「 2018年05月06日 」一覧

ボトルアクアリウム1年経過していた

アカヒレをボトルアクアリウムで飼い始めてから、いつの間にか1年4ヶ月ほど経っていました。循環無し加温無しの環境で不安はあったのですが、アカヒレは思いのほか元気に過ごしてくれました。

アカヒレは元気ですが、前回書いた通り、ウィローモスの方がいまひとつ元気がないままですね。被っていた汚れを洗い落としていましたが、ウィローモス自体の色があまり良くなかったです。

とは言え、小さい環境だと維持がもっと難しいかと思っていましたが、意外にも大きな問題もなく、1年以上維持できて驚いています。これまでちゃんとした小型水槽で飼育した際には、結構落ちてしまっていたのですが、個体数を1匹に限定していることが良い方向に働いているのかもしれません。

ボトルの容積の小ささや無加温という条件から、あまり変化は与えられませんが、これからも細く長く維持できていけたらと思います。


旧芝離宮恩賜庭園を散策

2018年04月21日、天気があまりに良いのでどこか出かけたいと思い、浜松町にある旧芝離宮恩賜庭園を散策してきました。たぶん中に入ったのは初めてです。

 

一番のお目当てであった藤棚は、庭園に入ってすぐのところにあります。当日は風が強くて、藤の花がなびいてしまい、写真の撮影には少し苦労しました。概ね満開でしたが、ピークは若干過ぎたようで、少し間引かれた藤色となりました。

  

あとは時期的にツツジもきれいでした。アヤメも咲き始めていて、青紫の花が緑に映えて、美しいです。どちらも入口付近で見られます。

  

その後は泉水の周りをぐるりと歩いて、庭園を散策します。奥の方ではさまざまな色の牡丹の花がきれいに咲いていました。そして足元には、オオイヌノフグリやレンゲなどの小さな草花もたくさん咲いており、まさにお花畑です。

 

こうした緑いっぱいの庭園と、背後にそびえる摩天楼の対比が、都会の中の庭園の面白いところですね。ここの庭園からは、東京モノレールを望むことが出来るので、庭園とモノレールをワンカットで収めることも出来ます。

普段の街中で見る草木でも季節の移ろいは感じられますが、より多くの種類が見られるこうした庭園には、時折足を運ぶようにしたいですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。