Home > Archives > 2015-02

2015-02

2014年晩秋の鎌倉散策

2014年11月15日、紅葉を見るために、鎌倉を散策してきました。今回は久しぶりに長谷エリアを訪れました。

鎌倉駅まで行き、そこから江ノ電に乗り換えて長谷駅へ。相変わらず江ノ電は混みますね。これが鎌倉より先へ行く機会が少ない理由です。

まず向かった先は長谷寺。前回は紫陽花の季節の行列を横目に通り過ぎましたが、今回はそこまでの人出ではありません。境内を散策しながら、花木や仏閣を楽しみます。マナーの悪い撮影者がいたのは残念ですね。階段を上り、地蔵堂に立ち寄り、そして観音堂へ。

鐘楼とその後ろにある赤黄の紅葉がきれいでしたが、上手く写真は撮れませんでした。ダイナミックレンジの幅が欲しいですねえ。

それから見晴台や展望散策路に行き、海辺の町を見下ろします。落ち着く風景ですね。風が吹くのですが、晴れた晩秋の程よい気温が心地いいです。しばらくまったりして、椿を愛でたり、和み地蔵に癒されたりしつつ、長谷寺を後にしました。

続いて向かった先は、高徳院。長谷寺から少し歩いて道路を渡ると、到着です。仁王門をくぐると、すぐに大仏さまが見えてきました。すごい久しぶり(前回は2007年10月10日)なので、こんなふうに広場になっていることを、すっかり忘れていました。さすがの存在感ですね。今回も胎内見学は並んでいたので、止めておきました。

その後は観月堂のある広場へ行き、イチョウなどの紅葉を楽しみます。そしてベンチに腰掛けてまったり。大仏さまが鎮座する広場に比べて、若干人の数が少ないので、落ち着きます。寺社仏閣でのんびりと過ごす時間は、心が洗われて良いですね。

高徳院を後にして、長谷駅への帰り道。往時に気になっていたクレープ屋さん、マリオンクレープに立ち寄ります。甘いクレープを食べたい気持ちもありましたが、結局鎌倉という言葉に惹かれて、鎌倉ガレットを選びました。緑黄色野菜のシャキシャキ感としらすの塩っ気、胡麻ドレッシングが見事に合っていて、美味しいです。人通りの多い表通りを避けて、1本裏通りを歩きながら、ガレットを頬張ります。

長谷駅に着く頃には、すっかり食べ終えていました。相変わらず混んでいる江ノ電に乗り、鎌倉駅へ。

向かった先は妙本寺。拝観には間に合いませんでしたが、参道手前にある木々の紅葉が見事でした。

続いて向かった先は、常栄寺。通称ぼたもち寺。住宅街の路地にひっそりと建っており、最初は気づかず通り過ぎてしまいました。境内は、山門から10歩でたどり着ける程度の小さな境内。参道の脇には、植物がみっしりと植えられており、どこかの家の庭へお邪魔した気分になります。参拝を終えて入口のほうを見ると、まっすぐ伸びる路地が印象的です。

路地を抜けて若宮大路に戻ると、日がだいぶ暮れていました。遠くの空は赤く染まっています。鎌倉駅舎も照明が灯って、雰囲気が出ていますね。いつも通り、駅の売店で鎌倉ビールをお土産に買いました。今回選んだのは、花。

こうして今回の鎌倉散策はお開きです。妙法寺や安国論時など、材木座方面で行けなかったお寺もあるので、また来たいですね。程近い距離に鎌倉というスポットがあって良かったなあ、と思います。

記事に載せきれなかった写真はこちら。

昭和記念公園でコスモス観賞と肉フェス

2014年10月26日、昭和記念公園へコスモス観賞に出かけてきました。前回出かけたのは、2006年9月17日だったので、およそ8年ぶり。

特に狙ったわけではないですが、この日は無料開放日でした。多少雲が広がっていますが、青空も覗いていて、良い日和です。西立川口から入ると、少し色あせたポプラの木や、秋空を映す水鳥の池が、秋を感じさせてくれます。適当に歩けば、コスモスの咲くこもれびの丘にたどり着けるだろう、と思っていたのですが、思いのほか案内板がなくて、ずいぶんと迷ってしまいます。ただ、おかげで姫ちゃんのリボンにも出てきたイチョウ並木を見られました。

