Home > Archives > 2013-11

2013-11

CEATEC2013

2013年10月5日、CEATEC2013を見学してきました。元々別の用事があったのですが、雨天中止となり、こちらへ行くことができました。

会場は大きく分けて、ライフスタイル&ソサイエティステージと、キーテクノロジーステージがありますが、やはり前者のほうがCEATECらしい華やかさを感じますね。

テレビ系ブースでは、4Kがキーワードになっていました。間近で見てもクッキリと映るのは、さすがですね。ソニーブースでは、4Kの有機ELが世界初公開されていました。あの薄さであの解像度は、未来を感じますねえ。NHK&JEITAブースでは、8K展示もありました。かなりの大画面展示でしたが、美麗でした。8Kで小型化が進めば、そこに映るものは現実と区別がつかなくなるような気がします。画面の画質はどんどん向上して、これ以上向上しても違いがわからないと思ったこともありますが、いやはや違いはわかります。まだまだ進化の余地はあるのですね。

会場のゾーニングでは、ヘルスケアやスマートエネルギーがありましたが、やはりこの辺りがホットなキーワードなのでしょうか。HMES、エコーネットなど、色々キーワードを拾いつつも、理解が浅い分野です。

ガジェット系では、各社のタブレット端末、インテルの2in1など。2in1は、どちらでも使いやすいOSを設計するのが、根本解決なんだろうなあ、とは思いました。それとガジェット系ではないけど、関連する内容として、ワイヤレス給電qiの展示が気になりました。数年前からワイヤレス給電の展示は見かけますが、まだコモディティ化はしてないですよね。早く普及してほしいです。

このように、ライフスタイル&ソサイエティステージには、生活に役立つソリューションと、純粋にすごいと思わせるユーザー体験を目指したものがあります。これらは要素技術が組み上げたモノの最終形となるだけに、モノの価値の源泉って一体どこにあるのかな、と考えさせられます。

一方、キーテクノロジーステージは、いろいろ興味深そうな展示が多いのですが、知識がないとそのすごさがわからないことが、残念ですね。普段からモノづくりについて、意識していないとダメです。そんな中、自分は一昔前からセンシング技術に興味があるのですが、いろいろ出展されていて、面白かったです。味覚センサ、荷重センサ、顔認識センサ、三次元位置センサなど、ハードウェアレベルからソフトウェアレベルまで、多様なものがありました。センシング技術は外界の情報を取り込む窓口ですから、新たなセンシング技術の実用により、ソリューションの幅は大きく広がるので、楽しみです。

ソリューションをイメージして、必要となる要素技術を探す方向もあれば、要素技術からソリューションを組み立てる方向もあるかと思います。どちらか一方に眼を捉われすぎないようにしたいですね。先駆者は多くの課題を知っており、ここで見られる内容は、既に周回遅れです。次の次くらいを予見したいものです。

ちなみに、個人的に欲しいものは、匂いや気温などを含めた空間の記録と再生装置。カメラやビデオカメラの進化形なイメージです。

鎌倉散策~2013秋

2013年9月7日、久しぶりに鎌倉を散策してきました。引っ越してから、気軽にふらっと来ることがなくなったので、1年弱ぶりですね。

14時すぎに、鎌倉駅に到着。小町通りや若宮大路を歩いて、向かった先は、鎌倉釜飯かまかま。生しらす三色丼をいただきます。釜飯に、生しらす、ウニ、いくらが乗っています。程よいオコゲや海鮮がおいしいのですが、如何せんご飯の量が少ないです。いいお値段なので、もうちょっと食べたいですねえ。

腹ごしらえをしたら、扇ガ谷に向かいます。最初に訪れたのは、寿福寺。背の高い木々と苔むした地面に囲われた参道が、美しいです。境内の一般拝観は行なっていないので、中に入ることは出来ません。ただ、裏手にある墓地で、北条政子や源実朝のお墓を見ることが出来ます。お墓自体、それほど立派なものではないですが、山肌に彫られた小さな空間に、置かれています。素朴な感じが、鎌倉時代という古の時代を感じさせます。

