「 2012年09月 」一覧

本栖湖ダイビング

2012年09月17日、本栖湖へダイビングに行ってきました。きっかけは忘れましたが、淡水で潜ってみたい、と思い、幾つか調べた結果、本栖湖へ。

6時すぎに家を出発し、武蔵野線で西国分寺まで行き、そこから中央線で高尾、続いて中央本線で大月へ。途中スーツ姿の人が大量に降りていく駅があり、平日かと錯覚しました。そのあとは、富士急行で一路河口湖を目指します。電車は空いていたので、ダイビング器材を持つ身としては、ありがたかったです。

10時すぎに河口湖駅に着きました。今回お世話になるのは、E-BUDDYさん。ピックアップしていただき、ショップへ。申込書などの事務手続きして、しばらくの雑談。潜る前に時間を設けたのは、高所潜水なので、体の窒素を抜く必要があるためです。

お昼はすかいぶるうのうどん。肉天うどんを大盛でいただきました。なかなかコシのあるうどんです。そして、腹ごしらえもできたところで、いざ本栖湖へ。

天気は、晴れたり曇ったり雨が降ったり、非常に変わりやすいお天気。この日は三連休の最終日なので、道路の混雑を懸念して、西湖周りの迂回路を通っていきました。結果、西湖や精進湖などの富士五湖巡りができて、良かったです。実際には、なぜか道路は混雑していませんでした。

本栖湖に着いたら、タンクを載せて、ポイントへ。道路脇に車をとめて、そこでセッティングを行ないます。淡水は海水に比べて浮力が小さいので、ウエイトは普段より2kg減です。すると、パラパラと雨が降り出しました。まあ、潜ってしまえば関係ありません!

1本目開始です。ポイント名は、長崎の根。浅場は砂地で、徐々に深くなっていきます。水深1メートルくらいのところで、オイカワの群れに遭遇しました。日本の淡水って感じがしていいですね。

そこから徐々に深く潜っていくと、水草の群生が見えてきました。この光景も淡水って雰囲気を出していて、好きです。さらに進むと、小さなエビたちをたくさん見られるようになりました。本栖湖シュリンプと呼ばれており、正式名称はよくわからないそうです。きれいに写真を撮りたかったけど、なかなか難しい……

さて、生物だけでなく、さまざまなものが沈殿物による景色も、本栖湖の魅力です。湖畔の材木を切り出した際に沈められた木が、沈木としてあちらこちらに見ることができます。木の形によっては、なかなか幻想的な光景を見せてくれます。他にも、手漕ぎボートとか沈んでいました。こうした沈殿物は、良い魚礁になっているようです。

そして、本栖湖一の大物である鯉にも、出合うことができました。ただ、わりと遠めで、影を捉えることができた程度。こちらに気がつくと、あまり近くには寄ってこないようです。

エグジット直前には、ワカサギの群れも見ることができました。ああいうふうに、群れているんですね。以前氷上でワカサギ釣りをしましたが、確かに釣れるときは釣れまくるし、釣れないときはさっぱりでした。水中の様子を見て、納得しました。

エグジットしたあとは、塩のしょっぱさを感じないところに、淡水だなあと思いました。あまりベトベトしないですし、さっぱりしていて良いです。

さて、しばらく休憩。トイレに行って、それから自販機で水分補給。近くに、新千円札の図柄となった景色があったので、写真をパシャリ。厚い雲に覆われて肝心の富士山は見えませんが、ちょうと陽が差して、良い感じになりました。

続いて2本目です。ポイント名は給水ポイント。またセッティングのときに限って、雨が激しく。あいにくの空模様なのですが、おかげでエントリ前に、小さな虹を見ることができました。そしていざエントリ、と思ったら、自分もガイドさんも揃ってウエイトを付け忘れていたというハプニングが発生。これはこれで貴重な体験。

さて、ウエイトを装着して、今度こそエントリ。井戸や給水機などの沈殿物を眺めながら泳ぎます。1本目のポイントと違って、こちらにはエビが全然いません。生息域はわりとはっきり分かれているのですね。1本目と同じように、また鯉と出合うことができました。けれど、やはり遠い。

進んでいくと、少し大きな魚影が。鯉かな、と思ったら、ブラックバスでした。3匹ほどの群れをなして泳いでいます。鯉と違って、人の近くでも平気で泳いできますね。楽しませてもらいました。

それから浅場へ。すると、一面のアナカリスが生い茂る場所を発見。アクアリウムをしていたときに、良く水槽の中へ入れていた馴染み深い水草です。

というわけで、2本目も終えました。雨は激しくなっており、ウェットスーツを脱いだら、ちょっと肌寒い程度。タンクを返したあとは、着替えを済ませて、ショップへ帰りました。

その後は、ログ付けをして、河口湖駅まで送っていただきました。ちょうどフジサン特急があったので、それに乗って帰途へ。前後の座席間が広くて良いですね。ダイビングの器材を置いても、余裕がありました。また、武蔵野線より手前は、全て座れてよかったです。さすがに潜ったあとは疲れているので。

というわけで、初めての淡水ダイビング堪能しました。溶岩ポイントや、深い穴の開いたポイントなど、今回行っていないポイントがあるので、またの機会に潜ってみたいですね。ちなみに、今回のダイブは、43本目、44本目でした。50本までもう少しです。

その他の写真はこちら!


