Home > Archives > 2016-07

2016-07

ボルダリング始めていました

2016年1月、近所にあるボルダリングジムへ行き、ボルダリングを初体験しました。主な動機は、アイカツ!の崖登りと、Twitterでフォロワーさんが続けていたことです。一人でストイックに楽しめるという点も、大きいですね。

まずは体験利用で試してみました。店によって同じ級でも随分難易度が違うみたいですが、とりあえず7級から入ります。一番簡単な課題はクリア出来ましたが、まだクリアできない課題がほとんどです。途中まで行けるけど、途中のポイントがどうしても越えられません。この感覚は、スーパマリオブラザーズでステージを進めているときの感覚に近いなあ、なんて思いました。ただ、身体の使い方が上手くできていないため、腕ばかりで身体を支えてしまい、すぐにパンプしてしまい、後半はまともに登れなくなってしまいました。

2ヶ月後、再度訪問して会員登録をしました。2ヶ月に1回程度の亀ペースですが、終わった後の心地よい疲労感が癖になってきます。普段使わない筋肉を使っているので、背中や腰などに来ますね。腕も、2Lのペットボトルを持てなかったり、窓を開けることができないくらいに、疲労します。

6月にホールドの配置が変わり、これまで挑んでいた課題はなくなってしまいました。ただ、6月はわりと暇だったこともあり、3週間連続で通いました。足で身体を支えるようにしたり、腕がパンプしないようにペース調整したり、少しずつ工夫しています。ただ、90度以上の壁ではどうしても足で支えきるのが難しいですね。それでもたまに上手くいって、ひょいっとはしごを登るみたいに登れると、楽しいです。

指先に力を入れることを意識し始めたら、手まめが傷むことも増えてきたので、登ったあとのケアもきちんと行いたいと思います。あと、シューズによる足の親指の痛みはなかなか慣れませんねえ。

毎回1時間を、以下の日程で登りました。

  • 2016年1月10日
  • 2016年3月5日
  • 2016年6月18日
  • 2016年6月25日
  • 2016年7月1日
  • 2016年7月18日

早春の江戸川CR~2016

2016年2月14日、以前からロードバイク走行中の異音が気になっていました。走行中にペダルを一回転させるたびに音がなるけど、原因を探ろうと静止状態でペダル回すと再現しなくて、よく分かりません。とりあえずネジの増し締めをしてみて、様子を見ることにしました。

というわけで、メンテ後のロードバイクにて、早春の江戸川CRを慣らし走行です。コースは、いつもの運河河口公園往復コース。土手は枯れ草色で冬らしい光景ですが、ところどころ気の早い菜の花が、黄色い花を咲かせています。しかし、南風が結構強いです。そのせいか、走っているロードバイクは少なかったですね。南風なので往きは追い風になるのですが、帰りがつらいコースでした。

あと、そろそろ花粉が舞い始める時期でしたが、マスクをせずに走ってしまったので、鼻の調子がマズかったです。そして、走行中の異音は結局解決しませんでしたorz

今回の走行データは以下の通りです。

走行距離 13.12km
平均速度 14.7km/h
最高速度 23.9km/h
走行時間 00:53:25
累計距離 1298.3km

その他の写真は、こちらをご覧ください。

ウクレレ買っていました

かなり前になりますが、ウクレレを購入しました。なんか楽器をひとつやりたいな、と思い、幾つか考えた結果、ウクレレにしました。

基本的にやったことのある楽器は、学校で習ったピアニカやリコーダー、後は妹がピアノを習っていたので、自宅にあったピアノですね。後は何故かハーモニカも家にありました。ピアノは、「君をのせて」を頑張って覚えて、両手弾きができるようになりましたが、ちゃんと練習したわけでもないので、それ以外無理です。つまり、これまで真面目にやってきた楽器は、ひとつもありません。

で、楽器を選ぶにあたり、気にしたのが大きさです。気軽に持ち運びできるサイズがいいなあ、と思いました。候補に挙がったのは、オカリナとウクレレです。大きさの面ではオカリナが魅力的だったのですが、音量の調整が難しそうに思えて、ウクレレに傾きました。マンション住まいという事情から、練習のときに出る音は、気になるのです。実際、ウクレレの音量は弾き方によってある程度調節できるので、あまり隣戸を気にせず弾けて良いです。元々の音量もそれほど大きくないですし。

さて、買ったは良いものの、真面目に練習していないので、弾けないままです。簡単なコードは覚えて、単純なリズムは刻めますが、未だ初心者です。ただ、単純に音を鳴らすだけでも楽しいので、たまに思い出したかのように取り出して、弾いています。いつか真面目に練習して、次の段階にステップアップしたいですね。

小樽の旅~まとめ

  • 2016-07-02 (土)

2016年1月22日から24日にかけて、小樽界隈を旅行してきました。JALのマイル期限が迫っていたので、特典航空券を利用しての旅行です。元々スキーをしようと思って調べたところ、キロロリゾートが良さそうだったので、まだ行ったことのない小樽と絡めて行き先に決めました。