迷いつつも、森の中の小道を抜けると、そこには小さな赤い花が一面に咲き誇っていました。こちらは蕎麦の花ですね。コスモスと並んで今が見頃です。

蕎麦の花畑から少し進むと、ようやくこもれびの丘に着きました。コスモスの季節としてはだいぶ終盤なので、枯れてしまっている花も散見されます。それでも最後の力を振り絞っている様子で、見応えがあります。こちらに咲く主な品種は、センセーション。他にもピコティやベルサイユなどがちらほら。芋虫やミツバチといった生き物たちとコスモスの共演も見られて、楽しいですね。徐々に日が暮れてきて、夕暮れに染まる様子も良かったです。残念ながら雲が多かったので、夕焼けにはなりませんでした。

ひとしきり観賞を終えたら、近くにあるこもれびの里に寄ってみました。武蔵野の農村を再現した場所で、古民家や小川など、素朴な光景が再現されています。秋空を背景にしたススキは見事でしたね。逆光で真っ暗になってしまっても、シルエット自体が映えるので、素敵です。

帰ろうと出口に向かっていると、みんなの原っぱ横のコスモス畑が見えてきました。こちらはイエローキャンバスを中心に、満開を迎えています。うっすらとした黄色い花が一面を覆う光景は、先ほどのセンセーション主体のコスモス畑とはまた趣が違って、良かったです。しかし、少し来るのが遅かったために、日がだいぶ暮れてしまいました。おかげで光量が足りなく、あまり色をきれいに撮影できなかったのは、もったいなかったです。

閉園アナウンスが流れ始めたので、足早に出口へ向かいます。西立川口に向かっているつもりが、気づいたら立川口に向かっていました。しかし、肉フェスに行くつもりだったので、ちょうど良いです。

広場に行くと、たくさんの出店がありました。基本は食券システムで、1枚700円の食券を買い、その食券を用いて各店舗で会計する仕組みになっています。現金会計の手間が省ける分、客の回転も速くなりそうで良いですね。とりあえず食券を2800円分購入しました。

丸の内大安くらぶにてロースステーキを買い、秋田の地ビールにてキィウィIPAを買いました。肉と酒の組み合わせはたまらんですね。それから少しビールが残っていたので、ハンガリー大使館にて、オープンサンドブーケをいただきました。3種類の味が楽しめて、おつまみには持って来いです。ただ、ライティングが激しく、特に青色とか食欲が減退してしまうので、そこはちょっと考えて欲しいなあ、と思いました。

もう1杯くらいビールを飲みたかったですが、乗り換えなしの電車に長く乗るので、止めておきます。こうして、ほろ酔い気分で程よい気分に、昭和記念公園を後にしました。秋の休日を満喫です。

デリーの旅~まとめ

  • 2015-02-05 (木)

2014年10月03日~06日にかけて、デリーを旅してきました。インドはとても興味を惹かれる反面、少し不安がある国でもあります。なので、旅程には色々と悩みました。しかし、実際に行ってみると、その大半は杞憂でしたが。

完全なツアーにすると、5日間で3都市を巡る定番コースがあり、見どころが濃縮されていそうですが、忙しないし、連れられっ放しな感じが嫌なので、止めました。結局、タージマハルにすら行かず、デリーに2日間滞在という、ちょっともったいないと言われそうな旅程にしました。

とは言え、ツアー観光で名所を巡る日と、自分の足でデリーを歩く日をそれぞれ設けたため、きれいなデリーとカオスなデリーを満喫できたつもりです。

デリーの旅~準備編

  • 旅程計画、ビザ取得

デリーの旅~初日

  • 移動日
  • 成田~デリー~両替~ホテル

デリーの旅~2日目

  • ツアー観光。きれいどころを見る観光。
  • フマユーン廟~クトゥブミナール~紅茶店~タンドリーチキン~大統領官邸~インド門~オールドデリー~レッドフォート

デリーの旅~3日目

  • 自分の足で観光。カオスな雰囲気を体験する観光。
  • インド式トイレ~メインバザール~チャンドニーチョーク~コンノートプレイス~国立博物館~カーンロード

デリーの旅~最終日

  • 大幅遅延による待機、移動日。
  • 空港朝まで待機~朝焼けのヒマラヤ山脈~成田

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。

デリーの旅~最終日

  • 2015-02-03 (火)

最終日。3日目とまとめるつもりでしたが、3日目が思いのほかボリュームがあったので、別に分けました。

とりあえず、お腹が空いたので、搭乗手続きを済ませる前に、COSTA COFFEEで軽食を取ります。指差しでメニューを指定し、注文。パンに付いてきたソースの程よい酸味が良いです。パウダーの掛かったコーヒーもなかなか美味しくて、ほっとします。コーヒーの量がそれなりにあったので、ちびちびと飲みながら時間を潰しました。

