「 2018年02月14日 」一覧

AIKATSU☆STARS Special LIVE TOUR「MUSIC of DREAM!!!」in福岡

2018年02月03日、福岡国際会議場メインホールにて開催された、AIKATSU☆STARS!のライブに参加してきました。元々遠征は大阪しか予定していなかったのですが、東京公演を見た後、千秋楽も見に行こうと思って、その日の夜にチケットを購入しました。

 

今回も夜公演のチケットしか持っていませんが、福岡会場限定のリボンリストバンドを買い逃したくないので、早めに会場入り。13時45分ごろには夜の部の物販列が形成されていました。大阪会場の時と比べると、案外列が伸びずに拍子抜け。と言うわけで、普段は完売御礼になっているジャケバッジも買えました。今回買ったのは、ジャケバッジAとDを5枚ずつ、「ゆめのはじまり」シール付きメモ帳、リボンリストバンドです。

物販後は、Twitterで話題になっていた会場裏の博多ふ頭に停泊している客船を見て来ました。確かにヴィーナスアーク感がすごい。

  

ホテルで休憩してから、再び会場へ向かいます。キャラクターパネルを見たり、CDを買ったりしました。今回のプロマイドはるかさんにしました。

そして、ついに開演。例によって記憶だけが頼りの感想メモなので、発言者やMCタイムの場所など違っているかもしれませんが、ご了承ください。席はT列でかなり後方ですが、東京大阪に比べて箱が小さいので、ステージまでの距離はわりと近く、顔が何とか分かります。自分より後ろは数列埋まっていていましたが、後ろから2列分は空列でした。「スタートライン!」「STARDOM!」「Forever Dream」の3曲連続による流れは、他のツアー公演と同じです。

続いてMCタイム。福岡県出身のみきさんが盛り上げます。「ばり好きっちゃ!」コールが会場を席巻しました。

再び曲に入り「POPCORN DREAMING♪」「8月のマリーナ」「ネバギバ☆」「Miracle Force Magic」「1,2,Sing for You!」と続きます。

そしてMCタイム。これまでの公演でも話してきた定型トークの後、色々自由なトークになっていきます。コーデ絡みの話では、ローラと言えばカチューシャ、と言うことで、カチューシャがどんどんレベルアップしているとか。後は、ステージ上で皆が客席の女の子たちもかわいいね、と話していたら、すかさず前に出てきて、「かわいいですか?かわいいですか?」と訊くななせさんが良かったです。ななせさんのこういうフットワークの軽さいいなあ。大阪公演と同じく、るかさんによるりささんからのウインク話もありました。愛知でもあったのかなあ。

MCの後は「Summer Tears Diary」「MAKEOVER♡MAKEUP」「荒野の奇跡」「おねがいメリー」「So Beautiful Story」と続きます。3公演行けば、一度くらい「Dreaming Bird」聴けるかな、と思っていたら、行かなかった2公演(宮城、愛知)が「Dreaming Bird」だったという、まさかの展開でした。

さて、福岡会場のSTAR☆ANISからのゲストは、わかさん。流れ始めた「芸能人はカードが命」に合わせて手拍子。このOPが2回ある感じ、お得感があっていいなあ、と毎公演思います。まずは盛り上がり確定曲の「Growing for a dream」が来ました。そして、わかさん一人だったら「輝きのエチュード」とか歌ってくれるかな、と思っていたら、その予想を上回る展開が。るかさんが登場して、コスモスによる「星空のフロア」がライブ初披露されました。うわー、自分はこの展開予想できていなかったので、まさに嬉しサプライズ。るかさんはAIKATSU☆STARS且つSTAR☆ANISなので、これを以てSTAR☆ANIS全員がゲスト登場したという演出も、最高でした。わかさんとるかさんによるMCタイムでは、STAR☆ANISのツアーで福岡公演のときのお話がありました。当時のるかさんから飛び出した”めんたいこ笑顔”と言うフレーズ、それを明太子のように真っ赤になるくらいの笑顔、だと解読してくれたわかさん。微妙に使い勝手が難しくて、後のMCタイムで「みんな明太子みたいな笑顔だったよー!」と言ったとき、女性に明太子みたいっていいのかな、ってなっていました。

