「 2018年02月 」一覧

TOEIC団体受験(2018年01月)結果

1年に1回くらい公開テストを受けて、実力把握に努めたいな、と思っていたのですが、気づいたら数年間受験しないままでした。これはいかん、と思っていたところに、職場での団体受験の案内が着たので、受験することにしました。受験料は公開テストより安いですし、会場も徒歩10分の近さで、良いこと尽くめです。

2018年01月に受験して、2月下旬にスコアレポートが届きました。

Listening 365
Reading 295
Total 660

結果としては、数年前に受けた前回からほぼ変化なし。こうして過去の受験履歴を並べてみると、Readingが全然進歩していないですね。代わりにListeningは少しずつ良くなっています。2012/11は最高スコアを取った回ですが、こうして並べて見ても、ListeningとReading共に、異常値だった気がしてなりません。自分の実力値は660なのだと思います。

日付 Listening Reading Total
2018/01 365 295 660
2015/03 355 310 665
2013/12 335 325 660
2012/11 365 375 740
2011/07 296 250 545(寝不足)
2010/05 295 305 600
2009/11 230 300 530
2009/01 265 300 565

後で振り返るために、一応Abilities measuredの値も載せておきます。これの見方は「Enjoy Life in English」さんの記事が詳しいです。

L1 63 R1 56
L2 94 R2 50
L3 80 R3 55
L4 67 R4 72
L5 53 R5 74

現在の勉強内容は、職場の昼休みでABC News NightLineのリスニングを5~10分毎日行い、iKnowによる学習を自宅で時々行なっています。iKnow学習は、iKnow自体の出題形式に加えて、シャドーイングをするようにしています。

Readingのスコアが伸び悩んでいる現状を考えると、多読のトレーニングが必要なのでしょうね。職場で英語の技術資料を読むことが多いのですが、確かに1回ですっと読むことが出来ずに、返り読みをしてしまいます。語彙等はあまり調べなくても大丈夫なのですけど。どうせならTOEIC用のテキストを買って、それを電車での通勤時間に読んでみようかな。


福岡ライブ遠征旅行~まとめ

2018年02月03日から04日にかけて、ライブ遠征のため福岡へ旅行してきました。ライブ遠征が主目的なので、それをベースに他の観光プランを組み立てます。最初は小倉にも行こうかと考えていましたが、ちょっと忙しい旅程になりそうななので、梅期待の大宰府一択にしました。旅行中の天気は、晴れから雪で、寒波が押し寄せていたため、結構寒かったです。

あと旅行中に思ったのは、福岡市はバス網が発達していますね。東京の感覚で、地下鉄を駆使して移動したくなるのですが、路線はあまり充実していないので、目的地によっては使いにくいです。バスは路線も多く、本数も多いので、使いやすいです。路線の複雑さは、GoogleMapsの経路検索を活用すれば大丈夫です。とは言え、何だかんだで一番使ったのは、地下鉄だったりしますが。

福岡ライブ遠征旅行~初日

  • ライブ、福岡観光
  • 羽田空港~福岡空港~福岡ヤフオクドーム~ももち海浜公園~福岡タワー~サザエさん通り~華味鳥(水炊き)~東福寺~福岡国際会議場~ホテル~福岡国際会議場(ライブ)~一風堂

福岡ライブ遠征旅行~2日目

  • ランニング、福岡観光
  • 大濠公園~警固神社~大宰府天満宮~うぐいす茶屋~九州国立博物館~キャナルシティ博多~Beef泰元~福岡空港~羽田空港

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


福岡ライブ遠征旅行~2日目

2日目、6時30分ごろに起床して、ジョギングの準備をします。外を見ると雪が舞っていますが、意を決して、バスで大濠公園に向かい、周囲をひと回り走ってきました。途中にあった舞鶴公園(福岡城址)を散策したい気持ちはありましたが、早くホテルに戻りたかったので断念。ランニングについては「福岡の大濠公園でランニング」の記事をご覧ください。