そろそろチェックインしようと、カウンターへ向かいます。その際に、日本に大型台風が接近しているため、出発が遅延しているという事情を知りました。遅延に対するお詫びとして、食事クーポン券をいただきました。

セキュリティチェック、出国審査を済ませて、搭乗待合室へ。深夜ですが、空港内はあまり寂しい感じがしなくて良いです。iPodで音楽を聴いたり、スマホでネットをしたりで、時間を潰します。それから先ほどのクーポンを使って、軽くお食事。このクーポンは使えるお店が指定されているのですが、勘違いして別のお店で使おうとしてしまいました。注文したのは、焼きサンドイッチみたいなメニュー。こちらも美味しくて満足。水は自販機で買いました。

搭乗口はだいぶ端っこのほうで、ここまで来るとさすがに寂しい感じになります。時間の感覚がなくなってきたあたりで、ようやく離陸の時間です。

基本的に国際線では窓際の席は取らないのですが、頼む間もなく窓際が指定されてしまったので、珍しく窓際の席に座りました。しかし、これが遅延と重なり、怪我の功名でしたね。普段の深夜出発では、ヒマラヤ山脈を望むことはできないのですが、朝出発となったことで、ヒマラヤ山脈の朝焼けを見ることが出来ました。壮観な光景に、うっすらとした感動が沸いてきます。飛行機から見て、この高さに見えるとは、まさに世界の屋根だなあ、と実感しました。CAの方もこの光景は初めて見ると話されていました。

その後も山脈にぶつかる雲海など、眼下の光景を楽しみます。ヒマラヤ山脈を見渡す航路って、あまり縁がないので、色々新鮮でした。その流れで、日本に近づいてからも、沖縄の離島や本州の海岸線などを見て、楽しんでいました。

しかし、1周回って朝になったせいか、外が明るいせいか、いまいち寝つくことが出来ず、暇つぶしに数独をやっていました。これが良い感じの難易度で、ついつい熱中してしまいます。無事、着陸前にクリア出来ました。

日本に着く3時間前くらいに、機内食が出ます。本来朝食扱いだったであろうメニュー構成ですが、昼食となります。

富士山の姿も見えてきて、さて着陸して帰国だ……と思っていたら、遅延した各便が順番待ちをしている状況です。滑走路に降りてから、1時間くらい待機して、ようやく外へ出られました。さらに今度は成田エクスプレスが台風の影響で大幅にダイヤが乱れています。また、遅延した便が一斉に到着していることから、大混雑。満席の成田エクスプレスなんて初めてです。運行も、進んでは止まっての繰り返し。

22時手前に、ようやく地元に着きました。そして帰国時恒例のお蕎麦を、そじ坊にていただきました。ぶっかけの天ぷら蕎麦。日本へ帰ってきたことを実感しますね。

こうして、今回の旅はお開きです。ビビりで抑え気味な旅計画となりましたが、それでも満足のいく旅が出来ました。インドに行った人は、また行きたい人と、二度と行きたくない人で、二分されると言いますが、自分はどちらかと言えば、また行きたい派ですね。抑え気味な内容にした結果、あまり嫌な目に遭わなかったことも大きいでしょうけど。

デリーの旅~3日目

  • 2015-02-02 (月)

3日目、この日は自分の足でデリーの街を歩きます。昨日の市内観光で訪れていない場所を回ってみるつもりです。

昨日のお昼を食べすぎたせいか、お腹の調子がちょっと悪いです。トイレットペーパー付きのトイレだったのですが、途中で紙が尽きてしまいました。ふと脇を見ると、バケツと手桶が。これはもうやるしかない。そう決意して、インド式トイレに挑戦です。手桶で水をお尻に掛けるのですが、これがなかなか難しいです。思った通りの場所にあまり掛からず、そして掛けた水が肌を伝って前のほうに流れてきます。しかし、少しずつ水は掛かっていくので、意を決して左手を肛門にやり、ゴシゴシと洗います。一度やってしまうと、これがなかなか気持ちいいです。自分の手で直接触っているので、感触が分かりますし、変に肌を傷めません。

