉強をこなす。それからゲーム動画を少し観賞して、出発。23時30分ごろに帰宅。洗濯ものを洗濯機に移動だけしておく。0時30分ごろ就寝。

水曜、7時手前に起きて、洗濯機を回して二度寝。それから洗濯ものを干して、9時すぎに出発。夜はチームの歓迎会。三間堂にて、しゃぶしゃぶなどをつつく。3500円で飲み放題となかなか安い。その分食べ物の量はそこそこ。酒はビールを中心にそこそこの量を呑んで良い気分。最後のウイスキーダブルは余計だったか。22時30分ごろ帰宅して、23時には就寝。

木曜、昨晩のお酒のせいで、眠りが浅くちょこちょこ目覚め、体調はあまり良くない。7時手前に起きて、洗濯を済ませて、二度寝。うーん、二日酔いの症状だ。帰宅は22時30分ごろ。英語の勉強や、「ミルキィホームズ」を見て、0時ごろ就寝。

仕事は、テスト設計のレビューやそこでの指摘事項の修正が中心。あとは他メンバの作業をチェックしたり、品質関連の資料を作成および登録した。あとは、以前作成したテスト環境のモジュールについて、特定環境下でSEGVとの報告が上がったので一次調査。外部ライブラリ内で落ちているので、原因追求が難しい。とりあえず主要環境において最悪パターンを動かし、問題のないことだけ確認をして、根本解決は先延ばしした。


ITサービスマネージャ~試験当日(その9)

試験当日。あらかじめ調べておいた電車では、会場到着がギリギリだと分かったため、急遽電車を1本前に繰り上げました。まあ、試験前の問題配布とかの時間を考慮していなかったという、間抜けな話ですが…

会場最寄駅の会場とは少し逆にいった場所にスーパーがあったので、そこでキットカットを購入しました。会場へ向かう途中にコンビニもあるのですが、昨年は売り切れていていたので…

さっそく試験開始。まず午前2の感想ですが、最初から見慣れない「供給者管理」という単語にびっくりしました。字面から内容を判断しましたが、とりあえず合っていたようです。あと、ITILv3の内容も数問出題されました。一応ネット上で参考程度に記事を見ていたのが、幸いしたようです。分からない箇所もいくつかありましたが、感触としては通過圏内です。その後JITECが公開した解答例を使って自己採点した結果、80%で無事通過でした。(H22秋SM午前2自己採点

昼はいつものラーメン屋でカツ丼セットを食べるつもりでしたが、別のお店になっていました。というわけで、隣のうどん屋へ。こちらにもカツ丼セットはあったので、ひと安心です。

続いて午後1の試験です。一通り問題を眺めた感じでは、特に嫌いな問題はありません。なのでかえって迷います。とりえあず春にSCを受けているので、問4のセキュリティ管理を選びました。この選択は正しかったようで、出来は上々です。残りの1問は、問3のサービスデスクを選びました。あまり強い理由はありませんが、何となく計算があまりなさそうだったから、選びました。こちらは少し微妙ですね。後半の設問はだいぶ迷いました。しかし、最後には納得のいく答えが書けたので、満足です。感触としては、全体で70%程度は採れていると思います。

そしていよいよ午後2の試験です。やはり構成管理が出てきましたね。ただ準備はまったくしていないので、選びませんでした。結局、一番オーソドックスと思われる問3のインシデント管理を選択しました。一番の反省点は時間配分ですね。どうも最初の骨子作成や設問アに時間がかかってしまいます。設問アが終わる時点で15時30分手前で、設問イが終わるのは16時15分、残り15分で設問ウは終りませんでした。設問イの最初で3回ほど書き直しをしたのも手痛かったです。ただ推敲をまったくせずに書き進めても、内容の低下や矛盾を引き起こすので、難しいですね。内容がおかしくなっても規定字数をまず満たすか、規定字数を割ってでも内容を良くするか、どちらが正解なのでしょう。

今回も設問ウで200字程度足りませんでした。なのでちょっと厳しいかなあ、という感触ですね。ただ、同じように明らかに字足らずであった前回のSAは合格できたので、一筋の希望の光をそこに見い出したいと思います。

それぞれの通過可能性は、午前2は100%、午後1は90%、午後2は40%といったところですね。午後1まではそこそこ自信がありますが、午後2はあまり自信が持てません。

今後はいずれも論文試験になります。なので、論文対策は効率のよい合格をしていくうえで、重要になります。今回の試験で感じたのは、骨子となる部分を作成する際の、アイデア出しの速度を上げる必要性です。そのためには、とにかくたくさんの題材を使って骨子作成を行ない、アイデアの引出しを増やしておかなければなりません。実際に2200字を書ききる演習は、時間もかかるので、2~3回こなせばそれ以上増やす必要はないのかな、と感じました。春に向けて、PMの勉強を頑張ります。


ITサービスマネージャ~試験前日(その8)

試験前日です。これまでの勉強内容は以下の通り。

  • 午前2:重点対策のテキストインプットを3周、H21過去問1周
  • 午後1:情報処理教科書の問題を1周、TAC模試1周、H21過去問1周
  • 午後2:TAC模試1問、H21過去問3問の計4本

午前2は毎回新しい弾が飛んでくるので、完璧を目指すのは難しいですが、とりあえず及第点には達していると思います。午後1は、問題の選択が重要ですね。実際に過去問を解いていても、問題ごとに正解率が結構異なります。午後2は、背景ネタ、TAC模試で書いた顧客企業のシステム運用から、自社内のシステム運用に変更しました。3本書いて、そこそこイメージは固まったと思います。

やはり勝負は午後2の論文になるでしょう。一貫性、根拠・具体性、妥当性、設問に対する充足性、このあたりに気をつけて書きたいと思います。無意識に書きがちな「適切に対応した」などの表現は気をつけたいですね。時間がないときには使わざるを得ませんが…

試験前日は、結局さほど勉強しませんでした。出来れば、論文をもう1本書きたかったのですが…。寝る前に受験票への写真の貼り付けや荷物の用意を済ませました。あとは本番で力を出しきりたいと思います。


2010年10月02日~03日の日記

何も予定のない土日って、実は久しぶり。

土曜、9時前に起きて、「てぃんくる」から「マリガリ」まで視聴。それから英語の勉強を少ししたあと、昼ごろまで「4戦士」をプレイ。昼すぎ、ネットサーフィンをして、SO2などを懐かしむ。夕方前、SMの過去問について分析をしてみた。夜、「オールスター感謝祭」は最初と最後だけちょこっと見た。代わりに、SMの論文演習を粛々とこなす。深夜、ブログを執筆して、1時30分ごろ就寝。

日曜、8時すぎに起床。「オーズ」「ハトプリ」「DB改」「ワンピース」を視聴。昼すぎまで、ネットサーフィンなどでダラダラと過ごす。それから水槽の水替えを行ない、夕方までSMの論文演習をこなす。夜はテレビを見つつ、合間にブログを執筆。ついつい「スピード」を見始めたら、結局最後まで見てしまった。0時手前に就寝。