「 2018年06月 」一覧

料理の鉄人の経営するレストランシリーズ

今は音信が途絶えてしまったのですが、昔は食通の友人と1~2ヶ月に1回くらい、食事&カラオケに出かけていました。その中で、あの料理の鉄人が経営するレストランも訪れました。さすがに歴代全ては無理なので、各ジャンル1店舗です。唯一イタリアンはまだ訪れておらず、和食・中華・フレンチの3店舗を訪れました。

2013年4月27日の昼、和の鉄人である道場六三郎氏のお店「懐食みちば」にて、五法膳をいただいてきました。見た目が美しく、味付けも繊細。接客も素晴らしく、気持ちよく食べられました。

2014年4月27日の夜、フレンチの鉄人である坂井宏行氏のお店「ラ・ロシェル」にて、高級フレンチをいただいてきました。料理の見た目の美しいですし、もちろんサービスも素晴らしいです。食材や調理へのこだわりは、食の楽しみ方の幅を広げてくれますね。フレンチは量が少ないイメージがあったのですが、いい感じに満腹になっていました。途中で供されるパンがちょうど良いのかもしれません。1品の量がそれほど多くないので、ゆっくり味わおうという気持ちになります。調子に乗ってワインリストを貰った結果、ひとり20,000円くらいになりました。高級レストランのワインって、高いのしかないんですね……。12,000円のワインを頼みましたが、しっかりとした酸味があるのに、口に渋味が残らないのはさすがでした。あとテーブルマナーが分からなくて地味に困ったシーンがあったので、身に着けておきたいですね。

2016年1月31日の昼、中華の鉄人である陳建一氏のお店「赤坂四川飯店」にて、ランチをいただいてきました。コース料理ですが、前菜から美味しいですね。肉や野菜の餡かけやエビチリ、フカヒレの姿煮。そしてメインである麻婆豆腐、自分は普段あまり好きではないのですが、ここの麻婆豆腐は別格でした。ご飯3杯食べてしまうほどに、美味でした。全体的にスパイスが程よく効いてておいしいです。辛さは日本人向けにだいぶ抑えられているのでしょうね。お酒は、紹興酒古越龍山Extra smooth。癖がなくて飲みやすかったです。


三ツ矢堂製麺のマル得つけめん

大船にある三ツ矢堂製麺、大船に住んでいた頃、時々通っていました。記録の限り、初めて訪れたのは2011年4月。今も職場は近いので、時々食べに行っています。柚子風味のスープが売りなのに、柚子風味で大丈夫か確認されるのはご愛嬌。柚子が苦手な方ってあまり聞かない気がしますが……

麺の太さや温度などを選べますが、自分は大抵太麺の冷やし。コシのある太麺で、歯応えがちょうどいいんですよねえ。メニューは結構種類がありますが、自分が頼むのは、マル得つけめんか、たっぷり野菜つけめんのいずれかが多いです。たまに気分に応じてイベントメニューを頼んだり。

具がそれなりにあるメニューを選ぶので、麺の量は中盛りがちょうどいいです。以前は中盛りまで追加料金無しでしたが、最近の改定で中盛りも要追加料金になってしまいました。追加料金払っても中盛りにしますけどね。

つけめんを食べたの、たぶんこちらのお店が初めてかと思います。当時はつけめんが流行り始めていた時期でしたが、気がついたらメジャーになっていましたね。


5級課題はスタートすら切れない

2018年6月23日、ボルダリングをしてきました。まずは前回苦戦していた灰8にトライ。すると普通に登れてしまいました。前回掴めなくて苦労していたホールドも、わりかしがっちりと掴めました。持ち方が前回と違っていたのかなあ。でも、たぶん純粋に掴む力が残っていなかったのでしょうね。ほぼ垂壁なので、途中までは掴む力が落ちていても進めるのですが、問題のホールドになると、疲労が露呈するのだと思います。

その後は灰6と灰7にトライ。いずれもクリア済みの課題ではありますが、こちらも一発でクリアできました。

これに気を良くして、5級課題である黄色に挑戦。ところが、スタートすらまともに切れません。3個くらい試しましたが、スタートすら切れないか、1手しか進めないか、三々たる結果になりました。5級の壁が分厚く立ちはだかります。