こうして、思わぬ形で実践することになったインド式トイレ。不浄の左手とする気持ちが、よく分かりました。確かに尻を拭いた手で、食事はしたくありません。

いざ、ホテルを出て、最初に目指す先は、カルロバーグ駅。一人歩きでは、どこの都市でもメトロが便利です。たくさんの人やリクシャで溢れる通りを進んでいると、30秒もしないうちに誰か話しかけてきました。鮮やかなブルーのワイシャツに反射率の高い大きめのサングラスをした兄ちゃんです。怪しさを絵に描いたような人です。無視しながら歩いていると、その最中に今度はリクシャからの客引きが始まり、忙しない。怪しい兄ちゃんはわりとしつこく、駅は2つあってこの先にある駅は違う駅だから正しい駅教えてやる、と言ってきます。さすがにこれくらいは調べてるので、嘘だと分かっていても、実際に自分の目で駅を見ていない状態だと、ちょっと不安になる心理があります。で、とりあえず付いていったら、どこからともなくリクシャドライバーが現れ観光商売を始めました。さっきの怪しい兄ちゃんは一仕事終えた感で、何か飲んでいます。これ見てイラッときて、一方的に話を打ち切り、駅に向かいました。

さっき通り過ぎたカルロバーグ駅。窓口の姉ちゃんから切符を買います。この時は気づかなかったのですが、どうも料金をちょろまかされた気がします。自分が誤った行先を告げた可能性もありますが。

メトロで移動し、アシュラムマルグ駅で降ります。ここからメインバザールに向かいます。駅の出口にはリクシャが待機していますが、それほど押しは強くありません。

どこがメインバザールの通りか良く分からないので適当に進んだのですが、合っていたみたいで、だんだん賑やかになっていきます。色んなお店があって、ゴチャゴチャした感じが楽しいですね。しかし思い切り観光地なので、絶えず客引きに合います。歩いていると一緒に横に付いてきて話を始めるタイプ。話を聞いていると、だいたい旅行会社関連の勧誘っぽいです。ある程度しつこいですが、一定時間粘ってそろそろ諦めてくれんかな、という感じになると、良い旅を、とか言って、わりかしあっさりと引き下がります。私のこと、インド人のこと信用できないの?とか、対日本人用っぽい文句も織り込んできて、研究されているなあ、と感心します。こういう時は相手のペースに乗らないように、信用云々じゃなくて一人で歩きたい、とか今日が帰国日、とか、言うようにしています。今日が帰国日は実際嘘じゃないですしねえ。

その他には、靴磨きの客引きが何回かありました。分からないようにわざと靴を汚してくる手口を聞いていたので、その辺はちょっと警戒していました。結局そのような被害には、合いませんでした。

ニューデリー駅まで歩いたら、元の駅まで戻ります。ニューデリー駅に行くには道路を渡る必要があるのですが、交通量がすごくて渡れる気がしなかったし、特に用事もないので行くのを止めました。

メインバザールからの帰り道、来た時の道を忘れてしまって、結局大通りのほうまで出てしまいました。メトロの高架があったので、駅の方向が分かって助かりました。というわけで、来たときとは反対側の出入り口から乗りました。ここにもリクシャがいましたが、何となくインド人を相手にしている感じでした。

再びメトロに乗るために、切符を購入します。窓口が混んでいたので、券売機で買おうとしましたが、投入したお金を受け付けてくれず、上手く買えません。しばらく離れて様子を伺っていると、親子らしき人が3回くらいトライしていましたが、結局上手く行かなかったようです。その後別の人がトライするも上手く行かなかったらしく、人がどんどん集まってきてちょっとした騒ぎになっていました。というわけで、素直に窓口に並びました。さすがデリーというか、皆わりときちんと並んでいます。

続いて向かった先は、チャンドニーチョウツクです。オールドデリーにあり、東京で言えば浅草に当たる下町です。

大きな通りの脇には、広い歩道スペースがあったり、そこにたくさんの露店が店を開いていたり、少し進むと商店街のアーケードがあったり、かと思えばたくさんの荷台が置かれていたりと、とにかくゴチャゴチャしてます。通りを歩いていると、柑橘系の美味しそうな匂いがしてきて、渇いた喉を刺激します。一方で長いこと掃除されていない公衆トイレのような臭いも、時折漂ってきます。ところどころに小さな公衆トイレがあるので、実際トイレの臭いなのでしょう。

あと、歩いていると目がしょぼしょぼしてきます。車の排気ガスや、香辛料などのスパイス成分が原因なのかなあ、と思っています。それほど強烈ではなく、少し気になるなあ、といったレベルです。

