「 2017年11月 」一覧

クライミングシューズを買いました

ボルダリングを始めてそこそこ経ちますが、ようやく自前のクライミングシューズを買いました。それほど頻繁に行くわけではないので、レンタルシューズのままでも良いかと思いましたが、せっかくここまで続けてきたので、マイシューズを持つことにしました。

2017年10月14日、最寄りの好日山荘ではクライミングシューズの取り扱いがなかったので、横浜まで買いに出かけました。最初、ダウントゥを試着させてもらいましたが、痛くてまともに立っていられません。というわけで、素直にフラットにしました。購入したのは、SALTICのEXTASYです。

購入してからしばらく間が空きましたが、11月4日にジムで初めて使ってみました。新品ということもあって、普段のレンタルシューズよりきつめですが、つま先に体重が乗せやすくなっていることを感じられます。

久しぶりなので、まずは白2にトライしてみたら、無事クリア。続いてトラバース系の灰8、灰6にトライして、クリアしました。灰グレードでも垂壁に近ければ登りやすいですね。

苦労したのは灰3です。途中から反り壁になり、そこで上手く腕を運べずに落ちてしまいます。店員さんに教えてもらって正しい腕の運び方は分かったけど、既に腕がパンプ気味だったので、核心部分までたどり着けませんでした。核心手前で苦戦していたのは、垂壁から反り壁に移る部分でしたが、足を反り壁に移さず、垂壁に残したまま先に腕を動かしたら、上手くできました。こちらも腕がパンプしたせいかと思っていましたが、ムーブが良くなかったせいですね。目下の課題は、灰3となりそうです。


2017年秋深まる江戸川CR

2017年11月12日、江戸川CRを走ってきました。雲一つない快晴で気持ちいい景色が広がります。ただ空気は冷たいので、走っていると鼻水が気になる季節になってきました。寒さが和らぐ頃には花粉症シーズンが始まり、なかなか辛いところです。

今回のコースは、運河河口公園折り返しにするつもりでしたが、天気が良いので、利根運河沿いも少しだけ走ってみました。運河大橋を過ぎたあたりで折り返したので、本当に少しだけです。風はほとんどなかったのですが、若干速度を上げて漕いだせいか、そこそこ疲れました。なお、天気が良かったせいか、所々羽虫が気になる区間がありました。

秋もだいぶ深まりましたが、10月の頭に走った際はたくさん飛んでいたトンボを、今回はほとんど見かけませんでした。土手沿いの長く伸びた草は刈り取られて、すっきりとしています。雰囲気としては、もう冬の江戸川CRと言った感じですね。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 15.44km
平均速度 21.0km/h
最高速度 36.1km/h
走行時間 00:44:01
累計距離 1513.8km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ウィローモスを入れた後のボトルの状況

殺風景だったボトルに彩りを添えようと、ウィローモスを投入してから2ヶ月ほど経ちました。ウィローモスを入れるとボトル内の掃除がしにくくなり、水替えの頻度がだいぶ下がりました。けれどボトル内の環境は、それほど悪化しているようには見えません。アカヒレも元気に泳いでいます。お迎え当初と比べて、だいぶ大きく成長しましたね。

少し気になるのは、ウィローモスの色があまり良くないこと。光量が足りないせいですかねえ。専用の照明はなく、部屋の電灯か、外からの間接の自然光のみです。低光量でも大丈夫ということに少し甘えすぎているかもしれません。

何はともあれ、もうそろそろボトルアクアリウムを始めてから1年になろうとしています。上手く回るか不安でしたが、アカヒレ1匹も残ってくれて、概ね安定しているようです。2匹のうち1匹は落ちてしまいましたが、元々このボトルサイズでは、1匹が適正だったのだと思います。


酉の市@金刀比羅大鷲神社に行ってきました

2017年11月6日の夜、職場の帰り道に金刀比羅大鷲神社の酉の市に寄ってきました。酉の市、たぶん初めてです。少なくとも自分の意思で行った記憶はないです。今年は三の酉までありますが、休日は二の酉のみ。二の酉は別の用事があるので、一の酉に行くことにしました。

普段より早めに退社して、関内駅で下車。そこから15分ほど歩くと、露店の並ぶ通りが見えてきました。狭い通りなので、人混みでなかなか前へ進めません。普段露店で買うことはあまりないですが、せっかくなので焼きそばを買って食べました。