かつての金融街としての小樽の街並みやメルヘン交差点のような可愛らしい一角、海鮮丼やラーメンなどの食事を堪能できました。2日目には、キロロリゾートでスキーもばっちり楽しんでいます。広くて混み合っていないスキー場は最高ですね。標高の高いエリアは、本当に美しいです。

小樽の旅~初日

  • 小樽運河の夜景
  • 羽田空港~新千歳空港~海鮮丼~小樽運河~メルヘン交差点

小樽の旅~2日目

  • キロロリゾートでスキー
  • キロロリゾート~スープカレー~ときわ湯~郷土料理居酒屋

小樽の旅~最終日

  • 小樽の街を散策
  • 手宮線跡地~金融博物館~味噌ラーメン~龍徳寺~住吉神社~メルヘン交差点~ルタオ本店~新千歳空港~羽田空港

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧下さい。

小樽の旅~最終日

  • 2016-07-02 (土)

最終日、朝食をいただいたら、9時40分ごろ、ホテルをチェックアウトしました。路面はアイスバーン状態になっており、滑らないように気を付けながら進みます。すると見えてきたのが、手宮線跡地。30年前まで運転されていた貨物線です。雪に埋もれて軌道が見えませんでしたが、少し歩くとうっすらと雪の下から顔を出してきます。踏切はそのまま残っていました。

続いて向かった先は、金融博物館です。入場料は無料ですが、大きな荷物はロッカーに預けなくてはいけません。館内には、お金に関する様々な展示があります。一部の展示は、係の方に説明していただきながら、見学しました。旧札の展示があって、五百円札とかはさすがに知らないのですが、夏目漱石や新渡戸稲造の紙幣は懐かしかったです。

他にも裁断される前の紙幣や、偽造防止のための仕組みを見られたりして、楽しいです。マイクロ文字を顕微鏡で探しましたが、これは肉眼じゃ厳しいですね。他にも1億円の重さを体験するコーナーもありました。さすがに本物の紙幣ではありません。見た目の大きさのわりに、結構重かったです。普段目にする機会もない、頑強な金庫も見ました。

金融博物館を後にしたら、海沿いを歩いて、南小樽方面に向かいます。途中、雪捨て場がありました。雪かきした雪がトラックに載せられ、街中からここに集まってきます。荷台から捨てられた雪は、放水によって溶けて水になります。さらに進み、雪に埋もれたかつない臨海公園などを横目で見つつ、海から離れて街中へ進みます。ケーズデンキがあったりして、生活感溢れる感じになっています。

こうしてたどり着いた先は、みかん。ラーメン店です。外から見るとあまり並んでいなかったのですが、店内にも待機用の椅子が10席ほどあるのです。そこそこ待ちましたが、わりと回転は良いです。程なくしてカウンターに着席し、味噌ラーメン大盛を注文しました。やっぱり北海道といったら、味噌のイメージなので。スープがよく絡んで美味しいです。わりかしスープが上品な味という印象でした。満足です。

食後は、腹ごなしに街中を散策します。遠くに天狗山を望んだり、勝納川を渡ったり。そして着いた先は、龍徳寺。立派に立ち並ぶ夫婦イチョウも、この時期はすっかり落葉しています。さっそく本堂に向かい、お参り。この本堂は市内で最も古い御堂になります。本堂や鐘楼等、雪に包まれて、引き締まった空気を感じます。

龍徳寺を後にして、向かった先は、住吉神社です。参道を進み、階段を登っていくと、遠くに海が見えます。さらに階段を登って御社殿まで行き、お参りしました。境内には松川喜太郎の像などがあります。雪が深く積もった灯篭などに、厳かな雰囲気を感じますね。黄色い御神籤が紐に結ばれていましたが、雪景色と調和しており、きれいでした。

その後は一度南小樽駅に行き、まだ時間があったので、メルヘン交差点のほうへ下りてみました。明るい時間帯もまた雰囲気が違っていて良いですね。人はたくさんいて、土産物街も賑わっていました。しばし交差点界隈を散策してからルタオ本店に寄ります。試食をして、maaluのアソートをお土産に買いました。サクサクした食感のチョコレートで、甘いチョコレートと、爽やかなベリー系の2種類の味があります。

南小樽駅に戻ったら、駅構内のセブンイレブンで缶コーヒーを買い、エアポート快速に乗りました。1時間超で新千歳空港に到着です。上の階で、雪ミクスカイタウンという展示がやっているようなので、行ってみることにしました。可愛らしいデフォルメされたミクから、かっこいい等身大のミクまで様々。展示も楽しんだことだし、せっかくなので、ショップでお土産を1品購入しました。

間もなく出発時刻となり、搭乗して、一路東京へ。羽田空港に着いたら、てんやでオールスター天丼をいただき、今回の旅はお開きです。

Home > Archives > 2016-07

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top