Home > Archives > 2012-08

2012-08

夏の鎌倉散策

2012年08月11日、夏の鎌倉を散策してきました。花めぐりを中心に、これまで行ったことのない寺社を回ってみるお散歩です。訪れた場所は以下の通り。

  • 大巧時
  • 本覚寺
  • 鶴岡八幡宮
  • 海蔵寺
  • 源氏山
  • 銭洗弁財天

まずは横須賀線で、北鎌倉駅から鎌倉駅へ。毎回思いますが、北鎌倉駅は大船方面にも入出場口を設けて欲しいです。自分は大船方面から歩いてくるので、ホームの端まで行くのが大変です。

鎌倉に着いたあとは、大巧寺に行ってみました。駅を出て、正面の通りを突き当たったところにあります。ここは安産祈願のお寺として有名なので、カップル夫婦や女性の参拝客が多かったですね。山門をくぐって本堂に向かう途中には、さまざまな植物が植えられ、季節の花々が目を楽しませてくれます。本堂前には、ハスの花もありました。

続いて、本覚寺へ。本覚寺は、砂利が敷かれた広い境内が印象的。お寺というより、神社という印象が強いです。白い砂利の上に、点々と島のように浮かぶ植込みが、きれいでした。アイリスやユリなど、色とりどりの花が咲いています。鉢植えのハスもいくつかあり、朝方来たらきれいだろうなあ、と思いました。サルスベリの赤い花も、素敵でした。

その後は若宮大路に出て、段葛を歩きます。桜の葉は思った以上に落ちていますね。そして、鶴岡八幡宮に到着です。

さっそく境内を見学。平家池と源氏池に広がるハスが圧巻です。たくさんの花がありましたが、さすがにこの日の高さでは、開いている様子は見られません。その後は白旗神社へ行き、本宮下までを回りました。すると、結婚式に列席したと思われる一行が、記念撮影をしていました。鶴岡八幡宮に行くと、大概見かける気がします。人気なんですね。

その後は、少し足を伸ばして扇ヶ谷の奥へ向かいます。横須賀線の踏切を越え、北鎌倉方面へ。途中、英勝寺にも寄るつもりでしたが、山門が閉まっていたので、そのまま通りすぎてしまいました。調べたところ、山門は常時閉まっており、通用門から入る形になっているそうです。しかし、あまり時間がなかったため、今回は諦めて、次の目的地へ向かいます。

そしてたどり着いたのは、扇ヶ谷の最奥にある海蔵寺です。小さなお寺で、まるでどこかの一軒家に遊びに来た感覚です。しかし、その小さな境内には、萩やキキョウ、サルスベリ、丁寧に手入れされた苔など、様々な花木が目を楽しませてくれます。出入口付近には、底脱の井もありました。ちなみに、底が無いというのは逸話のなかの比喩で、実際は普通に底が見えます。

次に向かったのは、源氏山。海蔵寺方面から入ると、結構険しい山道を登ることになります。ただ、少し歩けば、舗装された道が現れます。広場にある源頼朝公像を眺めたら、しばしベンチで休憩。それから、山を下りて、銭洗弁財天に向かいます。

下り坂の途中に、洞穴が見えてきました。ここが銭洗弁財天の入り口です。提灯の灯された入り口をくぐっていくと、開けた場所が現れました。連なる鳥居をくぐって本宮へ行き、参拝を済ませます。それから奥宮で、手持ちの50円玉を洗いました。境内には、様々な末社もあり、賑やかでした。そういえば、銭洗弁財天はよく名前を見かける有名スポットですが、今回が初訪問です。

こうして、気づいたら17時近く。帰りは道なりに進んで行けば、鎌倉駅の西口に出ます。しかしここは道幅が狭いのに、徒歩の人が多く、車の通行もそこそこあって、危ないですね。一歩間違えば、事故を起こしそうな不届きな暴走車もいました。住人以外の一般車両は、通行禁止にしても良い気がします。