早くホテルに戻りたいと言いつつ、バスを降りてすぐの場所にあった警固神社には、立ち寄って参拝しました。屋根にうっすらと雪の積もった拝殿の様子を見たかったのです。奥には三越のビルが建っており、都会の中の神社ですね。

ホテルに戻ったあとは、テレビを見て、朝食をいただき、荷造り。チェックアウトが11時までなので、のんびりできて助かります。

ホテルをチェックアウトしたら、天神駅のコインロッカーに荷物を預けます。ホテルで預かってもらっても良いのですが、最後が空港線経由になる場合、回収まで少し歩くことになるので、コインロッカーに預けました。少し遅い時間になってしまったせいか、ICカード方式のロッカーは埋まっていたので、従来型のコインロッカーに預けました。

身軽になったら、西鉄福岡駅へ移動し、大牟田線に乗って大宰府を目指します。電車に乗っている間、晴れたり、曇ったり、雪が降ったりと、天気が目まぐるしく変わります。二日市駅まで行ったら、スイッチバックで逆方向へ。程なく大宰府駅に着きました。

   

太宰府は軽く雪が舞っており、結構寒いです。海沿いより少し標高が高いのでしょうか。賑やかな門前町を楽しみつつ、大宰府天満宮へ向かいます。9年前にも一度訪れていますが、ほとんど記憶にないですね。当時の写真を見ると太鼓橋を渡れたみたいですが、今回は通行禁止になっていました。ちなみに時季的に梅の花を少し期待していたのですが、寒波による影響か、境内の梅はまったく咲いていませんでした。しかし開花前ではありますが、有名な飛梅や皇后の梅は、立派でしたね。

その後はうぐいす茶屋にて昼食。天ぷら蕎麦定食をいただきます。外がとても寒いので、温かい店内で生き返ります。梅が有名な大宰府天満宮ということで、梅の天ぷらがありました。酸味はなく甘い梅で、デザート感覚です。

食後は再び境内を散策。だざいふ遊園地では、じゃじゃまるのオブジェが現役で驚きました。色剥げなどもなくて、大切にされている感じが伝わってきます。あと、梅は咲いていませんでしたが、蝋梅はきれいに黄色い花を咲かせていましたので、撮影してみました。

 

それから九州国立博物館へ向かいます。大宰府天満宮から長いエスカレーターを登って行くことができます。ロビーにある博多祇園山笠の山車を楽しみつつ、展示フロアへ。邪馬台国の時代から順に、5つのテーマで九州地方の歴史が紹介されています。対馬藩が朝鮮との窓口になっていた話ははっきりとは覚えていなかったので、興味深く読みました。1フロアのみですが、展示の量は結構ボリュームがあります。国立博物館は、東京、京都、奈良、九州の4箇所ですが、言われてみれば九州は日本の古代史で大きな位置を占めますね。何となく京都・奈良の影に隠れてしまう感じはありますが。

博物館の見学を終えたら、再び大宰府天満宮の境内へ。雪が少し強くなっていて、一層寒さが堪えます。ひとしきり見学を終えたので、門前町へ戻って、梅ヶ枝餅をいただきます。焼きたてが温かくて、おいしいですね。

 

大宰府駅に着いたら、西鉄太宰府線で二日市まで行き、そこから大牟田線で西鉄福岡駅へ。そして空港線に乗り換えて博多駅で下車。博多駅前、以前に来たことあるはずだけど、記憶とは少し違います。この規模の街並みが大きく変わることはないでしょうから、記憶違いかな。

博多駅からバスに乗って目指した先は、キャナルシティ博多。イルミネーションがきれいという話だったので、行ってみました。ネットを調べたところ、1月14日で既に終わっているとの情報でしたが、ワンピースのウォータースペクタクル2はまだ上演していたので良かったです。

 

まずはBeef泰元にて夕食。人気店らしく、わりと早い時間なのに席が埋まっています。時間に余裕はあったので、多少待ってでも入店。特上焼肉定食とメンチカツ、角ハイボールをいただきました。地元の畜産農家直営らしく、なるほど確かに肉が美味かったです。

  