牛が闊歩している光景を見たかったのですが、なかなか見られませんね。数年前に野良牛対策が敷かれたとの話を聞いたので、それが功を奏したのでしょう。とは言え、全く見かけなかった人糞も、昨日のツアーの移動中にあったらしいので、少し奥に足を伸ばせば、いるのかもしれません。しばらく進むと、人がたくさんいる交差点に出ました。出店も出ており、何だかちょっとした広場のような雰囲気になっています。

ここを左に曲がってみました。大きなトラックが何台も停車しており、先ほどまでの大通りと比べて、生活感を感じる通りです。反対側を見遣ると、荷役に使われている牛がいました。これが今回のインド旅行で目にした唯一の牛だったと思います。結局野良牛はいませんでした。

牛はあまりいませんでしたが、山羊は時々見かけました。昨日の市内観光でも車窓から見えて、これからどこかへ売られに行くのだそうです。

来た道を再び戻り、駅へ着いたら、次はラジフチョーク駅に向かいます。ここは、真上にコンノートプレイスがあります。二つの路線が交差しているので、プラットホームも二階層になっています。日本の地下鉄と違うのは、天井が高く取られていて、向かい側のホームに橋を渡っていくところです。これは面白いなあ、と感じました。

さて、ここまで書いてきませんでしたが、デリーの地下鉄では、構内に入場する際に、手荷物検査があります。検査レーンは男性と女性で分かれており、手荷物をX線で検査した後は、金属探知機による身体検査が行われます。空港みたいな感じで、それなりにちゃんと検査されます。そこで問題がなければ、改札へ向かえるといった仕組みです。

改札機は、パリとかの地下鉄と同じ、回転バー方式です。海外の地下鉄はほとんどこの方式で、日本の改札機が珍しいんですかね。

コンノートプレイスでは、マクドナルドに行ってみたかったので、ぶらぶらと歩いてみます。円形状になっているから、適当に1周すれば見つかるだろう、と考えていましたが、なかなか見つかりません。白亜の柱や街路樹がが並ぶコンノートプレイスは、デリーの雑然とした街並みのなか、その整然さが際立っているのですが、でもどことなく整然としきらないところが、インドっぽいです。

そして噂通り、ここは旅行会社の客引きが多いですね。通りを歩いていると、どこからともなく現れて話し始めます。自分は実際今夜帰国してしまうので、断るのは楽ですね。はっきり意思を示せばしつこくありません。あとは、旅行会社のオフィス内から直接声掛けしてくるケースもあります。面倒くさいので、大概無視です。

マクドナルドは全然見つからず、外壁やらが白いせいかやたらと暑いし、客引きの相手をするのも面倒で疲れてきたので、ラジフチョーク駅に戻りました。地下は涼しくて良いです。

ともあれさすがにお腹が空いたので、駅の売店でマンゴージュースと軽食を買いました。サモサと揚げ春巻みたいなものを、選びました。サモサは程よくスパイシーで美味しかったのですが、揚げ春巻みたいなほうが、いまいち。脂っこくて重く、食べきるのがちょっと苦痛でした。前評判通り、インドで食べるチャイニーズフードは、日本人には合わない気がします。マンゴージュースは濃厚で、とても美味しいです。ただ余計に喉が渇きそう……

しばらく駅構内で電車を見送りつつ休憩します。それから向かった先は、ウッディヨーグバワン駅。ここは、国立博物館の最寄り駅になります。地上に上がると、これまでの観光地が嘘のように、人通りが少ないです。しかし、芝生や街路樹が整備されていて、きれいな街並みが広がっています。メインバザールとかの喧騒を忘れさせてくれる、とても落ち着いた雰囲気です。

ここから国立博物館に向かうのですが、少し距離がある上、いまいち道が分かりません。思った以上に周囲にランドマークがないので、どちらへ進んだらいいのか分からないのです。仕方ないので、勘で進んでみました。都会のなかの閑静な住宅街といった雰囲気です。自転車で走るおじさんや、何かで遊んでいる兄妹など、観光客がインドに求める生活感ではありませんが、リアルな生活感をそこから感じ取ることが出来ました。

で、結局進んでいた道は間違いでした。やけにくねくねした道なので、間違いに気づけました。この情報を元に方角を特定できたので、博物館のほうに軌道修正します。

今度進む道は、街路樹が常に木陰を作ってくれるので、涼しくて良いです。道端には露店やそこで寛いでいる人たち、土木作業をしている人たちなど、それぞれの生活をしている人たちがいます。こちらにはほとんど無関心です。客引きに声を掛けられる空間が、インドの中で特別な空間なんだろうなあ、とぼんやり感じました。

