「 2017年04月05日 」一覧

ケニア旅行~5日目

5日目、今日が最後のゲームドライブ。ビッグ5最後の1種類、ヒョウが見れたらいいな、と思います。ただ、ヒョウはビッグ5の中でも圧倒的に遭遇率が低いので、難しいかもしれません。昨日とは違い、朝食前の早朝に出発です。

辺りは少し薄暗く、ひんやりとしています。一枚羽織らないと寒いですね。ディクディクやトムソンガゼルなどを見つつ、早朝のサバンナを楽しみます。これから一日が始まるというワクワク感がありますね。

それから、すぐ横をゾウの群れが歩いてきました。昨日もゾウは見ましたが、群れをここまで近い距離で見たことはなかったので、感動です。ゾウが見たい、とリクエストした効果?

続いて、サファリロードを悠然と歩くメスライオンを発見です。例によってたくさんのサファリカーが集まってきますが、それらを意に介さない堂々とした歩きっぷりを見せてくれます。真横を通ったときには、もう少し手を伸ばせば届くくらいの距離でした。まさに、ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだ~!です。

次に出合ったのは、ゾウの群れ。数頭の子ゾウたちを含む10頭程度。子ゾウたちを守るように、大人のゾウたちが周りを固めています。子ゾウたちは、鼻を絡めながら遊びあっていて、かわいいです。中には、本当に小さな赤ちゃんゾウもいました。草の丈と同じくらいしかなく、耳もペタッと寝ています。しかし、赤ちゃんゾウとは言え、人に比べたらかなり大きく、たぶん自分より体重がありそうです。

その後も別のゾウの群れを遠くに見たり、バッファローの群れに出合ったりしました。上手く写真は撮れませんでしたが、群れにはバッファローの赤ちゃんもいて、可愛かったです。

それからセネガルショウノガンを見つつ、ロッジへ帰りました。全体的にちょっと曇りがちですね。

遅い朝食をいただいた後は、部屋に戻ってゴロゴロして過ごします。何をすることなく、ただひたすらぼーっとして、時折窓の外を眺めるという贅沢な時間。普段の生活で何もしない時間って、なかなか作れないですからね。それから、昼食をいただきます。さすがに朝食の後、何もしていないので、お腹はあまり空いていません。

とは言え、さすがに暇なので、ロッジ内を散策します。パームプールは、入れたら入りたいと思って、水着も持参しましたが、天気が微妙で結構肌寒く、躊躇します。他に入っている人もいませんし、水面には葉っぱも浮いていたりで、なかなか入る気になりません。加えて、プールサイドはサバンナモンキーの溜まり場になっているので、荷物を取られるを警戒して、結局ビーチベッドに寝転がるだけにしました。サバンナモンキーは、こちらが少し脅かせば身を引くので、あまり怖さは感じないのですが、目を離したところで何されるか分からない、そういう高度に知的な面での警戒感はありますね。

その後は再び部屋でゴロゴロ。ふとバルコニーの天井を見ると、いつの間にかコウモリがやって来ていました。よくよく見ると、2匹が抱き合うようにくっついて、逆さまにぶら下がっています。朝のゲームドライブでは天気がいまいちでしたが、少し晴れ間も見えてきて、このまま回復するかな、と期待が高まります。しかし、天気は再び下り坂。

そのまま回復することなく、夕方のゲームドライブに出発です。これが、今回の旅行で最後のゲームドライブになりますが、雨が降って気温が下がった後という最悪のコンディション。ガイドからも動物を探すのは厳しいと告げられます。その言葉の通り、まるで動物がいません。正確にはいないわけではなく、見えるところにいません。これまで飽きるほどに見られた草食獣の姿も一切なく、こんなにも変わってしまうものか、と驚きます。

あまりにも動物が出ないので、ガイドが気を遣って、ミントの葉っぱを取ってくれたりしました。匂いを嗅ぐと、ミントの香りがします。

その後、茂みにひそむオスライオンを発見。これまでのオスライオンは全て寝転んでいる状態でしたが、今回は起き上がっていて、その顔をはっきりと見ることが出来ます。メスライオンとは大きさがひと回り違うので、あくびをしている様子さえも迫力がありますね。茂みがあるため、なかなかフォーカスを合わせられませんでしたが、何とか写真に収めました。

それからロッジ付近で、ハイエナとその後をつけるジャッカルの姿がありました。おこぼれ狙いなのでしょうが、くっついてくるジャッカルを鬱陶しそうにしていたハイエナが印象的でした。これは写真じゃなくて、動画で撮っておいたほうが面白かったですね。

他にもエランドなどの草食獣がちらほら顔を見せてきて、ロッジの敷地内では、サファリアントの大群がいました。噛まれるとめちゃくちゃ痛いらしいです。

ちなみに、雨季のゲームドライブならではの、スタックを体験しました。だいぶ雨水でぬかるんでいる場所が多く、いつかタイヤが嵌りそうだなあ、と思っていたら、ついにその時が来ました。草むらの中でタイヤが空回り立ち往生。外に出て後ろから押してみるものの、一人の力では厳しく、少し動くだけで脱出できません。そこへ別のサファリカーが通りかかり、救援が。5人くらいで押した結果、見事に脱出できました。雨季ならではのイベントでしたね。

部屋に戻って寛ぎ、そして最後の夕食をいただきます。明日の朝には旅立ちます。3日過ごすと、ちょっと名残惜しい気持ちになりますね。この日もゲームドライブの写真を振り返りつつ、就寝しました。