「 2018年03月 」一覧

モアイホールドが掴めない

年始以来の久しぶりにボルダリングしてきました。久しぶりすぎて、手のマメはすっかり消えていました。

2018年03月17日、昼すぎに行きました。この日は結構空いていて、灰3のある壁が空いていたので、この課題だけにトライしました。最初のころは動けるので、ひょいひょいと最後のホールド手前まで行けるのですが、最後のホールドが掴めません。モアイ像の顔っぽいホールドで、持てそうな箇所はあるものの、ガバではないので、オープンハンドでキープしないといけません。ルート上に他の難しいポイントはないので、ここが核心ですかね。ガバがないことと、このホールド自体がそこそこ大きくて手前へせり出しているために傾斜が増すことで、難しくなっていると感じています。

そして疲れが溜まってくると、最後のホールドに行くまでがだんだん雑になってきて、相変わらず腕の力に頼ってしまっている部分が大きいんだなあ、と痛感しました。ただ、ムーブが上手く出来れば筋力に頼らなくても大丈夫、とは良く聞きますが、未だにこの辺の感覚がつかめません。どの程度の塩梅なのか……まったく筋力を使わないなんてことはないはずですし。

全然上達しませんが、終わった後の筋肉痛は毎度気持ちがいいです。普段使わない筋肉を使えるので、良いですね。


第二外国語は中国語に決めた

英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語と、気になった言語を手広く学習していましたが、さすがに中途半端感が否めないので、絞り込みます。まあ、実際に学んでみて、分かったこともありますので、それらも判断材料になります。

まず通じる地域の多さから注目したフランス語とスペイン語ですが、地理的な問題から、実際にフランス語圏やスペイン語圏に出かける機会は少ないでしょう。それでもフランス語は少し興味があったのですが、発音や聴き取りがどうにも出来る気がしません。リエゾンなどによってスペルと発音の違いが大きい点も、学習する上で辛かったです。

韓国語は日本語と文法が極めて似ているのですが、どうにもそのメリットを享受できません。母国語を使う時と外国語を使う時では脳の使用領域が違うのか、英語に文法が近い中国語の方がしっくり来てしまうのです。不思議ですね。あとフランス語ほどではありませんが、パッチムによる単語の連結が慣れません。

中国語は、発音はかなり難しいですが、漢字を分かるというアドバンテージはかなり大きいです。加えて、中華圏の地理的な近さとその広さですね。国単位で見れば数は多くありませんが、中国は広いですし、台湾などでもまだまだ行ってみたいところが多くあります。

と言うわけで、今後は英語と中国語の学習をメインに進めていこうと思います。もちろん他の言語にも興味はあるので何かしら触ってはいきたいのですが。


アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館~エトセトラ

アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館の両日のレポートをそれぞれ書きましたが、公演の部分だけで大ボリュームになってしまったので、その他の部分についてあまり書けませんでした。というわけで、ここでまとめたいと思います。

  

まずは会場の周りに大量に並べられたフラワースタンドが圧巻です。関係者から贈られたものだけでも、相当な数があります。武道館の入口に近いところが関係者からのフラワースタンドエリアです。通常だったらファンから贈られたものが置かれそうなエリアにも置かれていました。

   

そしてファンからのフラワースタンドは、バルーンアートやイラスト、小道具などが添えられており、バラエティ豊かです。ファイナルライブということで、皆さん気合入りまくりですね。そんな中で一際目立っていたのが、全メンバーの等身大イラストがついたフラワースタンドです。一列に並べられていて、圧巻でしたね。

 

あとは、テントエリアにキャラクターパネルと、AIKATSU GENERATIONのMVでメンバーが持っていたフリップが、展示されていました。

そして物販の商品パネルは、笑ってしまうくらいのSOLD OUT連発。欲しかったものが買えなかったのは残念ですが、清々しい勢いです。

   

また、初日はアリーナ席だったので、色々拾って帰れました。一番重要なのは、最後に飛んできた銀紙テープですね。無事1枚回収してきました。メンバー全員からのメッセージがプリントされています。あとは、薄紅デイトリッパーで飛んできた桜吹雪の色紙も、拾ってきました。

 

終演後は、ヒトカラでアイカツ!曲を2時間半歌ったり、ファミレスでステーキやいちごパフェなどアイカツ!のキャラクター所縁の品を食べたりして、余韻を楽しんでいました。

その他の写真は、こちらをご覧ください。


アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館Day2

2018年02月28日、アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館2日目ということで、いよいよ本当の最後の日です。このライブの後もイベントが1件予定されていますが、歌唱はないので、ライブはこの日が最後となります。

当日はお休みにしたので、少し早めに出かけて物販を頑張ろうかな、と考えていました。しかし、昨日の完売の早さを見て皆本気を出してきたようで、10時の時点で待機列がすごいことになっているとの情報が入ってきました。うーん、と様子見をしていたら、昨日以上の早さで完売していったので、諦めて開場合わせで出かけることにしました。

