「 2014年05月 」一覧

ハングル検定5級~その2

先月、ハングル検定5級に申込みました。目標があったほうが、勉強が進むと思ったので。

現在、人称や数詞、日付、助詞などの基礎部分を終えて、文法部分に入りました。ゆっくりですが、着実に身に付いてる感覚はあります。取っ掛かりは、ハングル文字や母音の発音など慣れない部分が多く、覚えられる気がしませんでしたが、毎日少しずつでも反復していると、不思議と記憶に刷り込まれていきます。超基本形が頭に定着すると、日本語とほぼ同じ語順や、漢字ベースの単語の発音の近さなど、覚えやすい点も出てきて、楽しいですね。

来月頭のハングル検定には、正直厳しいペースですが、出来る限りの勉強をして、臨みたいと思います。


システム監査技術者(14年度)~自己採点(その6)

先日受けたシステム監査技術者試験について、自己採点を行いました。

午前2

自己採点結果:84点(午前2自己採点簿

IPAから発表された公式解答を用いて採点しました。無事突破できたようです。

午後1

自己採点結果:88点(午後1自己採点簿

TACおよびiTECから出ている解答速報を用いて、自己採点しました。基本的にOR条件で正解判定しています。iTECの重点対策をテキストに使ったためか、自分はiTECの解答にしっくり来ることが多かったですね。

調整によって採点が厳しくなり、実際の点数はもう少し下がるかなあ、と思っています。以前他区分で、自己採点結果がかなり良くても、結果が意外と厳しいことがあったので。

午後2

例によって、骨子のみ載せておきます。今回も鉄板ネタである、旅行商品販売システムを題材に用いました。再現時に改めて気づきましたが、設問イは骨子段階では十分に作成しておらず、サビマネの知識により即興で肉付けした部分が多いので、少し精度に不安が残りますね。大きく題意を外した箇所はないと思うので、自己採点結果は、一応Aとします。

設問ア

情報システムの概要

  • 旅行商品販売システム
  • 自分は、運用課のリーダーとして被監査側担当の立場である
  • システムの利用者は、営業部員と一般消費者
  • システムは、WEBサーバ2台、アプリサーバ2台、DBサーバ1台で構成している
  • 経営会議で、99.9%以上の稼働率を要求されている

障害発生時の影響

  • サービス停止による、売上機会の消失
  • 顧客離れ。旅行商品の特性上、航空券や休みなど、購入タイミングがシビアであるため
  • 近年、カウンター業務よりWEB経由の売上高が大きく伸長しているので、経営に与える影響も大きい

設問イ

可用性確保のためのコントロール

  • WEBサーバとアプリサーバをデュアル構成で冗長化している
  • メモリなどサーバの構成部品の二重化ではなく、様々な部品や論理不具合にも対応できるよう、サーバごと二重化した
  • 故障時に1台運用となっても、負荷には耐えられる
  • DBサーバはデータの同期が難しいため、待機系はコールドスタンバイさせている

障害対応のためのコントロール

  • モニタリングソフトで、CPUやメモリの使用状況を監視し、異常を早期に検知する
  • 即座に現状復帰を目指すインシデント対応プロセスと、根本解決を目指す問題管理プロセスを、分離する
  • インシデント対応では、まずデータの参照だけでも出来れば、業務に与える影響を軽減できる
  • 影響を受ける営業部員や一般消費者に、適切なタイミングで状況の連絡や報告をする

設問ウ

可用性確保の監査

  • 経営とのSLAである99.9%を上回っているか、各サーバの障害発生状況を、インシデント受付記録から確認する
  • 可用性確保のために、過剰なコストをかけていないか、比較検討会議の議事録や報告書をレビューする
  • 可用性確保のための冗長化が、計画通りに実施されているか、実施報告書を確認する

障害対応の監査

  • 障害対応規程が存在するか。検知の方法、対応プロセス、連絡体制が明記されているか、チェックリストに従い確認する
  • 障害対応規程は、複数の部署で遵守すべき規程なので、経営レベルの承認がされているか、確認する
  • 改訂日付が新しくなっているか、確認する
  • 障害対応規程が正しく運用されているか、インシデント受付記録や障害対応報告書から確認する

晩春の江戸川CR

2014年5月2日、久しぶりにロードバイクで走ってきました。今年は年初の初走りをしていなかったので、去年の8月以来の走行になります。

今回のコースは、江戸川CRの千葉県側を北上して、往復するコースでした。玉葉橋、野田橋、金野井大橋まで行き、そこで折り返しです。天気は快晴で、気持よく走ることができました。太陽に温められた空気はもわっとしていますが、時折ひんやりした空気が混じってきて、そこを風で切ると、気持ちいいです。

土手に生える草花は、少しずつ春の終わりに向かっているような顔ぶれでした。菜の花は少しだけ点在しながら残っていますが、多くは菜種になっています。タンポポもほとんど綿帽子を被った状態ですね。蓮華草もだいぶ花びらが散っていました。野アザミは、鮮やかな赤紫できれいに咲いていました。

暖かい陽気でしたので、虫たちも活発に動いているようで、走行中結構身体に当たりました。こちらが時速25kmくらいで巡航しているので、当たるとそれなりに痛いです。走り終えたあとは、服に着いた虫たちを払い落とさないといけません。

というわけで、久しぶりの自転車乗り、気持よくて良かったです。今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 35.06km
平均速度 20.9km/h
最高速度 35.1km/h
走行時間 01:40:16
累計距離 1235.3km