Home > Archives > 2017-02

2017-02

山寺・蔵王の旅~まとめ

  • 2017-02-27 (月)

2017年1月22日から23日にかけて、山寺と蔵王を旅行してきました。本当は二泊三日にしたかったのですが、仕事が忙しいことと、土曜出発だと代金が少し高くなることから、日曜、月曜の旅程としました。忙しくても年休は消化したいので、土曜出勤の月曜年休です。

目的地までは新幹線なので、びゅうトラベルのスキーパックにしました。新幹線はパック旅行にしない限り、割引運賃が実質ないですしねえ。

今回の目的は、山寺観光と蔵王でのスキーの2つ。冬の山寺は、以前から行きたいと思っていたので、ようやく念願叶いました。蔵王スキー場は10年くらい前に行ったことがあるのですが、当時はスキーを始めていなかったので、雪景色を眺めるだけでした。

山寺・蔵王の旅~初日

  • 山寺観光
  • 東京~山寺~美登屋~立石寺~霞城公園~蔵王

山寺・蔵王の旅~最終日

  • 蔵王でスキー
  • 上の平ゲレンデ~樹氷原~大ちゃんらーめん~山形長屋酒場~東京

記事に載せきれなかった写真は、以下をご覧ください。

山寺・蔵王の旅~最終日

2日目、昨晩は早く寝たので、4時すぎに目が覚めました。というわけで、昨晩入り損ねた温泉に向かいます。シーンと静まり返っている廊下をてくてく歩いて、まずはあすなろの湯へ。こちらは広いですが、天然温泉ではありません。軽く身体を温めたら、かもしか遊びの湯へ向かいました。こちらは硫黄の香りが強い天然温泉ですが、あまり広くありません。露天と内湯合わせて、ゆったり入るには4~5人くらいが限界かな、と思います。なので、人の少ないこの時間にしたのは、正解でした。暗闇の中、雪がぱらつく露天風呂は、贅沢なひとときとなりました。

部屋に戻った後は、また少し寝て、それから朝食をいただきます。ビュッフェ形式なので、和洋折衷で色々と食べました。おかゆも食べたかったですが、パンとご飯で満腹になったので、ぐっと我慢です。外を見ると、そこそこ風が出ていて、雪も舞っています。スキーで滑る予定ですが、視界や体力消耗が少し心配ですね。

しばらく部屋で寛いだら、ホテルをチェックアウトします。そして、この後スキーをするために、3点セットとウェアをレンタルしました。ゲレンデの中に建っているだけあって、スキーやスノボのレンタルも取り扱っています。旅行荷物は、タグを付けてロビーの奥に置かせて貰えます。

さあ、滑ろう!としたら、なかなかスキー板を装着できずに苦労しましたが、左右入れ替えたら、何とか入るようになりました。以前フィンランドでレンタルしたスキーが似たような感じで装着しづらかったですが、何が原因なのでしょうね。

さっそく麓まで滑り、スキーセンターのジュピアにて、宿で購入した割引リフト引換えを引き換えます。それから温泉第2クワッドリフトに乗り、軽くひと滑り。続いて蔵王スカイケーブルに乗って、中央高原駅へ。雪の舞う中、蔵王大権現の社を眺めます。そして麓までひと滑り。

次は、蔵王と代名詞とも言える樹氷を見るべく、樹氷原を目指します。しかし、地図上は分かっているつもりでも、いざ進もうとすると、どうやって行けばいいのか、いまいち分かりません。中央ペアリフトに乗って進みつつ、太平コースを間違えて下ってしまったりして、方向感覚を失ってしまいます。それでも看板を頼りに、傾斜の緩いコースを歩きつつ、何とかパラダイスペアリフト経由で、樹氷原コースに出られました。蔵王スキー場は広いですね。

視界良好ではないのは残念ですが、雪を纏った木々が広がり、他のところとは明らかに景色が異なります。まだ木の形を残しており、成長しきっていない感じですが、十分にその存在感を楽しむことができます。また、成長途中だからこそ見える部分もあり、葉の先端部分は凍っている様子を見られました。単に雪が積もっているだけではなく、文字通り樹に氷が付いているのです。