続いては、英勝寺。以前の鎌倉散策で行けなかった場所です。惣門は常時閉鎖なので、脇にある出入口から入ります。それほど広くはないですが、草木がたくさん植えられており、季節の花を楽しむことが出来ます。奥の階段を少し登った先には、小さな竹林もあり、凛とした雰囲気になっています。

次は、踏切を渡って、薬王寺へ向かいます。途中、岩船地蔵堂を拝観しました。普通に住宅地の一角に、建っているのですね。

そして、薬王寺に到着です。徳川忠長公奥方建立の供養塔などがありますが、全体的にさっぱりとした印象。ですが、階段を登って観音堂のあるところまで行くと、そこから見下ろす眺望が素晴らしいです。薬王寺がわりと高台にあり、且つ目の前が開けているので、鎌倉の山々とその隙間にある街を見渡すことが出来ます。

最後に向かった先は、浄明光寺。客殿の前は、砂利が広がる開けた空間で、手前の一角に木々が植えられています。一方の仏殿の周りは、多くの木々と川による庭園が整備されています。こうした空間の使い方、好きですね。

こうして、今回の鎌倉散策によるお寺への参拝を終えました。いずれも初めて拝観するお寺だったので、新鮮で良かったです。帰りに、駅のコンビニで、鎌倉ビール~星の大河をお土産に買いました。また、散策に訪れたいですね。

載せきれなかった写真は、以下をご覧ください。

石垣島、竹富島、那覇の旅~まとめ

  • 2013-11-10 (日)

2013年7月29日~8月1日にかけて、石垣島をメインに旅してきました。2013年の夏休み旅行ですね。石垣島は前からダイビングで行きたいと思っていた場所の1つなので、念願叶って良かったです。この時期は台風のリスクがあるので迷ったのですが、過去のデータを見てもほぼ運なので、行くことに決めました。

最初はLLCを使うつもりでしたが、出足が遅かったのか、全然チケットを取れる状況ではなかったので、ツアー利用で少しでも安く行くことにしました。今回利用したのは、ニーズツアー。航空会社はJALで、ホテルはグランディア石垣でした。

石垣島、竹富島、那覇の旅~初日

  • 移動日
  • 羽田空港~那覇空港~石垣空港~ホテル

石垣島、竹富島、那覇の旅~2日目

  • ダイビング
  • 御神崎~マンタスクランブル~ひるぎ(郷土料理)

石垣島、竹富島、那覇の旅~3日目

  • 竹富島
  • 石垣港離島ターミナル~カイジ浜~コンドイ浜~西桟橋~たるりや~なごみの塔~アイヤル浜~チロリン村~桃月庵(石垣牛ステーキ)

石垣島、竹富島、那覇の旅~最終日

  • 首里城
  • 八重山博物館~三寿司~桃林寺~那覇空港~首里城~金城町の石畳~羽田空港

日記に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

石垣島、竹富島、那覇の旅~最終日

  • 2013-11-10 (日)

最終日、6時45分に起きて、荷支度。10時にホテルをチェックアウトしました。

パンナ岳に行きたかったけれど、バスの時刻てきに厳しいので、諦めました。幾つか史跡を見つつ、市街地を歩いて向かった先は、八重山博物館。あまり大きくない博物館ですが、八重山諸島を中心とした視点の歴史解説など、興味深かったです。わりと近代の話であっても、日本史の授業で見たことのない内容ばかりでした。展示物も、舟やお面、冠婚葬祭時の道具など、いろいろあり、独特の文化を感じます。

昼食は、三寿司にていただきました。11時30分から営業しているはずでしたが、この日は12時から営業との貼り紙。公園などをブラブラして、時間を潰します。そして、12時に入店。まずは、にぎりセットを注文。寿司8貫と天ぷら、茶碗蒸し、味噌汁が付いて、お得です。さらに追加で、石垣牛、玉子、ミル貝を頼みました。石垣牛のにぎりは、柔らかくて弾力もあり、美味しかったです。

食後は、桃林寺を拝観。南国らしいお寺で、本土とはやはり雰囲気が違います。それから、13時30分ごろホテルに戻って、荷物の引き取り。すぐさま送迎バスに乗って、石垣空港へ向かいます。

石垣空港では、クッキーをお土産に買いました。そして、いざ那覇空港へ。今回は那覇を観光するので、身軽になるために、荷物を預けます。飛行中は、眼下に多良間島や宮古島が見えました。