続いては、るかさんが退場してわかさんによる「Dance in the rain」です。間奏部分のコールで、男子、女子によるコール分けをしたいとわかさんからリクエストがあったので、男女別コール。感覚的には男性2:女性1くらいかなあ。

再びAIKATSU☆STARSに戻り、「森のひかりのピルエット」「裸足のルネサンス」「Bon Bon Voyage!」「Message of a Rainbow」と続きます。

「星空のフロア」でるかさんが出てきた時は、「森のひかりのピルエット」どうするんだろ、セトリ変えるのかな、なんて思っていましたが、1曲の間にコーデチェンジも済ませて、見事に歌い上げました。

そして「Message of a Rainbow」では、見事に”虹の奇跡”が起きました。これまでのツアー公演では、皆が思い思いに7色のサイリウムを振っていたのですが、今回は列ごとに色を揃えて虹をつくろう、という有志プロジェクトがありました。Twitterで見かけた際には、実現できたら良いけど実現するかなあ、というふうに思っていましたが、会場でメモを配るなどの地道な活動をされており、それが結実して大成功となりました。自分の席は最後方に近かったので、七色の虹がわりと良く見えました。でもステージから見たほうが絶対にきれいだと思うので、どこかに映像残っていませんかねえ。企画された方が何よりすごいと思いますが、観客全員が虹をつくってあげたい、という想いが心の中にあったからこそ、実現できたのだと思います。

MCタイムでは「So Beautiful Story」について、せなさんから「何だか小春ちゃんに見えてきた」と言われたななせさん、「えー、やだー!」と返して、皆から「え、嫌なの?」と総ツッコミを受ける事態に。照れ的な「やだー」だと弁明していました。そんなななせさんの小春さんヘアスタイル、皆気になるみたいで、髪が乱れるとやたらと皆に髪を直されていました(笑。そんな中、どうしても言っておきたいことがあると、ななせさん。「荒野の奇跡」の世界観は、客席も含めた皆で一緒に作り上げている、的なことを言われていました。あと、小春とも一緒にツアーを回ることが出来て良かったとも言っていました。あと、リエさんのロングの髪型は、シューティングスターを意識してとのことでした。

“虹の奇跡”の件については、せなさんが「みんな準備してたの?」と客席に訊いてて、準備していなくてあんなに揃ったらすごすぎでしょ、とメンバーからツッコミを受けていました。感動しているせなさんの様子を見ると、”虹の奇跡”を起こせて良かったなあ、と思いました。

そして福岡でのチーム分けは、明太子チームと豚骨チームです。1フロアの会場なのでチーム分けが難しいのですが、真ん中奥の通路で前後に分けられました。自分は、明らかに人数が少ない後方の豚骨チーム所属です。コールは、「好きっちゃ!」でしたっけ。

ラストスパートは「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」「Jewel Star Friendship☆」「The only sun light」「episode Solo」「MUSIC of DREAM!!!」と続きました。そしてアンコール。アンコール開始までの「アイ!カツ!」コールが、フォトカツのローディング画面で待っているときの感覚に似ているなあ、とふと思いました。

アンコール曲は、「ダイヤモンドハッピー」「アイカツ☆ステップ!」です。最後のあいさつでは、せなさんが「これからもアイカツ!シリーズをよろしくお願いします!」と言っていたのが、妙に引っ掛かりました。自分たちのユニット名ではなく、「アイカツ!シリーズ」と言ったからです。

翌日、新シリーズ移行に伴う体制変更で、AIKATSU☆STARS!とSTAR☆ANISの解散が発表されました。それなりに予想していたことでしたが、いざ発表されると虚脱感がありますね。自分はユニットとしてそれほど強くのめり込んでいたわけではないですが、この5年間ライブに通ってきたことを思うと、ひとつの時代の終わりを感じました。月末の武道館ライブがファイナルライブとなるので、精一杯楽しみたいと思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。