しかし、樹氷原コースは傾斜が緩くて、一旦スピードを殺してしまうと、滑るのが大変です。そして樹氷原コースから元のゲレンデへ戻るための連結コースも、全体的に傾斜が緩く、なかなか大変でした。

連結コースから出た先は、菖蒲沼コース。ここはあまり滑っている人がいないようで、ふかふかの非圧雪が広がっていました。せっかくなので、シュプールを描いて楽しみます。しかし、ふかふかすぎて、板が引っ掛かってしまい、なかなかスピードが出せません。とは言え、誰も滑っていない新雪の上を滑るのは、何とも贅沢な心地になりました。

その後は太平コースから麓まで滑ったり、スカイケーブルで登って別のコースを滑ったりしました。昼前まで曇り空でしたが、午後になって少し晴れ間も覗いています。やっぱり晴れていたほうが気持ちいいですね。白銀と青空のコントラストを楽しみたいです。スカイケーブルを登ったあたりは霧氷エリアとなっており、個人的にはこちらの方が木のシルエットがはっきり分かって、好きです。樹氷のほうが珍しいのですけど。ドッコ沼は、看板を頼りに探したのですが、見つけられませんでした。

お昼は、上の台ゲレンデにある大ちゃんらーめんにて、カツカレーと半らーめんのセットをいただきます。ザ・ゲレ飯という感じのチョイスです。14時すぎでしたが、店内は結構混んでいました。

15時30分くらいに宿へ戻って、レンタルした用具類を返却します。それから予約した駅への送迎を待ちますが、時間になっても気配がありません。フロントに確認したら、置いていかれてしまった模様Σ ̄□ ̄。別便にて、駅まで送ってもらいました。

蔵王バスターミナルから山形駅までバスで向かいます。まったりモードだったのですが、途中から学生の団体が乗ってきて、一気に大混雑。40分ほどで山形駅前に着きました。

新幹線の出発までだいぶ時間があるので、夕食をいただきます。向かった先は、山形長屋酒場。郷土料理を楽しめる、観光客向けのお店です。ひとり旅でしたので、色々な種類の郷土料理を食べられるセットメニューをいただきました。芋煮鍋もひとり用のサイズで食べられます。お酒は、日本酒を行きたいところですが、前日もそこそこ飲んでいるので、焼酎にしておきました。銘柄は澤正宗。2杯目は、メニューを見ていて気になった珈琲焼酎。うっすら珈琲の風味がするのかと思っていたら、わりとがっつり珈琲の味がしました。

あとは、行商という形で追加メニューの売り込みがあったので名前が気になったあさつきを頼みました。シャキシャキとした食感が気持ちよく、良い酒の肴になりました。蕎麦のあとの締めは、サービスで頼める、山形の味噌を使ったお味噌汁。食事以外では、花笠を被っての写真撮影や、お見送りの儀など、観光要素が高かったです。時間が合えば、花笠踊りのステージも見られるようです。

その後は駅ビルの書店に行き、帰りのお供にする漫画本を探します。もともと買おうとしていた本は見つからなかったので、代わりの一冊を購入して、いざ新幹線のホームへ向かいました。さすがに日が落ちた後は寒く、待合室のなかで待機です。

うっすら雪を纏った新幹線つばさに乗車したら、さっそく購入した漫画本を読みます。半分ほど読んだところで、昼間の疲れか眠くなってしまい、うつらうつら。そうこうしているうちに、東京へ着きました。東北新幹線は、だんだん沿線上の明かりが増えてくるのが楽しいです。

こうして、今回の旅はおしまいです。一泊二日でしたが、観光とスキーを楽しめて、満足です。

山寺・蔵王の旅~初日

  • 2017-02-20 (月)

初日、東京駅から8時56分発の新幹線つばさに乗って、出発します。朝食は売店で買ったカツサンド。肉厚でソースも染み込んでおり、美味しいです。車窓を眺めると、福島に入ったあたりからうっすらと雪が積もっています。福島駅から山形新幹線の区間に入り、日本海側へ進んで行くと、あっという間に雪が深くなっていきます。米沢付近までは晴れていたのですが、山形駅に着く頃には、雪がパラパラと舞っていました。