だいぶ歩き回ってお腹も空いてきたので、少し早いですが夕食にします。小町通りに入り、久しぶりに峰本で食事です。注文したのは、夏らしく磯しぶき。きゅうり、ワカメ、カニ、海老天が乗ったぶっかけそば。そして、鎌倉ビール。食後の甘味には、くず切りを頼みました。

こうして、今回の鎌倉散策は終了です。まだまだ行っていないお寺はたくさんあるので、次は秋の花めぐりに行ってみたいですね。

記事に載せきれなかった写真は、以下をご覧下さい。

数学検定2級~結果確認(その5)

インターネットで合否確認しました。その結果、不合格でした。あれ、二次試験は当然として、一次試験も駄目でしたか。模範解答をもとに採点しても、13/15問取れているはずなのですが。左辺の書き漏れとか細かいところをチェックされてるんでしょうか。あるいは必要記入事項を忘れて、失格みたいなオチでしょうか。記憶の限り正しく記入したつもりですが。

自分としては予想外の結果で、非常に不愉快です。とりあえず詳細な結果の通知を待ちます。

南ドイツ・オーストリアの旅~まとめ

  • 2012-08-18 (土)

2012年07月26日から08月03日にかけて、南ドイツとオーストリアを旅してきました。本当は1日先の日程でしたが、安売りの航空券が取れなかったので、1日ずらしました。もともと職場の長期休暇があったので、そこに有休2.5日を繋いで、7泊9日という旅の実現です。

以下、今回の旅行記事のまとめです。

南ドイツ・オーストリアの旅~準備と初日

  • 旅の計画や準備
  • 成田空港~ミュンヘン空港~ミュンヘン中央駅~ホテル

南ドイツ・オーストリアの旅~2日目

  • この日は、ミュンヘン市内観光
  • カールス広場~マリエン広場~新市庁舎~フラウエン教会~ペーター教会~ホーフブロイハウス
  • 英国庭園~ホーフガルデン~レジデンツ~ヴァイセスブロイハウス(昼食)~ノイエ・ピナコテーク

南ドイツ・オーストリアの旅~3日目

  • この日は、オプショナルツアーで郊外の名所、およびローテンブルクの名所巡り
  • ヴィース教会~ノイシュヴァンシュタイン城~ホテルミュラー(昼食)
  • マルクト広場~ブルク公園~プレーンライン~バウマイスターハウス(夕食)

南ドイツ・オーストリアの旅~4日目

  • この日は、ローテンブルクの屋内観光、鉄道での長距離移動
  • 中世犯罪博物館~シュノーバル~マルクト広場の仕掛け時計~聖ヤコプ教会~ケーテクリスマスハウス
  • 電車移動(ローテンブルクからザルツブルク)

南ドイツ・オーストリアの旅~5日目

  • この日はザルツブルク市内観光と、ザルツカンマーグート観光のオプショナルツアー
  • ザルツブルクの旧市街~モーツァルトハウス~ミラベル庭園
  • ザンクト・ギルゲン~ザンクト・ヴォルフガング~モントゼー~メンヒスベルクのエレベータ

南ドイツ・オーストリアの旅~6日目

  • この日は、ウィーンへの移動と、ウィーン市内観光
  • ウィーンへ移動~シュテファン寺院~王宮~オペラ座~国会議事堂~フォルクスガーデン
  • 市庁舎~ブルク劇場~ヴォティーフ教会~ケバブサンドイッチ(夕食)

南ドイツ・オーストリアの旅~7日目

  • この日は、建築物以外のウィーン市内観光
  • 楽友協会~カフェ・ザッハー~シェーンブルン宮殿
  • プラフッタ(夕食)~ドナウ川

南ドイツ・オーストリアの旅~8日目と最終日

  • ホテル~ウィーン空港~ミュンヘン空港~成田空港

今回記事に載せきれなかった写真は、以下からご覧下さい。

南ドイツ・オーストリアの旅~8日目と最終日

  • 2012-08-17 (金)