九十九里浜へ輪行

輪行したい土地として、兼ねてから候補に挙げていた九十九里浜。2012年08月16日、夏期休暇の一日を使って、ついに行ってきました。

出発当日、準備をしていて、サイクルコンピュータの電池がないことに気がつきました。以前買ったCR2032の余りがあったはず、といろいろ探すも見つかりません。時間もないので、諦めて途中のコンビニで買いました。今回は、最寄り駅への新しいルートを走るので、そこも測りたかったのですが、また次回ですね。

輪行するさいに一番気をつかうのが、電車のルートです。いかに乗り換えが少なく、人の少ないルートを選ぶかが大事になります。今回の最寄り駅は南流山しました。そこから武蔵野線で西船橋まで行き、西船橋から総武線で千葉まで行きます。千葉からは、総武本線に乗って目的地の飯岡まで行くという、ルートにしました。

武蔵野線は、末尾車両に乗っておきます。そして、西船橋では、階段を降りて左手に進み、見えてくる階段から総武本線のホームへ降ります。すると、総武本線の先頭車両に近い場所へ出ることができます。広いスペースが確保できる先頭および末尾車両は、輪行時にぜひ押さえたい場所ですしね。乗り換えの移動距離も短くて、千葉方面に輪行するなら、良いルートだと自負しています。

総武本線からは、まったりムード。車両が少ないためか、そこそこ人が乗降します。とはいえ、自転車を載せていても気兼ねしない程度です。1時間ほどして、飯岡駅に着きました。

駅前でトイレを済ませて、自転車を組立てます。準備が整ったら、さっそく海を目指して出発です。ところが、全然違う方向に進んでしまい、なかなかたどり着けません。飯岡駅からは、海に向かってまっすぐ伸びる道がないので、道をよく確かめながら進まないといけません。あと、路肩の狭さのわりに、車がガンガン通るので、走りづらいです。

しばらくして、九十九里ビーチラインに出ました。ここからサイクリングロードに出たいのですが、道がありません。GoogleMapsで調べたら、しばらく先に進むと、サイクリングロードへ入れるようです。

あらかじめ調べたホテルジャイアントの看板を頼りに、ようやくサイクリングロードに入ることができました。本当に海が真近で素晴らしいです。青空の下、吹き付ける海風、そしてまっすぐと伸びるサイクリングロード。海風は少し冷たく、気持ちいいですね。

さっそく、途中のコンビニで買ったおにぎりを頬張ります。海を望みながらの食事は贅沢な気持ちにさせてくれます。

お腹を満たしたところで、いざ出発。すると、聞いていた通り、道を覆う砂が出現しました。ちょっとした砂溜まりでも、かなりハンドルを取られるので、無理に走行しないほうが良いです。途中、道が完全に埋もれてしまっているところは、思わず笑いました。

しばらく走るとビーチが見えてきました。海水浴気持ち良さそうですね~。海水浴客が道を塞いでどうこう、という記事を見ましたが、この日は特にそういうこともありませんでした。まあ、多少は見かけましたが、完全に塞がれていることはありませんでした。

どんどん進んでいくと、工事中の箇所が現れました。迂回路が案内されていたので、一旦九十九里ビーチラインを走ります。そして再び合流。その後も2、3箇所工事中の箇所があり、なかなか快適には走れなくなりました。結局堀川浜ビーチあたりで、完全にサイクリングロードを見失ったので、撤収することにしました。

目指す先は飯倉駅。道は北へまっすぐ進めば良いので、単純です。電車の時間がわりとぎりぎりなので、ちょいと飛ばし気味で走ります。今回一番頑張って漕いだと思います。これを逃したら、また1時間近く待つことになるので、必死です。思ったより距離があり、だいぶ疲れました。

飯倉駅に着いたら、自転車をパッキングして、総武本線に乗車します。往きと違い、車掌室前にも席があるタイプで、自転車は載せにくい……。というわけで、ドア横に置いて、席に座りました。わりとうとうと。千葉に近づくにつれて混んできましたが、まあほどほど。

そして総武本線も末尾車両に乗って、西船橋まで行きました。ここからが大変でした。既に帰宅ラッシュが始まっていたのです。盆休み週だからといって、ちょっと目測誤りましたね……。1本目は大混雑で、物理的にもう乗れる状況ではなく、見送りました。次の便は、並ぶホームを間違えていたのがちょっと失敗でした。先に入れればまだ良かったのですが、ある程度混雑したなかに、自転車抱えてだったので、かなり恐縮。子連れの父親には睨まれるわ、輪行の一番イヤンなパターンにハマってしまいました。今思えば、南船橋まで行って、そこで始発に乗れば、多少マシだったかもしれません。

今回は、九十九里浜に着いてからの計画をあまり練っていなかったので、土地のものを食べたりとかできなかったのは、心残りです。ただ、こういう気ままなぶらり旅も、良いかなあ、と思います。

というわけで、今回の走行データは、以下の通りです。(km/hではなくmphになっていた疑いが濃厚)

走行距離 22.44km
平均速度 8.9km/h
最高速度 不明
走行時間 02:30:10
累計距離 1165.2km

数学検定2級~得点確認(その6)

既報の通り、インターネットによる合否確認で、不合格であることはわかっています。そんななか、郵送での結果通知が着たので、内容を確認してみました。

  • 計算技能:10/15点(合格基準点は10.5)
  • 数理技能:1/5点(合格基準点は3)

数理技能の1点は、予想通りなのですが、やはり計算技能のほうが、納得いかないですねえ。2点分は間違えた場所がわかっていますが、残り3点分が気になります。残念ながら、結果通知には問題ごとの正否まで載っていないので、確認できませんでした。左辺を書くべきところで、書かなかったとか、そういうケアレスミスくらいしか、想定できません。

このように、どこを間違えたのかはっきりしない状態は、非常に次の試験に向けた勉強がしづらいです。と言っても、ひたむきに問題演習をこなすしかないので、コツコツ頑張っていきたいです。