その後はイルミネーションの観賞。ワンピースのウォータースペクタクル2は、光と噴水と映像の3つのコラボレーションが、とても鮮やかできれいでした。

その後は歩いて祇園駅に向かいます。キャナルシティ博多、どこの駅からも微妙に遠くて、立地が少し不便なんですよね。天神駅に戻って荷物を回収したら、福岡空港へ向かいました。飛行機の出発は10分ほど遅延。窓側の席にしましたが、ちょうど主翼のある場所だったので、地上の景色はあまり見えず。それでもちょっと首を捻って、大阪あたりの夜景を眺めました。数週間前は同じライブツアーでここにいたんだなあ、と少し感慨深く。

22時手前に羽田空港へ着きました。寒波が押し寄せている福岡より暖かいですね。こうして今回の旅行はお終いです。


福岡ライブ遠征旅行~初日

初日、4時ごろ起きて、5時すぎに家を出発し、羽田空港へ。6時15分発のJAL便で、福岡へ向かいます。窓側のA列席を取りましたが、南というより西に進むので、朝日は見えません。でも朝焼けの様子は見られました。福岡では低い位置に雲があったので、降下していくときにラピュタやナウシカっぽくて楽しかったです。

飛行機を降りたら、地下鉄で天神駅に向かいます。Suicaが普通に使えるので便利です。ひと昔前は、各エリアごとで相互利用できなかったですよねえ。

天神駅に着いたら、コインロッカーを探して、荷物を預けます。ICカードを使えるロッカーが空いていたので、そこを使いました。天神駅に預けた理由は、ホテルが天神駅そばにあるからです。

身軽になったら再び地下鉄に乗って唐人町駅にて下車しました。ここから歩いて向かった先は、福岡ヤフオクドーム。アイカツ!にてアイカツ8サマーツアー福岡公演の会場となった福岡スタジアムのモデルです。聖地巡礼のつもりで訪れました。

その後は海の方へ進み、シーサイドももち海浜公園へ。黄色っぽい砂浜が印象的。近くには福岡タワーが建っています。海辺でのんびりしたかったのですが、風が冷たすぎるので、退避して福岡タワーへ。

  

最近はスカイツリーやあべのハルカスなどの高速エレベーターに慣れていましたが、こちらは通常速度のエレベーター。でも登っている間に外の景色がよく見えるので、その分楽しめました。5Fの展望フロアまで登ったら、博多天神方面の街並みや玄界灘などを望みます。臨海のタワーからの景色は新鮮ですね。桐谷さんとコラボしているのか、やたらと桐谷さんの写真等が貼られていました。3Fの展望フロアは恋人の聖地となっているらしく、ハート型のリーフや錠前がたくさんありました。

 

福岡タワーを後にしたら、サザエさん通りを歩きます。道中にはサザエさん像があります。銀板によるシルエット像で、磯野家の面々がいます。通りの真ん中あたりには、サザエさん発案の地の記念碑がありました。サザエさんの登場人物が海に関係するものになった理由も、エピソードを添えて記されており、興味深いです。

途中で見かけた福岡市美術館のリカちゃん展が気になりつつ、サザエさん通りを進んでいくとだんだん住宅街っぽい街並みになってきて、そのまま西新駅に着きました。地下鉄に乗って天神駅に戻ります。

 

向かった先は華味鳥。福岡に来たからには、水炊きを食べたいのです。こちらはリーズナブルな水炊きのランチコースがあるとの話でしたが、今はやっていないらしく、お昼の水炊きコースを注文しました。お酒は大宰府の梅酒をいただきます。上品な甘さと濃さで美味しいお酒。そして水炊きの準備も整いました。まずはスープを味わい、それから野菜や鶏肉を楽しみます。〆は雑炊。久しぶりに水炊きをいただきましたが、その味を堪能できました。スープだけでも楽しめちゃうのに、そこで鍋をする贅沢さが嬉しいです。

食事を終えて外へ出ると、霙が舞っていました。今日は晴れの予報だったのに。ライブ会場へ向かうため、天神駅から地下鉄に乗車。ふたつ先の駅で降りたのですが、路線を間違えていて、予定より南の祇園前駅で降りてしまいました。うう……歩けない距離ではないのでこのまま会場に向かいますが、これなら天神駅から歩いたのと変わらなかったかもしれない。