8日目、いよいよ帰国日です。夜更かししたので、普段より少し遅い7時起き。朝食をいただいて、10時すぎにホテルをチェックアウトしました。

プラーターシュテルン駅からSバーンに乗って、ウィーンミッテ駅まで移動します。そしてウィーンミッテ駅から、CAT(City Airport Train)に乗り換えるのですが、この乗り換えが大変でした。というのも、ウィーンミッテ駅がちょうど工事中で、CATの乗り場までかなりの距離を迂回させられます。一応案内表示がわかりやすく出ていますが、いろんな方向に行ったり来たりするので、途中不安になりました。

どうにかこうにか無事CATの乗り場に到着です。CATは30分に1本なので、こうした事態も予想して、多少余裕を持った行程にしておかないと、危ないですね。専用の券売機でチケットを買い、ベンチで待機。すると、空港からの客をたくさん乗せたCATが到着しました。逆に、空港に向かう人は、あまりいないようです。ちなみに、CATの車体を撮り忘れてしまい、残念。

15分程度電車に揺られて、ウィーン空港に到着しました。通路をてくてく歩いて、ロビーへ。ゆるいカーブを描く構造がきれいだなあ、と思いました。

手荷物を預けるべく、カウンターへ。ところが、荷物タグは付けてくれたけど、荷物を預かってくれません。別のカウンターに行ってくれ、と言われて、それっぽいところを探しましたが、見つかるのはOverWeight用のカウンターのみです。明らかに軽量の鞄なので、???となりました。搭乗時刻も迫っているので、もう一度並んで、別の職員に聞いてみました。その結果、荷物が軽すぎるから、OverWeightを扱うカウンターで荷物を検査しなきゃいけない、とのことでした。自分の荷物は2kgで、通常のカウンターで検査できるのは3kg以上だそうです。なるほど……数カ国を旅してきましたが、初めてのケースでした。

こうして時間ギリギリで荷物を預けて、搭乗ゲートへ。バスに乗って駐機している飛行機の前に行き、そこから直接階段で搭乗します。ヨーロッパの都市間航路は、こんな感じなんですかね。

帰りは全てルフトハンザ運航便です。ミュンヘンまでのフライトは、座席2列2列の小型飛行機でした。機内では、軽食とドリンクが出ました。日本人は自分以外にいなかったかと思います。

ミュンヘン空港に到着しました。制限エリア内でEU外の国際線に乗り継ぎできるので、出国審査のみ行ないます。入国審査と同様に、簡単な内容で済みました。

その後は、早々に搭乗ゲート前に行き、近くにあったお店で、お土産を買いました。小さいお店なので、品揃えは良くありません。中央のほうに大きなお店があったので、そちらで買えば良かったのですが、あまり時間に余裕がないことと、往来の手間を惜しみました。

15時30分ごろ搭乗し、15時50分にミュンヘンを発ちました。これから日本に向けて、11時間ほどの空の旅です。

離陸してから数時間で、お楽しみの機内食。和風と洋風のメニューがあり、和風メニューであるカツカレーを選びました。確かにカツカレーも立派な和食ですね。お蕎麦もついてきて、日本人としてはうれしいです。味も美味しく満足でした。カレーが、カレーソースてきなものだったところが、期待と違っていたくらいです。

その後は、アベンジャーズやタイタンの逆襲を見て、時間を潰します。国外の航空会社の場合、アニメ関連コンテンツがないのが、辛いところ。iPodとか持ち込みたいけど、大音量が必要だからすぐにバッテリ切れそうで微妙ですし。

こうして機内で日を跨いで、最終日になりました。日本時間の9時30分ごろ、成田空港に到着しました。定刻より30分ほど早い到着です。

トイレに行って、入国審査を済ませて、手荷物の受け取り、税関審査を完了しました。そして、今回の旅でお世話になったモバイルwifiルータを返却。9日間で12,000円でした。その後は成田エクスプレスに乗って、うとうとしながら自宅へ。こうして今回の旅は、無事終えることができました。ちなみに、午後は仕事です……

南ドイツ・オーストリアの旅~7日目

  • 2012-08-17 (金)

7日目です。朝ごはんには、やはりセンメルがあります。オーストリアではデフォルトなのですね。朝食会場には9時くらいに行ったのですが、わりと混んでいました。その分、席もたくさんありますけど。