16時30分すぎ、那覇空港に着きました。ゆいレールに乗って、首里城に向かいます。首里城は2004年に一度訪れているので、9年ぶりですね。記憶はほとんどないです。

首里駅に着いたら、看板などに従い、首里城を目指します。15分くらい歩くと、大きな石垣が見えてきました。幾つかの門をくぐり、上へ登っていきます。ある程度登りきったところで、下を振り返ると、壮観な眺め。石垣とヤシの木が、南国の城を感じさせます。それから、真っ赤に塗られた本殿へ進みます。途中、写真を頼まれたりしつつ、殿内を見学。北殿は資料展示、本殿は建築展示、南殿はシアターや売店がありました。本殿にある玉座の間は、以前首里城に訪れた際の写真に残っていました。

こうして首里城の見学を終えると、ようやく日が暮れてきました。石垣島や沖縄本島は、本土に比べて西にあるので、日が暮れる時間が遅いんですよね。

さて、残った時間を使って向かった先は、金城町の石畳。結構急な坂道になっています。もっと先まで行ってみたかったですが、戻りのことを考えて、程々のところで引き返しました。実際、上り坂はかなり疲れます。帰りに少し寄り道して、大ケヤキを見てきました。日が落ちすぎて、よく見えなかったのが、残念。

首里駅に戻る途中、竹富島で食べそびれたさとうきびのアイスクリームをいただきました。んまんま。そして、20時30分ごろ、那覇空港に到着です。思いのほか、首里城の見学に時間を使ってしまったので、夕食は空港にて。とはいえ、空いてる店は少なく、到着ロビーのフロアにあった琉風にて、沖縄そば定食をいただきました。満腹。

そして、沖縄を発ち、23時30分ごろ、羽田空港に到着です。機内では、だいぶうとうとしていました。

こうして、今回の旅は終了です。天気にも恵まれ、ダイビングに島観光、久しぶりの那覇観光を楽しめて、良かったです。

石垣島、竹富島、那覇の旅~3日目

  • 2013-11-09 (土)

3日目、6時45分に起床。夜中に一度目が覚めましたが、酔いは残っていない感じ。一合で切り上げたのが良かったのかもしれません。テレビを見ながらのんびりと過ごし、10時すぎにホテルを出発です。

外は青空が広がって、気持ちのいい天気です。暑いですが、関東もかなり気温の高い日が続いていたので、それほどギャップはありません。石垣市民会館などを通り過ぎ、石垣港離島ターミナルまで歩きます。それから、竹富島行きのフェリーの切符を購入。竹富島へのフェリーは、安栄観光と八重山観光の2社が運航していますが、どちらで切符を買っても良いです。

10分ほど海の上を走ったら、竹富島に到着です。船を下りて桟橋を歩くと、さっそく広がるエメラルド色の海に感動しました。これぞ南国の海といった感じです。ターミナルを出ると、レンタサイクルや水牛観光など、観光業者が待機してます。自分はレンタサイクルを借りようと思い見比べましたが、値段に大差はないので、適当に選びました。電動つきがいいとか希望がある場合は、事前に確認したほうが良いです。

というわけで、ママチャリに乗って、いざ竹富島観光へ。レンタル時間はとりあえず3時間にしておいて、足りなかったら延長する形にしました。島内に急な坂道はないので、ママチャリでも特に大変ではありません。ただ、集落部分の舗装されていない砂利道は、ちょっと走りづらいですね。

最初に向かった先は、カイジ浜。白砂の集落を抜けると、舗装された道路に出ます。これは、島をぐるりと一周する道路です。その道路を南へ少し走って、途中で海側に出ると、カイジ浜に到着です。ここは別名星砂浜といって星砂が採れることで有名らしいのですが、全然見当たりません。ネットで調べると、実際にはほとんど見つからないとの情報。ちょっぴり残念でしたが、海はきれいだし、ヤドカリや貝など海辺の生き物も豊かで、楽しかったです。