あまりのギャップに放心していたところ、一番角度のきつい壁に6級課題があることに気づきました。引きで写真を撮れなかったのでいまいち分かりづらいですが、地面に水平目線です。というわけで、灰9にトライ。3分の1くらいまで進めました。角度がきつい分、ホールドは持ちやすいです。腕が元気なうちなら、落とせるかもしれません。同じ壁にあったトラバース系の灰10も気になりましたが、今回は挑戦せず。

ホールド替えされていた壁3/4面は、相変わらず挑戦できていないのですが、ちょうど空いたタイミングがあったので、灰5に挑戦してみましたが、終盤だったこともあり、ほとんど進めず。これまでになかったタイプのホールドもあって面白そうなので、こちらも色々挑戦してみたいんですけどねえ。

さて、次回は灰9/10課題か、壁3/4面の課題か、どっちを目指そうかな。6級課題を漏れなく丁寧にこなして、5級課題への糸口を掴みたいところです。


英語TOEIC800点編~その5

先ごろ買ったTOEIC公式問題集をようやく1周回しました。1冊に2回分の問題が載っています。とりあえず解いてみて気づいたことをまとめます。

まずはリスニングセクション。

  • 意外と細かいところは問われず、話の流れを理解できているかを問うような質問になっている
  • 身に着いていないイディオム、表現は、やはり聴き取れない。単語レベルで分からないものはなさそう
  • リズムを崩したり、集中力が途切れたりすると、全然頭に入らなくなる
  • 固有名詞はつらい。知らない単語との区別が難しい
  • Part3,4は短期記憶も重要になる

続いてリーディングセクション。

  • Part5は正答率は高いけど、自動詞他動詞、イディオムなど、細かいところで間違えて、数問間違えてしまう
  • Part6,7を解く速度は、170問目が限界みたい
  • Part7の本文を読み返してしまうことが多い
  • 日本語で書かれていても、ん?となる問題もあるので、英語力だけではなく、読解力も求められる

リスニングセクションは昔から苦手意識がありましたが、思ったよりも理解できていました。Part単位で細切れに解いているので、集中力が切れていないせいかもしれませんが。リーディングセクションは圧倒的に読む速度が遅すぎると感じました。Part7は色々とテクニックも紹介されていますが、まずは地力を上げるために多読をしたいですね。制限時間内に30問残してしまうようでは、テクニックを駆使する土台に届いていないでしょうから。


走行距離を伸ばしてみた

家の周りで普段走っているコースは、1周およそ2.11kmになります。大通りの横断をせずに走れて、人通りが少ない道をなるべく選んで、作ったコースです。これまではこのコースを大体2周、調子の悪い時は1周してきました。これまでに走った最長は、この2周に半周相当の短いコースを加えての、5.46kmです。現状をキープすることも大切ですが、チャレンジもしたいので、少し走行距離を伸ばしてみることにしました。

2018年6月16日、まずは3周を目標にします。長い距離を走れるように、ペースは普段よりゆっくりにします。その結果、思ったよりも楽に走れました。脚も動くし、息もそこまで上がっていません。もう1周くらいは走れそうでしたが、身体に変な負荷が掛かっていると嫌なので、当初の目標通りに切り上げて、様子を見ようと思います。

走行データは、6.49kmで41分59秒。このペースだと10kmで60分切れませんね。とは言え、まずは10kmを走りきるのが第一です。

ちなみに距離を伸ばすに際して取り入れたのが、音楽プレーヤー。見慣れた景色の中を黙々と長い時間走るのはもったいない気がしたので、音楽を聴きながら走ってみました。結果、音楽によるテンションアップの効果もあってか、精神面で良いサポートになります。周りの音が聞こえにくくなって危ないかなあ、とも思っていましたが、全然問題ありませんでした。周辺の音も音楽も問題なく聞こえます。ひとつ気になったのは、走行中は身体が揺れるので、イヤホンが抜けそうに思えること。耳にフックで掛けられるようなタイプのほうが良さそうです。軽く調べてみたら、ランニング用に色々商品がラインナップされているのですね。今度見てみようと思います。