ちなみに、この通りには猿がたくさんいました。脇にある塀の上には、親子の猿がいたり、歩道の真ん中にも堂々と出てきます。もう少し寄って写真を撮ってみたかったのですが、あまり近づいてカメラに悪戯されても困るので、安全な距離を取っておきました。

10分ほど歩いて、国立博物館に到着です。館内に入る前には、駅と同様のセキュリティチェックがあります。チェックを済ませた後は、窓口でチケットを購入。自動的にカメラ持ち込みチケットになってたような気がします。

館内の展示物は、仏教やヒンズー教など、インドの多彩さを象徴するような多彩な内容になっています。小物の展示から、大型な展示物まで、バラエティ豊富。また、インド絵画も見られて、普段あまり目にする機会がないので、新鮮に映りました。もっとじっくりと見たかったですが、ここまでそれなりに歩いて疲れていることと、閉館時間が迫っていることで、若干駆け足になってしまいました。

トイレの近くにフリーの水が入手出来るらしい案内を見つけたので行ってみたら、タンクからチョロチョロと水が出てくる設備がありました。ペットボトルに給水して飲むスタイルのようです。2つあったけど片方は壊れているようで、欧米系の若い女の子が苦戦していました。自分が使っていたほうも出るには出ますが、かなりのチョロチョロ。無料なので文句を言うな、という感じですが、温くて味もいまいちでした。

さて、とりあえず行こうと思っていた場所は全て行ってしまいました。他にも行きたかった場所はありますが、帰りの時間があるので、今から遠出は出来ません。とりえあずホテルのある方面へ戻ることにしました。

ウッディヨーグバワン駅の窓口で切符を購入。とりあえず切符は買えましたが、細かい金で払わないからか、とても迷惑そうにされました。結局釣り銭は貰えなかった気がします。少額だったし、疲れていたし、料金体系を把握しきれてない部分もあったので、特に抗議はしませんでした。

ラジフチョーク駅で乗り換え。あまりに喉が渇いていたので、売店で水を買いました。12Rだったのですが、大きいお金で払おうとすると、もっと細かいの頼むと言われます。20Rでも駄目で、15Rでようやく受け取ってくれました。大きい単位のお金を嫌がるのは、偽札リスクなのでしょうか。それとも単に使いにくいからなのでしょうか。ちなみに、先ほどの駅員はちょっと感じ悪かったのですが、この売店のおじさんは良かったです。

カルロバーグ駅に着いたら、プラットホームの壁際に座って、ぼんやりとします。高架なので、徐々に日暮れていく街や空が見えて、旅の終わりの時間を噛みしめるのに、ちょうど良い場所です。あまり周りも気に掛けなくて済みますしね。

しばらくすると、だいぶ暗くなってきたので、そろそろホテルに戻ります。カーンロードは大勢の人でごった返して、進むのも一苦労。何だかハノイの旧市街を思い出します。たくさんの出店や行き交う人々。人、リクシャ、車、とにかく大量のクラクションが鳴り響きます。しかし、そこには一定の秩序が出来上がっており、現地の人に倣って歩いていれば、特に身の危険を感じることはありません。そんな夜の賑わいに沸くカーンロードを歩きながら、朝出かけるときに覚えておいたお店の看板を目印に、ホテルのある路地を見つけました。

夕食は、ホテルの近くにあるベジタリアン向けの有名なレストランであるスルケに行ってみたかったのですが、いまいちそれっぽいお店を見つけられず、断念。どうやら通りをひとつ間違えていたみたいです。あと、昼間コンノートプレイスで行きそびれたマクドを見つけましたが、こちらは何だか混んでそうな雰囲気なので、止めておきました。

というわけで、ホテルに帰って、迎えが来るまでロビーで待機。眠ったり、iPodで音楽を聴いたりして、時間を潰しました。夜便で帰国は時間をめいいっぱい使えて良いのですが、上手く調整しないと忙しなくなったり、持て余したりするのが、面倒です。

21時30分、空港まで送ってもらいます。さあ、これでインドの旅も終わりだ、と思っていたら、何やら帰国便の出発時刻がおかしい。1時30分の予定が、5時25分に遅延しています。1~2時間の遅延なら想定していましたが、4時間の遅延は想定外でした。う~ん、さらに待つことになるとは、何をして過ごそうか……

Home > Archives > 2015-02

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top