その後は、コンドイ浜へ。こちらはシャワーなどの設備が用意されており、海水浴ビーチといった雰囲気です。時間があったら泳ぎたいのですが、水着も持ってきていないし、ちょっと水に触れる程度に遊びます。やはり一番の楽しみは、景色ですね。海の色と空の色、それぞれの青さで滲む境界線がきれいです。それらに対して、真っ白な砂浜や、日の光を浴びて鮮やかに輝く木々の色が、アクセントとして映えます。

続いて、西桟橋へ向かいました。真っ直ぐに伸びる桟橋を進んでいくと、最後は海のなかへ緩やかに沈む勾配になっていました。蛇の道の終わりというか、世界の果てみたいな感じがして、不思議な心地になります。正面に見渡す限りの海しかないので、そうした心地になるのでしょう。

それから、集落のなかへ行き、西塘御嶽へ。いろいろ修繕中みたいだけど、やはり本土の神社とは雰囲気が違いますね。

お昼時になったので、たるりやにて昼食。店の軒先に緑鮮やかな鳥がいたのですが、目の前にいっても全然逃げません。この島が平和なんだなあ、と感じました。さて、お昼に頼んだメニューは、縄文そば。普通のそばに比べて、食感がつるつるとしています。炎天下で暑い中、このつるつるとした食感は、とても涼しげで良いです。

そばでお腹を満たした後は、パーラーで黒糖アイスクリームをいただきました。暑いので、すぐに溶けてしまい、手がべとべと。その後は、なごみの塔から赤瓦の集落を見下ろします。ほんの10メートルくらい高い場所へ行っただけなのに、島のほとんどを見渡すことが出来ます。竹富島が平らな島なんだな、と実感します。

続いて、島の反対側であるアイヤル浜へ。舗装された道がなく、砂利道をそこそこの距離進みます。途中、星野リゾートの看板が見えたりしました。こんな外れにあるんですね。そこからさらに進んでいくと、ようやくアイヤル浜に着きました。

さすがに行くのが少し大変なせいか、人は誰もいません。広大な水平線に、波音だけが響き渡ります。浜辺を独り占めしているようで、贅沢な気分になりますね。遠くには石垣島の市街地が見えます。

その後は給水塔を見たり、展望台に登って眺望を楽しんだりしました。展望台は有料ですが、誰もいなかったので、サッシのところに100円玉を置いてきました。既に同じような100円玉が2枚置かれていたので、それに倣いました。こういう方式が成り立つことが、すごいですね。

だいぶ動いて喉も渇いたので、チロリン村にて一服します。いただいたのは、生パインスムージー。濃厚でおいしく、喉も潤されます。別のお客さんとの会話を横聞きしたのですが、お店の主人は島出身ではなく、土地の権利を譲り受けることで、このお店を開くことが出来たそうです。竹富島は他所から来た人が土地を買って住むことは、とても難しい島なのです。

ひとしきり竹富島を満喫したので、レンタサイクルの返却に向かいます。予定時間をオーバーしたので、超過分は30分単位で加算。今回借りたところは、返却場所が港からとても近い点がいいですね。普通に歩いて行けます。ちょうどいい感じで、船の出港時刻です。こうして、竹富島をあとにしました。

17時ごろ、石垣島のホテルに戻って、しばらくまったりと過ごします。この夕食前に一旦ホテルに戻ってのんびりするというスタイル、楽で良かったです。リゾート型の滞在では、このスタイル続けていきたいかも。

18時すぎ、夕食にお出かけ。選んだお店は桃月庵。サーロインはさすがに手が出ない値段なので、石垣牛のサイコロステーキにしました。外はパリッと中はジューシー。ただ、出てきたライスが、ちょっとべチャッとしていて、残念でした。ステーキがどれだけ美味しかったとしても、相殺されてしまいます。食べログとかの評価は、特に悪くないんですけどねえ。ただ、コメントの多くがランチのお得なハンバーグに対するコメントなので、夜はまた違うのかもしれません。自分が飲食店を批判的に評価するのは、稀です。

コンビニで、、デザートにチョコパフェっぽいもの、晩酌用に南国チューハイとイカマヨチップ、朝食用にメンチカツおにぎりを買いました。19時すぎにホテルに戻って、さっそく食べましたが、さすがにちょっと量が多かったですね。お腹いっぱい。22時すぎに就寝しました。

Home > Archives > 2013-11

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top