10時ごろ出発です。まず向かった先は楽友協会です。あまり記念撮影している人がいなかったので、1回通り過ぎてしまいました。チケットセンターに行くと、英語のガイドツアーは11時開始と案内が出ていました。ガイドブック情報だと13時だったのですが、音楽のオフシーズンなので編成が変わっているのかもしれません。何にせよ、現在10時55分、このあとの予定を考えても、実にナイスタイミングでした。

11時を少し過ぎたところで、ガイドツアーが始まります。廊下を通り、碑文の前でいろいろ説明してくれましたが、やっぱ英語で歴史とか難しい話を聞き取るのは、無理でした。だいたい2割程度の理解ですかねえ。というわけで、目で楽しみます。もっと英語の勉強しなきゃ。

最初に入った部屋は、ブラームスホール(小ホール)。綺羅びやかな内装ですね。適当な椅子に座ってガイドさんの説明を聞き、最後に撮影タイム。ホールの左中央に、ブラームスの胸像がありました。

続いては、黄金のホール(大ホール)。あのニューイヤーコンサートが行われる会場です。ブラームスホールも美しかったですが、こちらはさらに輪をかけて、きらきらした世界が広がっていました。黄金のホールの名に違わぬ見事な金色のホール。こちらも同様に、ガイドさんの説明のあとに、撮影タイムがありました。

それから、大ホールと小ホール以外のホールへ行きます。全部で8つ(だったかな?)あるそうですが、今回はそのうちの1つを見学します。先ほどの2ホールに比べればシンプルですが、金色に輝く壁は、さすがです。

こうして、楽友協会の見学は終了です。だいたい1時間弱でした。最後に解散した場所から外へ出るルートが分からず、地味に困りました。他にも迷っている人たちがいて、ガイドさんの案内で無事脱出です。

楽友協会の見学を終えたあとは、カールス広場でひと休みします。日に当たると暑いですが、木陰にいればわりと涼しいです。

続いて、カフェ・ザッハーへ向かいます。ところが、全然逆の方向に進んでしまいました。軌道修正しようとうねうね歩いていたら、ついに自分がどこにいるのか完全に見失いました。地図を見ても、駄目です。途方に暮れたところで、文明の利器であるGPSの登場なのです。見事に現在位置を把握し、カフェ・ザッハーへ向かうのでした。

まずは、オペラ駅にある有料トイレ(70セント)に寄って、準備万端。ホテルにある本店のほうは、少し人が並んでいたので、コンディトライに併設されているカフェのほうに入りました。入り口がちょっとだけわかりにくいのですが、ホテルの入口にいた人に聞いて発見。クラシカルなカフェの雰囲気を楽しみたい人は本店のほうが良いのでしょうけど、自分はザッハーのザッハートルテを食べるのが目的なのです。

というわけで、ザッハートルテとカフェラテを注文しました。ザッハートルテは結構甘いですが、生クリームはさっぱりしているので、合わせてちょうど良い感じになります。よくガイドブックには、日本人には甘すぎるとか書かれていますが、自分はそこまで感じませんでした。カフェラテはグラスで出てきましたが、グラスで出てくるとうっかり冷たいと勘違いしちゃいます。ちなみに、コーヒーを頼むと、少量の水もついてくるんですね。

満腹になったところで、シェーンブルン宮殿へ。U4線に乗って、シェーンブルン駅まで行きます。そこから、10分ほど歩いて、シェーンブルン宮殿に到着。

さっそく門から敷地内に入ると、巨大な宮殿が姿を現しました。日を遮るものがないので、全体がまぶしく、そして暑いです。足早にチケットセンターへ向かいます。

チケットセンターには券売機があったので、これで購入しようとチャレンジしました。ところが、カード払いのところで、「TX Error」となってしまい、上手くいきません。何回かやり直してみましたが、同じです。というわけで、素直に窓口で買いました。買ったのは、Grand Tourのチケットです。Imperial Tourは、見て回る時間があるか、微妙だったので、止めました。