会場外にあるものすごい数のフラワースタンド(お花畑という、お花専用の楽屋があったらしい!)や展示物を見て回った後、会場入り。昨日と同じく、アイカツ!の曲が流れていて、気分を高めてくれます。有名どころの曲が多いのですが、元メンバーであるもなさんの曲や、ぐっぴーさん(ねむさん)による「さまさまばけーしょん」を挟んできたり、粋な選曲もあって良かったです。ちなみに、この日の席は1階スタンド席の東南の南側だったので、Day1よりステージが遠いのですが、武道館の構造上それほど距離を感じずに楽しめました。さすがに表情は見えませんが、ダンスは肉眼で堪能出来ました。

18時になり、時間通りに開演です。最初は「アイカツ☆ステップ!」「START DASH SENSATION」でした。今日はアイカツスターズ!の代表曲であるアイカツ☆ステップ!から始まります!フフッヒ。そして昨日はクライマックスを彩ったSTART DASH SENSATIONを、今日は2曲目で使っちゃいますか!

自己紹介の後は「Lovely Party Collection」「スタージェット!」「KIRA☆Power」「Signalize!」と続きます。Day1とは曲目が違いますが、OP曲集ですね。スターズからは1曲なところも同じです。

次は「アイカツメロディ」「星空のフロア」と続きます。わかさん、るかさん、せなさんのアイカツメロディから、わかさん、るかさんの星空のフロアへの流れ、最高じゃないですか。ライブツアーの千秋楽で初披露された星空のフロア、また聴くことができてうれしいです。

その後は「prism Spiral」「Trap of Love」「Angel Snow」「同じ地球のしあわせに」「Growing for a dream」というアイカツ!曲の流れです。全曲ソロ。昨日は薄紅デイトリッパーで桜吹雪が舞いましたが、今回はAngel Snowで雪が舞いました。泡みたいでしたが、漂って数曲後にはスタンド席側にも飛んできました。同じ地球のしあわせにでは、振り付けの話が出て、最初はちゃんとした振り付けがなかったけど、今回は振り付きで歌えたとのお話。Growing for a dreamでは、わかさんが見事な側転を披露していました。こんなの出来るなんて思っていなかったので、驚きました。かっこいい!

MCが入り、ソロ曲の話が出てきて、この流れはもしや……と思っていたら、来ました!かえでさん初のソロ曲「マジックスマイル」です。後日Twitterか何かで見ましたが、かえでさんだけソロ曲がなかったのは、大人の事情だったとのことで、最後の最後でソロ曲が提供されて、本当に良かったです。

続いて「ヒラリ/ヒトリ/キラリ」となり、それからヴィーナスアーク来航の映像が流れます。というわけで、ここからヴィーナスアークメドレー。「Bon Bon Voyage!」「Forever Dream」「裸足のルネサンス」「おねがいメリー」「森のひかりのピルエット」が披露されました。

MCタイムでは、裸足のルネサンスでりえさんの持っていた剣のお話。あの剣は結構重いらしいです。剣を持って物理的にパワーアップしたレイさんがエルザさんを守る!そんなお話をしつつ、るかさんからやってみたいことがあります、と挙手。それは、アリアさんの”ほよ~”コールを会場全体でやってみたいとのこと。わー!これ昨年末のイリュージョンShow time双葉アリア生誕祭で、前田さんがやったのと同じじゃないですか!歌唱担当と声優担当が二人三脚でキャラクターを作り上げている感じが伝わってきて、高まりました。事前に打ち合わせたのかな、とも思いましたが、公演後の前田さんのTwitterを見る限り、前田さんも驚いていました。

次は「ハローハロー」「ラブリー☆ボム」「ハローニューワールド」「MY SHOW TIME!」「Blooming♡Blooming」で、あかりジェネレーションで、まど珠璃凛メドレーでした。

そして「Wake up my music」が来ました。Day1からずっと待っていたので、思わず「来た!」って叫んでしまいました。さらにこの後「Precious」「輝きのエチュード」と続く流れにますます高まります。マスカレードに憧れた美月さん、美月さんに憧れたいちごさん、見事なSHINING LINEが描かれています。輝きのエチュードはずっと待望していたので、やっと聴けて感動です。初披露以来、2回目なのでは。ソロ曲でバラードなためか、なかなかセトリに載ってこなかったんですよね。大スター宮いちごまつり!と、今回のアイカツ!武道館は、それぞれ重なるところがあると思いますので、この場で聴くことにとても深みを感じられました。歌詞がスクリーンに映し出されることもあって、一層心に染み、涙腺にはじわっと涙が浮かんでいました。

この後のMCタイムでは、わかさんが号泣。ファイナルライブで輝きのエチュードの歌詞の強さは、ぐっと来ちゃいますよね。最初に歌ったときはPRドレスがなかったのですが、今回ついに、リラフェアリーコーデを着て歌うことが出来ました。天羽先生、だいぶ遅れましたが、アイカツ武道館にギリギリ納期を間に合わせてくれて、さすが!と大盛り上がり。