 

しばらく進むと、突き当たりに提灯の並ぶ光景が見えてきました。金刀比羅大鷲神社です。少し列が出来ており、数分並んでから参拝。町の中にある小さな神社と言う感じですね。こちらで熊手守りを買いました。小さなものから買ったほうが良いと聞きますが、見栄えも気にしたいので、米俵のついた1,600円のものを選びました。

 

それから東へ進んで大通りに出ると、縁起熊手を売る露店が軒を連ねています。数万円する大きな熊手は、とても華やかですね。お店ごとに飾り付けも異なっており、見ていて楽しいです。時折三々七拍子も聞こえてきて、威勢の良さが伝わってきます。こうして酉の市の雰囲気を満喫したところで、帰途につきました。

ちなみに今回調べて知ったのですが、露店で売っているのは縁起熊手で、神社で授与されるのが熊手守りなのですね。前者はラッキーアイテム的なものであり、後者は祈祷されたものになります。今回手に入れたのは後者なので、御利益があるとうれしいです。なるべく高い場所に飾っておきます。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


2017年日本シリーズ第3戦を観戦

横浜DeNAベイスターズが日本シリーズに進出したことで、平日の職場帰りに寄って、観戦が可能になりました。先行発売は申込みを忘れたので、10月26日の一般発売で購入です。無事に購入できましたが、1分後くらいには売り切れになっていたので、買えて良かったです。購入したのは、第3戦になります。

 

2017年10月31日、職場を定時ごろに退社して、一路横浜スタジアムへ。関内まで電車で1本なので、楽です。横浜スタジアムに近づくと、人の群れがすごいです。入場ゲートは2つありますが、海側のゲートから入りました。ここでセキュリティチェックを受けて、チラシとタオルを貰います。

 

スタジアムに入った後は、売店でベイカラとベイスターズエールを買って着席。一塁側の内野席で、先頭から8列目なので、そこそこフィールドに近いです。花火や火炎放射が上がって、オープニング。始球式には、ハマの大魔神こと佐々木主浩さんが登場です。懐かしいなあ。

ゲームが始まりました。野球チームは、野村・古田時代のヤクルトに思い入れがあった程度で、現在は特に応援しているチームはないのですが、ここ数年は神奈川県内を転々としていることもあり、ベイスターズを応援することにしました。

      

ゲームは終始ベイスターズが追う展開でしたが、ワンサイドゲームにはならなかったので、良かったです。随所にチャンスシーンはありましたし、試合展開としては面白かったと思います。特に6回裏は盛り上がりましたね。一死満塁のシーン、ここで1点しか返せなかったことで、何となくもう駄目かな、と言う空気になりました。ただ、僅差の場合、追われる側より追う側が見ていて楽しいです。結局残り3回、多少チャンスはあったものの、ひっくり返すことは出来ずに試合終了。

 

そう言えば、昨年のクライマックスシリーズにもあった、席を立つと試合が動く法則は今回も健在でした。トイレに立って、ポップコーンを買ってきたら、ロペス選手がソロホームランを打って、1点返していました。

あと、お酒はもう少し飲もうかな、と思っていましたが、後半になると少し寒くなってきたので、最初の1杯だけ。やはりスタジアムは風が吹きさらしになるので、秋冬は冷えます。

   

写真は、望遠レンズで頑張って撮影してみました。一塁側スタンドなので一塁や二塁は良く撮れますが、バッターボックスは人が影になってしまい、難しいですね。色々なショータイムもあって、楽しかったです。

日本シリーズは初観戦でしたが、現地の雰囲気はやはり独特で、テレビで観戦するのとは違います。電波によりほぼリアルタイムで状況を共有できるはずなのですが、まさに目の前で起きていると言う距離の近さが、圧倒的な臨場感を生み出します。その場にいる数万人と言う人たちの熱気も大きいですかね。

スタジアムは想像以上にベイスターズ一色でした。ビジター席ってあんなに少ないんですね。終盤でベイスターズの敗戦が濃厚になった頃、ホークスの応援が近くから聞こえてきたら、フルボッコになっていたのが面白かったです。あと、隣の人が結構野次るのでちょっとビクついていましたが、普通に切り替えの利く人で良かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。