 

しかし駅を間違えたおかげで、東福寺の節分祭りを見学することができました。ちょうど豆を振る舞うイベントが行われていたみたいで、小さなパック入りの豆が台座から参拝客の方へ投げられていました。

東福寺を後にしたら、北へ歩いて福岡国際会議場を目指します。すると雨が降ってきて、徐々に強くなってきました。先ほど降った雪はすぐに止んだのですが、今度の雨は空を見る限り、すぐには止みそうにありません。仕方なく傘を差して歩きます。気温が低いので、雨は堪えますね。

 

福岡国際会議場に着いたら、ライブの物販列で待機します。思ったより列が伸びずに、無事購入できました。その後建屋を出て、博多ふ頭に停泊している客船を見たら、一旦会場を後にして、ホテルへ向かいます。地下鉄が近くにないので、結構不便なんですよね。今思えばバスを使えば良かったのですが、歩けない距離でもないので、天神まで歩いてしまいました。

天神に着いたらコインロッカーの荷物を回収して、リッチモンドホテル福岡天神にチェックイン。天神駅の南にあるので、北からだと結構歩きます。部屋に入った後は、ライブに向けて休憩。買ったグッズを展開したりしていました。

17時すぎ、再び歩いてライブ会場に向かいます。繰り返しになるけど、それなりの距離になるので、ほんとバスを使えば良かったなあ、と思います。ライブの様子は、「AIKATSU☆STARS Special LIVE TOUR「MUSIC of DREAM!!!」in福岡」の記事をご覧ください。

21時手前、ライブが終演したので、博多ふ頭で夜の客船を見た後、天神エリアに戻ります。夕食はあまり考えていませんでしたが、調べたところ、一風堂の本店があったので、そちらへ行くことに決めました。

  

というわけで、一風堂大名本店に到着です。混んでるかな、と思いましたが、食事の時間は外していたためか、すぐに入れました。席数が結構多いから、というのもあります。注文したのは、元祖白丸元味、明太子ごはん、博多一口餃子ハーフ、ビール。ちょっと頼みすぎかな、と思いましたが、食事の時間が空いてお腹が空いていましたし、ライブ後の高揚感で頼んじゃいました。白丸元味は麺を食べ終えた後も、スープを何杯か飲んで味わいました。臭みとかまったくないですね。明太子ごはんは、添えられている海苔の風味が絶妙な仕事をしてくれます。一口餃子は肉汁を溢すことなく口の中に運べるので良いですね。ビールのお供として美味しくいただきました。

満腹になったら、23時手前にホテルへ戻りました。お酒はビールを1杯だけだったので、意外と動く気力はあり、シャワーを浴びて、0時30分ごろ就寝しました。


ウクレレでメロディーを奏でたい

久しぶりのウクレレ記事、あまり進捗はありませんが、「君をのせて」のコード練習をちまちま続けています。基本手元を見ずに大体弾けるようにはなったのですが、微妙にフレットの位置がずれて音が外れることがそれなりにあり、まだまだ練習が必要ですね。何か上手く弾けるときは気持ちよく最後まで弾けて、駄目なときは何度も躓いたりして、安定しないです。

さて、これまでコード練習をメインにこなしてきましたが、メロディーの練習も少し始めてみました。コードとは違い、押さえる指だけではなく、弾く弦にも意識を配る必要があるので、速く弾こうとすると結構難しかったです。違う弦を弾いてしまったり、同時に弾いてしまったり。練習の題材曲は「ドレミの歌」や「風の丘」にしています。「風の丘」は、昔ピアノで遊び半分で弾いていた時の記憶が未だに残っていて、自分でも少し驚きました。なおピアノを習っていたのは妹なので、自分は遊び程度にしか弾けません。

メロディーとコードの合わせ技となるソロウクレレは憧れますが、相当つらい道のりですね。やはりウクレレは和音(ハーモニー)が得意な楽器なんだな、と思いました。