山形駅に着いたら、仙山線に乗り換えます。押しボタンでドアが開くタイプで、これを見かけると旅情を感じますね。雪がしんしんと降る山間を走ること15分、山寺駅に着きました。

以前に仙山線の車窓から、雪の山寺を見て、是非この季節に一度は来たいと思っていました。しかし、観光的にはこの時期は閑散期のようで、日曜ですけどあまり観光客の姿はありませんでした。紅葉川を渡って、立石寺に向かう途中にあった美登屋にて、昼食をいただきます。

注文したのは、天ぷらざる蕎麦の大盛と、そば焼酎そば湯割り。そば湯割りなので、底には濁りがあるのが特徴的。焼酎で温まりつつ、ざる蕎麦でさっぱり感を楽しみます。外はとても寒いのですが、店内は灯油ストーブでぽかぽか。エアコンとは違うこの温かさ、匂いも含めて何だか好きです。食事はとてもおいしくいただいたのですが、何故か自分の腹具合が思った以上に膨れており、最後は少し苦しかったです。大盛にしなくても足りました。

さて、食事の後は、腹ごなしに立石寺で山を登ります。まずは根本中堂でお参りをして、貞明皇后記念碑や東宮行啓記念碑、御神木の大イチョウなどを見学します。それから日枝神社を拝観し、亀の甲石にお賽銭を置いたりしました。ここでは、お金にペンで自分の名前を書いて、亀の甲に見立てた石の上に置くという作法になります。

それから、鐘楼を眺めつつ、横にあるトイレで用を済ませたら、いざ山登りへ。ここから先は拝観料300円が必要です。チケットを買い、進みます。しかし、踏み固められた雪によって階段が凍っているので、なかなか登るのが怖いです。手すりを頼りに慎重に登っていきます。参道の脇には、大小様々な石塔や石碑が立ち並んでおり、高野山で見たような厳かな雰囲気を少し感じます。

登り進むと、目の前には大きな岩壁が見えてきます。この岩こそ、松尾芭蕉の句「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」において、蝉の声が染み入っている岩なのです。それに由来し、後世の人が石碑を設けたことから、せみ塚と呼ばれています。ちょうど真冬なので正反対の季節ですが、この岩壁を前にすると、そうした夏の様子が何となく想像できます。

それから弥陀洞に彫られた碑文を見つつ、仁王門にやって来ました。周りの岩壁には巨大なつららが何本も生えており、冬の厳しさを感じさせます。そして、ようやく目的地が見えてきました。その前に少し寄り道して、三重小塔を見学。普通に建物を想像していたので、あまりの小塔ぶりに驚きました。

再び足を進めて、ついに到着した奥之院。これより先は進めません。お参りを済ませた後は、まだ行っていない場所を回ります。東宮行在所や開山堂、そして五大堂。開山堂は工事中のようで、一部シートに覆われていたのが、残念でした。

しかし、五大堂からの眺めは格別です。立石寺境内から麓を望む場合、どうしても電線が入ってしまう場所が多いのですが、ここからは見事な景色を望むことができます。人があまり来なかったこともあり、静寂と雪景色をたっぷりと堪能しました。雪景色と静寂の組合せは、本当に良く合います。そして、長いこといたため、雪がしんしんと降り続いたり、晴れ間が覗いたり、様々な表情を楽しむことができました。

だいたい見たいところは見られたので、下山します。凍っている階段は、圧倒的に下りる時の方が怖いですね。途中ですれ違った年配の方もそう話していました。それから麓直前で中華圏の観光客とすれ違った際に、「我想去……」と言ったのを聴き取れたのは、中国語学習の効果を感じられて嬉しかったです。この時に限らず、中華圏からの観光客の姿は結構多く見かけました。

仙山線は1時間に1本程度の間隔なので、駅前でしばらく待ちます。本当はもう1本前の電車に乗るつもりでしたが、立石寺を見たりなかったので、ひとつずらしました。しかし、さすがに少々時間余りでした。芭蕉記念館に興味があったのですが、そこへ行くほどの時間は余っておらず、残念です。