「Message of a Rainbow」「1,2,Sing for You!」「アニマルカーニバル」「TSU-BO-MI ~鮮やかな未来へ~」「episode Solo」「MUSIC of DREAM!!!」と、スターズのメドレー。Message of a Rainbow来ましたねー。Day1ではななせさんが明らかに小春さんなのに、小春さん曲来なかったから、Day2でどれが来るんだろうと思っていました。MUSIC of DREAM!!!では後ろのスクリーンに、”ゆめのはじまり”で武道館を訪れるところから、ゆめさんの軌跡が描かれていました。スターズ!も2年間の歴史を積み重ねてきたんだなあ、と感慨深くなり、輝きのエチュードに続いて、涙腺が緩みました。

ラストブロックは「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」「ダイヤモンドハッピー」「ドラマチックガール」「AIKATSU GENERATION」「SHINING LINE*」で、Day1と同じでした。ただ、AIKATSU GENERATIONでは微妙に順番が違っていた気がしますし、色々細かいところが変わっていたのかもしれません。ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!は、Day1ではタオルを振れずにぐぬぬ、でしたが、今日はばっちり振れました。

アンコールは「STARDOM!」「カレンダーガール」と来ました。ライブツアーの客席の感じからも、STARDOM!人気ありますよね。Day2のアンコールで、カレンダーガールと並んだということは、アイカツ!シリーズの楽曲の中でも名曲として殿堂入りしたように感じています。

各メンバーのあいさつ。りえさんの”これが最初で最後の武道館とは思っていないので!”に会場がどよめきます。AIKATSU☆STARS!として、と最初勝手に解釈してしまいましたが、りえさん自身として、という意味だったのだろうと思います。そんな中、ふうりさんの”夢みたいです、あ、夢ではないです”のふんわりした流れに、和んだりしていました。

最後の曲は「アイドル活動!」でした。やっぱり最後はこの曲ですよね。初期の頃に何度も聴いてきた曲なので、最後なんだけどこれから始まる気持ちになって、楽しくファイナルライブを終えることが出来ました。

終演後は、CDコーナーで「AIKATSU GENERATION」のアルバムを買い、オマケのプロマイドとジャケバッジをゲット。プロマイドはせなさんとななせさん。物販では、ほとんどが売り切れでしたが、残っていたセレクションパックとジャケストリーを購入しました。本当に最後なので、あの時買っておけば良かったなあ、という悔いを残したくないですしね。

というわけで、武道館2Daysが無事に終了しました。今後、ライブで彼女たちの歌を聴くことはないんだなあ、と思うと、やはりしんみりしますね。

この文章を書いているのは、ラジカツスターズ公録イベントも終わった後です。何故か、思ったほどの喪失感はないですね。ここまで盛大なファイナルライブを開催してくれて、さらにラジオ公録という後日談を聴く場所も用意してくれて、悔いなく、新たなる出発を見届けられる心地です。Bon Bon Voyage!

(次のアイカツ!シリーズX周年の時に、何かないかなあ、と言うちょっとした期待はあります)


ドラクエ11~討伐モンスターリストコンプリート

コツコツとプレイして、ついに討伐モンスターリスト726種類を全て埋めることができました。各攻略サイトを参考にしましたが、PS4版と3DS版では微妙に出現エリアの異なるモンスターがおり、それを区別していない攻略サイト情報でハマったりしました。あと、ストーリーの途中とクリア後で出現地域が変わったりするので、そこも最初はハマりました。他には、雨の日や夜しか出ないモンスターですね。出現条件をフォローしてくれていないサイトが意外と多いです。

なお、自分は後半は2Dモードでプレイしていましたので、シンボルモンスターが見えない代わりに、ランダムエンカウントするモンスターのリストを見ることが出来ます。これが未討伐モンスターを捜す際に便利でした。

2Dモードですが、攻略サイトはあまり2Dモード視点では書かれていないようで、ソルティアナ海岸地方に出現するはずのコーラルモンスを見つけるのに苦労しました。3Dモードでも陸地から海沿いギリギリにいかないと出てこないらしいので、2Dモードでも陸地の海沿いに行ったのですが、出てきません。結局船に乗ってソルティアナ海岸近海に出ないと出現しませんでした。

ちなみに、レアモンスターである転生モンスターはそれなりに苦労しますね。きせきのゆびわを装備してからは、だいぶ楽になりました。10数回で出現してくる感じなので、程よい苦行です。

主に参考にしたサイトはこちら。

この後は、ステータスマックスやアイテムのコンプリートを目指すこともできますが、一旦お休みにしようと思います。ここまでのプレイ時間は、117時間45分。期間はおよそ8ヶ月。十分に遊んだかなあ。