シェーンブルン宮殿のチケットにも、入場可能時刻が刻印されています。しかし、このときはほとんど待ちはなく、1分後には入場できました。入り口で日本語オーディオガイドを借りて、見学開始です。一部屋ずつ、解説を全て聞きながら回ったので、そこそこ時間がかかりました。ちなみに、ノイシュヴァンシュタイン城と違って、各部屋は自分のペースで移動できます。

シェーンブルン宮殿の印象は、宮殿としてはシックな感じです。ヴェルサイユ宮殿のような豪華絢爛な宮殿も良いですが、個人的にはこうした控えめな内装のほうが、親しみを持てます。特に、胡桃の部屋がお気に入りでした。宮殿内は撮影禁止なので、写真はありません。

続いて庭園見学へ。前にも書いたとおり、太陽を遮るものがないので、とても暑いです。中央の道を通って、庭園の奥へ進みながら、宮殿を見返しました。噴水の上あたりから見る姿が、一番バランスが良いかもしれません。

その後は、丘を登ってグロリエッテへ。さすがに結構疲れました。けれど、そこからの眺望は、なかなか素敵でした。宮殿とその周りの街並みが見渡せます。

丘からの帰り道は、森の中を通っていくことにしました。木陰のなかは涼しくて良いです。そうして森の中を堪能していると、何やらうごめく複数の影が。よく見たら、小さなの野リスでした。落ち葉の上を駆けまわったり、木の幹を這いまわったりしています。途中、ベンチに座っていたら、平然と隣にやってきて、目が合ったりしました。このように、中にはかなり人に慣れた個体もいるようです。

シェーンブルン宮殿をあとにして、次は少し早めの夕食です。今日はレストランで食べたいと思っているので、少し時間をずらしての食事です。U4からU3に乗り換えて、シュトゥーベントーア駅で下車。向かったお店はプラフッタ。飛び込みでしたが、19時までに退店するとの約束で、予約席を使わせてもらいました。

頼んだのは、名物であるターフェルシュピッツです。飲み物は、ホワイトピーチのスパークリングワインにしました。しばらくすると、熱々のプレートがテーブルの上に用意されます。その上に鍋が置かれました。まずはその中からスープを皿にすくって、いただきます。続いて、骨髄をスライスしたパンの乗せて、いただきます。最後に、メインのターフェルシュピッツを、鍋から皿に乗せます。付け合せの野菜もたっぷりと。りんご風味の大根おろしなど、味付けもいろいろありました。

最後はデザート。コーヒーフロートみたいなものを頼みました。かなり満腹。ワインも2杯呑んでいるので、そこそこのお値段になってしまいました。まあ、最後の夜ですし、いいかなあ、と。

ちなみに、複数のウエイターさんがサーブしてくれたのですが、結構応対に差があったと感じたので、チップが当分されるのは、ちょっと不本意。煩わしいときもあるけれど、やはり担当は1人のほうが良いなあ、と思ったのでした。

満腹になったところで、今日の最終目的地へ。U3でウィーンミッテ駅に行き、そこからSバーンでプラーターシュテルンまで。さらにU1でドナウイシュル駅に着きました。

その名の通り、ここからはドナウ川を望むことができます。蒼く雄大で、穏やかな流れです。川の東岸には、国連都市の建物も見えます。もう少し待っていれば日が沈むので、しばらく川の流れをぼぅっと眺めてみました。

20分くらいして、徐々に空が赤く染まり始めます。隣には、同じく夕焼け狙いと思われるおっちゃんが、カメラを構えています。そして、ついに太陽が山の陰に沈み始めました。川の水面も赤く染まっています。ドナウ川の雄大さもあってか、予想以上にきれいでした。ただ、夕焼け自体はそれほど真っ赤とはなりませんでした。写真は夕焼けモードで撮影したので、少々強調された映りになっています。

満足して、20時すぎにホテルへ帰りました。この旅最後の夜ということで、ちょっと夜更かし。寝たのは2時すぎでした。こうして7日目が終了です。

Home > Archives > 2012-08

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top