こうして、16時すぎの電車に乗り、山形駅に到着。さっそく蔵王行きのバスに乗ろうとしたら、バスが来る気配がありません。よくよく時刻表を見たら、既に発車していました。うわー、毎時40分発だと思っていたら、毎時20分発でした。40分発は、次の17時以降の便で、勘違いしていたようです。昨年の支笏湖に続いてやってしまった路線バスの時刻勘違い。

次のバスまで1時間以上あるので、霞城公園に行ってみました。夕暮れでだいぶ暗くなっているため微妙ですが、他に行く当てもないですし。通りや路地を歩いて10分ほど、お堀が見えてきました。お堀の水は全て凍っています。橋を渡り、公園のなかへ入ります。てくてく歩いて本丸一文字門などを見ましたが、やはり暗いので、いまいち楽しめません。それより、公園に集まっているカラスの数が尋常ではなく、驚きました。

うろうろしていたら、程よい時間になったので、駅前のバス停に戻ります。すると思った以上に人が並んでいますね。とは言え、無事に座ることができて、いざ出発。最初は市街地を進んでいますが、途中から登り道に入り、どんどん高い場所へ進んでいきます。途中車窓から見えた山形市街の夜景がきれいでした。

蔵王バスターミナルに着いたら、宿に連絡して、送迎車で迎えに来てもらいます。最初歩いて行くつもりでしたが、かなりの上り坂になっており、平面地図の距離以上に大変そうでした。

こうしてゲレンデの中腹にあるホテル樹林さんにチェックインします。部屋で少々寛いだ後は、夕食。郷土料理を含む様々な前菜と鶏のたたき鍋を堪能します。お酒は、山形の地酒である鯉川と雪中熟成をいただきました。

夕食の後は温泉を楽しみたかったのですが、思った以上に酔いが回り、浴場まで行く気力がありませんでした。なので、とっとと寝て、早朝に温泉を味わうことにしました。22時前には就寝です。

ボトルアクアリウムを始めました

久しぶりにアクアリウムを再開しました。小学生時代に金魚や亀を買っていたのを除くと、大学時代に始めて、社会人の実家時代に再開して、三度目のアクアリウムとなります。

今回はとにかくシンプルにしようと考えました。いかに意欲があっても、それには波があり、ずっと持続できるものではありません。しかし、魚の世話は絶えず続ける必要があります。それを考えると、日々の世話が極力負担にならない程度に抑えておくべきというのが、これまでの経験から学んだ知恵です。

昨年3月くらいから再開しようと思いつつ、結局1年弱経ってしまいました。近所のホームセンターに行き、以下の品物を購入です。ガラス瓶だけは、ひと足早く買いました。

  • 円筒形のガラス瓶(1.3Lくらい?)
  • 陶器のキューブ形の置物
  • 小さな網
  • カラシン用の餌
  • アカヒレ2匹

見栄えの点から水草や底砂も欲しかったのですが、メンテナンスコストを考えて、とりあえず止めておきました。選んだ生体は、ボトルアクアリウムのタンクメイトとして確実に名前の挙がるアカヒレです。他にもベタという候補がありますが、ヒーター要らずの常温で飼えるという点で、アカヒレが勝りました。

で、この常温で飼える印象が強くて、メダカ用の餌を手に取ってしまったのですが、店員さんに教えてもらって、カラシン用の餌に変えました^^;

水は既に前日から瓶に溜めているので、カルキ抜きの済んだ状態です。水合わせをしばらくした後、いざお迎え。最初はおとなしかったですが、しばらく目を離していたら、元気に泳ぎ回っていました。

飼い始めてから3週間ほど経ちますが、元気に過ごしています。水替えは週に1回で、餌は1~2日に1回少量を与えています。水量が少なく、循環もさせていないので、水質の変化は早く気づくようにしたいです。ボトルの中は寂しい風景ですが、唯一放り込んだキューブ形の陶器にたまに隠れてくれているのを見かけると、うれしい気持ちになります。

Home > Archives > 2017-02

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top